いすみ ともよ。 谷花紗耶

谷花紗耶

いすみ ともよ

概要 [ ] (現・)生まれ。 に在学中、敗戦を迎える。 を経て、(21年)、一期生として演劇科に入学する(同窓生としてやらがいた)。 (25年)に演劇学科を卒業後、ダンプの運転手などをしながらに師事し、作曲活動を始める。 後にが率いる冗談工房に参加し、の一員ともなった。 (30年)には、 ・グランプリを受賞。 歌謡曲(演歌調からシャンソン風、ブルース、ポップスまで曲調はさまざま)から、フォークソング、CMソング、アニメソング、ミュージカル、童謡、校歌、交響曲(笙や能管などと管弦楽の組み合わせという作品も含めて数曲が残されている)と幅広いジャンルの曲を作曲。 多作で知られ、総作数は15,000曲にのぼるという。 1960年には永六輔とともにミュージカル「見上げてごらん夜の星を」を制作。 1963年には、芸能プロダクション「オールスタッフプロダクション」を設立。 、、らが所属していた。 このシリーズからは「いい湯だな」(群馬県)、「女ひとり」(京都府)、「フェニックス・ハネムーン」(宮崎県)などのヒット曲がある。 (44年)にはの『』がを受賞した。 で、1966年第8回日本レコード大賞 企画賞、1969年第11回日本レコード大賞 特別賞を受賞。 (47年)傘下にBLACKレーベルを開設。 「オールスタッフプロダクション」所属者、楽曲を提供していたの番組「」卒業生にの等もとメンバーをスカウトなどで集めプロデュースと監督を務める「」を結成、テレビ番組出演や全国各地にて公演を行った。 歌手兼ダンサー・チームと演奏者・バンドの二部体制をとったがレギュラー出演した「」では、演奏者もダンスやコントに参加、発表「」、「」テーマ曲 「」、但し演奏者クレジットは非公開 などは編曲アレンジの都合から歌手チームのみ起用されている。 結成当初メンバーには 「いずみたくシンガーズ」を米国の「・コングリゲイション」同様の集団組織中核、または増員を図る計画を伝えていた。 メンバー交代やいずみたくの構想変更からには「オールスタッフプロダクション」斡旋のソロ活動やセッション演奏活動に移行し発展解消、事実上自然消滅解散する。 「 歌はドラマである」のモットーに基づき、「」「」「おれたちは天使じゃない」「歌麿」「船長」「死神」「聖スブやん」(の舞台化)、など多数のミュージカルを手がけた。 ミュージカルの制作と共に、ミュージカル俳優の育成にも情熱を注ぎ、日本のミュージカル界で活躍する多くの俳優を育てた。 その俳優養成がもととなり、ミュージカルを専門に上演する劇団フォーリーズ(現・)を旗揚げ。 客席数100席の劇場・アトリエフォンテーヌを作り、そこを拠点に数々の実験的な公演を行った。 (61年)、から比例区に出馬するも落選。 (元年)、辞職による繰り上げ当選となった。 出馬の理由は、一部に支持者として有名であったが、同党がタレント議員に否定的だったためとされているが、同党への支持は変わりなく、友人である青島幸男に強く請われたためだとする説も有力である。 議員としての活動では、「日本は世界第2位の経済大国であるのに、国の文化・芸術関連への予算配分が少なすぎる」として、文教関係予算の増額のために尽力したが、(4年)、のため任期半ばで死去。 62歳没。 晩年は以前からミュージカルをプロデュースしてた「」のアニメ化作品「」の音楽を担当しており、「すすめ!アンパンマン号」(ミュージカル『アンパンマンと勇気の花』挿入歌)が遺作となった。 作詞を担当したやなせによるといずみの病状が悪化した為、他の作曲家に依頼するプランもあったものの、いずみが引き受け病床で妻に口述筆記させて完成させた。 編曲を担当した弟子のによるといずみが亡くなったのは編曲作業が終了し録音に入る直後だったという。 孫はの。 作曲・編曲した作品 [ ]• (、『』主題歌)• サチオ君• 帰らざる日のために(日本テレビ、『』主題歌)• ラララ青春(、『青春家族』主題歌)• ニャロメのうた(、『』挿入歌)• もーれつア太郎(NET、『もーれつア太郎』主題歌)• 宇宙少年ソラン(、『』主題歌)• ファースト・ラヴ• 淋しい花嫁• /////• (、『』主題歌)• ねがい(TBS、『』主題歌)• (編曲のみ・ 有田怜名義)• みんなでつくろう• 肝っ玉かあさん(TBS、『』主題歌)• /デューク・エイセス• (日本テレビ、『』主題歌)• (TBS、『』主題歌)• さすらいの太陽(フジテレビ、『』主題歌)• つくばがえる(筑波山麓合唱団〜かえるの合唱)• 鳳は今日も羽ばたく(創立百年記念歌)(作詞・岩谷時子)• (日本テレビ、『われら青春! 