マイル クレジットカード 比較。 マイルが貯まる最強クレジットカード!マイルとは?基礎知識からおすすめの貯め方まで|クレジットカード審査

マイレージ比較|航空会社のマイル・マイレージを徹底比較!

マイル クレジットカード 比較

この記事の内容まとめ• そのため、どれがおすすめなのかはその人の利用環境や目的による• この記事では13種類のANAカードの特徴をまとめているので全部読んでしっかり比較して選んでほしいが、「サクッとおすすめを知りたい」のであればがおすすめ• 年会費2,000円(税別)で、マイル移行手数料が他のブランドよりも安く、さらに年間カード利用額に応じたボーナスポイントや、電子マネーでのマイル獲得も狙える• また、JCBブランドのANAカードは新規入会キャンペーンでマイルがたくさん貯まる可能性があるので要チェック 「ANAマイルをたくさん貯めたい」「ANA便の搭乗を便利で快適なものにしたい」このような理由でANAカードへの入会を検討している人は多いと思います。 しかし、ANAカードにはたくさんの種類があり、この中から自分に合った1枚を選ぶのは大変な作業です。 JCBブランドのANAカードだけでも、ANAカード(一般) JCBとANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の2種類がありますし、さらにJCBのANAカードには、一般カード、ワイドカード、ワイドゴールドカード、プレミアムカードの4ランクのカードがあります。 そこでこの記事では、暮らしの達人で紹介しているANAカードを一覧表でわかりやすくまとめつつ、各カードの違いや特徴について比較しながら紹介していきます。 おすすめANAカードはこれだ!• 他のブランドよりもANAマイル移行手数料が1,000円安い• マイルがたくさん貯まる新規入会キャンペーン開催中• 年間カード利用額に応じてボーナスポイントが貯まる 年会費 還元率 国際ブランド 2,000円 0. さらに JCBブランドのANAカードは、独自の新規入会キャンペーンを開催していることが多く、入会+条件クリアで大量のマイルを獲得できる。 入会の際にはぜひキャンペーン内容も確認してほしい。 では、これらのANAカードを縦に見た場合と横に見た場合で、どのような違いがあるのかをこれから詳しく紹介していきます。 ゴールド・プレミアムカードは飛行機だけでなく、公共交通乗用具や宿泊中、ツアー中の怪我も対象となります。 まずはANAカードの中でもスタンダードなタイプの「一般カード」について、比較ポイントを紹介します。 上記の表を見てわかるように、一般カードはボーナスマイルのレートが最も低く、さらにラウンジ利用などの特典がありません。 しかし、 カード利用でのマイル付与レートは最大で1,000円につき10マイルであり、ゴールドカードと変わりません。 したがって一般カードは「飛行機はあまり乗らず、ショッピングを中心としてマイルを貯めたい」という方におすすめします。 一般カードは6種類あるので、1つずつ紹介します。 支払いで200円につき1マイルが貯まる。 カードからチャージ可能だが、マイルは貯まらない。 支払いで最大1,000円で10マイルが貯まる。 アメックスはQUICPayのモバイル版のみ使用可。 PiTaPaの利用で貯まるショップdeポイントはANAマイルに移行可能。 年1回の使用がないと年会費1,050円(税込)が発生。 チャージ1,000円につき10マイルが貯まる。 Suicaポイントクラブ加盟店での利用では、店舗の規定に応じてSuicaポイントが貯まる。 チャージ1,000円につき10マイルが貯まる。 メトロポイントはANAマイルに移行 可能。 貯まったポイントは1ポイント=5マイル、あるいはマイル移行手数料(年額)を払うことで1ポイント=10マイルに交換できます。 移行手数料は国際ブランドによって異なります。 VISA、マスターカード、アメックスの場合は6,000円(税別)ですが、 JCBブランドなら5,000円(税別)と、1,000円分安くすみます。 つまり ANAカード(一般) JCBは、VISAやアメックスなどの他の一般クラスのANAカードと比較して、比較いコストでマイルに交換できます。 電子マネーに関しても、JCBブランドの場合は QUICPay(nanaco)もしくはANA QUICPay+nanacoが使えるメリットがあります。 これらの電子マネーは通常のnanacoとは異なり、nanacoとしてではなくQUICPayとしても利用できます。 しかもセブンイレブンでQUICPayとして支払うと、QUICPay利用分のポイント(1,000円で1ポイント)に加えてnanacoポイントが200円で1ポイント貯まります。 nanacoポイントは500ポイントで250マイルに交換できます。 つまり セブンイレブンでこれらの電子マネーを利用すると、1,000円で12. 5マイルが貯まる計算です。 なお、QUICPay利用分のポイントは月間カード利用額に対して付与され、nanacoポイントは1回の買い物ごとに付与されます。 nanaco:nanaco加盟店で使える。 nanacoポイントが貯まる。 QUICPay(nanaco):nanaco加盟店とQUICPay加盟店で使える。 セブンイレブンで使うとマイル+nanacoポイントが貯まる。 ANA QUICPay+nanaco:nanaco加盟店とQUICPay加盟店で使える。 セブンイレブンで使うとマイル+nanacoポイントが貯まる。 SKiPサービスも利用可。 