とろろ レシピ。 長芋とろろご飯のレシピ/作り方:白ごはん.com

[山芋レシピ]だし入り究極とろろと、時短&簡単とろろレシピ!

とろろ レシピ

自然薯の下処理 とろろご飯に使う芋は、水っぽい長芋ではなく、 大和芋、つくね芋、いちょう芋、自然薯など、粘りの強いものがおすすめです。 大和芋やいちょう芋、つくね芋であれば、皮をむいてすりおろすのですが、 自然薯は元々細いものも多いうえに、皮ごとすりおろしても風味よい美味しいとろろご飯になるので、自然薯を皮ごとすりおろす場合の下ごしらえを下にまとめます。 まず、自然薯は流水で洗って土を落とし、水分をふき取ります。 次に、表面の水気が乾いたら、コンロの火に直に自然薯をかざして表面をさっとあぶります。 こうすることで、 すり鉢ですっても細かくなりにくいひげの部分をきれいに落とすことができるんです。 これで自然薯の下ごしらえは完了です。 とろろご飯の味付けと仕上げ 下ごしらえを終えた自然薯は、おろし金を使って皮ごとすりおろします。 自然薯をすり終えたら、Aのだし汁と醤油を合わせておきます。 すりおろしたとろろは、このまま卵とAの調味料で味をつけてもいいのですが、 家に大きめなすり鉢があれば、おろし金でおろした後に、さらにすり鉢ですって口当たりをなめらか&ふんわりとさせるのがおすすめです。 はじめに水分を多く入れすぎると混ざりにくいので、少しずつ何回かに分けてすりこ木で混ぜていきます。 1回目に入れた調味料がなじんだら、すりこ木でしばらくすりおろします。 同時に皮ごとすりおろしているので、皮も細かくなります。 続けて残りのAを2回くらいに分けて入れ、すりこ木で混ぜながら合わせます。 足りなければだし汁&醤油を適宜足し入れてください。 とろろが出来上がったら、あとは炊けたごはんや麦めし(麦めしの炊き方は下の補足参照)に、冷たいとろろをかけていただきます。

次の

和食のプロが教える!「とろろ」の基本の作り方

とろろ レシピ

とろろ汁に向くのは「いちょういも」 山芋にはさまざまな種類があり、粘りの強さも異なります。 だし汁でのばしてご飯にかける「とろろ汁」にするなら、粘り気の強い「いちょういも」がおすすめ(写真手前2つ)。 いちょうの葉のような末広がりの形をしていて、手に持ってすりおろしやすいのが特徴です。 関東では「やまといも」と呼ばれています。 山芋の仲間で最も多く出回っている「長芋」は、粘り気は少なめ(写真奥)。 水分が多く食感もさらっとしているので、だし汁でのばす必要がなく、あえものなどに使うと良いでしょう。 反対に、丸い塊状の「つくね芋」や細長い「自然薯」は、粘り気がかなり強いので、いちょういも以上にだし汁でよくのばす必要があります。 すり鉢を使うと口当たりの良いとろろに! とろろ作りに適している道具は、すり鉢です(写真左)。 内側にある細い溝を利用してすりおろすので、きめ細かくなめらかな食感になります。 すり鉢がない場合は、右のような目の細かいセラミック製のおろし器を使いましょう。 究極のまろやかさ!基本のとろろ汁の作り方 山芋は空気に触れるとすぐに変色してしまいます。 変色を防ぐには、酢水であく抜きをすることが多いのですが、水につけるとぬめりが出てすりおろしにくくなるので、とろろにする場合はおすすめしません。 使う直前に皮をむき、手早く調理しましょう。 山芋のひげ根をハサミで切り落とします。 包丁で切り落とす、あるいはガスコンロの直火で焼いて取り除く方法もあります(火の扱いには十分注意し、やけどに気をつけましょう)。 使う分だけピーラーで皮をむきます。 皮の入り込んだデコボコの部分は切り落としましょう。 手で持つ部分の皮を残しておくと、滑らずにうまくおろせます。 材料 水:4カップ 昆布(16㎝角):1枚 削りがつお:20~30g 「ベースとなるだし」の取り方 1. 昆布はふきんでサッと拭き、ハサミでところどころに切り込みを入れる。 ボウルに水と昆布を入れ、10~15分置く。 鍋に移して中火で熱し、気泡が出てきたら昆布を取り出す。 沸騰したら削りがつおを入れ、湯につかるように軽く押し、ひと煮立ちしたら火を止める。 そのまま5~6分置く。 あくが出ている場合は取り除く。 削りがつおが少し沈んできたら、こす。 だし汁、味噌汁の量は目安です。 山芋の種類によって加減してください。 シャリっとした食感がアクセント!時短とろろは洋風料理にもアレンジOK 水分が多く、粘りが弱めでさらっとした長芋は、すり鉢やおろし器を使わずに、簡単に「時短とろろ」を作ることができます。 今回は、2通りの作り方をご紹介します。 フードプロセッサーを使う 長芋はひげ根を取って皮をむき、適当な厚さに切ります。 フードプロセッサーに入れて撹拌すればできあがり。 撹拌を少なめにして、シャリっとした食感を残しても良いでしょう。 袋に入れてめん棒でたたく 長芋はひげ根を取って皮をむき、適当な大きさのまま厚手のポリ袋に入れます。 空気を抜いて袋の口をねじって持ち、めん棒で全体を均一にたたきます(ふきんに包んでたたいても良い)。 粗い粒が残るくらいになったらできあがり。 カリカリ梅(刻んだ梅干しでも可)を混ぜて和風のあえものに。 生ハム、クレソン、粒マスタードを組み合わせて、洋風サラダに仕上げるのもおすすめです。

