ペイペイ ヤフーカード。 PayPay(ペイペイ)の使い方!クレジットカード登録で更に便利

【2020】PayPay(ペイペイ)メリット・デメリット・評判!マストで使うスマホ決済

ペイペイ ヤフーカード

ところが、 2020年2月1日よりヤフーカードでこれらの利用をしても、Tポイントが全くつかなくなり、ポイント二重取りの道が閉ざされてしまいます。 PayPay利用特典として、 PayPay株式会社より引き続き1. 5%分のPayPayボーナスは還元されますが、従来は3%だったことを考えると寂しい印象です。 2020年2月1日以前の利用分に関しても、 2020年2月1日0時時点で売上情報が届いていないと、Tポイント還元対象外となりますので注意しましょう。 【nanaco】ヤフーカードからの還元率「0. ヤフーカードでnanacoにクレジットチャージするメリットは、現金がなくてもチャージできることしかありません。 JCBブランドのヤフーカードだけでなく、Visa・Mastercardブランドでもnanacoへのクレジットチャージができるのが、せめてもの救いです。 ヤフーカードの代役候補を紹介 他のカードでしたら簡単に代役候補を紹介できるところですが、ヤフーカードはPayPayとの関係が強固です。 支払い方法をPayPay残高かヤフーカードにしないと、 ほとんどのPayPay高還元キャンペーンに参加できず、ヤフーカード以外のクレジットカードではPayPay利用特典すらもらえません。 そこで、 PayPayキャンペーン時にはヤフーカードを登録しておくとして、平時における代役候補を紹介したいと思います。 サービス提供開始から1年間は還元率3%(2年目以降の還元率は未定)ですので、 Kyash Cardと合わせて還元率は4%となり、PayPay利用特典の1. 5%が還元されなくてもヤフーカードをPayPayに登録するより高還元となります。 しかし、 Visa LINE Payカードはいつ発行されるかが未定となっており、 早期にKyash Cardと紐づけたい方は(合計還元率2. 5%)や(同2. 25%)を相方にするといいでしょう。 【nanaco】還元率1. リクルートカードでnanacoにクレジットチャージすると、 満額の1. 2%が還元されます。 その他の電子マネーのチャージにも広く使えますので、キャッシュレス時代には欠かせないカードです。 他の〇〇ペイに乗り換えるなら PayPay以外の〇〇ペイに乗り換え・併用を検討している人は、それぞれの〇〇ペイで相性の良いクレジットカードが異なります。 ちなみに LINE Pay・メルペイは、利用金額の引き落としや残高チャージにクレジットカードを利用できません。 PayPayは「キャンペーン時のみヤフーカード」がおすすめ PayPayとヤフーカードとの関係に、多少変化が出てきました。 これまでは、PayPay利用でヤフーカードから1%分のTポイントが還元されていたものが、2020年2月以降はなくなります。 また、nanacoへのクレジットチャージでもTポイントが還元されなくなり、ポイント二重取りの道は閉ざされてしまいました。 とはいえ、キャンペーンにおけるPayPayとヤフーカードのつながりは強固なものです。 そのため、 高還元キャンペーン時のみヤフーカード(または現金チャージ)を設定し、それ以外は現金チャージにするか他のクレジットカードを設定するといいでしょう。 (執筆者:角野 達仁) PayPayをダウンロードして使う iOSの方はこちらから PayPayをダウンロードして使う androidの方はこちら.

