アルバイト 確定申告。 確定申告はパート・アルバイトにも必要!

副業で確定申告をしないといけないのはいくらから?

アルバイト 確定申告

1.就職前のバイト代も年末調整が必要 所得税は1月から12月までのすべての所得に対して課税されるものです。 そのため、原則的には就職前のバイト代も年末調整によって会社に申告しなければなりません。 年末調整とは 年末調整とは、その年の1月から12月の納税額を精算するものです。 就職が4月からであるなら、1月から3月の所得について会社は把握していません。 また、バイト代が少額の場合には課税されていない可能性も高いので、就職前のバイト代も年末調整によって会社に申告することが必要になります。 年末調整をすることによって、バイトしていた時に納税しすぎた部分の税金が返ってくることもあります。 どれくらい返ってくる?それとも追加される? 年末調整で、どれくらい返ってくる(還付される)か、または、追加で納税が必要となるのか、気になるでしょう。 どうなるかは、アルバイト代がいくらであったか、就職後に社会保険料などがどのくらい控除されたかによって異なります。 アルバイト代が小額か、または、アルバイト先で源泉徴収されていたときは、還付される可能性が高いです。 一方、アルバイト代が高額か、または、アルバイト先で源泉徴収されていなかったときは、追加納税となる可能性が高いです。 具体例-アルバイト代が源泉徴収されていなかった場合 多くの会社は新入社員の年収を4月から12月分として算定しています。 この場合には年末調整によって1月から3月までのバイト代分だけ年収が増えてしまうことになるので、追加で税金を納めなければなりません。 たとえば、1月から3月にアルバイトで月10万円ずつ合計30万円稼いでいた学生が、4月から就職し就職後の月収が20万円の場合、25万円の場合に、いくらの税金の支払不足が発生するのか見ていきましょう。 (控除については、社会保険料のみを想定しています。 通勤手当はゼロとします。 この場合には、1000円未満ですが、わずかな所得税の支払不足が生じています。 アルバイト代を申告せずに年末調整してしまうと、この税金が漏れてしまいますので、注意しましょう。 アルバイト時の源泉徴収票 前述したように、アルバイト時代の源泉徴収票も年末調整によって会社に提出する場合があります。 「収入が20万円以下であれば申告しなければよい」と考えている人も多いようですが、「20万円以下で申告しなくて良い」というのは、確定申告の話で、しかも、給与所得以外の所得が20万円以下の場合のみです。 新入社員の場合にはバイト先と就職先の2箇所から給料を受け取っているため申告を行う義務があります。 しかし、会社からバイト時代の源泉徴収票の提出を要求される場合と要求されない場合があるようです。 会社に提出する場合と、会社に出さない場合の対処法について説明していきます。 会社によっては「新入社員のバイト収入の扱いに関しては社員の判断に任せている」という方針のところも存在します。 このような会社に勤務している人は、まずは人事部などの担当部署に確認してみましょう。 一方、会社から「提出してください」と言われた場合には、会社の指示通りにバイト時代の源泉徴収票を年末調整時に提出する必要があります。 会社で年末調整をしてもらえれば、申告手続きは完了です。 また、会社が「バイト代に関しては自分で確定申告をするように」という理由でバイト時代の源泉徴収票を受け取らないという方針の会社も存在するかもしれません。 どのような理由でも、年末調整時に会社へバイト時代の源泉徴収票を提出しない場合には、 自分で確定申告をする必要があります。 