』挿入歌)• ギララのロック(「映画『』主題歌)• 月と星のバラード(松竹映画『宇宙大怪獣ギララ』挿入歌)• ワルのテーマ(映画『』主題歌)• バラの革命• 星空のロマンス• 七色のしあわせ• 青空にとび出そう(TBS、『』主題歌)• 若者は旅をつづける• 人生は一度きりだから• めぐり逢い• 『』主題歌• 若い明日(日本テレビ、『』主題歌)• 貴様と俺(日本テレビ、『』挿入歌。 以降、日テレ青春シリーズで使われ続けた)• これが青春だ(日本テレビ、『』主題歌)• でっかい青春(日本テレビ、『』主題歌)• 心のうた(フジテレビ、『』主題歌) 初期ではが歌っている。 ハローララベル(、『』主題歌)• 魔法少女ララベル(テレビ朝日、『魔法少女ララベル』主題歌)• みすず児童合唱団、東京混声合唱団• 星の炎に(『』主題歌)• 童謡 [ ]• (作詞:)• ケロヨンのうた• ケロヨン音頭• その他全楽曲、および劇中音楽(BGM)も担当。 ミュージカル [ ]• 作品 作品• 雪ん子• CMソング [ ]• キャンロップの歌(佐久間製菓)• 不二家パラソルチョコレート()• ( 現・ )• チョコレートは明治(明治製菓 現・明治 )• 伊東温泉ハトヤホテル()• グラスをのぞくフラミンゴ(「千福」・、)• の歌()• SOGO(エスオージーオー)そごうへ行こう(。 倒産後は使用されなくなった。 うすいの歌(、福島県郡山市にある百貨店) エリア• 狸小路のうた(、歌: コーラス:) 仙台エリア• の歌(歌:ボニージャックス)• 仙都タクシー(の会社、歌:)• の歌(中心に展開していたスーパーチェーン。 歌は)• 虹をかける藤崎((東北一の規模と売り上げをもつ仙台唯一の地場百貨店)。 歌はと) 近畿エリア• の歌(歌:由紀さおり) テレビ・ラジオ [ ]• テレビ『』(テレビ朝日系)のテーマ曲(ゲスト出演もした)• 『』(テレビ朝日系)の• 『』(TBS系)のテーマ曲• 『』(のテーマソング)• 『』(のテーマソング)• KBCの歌(のテーマソング)• TBCの歌(のテーマソング。 歌は)• の歌 団体歌 [ ]• 株式会社社歌• 旧葛飾区立小谷野小学校 校歌• 静岡県御殿場市立原里小学校 校歌(作詞は)• 東京都 校歌• 東京都大田区立糀谷小学校 校歌• 東京都八王子市立四谷中学校 校歌 (作詞は井田誠一)• 私立釜山日本人学校 校歌• 神奈川県相模原市立弥栄小学校 校歌• 埼玉県新座市立新座小学校 校歌• 大阪府寝屋川市立第九中学校 校歌• 東京都世田谷区立松丘幼稚園 園歌 その他 [ ]• 新音頭『太陽踊り』 (歌は)• 明日への伝言• 汎用型 子供楽隊 音楽担当作品 [ ]• 自作自演アルバム [ ]• 『このままでいいのだろうか』(1971年、ガーリック・レーベル) 音楽作品アルバム類 [ ]• 「いずみたく作品集」, 音楽CD(2枚組), EMIミュージック・ジャパン、(1999年9月8日). 著書 [ ]• 『ドレミファ交友録』(1970年、朝日新聞社)• 『真夜中のコーヒーブレイク』(1974年、講談社)• 『体験的音楽論』(1976年、大月書店 国民文庫)• おれは野次馬() 「夜明けのスキャット」盗作説 [ ] 、系『』にて、は、いずみたくのヒット曲「」と「」をピアニスト中島一郎に弾かせた上、の「」との名曲「」を弾かせ、「これは明らかにである」と言った。 対象がの受賞曲だったため、巨泉のこの指摘は大きな話題を呼んだ。 付の新聞で、作曲家のは「もし盗作でないというなら、訴えたまえ、いずみ君。 それが出来ないならレコード大賞は辞退すべきだ」と呼びかけたが、いずみたくは何も反応しなかった。 巨泉は2004年の自伝の中で「今やいずみさんもこの世にないが、これもボクは主張を変えていない」と記している。 脚注 [ ]• 「クレハホームソングコンテスト」。 田家秀樹『みんなCM音楽を歌っていた』(2007年、徳間書店)p. 『「話の特集」と仲間たち』(話の特集)P. 260• 「詩とメルヘン」1992年8月号より• 宅録女子・ラブリーサマーちゃん、 メジャーデビュー! その正体とは!? - 1970年• 逝去後、音楽担当は弟子のに引き継がれたが、いずみが生前に作曲した楽曲も当時の音源又は近藤の手で再アレンジされるなどして引き続き使用されている。 256-257 関連項目 [ ]• 「」など、CMソングでコンビ作多数。 外部リンク [ ]• - イッツフォーリーズ|株式会社オールスタッフ.

