木村花 自殺。 木村花が自殺!?女子プロレスラーのリスカ画像がヤバい?原因はアンチ?

木村花さん母が告白 娘が明かしていた「テラスハウス」の“やらせ”《遺したLINEには…》

木村花 自殺

木村花さんが亡くなった。 ご冥福を心からお祈りしたい。 SNS、特にTwitter上の言葉の暴力は凶器のように心に突き刺さる、そのことを改めて社会に問いかける結果となってしまった。 彼女がという報道があった。 人は表面的に強く見えても誰しも人間である以上繊細な部分があり、第三者からの度を越した誹謗中傷には耐えられないものだ。 メンタルが強い、弱いという問題で片付けられないし、20代の女性にSNSの言葉の暴力に耐性を求めるのは酷である。 そして、著名人だからと言って例外ではない。 著名人であればいかなる誹謗中傷にも「有名税」のように耐えるべきだという風潮はもう終わりにしてほしい。 そうでなければ、このような不幸な犠牲は繰り返されるだろう。 、日本も他人ごとではない。 昨年末には元国会議員の三宅雪子さんが亡くなられた。 やはり直前にネット上の誹謗中傷を苦にされていたという。 また、性暴力被害を告発したジャーナリスト伊藤詩織さんに対するネット上の誹謗中傷やハラスメントは常軌を逸しており、伊藤さんが身の危険を感じて英国に移転を余儀なくされた。 このことは、BBCの「日本の秘められた恥」という番組を通じ、国際的にも問題視されている。 日本でも、ネット上の誹謗中傷によってストレスを抱えたり、心のバランスを崩している人は多い。 実は、私の周囲にも驚くほどたくさんいる。 中には著名な人や社会運動家も少なくない。 しばしば法律相談を受け、法的手段をとる手助けをしている。 中でも、被害にあいやすいのが女性である。 特に若い女性の場合、突然の誹謗中傷に耐えられず、数年間たっても精神的な問題を抱え、就業にも支障をきたす人がいる。 ビジネスインサイダーはこう伝えている。 出典: 匿名性の故か、インターネット上の悪口や誹謗中傷を軽く考えている人がいると思うが、人を自殺に追いやり、多大なストレスを与え、長期にわたる精神疾患に陥れるなど、その効果は重大だ。 インターネット上の言葉の暴力が深刻な人権侵害であることをインターネット利用者もプラットフォームも十分に認識してほしい。 それでは、現在のシステムや法制度は、こうした誹謗中傷の被害から個人を守るものになっているか?というとそうではない。 こうした言動へのツイッター社のアカウント停止等対応ははっきりいって、手緩い。 ツイッターにはルールに違反したツィートを報告のシステムがあるが、それが適用されるのは非常にレアであり、多くの場合以下のような連絡が来て終了する。 ご利用ありがとうございます。 ご連絡いただいたコンテンツを確認いたしましたが、Twitterルール違反に該当するものを確認できませんでした。 今回の件につきましてご報告いただき感謝いたしております。 今後も違反の可能性にお気付きの場合には、お知らせいただけますよう、 ご協力をお願いいたします。 よろしくお願いいたします。 Twitter社は、多くの誹謗中傷から被害者を守ることができていない。 Twitterなどのプラットフォーム会社は国際展開しており、欧州等ではもっと厳しい規制に服しているのに、日本ではプラットフォームによって傷つけられる個人を守ることを怠っている。 いくらひどい書き込みがあるとしても、プラットフォームが適切に削除などの対応をしていれば、木村さんのような被害にあった人がここまで追い詰められずに済むはずだ。 プラットフォーム運営会社は企業の人権に対する責任を自覚し、安全に表現できる場を作るために施策を強化すべきだ。 一方、法制度はどうか?私も何度もクライアントへの誹謗中傷関連で警察に行ったことがあるが、 警察は、ネット上の殺害予告等限定的なものしか対応しない。 そして、対応しても処罰は微罪だ。 昨年、川崎在住の在日コリアンの女性に対する脅迫で罰金刑が下った。 