登竜門 スマブラ。 【スマブラ】【評価】世界各地のSP大会の優勝者とその使用キャラがコチラwwww⇐マルス族で唯一結果だしてないマルスwwww

【スマブラ】【闘龍門】決勝トーナメント結果!!→そういえばへろーってなんで戦場拒否なんだろう?

登竜門 スマブラ

8位 DNG にえとの 今回は闘龍門第10回までの集計だったのでこの位置に収まっていますが、先日のウメブラSP3で圧倒的な強さを発揮し優勝した姿を見ていると出れば優勝しそうそんな雰囲気あります。 このゲームの理解が進んだにえとのを誰が止めるか。 そんな展開を期待してます。 Twitter: 7位 kept 強化された飛び道具としずえという新しいキャラクターをいち早く形にし、早い段階から上位を獲得。 配信者としての人気も確立してきたので配信台はとりあえずkept出しときゃ盛り上がるだろという安定感が存在します。 直近のアプデによる飛び道具の弱体化。 皆が今作の飛び道具耐性があがってきたときにどうなるか。 見所だと思います。 Twitter: 2位 ぱせりまん 元々攻めに回った時の展開作りのうまさ。 強気な択の通しどころが冴えていたプレイヤーだったので、今作のフォックスとの相性が相当いいように見えます。 あと一度優勝できていれば一位だったというほどの僅差だったので次回は是非頑張ってほしいです。 Twiiter: 1位 KEN スマブラforWiiUで長いこと王者として君臨し続けた男は新作でも強かった。 ソニックの弱くなった部分。 強くなった部分にしっかり素早く対応し、形にしてきたのは流石と言えます。 やはりKENは常に追われる立場であるのがよく似合う。 Twitter: 最後に いかがでしたでしょうか、近頃ではある程度強いプレイヤーが明確になり、追う者追われる者、共にアツい展開になってきました。 発売直後のバブルは少しだけ落ち着きつつあるとは思いますが、これからはプレイヤー同士への対策、キャラの対策、攻守における深みがより色濃くなってくると思います。 そんな激アツなシーンをもっともーーーーっと盛り上げられるように闘龍門含め諸々頑張っていくので期待しとってください。

