ひとり の 死 は 悲劇 で ある が 万 人 の 死 は 統計 で しか ない 意味。 「100万人の苦しみ」と「たったひとりの苦しみ」(ルワンダ)|yuya.k|note

(社説)学校と指導死 奄美の悲劇から学ぶ:朝日新聞デジタル

ひとり の 死 は 悲劇 で ある が 万 人 の 死 は 統計 で しか ない 意味

1942年のアイヒマン親衛隊中佐 生誕 死没 1962-06-01 (56歳没) 死因 刑死(絞首刑) 職業 第IV局B部4課課長(局宗派部ユダヤ人課課長) 肩書き 任期 1939年12月21日-1945年5月 政党 配偶者 ベロニカ・アイヒマン(旧姓リーベル) 署名 アドルフ・オットー・アイヒマン(: Adolf Otto Eichmann 、 - )は、の親衛隊将校で、最終階級はだった。 「」()に関与し、数百万人におよぶへの移送に指揮的役割を担った。 後はで逃亡生活を送ったが、1960年にによってに連行された。 1961年4月よりやの責任などを問われてにかけられ、同年12月に、判決が下され、翌年5月にに処された。 少年時代のアドルフ・アイヒマン アドルフ・アイヒマンは1906年3月19日に西部の都市で産まれた。 父はアドルフ・カール・アイヒマン( Adolf Karl Eichmann)。 母は マリア・アイヒマン( Maria Eichmann)。 アドルフは5人兄弟の長男で 、長男アドルフから順に次男エミール( Emil)、三男ヘルムート( Helmuth)、長女イルムガルト( Irmgard)、四男オットー( Otto)であった。 このうち三男ヘルムートは後にで戦死した。 父アドルフ・カールはアドルフが生まれた当時、電機会社に簿記係として勤務していた。 上昇志向のある者の典型であった。 信仰はだった。 アドルフは自身の回顧録に父について「私にとって父は絶対的な権威だった」と書いている。 1913年にアドルフ・カールはのにあった同じ電機会社の役員に任じられ、アイヒマン一家はリンツへ移住している。 母マリアの旧姓はシェファーリング( Schefferling)と言い、専業主婦としてアイヒマン家を守っていた人物だった。 アドルフを含む5人の子供を産んだ後、彼女は1916年に32歳で死去した。 アドルフは立て続けに子供を産んだことが母の早い死の原因ではなかったかと後に語っている。 母マリアの死後、父アドルフ・カールはすぐにマリア・ツァヴァルツェル( Maria Zawrzel)という人物と再婚している。 彼女はの資産家の娘で熱心なプロテスタントだった。 父アドルフ・カールとは教会で知り合った。 アドルフはこの継母について「熱心で非常に良心的だった」と語っている。 オーストリアにおける子供時代、アドルフはやや暗い顔色をしていたため、他の子供は「」のように見えると彼をあざ笑った (当時のオーストリアは、ユダヤ人が居住するウィーンを中心に反ユダヤ主義が日常的に蔓延していた)。 アドルフは学校の成績が悪く、リンツのカイザー・フランツ・ヨーゼフ国立実科学校を卒業することができなかった。 なお全くの偶然であるが、もこのカイザー・フランツ・ヨーゼフ国立実科学校に通っていたことがあり、同じく卒業できずに退学している。 しかしこの会社はすぐに行き詰まり、その後、小麦会社や機関車製造会社に投資したが、これも財産を失うだけに終わった。 アドルフは1921年にカイザー・フランツ・ヨーゼフ国立実科学校を退学した後、機械工学を学ぶため工業専門学校に通っていたが、ここも卒業することなく中退している。 その後、アドルフは父のザルツブルクの鉱山工場で働いたが、すぐに辞めて、1925年から1927年にかけて電気製品販売業者で働いた。 さらに1928年からはのウィーン現地子会社にあたるヴァキューム・オイル・カンパニーという AG で販売員として働いている。 この会社に5年半ほど務めたが、1933年には人員削減の対象として解雇されている。 アドルフは後にこの解雇について「自分は独身の社員だったため、それが災いして人員整理された」と語っている。 ナチス親衛隊 [ ] アドルフは石油会社に勤めていた頃の1932年4月1日に()に入党のうえ、親衛隊に入隊している(オーストリアナチ党員番号889,895、オーストリアSS隊員番号45,326)。 アドルフの父アドルフ・カールの事業仲間である弁護士ヒューゴ・カルテンブルンナーの息子で同じく弁護士の博士の薦めであったという。 アドルフ自身はイデオロギーにはさほど興味はなかったようだ。 1933年夏、アドルフがベロニカ・リーベル( Veronica Liebl、愛称ベラ)と結婚の準備を進めていた頃、オーストリア・ナチ党がオーストリア政府から禁止されたため、1933年8月1日に大管区本部の命令でアドルフはドイツへ派遣されることとなった。 アイヒマン一家はドイツ市民権を放棄していなかったし、アドルフは失業中だったので、再度ドイツへ移住することに何ら問題はなかった。 よって婚約者ベラと共にドイツのへ移住した。 ベラとは1935年にパッサウで結婚している。 1933年8月から1934年9月まで ()とで地方警察から「オーストリア人部隊」として訓練を受けていた。 なお、アドルフはダッハウの親衛隊の訓練場にはいたが、同じ場所にあったの運営とは何も関係していない。 アドルフはこの時の訓練時代を「軍務の単調さが耐えられなかった。 毎日毎日が全く同じで、くりかえしくりかえし同じことをさせられる」 、「訓練はの兵士と全く変わらないものでした。 (中略)徹底的な前進でした。 肘に貼った絆創膏なんかすぐにはがれてしまって。 (中略)私はどうやってここから抜け出すか、そればかり考えていました。 そんなときにSDの人員募集の噂を聞きつけたんです。 私は、これだ、と思いました。 」と回顧している。 SD勤務時代 [ ] 1934年9月、当時であったアイヒマンは、に応募し、SD長官により採用された。 同僚のによるとこの頃からアイヒマンは記録や組織的な整理といった体系的な作業を好んだという。 以降一貫してアイヒマンはユダヤ人問題に携わることとなる。 ユダヤ人課の上官フォン・ミルデンシュタインから読むよう命じられたの著作『ユダヤ人と国家』にアイヒマンは強い影響を受けたという。 アイヒマンはドイツ在住のユダヤ人をパレスチナへ移住させる計画に関心を示すようになった。 1933年から1937年にかけて2万4000人の在独ユダヤ人がパレスチナへ移住していた。 彼らはに到着したが通過しか得られず、へ進んだ。 カイロではのメンバーに会った。 さらにパレスチナでのリーダーに会うことを計画したが、パレスチナへの入国は当局によって拒絶された。 そのため外遊の成果はほとんどなかった。 しかもナチスの政策は後にユダヤ人国家の設立を妨げる方向で定められたので、結局、経済的理由のためのパレスチナへの大規模移住に反対する報告書を書いている。 ウィーン勤務時代 [ ] 1938年3月18日、のザイテンシュテッテンのユダヤ人協会。 手前の親衛隊員がアイヒマン。 後の1938年3月、当時だったアイヒマンは「ユダヤ人問題の専門家」としてオーストリアのへ派遣された。 の財閥ユダヤ人 男爵からナチスが没収した邸宅は親衛隊の建物となり、アイヒマンはここの一室をあてがわれて「ユダヤ人移民局」を起こし、オーストリアのユダヤ人の移住に取り組んだ。 ユダヤ人たちの亡命の代償は全財産であり、その所有物はすべて没収された。 移住者は「提示金」として不可欠な外国為替を法外なレートで購入させられた。 アイヒマンは移住政策を巨額のビジネスに仕立て上げたのだった。 アイヒマンは1938年10月21日の報告書で着任の日から9月末までに5万人のユダヤ人をオーストリアから追放した、と報告している。 同時期のドイツでは1万9000人であったからアイヒマンの成果は歴然であった。 1938年6月の親衛隊内部の勤務評定はアイヒマンに「秀」の成績をつけており、「彼の格別な能力は交渉、話術、組織編成」「精力的かつ機敏な人物であり、専門分野の自己管理に優れた能力を備えている」と記している。 1939年1月24日には名目上のユダヤ人問題責任者であるの命令でベルリン内務省内に「ユダヤ人移住中央本部」が開設されることとなったが、これはハイドリヒがアイヒマンのウィーンでの働きを高く評価し、アイヒマンの方式を全国に拡大しようと設置したものであった。 アイヒマンは親衛隊内でユダヤ人移住の権威として知られるようになり、ユダヤ人移住の「」などと呼ばれるようになった。 アイヒマンも後に述べているが、ウィーン時代はアイヒマンの人生で最良の時代であった。 アイヒマンは、ロスチャイルドから没収した高級リムジンを公用車にして乗り回し、旧ロスチャイルド邸のワイン蔵からワインを持ち出して同志たちと飲みかわして楽しんだ。 プラハ勤務時代 [ ] 1939年3月、によりが誕生し、4月に旧チェコスロバキア首都へ派遣されることが決まった。 当時だったアイヒマンは、ウィーンの移民局の仕事を部下の()やに任せて次なる任地へ移動した。 しかしアイヒマン自身は後に「最初、私はウィーンを離れたくなかった。 万事円滑、かつ秩序正しく動いているのであるから(ウィーン勤務を)手放しくないのは当然だった。 」と語っている。 しかもプラハではアイヒマンはウィーンでの仕事ほど成果を上げられなかった。 すでにほとんどの国でユダヤ人の受け入れを拒否するようになっていた上、ベルリンも保護領のユダヤ人追放より(ドイツとオーストリア)内のユダヤ人追放を優先したがっていた。 しかしプラハ勤務時代はすぐに終わりを迎えた。 