スタンス フィールド。 Lisa Stansfield = リサ・スタンスフィールド*

スタンスって英語でなんて言うの?

スタンス フィールド

映画「レオン」について マチルダがスタンスフィールドの職場に武装して乗り込んだとき、トイレでスタンスフィールドに見つかってしまうシーンがありました。 その時スタンスフィールドは、「デリバリーの中 身は? 当ててやろうか? イタリア料理だろ?」と、まるで自分を狙ってる人間が誰なのか大体見当が付いていた様子でした。 イタリア料理だろというセリフからして、イタリア系マフィアであるトニーだろうと勘ぐったと思いますが、なぜスタンスフィールドはトニーが自分を狙ってると思ったんでしょうか? 補足すいません、お言葉ですが、スタンスフィールドがイタリア系の殺し屋に部下を殺されたと聞いたのは、マチルダとトイレで話してた直後です。 その前に、まるでマチルダをトニーの差し金だと思ったのはなぜか? という質問でした。 スタンは殺し屋の元締めであるトニーのことは 以前から知っていたんじゃないですか。 しかし今までは別段関わることもなく、 スタン自身も清廉潔白な捜査官、というわけでもないので 放っておいた。 でもマチルダを救うためレオンがスタンの部下を殺したため、 殺し屋の元締めであるトニーなら何か知っているハズだ 部下のやられ具合や現場を見て、プロの仕業だと解った 、 とトニーの店に乗り込んで 犯人はプロの殺し屋、そいつを知っている人物は・・・トニー、と推理した 暴力でレオンのことを吐かせた ラストでマチルダと向かい合ったトニーは顔中アザだらけだった。 ・・・こんなところでは? あとスタンがマチルダの尾行に気付いたのは、 悪者特有の勘の良さとマチルダの尾行が稚拙だったので 単に尾行されてるな、と気付いただけ。 「イタリア料理だろ?」というセリフも マチルダを見てシャレみたいな感じで言っただけ 仮にマチルダが日本人だったら「スシだろ?」とか言ったのでは。 こんちは、私の理解では、それは、部下がイタリア系の殺し屋に殺されたからだと思います。 スタンは、なぜ自分を狙うのか理由はわからなくても自分をねらっているやつがいるということは、すでに理解していたのかもしれません。 スタンは、自分の部下を殺されたとき、イタリア系の殺し屋が2秒でやったとかそのイタリア系の殺し屋が女子供を殺すなとか言った的なことを聞いていたと思います。 それでスタンは、その殺し屋が誰なのかどこにいるのかとかでトニーのところに一度足を運んでいます。 しかも、トニーは、マチルダくらいの子たちの面倒見ているようですし、スタンは、薬中ですが、一応、捜査官なので、勘繰るかなって・・・。 おもいます。

