虎 辞書 なる。 虎辞書なる!!とは

サンテレビ「虎辞書なる!!」放送へ 開幕を待ち焦がれる虎党へ送る/阪神タイガース/デイリースポーツ online

虎 辞書 なる

虎辞書なる!! 総選挙~あなたが選ぶ名勝負~ 2019年5月3日 金・祝 よる8:00~ 集計結果 1~5位 放送当日をお楽しみに! 6位 1983. 15 打倒巨人に燃えた炎のサイドスロー小林繁 7位 2008. 9 40歳3人 下柳勝利 金本3安打 矢野好リード 7位 2003. 17 矢野奇跡のサヨナラスリーベースヒット 9位 1985. 10 優勝目前!池田完封劇&平田満塁HR&北村超美技 10位 1982. 31 一振りに賭けた浪花の春団治・川藤サヨナラヒット 10位 1985. 30 球団史上最強助っ人バース2本塁打 あなた「が」歴史の証人です サンテレビが開局して50年。 開局から放送し続けているプロ野球中継・サンテレビボックス席。 中でもタイガース戦は50年で3000試合以上を放送しています。 そこで、サンテレビに現存するタイガースの中継映像から過去の50試合をチョイスし、その中からファンの皆さんがもう一度見たい番組のリクエストを募集、人気のあった試合を放送します! なお、リクエストの投票(応募)受付は、4月13日に締め切りました。 投票いただきました皆さん、ありがとうございました。 集計の結果は、上記のようになっています。 番組では、見事、投票1位に輝いた試合を放送します。 お見逃しなく!! 「あなたは、歴史の証人です。

次の

【阪神】虎辞書なる!!/ジェフ・ウイリアムス(2004年)

虎 辞書 なる

放送期間中には、(『あの試合をもう一度! スポーツ名勝負』、『今こそ見たい! スカイAスタジアム タイガースベストゲーム』、『Fun! BASEBALL!! 2019 Selection』)でも、当番組と同じ時間帯に同じ事情・趣旨で阪神戦中継の再放送を随時実施。 週によっては、サンテレビも衛星放送も受信できる世帯で、「金曜日の20・21時台に阪神の別々のカードの再放送を別々のチャンネルで同時に視聴できる」という事態が生じている。 当番組で「輝くいぶし銀 和田豊」(1994年5月13日の阪神対ヤクルト戦の再放送)を編成していた2020年5月22日を例に取れば、2005年9月29日に阪神がセントラル・リーグ優勝を決めた対巨人戦の完全再放送(NHK BS1制作分)が、「2005阪神V 夢のリレー"JFK"」と題して19:00 - 21:50に『あの試合をもう一度! スポーツ名勝負』内で実施されていた。 (『』付記事)• 当日に阪神の優勝が確定するには、デーゲームの対広島戦に勝利したうえで、対象チームのヤクルトが横浜との薄暮試合(で17:00開始)に敗れることが条件になっていた。 実際には阪神が広島戦をサヨナラ勝利で終えたため、甲子園球場では試合終了後も阪神ナインを待機させたうえで、広島戦への入場者向けにスコアボード内のオーロラビジョンを使って横浜 - ヤクルト戦テレビ中継のパブリックビューイングを実施。 サンテレビも、広島戦に続いてパブリックビューイングの模様を放送したため、ヤクルトの敗戦による阪神の優勝決定の瞬間(19:33)から完全生中継に至った。

次の

虎辞書なる!!総選挙~あなたが選ぶ名勝負~

虎 辞書 なる

2004年は岡田彰布監督の1年目。 この試合は、連覇を目指す首位阪神が清原・小久保・ローズ・高橋・阿部ら重量打線の巨人を本拠地甲子園で迎え撃った。 しかし2回、先頭の4番高橋(前巨人監督)がヒット。 5番清原には死球を与え、6番小久保(前侍ジャパン監督)に11号3ランをレフトスタンドに放り込まれた。 阪神もその裏、5番桧山が巨人先発・上原から5号ソロを放ち追撃の姿勢を見せた。 更に2番藤本(現阪神コーチ)のタイムリーで同点に追い付き林をKOした。 代わったシコースキーにも阪神は襲い掛かり、3番今岡(現ロッテコーチ)がヒットでつなぎ二死満塁。 4番金本(前阪神監督)はセンターに弾き返し6-4と阪神が勝ち越した。 一気の逆転で勝ち投手の権利を得た福原がベンチで笑顔を見せた。 代打江藤を外角の速球で空振り三振に討ち取った。 中継の解説を務めた中田良弘氏(阪神在籍1981~1994年)は、「真っ直ぐですね。 いい所に決まりましたね」と絶賛した。 9回も続投。 3番ローズを空振り三振、4番高橋をレフトフライに仕留め、大観衆の「あと1球」コールを背に5番ペタジーニも空振り三振に切って取った。 お立ち台に上がったジェフは「アリガト」とまず一言。 「チームが逆転していい雰囲気を壊さないよう一生懸命に投げました」と振り返り、最後は「ガンバリマス」と右手を上げて声援に応えた。 ------------------ ジェフ・ウイリアムスはこの年、オーストラリア代表としてアテネ五輪にも出場。 準決勝で日本代表を抑え込んだ。 阪神在籍7年間で141ホールドを記録。 背番号「54」はランディ・メッセンジャーに引き継がれた。 2004年の阪神は首位をキープできず4位に終わった。 【虎辞書なる!!

次の