次の

【無】日焼け跡がまぶしいロリ娘 パート2 Tomoyo Isumi

いすみ ともよ

概要 [ ] (現・)生まれ。 に在学中、敗戦を迎える。 を経て、(21年)、一期生として演劇科に入学する(同窓生としてやらがいた)。 (25年)に演劇学科を卒業後、ダンプの運転手などをしながらに師事し、作曲活動を始める。 後にが率いる冗談工房に参加し、の一員ともなった。 (30年)には、 ・グランプリを受賞。 歌謡曲(演歌調からシャンソン風、ブルース、ポップスまで曲調はさまざま)から、フォークソング、CMソング、アニメソング、ミュージカル、童謡、校歌、交響曲(笙や能管などと管弦楽の組み合わせという作品も含めて数曲が残されている)と幅広いジャンルの曲を作曲。 多作で知られ、総作数は15,000曲にのぼるという。 1960年には永六輔とともにミュージカル「見上げてごらん夜の星を」を制作。 1963年には、芸能プロダクション「オールスタッフプロダクション」を設立。 、、らが所属していた。 このシリーズからは「いい湯だな」(群馬県)、「女ひとり」(京都府)、「フェニックス・ハネムーン」(宮崎県)などのヒット曲がある。 (44年)にはの『』がを受賞した。 で、1966年第8回日本レコード大賞 企画賞、1969年第11回日本レコード大賞 特別賞を受賞。 (47年)傘下にBLACKレーベルを開設。 「オールスタッフプロダクション」所属者、楽曲を提供していたの番組「」卒業生にの等もとメンバーをスカウトなどで集めプロデュースと監督を務める「」を結成、テレビ番組出演や全国各地にて公演を行った。 歌手兼ダンサー・チームと演奏者・バンドの二部体制をとったがレギュラー出演した「」では、演奏者もダンスやコントに参加、発表「」、「」テーマ曲 「」、但し演奏者クレジットは非公開 などは編曲アレンジの都合から歌手チームのみ起用されている。 結成当初メンバーには 「いずみたくシンガーズ」を米国の「・コングリゲイション」同様の集団組織中核、または増員を図る計画を伝えていた。 メンバー交代やいずみたくの構想変更からには「オールスタッフプロダクション」斡旋のソロ活動やセッション演奏活動に移行し発展解消、事実上自然消滅解散する。 「 歌はドラマである」のモットーに基づき、「」「」「おれたちは天使じゃない」「歌麿」「船長」「死神」「聖スブやん」(の舞台化)、など多数のミュージカルを手がけた。 ミュージカルの制作と共に、ミュージカル俳優の育成にも情熱を注ぎ、日本のミュージカル界で活躍する多くの俳優を育てた。 その俳優養成がもととなり、ミュージカルを専門に上演する劇団フォーリーズ(現・)を旗揚げ。 客席数100席の劇場・アトリエフォンテーヌを作り、そこを拠点に数々の実験的な公演を行った。 (61年)、から比例区に出馬するも落選。 (元年)、辞職による繰り上げ当選となった。 出馬の理由は、一部に支持者として有名であったが、同党がタレント議員に否定的だったためとされているが、同党への支持は変わりなく、友人である青島幸男に強く請われたためだとする説も有力である。 議員としての活動では、「日本は世界第2位の経済大国であるのに、国の文化・芸術関連への予算配分が少なすぎる」として、文教関係予算の増額のために尽力したが、(4年)、のため任期半ばで死去。 