ミニ 四 駆 リセマラ。 【ミニ四駆超速グランプリ】リセマラ当たりランキング!狙いパーツとやり方について解説!

ミニ四駆超速グランプリ(アプリ)最強モーターの改造方法とは!?

ミニ 四 駆 リセマラ

神速フェスが開催! 目玉パーツは「プロトセイバーEVO」! また、インストール・ダウンロードリンクも設置しているので、これからゲームプレイを開始される方はぜひ活用ください。 超速グランプリのガチャ仕様について チュートリアルで引き直し10連が引ける ミニ四駆 超速グランプリではチュートリアル内に引き直し10連が用意されています。 しかし、 ここでは星4が排出されないので注意。 需要の高いパーツや、初期で所持していないアクセサリー等を狙うのが良いでしょう。 虹のコイン スターコイン でガシャを回す 事前登録報酬など虹コイン スターコイン を入手できます。 開催ガシャは期間によって異なりますが、引くべきおすすめガシャは下記リンク先の記事で紹介しています。 ガチャ演出が多数用意されている ガチャ演出も多数用意されています。 リセマラの際は必ず飛ばしていきましょう。 ここでのスキップはできないようです。 チュートリアル中に、3台の中から好きなマシンを選べますが、大きな差はない 後で確保もできる ので自分の好きなものを選びましょう。 2台目、3台目の獲得方法が気になる方は以下の記事をご覧ください。 ここでの最高レアの排出はありません。 ガチャを引ける回数は、そのタイミングで開催しているガチャ筐体や、キャンペーンなどによって異なります。 リセマラ当たりと狙いパーツ チュートリアル引き直し10連で狙うべきパーツは? チュートリアル10連で欲しいパーツ 特に確保しておきたいパーツ 合わせて確保したいパーツ スーパーカウンターギヤ ギヤ 小径ナローワンウェイ ホイール 丸穴ボールベアリング アクセサリー など。 その他アクセサリー関連 好みのボディを狙うもありですが、性能面を考慮するならまずは 「ゴールドターミナル」を確保しておくのがおすすめです。 ここで頑張って厳選しても良いですが、排出されるのは星3パーツのみで、後々たくさんGETできるチケットガチャからも排出される為、そこまで時間をかける必要は有ません。 開催されているガチャの詳細については、下記リンク先の記事を参考にしてみてください。 ガチャでの狙いと終了ラインは? まず前提として、超速グランプリのリセマラは 所要時間が少し長めです。 あまり厳選しすぎるととてつもない時間がかかる可能性もあるので、終了ラインは甘めでも良いでしょう。 ザックリとして基準は下記の通り。 重要なパーツであるモーターもショップで購入することもできるので、最悪リセマラなしで進めてもゲーム進行にそこまで影響はありません。 また、進めていく中でガチャチケットが大量に獲得でき、後々ガチャでパーツを揃えていくこともできます。 強力なパーツがPUされている時でなければ、ゲームを早く始めて、良いパーツが出た時にガシャが回せるように、ログインボーナスのスターコインなどを貯めておくのが良いでしょう。 リセマラ後の注意点 モーター以外の改造は慎重に マシン性能をい上げるための要素「改造」は やり直しができません。 改造内容を失敗すると、折角リセマラで引いた優秀なパーツも、使い物にならなくなってしまう可能性があります。 改造を行う際は、ショップでコインと交換できることがあり、改造の影響が大きく出るモーターに行い、他のパーツへの改造はゲームに慣れてきて、自分のマシンの方向性が決まってきてからにすると良いでしょう。 課金などの入手ルートもありますが、無駄遣いできるアイテムではないので、ある程度ゲームに慣れて、使うべきパーツが見極められるようになってから使用するようにしましょう。 ショップを更新せずに交換できる量ではすぐ足りなくなるので、ウデマエの低いうちから強化キットはためておくと良いでしょう。 特に消費量の多い強化キットAは優先的にためておくと良いでしょう。 その他のキットは、よく改造するパーツによって足りないものが変わってきます。 ライターはD, Fが足りなくなることが多いです。 また、交換に使用するコインも、キャンペーンなどで一時的に所持量が多くなることはありますが、すぐに足りなくなります。 メダル集め式のイベントステージではコインのドロップ効率が良いので、開催していたら積極的に参加しましょう。 あらかじめご了承ください。 ・公序良俗に反する投稿 ・スパムなど、記事内容と関係のない投稿 ・誰かになりすます行為 ・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿 ・一度削除された投稿を再び投稿すること ・外部サイトへの誘導や宣伝 ・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿 ・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿 ・その他、管理者が不適切と判断した投稿 コメントの削除につきましては下記フォームより申請をいただけますでしょうか。 ご了承ください。 また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。 メールアドレスが公開されることはありません。 コメント 名前• このゲームはウデマエが上がれば上がるほどコインやガチャチケット等のリソースが手に入りにくくなってくるので、最初のうちに必須級のパーツは入手しておきたいです。 なので最初にリソースなしで引けるゴールドターミナルは必ず取って始めましょう。 その上で、超速ギアやソフトブレーキ等の必須級パーツのピックアップに向けて虹コインを貯めておきましょう。 あと、パーツの改造はしっかり調べてから行いましょう(特にガチャ限定パーツ)。 変な改造をすると後悔します。 ウデマエ20までは無改造でもいいですがどこかで詰まるので、そのパーツの最終形を見据えてから改造しましょう。 現行の環境だとホイールやタイヤ、シャーシについてはウデマエ1から行えるものでも最速となる改造があります。 面倒くさい場合はだいたいパワーロスに振っておけばいいです。 再改造は極論ウデマエ50まで考えなくてもいいです(ウデマエが上がるにつれて成功確率が1%ずつ上がっていくため).