ゲシュタポ・ユダヤ人課課長 [ ] ドイツのによってが開戦した後の1939年9月27日に()とSDが統合されてが新設された。 アイヒマンはそのIV局(ゲシュタポ局)B部(宗派部)4課(ユダヤ人課)の課長に任命され、ベルリン勤務となった。 各地のユダヤ人移住局を統括する立場となった。 1940年6月にフランスがドイツに降伏し、西部ヨーロッパはほぼドイツの支配領域となった。 支配領域の拡大に伴い、ドイツの抱えるユダヤ人の数は大幅に増した。 1940年6月の時点でドイツの支配領域にユダヤ人は325万人生活しており、彼らの追放先を探すことがドイツ政府にとって急務となった。 アイヒマンは支配領域のユダヤ人をポーランドのへ集中させていった。 一方1940年10月にアイヒマンは、・・のユダヤ人7500人ほどを南フランスの非占領地域(領)へ移送させている。 このうち2000人以上のユダヤ人がフランスの収容所で病死し、残りもほとんどがポーランドへ再移送されてそこで殺害されたとみられる。 アイヒマンによるとこのフランスへの移送はの咄嗟の思いつきであったという。 併行してフランス降伏から独ソ戦開始までの間、アイヒマンは、フランスの植民地であった島へユダヤ人を移住させる計画()の立案に熱心になっていた。 しかし何百万人も送るために必要な船舶がドイツには無い上に、マダガスカルまでの海路がイギリスとアメリカに抑えられていることからこの計画をまともに取り合ってくれる上官はいなかった。 独ソ戦の準備が始まる中、が組織されるなどユダヤ人は「最終解決」される方向で首脳部の意図が定まっていき、マダガスカル島移住計画は消えていった。 「ユダヤ人問題の最終解決」 [ ] 本人の証言によるとアイヒマンは、1941年8月から9月頃にの口から総統の命令によりヨーロッパのユダヤ人がすべて絶滅させられることになったのを知らされたという。 さらにこの時、ハイドリヒから領のの指揮下で行われているユダヤ人虐殺活動を視察することを命じられ、ルブリンへ赴き、(後にここにが置かれる)でガス殺を行う建物を視察した。 ついでアイヒマンの直属の上官であるゲシュタポ局長からの命令でポーランド西部地域のクルムホーフ(ポーランド語でヘウムノ。 ここにはがつくられた)で行われていたガストラックによるガス殺を視察し、またその後にはでののユダヤ人銃殺活動の視察、さらに再度ルブリンのトレブリンカへ派遣されてガス殺を視察することとなった。 アイヒマンは後にイスラエル警察からの尋問に対して、これらの視察について「強いショックを受けたこと」や「正視できなかったこと」を強調している。 アドルフ本人の証言によるとの親衛隊司令官や直属の上官ハインリヒ・ミュラーに「あれでは若い兵士たちをサディストにするだけだ」と抗議を行ったという。 1941年11月にに昇進。 しかし以降の昇進はなく、アイヒマンの階級はここで止まっている。 アドルフ本人もこの会議で絶滅政策が決定されたことを認めているが、アイヒマン自身は会議の席上で一言も発言しておらず、出席者の誰からも気にとめられることもなく、ただタイピストとともにテーブルの隅っこに座っていただけだと証言している。 この会議後、アイヒマンは、ゲシュタポ・ユダヤ人課課長としてヨーロッパ各地からユダヤ人をポーランドの絶滅収容所へ列車輸送する最高責任者となる。 1942年3月6日と10月27日に行われたヴァンゼー会議に続く二度の最終解決についての省庁会議はアイヒマンが議長を務めている。 1942年3月から絶滅収容所への移送が始まったが、その移送プロジェクトの中枢こそがアドルフ・アイヒマンであった。 総力戦体制が強まり、1台でも多くの車両を戦線に動員したい状況の中でも交通省と折衝して輸送列車を確保し、ユダヤ人の移送に努めた。 続く2年間にアドルフは「500万人ものユダヤ人を列車で運んだ」と自慢するように、任務を着実に遂行した。 アイヒマンの実績は注目され、1944年3月には計画の捗らないに派遣される。 彼は直ちにユダヤ人の移送に着手し、40万人ものユダヤ系ハンガリー人を列車輸送してのガス室に送った。 1945年にドイツの敗色が濃くなると、のはユダヤ人虐殺の停止を命令したが、アイヒマンはそれに従わずハンガリーで任務を続けた。 彼は更にの予備役として委任させられていたため、戦闘命令を回避するために自らの任務を継続していた。 アイヒマンはソ連軍が迫るハンガリーから脱出し知己であったカルテンブルンナーの居るオーストリアへ戻ったが、彼はアイヒマンの任務がユダヤ人の根絶であることを知っていたため、軍から責任を問われることを恐れアイヒマンとの面会を拒絶した。 なお、アイヒマンは自身がユダヤ人虐殺の責任者であることを充分に認識していたことから、敗戦が現実味を帯びてくるにつれて写真に写ることを極度に嫌った。 ある日写真を撮られたことに激怒し、カメラを破壊した後弁償したという。 逃亡 [ ] 「リカルド・クレメント」の偽名で交付されたアイヒマンの赤十字渡航証 第二次世界大戦終結後、アイヒマンは進駐してきたによって拘束されたが、偽名を用いて正体を隠すことに成功すると、捕虜収容所から脱出した。 なおアイヒマンは死んだと思われていた。 初頭から国内で逃亡生活を送り、初頭にはを装いに到着。 の立場から元ドイツ軍人や元ナチス党員の戦犯容疑者の逃亡に力を貸していたの修道士の助力を得た。 「」などの組織の助力も受け、 リカルド・クレメント(Ricardo Klement)名義でから渡航証(難民に対して人道上発行されるに代わる文書)の発給を受け、に、当時親ドイツの政権の下、元ナチス党員を中心としたドイツ人の主な逃亡先となっていたのに船で上陸した。 この偽造渡航証は、5月にアルゼンチンの裁判所の資料庫から発見された。 その後約10年にわたって工員や飼育農家など様々な職に就き、家族を呼び寄せ新生活を送った。 拘束 [ ] 1957年、逃亡したナチ戦犯の追求を続けていたの検事 ()は独自に調べた結果、アイヒマンがリカルド・クレメントの偽名でアルゼンチンに潜伏しているという情報を入手。 国内では捜査が許可されなかったため、彼は(モサド)に情報提供を行った。 早速ブエノスアイレスに工作員が派遣されたものの、アイヒマンも身分を隠しながら慎重に行動しており、消息をつかむことは容易ではなかった。 しかし、彼の息子がユダヤ人女性と交際しており、彼女にたびたび父親の素性について話していたことから、モサド工作員は、息子の行動確認をしてアイヒマンの足取りをつかもうとした。 2年にわたる入念な作業のすえ、モサドはついに彼を見つけ出した。 バウアーの側も「アイヒマンはにいる」と偽の情報を発表し、アイヒマンに悟られないよう欺瞞作戦を行った。 イスラエルの留置所に収監されたアイヒマン モサドの長官は、率いる作業班を結成させ、彼らと共に自らもブエノスアイレスへ飛んだ。 作業班はアイヒマンに「E」とコードネームを付け、行動を監視した。 最終的に作業班が彼をアイヒマンであると断定したのは、自身の結婚記念日に、彼が花屋で妻へ贈る花束を買ったことであった。 1960年5月11日、アイヒマンがバスから降りて自宅へ帰る道中、路肩に止めた窓のないバンから数人の工作員が飛び出し、彼を車の中に引きずりこんだ。 車中で男たちは親衛隊の制帽を出して彼にかぶせ、写真と見比べて「お前はアイヒマンだな?」と尋ねた。 彼は当初否定したが、少し経つとあっさり認めたという。 その後アイヒマンは、ブエノスアイレス市内にあったモサドのセーフハウスに置かれた後、5月21日にアルゼンチン独立記念日の式典へ参加した、イスラエル政府関係者用のので、イスラエルへ連行された。 出国の際に彼は、酒をしみこませたエル・アル航空のの制服を着させられた上に薬で寝かされ、「酒に酔って寝込んだ」として、アルゼンチンの税関職員の目をごまかしたという。 同機は、当初の郊外にあるを経由して、同空港で給油する予定だったが、アイヒマンが搭乗していることが知られた場合、元ドイツ軍人やナチス党員の戦犯容疑者を含むドイツ系移民が多く、一定の影響力を持つブラジル政府により、離陸が差し止められる危険性があったことから、のまで無給油飛行を行うなど、移送には細心の注意が図られた。 イスラエル政府はしばらくの間、をはじめとする「ユダヤ人の民間人有志によって身柄を拘束された」として、政府の関与を否定した。 しかしながら、最終的にその主張は覆された。 は、1960年5月25日にでアイヒマンの身柄確保を公式に発表し、世界的なニュースとなった。 ハルエルは後に、アイヒマンの身柄確保に関して『The House on Garibaldi Street』を著した。 作戦に参加していたとされる元モサドのピーター・マルキンも『Eichmann in My Hands』という本を著した。 獄中のアイヒマンは部屋や便所をまめに掃除したりするなど、神経質な面はあったが、至って普通の生活を送っていた。 獄中の彼を知る人物は総じて「普通の、どこにもいるような人物」と評した。 本来は、このような移送方法は国際法違反であるが、当時イスラエルとアルゼンチンの間にはが結ばれていなかったため、国家を介したができず、このような強硬手段によってイスラエルに移送する他に手段が無かった。 事が発覚すると、アルゼンチン政府はイスラエルに抗議をしている。 アイヒマン裁判 [ ] アイヒマン(での裁判にて)。 裁判は、1961年4月11日にで始まった。 アイヒマンは「」「ユダヤ人に対する犯罪」および「違法組織に所属していた犯罪」などの15の犯罪で起訴され、その裁判は国際的センセーションと同様に巨大な国際的な論争も引き起こした。 