次の

マリオ

登竜門 スマブラ

この記事の目次• じゃんけんで使える択を増やそう スマブラというゲームのやり取りは、本当にシンプルに考えるとじゃんけんと呼べる要素がかなりあります。 簡単な例を挙げると、投げはシールドに勝ち攻撃暴れに負け、シールドは攻撃暴れに勝ち投げに負け、攻撃暴れは投げに勝ちシールドに負けるというやり取りがあります。 全てが上に挙げたようにわかりやすいものばかりであればただの運ゲーになってしまいますが、実際は決してそうではありません。 理由としてはいくつかありますが、代表的なものとしては以下2つになります。 単純な三つ巴ではなく四つ巴や五つ巴やそれ以上がある• のようにじゃんけんのリターンに差がある そのため、自分がじゃんけんで使える択を多く持っていること、勝ったときのリターンを理解しておくことは重要です。 特に 多くの択を持っていることは重要で、これが備わっていないとそもそもじゃんけんのやり取りに参加できない可能性があります。 攻撃が通らない理由として代表的なものは以下2つでしょう。 攻撃がワンパターンであり相手に読まれている• 相手の行動に対する正解択を持っていない 多くの択を持っていないプレイヤーが上記のような状況に陥ってしまうというのは何となく想像がつくのではないでしょうか。 すなわち、まずは じゃんけんで使える択を増やすということが、攻撃を相手に通すために必要となってきます。 地上と空中で出来る行動を増やそう ~初心者編~ まずはスマブラの操作に慣れていない初心者向けに、地上と空中で簡単に出来る行動を紹介します。 自分がやっていなかった行動があった場合は是非取り入れてみてください。 地上編 初心者にありがちな行動として、相手に ダッシュで近づいてそのままダッシュ攻撃・投げ・必殺技のどれかをしてしまうことが挙げられます。 太古から使われる立ち回りです。 今作はシールドが弱体化した分少し弱くなりましたが、相手の攻撃起き等を防ぐ選択として有効です。 ダッシュその場回避 相手が掴みや、全体フレームの長い技でダッシュを咎めてくる場合に有効です。 相手のシールドや引き行動等の基本択に対して弱いですが、通ったときのリターンは大きいです。 ダッシュ強攻撃 ダッシュから全体フレームが比較的短い強攻撃を振ることで対応された際のリスクを減らす選択肢です。 ダッシュから直接強攻撃をするという行動は今作からの新要素であり、ファイターによってはかなり強力です。 ダッシュ様子見 やり取りとしてはかなり強気な選択肢であり、ファイター間のやり取りを理解していないうちに多用は出来ませんが選択肢の1つとして。 一応代表的なやりとりとして、相手が回避をダッシュに合わせて仕込んでいた際はかなり有利展開です。 単純に速いだけでなく、最速で空中攻撃を出した場合のみ、空中攻撃後にそのまま2段ジャンプや空中攻撃の追加行動が間に合う技もあります。 今後の発展性も踏まえて、最速空中攻撃をする際のジャンプは人差し指で押すのがおすすめです。 置き空中攻撃 相手に直接当てに行くではなく、ギリギリ当たるか当たらないかの距離を保って空中攻撃を振ります。 リスクを少なめにしつつプレッシャーをかける方法として有効です。 攻撃判定を出した後の硬直が短い技であれば凶悪な行動です。 ジャンプ様子見 ジャンプから何もせずに着地する選択肢です。 小ジャンプ・大ジャンプの使い分けに急降下 落下中に下弾き入力 も加えると有効です。 攻撃しない択を入れることで、ジャンプから必ず攻撃するわけではなくなり相手のシールドを張るタイミングが難しくなります。 地上と空中で出来る行動を増やそう ~中級者編~ それでは最後に少しだけ発展的な内容を紹介していきます。 初心者編は、相手に対して素直に距離を詰めていく中で選択肢を増やすのがメインでした。 中級者編では少し操作を複雑にして、やれる行動を増やしてみましょう。 地上編 以前Raitoさんがで紹介した上記の内容は、地上の差し合いでとても有効のため改めて紹介します。 ダッシュから相手の攻撃の届かない間合いや、当たるギリギリの間合いで一度静止して、引きステップから相手の行動を見て反撃したり別の行動をしましょう。 ダッシュから相手の攻撃の届かない間合いで静止して、引かずにそこからジャンプやステップ攻撃に行くという選択肢も合わせて使ってみましょう。 空中編 空中戦で重要になってくるのは、小ジャンプと大ジャンプと急降下の使い分け、あとは技を振る位置と着地点です。 操作は忙しくなりますが、例えば大ジャンプから急降下をして途中で空中攻撃を出し、さらに急降下をして相手をめくるように着地してみましょう。 ここで注意すべき点として、 空中攻撃を出すと急降下がキャンセルされてしまうため、再度急降下の入力が必要な点です。 技によっては低めの高度で出して急降下すれば、たとえ相手のシールドが間に合っても重い反撃がほぼないというものもあります。 最初は操作自体が難しいかもしれませんが、空中攻撃で攻撃後の硬直が少ない技を持ってるファイターを使ってる人はチャレンジしてみましょう。 まとめ 地上や空中での行動について紹介してみましたが、いかがだったでしょうか。 攻撃が通らない理由は、選択肢がそもそも不足しているという場合が数多く見られます。 まずは色々な行動を覚えて試してみることで、相手と読み合いが出来るステージまで登りましょう。

次の

【スマブラ】【闘龍門】決勝トーナメント結果!!→そういえばへろーってなんで戦場拒否なんだろう?