次の

PayPay(ペイペイ)にクレジットカードは登録するべき!登録方法やおすすめクレジットカードを紹介

ペイペイ ヤフーカード

PayPay残高にチャージする2つの方法• Yahoo! JAPAN カードからチャージする• Yahoo! ウォレットの預金払い用口座に登録されている銀行口座からチャージする 銀行口座からPayPay残高へチャージするためには,「Yahoo! ウォレット」への銀行口座登録や「Yahoo! マネー」との関係も説明する必要があります。 Yahoo! JAPAN カードでPayPay残高にチャージする方法なら,PayPayの仕組みはシンプルに理解できます。 さらに,Yahoo! JAPAN カードでPayPay残高にチャージすれば,チャージ金額の1%分のTポイントを貯めることができます。 ヤフーカードの,PayPay・nanacoユーザー向けのTポイントに関する特典が,2020年2月1日に変更になります。 PayPayとヤフーカードを連携させると,決済毎に支払い額の1. 5%のPayPayボーナスが付与される特典は,継続されます。 PayPayになぜヤフーカードが必要なの? Yahoo! JAPAN カード(ヤフーカード)はPayPay残高にチャージできる,唯一のクレジットカードです。 Yahoo! JAPAN カード以外のクレジットカードは,PayPayに登録はできますが,PayPay残高にチャージはできません。 (この点は分かりにくいので,ページ下段で改めて説明します。 ) PayPayはヤフー系のサービスなので,Yahoo! JAPAN カードは,他のクレジットカードとは異なる「特別扱い」となっています。 【PayPay公式ページ】 PayPay残高のチャージはどちらかの登録が必要です。 ・Yahoo! ウォレットの預金払い用口座に登録されている銀行口座 ・本人認証サービス(3Dセキュア)に登録済みのYahoo! JAPANカード 【PayPay公式ページ】 PayPay残高にチャージできるクレジットカードは、本人認証サービス(3Dセキュア)を登録済みのYahoo! JAPANカードのみです。 PayPay残高のチャージ,ここがわかりにくい! PayPay残高チャージについて,次の2点はわかりにくく,誤解しやすいので,ご注意ください。 PayPay残高チャージの注意点• Yahoo! JAPAN カード以外のクレジットカードは「登録」はできるが「PayPay残高にチャージ」はできない• 金融機関口座はYahoo! ウォレットに登録しておく必要があるが,Yahoo! ウォレットのYahoo! マネーから「PayPay残高にチャージ」はできない 「PayPay残高にチャージ」から「お店への支払い」までの流れをまとめると,下の図のようになります。 PayPayに登録するのはヤフーカードがおすすめ(というかほぼ一択) PayPayは,Yahoo! JAPAN カードを登録して使うのがおすすめです。 Yahoo! JAPAN カードはPayPay残高にチャージできる,唯一のクレジットカードです。 Yahoo! JAPAN カード以外のクレジットカードは,PayPayに登録はできますが,PayPay残高にチャージはできません。 ですので,PayPay登録におすすめできるクレジットカードは,Yahoo! JAPAN カード一択となります。 Yahoo! JAPAN カードを使ったチャージから支払いまでの流れはシンプルです。 PayPay残高にヤフーカードでチャージするとTポイントが貯まる(2020年2月終了) Yahoo! JAPAN カードでPayPay残高にチャージするとTポイントも貯まります。 PayPayの第2弾100億円キャンペーンで,最大還元率20%のPayPayボーナスを受けるためには,PayPay残高 または Yahoo! マネー での支払いが必要になります。 このPayPay残高へのチャージをYahoo! JAPAN カードでおこなうと,PayPayボーナス20%とは別に,Tポイントがチャージ金額の1%分貯まり,最もお得になります。 追記(2019年5月14日):ペイペイ PayPay の「第2弾 100億円キャンペーン 」は,上限の100億円相当に達したため,2019年5月13日に終了となりました。 ヤフーカードの,PayPay・nanacoユーザー向けのTポイントに関する特典が,2020年2月1日に変更になります。 PayPayとヤフーカードを連携させると,決済毎に支払い額の1. 5%のPayPayボーナスが付与される特典は,継続されます。 PayPayとクレジットカード,ここがわかりにくい! ヤフーカード以外のクレジットカードは,「登録」や「クレジット払い」はできるが,「PayPay残高へのチャージ」ができない という部分です。 まず「PayPay残高」というのは,「PayPay」というアプリで使える電子マネーの一種だと思ってください。 「PayPay」は,「PayPay残高」「クレジットカード(クレジットカード情報をバーコード化してPayPayで使用)」「Yahoo! マネー」などの,複数の「電子マネー」がひとつのアプリで使えるようにしたものだといえます。 PayPayの「支払う」ボタンから「お支払い方法」ボタンを押すと,以下のように,複数の「電子マネー」が選択できることがわかります。 何も設定せず,ただ「支払う」ボタンから支払うと,• PayPay残高• Yahoo! マネー• 登録されているクレジットカード という優先順位で支払いがおこなわれます。 つまり,支払い額に対して,PayPay残高が足りなければYahoo! マネーから支払われ,それでも足りなければクレジットカードから支払われる,というわけです。 Yahoo! JAPAN カードなら,この「PayPay残高」という「電子マネー」にチャージができますが,その他のクレジットカードからは,「PayPay残高」という「電子マネー」にチャージができないのです。 他方,その他のクレジットカードも,「PayPay残高不足」に備えてクレジットカード情報を「登録」しておくことはできます。 第2弾100億円キャンペーンでは,「PayPay残高」から支払うのと,「その他のクレジットカード」から支払うのとでは,PayPay残高の付与率が異なります。 第2弾100億円キャンペーンでは,Yahoo! JAPAN カードからはPayPay残高にチャージでき,PayPay残高からの支払いに対しては20%の残高付与,Yahoo! JAPAN カードからの(PayPay残高を経由しない)支払いに対しては19%の残高付与があります。 追記(2019年5月14日):ペイペイ PayPay の「第2弾 100億円キャンペーン 」は,上限の100億円相当に達したため,2019年5月13日に終了となりました。 さらにそれらに加えて,Yahoo! JAPAN カードでは,(キャンペーンとは関係なく常に)チャージや支払いをした金額に対して,1%分のTポイントが還元されます。 「年会費無料」&「最高還元率」のヤフーカード。 審査完了最短2分。 学生・主婦の方も申込OK! PayPay連携で決済毎に1.