確定申告は毎年3月15日までに前年の所得を申告し所得税を支払うものですので、バイト時代の所得も確定申告で申告することができます。 なお、確定申告を行う場合には、アルバイトの源泉徴収票と現在の会社の源泉徴収票が必要になります。 2.源泉徴収票が見つからない場合 「年末調整でバイト時代の源泉徴収票が必要」と言われても、バイト時代の源泉徴収票は使わないと思い込んで捨ててしまったり、無くしてしまっている人も多いのではないでしょうか? 年末調整時や確定申告時に源泉徴収票がない場合にはどのように対処したらよいのでしょう? 源泉徴収票は必要なのか? 源泉徴収票は現在の勤務先に就職する前の所得や税金を計算した書類ですので、年末調整や確定申告で就職前のバイト代を申告する際には必要な書類になります。 源泉徴収票がない場合には収入があったのに、その収入がいくらなのかを証明する書類がないことになってしまうので、バイト時代の所得を申告することができません。 源泉徴収票がないからと言って、年末調整や確定申告を行わない場合、もし本当は追加徴収されるべきであったら、脱税になってしまうので、源泉徴収票はバイト先からもらったら無くさないように保管しておく必要があります。 再発行してもらうには? 源泉徴収票は年末調整や確定申告時に必ず必要になるとは言っても、源泉徴収票がどうしても見つからない場合や、捨ててしまった記憶がある場合にはどのように対処すればよいでしょうか? どうしても源泉徴収票が見つからない場合には、もう一度バイト先に発行してもらうしかありません。 「前のバイト先とはあまり良い関係ではないからバイト先には再発送してもらえるか分からない」と不安に感じている人も多いはずです。 しかし、 所得税法第226条では、労働者が会社に源泉徴収票を請求したときには再発行する義務が定められています。 このため、バイト先には遠慮なく「源泉徴収票を再発行してください」と申し出ましょう。 再発行してもらえない時の対策 源泉徴収票の再交付は法律によって事業者に対して定められた義務です。 しかし「バイト先の担当者が所得税法第226条を知らない」「再交付義務があるのを分かっていながら意地悪して再交付に応じない」「忙しくて再交付を忘れている」というような理由によって再交付されないことは珍しいことではありません。 どうしても再交付に応じてくれない場合には、 税務署に「源泉徴収票不交付の届出」を提出するという方法があります。 税務署に「源泉徴収票不交付の届出」を提出すると、税務署から「源泉徴収票を発行するように」という書類をバイト先に送ってくれるため、ほとんどの企業は税務署から指導があると再交付に応じます。 なお、税務署に「源泉徴収票不交付の届出」を出しても再交付をしてくれない場合には、 バイト時代の給与明細から確定申告をすることもできます。 まとめ 新入社員が初めての年末調整をする時には、基本的にその年の1月から3月までのバイト代を年末調整によって会社に申告する必要があります。 また、会社が源泉徴収票を受け付けてくれない場合には、確定申告でバイト時代の所得を申告しなければなりません。 バイト代であっても、所得があるにも関わらず年末調整や確定申告によって税務申告をしなければ脱税になってしまうので注意しましょう。 年末調整は会社によって異なりますが、11月前後から行われることが多いようです。 新入社員が初めての年末調整を行う時は、早めに勤務先に対して「バイト時代の源泉徴収票の提出はどうするのか」と確認し、もしも手元にバイト時代の源泉徴収票がない場合にはバイト先に再発行を依頼するようにしましょう。 Ad Exchange.

