真木 よう 子 写真 集 muscovite。 笠井爾示、真木よう子撮った写真展「MUSCOVITE」、代官山で開催(2014年1月6日)|ウーマンエキサイト(2/2)

笠井爾示、真木よう子撮った写真展「MUSCOVITE」、代官山で開催(2014年1月6日)|ウーマンエキサイト(2/2)

真木 よう 子 写真 集 muscovite

7月13日から唐沢寿明主演のテレビドラマ「ボイス 110緊急指令室」(日本テレビ系)がスタートする。 同ドラマのヒロインは、真木よう子が務めるという。 今回、真木は、どんなかすかな音でも聞き分けることができるボイスプロファイラー(声紋分析官)役を演じます」(テレビ誌記者) また6月29日に行われたドラマの記者会見で真木は、実生活でも特殊能力を持っていると明かし、恋をし始めた女性は、体からホルモンが出ているためか見破ることができるとコメントした。 そんな中、逆に真木が世の中の男性ホルモンを刺激する艶グラビアに挑戦し、ファンの間で注目を集めているという。 「6月28日発売の『週刊現代』にて真木は、巨大すぎる胸を半分ほど出した過激グラビアを披露しています。 彼女がここまで胸を曝け出すのは久々のため、ファンの間では『やっぱりデカイ!』『またここまで見せてくれるなんて最高』と話題に。 そんな真木といえば、2年前にコミケ騒動で世間からバッシングを浴び、主演ドラマも爆死するなどして人気が低迷。 しかしそれから所属事務所も変わったことで、心機一転、艶路線で行くことを決めたのかもしれません。 過去の映画で、胸のトップはさらし済みですが、それは10年以上前の話。 炎上騒動が沈静化したこのタイミングで再び熟れたバストを解禁することができれば、人気は完全復活することでしょう。 今回の艶グラビアは、その布石とも考えられます」(芸能記者) グラビアのインタビューで「自分を見せることがとにかく楽しい」と語っている真木。 ぜひ日本中の男性ホルモンを活性化させるため、生まれたままの姿も見せてほしいものだ。

次の

笠井爾示、真木よう子撮った写真展「MUSCOVITE」、代官山で開催(2014年1月6日)|ウーマンエキサイト(2/2)

真木 よう 子 写真 集 muscovite

女優の真木よう子が8月25日に立ち上げた「フォトマガジン制作プロジェクト」が迷走している。 800万円の制作費をクラウドファンディングで募集し、募集5日目ですでに600万円以上が集まる中、その販売方法を巡って大騒動が発生したのである。 真木は26日に、同フォトマガジンを「コミックマーケット93」(冬コミ)にて販売する意向を発表。 しかしコミケ界隈から「自費出版が原則のコミケでクラウドファンディングで制作した本を頒布する姿勢がアマチュアリズムに反する」といった猛反発を受けることとなり、2日後にはその意向を撤回した。 それでもフォトマガジン自体の制作はストップしないようで、その内容にファンは期待を膨らませるばかりだという。 「コミケ騒動で真木の好感度はダダ下がり。 その状況を一転させるために、世間をアッと驚かすような過激なカットを掲載するのではないでしょうか。 今回のフォトマガジンでは真木みずから『商業出版物ではできないようなことを含めて自分の中のリミッターを外す』と宣言していますし、最近は『Fカップに縮んだ』と明かすなど、バストについてあけすけに語るようになっています。 07年発売の「月刊真木よう子」でははちきれんばかりの胸を強調しまくり、その胸をさらけ出したカットにも挑戦していたが、そのカットには写真にインクをこぼしたかのような演出が施され、肝心の先っちょは隠されたままだったのである。 「当時はGカップ以上はあったはずですが、34歳となった今では往時の張りも失われ、同じようなカットでは読者が満足できないのは明らか。 というかそこまでやらないと、ファンは納得しないと思いますよ」(前出・芸能ライター) 真木にはぜひすべてを解禁してもらい、今回の騒動でついたマイナスイメージを払拭していただきたいものだ。 (金田麻有).

次の

【画像】真木よう子バスト消失はデマ?週刊現代の写真で嬉しい予感?