セブンイレブンを頻繁に使うのであれば、マイルとnanacoポイントを両取りできるJCBブランドのANAカードが向いていると言えるでしょう。 更にANAカード(一般) JCBならではの特典として、JCB STAR MEMBERS(JCBスターメンバーズ)の対象となる点が挙げられます。 これは年間のカード利用合計額に応じて、翌年度のポイントレートが増加する特典です。 カード利用額とポイントレートの関係は以下の通りです。 また、自動交換されず、自分で交換手続きを行う必要があります。 毎年、年間で100万円以上のカード利用があれば、1,000円で10. 6マイルと高いレートでマイルが貯まります。 また、もしも「ショッピングの利用額が年間数百万円もいかない」「セブンイレブンも全く使わない」という方は、続いて紹介するANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)も検討してください。 ソラチカカードもJCBブランドなので、JCBスターメンバーズ以外のメリットを享受できる上、特に関東在住者ならよりマイルを貯めやすい特徴を持ちます。 次に紹介しているので、ご覧ください。 【メリット】 10マイル移行手数料が他の国際ブランドのANAカードよりも安い QUICPay(nanaco)が使える PASMO付帯が付帯していて、PASMOチャージでマイルが貯まる 東京メトロの路線に乗るだけでマイルが貯まる 【デメリット】 年間カード利用額に応じたポイントレートアップ制度がない 楽天Edyが付帯していない 年会費割引特典がない ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)は、関東圏在住者、特に東京メトロ利用者ならば 最強にマイルが貯まると言っても良いANAカードです。 先に紹介したANAカード(一般) JCBと同じく、10マイル移行手数料が5,000円(税別)で、QUICPay(nanaco)の利用も可能です。 それに加えてソラチカカードなら、 PASMOを使ってマイルを貯められる特徴を持ちます。 ソラチカカードにはPASMOが付帯しているため、その名の通り空でも地下でも活躍してくれます。 しかも PASMOへはオートチャージができ、チャージ金額1,000円につき最大10マイルが貯まります。 それだけでなく、 オートチャージ設定したPASMOで東京メトロに乗車すると、1乗車ごとにメトロポイントが貯まります。 付与レートは、平日は5ポイント、土日祝日は15ポイントです。 メトロポイントは100ポイントで90マイルと交換できるので、つまり 平日なら4. 5マイルが、土日祝日なら13. 5マイルが、電車に乗るだけで貯まるのです。 他にもPASMO定期券の購入や、対象のお店でのPASMO払いでもメトロポイントが貯まります。 ソラチカカードのデメリットは、多くのANAカードで実施されているカード利用額に応じたポイントレートアップ制度がない点が挙げられます。 がその制度の例です。 また、多くのANAカードに付帯している楽天Edyがついていません。 しかしPASMOユーザー、特に東京メトロ利用者であればデメリットを補って余りあるメリットがあります。 是非入会を検討してほしいANAカードです。 【メリット】 年会費を1,025円(税別)に減額できる 【デメリット】 10マイル移行手数料がJCBブランドのANAカードよりも高い 年間カード利用額に応じたポイントレートアップ制度がない 一般クラスのANAカードは、アメックスブランドを除いてどれも年会費2,000円(税別)です。 リボ払いに関してはネガティブなイメージを持つ方も多いと思います。 しかしマイ・ペイすリボならば月々の返済額を自由に設定できるため、 カード利用額と同額がそれに近い金額に設定しておけばリボ払いでも一括払いと同様に支払え、金利が発生しません。 なんのデメリットもなく年会費優遇特典を受けられます。 中でも次に紹介するANA VISA Suicaカードの場合は、 同じ条件で年会費が751円(税別)になります。 最も割引額が大きいので、少しでも年会費を節約したい方は次に紹介するANA VISA Suicaカード検討してください。 1つ目は年間カード利用額に応じたボーナスポイント制度でしたが、残念ながらこれは廃止されてしまいました…。 2つ目はリボ払いによるボーナスポイント制度です。 年会費割引特典の場合は、リボ払いに登録して利用することだけが条件でした。 ボーナスポイントの場合は、 リボ払いでの支払いで金利が発生した場合のみ、貯まるポイントが2倍(1,000円で2ポイント)になります。 金利は1円でも発生すれば特典対象となります。 そこで、返済額をその月の利用金額に近い金額に設定することで、金利の発生を抑えつつポイントを2倍にできます。 つまり、10万円のカード利用があれば、その月の支払額を90,000円にするわけです。 すると、180ポイントが貯まり、翌月の支払い時には残りの10,000円に対して金利がつきます。 この時の利息額はおそらく120円ちょっとくらいで済むでしょう。 以上の2つ特典のどちらも、ボーナスポイントとして貯まった分は自動的にマイルに移行されず、1ポイント=3マイルのレートで手動交換することになります。 したがって、先ほどの例の通り198ポイントが貯まったとしても、そのうちの半分の99ポイントはボーナスポイント扱いなので、マイルに換算すると297マイルとなります。 リボ払い特典で180ポイント貯まった場合: 90ポイントはボーナスポイントとして扱われるので、270マイルと交換 もう半分の90ポイントは通常ポイント扱いなので、最大900マイルと交換 合計で1,170マイルが貯まる 最後にデメリットを紹介すると、マイル移行手数料が6,000円(税別)と、JCBブランドのANAカードよりも高い点が挙げられます。 