練習人数効果アップ。 【パワサカ】山城明矛(やましろめいむ)の評価とイベント【パワフルサッカー】

【パワサカ】山城明矛(やましろめいむ)の評価とイベント【パワフルサッカー】

練習人数効果アップ

ウォームアップや基礎練習が重要だということを承知していても、「なぜ基礎が大切か」に気づき、練習を定着させるためには、かなりのエネルギーを要します。 かといってやりたい曲だけを練習しても、技術や音色の向上は一向に望めません。 では合奏のレヴェル・アップに必要なことはなんでしょう? 具体的には 個々の演奏技術や音色・ソルフェージュ力の向上、そして メンバーのアンサンブルの力だといえます。 ただ個々の技術を磨くだけなら個人レッスンという方法もありますが、吹奏楽という演奏形態でそのクオリティを高めるためには、さらに アンサンブル能力の向上は不可欠です。 学校の課外活動という限られた時間の中で、効率的に楽器の基本的奏法を確立し、アンサンブルの力を高めることが求められてきます。 本来ならば、合奏に入る前に各楽器のウォーミングアップ(エチュード、パターン化された個人練習)や、デイリートレーニング、パートやセクション練習の方法 が固まっていれば、かなり質の高い合奏が進められるはずです。 しかし、現場の実態からして、それらが確立されるとは限りません。 しかし、はじめから合奏という形態であれば、指導者が「全員の奏法の基礎の確立」「ソルフェージュ力をつける練習」「楽曲の練習」に至るすべての過程を把握し、直接指導できます。 そういう発想から「基礎合奏」が行なわれるようになったといえます。 それでは基礎合奏に必要な項目は何でしょう? 第一に、 楽器の正しい奏法を身につけることとイヤートレーニング(具体的には、ピッチを聴き分け、ユニゾンやハーモニーにおいて音程感や和声感を習得すること)です。 また、 テンポ感、リズム感、拍子感の育成、視唱(奏)力の向上もあげられます。 そして管楽器の基本奏法と大きく関わる「 呼吸法」です。 ブレスコントロール、音のスピード感、ダイナミクス、様々な音型を自由に表現できるようになることも大切ですし、アインザッツやアタック、リリース等基本的な奏法やフレージング、アーティキュレーションについて理解することも不可欠です。 ウォーミングアップを兼ねてこれらを「曲の練習の前に」やろうというのが基礎合奏の目標です。 基礎練習のための準備(練習するために準備するもの) まず練習に入る前に用意したいものですが、最低限合奏で必要なものは、• ピッチの変えられるハーモニーディレクターなどのキーボード• 音を拡張するためのアンプ(できれば打楽器の場所や後方に聞こえやすい位置にも準備したいのですが、一台の場合はできるだけ高目の位置にセットしてください)• 指揮者の棒の高さにセットされた、メンバー全員で見ることのできる大きさのメトロノーム(メトロノームが使えるようになると、基礎合奏や曲の練習でかなり活用できます) などが挙げられます。 また、練習を録音し、演奏を聴くためのオーディオセット、五線黒板(ボード)、個人の筆記用具や五線紙、音楽用語辞典、チューナーなども必要ですね。 基礎練習やサウンドづくりのポイント 次に基礎練習の必要な内容を項目で述べると• 響きのある音色としっかりしたブレスに支えられた正しいピッチでのチューニング• 音色作りの基本であるロングトーン練習• 音程感覚やハーモニー感、バランス感覚を育成する練習• リップスラーを含めたフレキシビリティのトレーニング• 各楽器の異なる調性を、統一された音程感覚で演奏できるようにするスケールやアルペジオの練習• リズムの処理、アインザッツ、音の長さ、音の形、アーティキュレーションを統一する練習• フレージングの研究~フレージングの理解と表現。 スタイルやアゴーギク(適切な速度やダイナミクスの設定他)、コラールによる総合的な練習 があります。 これらを複合的に練習に取り入れられるようにします。 その点では現在市販されているテキストを活用することは効果的です。