真木 よう 子 写真 集 muscovite

真木よう子のセクシーな水着姿など高画質な画像まとめ! 2001年に映画デビュー後、2006年に映画初主演された真木よう子さん。 それ以降、数多くの映画やテレビドラマに出演されています。 演技力の高さは評価されていて、2013年の主演映画におけるモスクワ国際映画祭審査員特別賞を受賞ほか、多くの受賞歴があります。 そんな真木よう子さんの水着を中心とした高画質画像をまとめました! レースカーテンからこちらを見つめる真木よう子さん。 黒い服でさらに引き締まりクールに見えますね。 紫と黒のビキニ姿の真木よう子さん。 かきあげた髪が大人っぽくセクシーですね。 うっすら開けた瞳や唇が色っぽい真木よう子さん。 大きい胸も魅力的ですね。 押し倒されたかのように横たわる真木よう子さん。 ビキニからあふれんばかりの巨乳が素晴らしいですね。 赤色のワンピースタイプの水着を脱ぐ真木よう子さん。 その手つきがセクシーで素敵ですね。 黄緑色のタオルを体に巻き付ける真木よう子さん。 その下には何も身にまとっていないのでしょうか、私気になります。 上目遣いをするセクシーな真木よう子さん。 鋭い視線に心を奪われてしまいますね。 薄い生地の布を裸体に巻き付ける真木よう子さん。 布一枚しか身にまとっていなくてもその姿は堂々と足るものです。 トランプカード、ハートのキングが大きく印字されたキャミソールを着る真木よう子さん。 面白服でも華麗に着こなしてくれます。 ピンク色花柄と可愛らしいベビードール真木よう子さんが着れば途端にセクシーになりますね。 手ブラの真木よう子さん。 両手に収まりきらない豊満な胸がうらやましいですね。 淡い光に照らされて儚げな表情をする真木よう子さん。 綺麗なデコルテが魅力的ですね。 肩をあげて洋服から下着がチラリと顔を出す真木よう子さん。 視線は下であざといですね。 真木よう子さんの綺麗な美背中。 衣装を絞める紐でセクシーさが倍増されています。 台所に立つ真木よう子さん。 その姿は台所に立つにはふさわしくないもののはずなのに何処か魅了されます。 グラス片手に和室に立つ真木よう子さん。 白い下着が胸のふくらみをより一層大きく見せます。 青色のシャツ1枚の真木よう子さん。 真っ黒な瞳で真っすぐ先を見つめます。 口元のほくろがセクシーですね。 プールから上がる姿も姿勢がよく美しい真木よう子さんです。 水着なのにベルトのようなものがついているのも不思議ですね。 浴衣姿の真木よう子さん。 爽やかな水色がぴったりで美しさの中に可愛らしさもありますね。 ワンピース姿の真木よう子さん。 救い上げながら落ちる水を見つめる姿は美しいものです。 真木よう子さんと言えばショートボブスタイル。 首元のセクシーなほくろも見えてかっこいいですね。 パーマスタイルの真木よう子さん。 ゆるゆるふわふわですがスッキリしているように見えますね。 ソファで肘をついて堂々とくつろぐ真木よう子さん。 水着姿でも関係ないみたいですね。 飲み物片手に街中を歩く真木よう子さん。 腰に手を当てた何となくのポーズでもしっかり胸は強調されます。 フチに真っ赤なフリルが付いたヒョウ柄水着の真木よう子さん。 口元のほくろがセクシーですね。 上半身を海面に出して艶っぽい表情の真木よう子。 ショートカットで幼い可愛らしさが印象的な真木よう子。 両手をあげて胸が強調される真木よう子。 赤い水着を脱ぐ真木よう子。 何かを飲みながら鋭くこちらを見つめる真木よう子。 肩を出して色っぽい表情でこちらを見つめる真木よう子。 仰向けになり伸びた姿が美しい真木よう子。 両腕を抱えて自然な表情の真木よう子。 黒髪ストレートで自然体の真木よう子。 うつ伏せになってお尻越しにこちらを向く真木よう子。 少し上目遣いで美しい真木よう子。 メイクとポーズがワイルドな印象の真木よう子。 ソファに寝そべってこちらをやさしく見つめる真木よう子。 両手で髪を触り困ったような表情を浮かべる真木よう子。 プールサイドに腰掛けて水と戯れる真木よう子。 表情が鋭く初々しさが可愛らしい真木よう子。 水に濡れてこちらを見上げるような表情の真木よう子。 水に濡れてこちらに迫ってくる真木よう子。 凛とした表情が美しい真木よう子。 ソファに寝そべって退屈そうな表情の真木よう子。 仰向けで胸が強調されて大人の色気を出す真木よう子。 直立するだけで魅力的なボディラインが美しい真木よう子。 遠くを見つめる瞳が寂しげな真木よう子。 黄色い衣装で華やかな印象の真木よう子。 手のひらを舐める姿が妖艶な真木よう子。 自然で綺麗な笑顔の真木よう子。 落ち着いた表情の真木よう子。 腹筋が美しい真木よう子。 障子をバックに色気がある真木よう子。 窓際で自然体の真木よう子。 ドラマや映画、CMに多数出演!真木よう子の高画質画像まとめ! 1982年10月15日生まれの36歳、千葉県印西市出身。 レプロエンタテインメントとマネジメント契約している女優さんです。 身長160cm、バストサイズは以前から非公表ですが結構なグラマーさんです。 趣味は映画鑑賞。 特技はスポーツとインドア、アクティブ両方好きな真木よう子さんです。 4人兄弟で唯一の娘。 兄、2人の弟に囲まれた男兄弟の中で育ちました。 小学生5年生の時に安達祐実主演の『REX 恐竜物語』を鑑賞、 同世代の安達が活躍しているのを見て、芸能界に入りたいと強く思ったんだとか。 中学3年生の時に両親に『無名塾』入りと芸能界入りを相談したところ、父から猛反対を受けます。 