らじお やじ。 禁酒方法【簡単に成功】酒好き30代が断酒できたワケ

矢島稔

らじお やじ

経歴 [ ]• - 豊島園昆虫園を創設。 1961年 - 多摩動物公園昆虫園を開設• 1964年 - 雑誌「月刊インセクタリウム」を創刊• 1978年 - 東京都恩賜上野動物園水族館館長• 1987年 - 東京都多摩動物公園園長に就任• 1988年 - 多摩動物公園昆虫生態園を開設• 1990年 - 財団法人東京動物園協会理事長に就任• 1992年 - 全国昆虫施設連絡協議会顧問• 1999年 - 群馬県立ぐんま昆虫の森園長に就任• 2000年 - 日本ホタルの会会長に就任• 2006年 - 日本ホタルの会名誉会長に就任• 2013年 - 群馬県立ぐんま昆虫の森名誉園長に就任 出演 [ ]• () 昆虫分野の回答者。 放送開始年のから迄の間、回答者として参加。 上野動物園水族館の館長や多摩動物公園の園長を務めた経歴もあることから、動物分野などでの質問に対する回答でもサポートすることがある。 深夜には「列島インタビュー」(1時-2時)にゲスト出演し「子ども電話相談で子供たちに教えられた30年」と題してこれまでの放送を振り返って話す。 主な著書 [ ]• 矢島稔『昆虫の採集・標本と飼い方』有井泰絵、、1961年。 古川晴男・矢島稔『昆虫と植物』清水勝絵、〈科学図説シリーズ〉、1962年。 ・矢島稔『虫のふしぎと飼いかた・ふやしかた』、1966年。 矢島稔・・『昆虫の生態図鑑』小学館〈小学館の学習図鑑シリーズ〉、1968年。 矢島稔文、有藤寛一郎絵『アリの子ツク』〈ポプラ社の少年文庫〉、1970年。 矢島稔『科学のアルバム 2 モンシロチョウ』、1970年。 矢島稔『昆虫の飼いかた』〈カラー版ジュニア入門百科 ゴールド版〉、1973年。 やじまみのるぶん、まつばらいわきえ『ちょうとはち』〈幼児のずかん〉、1973年。 やじまみのるぶん、よこうちじょうえ『とんぼ・ばった』偕成社〈幼児のずかん〉、1973年。 やじまみのるぶん、よこうちじょうえ『かぶとむし・せみ』偕成社〈幼児のずかん〉、1973年。 矢島稔ほか『こん虫のせかい』偕成社〈幼年カラー百科〉、1973年。 矢島稔『昆虫生態図鑑 : たのしいかんさつ』樋渡育夫え、、1974年。 /『昆虫生態図鑑 たのしいかんさつ オール写真図解版』、朝日ソノラマ、1980年。 矢島稔・『昆虫おもしろブック : ムシの見つけ方, 飼い方, つきあい方』〈21世紀ブックス〉、1974年/『昆虫おもしろブック 驚き!! ムシたちのとんでもない生き方』主婦と生活社、1997年、。 /『昆虫おもしろブック : 驚き!! ムシたちのとんでもない生き方』〈知恵の森文庫〉、2004年、。 矢島稔『昆虫ってなんだろう』〈自然科学シリーズ〉、1975年、。 