次の

サッカー 練習メニュー 情報サイト|戦術|ビルドアップ

練習人数効果アップ

トレーニングでは 試合の局面を 再現したり 求めるアクションを集中的に発生させたりするメニューを行い、特定のテーマや課題の改善に取り組んでいきます。 今の時代では熱意や学ぶ姿勢があれば必要とするさまざまな練習メニューの情報を入手できますが、 メニューをそのままコピーするだけでは十分ではありません。 メニューをトレーニングするチームや選手にとって最適なものにするためには オーガナイズや コーチングの質も重要となります。 オーガナイズの変更 は トレーニングの効率 を上げたり、チームや選手の 習熟度に合った難易度 に調整したりすることができます。 また、 制限ルールを うまく利用することにより 特定の状況を増やしたり自然と新たな選択肢に導いたりすることも可能 です。 逆に 、 オーガナイズ 次第では 課題となるアクションが起こらず、時には全く別のテーマに取り組んでしまう可能性 もあります。 どのような オーガナイズが効率や難易度、課題の改善や成長につながるでしょうか? もくじ• グループ分けで待ち時間を減らす 20人くらいの子どもが1列に並んでシュートの順番を待っている シーンをたまに見かけて時間がもったいないと感じることがあります。 待ち時間が長すぎて1人あたりのアクション回数やボールを触る時間が減ってしまいます。 20人1列よりも10人2列、5人4列で行うほうが1人あたりのアクションの回数は増えます。 ドリブルやパスの練習でも同じです。 シュート練習などで1つのゴールしかなければ、10人はシュート練習、他の10人はパスなど別メニューを行い、時間でメニューを交代したほうが両グループとも 効率的に課題に取り組むことができるでしょう。 限られた時間を有効に使いましょう! 異なるテクニックを組み合わせる 小さな子どもはまず自分とボールの関係であるドリブルをメインに学んでいきます。 しかし、 試合ではドリブルで始まりドリブルで終わりではありません。 ドリブルの前にボールをコントロールをしたり、ドリブルの後にはシュートやパスを行います。 他のテクニックと組み合わせたメニューでドリブルが最終目的にならない ようにしましょう。 選手によってメニューを変える チームによっては 選手の体格差や習熟度の差によって同じメニューを行うことが効率的でないかもしれません。 例えば、9~10歳から本格的にパスやボールコントロールに取り組んでいきますが、下記の Tr8 3対1のメニューを始めからできる子もいればしばらく時間のかかる子もいます。 同じグループにいる子どもの習熟度の差があまりに大きいと、まだできない子はミスで鬼役になってばかりで練習がつまらなくなり、できる子にとってはパスがつながらず物足りなくなってしまいます。 まだあまりできない子がいればその子たちを集めて4対1から始め、逆に3対1が簡単すぎれば4対2のグループを作って時間で選手を入れ替えながら行ってもいいでしょう。 さらにグループごとにタッチ制限やグリッドの大きさを変えて 習熟度別にトレーニング効果の出やすい難易度のメニューを行いましょう。 フィールド・エリア・グリッドの大きさ 広くすれば攻撃側の認知・判断の時間は増えて難易度は下がり、狭くすれば難易度は上がります。 しかし、 あまりに狭くしすぎて攻撃側が勝手にミスをする設定にすると、守備側が意図的にボールを奪う状況がなくなり守備側のトレーニング効果や意識が薄れてしまいます。 ぬるい守備が習慣となってしまうかもしれません。 ある程度狭くすることにより認知・判断時間を限定したら、今度はタッチ制限を加えたり守備の人数を増やしたりするなど他の条件によって難易度を上げてみましょう。 タッチ制限 攻撃側に2タッチ以内や1タッチだけというタッチ制限を加えることにより、認知・判断の時間が減り難易度が増します。 圧倒的な数的優位であれば攻撃側全員に制限を加えたり、フリーマンだけに制限を加えたりして 攻撃側にテンポよいアクションを促します。 絶対2タッチという条件はファーストタッチやパススピード、パスの距離をより意識させることができる制限です(例: Tr9)。 またボールを持ちすぎたり判断が遅かったりする選手に対しては、練習試合や試合などでも状況に応じて 「2タッチ以内でプレー」というコーチングでアクションスピードを意識させて改善することができるかもしれません。 ただし タッチ制限を加えることによりドリブルの選択肢がなくなってしまいます。 試合では数的同数の状況が増え、ドリブルで運んだりキープしたり仕掛けたりすることも必要です。 タッチ制限をつけた数的優位の状況でのトレーニングだけでなく、試合に近い数的同数のメニューも行い、パスもドリブルもシュートも使い分けられるようにしましょう。 動く障害物(他の選手) ディフェンダーのいない状況は比較的ストレスなくたくさんボールを触ることができるので、小さな子どものトレーニングやウォーミングアップに適しています。 ディフェンダーがいなくても遊び形式や他のグループと入り乱れて 動く障害物(他の選手など)を取り入れることによりわかりきった単純な反復作業だけでなく毎回異なったシチュエーションを発生させることができます。 状況に応じたアクションが必要となり 認知・判断を伴ったテクニックを学ぶことができます(例: Tr33& Tr49)。 数的関係(ディフェンダーの数) ディフェンダーを入れる場合、人数が増えれば攻撃側の難易度は増します。 ウォーミングアップやサポートメニューでは 攻撃側が数的優位の状況で行うことにより、ディフェンダーのいない状況よりも難易度を上げて重点に関わるアクションを多く行うことができます。 「選手によってメニューを変える」で挙げた Tr8(3対1や4対1)のように、 ディフェンダーを1人いれるだけでも相手との駆け引きや戦術的な判断を取り入れることが可能です。 試合ではフィールド内ではもちろんのこと(11対11)ボール際の局面においても 数的同数の状況が多く発生します。 ウォーミングアップやサポートメニューから徐々にディフェンダーの数を調整して難易度を上げていき、メインメニューやミニゲームでは できる限り実戦に近い数的状況で学んだことにチャレンジしてみましょう。 