【メリット】 年会費を751円(税別)に減額できる Suicaチャージでマイルが貯まる唯一のANAカード 【デメリット】 10マイル移行手数料がJCBブランドのANAカードよりも高い 年間カード利用額に応じたポイントレートアップ制度がない 楽天Edyが付帯していない ANA VISA Suicaカードは、Suicaが搭載されている唯一のANAカードです。 他のANAカードとは異なり、 Suicaチャージでも1,000円につき最大10マイルが貯まります。 Suicaにチャージするには、JRの駅にあるビューアルッテで手動チャージを利用するか、対応の改札を通過してオートチャージを利用しましょう。 しかし関東圏以外ではビューアルッテの設置数が少なく、オートチャージ対応の改札もほとんどありません。 モバイルSuicaやiPhoneのSuicaアプリがあれば、ネット回線さえあればどこからでもチャージ可能ですが、わざわざ用意するにはコストと手間がかかってしまうでしょう。 では、ANA VISA Suicaカードは関東圏の方や、スマートフォンでSuicaを利用できる方にしかおすすめできないのかと言われれば、そうではありません。 ANA VISA Suicaカードは、格安でANAカードを持ちたい、という方に最もおすすめしたいANAカードです。 なぜなら、 このカードでリボ払いへの登録&利用で、年会費が751円(税別)にまで安くなるからです。 これは一般クラスのANAカードの中で、最も安い年会費となります。 年会費割引の詳しい条件はで紹介しているので、見逃した方は参考にしてください。 以上のように、ANA VISA SuicaカードはSuicaユーザーだけが得するカードではなく、少しでも年会費を抑えてANAカードを持ちたい、という方にもぴったりなカードなのです。 また、これもと同様に、リボ払いによるボーナスポイント制度もあります ただ年会費が安いだけでなく、ショッピングでもマイルを貯めやすいメリットもしっかりと兼ね揃えています。 ただし、電子マネーはSuica以外にもiDが使えるため、楽天Edyが使えなくて困る機会はそうないでしょう。 以上のようコストにおいてもマイルの貯めやすさにおいても評価が高く、「ANAカードの中でおすすめは?」と聞かれれば、ソラチカカードと並んで真っ先に紹介したいカードです。 【メリット】 年会費を751円(税別)に減額できる nimocaチャージでマイルが貯まる唯一のANAカード リボ払いによるボーナスポイント制度がある nimocaルートを使ってマイルを量産できる 【デメリット】 nimocaルートを使うには九州か函館に行かなければいけない 年間のカード利用額に応じたボーナスポイント制度がない 楽天Edyが付帯していない 福岡を中心に使われている西日本鉄道のnimocaとANAカードが1枚になったクレジットカードです。 メリットはANA VISA Suicaカードと似ていて、 年会費を751円(税別)に減額できること、そしてnimocaチャージでマイルが貯まることが挙げられます。 さらにANA VISA nimocaカードには、「nimocaルート」と呼ばれるマイル量産の裏ワザが存在します。 まず、ANA VISA nimocaカードで使えるnimocaは、西日本鉄道の乗車や対象店舗での買い物でnimocaポイントを貯めることができます。 nimocaポイントはnimocaにチャージできるだけでなく、 ANA VISA nimocaカードユーザー限定で、ANAマイルに移行することも可能です。 そのため、ポイントサイトを駆使して貯めたポイントを、一旦nimocaポイントに移行してからANAマイルに移行することで、通常よりも高いレートでANAマイルを貯めることができる、という方法があり、これを陸マイラーの間で「nimocaルート」と呼んでいます。 このnimocaルートを使うためだけにANA VISA nimocaカードに申し込む人もいるほどです。 ただし、nimocaポイントからANAマイルに移行するためには、ネット上ではなくポイント交換機から手続きする必要があります。 この ポイント交換機は九州と函館にしかないので、ポイント交換のためにわざわざ現地まで行かなければいけません。 nimocaポイントの有効期限は「ポイント付与日から翌年の12月末日まで」であり、最長2年間なので、失効しないよう注意しましょう。 【メリット】 ANA公式サイトから国内航空券・国内ツアー、国際航空券、海外ツアーなどを購入すると、他のANAカードの1. 5倍のマイルが貯まる 一般クラスのANAカードの中で唯一空港ラウンジを無料利用できる 空港から自宅への手荷物配送配送料金が無料 ポイントの有効期限が無期限 一般クラスのANAカードの中で最も旅行保険が充実 【デメリット】 10マイル移行手数料がJCBブランドのANAカードよりも高い 年間のカード利用額に応じたボーナスポイント制度がない 他の一般クラスのANAカードよりも年会費が高い ANAアメリカン・エキスプレスカードは、他の一般クラスのANAカードとは一線を画します。 その証拠に、そもそも年会費が7,000円(税別)と他のANAカードの3倍以上です。 そして年会費が高額な分、一般カードに分類されるのがおかしいほどの特典が付帯しています。 ANAアメリカン・エキスプレスカードの特徴で最も目を引くのが、 ANA公式サイト経由でANA便航空券などを購入すると、100円につき1. 5マイル貯まる点です。 