枝豆 栽培 方法。 枝豆の育て方とは?家庭菜園にも最適!プランターで栽培する方法って? 摘芯、支柱の仕立て方などポイントを詳しくご紹介!

枝豆の育て方!栽培時期や土作り・種まき・苗の植え方・肥料・摘心・収穫のコツを紹介

枝豆 栽培 方法

栽培時期• 土作りや連作障害について• おすすめの品種と種まきの仕方• 苗の育て方と植え付け方法• 植え付け~収穫までの作業のポイント にわけて説明していきたいと思います。 特に チッ素肥料が多いと葉がしげり実のつきが悪くなります。 また、 苗を移植すると花が咲き方がそろい、実の入りがよく枝豆がたくさん採れます。 なので、 ポットに種をまき苗を作って植える移植栽培がおすすめです! もし、畑に直接種をまく時は、 鳥に種を食べられないように 不織布(ふしょくふ)などを畝にかぶせて対策しましょう。 あとは、カメムシやアブラムシによる害虫対策ですが、 枝豆の甘い汁を吸ってしまい味が悪くなるので、 防虫ネットを使って予防します。 無農薬栽培で収穫できるのでオススメです! 品種によって栽培の時期がかなり違うので、種を買う時は袋の裏に記載された栽培時期を確認して購入してくださいね! 種まき時期 種蒔き時期は、一般的に 4月の中旬~6月の上旬で田植え時期まで種まきが可能です。 寒冷地・・・4月の下旬~6月の中旬• 温暖地・・・4月の上旬~5月の下旬 と種まきが可能です。 晩生の品種になると、7月上旬にまけるものもあります。 早生~晩生の品種を上手に使って栽培時期をずらし、長い間収穫していきましょう! 収穫時期 一般的な収穫時期は 7月中旬~8月中旬で、お盆まで収穫できます。 早生種は70~78日程度、中早生種は80日程度、中生種は85日程度、晩生種は110~120日程度が収穫期となります。 収穫せずに、葉や茎が枯れるまでそのままにしておけば、大豆として収穫することもできます。 枝豆の土作り・連作障害について 土作り• 植え付けの2週間前に、苦土石灰を1㎡あたり100gまき、深さ30cmくらいまで耕しておく。 植え付けの1週間前には、1㎡あたり堆肥1kgと化成肥料100gをまき、土とよく混ぜる。 幅70cm、高さ10cmの畝を作り、マルチをかぶせておく。 <Yahoo!ショッピング> 枝豆の栽培法と育て方のポイント 苗の育て方と植え付け適期• 種まき後、芽が出るまで毎日水をたっぷりやります。 水の量が少ないと発芽しないことがあります。 発芽後、子葉が出たら3本の場合は2本に間引きます。 本葉が2枚になったら植え付け適期です。 植え付け方法• マルチをしている場合は、マルチに穴を開け植え付けます。 マルチ穴あけ機を使うと便利です。 畝に2列ずつ、株と株の間が15~20cmになるように植え穴を開けます。 優しくポットから苗を外し、植え穴に入れ周りの土を寄せて軽く手で押さえます。 植え付け後は、たっぷり水をあげておきましょう。 カメムシやアブラムシの被害を防ぐために、 防虫ネットをしておきましょう。 抜くときは、残すの芽が一緒に抜けないよう注意しながら抜きましょう。 水やり 枝豆の苗を畑に植え付けた後は、根付くまで毎日水やりをします。 根づいたら、自然の雨で大丈夫です。 ただ、 開花以降は乾燥に弱くなり乾燥し過ぎると逆に身なりが悪くなります。 日照りが続く場合は、適度に水をやりましょう。 土寄せと追肥• 本葉3枚の頃に、最初の土寄せを行います。 花が咲き始めた頃に、化学肥料を1㎡あたり30g追肥し、土寄せします。 枝豆は、チッ素成分が多いと葉が茂ってしまい実がつかず収量が減ってしまうので、カリ成分の多い肥料を与えます。 摘心 摘心は、する必要はありません。 摘心して脇芽を増やし収穫率を上げる方法もありますが、とても手間がかかり大変です。 そこで今回は、初心者の方でも簡単に栽培できるように摘心は行いません。 そのかわり、収穫量を増やすために2本ずつ植える方法を紹介しました。 場所も節約できて2倍の収穫量が見込めます。 ただ、プランターや狭い場所での栽培は難しいので、その場合は本葉が5枚になった頃に摘心をすることをおすすめします。 枝豆の収穫方法 枝豆の収穫方法• さやが十分にふくらんだら、株ごと抜き取って収穫します。 収穫後は鮮度が落ちやすいので、早めに茹でて食べましょう。 大豆として収穫する場合は、さやが枯れてカラカラになるまで放置し収穫します。 収穫直後は水分が多いので、十分に乾燥させてからさやから豆を取り出します。 取り出した大豆は、ジブロック等に入れ、高温多湿でないところで保管しましょう。 まとめ いかがでしたか? 今回は、「枝豆の育て方!栽培時期や土作り・種まき・苗の植え方・肥料・摘心・収穫のコツ」を紹介してきました。 初心者のあなたでも、2本立て栽培なら摘心もしなくて良いので簡単に栽培できます。 植え付け時期・・・一般的に4月の中旬~6月の上旬。 ポット蒔きの仕方・・・3号ポット(9cm)に育苗土を6分目まで入れ、タネをまき8号目まで土をかぶせる。 植え付け方・・・畝に2列ずつ、15~20cm間隔に植え穴を作り植え付ける。 水やり・・・根付くまでしっかり水をまく。 根づいたら、自然の雨でOK。 追肥と土寄せ・・・本葉が3枚のときに土寄せし、花が咲き始めた頃に追肥と2回目の土寄せを行う。 収穫・・・収穫時期は7月~8月で、さやが8割程度ふくらんだら収穫する。 大豆の収穫・・・さやがカラカラになってから収穫する。 収穫後は良く乾燥させてから豆を取り出し、ジブロック等にいれ保存する。