Twitterの匿名アカウントで在日コリアンの女性に誹謗中傷を繰り返していたとして、川崎簡易裁判所は12月27日、神奈川県藤沢市の男(51)に罰金30万円の略式命令を出した。 出典: これがニュースになっているのは、大変珍しい画期的なニュースだからだ。 それでも罰金は30万円だ。 罪の大きさに相応しい対応を警察に求めたい。 被害者を特定して、民事の損害賠償請求をするのも一苦労である。 発信者情報開示手続も複雑で、仮処分や本裁判など、複数の法的手段を提起しないといけないが、それでもアカウントの個人情報を最後まで特定できないケースも少なくない。 なぜ、こうした誹謗中傷に対して、大金をかけて弁護士を雇って法的手段をとらなければならないのか?法律もシステムも十分とは到底言えない。 フランスでは、5月14日にインターネット上の有害コンテンツを通報から1~24時間以内に削除するようソーシャルメディア企業などに求める法律を可決した。 新たな法律では、テロや児童性的虐待とは無関係だが違法と見なされるコンテンツについても、通報から24時間以内の削除が義務付けられた。 これには憎悪や暴力、人種差別、性的嫌がらせといった内容が含まれる。 期限内に削除できなかった場合の罰金は最大で125万ユーロ(1億4500万円)に上る。 出典: という。 ドイツでもフランスに先立ち、ヘイトスピーチであると判断されるコンテンツを24時間以内に削除することがソーシャルメディア会社に義務付けられ、が、 また、国連の人権理事会では2018年、国連特別報告者からが提出された。 これを受けた国連人権理事会では2018年7月、が全会一致で採択された。 この決議の後、欧州でも、アジア地域でも対策が進み、女性も含めたオンライン上のハラスメントから被害者を守る法律の制定や対策が進んでいる。 日本政府はこの決議の提案国であるが、採択後、特に女性に対するオンラインの暴力を根絶する努力を加速させる政策はない。 報道によれば今年、ようやく総務省でネット上の誹謗中傷への検討が始まった。 インターネット上の書き込みなどでひぼうや中傷を受けた人が、投稿した人物の情報開示を請求できる仕組みについて、総務省は手続きにかかる時間を短縮できるかどうかなど、見直しの検討を始めました。 SNSやブログなどインターネット上の書き込みでひぼうや中傷を受けた人は、人権侵害が明らかな場合に、投稿した匿名の人物の情報をインターネット接続やSNSのサービスを提供する企業などに開示するよう求めることができます。 しかし、手続きに時間がかかることや投稿者が特定できない事例が増えていることなどから、総務省は有識者会議を設けて見直しの検討を始めました。 有識者会議では表現の自由やプライバシーの保護と両立させながら、裁判を起こさなくても情報開示を受けられる仕組みや、投稿者を特定するために開示する情報の対象にメールアドレスやIPアドレスだけでなく電話番号を加えることなどを検討することにしています。 出典: 政府、総務省には、国際的な水準で、プラットフォームの責任を強化する方向での議論を進めるよう期待したい。 モラルに反する内容や人権を貶める内容であれば、それは視聴者から批判の対象になるだろう。 しかし、まず批判と誹謗中傷は違う。 また、著名人もキャラクターとして演じている場合が多いのではないか? 塩村あやか議員はこうつぶやいている。 私見であるが、 そもそも当然批判が来るようなモラルに反する言動、いじめやハラスメント、差別を助長するような言動はすべきでないのであり、メディア側がガイドラインを作って、芸能人がそうした言動をメディアを通じて流さないように配慮すべきではないか? 木村さんのテレビでの言動は、賛否があるとしても、そもそもモラルに反するような言動ではなかった。 しかし、反発を呼びそうなキャラクターを演じさせる場合はとりわけ、所属事務所が芸能人・著名人を誹謗中傷から守る仕組みを作り、個人を追い詰めないで責任を果たしてほしいと願う。