フリーマン 「数的関係(ディフェンダーの数)」にもつながりますが、 フリーマンは攻撃しているチーム(選手)の味方となるので、フリーマンの数を増やせば攻撃側の数的優位性は増して難易度は下がります。 1人余ってしまった場合などは、フリーマンとして参加させて待ち時間を減らすこともできます。 攻撃側が数的優位にあるボールポゼッション系のメニューでは、 フリーマンを入れることにより攻守の切り替えを強調したメニューにすることができます。 ボールを奪われたらお終い、奪ったらディフェンダーを交代ではなく、「攻撃から守備」「守備から攻撃」がセットになるので 素早い切り替えの習慣づけにつながります(例: Tr35)。 攻撃方向・ゴール 攻撃方向をつけるための一番わかりやすい設定はゴールをつけることでしょう。 小さな子どもでも大人でも、 得点する・失点を防ぐといった サッカーの最も重要な目的を忘れずにすむ設定です。 とはいっても、内容によってはゴールを使わなかったりキーパー練習や場所の関係でゴールを使えない時もあります。 そういったときにパスやボールポゼッション系のメニューを行うと ゴールの存在を忘れてボール保持が目的となってしまうことがあります。 パスやボールポゼッションはあくまでも攻撃をするための手段です。 カウンターゴール ゴールが2つあれば、 得点する・失点する、 攻守の切り替えなどサッカーの最も大事な要素が自然と含まれます。 しかし状況によってはゴールを1つしか使えない場合もあります。 その時に ディフェンダーの目的地として カウンターゴールを設定するだけで攻守の切り替えが発生します。 カウンターゴールはミニゴールでもマーカーやコーンを2つ置いて作ったものでもかまいません。 もちろん普通サイズのゴールでも大丈夫です。 ディフェンダーがボールを奪ったらお終いの設定ではなく、ボールを奪ったらカウンターゴールにシュート、ミニゴールやコーンゴールにパス、マーカー間をドリブル突破(ドリブルゴール)という設定にすれば、 小さな子どもでも自然と攻守を切り替えてボールを追いかけます。 Tr32はディフェンダー用に2つのパスゴールとドリブルゴールを設定しています。 ゴール・目的地の数 サッカーの試合では通常ゴールは2つですが、各チーム 攻撃方向に2つ以上のゴール(ミニゴール、ドリブルゴール)を置くことにより、 難易度を調整 したり 戦術的な変化を促したりすることが可能です。 Tr30は攻撃方向にミニゴールを2つずつ設置した 4ゴールの2対2です。 2つのゴールよりも攻撃側の難易度を下げるだけでなく、「右側にディフェンダー2人をひきつけたから空いている左側に攻める」など ディフェンダーとの駆け引きを強調して小さい子供にも状況をわかりやすくすることができます。 Tr53は フニーニョもしくは ミニフースバルと呼ばれる4つのミニゴールを使った 3対3のミニゲームで、 ゲームインテリジェンスや 1人あたりのプレー時間を増やすために ドイツで開発されました。 2019年7月からはドイツの一部地域・カテゴリーで公式戦の代わりとして導入されます。 Tr47はより実践的なシチュエーションで、攻撃方向に ドリブルゴールを3つ設置したビルドアップの練習です。 左・中央・右のエリアにいるディフェンダーの数を把握しながらビルドアップを行い、守備の手薄となったエリアを攻撃するための サイドチェンジも促します 時間制限・2人目のディフェンダー 練習メニューの多くは 試合の局面を切り取り フィールドの大きさや 参加する人数を決めますが、 試合の中ではいつまでも同じエリアに同じ人数の選手がいるとは限りません。 例えばゴール前のエリアで1対1のトレーニングをする場合、ドリブルをしている選手は30秒も1分も時間をかけてゴールを目指すことができるかもしれません。 しかし、実戦であれば相手チームはすぐに守備の陣形を整えるので、ゴール前のエリアで1対1の状況を作れるのはほんのわずかの間だけです。 Tr50はペナルティエリア周辺の1対1ですが、1対1が始まった瞬間、 2人目のディフェンダーが追いかけてくる設定です。 2人目のディフェンダーが時間的な制限となることで、ドリブルする選手に対して 1対1の状況のうちに素早く仕掛けることを促します。 もたもたしていたら 1対2の数的不利になってしまいます。 2人目のディフェンダーを置かなくても、 「7秒以内にフィニッシュ」など 練習メニューによって時間的制限を与えることによって素早いアクションを促すことにつながります。 フィールドの形 マインツ時代の トゥヘル監督は 練習でフルピッチを使ったゲームを行ったことがないと言っています。 「タッチライン際への逃げのパス」から 「グラウンダーで斜めパス」に修正するためにフィールドのコーナーを切り取った ダイアモンド型フィールドでゲームを行いました。 またホッフェンハイムを3部からブンデスリーガ1部に連続昇格させた ラングニック監督は 縦に速いサッカーを目指して 砂時計型や バナナ型のフィールドでゲームを行いました。 センターラインルール 幼児や小学生が ミニゲームを行うと、 数人の選手だけが攻めて、残りの選手は自陣ゴール付近に残り ゲームへの関わりが薄くなることがあります。 こうした状況を改善するために 「ゴールが決まった時に味方全員がセンターラインを越えていなかったらノーゴール」という センターラインルールを設定することができます。 後ろでぼーっとしている子に毎回指示する必要もなくなります。 攻撃チームでも守備チームでも ボールから遠い選手はやるべきことが曖昧になりがちです。 後方や前方でパスコース を作るわけでもなく、 セカンドボール を拾ったり ボールを奪い返し に行くための準備もせず、そういった 選手は ゲームに関与しない状態 とも言えます。 Tr52はフィールドをラインで区切り8つのエリアを作っています。 ボール保持チームが変わるたびに1つのエリア内では 攻守の切り替えが強調され、 周辺のエリアの選手に対しても次の展開を予測や準備を促すことができます。 練習メニューのオーガナイズを工夫して効果的で効率的なトレーニングを行いましょう!.