次の

【初心者】枝豆の栽培・育て方のコツ(支柱・摘心・水やり・失敗しない害虫対策)|【簡単】家庭菜園の始め方と初心者におすすめグッズ

枝豆 栽培 方法

エダマメの早晩性 エダマメにはさまざまな品種があり、各品種には「早晩性」があります。 早晩性とは、作物の開花や収穫に至るまでの栽培期間の長さを基準とした性質のことです。 開花や収穫に早く達するものから極早生(ごくわせ)、早生(わせ)、中生(なかて)、晩生(おくて)に分けられます。 初心者の方へのおすすめは、栽培期間が短い早生種。 晩生種は栽培期間が長くなるため失敗のリスクが高まりますが、ゆっくりと育てる晩生種のエダマメの中にも独特なおいしさを持った品種があります。 種と苗の成功率の違い エダマメには種から育てる方法と苗から育てる方法があります。 マメ類は移植を嫌うので、苗の植え付けがうまくいかないと枯らしてしまう可能性があるため、初心者の方は種から始めると安心です。 また、苗から始める場合も、小さな苗を植え付ける方が失敗しません。 目安は芽が出て本葉が出始めたくらいの苗。 苗が育ち、大きくなるほど定植しづらくなります。 定植するときはなるべく根を動かさないようにして、植え傷みさせないことがポイントです。 プランター栽培と露地栽培の成功率の違い 香りよく、甘みが強く、抜群においしい黒豆。 風味と甘みとモチッとした食感が織りなす独特の味は、一度食べるとやみつきになります。 6月上旬までまくことができる早生種。 収穫期の目安は、莢がパンパンに膨れる一歩手前くらい。 何莢か試食しながらタイミングを計ってください。 エダマメの育て方とコツ ここでは、エダマメの栽培で失敗しないためのポイントを中心に、家庭菜園の流れをご紹介します。 エダマメは4月上旬から5月上旬に種まきをして、一番早い品種で約75日、時期としては7月の中旬ごろからの収穫が可能です。 事前準備のポイントと注意点 プランター 深さ25cmくらいの標準プランターを用意します。 土 安価な土は避け、園芸専門店などで売られている安全で品質のよい野菜用の培養土を使います。 エダマメの種をまきます 4月上旬から5月上旬に種まきをします。 一般的に夏野菜は寒さに弱いため、初心者の方には5月上旬くらいがまきやすい時期ではありますが、暑さによる乾燥で実が付きにくくなるなど、エダマメは種まきの時期によってその後の成功率が変わってくるので、できれば4月中の種まきがおすすめです。 寒さが心配な方は、4月下旬でも大丈夫です。 4月中に種まきをしたら、不織布などで防寒対策をしっかりと行いましょう。 まいた種の保護をします エダマメは鳥害があるので、露地栽培の場合は、防寒も兼ねて不織布などで種をガードした方がよいでしょう。 ベランダなどでのプランター栽培の場合は、そこまで心配する必要はありません。 花が咲いて実が育つ間に水切れを起こすと、株は大きく育っているのに莢が付かず、エダマメの実がならない状態になってしまいますので、水やりを忘れないようにしましょう。 水やりのタイミングは、土が乾いたら、たっぷりとやるようにしてください。 露地栽培の場合は、基本的に水やりは天候次第で、タイミングよく雨が降ることが成功の条件となります。 花が咲くタイミングを梅雨に合わせて種まきをすることで実がなる成功率を上げられますが、前述したように、初心者の方はプランター栽培の方が安心です。 プランター栽培の場合も、土が乾いたら、水をたっぷりとやるようにして水を切らさないように気を付けましょう。 ネットなどを使用して害虫から守りましょう.