矢島稔『小さな知恵者たち : 昆虫の決定的瞬間』朝日ソノラマ〈カラーフォトシリーズ〉、1975年。 矢島稔『昆虫の生きる世界 : 昆虫入門』〈よつば新書〉、1976年。 矢島稔『ちょうとが』有藤寛一郎ほか絵、〈原色幼年図鑑〉、1977年。 矢島稔ぶん、竹山のぼるえ『昆虫の飼い方』、1977年。 矢島稔・荻野昭『ホタル』偕成社〈観察の本〉、1980年、。 矢島稔『昆虫誌 : 光とはばたきの信号』〈東書選書〉、1981年、。 矢島稔作『自然のかくし絵 : 昆虫の保護色と擬態』偕成社、1983年、。 矢島稔文・解説、佐藤有恒写真『ホタルのくらし』偕成社〈カラー自然シリーズ〉、1983年、。 矢島稔『昆虫ノート』〈〉、1983年、。 矢島稔・佐藤有恒解説・写真『昆虫』〈フィールド図鑑〉、1984年、。 矢島稔『虫たちの冬ごし』〈やさしい科学〉、1985年、。 矢島稔編著『動物園へ行きたくなる本』、1989年、。 矢島稔編著『昆虫の国 : 多摩動物公園昆虫生態園をつくる』〈Keyaki books〉、1990年、。 矢島稔『昆虫たちの「衣・食・住」学』、1990年、。 矢島稔『カブトムシにはなぜ角がある : おもしろミステリアス昆虫記』、1991年、。 矢島稔『動物の博物誌 : ホタルからネッシーまで』リバティ書房、1993年、。 矢島稔『黒いトノサマバッタ』偕成社〈わたしの昆虫記〉、1998年、。 受賞 理想教育財団科学賞受賞• 矢島稔編『むしのなかま』ポプラ社〈ポプラこどもずかん〉、1998年、。 矢島稔・白木靖美編著『自然を彩るチョウたち 1』〈切手ミュージアム〉、1999年、。 矢島稔『ホタルが教えてくれたこと』偕成社〈わたしの昆虫記〉、2000年、。 矢島稔『チョウとガのふしぎな世界』偕成社〈わたしの昆虫記〉、2001年、。 矢島稔文、つだかつみ絵『ドクトル・ムッシーの昆虫おもしろふしぎ探検記』小学館、2001年、。 矢島稔『蝶を育てるアリ : わが昆虫フィールドノート』〈〉、2002年、。 矢島稔監修『世界びっくり昆虫大集合』、2003年、。 矢島稔『謎とき昆虫ノート』〈NHKライブラリー〉、2003年、。 矢島稔『虫に出会えてよかった』、2004年、。 矢島稔『モンシロチョウ』あかね書房、2005年、。 矢島稔『樹液をめぐる昆虫たち』偕成社〈わたしの昆虫記〉、2005年、。 産経児童出版文化賞受賞• 矢島稔『心にひびけカンタンの声』偕成社〈わたしの昆虫記〉、2007年、。 矢島稔『ハチのふしぎとアリのなぞ』偕成社、2008年、。 受賞歴 [ ]• 1980年 - 棚橋賞(日本博物館協会)• 1991年 - 文部大臣表彰• 2013年 - 日本動物学教育賞(日本動物学会)• 2017年 - 脚注 [ ]• 日本鳥類保護連盟• 日野自動車• 上毛新聞• 日本放送協会 関連項目 [ ]• ホタル 外部リンク [ ]•