次の

Lisa Stansfield(リサ・スタンスフィールド)の情報まとめ

スタンス フィールド

スタンス stance とは スタンスという言葉は、ビジネス用語としては頻度が高い部類に入ります。 様々なシーンで用いることができるので、使い勝手が良い言葉と言えるでしょう。 スタンスとは何か、言葉の意味について紹介します。 広義では立場・態度 スタンスとは語源に、「立っている姿勢」というものがあります。 広義では立場・態度を指しているので、ビジネスシーンでは仕事やプロジェクトに対する各々の立場や、取り組み方の姿勢を言及にする場合に用いられることが少なくありません。 野球・テニスなどでは球を打つ際の構え スポーツにおけるスタンスという言葉は、野球・テニスなどでは球を打つ際の構えを、スタンスと称することが一般的です。 また重心を意識する立ち位置や姿勢の考え方に、4スタンス理論というものもあります。 ロッククライミングでは足場 ボルダリングやロッククライミングでは足場をスタンスと呼びます。 足場が不安定な場所で、安定した姿勢を維持しようとする競技のため、スタンスというネーミングも納得です。 自分の体重をかけることができる足場があってこそ、思い切ったアクションに繋がります。 スタンスのつく言葉 スタンスという言葉が組み合わさった用語も存在しています。 スタンスのつく言葉について、いくつか紹介します。 オープンスタンス オープンスタンスは、ゴルフ用語で立ち位置を示す言葉の一つです。 ボールに対し、利き手側の足を前に出して構えることで、体がボールに対して開いた状態になることからオープンスタンスと呼ばれます。 ボックススタンス ボックススタンスは、野球の審判の間で用いられる言葉です。 審判は状況を正しく判断することが求められるため、即座に対応できる姿勢を維持しています。 その中でもボックススタンスは、腰を落として重心を安定させた構えになります。 一方、シザーススタンスという構え方もあり、こちらは片脚を引いて、片方の膝が付くか付かないぐらいのギリギリで構えます。 スタンスの類語 スタンスには同じように使用できる類語があります。 使い分けることで差がつく、スタンスの類語について紹介します。 スタンドポイント ビジネスにおけるスタンスという言葉には、「見地」や「観点」という意味があります。 似た言葉で「スタンドポイント」がありますが、スタンスと同様に仕事などで考えを話す時に用いられます。 ポイントオブビュー 英語では「point of view」と書きますが「ポイントオブビュー」も「見地」や「観点」と同じ意味を持ちます。 また映画や漫画などの演出用語として「Point of View Shot」という言葉もあり、カメラの視線と登場人物の視線を一致させるカメラワークを指します。 スタンスの使い方・例文 スタンスは複数の意味をもつ広義の言葉で、さまざまなシチュエーションで使うことができる言葉です。 スタンスの使い方・例文について紹介します。 企画会議で積極的なスタンスをとる スタンスは物事に対する姿勢や意欲を表現することが多いです。 「企画会議で積極的なスタンスをとる」とは、会議で話題となっている仕事やプロジェクトに参加したい意欲を表わす精神的な意味となります。 株の基本スタンスを学ぶ 「株の基本スタンスを学ぶ」という使い方は、株に対して、どのような予算で、どのような売買や取引スタイルにするかをスタンスという言葉で表現します。 中立的スタンスで物事を判断する 「中立的スタンスで物事を判断する」は、何かに対して複数の異なる意見がある場合、一つの意見に寄らず総合的な観点で判断するという意味になります。 まとめ 今回はスポーツやビジネスシーンで用いられることが多い言葉、スタンスについて紹介しました。 スタンスという言葉は、体の姿勢そのものを示すだけではなく、ビジネスにおける考え方や意欲といった姿勢をも示す言葉になります。