次の

木村花の死亡(自殺)で3年A組の名言に注目集まる|SNSの誹謗中傷

木村花 自殺

A post shared by hanadayo0903 on Mar 11, 2020 at 9:02am PDT それでは早速 木村花が自殺した原因(理由) についてご紹介させて頂きます。 今のところ木村花さんの死因が自殺と 確定していないですがネットではほぼ 自殺で間違いないとのことです。 そこで木村花さんの自殺の原因について お調べしました。 すると、 原因はSNSによる 誹謗中傷ではないか ということがわかりました。 木村花さんは亡くなる直前まで 「テラスハウス」に出演しており この番組内で起こったある事件により 木村花さんはSNSで誹謗中傷を浴びる 形となります。 その事件は コスチューム洗濯事件というものです。 A post shared by hanadayo0903 on Aug 3, 2019 at 7:06am PDT 次は リストカットの画像について ご紹介させて頂きます。 木村花さんが自殺する上で リストカットをしたとのことなので 画像がないか調べたところ すでにTwitterから削除されていました。 しかし、その時の投稿の文章だけは ありましたのでご覧ください。 このように 文章だけ見ても精神的に 追い込まれていたのがわかります。 今回の木村花さんの死は なんとかすることができなかったのか 本当に悔いが残りますね。 今回のことで 本当にSNSは凶器と一緒ということが 再確認できたと思います。 これを気に心ない言葉は SNSで投稿しないようにしましょう。 ありがとうございます。 こんにちは 僕の名前はボブといいます。 北海道に住んでおり美味しいものをたくさん食べて育ちました。 性格は明るいと言われますが実は根暗です。 他人に極度に気を使いながら生きてきました。 好きなものは漫画、アニメ、映画、ゲーム、旅行、美味しいもの、などです。 僕はこれまでいろんな仕事をしてきました。 ・びっくりドンキー 3年 ・不動産 3年 ・SAMSUNG 携帯電話のGalaxy 1年 ・docomo 携帯、光回線 2年 ・家電量販店 2年 てな感じです。 この経験を生かして見てくれている方に意外と知らないことなどを紹介出来ればと考えております。 例えば ・携帯の選び方、機能について ・インターネットの選び方、料金の比較 ・家電の選び方、メーカーの違い などなどです。 また、僕なりの考えも伝えて行けたらと考えております。 ・最近やっているニュースについて ・バラエティーの感想 ・映画の感想 ・面白い漫画ランキング などです。 こんな感じで皆さんの為になるものやそうでなはない普通の趣味の話まで幅広く書かせてもらおうと思ってますので是非ゆっくり見ていってもらえればと思います。 よろしくお願いします。 最近のコメント.

次の

木村花が自殺した本当の理由はTwitterの誹謗中傷じゃない!?プライベートで病んでた?