他の一般ANAカードは100円で1マイルなので、公式サイト経由で航空券を買う方は、ANAアメリカン・エキスプレスカードで買うことでマイルを量産できるでしょう。 更に年間6,000円(税別)を払ってポイント移行コースに登録すると、通常最大3年のポイント有効期限が無期限になります。 つまりずっとポイントとして貯めておき、必要な時に必要なだけマイルに交換すれば、マイルを失効することなく活用できます。 他にも、 一般カードの中では唯一、空港ラウンジを無料で利用できるメリットがあります。 新千歳から那覇空港まで国内28空港のラウンジと、ハワイ・ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港、韓国ソウルの仁川国際空港のラウンジを無料利用できます。 同伴者も1名無料です。 保険も充実していて、例えば他の一般ANAカードの場合、死亡時と救援車費用発生時にしか補償を受けられませんでしたが、ANAアメリカン・エキスプレスカードは病院で治療を受けたり入院した際にもその費用を補償してくれます。 更に国内外を問わず購入した商品が破損・盗難被害にあった際に購入金額または修理費用を補償してくれるショッピング保険も付帯しています。 以上のようにANAアメリカン・エキスプレスカードは一般カードとは思えない特徴が豊富にあります。 ただし、カード年会費とポイント移行コース年会費を合計すると13,000円(税別)もの年間コストがかかってしまいます。 もしもラウンジや旅行保険特典を目的としてこのカードへの入会を考えているのなら、後述するワイドゴールドカードの方が向いているかもしれません。 気になる方はを先にご覧ください。 ゴールド・プレミアムカードは飛行機だけでなく、公共交通乗用具や宿泊中、ツアー中の怪我も対象となります。 続いては、一般カードとゴールドカードの間に位置するワイドカードについて紹介します。 ワイドカードの最大の魅力は、ボーナスポイントの付与レートが普通カードよりも高い点です。 しかも付与レートはゴールドカードと同じレートです。 つまり、 ゴールドカードよりも安いコストで同じだけのボーナスマイルを得られます。 その他のメリットとしては、旅行保険では治療や入院費用なども補償されるようになったり、エコノミークラスで国際線予約した際に、ビジネスクラスカウンターでチェックインできるようになったりすることです。 ただ、ショッピングでのマイル付与レートは一般カードと変わりません。 したがって、ショッピングを中心にマイルを貯める、いわゆる陸マイラーにとっては一般カードで十分です。 以上の理由から、 ワイドカードはボーナスマイル目的でANAカードを検討している方や、優先チェックイン特典などが使えれば良い、という方におすすめします。 支払いで200円につき1マイルが貯まる。 カードからチャージ可能だが、マイルは貯まらない。 支払いで最大1,000円で10マイルが貯まる。 PiTaPaの利用で貯まるショップdeポイントはANAマイルに移行可能。 年1回の使用がないと年会費1,050円(税込)が発生。 2種類のカードの違いは、と同じです。 したがって、ワイドカードの違いについては以下に簡単にまとめます。 普通カードの項目を読み飛ばした場合は、参考にしてみてください。 実は、マイル移行手数料を考慮した場合のコストは、の方が安くなります。 しかも ゴールドカードならマイル移行手数料が無料です。 カード年会費とマイル以降手数料を合計したコストを比較すると、以下の通りになります。 また、もしも年会費割引特典を利用しなかったとしても、数百円の価格差しかありません。 ゴールド・プレミアムカードは飛行機だけでなく、公共交通乗用具や宿泊中、ツアー中の怪我も対象となります。 ワイドカードのワンランク上には、券面が金色に輝くワイドゴールドカードが登場します。 ダイナースブランドのみ券面が金色ではありませんが、このカードもゴールドカードに含めるため全部で4種類あります。 ゴールドカードはどのカードも年会費が1万円以上しますが、 マイル移行手数料が無料です。 カード年会費+マイル移行手数料のトータルコストで言えば、一般カードやワイドカードと比較してもそこまで高額なカードではないと言えるでしょう。 もちろんゴールドカードなだけあって、一般カードやワイドカードと比較すると特典の充実度が段違いです。 どのゴールドカードも空港ラウンジ無料利用特典や充実した旅行保険が付帯しています。 また、将来的にSFC(スーパーフライヤーズカード)取得を目指している人は特にゴールドカードへの入会をおすすめします。 その理由は2つあります。 1つめは、ゴールドカードに入会すると、ANAマイルからANA SKYコインへの交換レートが高くなるからです。 SFC取得のためには、ANA便に搭乗してプレミアムポイントを年間50,000ポイント貯めなければいけません。 ANAマイルでANA特典航空券に交換してANA便に搭乗した場合、プレミアムポイントは貯まりません。 しかし、ANA SKYコインでANA航空券を購入した場合は、通常通りプレミアムポイントが貯まります。 つまり、ANAマイルをANA SKYコインに変えてANA航空券を購入することで、現金を使わずにプレミアムポイントを貯められるので、よりお得にSFCを取得できるわけです。 画像引用元:(2018年10月26日取得) 2つめは、SFC取得前にゴールドカードに入会しておくと、SFCゴールドカードの審査に落ちる可能性が低くなるからです。 そもそもSFC一般カードとSFCゴールドカードの年会費を比較すると、あまり差がないどころか、マイル移行手数料を考慮するとSFCゴールドカードの方がお得なため、ゴールドカードへの入会をおすすめします。 