次の

とろろ・麦とろご飯のレシピ・作り方【簡単人気ランキング】|楽天レシピ

とろろ レシピ

とろろ汁に向くのは「いちょういも」 山芋にはさまざまな種類があり、粘りの強さも異なります。 だし汁でのばしてご飯にかける「とろろ汁」にするなら、粘り気の強い「いちょういも」がおすすめ(写真手前2つ)。 いちょうの葉のような末広がりの形をしていて、手に持ってすりおろしやすいのが特徴です。 関東では「やまといも」と呼ばれています。 山芋の仲間で最も多く出回っている「長芋」は、粘り気は少なめ(写真奥)。 水分が多く食感もさらっとしているので、だし汁でのばす必要がなく、あえものなどに使うと良いでしょう。 反対に、丸い塊状の「つくね芋」や細長い「自然薯」は、粘り気がかなり強いので、いちょういも以上にだし汁でよくのばす必要があります。 すり鉢を使うと口当たりの良いとろろに! とろろ作りに適している道具は、すり鉢です(写真左)。 内側にある細い溝を利用してすりおろすので、きめ細かくなめらかな食感になります。 すり鉢がない場合は、右のような目の細かいセラミック製のおろし器を使いましょう。 究極のまろやかさ!基本のとろろ汁の作り方 山芋は空気に触れるとすぐに変色してしまいます。 変色を防ぐには、酢水であく抜きをすることが多いのですが、水につけるとぬめりが出てすりおろしにくくなるので、とろろにする場合はおすすめしません。 使う直前に皮をむき、手早く調理しましょう。 山芋のひげ根をハサミで切り落とします。 包丁で切り落とす、あるいはガスコンロの直火で焼いて取り除く方法もあります(火の扱いには十分注意し、やけどに気をつけましょう)。 使う分だけピーラーで皮をむきます。 皮の入り込んだデコボコの部分は切り落としましょう。 手で持つ部分の皮を残しておくと、滑らずにうまくおろせます。 材料 水:4カップ 昆布(16㎝角):1枚 削りがつお:20~30g 「ベースとなるだし」の取り方 1. 昆布はふきんでサッと拭き、ハサミでところどころに切り込みを入れる。 ボウルに水と昆布を入れ、10~15分置く。 鍋に移して中火で熱し、気泡が出てきたら昆布を取り出す。 沸騰したら削りがつおを入れ、湯につかるように軽く押し、ひと煮立ちしたら火を止める。 そのまま5~6分置く。 あくが出ている場合は取り除く。 削りがつおが少し沈んできたら、こす。 だし汁、味噌汁の量は目安です。 山芋の種類によって加減してください。 シャリっとした食感がアクセント!時短とろろは洋風料理にもアレンジOK 水分が多く、粘りが弱めでさらっとした長芋は、すり鉢やおろし器を使わずに、簡単に「時短とろろ」を作ることができます。 今回は、2通りの作り方をご紹介します。 フードプロセッサーを使う 長芋はひげ根を取って皮をむき、適当な厚さに切ります。 フードプロセッサーに入れて撹拌すればできあがり。 撹拌を少なめにして、シャリっとした食感を残しても良いでしょう。 袋に入れてめん棒でたたく 長芋はひげ根を取って皮をむき、適当な大きさのまま厚手のポリ袋に入れます。 空気を抜いて袋の口をねじって持ち、めん棒で全体を均一にたたきます(ふきんに包んでたたいても良い)。 粗い粒が残るくらいになったらできあがり。 カリカリ梅(刻んだ梅干しでも可)を混ぜて和風のあえものに。 生ハム、クレソン、粒マスタードを組み合わせて、洋風サラダに仕上げるのもおすすめです。

次の