木村花 自殺

今日取り上げるのは、東京・江東区のマンションで、女子プロレスラーの木村花さん(22)が亡くなった事件についてです。 近所の方や同じマンションの入居者の方の証言から、硫化水素による自殺ではないかと見られています。 木村さんについては、出演していた番組「テラスハウス」(フジテレビ)での発言を巡って、ネット上での誹謗中傷が問題になっていました。 事件が起きた日の未明、木村さんがSNSで自殺をほのめかす投稿をしていたことからも、木村さんが精神的にひどく追い詰められた状態だったことがうかがえます。 事件が起きた状況や、木村さんが追い詰められた理由、ネットで他人を中傷することで発生する罪について見ていきますので最後までお付き合いください。 東京・亀戸 木村花さん自殺事件の概要は? 事件について報じた文春オンラインの報道内容を参考に、概要をまとめます。 2020年5月23日の午前3時半頃、東京・江東区 亀戸駅から徒歩数分の新築マンションでプロレスラーの木村花さん(22)が救急搬送された• 第一発見者は、花さんの母親だった• 「救急車と消防車3台が並んでいた」「硫化水素 という言葉が聞こえた」「室内から警報音が鳴っていた」という証言がある• 救急車の中で心臓マッサージが行われ、母親らしき女性が手を合わせながら泣き崩れていた• 花さんはフジテレビ系の「テラスハウス」に出演しており、3月31日の放送回の言動についてネット上で激しい誹謗中傷を受けていた• yahoo. コスチュームは縮んでしまい、花さんは男性に対して激怒。 「あんたのせいだよ」「死ぬほど痛い思いして血流して骨折って頑張ってお金稼いでる人の気持ちなんてわかんないよね」などと発言したことに対して批判が殺到。 1日に100件もの心無いコメントが寄せられることもあり、精神的に追い詰められていたと見られる。 木村さんのSNSには、「テラハ史上、一番最低なメンバー」「早く消えろ」などと、花さんの人格を否定するような書き込みもありました。 ネットでの中傷については、新型コロナウィルスに感染した人への心無い中傷や、検察庁法改正案について抗議した芸能人に対するバッシングなど、ここ数週間の間にも様々な問題が発生しています。 面と向かっては何も言えないのにネット上だと相手を叩きまくるというのは、非常に歪んだ心理ですよね。 これを受けて、不適切な投稿をした人物の情報開示を請求できる仕組みについて総務省が見直しを始めるなど、政府も対策に乗り出したようです。 事件現場は? 事件は、東京・江東区の亀戸駅から徒歩数分の新築マンションで起こりました。 ネットで人を中傷することは刑法上の罪になる! 亡くなる前、花さんはSNSでこんな書き込みをしていました。 「死ね、気持ち悪い、消えろ、 今までずっと私が1番私に思ってました。 お母さん産んでくれてありがとう。 愛されたかった人生でした。 側で支えてくれたみんなありがとう。 大好きです。 yahoo. 女子プロレスラーという華やかな職業が連想させる「強い女性」とのギャップを感じます。 「女子プロだから、メンタルも強いだろう」「テレビに出ているからそのくらいの覚悟はあるだろう」 そんな一方的な思い込みで心無いコメントを投稿していた方もいたかもしれませんが、この書き込みを見る限りでは、 花さんは決して打たれ強いタイプではなかったように見受けられます。 そんな自分自身を必死に守るために、あえて女子プロレスラーという職業を選んだのかもしれません。 今回のように、ネットで人を中傷することは刑法上の罪としては 刑法第230条の「名誉棄損罪」にあたります。 (名誉毀損) 第二百三十条 公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、 三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。 e-gov. (脅迫) 第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、 二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。 2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。 e-gov. 今のところ「殺人罪」として裁かれた判例はありませんが、 間接的にであろうとも人を殺めたことには違いありません。 たとえ法で裁かれなくても、あなたが人を死に追いやったという罪は一生消えませんし、その十字架を背負って生きていくことになるでしょう。 ネットの反応は? 今回の事件について、ネットではどのような声があったでしょうか。 誹謗中傷許さない。 木村花さんご冥福をお祈りします。 木村花さんにこの言葉を知って欲しかったです。 【逃げるが勝ち】 辛かったら逃げてよかったんです。 真面目な方だったからこそ、向き合おうとしてしまったのではないでしょうか。 ちょうど叩きやすいのが政府になってくるんだろうな。 ろくでもない。 木村花さんのレスラー仲間「叩かれた人間が亡くなったら今度は叩いていた人間を叩くのか。 恐ろしい」(デイリースポーツ) — だいすけ 思ったままに brackblackbrack いろんな言葉を打っては消す どうしても難しいですが 初めて会った時に交わした言葉が 変わらずに今もここにあります。 「出会えて嬉しいです。 」 嬉しいね。 嬉しいよ。 時間がかかってしまいました。 木村花選手 ご冥福をお祈りします。 — TAE HONMA 本間多恵 420Tae ・・・こういった意見がありました。 まとめ 以上、女子プロレスラーの木村花さんが亡くなった事件についてまとめてきました。 ポイントを整理します。 東京・江東区のマンションで、女子プロレスラーの木村花さん(22)が倒れているのが母親によって発見された• 現場の状況から、木村さんは硫化水素による自殺を図ったと見られている• 木村さんには、出演していた番組での発言を巡って誹謗中傷のコメントが数多く寄せられており、SNSで自殺をほのめかす投稿をしていた• ネットで人を中傷することは「名誉棄損」「脅迫」などの罪に問われることがある 今回の木村さんの事件について、コメントした芸能人(きゃりーぱみゅぱみゅさん)がネットでバッシングされるというネガティブな動きもあるようです。 「ペンは剣よりも強し」という言葉がありますが、 使い方を間違うとペンも凶器になります。 今の時代は、ペンよりもスマホですが・・・。 みなさんも、武器が凶器にならないように、使い方には十分に気を付けてくださいね。 木村花さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の