いくらプレミアムポイントが規定まで貯まっていたとしても、この審査で落ちてしまうとSFC会員になることができません。 しかし、既に持っている通常のANAカードと同名のSFCに申し込んだ場合は、カード切り替えとなり新規発行よりも審査が簡略化され、審査落ちの可能性が低くなります(審査がないという情報もありますが…)。 例えばANA ワイドゴールドカード VISA会員がANAスーパーフライヤーズゴールドカード(VISA)に申し込むと、カード切り替えとなります。 このように、SFC取得を目論むのなら、コスパが高く審査落ちのリスクが低くなるため、最初からゴールドカードに入会しておくことをおすすめします。 ゴールドカードは4種類しかないものの、割安なものから富裕層向けの高級カードまであり傾向が異なります。 1枚ずつ特徴を紹介していくので、カード選びの参考にしてください。 支払いで200円につき1マイルが貯まる。 カードからチャージ可能だが、マイルは貯まらない。 支払いで最大1,000円で10マイルが貯まる。 アメックスはQUICPayのモバイル版のみ使用可。 PiTaPaの利用で貯まるショップdeポイントはANAマイルに移行可能。 年1回の使用がないと年会費1,050円(税込)が発生。 1点目は、 楽天Edyにチャージするとマイルが貯まる点です。 楽天Edyへのチャージは全てのANAカードで可能ですが、チャージでマイルが貯まるのはこのカードを含めて数種類しかありません。 付与レートはチャージ金額200円ごとに1マイルです。 ただし、楽天Edyにチャージするためには、おサイフケータイ対応携帯電話を使うか、パソリなどの通信端末が必要になるのでご注意ください。 2点目は旅行保険の補償額です。 更に事前に旅費などをカード決済して利用条件を満たすと、補償額は最高300万円にアップします。 その他、一般カードやワイドカードと同様に、QUICPay(nanaco)もしくはANA QUICPay+nanacoが使える特典があります。 このカードの魅力は何と言っても、 年会費を14,000円(税別)から9,500円(税別)にできる点です。 方法は一般カードやワイドカードでも紹介してきた通りマイ・ペイすリボに登録した上で年1回のカード利用を行うことに加えて、WEB明細に登録するだけです。 見逃した方はから戻ってください。 もちろんゴールドカードなのでマイル移行手数料が無料です。 そのため、マイル移行手数料を加味したコストはワイドカードよりも安いという逆転現象が発生します。 カード年会費+マイル移行手数料の合計• ワイドカード:12,275円(税別)• ワイドゴールドカード:9,500円(税別) さらにSFCに切り替えた後も同じ条件で年会費が15,000円(税別)から10,500円(税別)になります。 SFCの年会費を安く済ませたいのなら、あらかじめこのカードに入会しておくべきでしょう。 ボーナスポイント制度は、一般カードやワイドカードと同様に、リボ払いによるボーナスポイントのみありますが、カード利用額に応じたボーナスポイントは廃止されたのでご注意ください。 ただ、電子マネーは加盟店舗数が多いiDが使えるため、よほど楽天Edyを愛用している人以外はたいしたデメリットとも言えないでしょう。 【メリット】 ANA公式サイトから国内航空券・国内ツアー、国際航空券、海外ツアーなどを購入すると、他のANAカードの2倍のマイルが貯まる 空港から自宅への手荷物配送配送料金が無料 ポイントの有効期限が無期限 アメックスならではの特典が付帯 【デメリット】 楽天Edyへのチャージでマイルが貯まらない 電子マネーとの相性が悪い 年会費が31,000円(税別)と、ゴールドカードの中で最も高額 アメックスブランドのANAカードは、ANA便に頻繁に搭乗する方におすすめしたいANAカードです。 まず、 ANA公式サイトから航空券を購入したり、機内販売や旅行商品を購入したりすると、通常100円で最大1ポイント貯まるところ、100円で最大2ポイント(=2マイル)にアップします。 これらの商品はANAカードマイルプラス対象でもあるので、どのANAカードで購入した場合でも、カード利用で貯まるポイントとは別に100円で1マイル貯まります。 つまりANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードなら100円で2マイル+100円で1マイルとなり、合計で100円で3マイル貯まる計算になります。 また、ポイントの有効期限は初めから無期限です。 ANAアメックスゴールドで航空券を購入した場合:100円で最大3マイル• 他のゴールドカードで航空券を購入した場合:100円で最大2マイル その他にもアメリカンエキスプレスならではの特典が付帯しています。 例えば成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港のいずれかの空港で、 スーツケース1個分の荷物を自宅まで無料配送してくれます。 自宅から空港に送る場合は正規料金となります。 その他、購入店に代わって商品の返品を受け付けてくれるリターンプロテクションや、京都の圓徳院にあるアメックス会員専用ラウンジが使えます。 デメリットは楽天Edyへのチャージでマイルが貯まらないことと、Edy以外の電子マネーが使えないことが挙げられます(モバイルQUICPayは利用可)。 もしもショッピングでもマイルをたくさん貯めたければ、一般カードとの2枚持ちを考えても良いかもしれません。 スペックも他のゴールドカードと異なります。 