275時間にわたって予備尋問が行われた。 アイヒマンに対する証言により、更に明らかにされた当時のドイツ政府による残虐行為はホロコーストの現実および、当時のドイツを率いていたナチスの支配の弊害を直視することを全世界に強いた。 一方で、自身にとって不利な証言を聞いているアイヒマンという人物が小役人的な凡人という印象を与えるものであったことが、ふてぶてしい大悪人であると予想していた視聴者を戸惑わせた。 裁判を通じてアイヒマンはドイツ政府によるユダヤ人迫害について「大変遺憾に思う」と述べたものの、自身の行為については「命令に従っただけ」だと主張した。 また、ヒトラーの『』については、「読んだことはない」と述べている。 この公判時にアイヒマンは「 1人の死は悲劇だが、集団の死は統計上の数字に過ぎない」という言葉を残したとされる。 アイヒマンは死刑の判決を下されてもなお自らを無罪と抗議しており、その模様は記録映像 にも残されている。 処刑 [ ] 1961年12月15日、すべての訴因で有罪が認められた結果、アイヒマンに対しの判決が下された。 翌1962年6月1日未明にの刑務所でが行われた。 5月31日から6月1日の真夜中(イスラエルが死刑を行使する唯一の時間)刑執行後、遺体は裁判医が確認するまで、1時間ほど絞首台にぶら下がったままだったという。 イスラエルでは戦犯以外の死刑制度は存在しないため、建国以来同国で執行された唯一の死刑である。 遺体は焼却され、遺灰は地中海に撒かれた。 最期の言葉は「ドイツ万歳。 アルゼンチン万歳。 オーストリア万歳。 この3つの国は私が最も親しく結びついていた国々です。 これからも忘れることはありません。 妻、家族、そして友人たちに挨拶を送ります。 私は覚悟はできています。 全ての人の運命がそうであるように、我々はいずれまた会うでしょう。 私は神を信じながら死にます。 」であった。 「刑務官に『最後に何か望みがないか』と言われ、『ユダヤ教徒になる』と答えた。 なぜかと尋ねられると『これでまた1人ユダヤ人を殺せる』と返答をした」が最後の言葉だという逸話もあるが、このような事実はなく、彼にナチ戦犯としてのネガティブな印象を与えるための創作とも考えられている。 処刑後、アイヒマンはいかなる服従の心理に基づいて動いたのかそれが学者の研究対象となり、役者の演技によって擬似的に作り出された権威の下にどれほどの服従を人間は見せるのかが実験で試され、「アイヒマンテスト」と呼ばれることに話がつながって行く(を参照)。 家族 [ ] アドルフ・アイヒマンは、1931年8月に彼の妻となるヴェロニカ・リーベル(Veronica Liebl、愛称ヴェラ)と知り合った。 ヴェラはの地方ムラダーの農家出身の女性であった。 ヴェラによると2人が知り合ったのはリンツで行われた演奏会だったという。 ヴェラは出会って一目でアイヒマンにひかれたという。 ヴェラは熱心なであり、プロテスタントのアイヒマンとは信仰が異なったが、彼女はそれでもアイヒマンと結婚することに決めた。 2人は1933年夏から結婚の準備を進めていたが、この頃オーストリア・ナチ党が禁止されたため、アドルフは妻のヴェラを伴ってドイツへ移住し、そこで結婚することとなった。 アイヒマンは1934年10月30日に(RuSHA)に結婚許可の申請をした。 親衛隊の結婚にはRuSHAの許可が必要であり、妻となる女性が「」であることを証明せねばならなかったが、ヴェラはチェコ人であったため、アイヒマンは書類の形式を整えるのに苦労したようである。 許可が下りた後、2人は1935年3月21日にで挙式した。 しかしアドルフの同僚の親衛隊員達の間ではヴェラがチェコ人であることは公然であり、()SS少佐によるとチェコ人妻の存在はアドルフへの風当たりに原因の1つになっていたという。 ヴェラも反教会的なナチ党を好ましく思っておらず、ナチ党への入党は最後までしなかった。 アイヒマン夫妻は、1936年にベルリンで長男クラウス(Klaus) 、1940年にウィーンで次男ホルスト(Horst) 、更にその後三男ディーター(Dieter)をもうけている。 親衛隊大尉によるとアドルフは自分の子供には大変強い愛着を抱いていたが、逆に妻はどうでもよい存在になっていたという。 ヴェラはドイツの敗戦後、オーストリアので子供とともに暮らしていたが、アメリカの諜報部から尋問を受けた。 ヴェラは「アドルフとは1945年3月に離婚しており、それから彼から連絡はない。 自分が知る限りアドルフは死んだはずだ。 」と主張した。 さらにヴェラはアイヒマンを指名手配犯からはずそうとして、1947年にアイヒマンの死亡宣告を得ようとしたものの、アイヒマンがプラハで銃殺されたのを見たと主張している者がヴェラの義兄弟であることを、のが立証してこれを阻止した。 1952年夏にアイヒマンはヴェラと子供たちをへ呼び、再び一家で暮らすようになった。 ここで四男リカルド・フランシスコ・クレメントをもうけた。 1959年にはアイヒマンの継母マリアが死去し、父アドルフ・カールも後を追うように1960年2月5日に死去した。 人物 [ ]• アイヒマンは自身が者ではないことを、イスラエル警察の尋問や裁判で強調していた。 実際、アイヒマンの学生時代にはユダヤ人の友達もおり、特にミッシャ・セバ(Mischa Sebba)というユダヤ人とはアイヒマンがナチスに入党した後も親交があったという。 アイヒマンはユダヤ人移送の任務については息苦しいまでの厳格さを見せ、移送列車の発着時刻が正確に守られるよう気を配っていたという。 1942年7月14日にからポーランドのへ向かう列車が故障した事件があった際に、アイヒマンは、電話で現地の指揮官に対して「今回のことは威信に関わる問題であり、事の全体は極めて屈辱的である」と激昂したと伝えられている。 アイヒマンの信仰はプロテスタントであった。 しかし、教会からの脱会を定めたSDの内部規則に従って、1937年にプロテスタント教会を脱会した。 アイヒマンはナチス幹部である、、が南米で生き延びているとイスラエルの裁判で証言した。 しかし、実際に確認されたのはメンゲレのみである。 語録 [ ] アイヒマン本人の発言 [ ] 戦前戦中の発言 [ ]• 「先ごろ一連の地域で行われたユダヤ人の東方移住は、ドイツ本国、オストマルク オーストリア 、及びベーメン・メーレン保護領におけるユダヤ人問題の、その最終的解決の幕開けである。 」(1942年1月31日、アイヒマンがドイツの占領地の全ゲシュタポ局に宛てた文書)• 「百人の死は天災だが、一万人の死は統計にすぎない。 「金貨など不要なのだ。 金貨なら自分でも持っている。 ほしいのは命令だ。 これからどう進展するのか知りたいのに。 」(敗戦直前に面会を拒否され、その副官から金貨を渡された際に語った言葉) 逮捕後 [ ]• 「あの当時は『お前の父親は裏切り者だ』と言われれば、実の父親であっても殺したでしょう。 私は当時、命令に忠実に従い、それを忠実に実行することに、何というべきか、精神的な満足感を見出していたのです。 命令された内容はなんであれ、です。 」(イスラエル警察の尋問で)• 「連合軍がドイツの都市を空爆して女子供や老人を虐殺したのと同じです。 部下は(一般市民虐殺の命令でも)命令を実行します。 もちろん、それを拒んで自殺する自由はありますが。 」(一般市民を虐殺する命令に疑問を感じないか、というイスラエル警察の尋問に)• 「戦争中には、たった1つしか責任は問われません。 命令に従う責任ということです。 もし命令に背けば軍法会議にかけられます。 そういう中で命令に従う以外には何もできなかったし、自らの誓いによっても縛られていたのです。 」(イスラエル警察の尋問で)• 「私の罪は従順だったことだ。 」 人物評 [ ]• 「決定的だったのは彼のコンプレックスだった。 SDでは責任あるポストは大学卒業者で占められていたが、彼にはどの学校の卒業資格もなかったので、そのことが大変なショックだった。 それに追い打ちをかけたのが、彼が『ユダヤ人風の容貌』をしているという同志たちの意地の悪い言葉だった。 同志からジギ・アイヒマンと呼ばれ、そのことでもひどく傷ついていた。 」(())• 「私は彼が比較的単純な男だとわかった。 知性に関していえば興味を引くところはなく、著しい天才なわけではない。 ぶっきらぼうな親衛隊員だった。 」(親衛隊少将)• 「赤毛の人間を全部殺せとか、名前がKで始まる人間を全部殺せと命令されても、奴ならばその通りに実行するだろう。 」(ナチハンター)• 「あそこまで魂を売り渡した心理状態の男を私はこれまで見たことがない。 我々は知的水準の極めて高い男と対峙していると感じていた。 だがその一方で、我々の目の前にいるのは無に等しい男であり、一から十まで協力的で一度たりとも面倒をかけず、時には自分から協力を申し出る腑抜けだった。 」(長官• 「もしも彼がより人間的だったなら、彼の人間性が悪の機構に加わることを許さなかっただろう。 彼がより非人間的だったなら、仕事の有能さに欠けていたことだろう。 ところが彼はその中間であり、ボタンを押せと命じられればボタンを押し、そのボタンを正確に押すことだけに腐心してしまい、ボタンを押せば誰がどこで生命を失うかといったことは考えもしないという、まさしく陳腐な人間を体現していたのだ。 」(心理学者)• 「アイヒマン問題は過去の問題ではない。 我々は誰でも等しくアイヒマンの後裔、少なくともアイヒマン的世界の後裔である。 我々は機構の中で無抵抗かつ無責任に歯車のように機能してしまい、道徳的な力がその機構に対抗できず、誰もがアイヒマンになりえる可能性があるのだ。 