次の

リサ・スタンスフィールド、4年ぶりの新作『ディーパー』に「エキサイトしているわ」

スタンス フィールド

『レオン』とは、リュック・ベッソン監督のハリウッド発の監督作品。 当初はあまり会社から重要視されていなかったが、美しい映像やこれまでにないようなダークなストーリーに本作は予想を上回る大ヒットでリュック・ベッソンの代表作となる。 また主演を務めたジャン・レノ、ナタリー・ポートマンの出世作となった。 オリジナル版と22分の未公開シーンを収録した完全版があるが、完全版に追加されたシーンにはレオンの過去やマチルダの暗殺の練習などが含まれており、試写会の際に暗殺の訓練のシーンや大人の男性と少女の愛を交わすシーンに「不健全すぎる」などの声があり、 やむを得ず問題のシーンをカットしたものが劇場では上映された。 『レオン』のあらすじ・ストーリー マチルダがレオンの為にミルクを買いに行くシーン 物語の主人公レオンはプロの殺し屋であり、イタリア系マフィアのボスのトニーからの任務を遂行する日々を送っていた。 ある日、任務を終えたレオンはアパートの階段で顔を殴られ鼻血を出している少女・マチルダと出会い、ハンカチを差し出す。 「大人になってもつらいの?」と問われるレオンは「つらいさ」と答える。 マチルダは麻薬の運び屋をしている父ジョセフや義姉ジョアンから虐待を受けるばかりか、義母のマージにも全く関心を向けられていなかった。 そんな中幼い弟マイケルだけは愛していた。 翌日、マチルダは家に居たくないとレオンのためにミルクを買いに行くが、買い物に行っている間マチルダの家には麻薬密売組織のスタンスフィールドが訪問していた。 ジョセフは私欲から麻薬を着服しており、そのことを見抜いたスタンスフィールドは部下と共に報復に向かったのだ。 スタンスフィールドはジョセフの家に入るなりジョアンとマージを射殺、ジョセフに麻薬のありかを問い詰めるが、ジョセフは銃を取り抵抗する。 結果現場は銃撃戦となりジョセフは射殺され、銃声が止んだ頃にはマイケルは流れ弾に当たり死亡していた。 そして買い物から帰ってきたマチルダは自宅の玄関に殺されたジョセフを見つける。 マチルダは自宅を素通りしレオンに助けを求め、レオンは迷った末に彼女を保護する。 同時期に麻薬を見つけたスタンスフィールドは部下を一人現場に残すと、騒ぎを聞きつけ駆け付けた警察に「職務を遂行した」と伝えろと言い去っていった。 マチルダがレオンに助けを求めるシーン 残されたマチルダにレオンは声をかけるが、そこで彼女の救われない現状を知る。 レオンがミルクを取りに行くと席を外すと、マチルダは机の上のトランクを勝手に開け、中に入っていた殺しの道具から彼が『掃除屋』であることを知る。 マチルダは彼に弟の仇を殺す依頼をするが、提示された額はとても彼女に支払える額ではなかった。 そこで彼に殺しを教わろうとするもレオンはそれを受けようとせず、今日はもう寝ろとマチルダに言い部屋から出て行った。 翌日マチルダはレオンにもう一度殺し屋になりたいと頼むがやはり彼は承諾しなかった。 するとマチルダは窓から銃を乱射し「これでも?」と言い放つ。 呆気にとられたレオンは渋々彼女の提案を受けることに。 レオンはホテルの一室を借り、トニーにライフル用意してもらうとマチルダに狙撃の方法を教えることにした。 ライフルの反射光で狙撃を悟られてはならない。 床より明るい服は着てはならない。 その後も様々な銃の使い方を教わるだけでなく、時には『思考力と記憶力の訓練になる最高のゲーム』と著名人の姿に扮するゲームをしたりしながら、二人の日々は過ぎて行く。 家族の愛を知らずに育ったマチルダと、孤独な殺し屋レオン。 奇妙な共同生活の中で、二人は欠けていた物をお互いに見出していく。 『思考力と記憶力の訓練になる最高のゲーム』 ある日レオンが仕事に行き一人になったマチルダは、家族の殺害現場を見に行く事にするが、そこで偶然スタンスフィールドと居合わせる。 彼はこの件の首謀者として警察から事情聴取を受けていた。 警察との会話からマチルダはスタンスフィールドが弟の仇であり、後を追った末に彼が麻薬取締局の警察官であることを知る。 麻薬密売組織は、彼を含め麻薬取締局が絡んでいたのだ。 マチルダはピザの宅配を装い麻薬取締局へ侵入し、スタンスフィールドを見つけ後を追う。 しかしスタンスフィールドは追われていることに気づいており、逆にマチルダは捕まってしまう。 スタンスフィールドはマチルダに目的を問いただすが、二人の元にスタンスフィールドの手下が現れ彼の手下の一人が殺されたことを伝える。 彼の手下を殺したのはレオンで、彼はマチルダのために彼女の一家殺害に関与した人間への復讐を始めていた。 一人を始末したのち帰宅すると、マチルダの置手紙によりレオンは彼女がスタンスフィールドを殺害しに行ったことを知る。 レオンは早速麻薬取締局へ乗り込み、スタンスフィールドの手下を殺しマチルダを救出する。 しかし、これによってスタンスフィールドはトニーの配下が自分の部下たちを殺しているのだと目星をつけ、トニーの元を訪問。 実はトニーとスタンスフィールドは組んでおり、今までレオンが行ってきた殺しは元をたどればスタンスフィールドの依頼だったのだ。 スタンスフィールドはトニーとの会話でレオンが自分の部下を殺していると確信する。 翌日スタンスフィールドは警察の全部隊を率いてレオンの住むアパートに突入させた。 レオンはこれに気づき抵抗、戦いのさなか換気扇を破壊し通気口からマチルダ脱出させ、トニーの店で落ち合うことを約束する。 自身は負傷した突入部隊に扮し脱出を試みるが、その様子をスタンスフィールドに目撃されあと一歩のところで背後から銃撃を受けてしまう。

次の