次の

PayPay(ペイペイ)のヤフーカードのメリットは?チャージでポイントは貯まる?

ペイペイ ヤフーカード

もくじ• 改悪の影響は? 今回の改悪で Yahoo! JAPANカードの魅力が激減します。 PayPayチャージでポイントが付く点は、ヤフーカードの独占的な強みでした。 また、nanacoのチャージでポイントが付くという点も、かなりヤフーカードにとってアドバンテージでした。 その2つを廃止してしまうのは、自分の強みを無くしてしまうのに等しいと思うのですが…。 さらに、 PayPayの魅力も落ちて しまいます。 また、 改悪が続くnanacoも、今後が懸念されます。 ペイペイの魅力が落ちる理由 2018年6月に誕生したペイペイは、ソフトバンクとヤフーの合弁会社です。 2018年10月のサービス開始以来、「100億円キャンペーン」などの派手なキャンペーン(キャッシュバック)と積極的な宣伝で、QRコード決済の雄として君臨しました。 2019年12月現在、 ペイペイの基本の還元率は1. その場合、 還元率は 2. これが、ヤフーカードのクレジットポイントが対象外となると、ペイペイの還元率は 1. また、2月1日以降は、ヤフーカード以外ではクレジットカードでの残高チャージ自体ができなくなります。 事前にできる対策は? ユーザーができる対策は、クレジットポイントが付与される2020年1月までに、できるだけ 残高チャージをしておくことです。 ペイペイしか使えない店はありますし、継続的にキャンペーンも行われているので、今後もペイペイを使う機会はあると思います。 ただ、頻度は下がるでしょう。 楽天ペイやメルペイも、今後は検討の対象に上がってきます。 ヤフーカードもついにnanaco撤退? 電子マネーnanacoは、「バーコード付きの請求書 20万円以下 であれば、セブンイレブンの店頭でnanaco払いできる」という特別な用途があり、クレカオタクやポイントオタクにとって 必須の存在です。 例えば、税金関係(住民税や自動車税など)もnanacoで支払えます。 この場合、nanacoのポイントは付きませんが、nanacoにクレジットチャージした分の クレカのポイントは貯まります。 しかし、ここ数年で「nanacoのクレジットチャージでポイントが付くクレジットカード」が激減しました。 楽天カードしかり、P-oneしかり…。 nanacoのクレジットチャージでポイントが付くカードは!? ヤフーカード亡き後、nanacoのクレジットチャージでポイントが付くカードは、以下のとおりです。 リクルートカード(還元率1. ちなみに、3万円は「モバイルSuicaやEdyなど他の電子マネーとの合算で3万円まで」なので注意が必要です。 人によっては3万円の枠は厳しいですが、例えば 夫婦で持てば月6万円までポイント付きでチャージできます。 セブンカードプラス(還元率0. 還元率0. ファミマTカード(還元率0. ヤフーカードのnanacoチャージでTポイントを貯めていた人は、こちらに流れる可能性が高そうです。

次の