次の

【超速GP】リセマラ最強ランキング!ミニ四駆超速GP攻略

ミニ 四 駆 リセマラ

白熱レースのミニ四ワールドが楽しめるアプリ 「ミニ四駆超速GP」通称超速GP(グランプリ)の リセマラ当たり ランキング・評価を紹介していきます。 超速GPを始めるときに、 「一体どのパーツが当たりなの?」 「リセマラで何を狙うべき?」 と思われている方はこちらの記事まとめを参考にしていただければと思います。 ガシャでパーツを集めて四駆を作っていきます。 パーツは 周回して素材を集めて、 進化させることで 高いレアリティのパーツを入手することができます。 そのため、リセマラをしなくても攻略を進めることができますが、 「ほしいボディがある!」 「始めから強い四駆を使いたい!」 という方はリセマラをするのがよいでしょう。 ガシャはチュートリアル中の 引き直しガシャと スターコインを使って引くガシャがあります。 引き直しガシャでは、 星1〜星3までしか排出されません。 ここでも厳選を行う場合は、 星3のレブチューンモーターを狙うのがオススメです! ガシャではパーツの排出率が高い 「超速ガシャ」を引くのをオススメします。 ガシャ排出時:星3• カテゴリ:モーター• コース適正:ストレート• パラメータ: スピード1740 パワー747 コーナー安定0 スタミナ耐久0 重さ17g• スキル: 長距離1 ギア相性-1 超速ガシャおすすめパーツ スターコインで引くことのできる 超速ガシャでは、他のステップアップガシャに比べてパーツの排出率が高くなっています。 性能で比較すると他のタイプ3のシャーシと大きな変わりはありません。

次の

『ミニ四駆 超速グランプリ』リセマラ徹底攻略!引き直しガチャおすすめパーツ・マシン紹介

ミニ 四 駆 リセマラ

どこからどう見てもイカしてるでしょ!? 本作は、実際のミニ四駆のセッティングを非常に高いレベルで再現しているため、何も知らない状態ではじめると、序盤から思うように進めないことがあると思います。 筆者も「とりあえずガシャを引いておすすめ編成でどこまでいけるかな……?」と試してみたところ、序盤でレースに敗北。 セッティングを考え、ミニ四レーサーとしての第1歩を踏み出しました。 この記事では、セッティングのコツに加え、ゲームをプレイして詰まった時にやっておきたいことなどを紹介していきます。 じゃあなんでこんな記事を書いたのかと言えば、初めて(または久しぶりに)ミニ四駆に触った人が、楽しさを知らないままやめていくのはもったいない! からです。 「セッティングしてもあまり速度が出ない……」って、やっぱり悔しいし、楽しくないと思うんですよ。 そんな人たちのセッティングのサンプルとして、手助けになれば幸いです。 単に「スピードが上がるから」といってパーツをチョイスするのではなく、しっかりと説明文を読んでセッティングしていくことが重要となります。 では、初心者に覚えてほしいセッティングの3つのコツを紹介します。 さまざまなパーツを組んでステータスをまんべんなく高くし、最強のマシンを作ったと思ったら、全然スピードが出ない。 本作において、おそらくミニ四駆初心者が最初に体験するであろうポイントだと思います。 筆者がプレイした時は、総合評価(ステータスの合計値)がレース相手より多くても、セッティングによっては敗北してしまう場合もありました。 なにより、序盤はパーツ数が少ないと思うので、すべてが加速重視、コーナー重視といったセッティングは難しいかと。 改造には改造アイテムが必要となります。 タイムの他にも、過去に走った速度との比較を閲覧できます。 これ、超大事。 前回と比べてコースのどこで速度が上がったのか、逆にどこで速度が落ちていたのかをチェックできるので、絶対に見ておきたい内容となっています。 ストレート重視のコースを想定しているならストレートの速度をチェック、コーナーならコーナーの速度をチェックするなど、おそらく最初から最後まで付き合うことになる要素になることでしょう。 ストレートが特徴のステージですが、コーナーも若干ながら存在し、コーナーでの速度やパワーが不十分な場合、スピードを生かしきれず、速いタイムが出せずに敗北してしまいます。 筆者はここでセッティングを見直し、スピードからパワーのセッティングにシフト。 ここで注目しておきたいのは各パラメータです。 コーナーをぐるりと回るヘヤピンカーブが連続するステージで、スピード重視のマシンはまったく速度が出せません……。 重さとパラメータの兼ね合いを確認してセッティングしてみましょう。 これは多くのコースに言えることですが、フラットなコースはコースアウトの心配がほとんどなく、重さを軽くしても問題ありません。 確かに最初は難しいでしょうが、でも、それこそが楽しいポイントなんですよ。 一度触れたらなかなか離れられない、そんなミニ四駆の魅力が、本作ではかなりの完成度で再現されていると思います。 皆さんもぜひ、『ミニ四駆 超速グランプリ』でかっとんでみてはいかがでしょうか?•

次の