妻 の トリセツ 講談社。 夫のトリセツの通販/黒川伊保子 講談社+α新書

妻のトリセツの通販/黒川伊保子 講談社+α新書

妻 の トリセツ 講談社

日本中の夫と妻に大反響を巻き起こしている『妻のトリセツ』。 「次はぜひ夫編を」 読者の熱い声に応えてついに登場。 刊行1ヵ月で10万部突破! 「話が通じない」「わかってくれない」「思いやりがない」「とにかく気が利かない」…… 腹立たしい夫を見捨てる前にこの一冊。 今度は脳科学から男脳を解明。 夫婦70年時代のバイブル。 第1章 神は、夫婦を別れさせようとしている 第2章 使えない夫を「気の利く夫」に変える方法 第3章 ひどい夫を「優しい夫」に変える方法 第4章 脳とは、かくも厄介なものである ………………………………………………… 第3章 ひどい夫を「優しい夫」に変える方法 「愛は『してもらう」ことで稼ぐ」より 「私は、男性にはよく『ウルトラマンの妻になったところを想像してみて』と言う。 ウルトラマンである。 何万光年のかなたの、知らない星の子どもの命を救いに、命がけで出かけちゃうんだ、この夫は。 妻としてはわけがわからないが、それが、男の使命だと言うのなら、行ってらっしゃい、である。 地球に3ヵ月の単身赴任。 そんなことで、妻は絶望したりしない。 妻がウルトラマンに絶望するのは、ウルトラマンが弱みを見せないから。 たまに帰ってきて、黙ってご飯を食べて、また出かける。 それでは、自分がここにいる理由がない。 彼の人生から締め出されたような気持になってしまうだろう。 ウルトラマンは、妻に弱音を吐かなくちゃ。 『今日、ゼットンにここ蹴られて、痛かったの』くらい言って甘えればいいのだ。 『大丈夫? うるちゃん、ふぅふうしてあげるね』『ありがとう。 きみのおかげで、僕はまた戦えるよ』 そんなふうに心を通わすことができれば、妻にとって、夫はかけがえのないものになっていく。 ほらね、愛は、してくれることよりも、してあげることで強まるのである。 子どもがかけがえがないのは、命を与え、食べさせ、世話をし続けるからだ。 猫がかわいいのは、手がかかるからだ」.

次の

まんがでわかる 妻のトリセツ(講談社)

妻 の トリセツ 講談社

「こぺ」は、先月江崎グリコが発表した「Co育てPROJECT(こそだてプロジェクト)」の取り組みのひとつで、〈夫婦間の意識のすれ違いを認識し解消に導くコミュニケーションツール〉として開発されたものだが、「男性脳」「女性脳」を根拠としたアドバイス記事が多く掲載され、Twitterなどで批判的な意見が出ていた。 <子育てパパとママのすれちがいのストレスを減らすには、まず、パパとママの脳のちがいを知ることから。 脳を装置として見立ててみると、男性脳と女性脳では回路のかたちや信号の種類がちがうから、当然、おなじ入力に対しての出力も変わってくるよ。 それなのに、パートナーを自分と同じように扱おうとするから、ストレスを感じてしまう> <脳には性差がある。 それが、右左脳が連携がよく、察することが得意な女性脳と、連携が頻繁でなく、空間認知力に優れた男性脳。 女性の多くは女性脳の持ち主で、多くの男性は男性脳を搭載しているんだ> 「こぺ」では、このような前提のもと、妻/女性向けアドバイスと夫/男性向けアドバイスが掲載され、<女性脳は何より共感を求めているの。 話を聞いてくれて、共感さえしてくれればOKなの><男性脳は、相談を受けると、つい、最短時間で問題解決を図ろうとする脳><女性は「察してほしい」生き物><生まれつき男はニブい>などアドバイスが掲載されていた。 また、「こぺ」のキャンペーンサイトでは、「パパのためのママの気持ち翻訳」なる企画が行われていた。 ママの「仕事と家庭どっちが大事なの?」という言葉を翻訳すると「私は何より家庭を優先してるのに、あなたは仕事ばかりなのが寂しいわ……」で、「好きにすれば?」は「それをやったら、もう知らないから!」、といった具合だ。 そして「寂しい思いをさせてごめん、と謝って」などとアドバイスが施されていた。 「ステレオタイプを助長している」「男女の対立を煽る」といった批判を受け、江崎グリコは先月23日、「こぺ」のキャンペーンサイトを終了した。 しかし、アプリの「こぺ」は継続しており、「男性脳」「女性脳」を用いたアドバイス記事も残ったままだ。

次の

『妻のトリセツ』の内容とスッキリで炎上した理由とは!?