」(哲学者())• 「アイヒマンという人物の厄介なところはまさに、実に多くの人が彼に似ていたし、しかもその多くの者がしてもいずでもなく、恐ろしいほどノーマルだったし、今でもノーマルであるということなのだ。 われわれの法律制度とわれわれの道徳的判断基準から見れば、この正常性はすべての残虐行為を一緒にしたよりもわれわれをはるかに慄然とさせる」 「アイヒマンはでもでもなかった。 しかも〈悪人になって見せよう〉というの決心ほど彼に無縁なものはなかったろう。 自分の昇進にはおそろしく熱心だったということのほかに彼には何らの動機もなかったのだ。 そうしてこの熱心さはそれ自体としては決して犯罪的なものではなかった。 勿論彼は自分がその後釜になるために上役を暗殺することなどは決してなかったろう。 俗な表現をするなら、彼は自分のしていることがどういうことか全然わかっていなかった。 まさにこの想像力の欠如のために、彼は数ヶ月にわたって警察で訊問に当るドイツ系ユダヤ人と向き合って坐り、自分の心の丈を打ちあけ、自分がSS中佐の階級までしか昇進しなかった理由や出世しなかったのは自分のせいではないということをくりかえしくりかえし説明することができたのである」 「終戦時にふさわしい『私は笑って墓穴に飛び込むであろう』という言葉と、『世界中のへの見せしめとして私は喜んで衆人の前で』という言葉とは彼の頭の中では矛盾していなかった。 事態がまるっきり変わってしまった今、この『世界中の反ユダヤ人主義云々』という言葉は前者とまったく同じく彼の心を昂揚させる機能を持っていたのである」 「アイヒマン自身にしてみれば、これは気分の変化というだけのことであった。 そして、その時々の気分にふさわしい悲壮な極り文句をあるいは自分の記憶のなかで、あるいはそのときの心のはずみで見つけることができるかぎりは、彼は至極満足で、〈前後矛盾〉などといったようなことには一向に気付かなかった。 後に見るように、紋切り型の文句でをするというこの恐ろしい長所は、死の寸前にあっても彼から去らなかったのである」(哲学者 [ ]) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 、『図説オーストリアの歴史』、2011年9月、91頁。 242• , p. , p. 186. , p. , p. , p. , p. 327. , p. , p. , p. , p. 251• , p. , p. , p. , p. , p. , p. , p. 134• , p. , p. , p. , p. 318, 321. , p. , p. 2019年2月3日閲覧。 , p. 2005 [2004]. Eichmann: His Life and Crimes. London: Vintage. , p. , p. , p. , p. , p. 183. , p. , p. 150. , p. , p. 136• 137• , p. , p. , p. , p. 『』 参考文献 [ ] 日本語文献• 『:悪の陳腐さについての報告』訳、、1994年8月、新装版。 ; 訳 『ヒトラーの共犯者 下』 、2001年。 グイド・クノップ『ホロコースト全証言:ナチ虐殺戦の全体像』高木玲・藤島淳一訳、原書房、2004年2月。 訳、ゲリー・S・グレーバー編 『ナチス親衛隊』 、2000年。 長谷川公昭『ナチ強制収容所 その誕生から解放まで』、1996年11月。 『ヨーロッパ・ユダヤ人の絶滅』上巻、・・訳、、1997年11月。 ラウル・ヒルバーグ『ヨーロッパ・ユダヤ人の絶滅』下巻、望田幸男・原田一美・井上茂子訳、柏書房、1997年11月。 ハインツ・ヘーネ『髑髏の結社SSの歴史』森亮一訳、フジ出版社、1981年6月。 ジョルジュ・ベンスサン著、吉田恒雄訳『ショアーの歴史 ユダヤ民族排斥の計画と実行』(:)、2013年8月• ヨッヘン・フォン・ラング編 『アイヒマン調書 イスラエル警察尋問録音記録』 、2009年。 英語文献• Cesarani, David 2006 , Becoming Eichmann Rethinking the Life, Crimes, and Trial of a "Desk Murderer", Da Capo Press, 関連項目 [ ]• (アイヒマン実験)• - アドルフ・アイヒマンと取引し、アウシュビッツに移送されるはずだったユダヤ人を救ったシオニズム組織の指導者の1人。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 at the Internet Movie Database• - Provided by the National Security Archive• - Provided by the Nizkor Project.

次の

11年続けて「自殺者3万人超」の日本社会とは: Daily JCJ

ひとり の 死 は 悲劇 で ある が 万 人 の 死 は 統計 で しか ない 意味

1942年のアイヒマン親衛隊中佐 生誕 死没 1962-06-01 (56歳没) 死因 刑死(絞首刑) 職業 第IV局B部4課課長(局宗派部ユダヤ人課課長) 肩書き 任期 1939年12月21日-1945年5月 政党 配偶者 ベロニカ・アイヒマン(旧姓リーベル) 署名 アドルフ・オットー・アイヒマン(: Adolf Otto Eichmann 、 - )は、の親衛隊将校で、最終階級はだった。 「」()に関与し、数百万人におよぶへの移送に指揮的役割を担った。 後はで逃亡生活を送ったが、1960年にによってに連行された。 1961年4月よりやの責任などを問われてにかけられ、同年12月に、判決が下され、翌年5月にに処された。 少年時代のアドルフ・アイヒマン アドルフ・アイヒマンは1906年3月19日に西部の都市で産まれた。 父はアドルフ・カール・アイヒマン( Adolf Karl Eichmann)。 母は マリア・アイヒマン( Maria Eichmann)。 アドルフは5人兄弟の長男で 、長男アドルフから順に次男エミール( Emil)、三男ヘルムート( Helmuth)、長女イルムガルト( Irmgard)、四男オットー( Otto)であった。 このうち三男ヘルムートは後にで戦死した。 父アドルフ・カールはアドルフが生まれた当時、電機会社に簿記係として勤務していた。 上昇志向のある者の典型であった。 信仰はだった。 アドルフは自身の回顧録に父について「私にとって父は絶対的な権威だった」と書いている。 1913年にアドルフ・カールはのにあった同じ電機会社の役員に任じられ、アイヒマン一家はリンツへ移住している。 母マリアの旧姓はシェファーリング( Schefferling)と言い、専業主婦としてアイヒマン家を守っていた人物だった。 アドルフを含む5人の子供を産んだ後、彼女は1916年に32歳で死去した。 アドルフは立て続けに子供を産んだことが母の早い死の原因ではなかったかと後に語っている。 母マリアの死後、父アドルフ・カールはすぐにマリア・ツァヴァルツェル( Maria Zawrzel)という人物と再婚している。 彼女はの資産家の娘で熱心なプロテスタントだった。 父アドルフ・カールとは教会で知り合った。 アドルフはこの継母について「熱心で非常に良心的だった」と語っている。 オーストリアにおける子供時代、アドルフはやや暗い顔色をしていたため、他の子供は「」のように見えると彼をあざ笑った (当時のオーストリアは、ユダヤ人が居住するウィーンを中心に反ユダヤ主義が日常的に蔓延していた)。 アドルフは学校の成績が悪く、リンツのカイザー・フランツ・ヨーゼフ国立実科学校を卒業することができなかった。 なお全くの偶然であるが、もこのカイザー・フランツ・ヨーゼフ国立実科学校に通っていたことがあり、同じく卒業できずに退学している。 しかしこの会社はすぐに行き詰まり、その後、小麦会社や機関車製造会社に投資したが、これも財産を失うだけに終わった。 アドルフは1921年にカイザー・フランツ・ヨーゼフ国立実科学校を退学した後、機械工学を学ぶため工業専門学校に通っていたが、ここも卒業することなく中退している。 その後、アドルフは父のザルツブルクの鉱山工場で働いたが、すぐに辞めて、1925年から1927年にかけて電気製品販売業者で働いた。 さらに1928年からはのウィーン現地子会社にあたるヴァキューム・オイル・カンパニーという AG で販売員として働いている。 この会社に5年半ほど務めたが、1933年には人員削減の対象として解雇されている。 アドルフは後にこの解雇について「自分は独身の社員だったため、それが災いして人員整理された」と語っている。 ナチス親衛隊 [ ] アドルフは石油会社に勤めていた頃の1932年4月1日に()に入党のうえ、親衛隊に入隊している(オーストリアナチ党員番号889,895、オーストリアSS隊員番号45,326)。 アドルフの父アドルフ・カールの事業仲間である弁護士ヒューゴ・カルテンブルンナーの息子で同じく弁護士の博士の薦めであったという。 アドルフ自身はイデオロギーにはさほど興味はなかったようだ。 1933年夏、アドルフがベロニカ・リーベル( Veronica Liebl、愛称ベラ)と結婚の準備を進めていた頃、オーストリア・ナチ党がオーストリア政府から禁止されたため、1933年8月1日に大管区本部の命令でアドルフはドイツへ派遣されることとなった。 