次の

【元職員から見た】確定申告期間中の税務署のアルバイト・パート事情|矢駒の人生再出発!

アルバイト 確定申告

あなたの給与明細は「税金」が引かれていますか? 税金とは給与額に応じて決まるもので、12月の給与が確定するまで税金の計算はできません。 しかし、1年後に税金が徴収されると一括で支払うのは大変という方が多いものですから、毎月「大まかに計算した税金」を会社があなたにかわって給与から引き、事前におさめているのです。 しかしこれはあくまでも「大まかに計算した額」ですから、実際1年間働いてみた結果の「正しい額」を申請する必要がでてくるわけです。 この申請を「年末調整」「確定申告」とよんでいます。 「年末調整」というのは会社があなたに代わって申告してくれる制度で、個人で行う場合は年末調整ではなく 「確定申告」となります。 自分で手続きをしなければならない人のために、 確定申告の具体的な方法をお伝えします。 バイトでも「確定申告」が必要な人ってどんな人? 毎月ひかれている税金は、たいていの場合毎月少し多めに支払っています。 そのため、確定申請をすれば払いすぎた税金が戻ってくるケースが多いのです。 アルバイトの方でも、以下のような方は税金をきちんと計算するために「確定申告」手続きが必要になります。 ・1年間の合計収入が103万円を超える人 ・2つ以上のアルバイト先から収入がある人 ・年間103万円以下でも毎月の給与から税金がひかれている人 逆に言えば、「アルバイトが1つ」しかなく、「合計収入が103万円以下」で、「会社で年末調整をしてもらえる」人は確定申告をする必要はありません。 「保護者の扶養範囲で働きたい」という学生さんは給与の合計額を常にチェック! 年間103万円を超してしまうと保護者の「扶養家族」から外れ、健康保険などを自分で支払わなくてはなりません。 また、親のほうも「扶養する子供が一人減った」ということで、税金が少し増えることになります。 「親の扶養から外れるのは困る」という人は、毎月の給与を常に足し算し、103万円を超えそうになったらシフトを減らす、というような工夫が必要です。 アルバイト先の都合もあるでしょうから早めに相談しなければいけませんので、11月、12月だけで調整しようとせずに、年間の計画を立ててバイトに入りましょう。 確定申告手続きの流れ 毎月会社からもらう給与明細や病院で支払った時にもらう 領収書は、しっかり手元にとっておきましょう。 また、10月ごろになったら生命保険会社や役所から 「控除証明書」というものが届く人もいるかもしれませんが、これは重要な書類なのでなくさないようにしてください。 年間10万円以上、保険診療で病院に支払いがあった人は、確定申告で申請すれば税金が少なくなる制度(医療費控除)があります。 親の扶養に入っている人は、親がその領収書を取りまとめて申告することになりますので、病院でもらった領収書は親に渡しておきましょう。 独立している人は自分の確定申告時に必要ですので保管してください。 ステップ2: 「確定申告書」に必要な書類を手に入れる。 確定申告の手続きをするには、決まった書類に必要事項を書き込みます。 インターネットで書類を作成・ダウンロードする場合は最終的に印刷をする必要があります。 プリンターがない方は税務署で用紙がもらえますので、足を運びましょう。 国税庁のホームページにあるで作成すれば、聞かれたことに答えるだけで申請書が出来上がるのでおすすめです。 【インターネットでの作成方法】 インターネットで提出まで済ませられる「e-Tax」という方法がありますが、これはカードリーダーなどが必要なので、 「書面提出」のほうが使いやすいでしょう。 「所得税コーナー」にすすみます。 「給与・年金の方」から作成開始します。 あとは聞かれたことに答えながら進んでいき、印刷をします。 ステップ3:翌年2月18日~3月15日(2019年度)までに自分で税務署に行きます。 申告ができる期間は決まっていますので気をつけましょう。 税務署に提出するときは以下のものを持参してください。 ・会社からもらった「源泉徴収票」 ・国民年金・生命保険の保険料を支払った領収書や控除証明書 ・印鑑 ・銀行口座情報 必ず、 「住んでいる地域にある税務署」に行くようにしてください。 申告は5年までさかのぼって行うこともできますから、「去年申告しておけばお金が戻ってきたかもしれない……」と思う方は、ぜひ去年の分も申告してみてください。 さかのぼって申告する方法は、税務署の窓口で聞いてみれば丁寧に教えてくれるはずです。 それでも「よくわからない!」という方はとにかく税務署へGO! 文字で読んでもわからないという方は、ぜひ税務署にいって窓口の人に聞いてみてください。 対面で丁寧に説明してもらうとよりわかりやすいですね。 「税務署」と聞くとどこかコワいイメージがありますが、全然そんなことはありません。 むしろとても親切に教えてくれますので、恐れずに一度行ってみてください! その時、できれば「給与明細」ぐらいは持っていくようにしてください。 税金がひかれているかどうか、どれぐらいの収入があるのかということがわかれば、より適切なアドバイスが期待できます。 給与明細をなくしたという方は、一度会社に「再発行」を依頼してみましょう。 <合わせて読みたい>.