次の

枝豆の種まきから収穫までの育て方!栽培時期や支柱立て 病気・害虫対策についても|育て方Labo(育て方ラボ)

枝豆 栽培 方法

枝豆の育成条件• 日当たり:日なた• 土壌酸度:弱酸性から中性(pH6. 0~6. 植え付け:株間30㎝前後 スポンサーリンク エダマメの種まき・苗の管理 畑に直播きの場合 前日から土に充分な水分を与えておきましょう。 深さ2~3㎝くらいの穴を掘り、3~6粒ずつ植えるようにします。 30㎝程度間隔をあけ、土をかぶせた後に水を充分与えます。 カラスや鳩などの鳥は枝豆の種を好みます。 発芽するまでは、不燃布や寒冷紗、不織布などのシートを掛けておくようにすると被害を逃れられます。 発芽するまでの間に、 水を多くあげすぎないようにすることがポイントです。 ポットに植える場合 9㎝のポットに対して2粒ほど植えるようにします。 直播きの場合と同じく、深さは2~3㎝です。 発芽までにはたっぷりと水をあたえます。 およそ1週間から10日が発芽する目安です。 ポットで育てることによるメリットは、定植をする際に株の植え痛みを防ぐことができることです。 お店などでポットに入った苗を購入する場合は、葉の色が濃く徒長していないもの、初期葉と小葉の間の茎がしっかりと太い苗を選ぶようにすると良いでしょう。 枝豆の定植適期 枝豆の定植時期は、 本葉が1. 2枚出てきた頃が最適です。 種をまいて20日位経過したあたりになります。 3週間前には堆肥(完熟たい肥と炭酸苦土石灰を10:1で混ぜたもの)、2週間前に石灰を入れて耕します。 種まきが終わったら1週間後に元肥を入れます。 土作りが完了したら畝を作りましょう。 60㎝幅にすれば95㎝幅のマルチが使いやすくなります。 マルチ張りと支柱立て 【クラーク 一坪菜園用 穴あきマルチ チドリ2列】 種を植える時に マルチ張りをすることにより、 半月ほど早く収穫をすることができます。 畝ができたらそれよりも30㎝長い黒マルチを準備します。 それぞれの端に土を乗せマルチを固定させます。 この時マルチがピンとキレイに張った状態になるようにしましょう。 マルチ張りが終わったら、穴あけ器でマルチに穴を開けていきます。 もともと穴の空いているマルチでもOKです 通常、枝豆の栽培において支柱を使用することはあまりありません。 ただし、強い雨や風によって苗が倒れてしまうことがあります。 気になる場合は、枝豆がある程度成長したら、 枝豆の四隅に高さ75~90㎝くらいの支柱を立て、麻ひもで支柱の周りを囲いましょう。 作業手順• 畝作り• マルチ張り• 穴あけ• 支柱立て(必要な場合) 雨よけ栽培のメリット 枝豆は 雨に弱い野菜の一つとされています。 特に梅雨や秋雨の時期のように長期的に雨が降ると、土壌の湿気が多くなり育成不良や病気が発生する原因にもなります。 土壌が多湿状態になると、土の中の酸素が減ることにより植物の生長に影響を及ぼすと同時に、害虫にとっても住みやすい環境になります。 このような被害を減らすためにも、 雨よけの対策はしっかり行うようにしましょう。 定植のポイント 暖かく風の無い日が適しています。 あまり気温の高い日に定植を行うと、水やりをした時の水分が土の中にこもり、蒸れて種がダメになってしまうことがあるので注意しましょう。 枝豆の特性 枝豆は大豆が完成する前の未熟な段階で収穫をしたものをいい、高温に強く霜や低温に弱い野菜です。 