62歳没。 晩年は以前からミュージカルをプロデュースしてた「」のアニメ化作品「」の音楽を担当しており、「すすめ!アンパンマン号」(ミュージカル『アンパンマンと勇気の花』挿入歌)が遺作となった。 作詞を担当したやなせによるといずみの病状が悪化した為、他の作曲家に依頼するプランもあったものの、いずみが引き受け病床で妻に口述筆記させて完成させた。 編曲を担当した弟子のによるといずみが亡くなったのは編曲作業が終了し録音に入る直後だったという。 孫はの。 作曲・編曲した作品 [ ]• (、『』主題歌)• サチオ君• 帰らざる日のために(日本テレビ、『』主題歌)• ラララ青春(、『青春家族』主題歌)• ニャロメのうた(、『』挿入歌)• もーれつア太郎(NET、『もーれつア太郎』主題歌)• 宇宙少年ソラン(、『』主題歌)• ファースト・ラヴ• 淋しい花嫁• /////• (、『』主題歌)• ねがい(TBS、『』主題歌)• (編曲のみ・ 有田怜名義)• みんなでつくろう• 肝っ玉かあさん(TBS、『』主題歌)• /デューク・エイセス• (日本テレビ、『』主題歌)• (TBS、『』主題歌)• さすらいの太陽(フジテレビ、『』主題歌)• つくばがえる(筑波山麓合唱団〜かえるの合唱)• 鳳は今日も羽ばたく(創立百年記念歌)(作詞・岩谷時子)• (日本テレビ、『われら青春! 』挿入歌)• ギララのロック(「映画『』主題歌)• 月と星のバラード(松竹映画『宇宙大怪獣ギララ』挿入歌)• ワルのテーマ(映画『』主題歌)• バラの革命• 星空のロマンス• 七色のしあわせ• 青空にとび出そう(TBS、『』主題歌)• 若者は旅をつづける• 人生は一度きりだから• めぐり逢い• 『』主題歌• 若い明日(日本テレビ、『』主題歌)• 貴様と俺(日本テレビ、『』挿入歌。 以降、日テレ青春シリーズで使われ続けた)• これが青春だ(日本テレビ、『』主題歌)• でっかい青春(日本テレビ、『』主題歌)• 心のうた(フジテレビ、『』主題歌) 初期ではが歌っている。 ハローララベル(、『』主題歌)• 魔法少女ララベル(テレビ朝日、『魔法少女ララベル』主題歌)• みすず児童合唱団、東京混声合唱団• 星の炎に(『』主題歌)• 童謡 [ ]• (作詞:)• ケロヨンのうた• ケロヨン音頭• その他全楽曲、および劇中音楽(BGM)も担当。 ミュージカル [ ]• 作品 作品• 雪ん子• CMソング [ ]• キャンロップの歌(佐久間製菓)• 不二家パラソルチョコレート()• ( 現・ )• チョコレートは明治(明治製菓 現・明治 )• 伊東温泉ハトヤホテル()• グラスをのぞくフラミンゴ(「千福」・、)• の歌()• SOGO(エスオージーオー)そごうへ行こう(。 倒産後は使用されなくなった。 うすいの歌(、福島県郡山市にある百貨店) エリア• 狸小路のうた(、歌: コーラス:) 仙台エリア• の歌(歌:ボニージャックス)• 仙都タクシー(の会社、歌:)• の歌(中心に展開していたスーパーチェーン。 歌は)• 虹をかける藤崎((東北一の規模と売り上げをもつ仙台唯一の地場百貨店)。 歌はと) 近畿エリア• の歌(歌:由紀さおり) テレビ・ラジオ [ ]• テレビ『』(テレビ朝日系)のテーマ曲(ゲスト出演もした)• 『』(テレビ朝日系)の• 『』(TBS系)のテーマ曲• 『』(のテーマソング)• 『』(のテーマソング)• KBCの歌(のテーマソング)• TBCの歌(のテーマソング。 