次の

ラジオヤジのYouTube研究所

らじお やじ

経歴 [ ]• - 豊島園昆虫園を創設。 1961年 - 多摩動物公園昆虫園を開設• 1964年 - 雑誌「月刊インセクタリウム」を創刊• 1978年 - 東京都恩賜上野動物園水族館館長• 1987年 - 東京都多摩動物公園園長に就任• 1988年 - 多摩動物公園昆虫生態園を開設• 1990年 - 財団法人東京動物園協会理事長に就任• 1992年 - 全国昆虫施設連絡協議会顧問• 1999年 - 群馬県立ぐんま昆虫の森園長に就任• 2000年 - 日本ホタルの会会長に就任• 2006年 - 日本ホタルの会名誉会長に就任• 2013年 - 群馬県立ぐんま昆虫の森名誉園長に就任 出演 [ ]• () 昆虫分野の回答者。 放送開始年のから迄の間、回答者として参加。 上野動物園水族館の館長や多摩動物公園の園長を務めた経歴もあることから、動物分野などでの質問に対する回答でもサポートすることがある。 深夜には「列島インタビュー」(1時-2時)にゲスト出演し「子ども電話相談で子供たちに教えられた30年」と題してこれまでの放送を振り返って話す。 主な著書 [ ]• 矢島稔『昆虫の採集・標本と飼い方』有井泰絵、、1961年。 古川晴男・矢島稔『昆虫と植物』清水勝絵、〈科学図説シリーズ〉、1962年。 ・矢島稔『虫のふしぎと飼いかた・ふやしかた』、1966年。 矢島稔・・『昆虫の生態図鑑』小学館〈小学館の学習図鑑シリーズ〉、1968年。 矢島稔文、有藤寛一郎絵『アリの子ツク』〈ポプラ社の少年文庫〉、1970年。 矢島稔『科学のアルバム 2 モンシロチョウ』、1970年。 矢島稔『昆虫の飼いかた』〈カラー版ジュニア入門百科 ゴールド版〉、1973年。 やじまみのるぶん、まつばらいわきえ『ちょうとはち』〈幼児のずかん〉、1973年。 やじまみのるぶん、よこうちじょうえ『とんぼ・ばった』偕成社〈幼児のずかん〉、1973年。 やじまみのるぶん、よこうちじょうえ『かぶとむし・せみ』偕成社〈幼児のずかん〉、1973年。 矢島稔ほか『こん虫のせかい』偕成社〈幼年カラー百科〉、1973年。 矢島稔『昆虫生態図鑑 : たのしいかんさつ』樋渡育夫え、、1974年。 /『昆虫生態図鑑 たのしいかんさつ オール写真図解版』、朝日ソノラマ、1980年。 矢島稔・『昆虫おもしろブック : ムシの見つけ方, 飼い方, つきあい方』〈21世紀ブックス〉、1974年/『昆虫おもしろブック 驚き!! ムシたちのとんでもない生き方』主婦と生活社、1997年、。 /『昆虫おもしろブック : 驚き!! ムシたちのとんでもない生き方』〈知恵の森文庫〉、2004年、。 矢島稔『昆虫ってなんだろう』〈自然科学シリーズ〉、1975年、。 矢島稔『小さな知恵者たち : 昆虫の決定的瞬間』朝日ソノラマ〈カラーフォトシリーズ〉、1975年。 矢島稔『昆虫の生きる世界 : 昆虫入門』〈よつば新書〉、1976年。 矢島稔『ちょうとが』有藤寛一郎ほか絵、〈原色幼年図鑑〉、1977年。 矢島稔ぶん、竹山のぼるえ『昆虫の飼い方』、1977年。 矢島稔・荻野昭『ホタル』偕成社〈観察の本〉、1980年、。 矢島稔『昆虫誌 : 光とはばたきの信号』〈東書選書〉、1981年、。 矢島稔作『自然のかくし絵 : 昆虫の保護色と擬態』偕成社、1983年、。 矢島稔文・解説、佐藤有恒写真『ホタルのくらし』偕成社〈カラー自然シリーズ〉、1983年、。 矢島稔『昆虫ノート』〈〉、1983年、。 矢島稔・佐藤有恒解説・写真『昆虫』〈フィールド図鑑〉、1984年、。 矢島稔『虫たちの冬ごし』〈やさしい科学〉、1985年、。 矢島稔編著『動物園へ行きたくなる本』、1989年、。 矢島稔編著『昆虫の国 : 多摩動物公園昆虫生態園をつくる』〈Keyaki books〉、1990年、。 矢島稔『昆虫たちの「衣・食・住」学』、1990年、。 矢島稔『カブトムシにはなぜ角がある : おもしろミステリアス昆虫記』、1991年、。 矢島稔『動物の博物誌 : ホタルからネッシーまで』リバティ書房、1993年、。 矢島稔『黒いトノサマバッタ』偕成社〈わたしの昆虫記〉、1998年、。 受賞 理想教育財団科学賞受賞• 矢島稔編『むしのなかま』ポプラ社〈ポプラこどもずかん〉、1998年、。 矢島稔・白木靖美編著『自然を彩るチョウたち 1』〈切手ミュージアム〉、1999年、。 矢島稔『ホタルが教えてくれたこと』偕成社〈わたしの昆虫記〉、2000年、。 矢島稔『チョウとガのふしぎな世界』偕成社〈わたしの昆虫記〉、2001年、。 矢島稔文、つだかつみ絵『ドクトル・ムッシーの昆虫おもしろふしぎ探検記』小学館、2001年、。 矢島稔『蝶を育てるアリ : わが昆虫フィールドノート』〈〉、2002年、。 矢島稔監修『世界びっくり昆虫大集合』、2003年、。 矢島稔『謎とき昆虫ノート』〈NHKライブラリー〉、2003年、。 矢島稔『虫に出会えてよかった』、2004年、。 矢島稔『モンシロチョウ』あかね書房、2005年、。 矢島稔『樹液をめぐる昆虫たち』偕成社〈わたしの昆虫記〉、2005年、。 産経児童出版文化賞受賞• 矢島稔『心にひびけカンタンの声』偕成社〈わたしの昆虫記〉、2007年、。 矢島稔『ハチのふしぎとアリのなぞ』偕成社、2008年、。 受賞歴 [ ]• 1980年 - 棚橋賞(日本博物館協会)• 1991年 - 文部大臣表彰• 2013年 - 日本動物学教育賞(日本動物学会)• 2017年 - 脚注 [ ]• 日本鳥類保護連盟• 日野自動車• 上毛新聞• 日本放送協会 関連項目 [ ]• ホタル 外部リンク [ ]•