次の

バスケの試合前はアップが重要!ウォーミングアップのメニュー

練習人数効果アップ

皆さんはどんなウォーミングアップを行ってますでしょうか。 チームによって様々な方法でアップを行っている思います。 ジョギング、ストレッチ(スタティック、ダイナミックなど)、ダッシュというものが一般的なアップ方法だと思います。 効果的なアップ方法というのは現在色々と出ていると思いますが、今回紹介する動画は、とある野球教室で行っている基本的なアップ方法です。 どこかで見たことのあるような動作なので分かりやすいと思いますので、是非参考にやってみると良いかと思います。 動画では7種類のウォーミングアップを行っており、 1:肩を回しながらスキップ 2:肩を回しながらサイドスキップ 3:キャリオカ 4:ヒールキック(かかとを太もも裏につける) 5:つま先タッチ 6:けんけんしてから股割り 7:片足もも上げ というメニューを実施してます。 この7種類のメニューは、 肩回し、腰回し、股割りなど野球動作に近い動作を行っているので、野球ならではのアップでとても良いメニューだと思います。 筆者が特にやって欲しいアップは 「キャリオカ」と「股割り」です。 股割りに関しては、股関節の柔軟は全選手に関わりますし、また特に 内野手はゴロ捕球体勢において低い姿勢を保つためには、この股割りは欠かせない練習となりますので、しっかりやって欲しいと思います。 キャリオカは、名前はあまり聞いたこと無いかもしれませんが、横向きで下半身をひねりながらステップする、有名なアップメニューです。 これも股関節の切り返しの練習となり、敏捷性や身体のバランスを養う練習にもなります。

次の