枝豆は4月上旬~6月下旬が種を植える時期、6月中旬~9月下旬が収穫時期になりますが、育てる地域や品種によって異なる場合もあるので、確認するようにしましょう。 梅雨の時期に発生しやすい病気です。 葉の表に淡黄色の病斑、裏は灰白色のカビが出ます。 立ち枯れ病 地際部分の茎に 縦に長い褐色が出現します。 その部分が腐って茎が細くなるために、苗が倒れてしおれ、最終的には枯れてしまいます。 病原はカビの一種類です。 白絹病(しらきぬびょう) 地際部分の茎や周りの地面に綿条の菌糸ができ、 白い糸で覆われたようになります。 夏に発生しやすく、最終的には立ち枯れてしまいます。 萎凋病(いちょうびょう) カビが原因の病気です。 地際部分の茎の変色と葉が萎えることが特徴です。 これらの害虫や病気を防ぐには、日頃から加湿、日照不足などに注意すること、病葉を見つけたら、すぐに取り除くことが大事です。 可能であれば防虫ネットなどを使用すると害虫予防になります。 枝豆の水やりについて 枝豆は乾燥に弱いので、土が乾いたら 根元に優しく水を与えましょう。 水分量が足りないと、 花が開く頃〜実がなり出す時期に落花しやすくなるので注意します。 収穫が近くなったら、与える水量を多くして子実の肥大をはかるようにします。 枝豆の栽培管理 土寄せ・中耕 土寄せとは、育成中の作物の 根元に土を寄せかけることをいいます。 除草や株の転倒防止、排水を良くすることができます。 また、普段の水やりや雨水によって減った株元の土を補い、根を守る働きをします。 中耕は、作物の育成中に表土を浅く耕すことです。 枝豆の場合は、 定植の20~25日後に1~2回土寄せと中耕を行います。 追肥 育成が悪いときや葉が黄色くなっている時は、 土寄せと中耕を行うと同時に追肥をしましょう。 摘心 摘心とは、植物や野菜の頂芽を摘み取ることをいいます。 枝豆の場合は 本葉が4~5枚出てきたら行いましょう。 摘心をすることにより、栄養分が側枝に行き渡り、 枝葉が増し収穫量が増えます。 丈が抑えられることにより、株の転倒防止にもつながります。 枝豆の収穫時期と収穫方法 枝豆の 花が開いて40~50日くらい経つと豆が次第に成長します。 成長した莢を指で軽く押してみましょう。 莢の中から豆がすんなり出てくるようであれば、収穫時期と判断して間違いないでしょう。 収穫できる莢を ハサミで切る方法と根ごと 引き抜く方法がありますが、根ごと引き抜いて収穫する時は、 全体の8割が熟している状態がベストです。 この収穫時期は1週間から10日位とされています。 過熟状態になると風味が落ち、実がかたくなってしまいます。 収穫のポイント 莢を切って収穫した場合は、鮮度が早く落ちるので、収穫後は素早く茹でるのがポイントです。 一度に沢山収穫した場合は、すぐに食べきれない分を冷蔵庫保存します。 収穫時期を長く楽しみたい場合は、 種まきの時期を1週間位ずらしたり、収穫できる早さが 異なる品種を数種類植えるようにしたりして栽培するとよいでしょう。 収穫時期を逃してしまった場合でも、茎や葉が枯れて完全に乾燥する状態まで待てば大豆として収穫することができます。 おわりに 枝豆の種まきから収穫にいたるまでをご紹介しました。 枝豆は小さなプランター1つからでも栽培が楽しめ、ポイントを上手におさえれば 初心者でも気軽に育てることができる野菜です。 是非、枝豆栽培にチャレンジしてみてください。

次の