まず、 無料で利用できる空港ラウンジが国内だけでなく海外にもあり、対象ラウンジ数は600ヶ所にも及びます。 点世界各国を飛び回る方には嬉しい特典でしょう。 同伴者も1名無料でラウンジを利用できます。 さらに手荷物宅配サービスにも対応していて、 帰国時に自宅までスーツケース1個分の手荷物を無料で配送してくれます。 対象空港は成田空港(第1・第2ターミナル)、羽田空港国際線ターミナル、関西国際空港、中部国際空港です。 自宅から空港に送る場合は正規料金となります。 一般的に高級ブランドと言われるダイナースだけあって、ダイニングやトラベルでの優待特典も充実しています。 予約が取りづらいお店で優先して予約できたり、コース料理が1名分無料になったりと、エグゼクティブな料理をより手軽でお得に楽しめます。 また、世界中を飛び回る方にぴったりの、ホテルや航空券の手配・予約代行サービス等もあります。 もはやANA便が便利でお得になるカードというよりも、あらゆるシーンで役立つカードと言えるでしょう。 以上のように、ANAダイナースカードはマイルを貯めることよりも、飛行機利用が便利になったり、高級なお店でお得になる特典が多いのが特徴です。 使いこなすにはそれなりの生活水準を求められるでしょう。 年会費も27,000円(税別)と高額なので、身の丈に合っているカードかどうか、しっかり検討してから入会しましょう。 ゴールド・プレミアムカードは飛行機だけでなく、公共交通乗用具や宿泊中、ツアー中の怪我も対象となります。 最後に紹介するのは、ANAカードの中でも最上級に位置するANAカードプレミアムです。 また、ショッピングで貯まるマイルのレートも100円で1〜2マイルを誇り、ショッピングでも効率よくマイルを貯められます。 しかしANAカードプレミアムはどのカードも年会費が高額なのがネックです。 マイル付与レートが高いといっても、年間カード利用額がおよそ500万円以上はないと年会費の元が取れません(1マイル=1円で考えた場合) したがってマイルの付与レートが高いといっても、 ショッピングを中心にマイルを貯めようと考えている方には不向きです。 もちろん、年間カード利用額が1,000万円近いような方なら話は別ですが…。 特典に関しては、ダイナースブランドを除きプライオリティ・パスを無料発行できる、ANAが運営する空港ラウンジを無料利用(同伴者・家族会員利用不可)できる、コンシェルジュデスクを利用できる、などの特典があります。 ただANAカードの最上級のカードにしてはANAならではの特典が乏しい印象です。 ANAを快適に利用したい、という目的があるのならば。 プレミアムカードよりもスーパーフライヤーズカードの取得を目指した方が満足できるでしょう。 また、プライオリティパスやコンシェルジュデスクにおいても、他社のプラチナカードで利用した方が年会費を抑えられてお得です。 以上の理由から、多くの人にとってANAカードプレミアムは選択肢から外しても構わないカードでしょう。 ただ、このカードを入手することで利益を受けられる人が少ないだけで、決して悪いカードではありません。 「年会費は惜しまないから高いレートでマイルを貯めたい!」「手っ取り早くANAラウンジを使いたい!」「とにかく最上級のANAカードを持ちたい!」という明確な目的があるのであれば入会をおすすめします。 暮らしの達人で紹介しているANAカードプレミアムは、ANA JCBカード プレミアムの1種類だけであり、これでは比較にならないので、JCBブランドのANAカードを比較したテーブルを作成しました。 こちらを参考にしてください。 支払いで200円につき1マイルが貯まる。 カードからチャージ可能だが、マイルは貯まらない。 支払いで最大1,000円で10マイルが貯まる。 PiTaPaの利用で貯まるショップdeポイントはANAマイルに移行可能。 年1回の使用がないと年会費1,050円(税込)が発生。 航空会社別:お得なクレジットカード一覧 スターアライアンス• ワンワールド• スカイチーム• その他• マイル別:特典航空券との交換に必要なマイル数一覧 スターアライアンス• ワンワールド• スカイチーム• その他• 行先別:日本発着特典航空券の必要マイル数を徹底比較 東アジア• 東南アジア• 南アジア・中東• オセアニア・ミクロネシア• ハワイ• ヨーロッパ•

次の

ANAマイルが貯まる最強クレジットカードを比較!専門家のおすすめをランキング形式で紹介

マイル クレジットカード 比較

マイレージとマイルの違いとは? マイレージとは、JALやANAといった航空会社が実施しているポイントサービスの名称です。 マイルは、マイレージで貯まっていくポイントのことです。 国内線の場合、JALとANAを利用することで、マイルが貯まります。 LCC(Low-Cost Carrier…格安航空会社)などの他の航空会社を使った場合には、マイルが貯まることはありません。 国際線の場合には、ANAやJALの国際線または、提携している航空会社を利用した際に、マイルを獲得することができます。 マイルは、次のような計算式で算出されます。 マイル積算率は、 エコノミークラス < ビジネスクラス < ファーストクラス の順に高くなります。 もし マイルを簡単にすばやく計算したい場合には、下記の2つのリンク先を使用すると良いでしょう。 それから、マイルは航空会社ごとの互換性がないため、あらかじめ ANAならANA、JALならJALだけに絞って貯めるようにすると効率的です。 法人クレジットカードの利用を含めたマイルの貯め方 法人クレジットカードを利用することで、マイルはより大きく貯まりやすくなります。 