アイヒマン一家はドイツ市民権を放棄していなかったし、アドルフは失業中だったので、再度ドイツへ移住することに何ら問題はなかった。 よって婚約者ベラと共にドイツのへ移住した。 ベラとは1935年にパッサウで結婚している。 1933年8月から1934年9月まで ()とで地方警察から「オーストリア人部隊」として訓練を受けていた。 なお、アドルフはダッハウの親衛隊の訓練場にはいたが、同じ場所にあったの運営とは何も関係していない。 アドルフはこの時の訓練時代を「軍務の単調さが耐えられなかった。 毎日毎日が全く同じで、くりかえしくりかえし同じことをさせられる」 、「訓練はの兵士と全く変わらないものでした。 (中略)徹底的な前進でした。 肘に貼った絆創膏なんかすぐにはがれてしまって。 (中略)私はどうやってここから抜け出すか、そればかり考えていました。 そんなときにSDの人員募集の噂を聞きつけたんです。 私は、これだ、と思いました。 」と回顧している。 SD勤務時代 [ ] 1934年9月、当時であったアイヒマンは、に応募し、SD長官により採用された。 同僚のによるとこの頃からアイヒマンは記録や組織的な整理といった体系的な作業を好んだという。 以降一貫してアイヒマンはユダヤ人問題に携わることとなる。 ユダヤ人課の上官フォン・ミルデンシュタインから読むよう命じられたの著作『ユダヤ人と国家』にアイヒマンは強い影響を受けたという。 アイヒマンはドイツ在住のユダヤ人をパレスチナへ移住させる計画に関心を示すようになった。 1933年から1937年にかけて2万4000人の在独ユダヤ人がパレスチナへ移住していた。 彼らはに到着したが通過しか得られず、へ進んだ。 カイロではのメンバーに会った。 さらにパレスチナでのリーダーに会うことを計画したが、パレスチナへの入国は当局によって拒絶された。 そのため外遊の成果はほとんどなかった。 しかもナチスの政策は後にユダヤ人国家の設立を妨げる方向で定められたので、結局、経済的理由のためのパレスチナへの大規模移住に反対する報告書を書いている。 ウィーン勤務時代 [ ] 1938年3月18日、のザイテンシュテッテンのユダヤ人協会。 手前の親衛隊員がアイヒマン。 後の1938年3月、当時だったアイヒマンは「ユダヤ人問題の専門家」としてオーストリアのへ派遣された。 の財閥ユダヤ人 男爵からナチスが没収した邸宅は親衛隊の建物となり、アイヒマンはここの一室をあてがわれて「ユダヤ人移民局」を起こし、オーストリアのユダヤ人の移住に取り組んだ。 ユダヤ人たちの亡命の代償は全財産であり、その所有物はすべて没収された。 移住者は「提示金」として不可欠な外国為替を法外なレートで購入させられた。 アイヒマンは移住政策を巨額のビジネスに仕立て上げたのだった。 アイヒマンは1938年10月21日の報告書で着任の日から9月末までに5万人のユダヤ人をオーストリアから追放した、と報告している。 同時期のドイツでは1万9000人であったからアイヒマンの成果は歴然であった。 1938年6月の親衛隊内部の勤務評定はアイヒマンに「秀」の成績をつけており、「彼の格別な能力は交渉、話術、組織編成」「精力的かつ機敏な人物であり、専門分野の自己管理に優れた能力を備えている」と記している。 1939年1月24日には名目上のユダヤ人問題責任者であるの命令でベルリン内務省内に「ユダヤ人移住中央本部」が開設されることとなったが、これはハイドリヒがアイヒマンのウィーンでの働きを高く評価し、アイヒマンの方式を全国に拡大しようと設置したものであった。 アイヒマンは親衛隊内でユダヤ人移住の権威として知られるようになり、ユダヤ人移住の「」などと呼ばれるようになった。 アイヒマンも後に述べているが、ウィーン時代はアイヒマンの人生で最良の時代であった。 アイヒマンは、ロスチャイルドから没収した高級リムジンを公用車にして乗り回し、旧ロスチャイルド邸のワイン蔵からワインを持ち出して同志たちと飲みかわして楽しんだ。 プラハ勤務時代 [ ] 1939年3月、によりが誕生し、4月に旧チェコスロバキア首都へ派遣されることが決まった。 当時だったアイヒマンは、ウィーンの移民局の仕事を部下の()やに任せて次なる任地へ移動した。 しかしアイヒマン自身は後に「最初、私はウィーンを離れたくなかった。 万事円滑、かつ秩序正しく動いているのであるから(ウィーン勤務を)手放しくないのは当然だった。 」と語っている。 しかもプラハではアイヒマンはウィーンでの仕事ほど成果を上げられなかった。 すでにほとんどの国でユダヤ人の受け入れを拒否するようになっていた上、ベルリンも保護領のユダヤ人追放より(ドイツとオーストリア)内のユダヤ人追放を優先したがっていた。 しかしプラハ勤務時代はすぐに終わりを迎えた。 ゲシュタポ・ユダヤ人課課長 [ ] ドイツのによってが開戦した後の1939年9月27日に()とSDが統合されてが新設された。 アイヒマンはそのIV局(ゲシュタポ局)B部(宗派部)4課(ユダヤ人課)の課長に任命され、ベルリン勤務となった。 各地のユダヤ人移住局を統括する立場となった。 1940年6月にフランスがドイツに降伏し、西部ヨーロッパはほぼドイツの支配領域となった。 支配領域の拡大に伴い、ドイツの抱えるユダヤ人の数は大幅に増した。 1940年6月の時点でドイツの支配領域にユダヤ人は325万人生活しており、彼らの追放先を探すことがドイツ政府にとって急務となった。 アイヒマンは支配領域のユダヤ人をポーランドのへ集中させていった。 一方1940年10月にアイヒマンは、・・のユダヤ人7500人ほどを南フランスの非占領地域(領)へ移送させている。 このうち2000人以上のユダヤ人がフランスの収容所で病死し、残りもほとんどがポーランドへ再移送されてそこで殺害されたとみられる。 アイヒマンによるとこのフランスへの移送はの咄嗟の思いつきであったという。 併行してフランス降伏から独ソ戦開始までの間、アイヒマンは、フランスの植民地であった島へユダヤ人を移住させる計画()の立案に熱心になっていた。 しかし何百万人も送るために必要な船舶がドイツには無い上に、マダガスカルまでの海路がイギリスとアメリカに抑えられていることからこの計画をまともに取り合ってくれる上官はいなかった。 独ソ戦の準備が始まる中、が組織されるなどユダヤ人は「最終解決」される方向で首脳部の意図が定まっていき、マダガスカル島移住計画は消えていった。 「ユダヤ人問題の最終解決」 [ ] 本人の証言によるとアイヒマンは、1941年8月から9月頃にの口から総統の命令によりヨーロッパのユダヤ人がすべて絶滅させられることになったのを知らされたという。 さらにこの時、ハイドリヒから領のの指揮下で行われているユダヤ人虐殺活動を視察することを命じられ、ルブリンへ赴き、(後にここにが置かれる)でガス殺を行う建物を視察した。 ついでアイヒマンの直属の上官であるゲシュタポ局長からの命令でポーランド西部地域のクルムホーフ(ポーランド語でヘウムノ。 ここにはがつくられた)で行われていたガストラックによるガス殺を視察し、またその後にはでののユダヤ人銃殺活動の視察、さらに再度ルブリンのトレブリンカへ派遣されてガス殺を視察することとなった。 アイヒマンは後にイスラエル警察からの尋問に対して、これらの視察について「強いショックを受けたこと」や「正視できなかったこと」を強調している。 アドルフ本人の証言によるとの親衛隊司令官や直属の上官ハインリヒ・ミュラーに「あれでは若い兵士たちをサディストにするだけだ」と抗議を行ったという。 1941年11月にに昇進。 しかし以降の昇進はなく、アイヒマンの階級はここで止まっている。 アドルフ本人もこの会議で絶滅政策が決定されたことを認めているが、アイヒマン自身は会議の席上で一言も発言しておらず、出席者の誰からも気にとめられることもなく、ただタイピストとともにテーブルの隅っこに座っていただけだと証言している。 この会議後、アイヒマンは、ゲシュタポ・ユダヤ人課課長としてヨーロッパ各地からユダヤ人をポーランドの絶滅収容所へ列車輸送する最高責任者となる。 1942年3月6日と10月27日に行われたヴァンゼー会議に続く二度の最終解決についての省庁会議はアイヒマンが議長を務めている。 1942年3月から絶滅収容所への移送が始まったが、その移送プロジェクトの中枢こそがアドルフ・アイヒマンであった。 総力戦体制が強まり、1台でも多くの車両を戦線に動員したい状況の中でも交通省と折衝して輸送列車を確保し、ユダヤ人の移送に努めた。 続く2年間にアドルフは「500万人ものユダヤ人を列車で運んだ」と自慢するように、任務を着実に遂行した。 アイヒマンの実績は注目され、1944年3月には計画の捗らないに派遣される。 彼は直ちにユダヤ人の移送に着手し、40万人ものユダヤ系ハンガリー人を列車輸送してのガス室に送った。 1945年にドイツの敗色が濃くなると、のはユダヤ人虐殺の停止を命令したが、アイヒマンはそれに従わずハンガリーで任務を続けた。 彼は更にの予備役として委任させられていたため、戦闘命令を回避するために自らの任務を継続していた。 アイヒマンはソ連軍が迫るハンガリーから脱出し知己であったカルテンブルンナーの居るオーストリアへ戻ったが、彼はアイヒマンの任務がユダヤ人の根絶であることを知っていたため、軍から責任を問われることを恐れアイヒマンとの面会を拒絶した。 なお、アイヒマンは自身がユダヤ人虐殺の責任者であることを充分に認識していたことから、敗戦が現実味を帯びてくるにつれて写真に写ることを極度に嫌った。 ある日写真を撮られたことに激怒し、カメラを破壊した後弁償したという。 