次の

矢島稔

らじお やじ

チャート撮影機能• ポジション操作機能• デモトレード機能• トレード結果機能• 1分足・5分足チャート 「相場チャート」は練習売買の損益計算を自動で行ってくれます。 このため、自分の実力を数字で測ることができますので毎日の練習が楽しくなります。 そして、上達が一気に加速することと思います。 「相場チャート」はこんなチャート 「相場チャート」の管理画面にログインしてチャートを選択すると以下の画面が表示されます。 ロウソク足は日足、週足、月足に加えて、1分足、5分足が表示できます。 チャートの縮尺はx1. 0、x2. 0、x4. 0が選択できます。 以下の画像はx2. 0です。 移動平均線は5日、20日、60日、100日、300日が表示できます。 JPX400銘柄と日経225銘柄はすでに登録済みとなっています。 また、「お気に入りフォルダ」があるので、そちらに観察銘柄を入れておくこともできます。 ミネベアで練習トレード 早速、ミネベアで練習トレードをしてみました。 検索窓に「ミネベア」または「6479」と打ち込む、あるいはJPX400銘柄のリストからミネベアを選択すると以下のチャートが表示されます。 「全画面表示」に切り替えると以下のようになります。 「相場チャート」に装備されている「カレンダー」で2016年5月2日を選択して、この日からショートトレードをやってみました。 下落局面でしたのですべて空売りですが、寄付発注した場合の成績は1,146,000円の利益となり、引値発注した場合の成績は1,422,000円の利益となりました。 「取引履歴」は以下のように表示されます。 こちらは「寄付発注」した場合の取引履歴です。 こちらは「引値発注」した場合の取引履歴です。 「相場チャート」を使って自己分析をする 前述しましたように「相場チャート」は損益計算を自動でしてくれますので、長い期間を練習トレードしていくうちに、自分はどの局面が得意なのか、あるいはどの局面で資金を溶かす傾向にあるのかが容易に判断できます。 つまり、 「自己分析」ができます。 自己分析ができていないと方法論を学んでも望む結果を得ることはできません。 まずは自分が観察している銘柄を1年を通して練習トレードしてみます。 教わった通りにトレードをしたつもりでも、1年の収支がマイナスであったりトントンであった場合、大きく負けている局面があるはずです。 そして、他の銘柄でも同様の練習トレードをしてみて、それらのトレード結果を検証してみると、同じような局面で資金を溶かしていることに気づくと思います。 そこが自分の弱点です。 苦手な局面が分かれば、これを克服することで簡単に利益を伸ばせるようになります。 これはその人の考え方にもよりますが、自分が得意とする局面ではさらに確度を上げる努力をして、それ以外では不得意な局面であることを早めに察知する判断力をつけて、不用意なトレードを避けるようにすれば良いと思います。 質の高い練習の先には 「お金」という成果が待っています。 究極の株式トレード練習ツールの「相場チャート」については、使ってみた感想をまた記事にしたいと思います。 「相場チャート」について、詳細をお知りになりたい方は以下のリンクをクリックしてください。

次の