ですが、どうしても女優になりたかった真木さんは「(女優になるのを反対するなら)援助交際してやる!! 」宣言。 そう父を脅し、芸能界入りの許可をもらったという破天荒なエピソードが。 真木よう子の私服高画質画像まとめ! 中学卒業後の1998年、応募者約1000人の中からわずか5人の合格者の内に選ばれ、 仲代達矢主宰の俳優養成所「無名塾」に入塾しました。 翌1999年 — 2000年、入塾二年目にして無名塾公演『どん底』で重要な役どころであるナターシャ役に大抜擢! 半年という期間の旅公演に回った真木よう子さんです。 仲代は『どん底』パンフレットの中で、その才能を絶賛していたそうです。 しかし、少しでも稽古を多くしたいと思ったことから、合宿で日課となっている早朝の持久走を早い時間に済ませます。 先に発声練習をして集合場所で待っていたため、それを見た仲代がサボったと思い大激怒してしまいます。 納得の行かなかった真木は逆に仲代に怒り返したことから、結局そのまま退塾・帰京することに。 2003年のオムニバス写真集『LIP』で水着姿を初披露。 2005年に撮影した初主演映画『ベロニカは死ぬことにした』で初めてヌードシーンに挑戦しています。 真木よう子のヘアスタイル高画質画像まとめ! 2007年発売の写真集『月刊真木よう子』ではセミヌードを披露しています。 2006年11月には『ゆれる』で第30回山路ふみ子映画賞新人女優賞を受賞! 2008年11月10日、元俳優の片山怜雄さんと結婚。 当初は周囲から反対されていたんだとか。 2009年5月10日、第一子となる女児が誕生したものの、2015年9月に離婚しています。 2013年6月、主演映画『さよなら渓谷』の主題歌「幸先坂」で歌手デビューを果たしています。 同年11月、ルイ・ヴィトンの街頭広告のモデルに日本人で初めて起用されています! 2014年3月7日、『さよなら渓谷』で第37回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞! 『そして父になる』で最優秀助演女優賞をダブル受賞しました! 2017年8月25日に「フォトマガジン出版プロジェクト」を立ち上げました。 800万円を目標にクラウドファンディングで制作費集めを開始します。 翌26日にはそのフォトマガジンを、12月29~31日に開催される「コミックマーケット93」にて販売する意向を示していました。 しかし、ファンから集めた資金で作った本を売ることに対し批判が出てしまいます。 結局、真木さんはコミケ出展の意向を取り下げてしまいました。 2017年11月10日、出演が予定されていた映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』を体調不良を理由に降板。 2018年9月25日、レプロエンタテインメントとマネジメント契約したことが明らかに! インスタもやってる!真木よう子の高画質画像まとめ! 本人曰く「男兄弟の中で育ったせいか、男っぽい」と自認してるそうです。 確かにさばさばしてかっこいいですよね! その性格を表すエピソードとして、映画『ゆれる』のオーディションにて控え室で待っていると、 若くて可愛い子が入ってきたので「来やがったな、この野郎! 」と睨みつけたら監督の西川美和だったんだとか。 映画『SP 野望編』の現場ではエキストラにお礼を言う時、マイクを持ちながら10秒ほど黙って、 エキストラを睨むように見渡すと「女のカッコイイ時代を作りましょう。 ヨロシク」と叫んだそうです。 かっこよ過ぎです! 映画『パッチギ! 』で共演した江口のりこが芸能界で一番仲が良いそうです。 大塚愛とは同い年ということもあり、映画『東京フレンズ』で共演して以来、大の仲良しなんだとか。 小学生の頃3か月間空手を習っていて、中学時代は陸上部に所属していたスポーツ少女でした。 特技は陸上競技とワイヤーアクションの真木よう子さんです。 』において好きなマンガ家さんに会う対談連載コーナーを持っていました。 細いのにグラマー!真木よう子の高画質画像まとめ! 小学5年の時に、兄が読んでいたマンガ『ろくでなしブルース』などを読んでいます。 他に好きな漫画に『よつばと! 』『sunny』を挙げてます。 漫画家・うすた京介のファンでもあり、真木からのリクエストにより対談が実現したこともあるとか。 映画『ピューと吹く! ジャガー 〜いま、吹きにゆきます〜』に出演した縁で、 漫画版『ジャガー』第359笛(単行本第17巻に収録)に題字と挿絵を寄稿しているようです。 』では一番会いたかった西岸良平さんとも対談が実現している真木よう子さんです。 2007年2月13日、新潮社より月刊真木よう子を出版しています。 2008年2月、新潮社より月刊真木よう子Specialも出しています。 2013年12月14日、光文社よりMUSCOVITEも出版しています。 2010年9月22日、日本放送出版協会よりお龍を出版しています。 演出家の大根仁さんは、2002年に舞台で彼女を初めて見たとき「凄い女優が現れた」と感じたとか。 正名僕蔵さんからは「神経が鋭い役者」と評されている真木よう子さんです。 和田聰宏さんからは「サバサバした性格。 昔の女優の香りがする」と評されている真木よう子さんです。 永作博美さんからは「瞬間で演技を変えられる。 様々な演出を受けながらも対応できる順応性のある役者」と評されています。 池田鉄洋は「リアリティという言葉がチープに感じるくらい自然な演技をする人」と評されています。

次の