逃亡 [ ] 「リカルド・クレメント」の偽名で交付されたアイヒマンの赤十字渡航証 第二次世界大戦終結後、アイヒマンは進駐してきたによって拘束されたが、偽名を用いて正体を隠すことに成功すると、捕虜収容所から脱出した。 なおアイヒマンは死んだと思われていた。 初頭から国内で逃亡生活を送り、初頭にはを装いに到着。 の立場から元ドイツ軍人や元ナチス党員の戦犯容疑者の逃亡に力を貸していたの修道士の助力を得た。 「」などの組織の助力も受け、 リカルド・クレメント(Ricardo Klement)名義でから渡航証(難民に対して人道上発行されるに代わる文書)の発給を受け、に、当時親ドイツの政権の下、元ナチス党員を中心としたドイツ人の主な逃亡先となっていたのに船で上陸した。 この偽造渡航証は、5月にアルゼンチンの裁判所の資料庫から発見された。 その後約10年にわたって工員や飼育農家など様々な職に就き、家族を呼び寄せ新生活を送った。 拘束 [ ] 1957年、逃亡したナチ戦犯の追求を続けていたの検事 ()は独自に調べた結果、アイヒマンがリカルド・クレメントの偽名でアルゼンチンに潜伏しているという情報を入手。 国内では捜査が許可されなかったため、彼は(モサド)に情報提供を行った。 早速ブエノスアイレスに工作員が派遣されたものの、アイヒマンも身分を隠しながら慎重に行動しており、消息をつかむことは容易ではなかった。 しかし、彼の息子がユダヤ人女性と交際しており、彼女にたびたび父親の素性について話していたことから、モサド工作員は、息子の行動確認をしてアイヒマンの足取りをつかもうとした。 2年にわたる入念な作業のすえ、モサドはついに彼を見つけ出した。 バウアーの側も「アイヒマンはにいる」と偽の情報を発表し、アイヒマンに悟られないよう欺瞞作戦を行った。 イスラエルの留置所に収監されたアイヒマン モサドの長官は、率いる作業班を結成させ、彼らと共に自らもブエノスアイレスへ飛んだ。 作業班はアイヒマンに「E」とコードネームを付け、行動を監視した。 最終的に作業班が彼をアイヒマンであると断定したのは、自身の結婚記念日に、彼が花屋で妻へ贈る花束を買ったことであった。 1960年5月11日、アイヒマンがバスから降りて自宅へ帰る道中、路肩に止めた窓のないバンから数人の工作員が飛び出し、彼を車の中に引きずりこんだ。 車中で男たちは親衛隊の制帽を出して彼にかぶせ、写真と見比べて「お前はアイヒマンだな?」と尋ねた。 彼は当初否定したが、少し経つとあっさり認めたという。 その後アイヒマンは、ブエノスアイレス市内にあったモサドのセーフハウスに置かれた後、5月21日にアルゼンチン独立記念日の式典へ参加した、イスラエル政府関係者用のので、イスラエルへ連行された。 出国の際に彼は、酒をしみこませたエル・アル航空のの制服を着させられた上に薬で寝かされ、「酒に酔って寝込んだ」として、アルゼンチンの税関職員の目をごまかしたという。 同機は、当初の郊外にあるを経由して、同空港で給油する予定だったが、アイヒマンが搭乗していることが知られた場合、元ドイツ軍人やナチス党員の戦犯容疑者を含むドイツ系移民が多く、一定の影響力を持つブラジル政府により、離陸が差し止められる危険性があったことから、のまで無給油飛行を行うなど、移送には細心の注意が図られた。 イスラエル政府はしばらくの間、をはじめとする「ユダヤ人の民間人有志によって身柄を拘束された」として、政府の関与を否定した。 しかしながら、最終的にその主張は覆された。 は、1960年5月25日にでアイヒマンの身柄確保を公式に発表し、世界的なニュースとなった。 ハルエルは後に、アイヒマンの身柄確保に関して『The House on Garibaldi Street』を著した。 作戦に参加していたとされる元モサドのピーター・マルキンも『Eichmann in My Hands』という本を著した。 獄中のアイヒマンは部屋や便所をまめに掃除したりするなど、神経質な面はあったが、至って普通の生活を送っていた。 獄中の彼を知る人物は総じて「普通の、どこにもいるような人物」と評した。 本来は、このような移送方法は国際法違反であるが、当時イスラエルとアルゼンチンの間にはが結ばれていなかったため、国家を介したができず、このような強硬手段によってイスラエルに移送する他に手段が無かった。 事が発覚すると、アルゼンチン政府はイスラエルに抗議をしている。 アイヒマン裁判 [ ] アイヒマン(での裁判にて)。 裁判は、1961年4月11日にで始まった。 アイヒマンは「」「ユダヤ人に対する犯罪」および「違法組織に所属していた犯罪」などの15の犯罪で起訴され、その裁判は国際的センセーションと同様に巨大な国際的な論争も引き起こした。 275時間にわたって予備尋問が行われた。 アイヒマンに対する証言により、更に明らかにされた当時のドイツ政府による残虐行為はホロコーストの現実および、当時のドイツを率いていたナチスの支配の弊害を直視することを全世界に強いた。 一方で、自身にとって不利な証言を聞いているアイヒマンという人物が小役人的な凡人という印象を与えるものであったことが、ふてぶてしい大悪人であると予想していた視聴者を戸惑わせた。 裁判を通じてアイヒマンはドイツ政府によるユダヤ人迫害について「大変遺憾に思う」と述べたものの、自身の行為については「命令に従っただけ」だと主張した。 また、ヒトラーの『』については、「読んだことはない」と述べている。 この公判時にアイヒマンは「 1人の死は悲劇だが、集団の死は統計上の数字に過ぎない」という言葉を残したとされる。 アイヒマンは死刑の判決を下されてもなお自らを無罪と抗議しており、その模様は記録映像 にも残されている。 処刑 [ ] 1961年12月15日、すべての訴因で有罪が認められた結果、アイヒマンに対しの判決が下された。 翌1962年6月1日未明にの刑務所でが行われた。 5月31日から6月1日の真夜中(イスラエルが死刑を行使する唯一の時間)刑執行後、遺体は裁判医が確認するまで、1時間ほど絞首台にぶら下がったままだったという。 イスラエルでは戦犯以外の死刑制度は存在しないため、建国以来同国で執行された唯一の死刑である。 遺体は焼却され、遺灰は地中海に撒かれた。 最期の言葉は「ドイツ万歳。 アルゼンチン万歳。 オーストリア万歳。 この3つの国は私が最も親しく結びついていた国々です。 これからも忘れることはありません。 妻、家族、そして友人たちに挨拶を送ります。 私は覚悟はできています。 全ての人の運命がそうであるように、我々はいずれまた会うでしょう。 私は神を信じながら死にます。 」であった。 「刑務官に『最後に何か望みがないか』と言われ、『ユダヤ教徒になる』と答えた。 なぜかと尋ねられると『これでまた1人ユダヤ人を殺せる』と返答をした」が最後の言葉だという逸話もあるが、このような事実はなく、彼にナチ戦犯としてのネガティブな印象を与えるための創作とも考えられている。 処刑後、アイヒマンはいかなる服従の心理に基づいて動いたのかそれが学者の研究対象となり、役者の演技によって擬似的に作り出された権威の下にどれほどの服従を人間は見せるのかが実験で試され、「アイヒマンテスト」と呼ばれることに話がつながって行く(を参照)。 家族 [ ] アドルフ・アイヒマンは、1931年8月に彼の妻となるヴェロニカ・リーベル(Veronica Liebl、愛称ヴェラ)と知り合った。 ヴェラはの地方ムラダーの農家出身の女性であった。 ヴェラによると2人が知り合ったのはリンツで行われた演奏会だったという。 ヴェラは出会って一目でアイヒマンにひかれたという。 ヴェラは熱心なであり、プロテスタントのアイヒマンとは信仰が異なったが、彼女はそれでもアイヒマンと結婚することに決めた。 2人は1933年夏から結婚の準備を進めていたが、この頃オーストリア・ナチ党が禁止されたため、アドルフは妻のヴェラを伴ってドイツへ移住し、そこで結婚することとなった。 アイヒマンは1934年10月30日に(RuSHA)に結婚許可の申請をした。 親衛隊の結婚にはRuSHAの許可が必要であり、妻となる女性が「」であることを証明せねばならなかったが、ヴェラはチェコ人であったため、アイヒマンは書類の形式を整えるのに苦労したようである。 許可が下りた後、2人は1935年3月21日にで挙式した。 しかしアドルフの同僚の親衛隊員達の間ではヴェラがチェコ人であることは公然であり、()SS少佐によるとチェコ人妻の存在はアドルフへの風当たりに原因の1つになっていたという。 ヴェラも反教会的なナチ党を好ましく思っておらず、ナチ党への入党は最後までしなかった。 アイヒマン夫妻は、1936年にベルリンで長男クラウス(Klaus) 、1940年にウィーンで次男ホルスト(Horst) 、更にその後三男ディーター(Dieter)をもうけている。 親衛隊大尉によるとアドルフは自分の子供には大変強い愛着を抱いていたが、逆に妻はどうでもよい存在になっていたという。 ヴェラはドイツの敗戦後、オーストリアので子供とともに暮らしていたが、アメリカの諜報部から尋問を受けた。 ヴェラは「アドルフとは1945年3月に離婚しており、それから彼から連絡はない。 自分が知る限りアドルフは死んだはずだ。 」と主張した。 さらにヴェラはアイヒマンを指名手配犯からはずそうとして、1947年にアイヒマンの死亡宣告を得ようとしたものの、アイヒマンがプラハで銃殺されたのを見たと主張している者がヴェラの義兄弟であることを、のが立証してこれを阻止した。 1952年夏にアイヒマンはヴェラと子供たちをへ呼び、再び一家で暮らすようになった。 