具体的なマイルの貯め方には次のようなものがあります。 マイルを貯める1:JALやANAなどの飛行機に搭乗する 最もオーソドックスなマイルの貯め方として、 JALやANAの国内線や国際線、もしくは提携航空会社の飛行機に乗ることがあります。 マイルを貯める2:提携ホテルなどの利用 JALやANAと提携しているホテルや旅館、レストランやインターネットショッピングモールなどを利用することで、マイルが貯まります。 マイルを貯める3:法人クレジットカードのポイントをマイルに交換する 法人クレジットカードで 交通費や宿泊費の支払いや、 ショッピングで利用した際に付与される ポイントをマイルに交換する方法です。 マイルを貯める4:法人クレジットカードの利用ごとにマイルが発生する 法人クレジットカードを利用するごとにマイルが発生するカードも存在します。 マイルを貯めることに特化したカードと言えるかもしれません。 法人クレジットカードごとのマイルの比較ポイントはココ マイルを貯めることを前提として、法人クレジットカードを選ぶ際に、比較するポイントには以下のようなものがあります。 貯まるクレカ比較1:ポイント還元率 マイルを効率よく貯めるには、法人クレジットカードのポイント還元率をチェックすることから始まります。 代表的なポイント還元率は0. 還元率の高さはもちろんですが、 利用する店舗などでポイントが貯まりやすくなるカードもあります。 そのあたりも踏まえた上で選ぶことをおすすめします。 貯まるクレカ比較2:ポイントをマイルに交換する際の上限がない 法人クレジットカードの中には、 ポイントをマイルに交換する際の上限が設定されているものもあります。 できるだけ上限がないカード、または上限が高めのカードを選ぶこともポイントとなります。 貯まるクレカ比較3:マイルに移行する際の手数料が発生しない 法人クレジットカードによっては、貯まったポイントからマイルに移行する際に、手数料が発生するカードが存在します。 マイルを貯めることを優先する場合には、 移行手数料が発生しないカードを選ぶことも重要なポイントです。 貯まるクレカ比較4:利用限度額が高い法人クレジットカード マイルを貯めるためには、カードの利用限度額が高ければ高いほど有利になります。 その分、法人クレジットカードの利用金額を増やすことができるためです。 そのため、利用限度額が100万円のカードよりは300万円のカードの方が、より多くのマイルを貯めることにつながります。 貯まるクレカ比較5:年会費 法人クレジットカードの 年会費は、高額なものほど、空港ラウンジサービスや付帯保険などの サービスが充実する傾向があります。 マイルの還元率においても同様です。 とはいえ、マイルの還元率の高さよりも、年会費の負担が大きくなってしまうようでは本末転倒となってしまいます。 そのため、 年会費とのバランスもチェックしておきたいポイントです。 マイルが貯まる法人クレジットカードを比較!おすすめの7選 ここからは、マイルが貯まりやすい法人クレジットカードとして、 を紹介します。 アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード 「」は、年会費31,000円(税抜)、追加カード1枚ごとに年会費12,000円(税抜)で発行できる法人クレジットカードです。 「メンバーシップ・リワード・プラス」の登録には年会費3,000円がかかります。 そのため、1000ポイント=1000マイルを獲得するには、別途年会費8,000円(税抜)がかかることになります。 提携ブランドは、VISAとMasterCardとDCです。 ポイントからマイルへの交換ではなく、 直接マイルを貯めることができるカードです。 JALの利用の多い法人事業者や個人事業主におすすめの法人クレジットカードです。 VISAおよびMasterCardの場合、初年度年会費無料、2年目以降2,750円(税抜)で、追加カード1枚につき、2年目以降400円(税抜)がかかります。 JCBの場合、同様に初年度の年会費無料となりますが、2年目からは2,250円(税抜)、追加カード1枚ごとに2年目から750円(税抜)が必要となります。 また、 オンライン申し込みができるのは、ANA JCBカード(法人用)のみ。 他のカードの場合は、入会申込書を取り寄せのうえ、郵送になります。 2年目以降も、「マイ・ペイすリボ」を登録して、年1回以上のリボ払い手数料のお支払いがあれば、翌年の年会費が無料となります。 従業員用の追加カードは、1枚につき400円(税抜)の年会費で作ることができます。 提携ブランドは、VISAとMasterCardです。 どちらも年会費無料、2年目からは、2,000円(税抜)で所有することができるようになっています。 「オリコEx Gold for Biz M」は、従業員用の追加カードを、年会費無料で3枚まで発行することが可能です。 提携ブランドは、VISAまたはMasterCardから選択できます。 そのため、 年会費が「楽天プレミアムカード」の10,000円(税抜)と、 「楽天ビジネスカード」の2,000円(税抜)の合計12,000円(税抜)となります。 「楽天ビジネスカード」の提携ブランドはVISAとなっています。 2年目以降も、「マイ・ペイすリボ」の登録と年1回以上の利用をすることで、年会費が半額の5,000円(税抜)となります。 追加カードは1枚ごとに2,000円(税抜)の年会費で作成できます。 提携ブランドは、MasterCardまたはVISAの2種類から選択可能です。

次の

ANAカードとJALカードの違いを徹底比較!おすすめはどっち?