歌は)• の歌 団体歌 [ ]• 株式会社社歌• 旧葛飾区立小谷野小学校 校歌• 静岡県御殿場市立原里小学校 校歌(作詞は)• 東京都 校歌• 東京都大田区立糀谷小学校 校歌• 東京都八王子市立四谷中学校 校歌 (作詞は井田誠一)• 私立釜山日本人学校 校歌• 神奈川県相模原市立弥栄小学校 校歌• 埼玉県新座市立新座小学校 校歌• 大阪府寝屋川市立第九中学校 校歌• 東京都世田谷区立松丘幼稚園 園歌 その他 [ ]• 新音頭『太陽踊り』 (歌は)• 明日への伝言• 汎用型 子供楽隊 音楽担当作品 [ ]• 自作自演アルバム [ ]• 『このままでいいのだろうか』(1971年、ガーリック・レーベル) 音楽作品アルバム類 [ ]• 「いずみたく作品集」, 音楽CD(2枚組), EMIミュージック・ジャパン、(1999年9月8日). 著書 [ ]• 『ドレミファ交友録』(1970年、朝日新聞社)• 『真夜中のコーヒーブレイク』(1974年、講談社)• 『体験的音楽論』(1976年、大月書店 国民文庫)• おれは野次馬() 「夜明けのスキャット」盗作説 [ ] 、系『』にて、は、いずみたくのヒット曲「」と「」をピアニスト中島一郎に弾かせた上、の「」との名曲「」を弾かせ、「これは明らかにである」と言った。 対象がの受賞曲だったため、巨泉のこの指摘は大きな話題を呼んだ。 付の新聞で、作曲家のは「もし盗作でないというなら、訴えたまえ、いずみ君。 それが出来ないならレコード大賞は辞退すべきだ」と呼びかけたが、いずみたくは何も反応しなかった。 巨泉は2004年の自伝の中で「今やいずみさんもこの世にないが、これもボクは主張を変えていない」と記している。 脚注 [ ]• 「クレハホームソングコンテスト」。 田家秀樹『みんなCM音楽を歌っていた』(2007年、徳間書店)p. 『「話の特集」と仲間たち』(話の特集)P. 260• 「詩とメルヘン」1992年8月号より• 宅録女子・ラブリーサマーちゃん、 メジャーデビュー! その正体とは!? - 1970年• 逝去後、音楽担当は弟子のに引き継がれたが、いずみが生前に作曲した楽曲も当時の音源又は近藤の手で再アレンジされるなどして引き続き使用されている。 256-257 関連項目 [ ]• 「」など、CMソングでコンビ作多数。 外部リンク [ ]• - イッツフォーリーズ|株式会社オールスタッフ.

次の

谷花紗耶

いすみ ともよ

2020-06-14• by 名無し ID:izc13Aq2xw• by 名無し ID:jELugA1rdg• by ぽん太• by 名無し ID:izc13Aq2xw• by 名無し ID:bMKme4vFVQ• by あ• by 名無し ID:JJKzUDGZ6g• by 名無し ID:MpQNd1RI4A• by 名無し ID:MEctM2lPyA• by 名無し• 2020-06-13• by 名無し• by 名無し ID:WbJXnz2Pdg• by 名無し ID:lFB354cQbA• by 名無し ID:P1finRgNJg• by 名無し ID:YYWuTgESwg• by ぱん• by 出前一丁.

次の