ここで四男リカルド・フランシスコ・クレメントをもうけた。 1959年にはアイヒマンの継母マリアが死去し、父アドルフ・カールも後を追うように1960年2月5日に死去した。 人物 [ ]• アイヒマンは自身が者ではないことを、イスラエル警察の尋問や裁判で強調していた。 実際、アイヒマンの学生時代にはユダヤ人の友達もおり、特にミッシャ・セバ(Mischa Sebba)というユダヤ人とはアイヒマンがナチスに入党した後も親交があったという。 アイヒマンはユダヤ人移送の任務については息苦しいまでの厳格さを見せ、移送列車の発着時刻が正確に守られるよう気を配っていたという。 1942年7月14日にからポーランドのへ向かう列車が故障した事件があった際に、アイヒマンは、電話で現地の指揮官に対して「今回のことは威信に関わる問題であり、事の全体は極めて屈辱的である」と激昂したと伝えられている。 アイヒマンの信仰はプロテスタントであった。 しかし、教会からの脱会を定めたSDの内部規則に従って、1937年にプロテスタント教会を脱会した。 アイヒマンはナチス幹部である、、が南米で生き延びているとイスラエルの裁判で証言した。 しかし、実際に確認されたのはメンゲレのみである。 語録 [ ] アイヒマン本人の発言 [ ] 戦前戦中の発言 [ ]• 「先ごろ一連の地域で行われたユダヤ人の東方移住は、ドイツ本国、オストマルク オーストリア 、及びベーメン・メーレン保護領におけるユダヤ人問題の、その最終的解決の幕開けである。 」(1942年1月31日、アイヒマンがドイツの占領地の全ゲシュタポ局に宛てた文書)• 「百人の死は天災だが、一万人の死は統計にすぎない。 「金貨など不要なのだ。 金貨なら自分でも持っている。 ほしいのは命令だ。 これからどう進展するのか知りたいのに。 」(敗戦直前に面会を拒否され、その副官から金貨を渡された際に語った言葉) 逮捕後 [ ]• 「あの当時は『お前の父親は裏切り者だ』と言われれば、実の父親であっても殺したでしょう。 私は当時、命令に忠実に従い、それを忠実に実行することに、何というべきか、精神的な満足感を見出していたのです。 命令された内容はなんであれ、です。 」(イスラエル警察の尋問で)• 「連合軍がドイツの都市を空爆して女子供や老人を虐殺したのと同じです。 部下は(一般市民虐殺の命令でも)命令を実行します。 もちろん、それを拒んで自殺する自由はありますが。 」(一般市民を虐殺する命令に疑問を感じないか、というイスラエル警察の尋問に)• 「戦争中には、たった1つしか責任は問われません。 命令に従う責任ということです。 もし命令に背けば軍法会議にかけられます。 そういう中で命令に従う以外には何もできなかったし、自らの誓いによっても縛られていたのです。 」(イスラエル警察の尋問で)• 「私の罪は従順だったことだ。 」 人物評 [ ]• 「決定的だったのは彼のコンプレックスだった。 SDでは責任あるポストは大学卒業者で占められていたが、彼にはどの学校の卒業資格もなかったので、そのことが大変なショックだった。 それに追い打ちをかけたのが、彼が『ユダヤ人風の容貌』をしているという同志たちの意地の悪い言葉だった。 同志からジギ・アイヒマンと呼ばれ、そのことでもひどく傷ついていた。 」(())• 「私は彼が比較的単純な男だとわかった。 知性に関していえば興味を引くところはなく、著しい天才なわけではない。 ぶっきらぼうな親衛隊員だった。 」(親衛隊少将)• 「赤毛の人間を全部殺せとか、名前がKで始まる人間を全部殺せと命令されても、奴ならばその通りに実行するだろう。 」(ナチハンター)• 「あそこまで魂を売り渡した心理状態の男を私はこれまで見たことがない。 我々は知的水準の極めて高い男と対峙していると感じていた。 だがその一方で、我々の目の前にいるのは無に等しい男であり、一から十まで協力的で一度たりとも面倒をかけず、時には自分から協力を申し出る腑抜けだった。 」(長官• 「もしも彼がより人間的だったなら、彼の人間性が悪の機構に加わることを許さなかっただろう。 彼がより非人間的だったなら、仕事の有能さに欠けていたことだろう。 ところが彼はその中間であり、ボタンを押せと命じられればボタンを押し、そのボタンを正確に押すことだけに腐心してしまい、ボタンを押せば誰がどこで生命を失うかといったことは考えもしないという、まさしく陳腐な人間を体現していたのだ。 」(心理学者)• 「アイヒマン問題は過去の問題ではない。 我々は誰でも等しくアイヒマンの後裔、少なくともアイヒマン的世界の後裔である。 我々は機構の中で無抵抗かつ無責任に歯車のように機能してしまい、道徳的な力がその機構に対抗できず、誰もがアイヒマンになりえる可能性があるのだ。 」(哲学者())• 「アイヒマンという人物の厄介なところはまさに、実に多くの人が彼に似ていたし、しかもその多くの者がしてもいずでもなく、恐ろしいほどノーマルだったし、今でもノーマルであるということなのだ。 われわれの法律制度とわれわれの道徳的判断基準から見れば、この正常性はすべての残虐行為を一緒にしたよりもわれわれをはるかに慄然とさせる」 「アイヒマンはでもでもなかった。 しかも〈悪人になって見せよう〉というの決心ほど彼に無縁なものはなかったろう。 自分の昇進にはおそろしく熱心だったということのほかに彼には何らの動機もなかったのだ。 そうしてこの熱心さはそれ自体としては決して犯罪的なものではなかった。 勿論彼は自分がその後釜になるために上役を暗殺することなどは決してなかったろう。 俗な表現をするなら、彼は自分のしていることがどういうことか全然わかっていなかった。 まさにこの想像力の欠如のために、彼は数ヶ月にわたって警察で訊問に当るドイツ系ユダヤ人と向き合って坐り、自分の心の丈を打ちあけ、自分がSS中佐の階級までしか昇進しなかった理由や出世しなかったのは自分のせいではないということをくりかえしくりかえし説明することができたのである」 「終戦時にふさわしい『私は笑って墓穴に飛び込むであろう』という言葉と、『世界中のへの見せしめとして私は喜んで衆人の前で』という言葉とは彼の頭の中では矛盾していなかった。 事態がまるっきり変わってしまった今、この『世界中の反ユダヤ人主義云々』という言葉は前者とまったく同じく彼の心を昂揚させる機能を持っていたのである」 「アイヒマン自身にしてみれば、これは気分の変化というだけのことであった。 そして、その時々の気分にふさわしい悲壮な極り文句をあるいは自分の記憶のなかで、あるいはそのときの心のはずみで見つけることができるかぎりは、彼は至極満足で、〈前後矛盾〉などといったようなことには一向に気付かなかった。 後に見るように、紋切り型の文句でをするというこの恐ろしい長所は、死の寸前にあっても彼から去らなかったのである」(哲学者 [ ]) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 、『図説オーストリアの歴史』、2011年9月、91頁。 242• , p. , p. 186. , p. , p. , p. , p. 327. , p. , p. , p. , p. 251• , p. , p. , p. , p. , p. , p. , p. 134• , p. , p. , p. , p. 318, 321. , p. , p. 2019年2月3日閲覧。 , p. 2005 [2004]. Eichmann: His Life and Crimes. London: Vintage. , p. , p. , p. , p. , p. 183. , p. , p. 150. , p. , p. 136• 137• , p. , p. , p. , p. 『』 参考文献 [ ] 日本語文献• 『:悪の陳腐さについての報告』訳、、1994年8月、新装版。 ; 訳 『ヒトラーの共犯者 下』 、2001年。 グイド・クノップ『ホロコースト全証言:ナチ虐殺戦の全体像』高木玲・藤島淳一訳、原書房、2004年2月。 訳、ゲリー・S・グレーバー編 『ナチス親衛隊』 、2000年。 長谷川公昭『ナチ強制収容所 その誕生から解放まで』、1996年11月。 『ヨーロッパ・ユダヤ人の絶滅』上巻、・・訳、、1997年11月。 ラウル・ヒルバーグ『ヨーロッパ・ユダヤ人の絶滅』下巻、望田幸男・原田一美・井上茂子訳、柏書房、1997年11月。 ハインツ・ヘーネ『髑髏の結社SSの歴史』森亮一訳、フジ出版社、1981年6月。 ジョルジュ・ベンスサン著、吉田恒雄訳『ショアーの歴史 ユダヤ民族排斥の計画と実行』(:)、2013年8月• ヨッヘン・フォン・ラング編 『アイヒマン調書 イスラエル警察尋問録音記録』 、2009年。 英語文献• Cesarani, David 2006 , Becoming Eichmann Rethinking the Life, Crimes, and Trial of a "Desk Murderer", Da Capo Press, 関連項目 [ ]• (アイヒマン実験)• - アドルフ・アイヒマンと取引し、アウシュビッツに移送されるはずだったユダヤ人を救ったシオニズム組織の指導者の1人。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 at the Internet Movie Database• - Provided by the National Security Archive• - Provided by the Nizkor Project.