妻 の トリセツ 講談社

と帯に書かれたこの本。 脳科学、人工知能の研究者の女性が書いた「妻の怒り」への解説と対処法が書かれた1冊です。 こっそり読むように推奨されていますが、女性目線だと、むしろ目につくように読んだほうが妻は喜ぶはずです。 その理由、分かりますか? なんとなく理解できるという男性は、たぶん大丈夫。 奥さんの気持ちをよく理解して、円満な家庭を保てる才能を持っているはず。 分からない、なぜ?と思った男性は要注意。 「妻が理解できない」「すぐキレられるから会話できない」という険悪な夫婦関係がすぐそこに控えていることが想像できます。 それって、女性の本質を全然分かっていないからです。 よく、喧嘩のときに妻の口から出てくる以下の言葉、そのままの意味で受け取っていませんか? あなたは何個正しく理解できるでしょうか。 私の言うことをちゃんと聞いて。 「好きにすれば」は同義語。 察する気がないのは愛がないってことだね。 あなたの言動で、私は傷ついているの。 私はあなたの何倍も家事してますけどね。 「愛してるから、君の言う通りでいい」って言いなさい。 あなたから謝って! もしかして、1つも正解できなかった……という方がいてもおかしくないかもしれません。 やって欲しいことがあるなら素直に言えばいいじゃないか、と考えるのが男性の脳。 察してくれるくらい構ってくれるのが愛だと考えるのが女性の脳、なんですね。 長い歴史の間、自分と自分の子を生き残らせるために夫に一番大事にしてもらうというのは妻にとって重要なことでした。 だからこそ、もし夫が『妻のトリセツ』なんて本を持っていたら、怒るどころか「私のことを理解するためにそこまで努力してくれたのか」と感激し、涙する女性はいてもキレる人はいないでしょう。 男性からすると、何でもかんでも察して合わせて譲歩してあげないといけないのかとウンザリしてしまうかもしれませんが、大丈夫。 というのも、この本1冊で夫婦生活で考えられる「夫が理解できない妻の怒り」のほとんどが網羅されているからです。 個人差はあるので、100%理解できるとは言えないけれど、「女性の怒り」については80~90%くらい把握できるようになるのではないかと思います。 実は、女性を理解するのはそんなに難しくありません。 たとえば、女性からオチのない話を聞かされることに苦痛を感じている男性は多いと思いますが、 男性脳には意味のないこれらの会話は、実は女性脳にとって大きな意味を持つ。 (中略) 共感は女性脳にとって知的行為の核でもある。 先述したが、女性脳は、体験データ(記憶)に感情の見出しがついているので、ある感情が起こったとき、その感情の見出しをフックにして、類似の体験データの数々が、芋づる式に一瞬で引き出される。 (中略) つまり、女友達が、「階段でつまづいて、転びそうになった怖さ」に共感すれば、自分が同じようなつま先の細いパンプスを履いて駅の階段を下りるときには、無意識のうちに手すりのわきを行くことになる。 オチのない話が、明日の自分を救うのだ。 男たちの言う「女の無駄話」が、子どもたちを危機から救い、夫の将来の介護に役立つ。 女の会話に「無駄話」はないのだ。 男性脳なら「危ない靴を履かない」で終わってしまうでしょうが、他人の体験談を聞いて脳にストックしておき、将来自分の身に近いことが起きたら瞬時に応用できるのが女性脳。 世間話は「知のプレゼント」の交換だというのです。 専門家にそう解説されると、"オチのない話"が無駄に思えなくなってくるから不思議なものです。 その価値がわかれば、妻の話も聞きやすくなるはず。 他にも、「妊娠、授乳、育児期の妻が変わってしまった理由と対処法」「怒らせてしまった妻の怒りのほぐし方」「地雷を踏むセリフ集」「妻と主張が合わない時に自分の提案を気持ちよく通す方法」など、知っているのといないのとでは、夫婦生活の快適度が200%くらい違いそうな解説が詰まっています。 この本は全男性が読んだほうが良いかもしれません。 少なくとも、将来離婚したくない男性や妻と円満に暮らしたいと考える男性なら必読でしょう。 役所で婚姻届を出すときに、「妻のトリセツ」そして「夫のトリセツ」も配布してくれたらと願ってやみません。 著・編:黒川 伊保子• 理不尽な妻との上手な付き合い方とは。 女性脳の仕組みを知って戦略を立てよう! 妻が怖いという夫が増えている。 ひとこと言えば10倍返し。 ついでに10年前のことまで蒸し返す。 いつも不機嫌で、理由もなく突然怒り出す。 人格を否定するような言葉をぶつけてくる。 夫は怒りの弾丸に撃たれつづけ、抗う気さえ失ってしまう。 夫からすればはなはだ危険で、理不尽な妻の怒りだが、実はこれ、夫とのきずなを求める気持ちの強さゆえなのである(にわかには信じ難いが)。 本書は、脳科学の立場から女性脳の仕組みを前提に妻の不機嫌や怒りの理由を解説し、夫側からの対策をまとめた、妻の取扱説明書である。 「妻が怖い」「妻の顔色ばかりうかがってしまう」「妻から逃げたい」という世の夫たちが、家庭に平穏を取り戻すために必読の1冊でもある。 私の言うことをちゃんと聞いて」(「好きにすれば」は同義語) 例2「どうしてそうなの? あなたの言動で、私は傷ついているの」•

次の