次の

アルバイトは確定申告不要!?判断の計算方法と注意点

アルバイト 確定申告

【専門家監修】アルバイト・パートで確定申告が「必要な人」と「不要な人」、「行ったほうがいい人」 確定申告とは1月から12月までの収入、経費、各種控除について自ら計算し、所得税額、納付税額を確定申告書によって住所地の税務署に自ら申告することです。 この記事では、バイト・パートで確定申告をしなくてはいけない「必要な人」と、確定申告することによって源泉徴収されていた所得税などの還付がある可能性がある「行ったほうがいい人」について、解説します。 【目次】 確定申告とは 確定申告とは、確定申告書の提出と共に、所得税を納めたり、源泉徴収された所得税の還付を受けたりする精算手続きのことです。 毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得の金額と、その所得に対する所得税の額を納税者自ら計算し、申告期限(翌年の2月16日~3月15日)までに確定申告書を提出します。 そもそも「所得税(復興特別所得税を含む。 以下、同じ)」は、会社員や個人事業主を含む働いている人はもちろん、パートやアルバイト、年金や家賃収入で暮らしている人など、原則として所得のある人が対象になります。 確定申告が必要な人とは 1. 年末調整を行っていない バイトやパートは、年末調整は対象外という会社もあります。 年明けに会社から源泉徴収票をもらったら確定申告を行いましょう。 <確定申告と年末調整の違い> 年末調整とは、基本的に会社に雇用されている人(パート・アルバイト含む)が対象で、年末の給与支払い時に所得税の過不足の調整を行うことをいいます。 確定申告は所得のあるすべての人が対象ですが、パートやアルバイト先で年末調整を行っていれば確定申告は基本的に必要ありません。 ただし年末調整を済ませていても、副収入がある人や医療費控除を受けるには確定申告が必要です。 また、2000万円を超える収入がある人も確定申告が必要となります。 途中で無職となった人 年度途中(1月から12月の間)に仕事を辞めて無職のまま年を越した人は、勤めていた会社で年末調整をおこなっていないと思われます ただし、年末調整をしていれば確定申告は不要。 そのため、確定申告が必要です。 確定申告による所得税の還付金は、雇用保険の基本手当 失業保険 には影響しません。 また、ハローワークに申告する必要もありません。 副業による所得が20万円以上。 副業が給料 アルバイトなど の人 本業と副業を併せて確定申告が必要です。 転職して、退職した会社の源泉徴収票を転職先に提出していない人 退職した会社の源泉徴収票と、転職先の会社の源泉徴収票をそれぞれ用意して確定申告をします。 そのため、退職した会社の源泉徴収票を「もらっていない」「紛失した」という方は、退職した会社に連絡をして、源泉徴収票を発行してもらいましょう。 2つ以上の会社を掛け持ち。 まとめて年末調整をおこなってもらえない人 年末調整ができるのは1社のみのため、他の掛け持ちをしている会社は確定申告が必要です。 確定申告が不要な人とは 1. 転職して、退職した会社の源泉徴収票を転職先に提出した人 辞めた会社の収入も併せて、転職先でまとめて年末調整をします。 副業による所得が20万円以下。 副業が給料ではなく、本業で年末調整を行っている人 3. 2つ以上の会社を掛け持ち。 そのうち1社でまとめて年末調整を行っている人 年末調整をしてくれる会社に、他の会社の源泉徴収票を提出します。 年収103万円以下 =月収85,500円 で、源泉徴収票の源泉徴収税額が0円ではない人 前提として、年収103万円以下の場合、毎月の給料から所得税を差し引かなくても良いことになっています。 給料から所得税の差し引きが無いため、還ってくる税金もありません。 また、毎月の給料から税金を差し引かれていたとしても、会社で年末調整をしていれば確定申告を行う必要はありません。 確定申告を検討した方がいい人とは 1. 年収103万円以下 =月額85,500円 だが、所得税が差し引かれていて源泉徴収票の源泉徴収税額が0円の人 年収103万円以下の方は、課税所得がゼロ 給与所得控除55万円+基礎控除48万円で103万円となるので)のため、所得税は非課税です。 しかし、毎月の給料から所得税が差し引かれている場合には、確定申告で税金を戻してもらうことができます。 医療費を多く払った人 「1年間で10万円以上の医療費 治療費や薬代 」を払った人が医療費控除の対象になります。 しかし、実は医療費控除を受ける所得の要件には、もう一つあります。 それは「所得が200万円以下で、所得の5%以上の医療費を払った人」というものです。 仮に、年収125万円の人の場合、給与所得控除額65万円を引いた所得が60万円です。 この所得60万円の5%、つまり、年間3万円を超える医療費が医療費控除の対象になるのです。 なお、医療費控除の医療費には電車やバス、タクシーなどの交通費も含まれます 自家用車のガソリン代や駐車場代は対象外です。 一方で、個室料などの差額ベッド代や入院中の食事代は医療費控除の対象外です。 セルフメディケーション税制による控除 「スイッチOTC」の対象になっている薬 例えば、風邪薬や鼻炎用の薬、肩こりの湿布薬など を、年間1万2千円以上、買った人が対象になります(ただし、年間の上限は8万8千円です)。 「スイッチOTC」の対象になっている薬は、薬局やドラッグストアなどでその旨のPOPが貼られているでしょう。 なお、「セルフメディケーション税制 医療費控除の特例 」は、今年 平成30年 の確定申告から始まりました。 また、「医療費控除」と併せて確定申告することはできず、どちらかを選択して確定申告することになります。 確定申告をしなかったらどうなる? 対象なのに確定申告をしなかった、あるいは期限を過ぎてから確定申告をした、そんな時は「期限後申告」として取り扱われます。 期限後申告の場合、確定申告による所得税に加えて、「無申告加算税」や「延滞税」が加算される場合があります。 <無申告加算税> 税務 を受ける前に自主的に期限後申告を行った場合の無申告加算税は所得税額の5%です。 また税務調査による期限後申告の無申告加算税は、所得税額が50万円までなら所得税の10%、同じく50万円を超える部分は同15%です。 <延滞税> 平成30年の延滞税は、納期限の翌日から2ヵ月以内であれば、所得税の年2. 6%、2ヵ月を超えると所得税の年14,6%が納期限から納付日まで日割りで課されます。 いづれにしても確定申告をしなかった場合、ペナルティが与えられる場合があります。 面倒に思うこともあるかもしれませんが、忘れずにしっかり申告しましょう。

次の