次の

ビートたけし「人間は自分の身内さえ助かればその裏で何万人死のうがなんとも思わないものなんだ」: GOSSIP速報

ひとり の 死 は 悲劇 で ある が 万 人 の 死 は 統計 で しか ない 意味

53 ID:EBNMF7v19. net 厚生労働省が24日発表した2019年の人口動態統計の年間推計で、日本人の国内出生数は86万4千人となった。 前年比で5. 出生数が死亡数を下回る人口の「自然減」も51万2千人と初めて50万人を超え、政府の対策にもかかわらず少子化・人口減が加速している。 少子化は社会保障の支え手の減少に直結するほか、潜在成長率の低迷を招く恐れがある。 人口減が予想より早く進む事態への備えが求められる。 2017年4月の国立社会保障・人口問題研究所の将来人口推計(日本人人口ベース)では、出生数が90万人を割り込むのは20年、86万人台となるのは21年と予測されていたが、減少ペースは2年早まった。 出生数の急減は複数の要因が重なった可能性がある。 最も大きいのは出産期の女性の人口減少だ。 総務省の統計では2019年7月時点で25〜39歳の女性は969万人で、前年同月から約21万人減った。 1971〜74年生まれの団塊ジュニアが2019年に45歳以上になった影響もある。 同研究所の岩沢美帆・人口動向研究部長は「この世代は就職氷河期に直面するなどし、若い頃に見送っていた出産が後ろずれしたことで、直近の出生率を下支えしていた」と話す。 19年は新元号にあやかった「令和婚」や「令和ベビー」の効果で出産が増えるとの期待もあったが、婚姻件数は前年比0. 03年に少子化対策基本法が成立し、政府は仕事と子育ての両立や待機児童対策、保育料無償化や働き方改革、男性の育児参加などを推進してきた。 合計特殊出生率は05年の1. 26を底に一度は持ち直したものの、15年の1. 45の後は減少が続き、18年は1. 42だった。 政府は25年度までに、子どもを望む夫婦らの希望がすべてかなった場合の「希望出生率1. 8」の実現を目標に掲げるが、即効薬は見当たらないのが現状だ。 松谷明彦・政策研究大学院大名誉教授(マクロ経済学)は「若い世代が減っている以上、政府の少子化対策に劇的効果は望めない。 人口減を前提とした社会、経済に転換していく必要がある」と指摘する。 人口動態統計の年間推計は10月までの速報値から算出しており、出生数に外国人の日本での出産、日本人の海外での出産を含まない。 これらを含めた総人口ベースでも19年の出生数は90万人を下回った可能性が高いとみられる。 29 ID:9pzdG4me0. net 大学は規制に守られて既得権益の固まりだから残っている 年間150万円もする大学は詐欺商売 もう滅茶苦茶、学生はカモにされているだけ。 まさに、若者を騙して人生を破滅させてカネを貪る天下り天国 ただの搾取マシーンだ。 みんな、受験業界に洗脳されすぎ! 搾取する一部の上級国民と 搾取される貧乏人。 裏でどんな酷い事が行われているか 「教育再生」という名の搾取でもある。 2004年 日本育英会から日本学生支援機構へ。 奨学金学金制度が金融事業になり、金融機関が儲けて多くの人が莫大な借金を抱えようになった。 2020年 大学入試センター試験から共通テストへ。 教育産業が儲けて国民が莫大な不利益を被るようになる。 大学に行けばよい就職先が選べると高校生を洗脳して高額の授業料を搾取。 奨学金返済の人は卒業後も銀行に金利を搾取される。 一部のブランド大学を除けば、卒業時の景気が悪ければまともな職は少ない 何故Fラン大学が急に増えたのか?? その答えは簡単。 Fラン大学が金儲けになるからです。 奨学金も含めて、マジで汚いビジネスだなーと思います 奨学金と言えば聞こえがいいが、借金である事には変わりありません。 そして、行ってもほぼ意味ないのにFラン大学に行ってしまう そんな学生を養分にして金儲けを企むクソみたいな連中がいるのです。。。 奨学金、もとい借金。 まぁ……これは説明はいらないでしょう。 典型的な搾取ですね〜。 02 ID:LPOf1lrx0. 03 ID:eNNsKrWP0. 05 ID:sdSosOEP0. es〇uteru. 98 ID:sdSosOEP0. 5c〇h. 民主党政権の時の円高政策で日本の輸出企業は壊滅寸前までいって、韓国の輸出産業はこの世の春を謳歌しました 民主党=左翼は日本を滅ぼして韓国が栄える、まさに「日本死ね」の政策を実践していたんだよ. あいちトリエンナーレの件、愛知県 大村秀章知事の開き直りが不愉快すぎる! 愛知県の大村知事って低能はことの重大さを理解してない間抜けだ。 このままだとトヨタへの不買運動に発展しかねないんだが。 そして売国左翼マスコミの利益構造を叩き潰しましょう 圧倒的多数派の保守層を敵に回したらどうなるのか、売国企業と売国左翼マスコミと売国広告代理店=電通に思い知らせましょう. 68 ID:6bFhj7KY0. 86 ID:8zH8kuxL0. 66 ID:eYW3jJ9X0. 09 ID:gF6moGVx0. 46 ID:rZyw0JHQ0. 73 ID:ZKByhcnp0. 53 ID:9QVTLY9p0. 83 ID:UTxBNMhf0. net 上位カーストから落ちる人が必ず出てくるね まあ、ざまぁの一言なんだが。 52 ID:a0YwgHZ30. 78 ID:B77b0rkz0. net 少子化の原因ははっきりしているからね。 晩婚化と早婚化。 早婚化できない社会で 何やっても無駄だというのは 分かりきっているからな。 20歳ぐらいで子供するような連中の方が 子供作るし。 30目前にこれから結婚相手探すなんてやっている連中は 結婚できても晩婚で多産は無理だし。 年齢あがればあがるほど結婚は難しくなるし。 淫行条例とかアホな法律さっさと廃止しないと 移民しかない。 52 ID:cs4yHrlB0. 05 ID:KDJTfvbR0. net 公式発表より加速度的に少子化してるってことか。 総人口が減るということよりも、出生減少に加速が付くことで年齢構成がいびつになるのがやばいだろうな。 年金の破綻で社会の急速な不安定化が起こるだろう。 55 ID:r6DjHSip0. 61 ID:RP8VFkUF0. 88 ID:DvDUZqLF0. net クローン人間と安楽死でしか解決できない。 84 ID:xIaywf9A0. net 幼保無償化なんて開始三ヶ月経たずにお金足りずに所得制限案出てるよw 誰もが読んでた展開。 10 ID:jG0dCG8I0. 84 ID:xvmZtsHV0. 13 ID:jG0dCG8I0. 99 ID:F1vo7Cax0. 45 ID:xvmZtsHV0. 40 ID:6bKgC7Ou0. 78 ID:XfW4x9dd0. 58 ID:jSWjY5bo0. 73 ID:qw4kV0Mj0. 50 ID:qw4kV0Mj0. 50 ID:imB8Cl0v0. 63 ID:Oxzvgnfh0. 29 ID:pfol2mrh0. 14 ID:C9jSXpzt0. 96 ID:4tAoiWDp0. net 2003年くらいから減りが加速してるのね。 85 ID:xvmZtsHV0. 28 ID:faiLr0Jd0. 24 ID:BrmDlDtz0. 22 ID:pe1TzyjO0. 07 ID:F2BVvGZe0. 07 ID:nJQfGYsv0. 97 ID:xIaywf9A0. net 年収1250万の所得者がいる家庭から児童手当を奪い、年収910万以上の夫婦の家庭から当初約束された高校無償化を奪い、年収591万以上稼いでしまった夫婦は私立完全無償化されずに高校生を養うのが今の子育て支援。 こんだけやらかして、収入が多い奴が子を産めばいい? 中間層はむしろ出産人数減らさなきゃ自分達の子育て生活が危ないよ。 今までやってきた子育て支援に所得制限で、 ・国の支援など突如変わるもの、信用するな ・高所得者の子育て資金は低所得者に分け与えよ ・頑張って働きながら育てたら負け。 を中間層の子育て世帯は痛感している。 下の世代の親やそんな親を見てる子ども達が国から受け取ったメッセージがそれ。 今は収入低くて対象の家庭でもいずれ給料が上がる見込みある夫婦なら不安で産める訳がない。 いつかハシゴ外されて負担増家庭にされるから。 52 ID:xvmZtsHV0. 58 ID:xIaywf9A0. net 一番甘えてんのは政治屋。 自分達の失策のツケを全て今の子ども達や育ててる親に回しておきながら、対策したぞー立ち向かうぞーと叫んでる。 ボランティア活動ならともかく給料貰っててこれではボーナスなしにするしかないね。 net そもそも少子化は国連の政策だからな。 1974年の世界人口会議で決まっていたこと。 だから世界で少子化が起きている。 net そして安倍ぴょんの思いついた解決策。 「そうだ、諸外国であぶれている人らに日本国籍を与えて日本に住まわせようっと。 net 日本の少子化対策だって単なるお役人の金もうけだった。 1994年から少子化対策やっていても、結果が出ないのはそのため。 41 ID:BHyWRn010. net だいたい国の象徴のスメラミコトの皇后からしてアカン。 負のオーラ全開過ぎて国民の、特に男子の逸物に来るものがない。 96 ID:sUtvoQ7G0. 62 ID:7BoUync20. 29 ID:2cuCqwqg0. net エンゼルプラってのを始めた。 61 ID:ZX8SXUO30. 13 ID:g7M003cm0. 26 ID:mFensFcl0. net 俺30半ば、一部上場の財閥系金融に勤めてるけどさ。 残業抜いたら給与500万だからね。 残業やりまくって額面900万 ボーナス手取り25万 どんな産業より、 いっちゃん儲けてなきゃいけない金融でこの額だからね。 日本終わっとるよ。 残業多すぎて都内に家を買わないと死にそうだから、 55平米の中古7000万のマンション買うしかなかったし、 いつボーナスがなくなるか、働き方改革なんかで残業規制がはいるか分からないから、 子どもは一人だし、子どもの教育費以外ほんと何も買ってない。 45 ID:5zRMJeX70. 96 ID:mFensFcl0. net 都心の奴らが今、子ども産んで何してるかわかってる? 鬼のように英語教育だわ。 町中に歯医者のようにインターナショナル幼稚園が乱立しとるわ。 中学からアメリカなんかザラ。 この先、一気に犯罪が増えるって皆言っとるよ。 一部DQNも居るが見た目は良い。 34 ID:LvQOM0j80. 00 ID:LvQOM0j80. 81 ID:Uf9sqauz0. net 団塊jrなんか責めても、もうどうにもなりませんよ。 子供を産む歳じゃないし、下手すると孫がいる人もいるんだから。 今みたいに簡単に情報が手に入る時代じゃなかったし競争も激しかったからね。 55 ID:IiHxQrN90. 60 ID:VCyXhvif0. 16 ID:VdQb9VTS0. 70 ID:IAESx8gX0. 42 ID:fdkwujau0. 78 ID:mCFLcEis0. 88 ID:VdQb9VTS0. net 老後の生活は自己責任で、最低でも2千万円、できれば3千万円の貯蓄が必要なのだから、ほとんどの人にとって結婚など無理だよ 無理に結婚しても悲劇的な結末しか待っておらず、子供をそれに巻き込むことにもなる 総レス数 916 268 KB.

次の