マイル クレジットカード 比較

マイレージとマイルの違いとは? マイレージとは、JALやANAといった航空会社が実施しているポイントサービスの名称です。 マイルは、マイレージで貯まっていくポイントのことです。 国内線の場合、JALとANAを利用することで、マイルが貯まります。 LCC(Low-Cost Carrier…格安航空会社)などの他の航空会社を使った場合には、マイルが貯まることはありません。 国際線の場合には、ANAやJALの国際線または、提携している航空会社を利用した際に、マイルを獲得することができます。 マイルは、次のような計算式で算出されます。 マイル積算率は、 エコノミークラス < ビジネスクラス < ファーストクラス の順に高くなります。 もし マイルを簡単にすばやく計算したい場合には、下記の2つのリンク先を使用すると良いでしょう。 それから、マイルは航空会社ごとの互換性がないため、あらかじめ ANAならANA、JALならJALだけに絞って貯めるようにすると効率的です。 法人クレジットカードの利用を含めたマイルの貯め方 法人クレジットカードを利用することで、マイルはより大きく貯まりやすくなります。 具体的なマイルの貯め方には次のようなものがあります。 マイルを貯める1:JALやANAなどの飛行機に搭乗する 最もオーソドックスなマイルの貯め方として、 JALやANAの国内線や国際線、もしくは提携航空会社の飛行機に乗ることがあります。 マイルを貯める2:提携ホテルなどの利用 JALやANAと提携しているホテルや旅館、レストランやインターネットショッピングモールなどを利用することで、マイルが貯まります。 マイルを貯める3:法人クレジットカードのポイントをマイルに交換する 法人クレジットカードで 交通費や宿泊費の支払いや、 ショッピングで利用した際に付与される ポイントをマイルに交換する方法です。 マイルを貯める4:法人クレジットカードの利用ごとにマイルが発生する 法人クレジットカードを利用するごとにマイルが発生するカードも存在します。 マイルを貯めることに特化したカードと言えるかもしれません。 法人クレジットカードごとのマイルの比較ポイントはココ マイルを貯めることを前提として、法人クレジットカードを選ぶ際に、比較するポイントには以下のようなものがあります。 貯まるクレカ比較1:ポイント還元率 マイルを効率よく貯めるには、法人クレジットカードのポイント還元率をチェックすることから始まります。 代表的なポイント還元率は0. 還元率の高さはもちろんですが、 利用する店舗などでポイントが貯まりやすくなるカードもあります。 そのあたりも踏まえた上で選ぶことをおすすめします。 貯まるクレカ比較2:ポイントをマイルに交換する際の上限がない 法人クレジットカードの中には、 ポイントをマイルに交換する際の上限が設定されているものもあります。 できるだけ上限がないカード、または上限が高めのカードを選ぶこともポイントとなります。 貯まるクレカ比較3:マイルに移行する際の手数料が発生しない 法人クレジットカードによっては、貯まったポイントからマイルに移行する際に、手数料が発生するカードが存在します。 マイルを貯めることを優先する場合には、 移行手数料が発生しないカードを選ぶことも重要なポイントです。 貯まるクレカ比較4:利用限度額が高い法人クレジットカード マイルを貯めるためには、カードの利用限度額が高ければ高いほど有利になります。 その分、法人クレジットカードの利用金額を増やすことができるためです。 そのため、利用限度額が100万円のカードよりは300万円のカードの方が、より多くのマイルを貯めることにつながります。 貯まるクレカ比較5:年会費 法人クレジットカードの 年会費は、高額なものほど、空港ラウンジサービスや付帯保険などの サービスが充実する傾向があります。 マイルの還元率においても同様です。 とはいえ、マイルの還元率の高さよりも、年会費の負担が大きくなってしまうようでは本末転倒となってしまいます。 そのため、 年会費とのバランスもチェックしておきたいポイントです。 マイルが貯まる法人クレジットカードを比較!おすすめの7選 ここからは、マイルが貯まりやすい法人クレジットカードとして、 を紹介します。 アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード 「」は、年会費31,000円(税抜)、追加カード1枚ごとに年会費12,000円(税抜)で発行できる法人クレジットカードです。 「メンバーシップ・リワード・プラス」の登録には年会費3,000円がかかります。 そのため、1000ポイント=1000マイルを獲得するには、別途年会費8,000円(税抜)がかかることになります。 提携ブランドは、VISAとMasterCardとDCです。 ポイントからマイルへの交換ではなく、 直接マイルを貯めることができるカードです。 JALの利用の多い法人事業者や個人事業主におすすめの法人クレジットカードです。 VISAおよびMasterCardの場合、初年度年会費無料、2年目以降2,750円(税抜)で、追加カード1枚につき、2年目以降400円(税抜)がかかります。 JCBの場合、同様に初年度の年会費無料となりますが、2年目からは2,250円(税抜)、追加カード1枚ごとに2年目から750円(税抜)が必要となります。 また、 オンライン申し込みができるのは、ANA JCBカード(法人用)のみ。 他のカードの場合は、入会申込書を取り寄せのうえ、郵送になります。 2年目以降も、「マイ・ペイすリボ」を登録して、年1回以上のリボ払い手数料のお支払いがあれば、翌年の年会費が無料となります。 従業員用の追加カードは、1枚につき400円(税抜)の年会費で作ることができます。 提携ブランドは、VISAとMasterCardです。 どちらも年会費無料、2年目からは、2,000円(税抜)で所有することができるようになっています。 「オリコEx Gold for Biz M」は、従業員用の追加カードを、年会費無料で3枚まで発行することが可能です。 提携ブランドは、VISAまたはMasterCardから選択できます。 そのため、 年会費が「楽天プレミアムカード」の10,000円(税抜)と、 「楽天ビジネスカード」の2,000円(税抜)の合計12,000円(税抜)となります。 「楽天ビジネスカード」の提携ブランドはVISAとなっています。 2年目以降も、「マイ・ペイすリボ」の登録と年1回以上の利用をすることで、年会費が半額の5,000円(税抜)となります。 追加カードは1枚ごとに2,000円(税抜)の年会費で作成できます。 提携ブランドは、MasterCardまたはVISAの2種類から選択可能です。

次の