登竜門 スマブラ

リーチを生かした立ち回りが特徴のキャラです。 詳細はNintendo公式チャンネルで放送されました。 長いリーチを生かした立ち回りが強力 ミェンミェンは長いリーチを生かした立ち回りが特徴です。 決定力のあるスマッシュ攻撃も連続で撃てるので、中距離で牽制しつつ攻める立ち回りが要求されると推測できます。 性能としては中堅に落ち着く? ミェンミェンは最終的に、中堅程度の評価で落ち着くと推測します。 長いリーチを生かした立ち回りで、重量級相手には活躍できると想定できますが、近接メインのキャラや素早い相手などには苦戦する点が懸念されます。 追加であと5体の参戦が決定 そしてさらに6体の追加ファイターがスマブラSPに参戦決定!2021年内までに順次配信する予定です。 新追加ファイター6体をまとめてお得に購入できる「ファイターパス Vol. 2」も1月29日 水 に発売します! — 大乱闘スマッシュブラザーズ【スマブラ公式】 SmashBrosJP ファイターパス第2弾では、合計で6体のキャラが追加参戦することが発表されました。 ARMS以外の残り5体はまだ判明していません。 2021年までに全て追加されるとのことです。 ファイターパス第2弾は、1月29日 水 以降購入可能です。 参戦キャラ予想 ダンテ デビルメイクライ デビルメイクライシリーズより「ダンテ」の参戦も予想されている方が多いようです。 今作ではカプコンからモンハンシリーズの「リオレウス」がボスモンスターとして登場しているので、十分に参戦の可能性があります。 スタイリッシュなアクションを真骨頂としているデビルメイクライのキャラなので、参戦時には前作のベヨネッタのように戦場をかき乱してくれるのではないでしょうか。 アルル ぷよぷよ ぷよぷよシリーズより「アルル」が参戦するのではという声も多数見受けられました。 ディレクターである桜井氏が、アルル参戦を彷彿させるような画像ツイートをしたことから期待が集まったようです。 「ぷよぷよ」自体はパズルゲームなのでアクション要素はありませんが、連鎖が増える毎に「ファイアー」「アイスストーム」と次々に呪文を唱えるアルル。 参戦時は勇者のようなキャラクターになるかもしれません。 レックス ゼノブレイド2 レックスは「ゼノブレイド2」という戦略性、戦闘と壮大な冒険が楽しめるRPGの主人公です。 現在、ゼノブレイドからの参戦はシュルクのみで、ゼノブレイド2はスマブラSPと同じSwitchで発売されているゲームなため、ゼノブレイドシリーズから参戦する可能性は高いです。 アマテラス 大神 大神からアマテラスの参戦を希望している方もいるようです。 大神は様々な機種での発売が行われているだけでなく、スイッチへのプラットフォーム移植も行われていることから参戦の可能性が高いです。 いざ参戦ともなれば、4足歩行キャラはダックハントに続く2体目となるので、新鮮味があるだけでなく、専用の対策も必要となるでしょう。 FFシリーズ 今作のスマブラのスピリットには、使用キャラとのシリーズを合わせるとボーナス効果が発生します。 しかし、FFシリーズのスピリットは存在しなく、今後スピリットが追加されると共にFFキャラが追加ということも十分に可能性があるでしょう。 Yooka-Laylee ユーカレイリー 過去のスマブラでは「バンジョーとカズーイの大冒険」からバンジョーの参戦を望む声が多くありました。 ユーカレイリーはバンジョーとカズーイの大冒険の開発スタッフが再集結し作り上げたゲームです。 海外で人気の新キャラ予想 ワルイージ ジーノ ポーキー クラッシュ バンディクー バンダナ ワドルディ ソラ セフィロス - 上記のキャラは、海外でも特に人気かつ参戦を待ち望まれているキャラです。 レア社やスクエニなど、海外で展開を広げていたキャラが多い印象です。 他にもポケモン最新作の御三家であるジュナイパーや、ARMSのスプリングマン。 過去の作品からはペーパーマリオやボンバーマンなどが参戦を望まれています。 テリーボガード【11月6日配信】 2019年11月6日にテリーボガードが実装されました。 バンジョーとカズーイ【9月5日配信】 2019年9月5日にバンジョーとカズーイが実装されました。 64時代のアクションが再現され、カズーイと協力して戦います。 , LTD. , INC. , LTD. All rights reserved. 登場キャラ• 新規参戦キャラ• キャラ一覧関連• , LTD. , INC. , LTD.

次の