テリーのワンダーランドレトロ スマホ。 【スマホ版】テリーのワンダーランドレトロ攻略ブログ|OP~守りの扉まで

【GB/3DS/スマホ レトロ対応】ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド攻略 ゲーム完全限界攻略

テリーのワンダーランドレトロ スマホ

・モンスターが覚える特技と呪文の詳細解説。 ・特技の覚え方を解説(特技の成長や思いつく方法) 【重要】特技の覚え方:「自力で覚える」・「特技の成長」・「思いつき」を解説 特技を覚えるためには「自力で覚える」方法の他に、特技の「成長」と「思いつき」を合わせると3つ方法がある。 自力で覚える特技 モンスターにはそれぞれ自力で覚える特技が「3つ」ある。 詳細はゲーム内ならば、図書館のモンスター図鑑で確認可能だ。 上記、本サイトのモンスター配合レシピにも詳細を載せてあるのでそちらも参照してみて下さい。 ちなみに、どうやっても技を覚えないことがあるモンスターもいる。 例えばスライムは「マダンテ」を覚えることが可能なモンスターだが、普通に育てても一向に覚えてくれない。 メダルおじさんから貰ったサンダーバードも「ジゴスパーク」を覚えるモンスターだがレベル40に達しても覚えないことがある。 これは、その特技を覚えられるレベルが足りないことの他にMPや賢さなどのパラメーターが足りていないことが原因だ。 中々覚えない時は、レベルが高く強いモンスターと配合し各パラメーターを上げることで覚えるようになるぞ。 特技の成長 特技の成長とは、例えば戦闘終了後に「ホイミ」が成長すると「ベホイミ」になったことがあるかと思う。 これは、モンスターがある一定のレベルに達した時に覚えられるように設定されたものだ。 レベルの他にも、MPや賢さなどのパラメーターが一定量必要となる。 思いつき 特技の中には自力では決して覚えることができない技もある。 それらの技は戦闘終了後にある一定の条件を揃えることで習得することが可能だ。 例えば、「ベホマ」と「みかわしきゃく」を習得すると戦闘終了後に「ハッスルダンス」を思いつく。 他には「イオナズン」「しゃくねつ」「かがやくいき」を習得すれば「ビックバン」を思いつく。 このように、特定の特技を揃えることで新たな特技を習得することが「思いつき」だ。 ただし特技の成長と同じ様に、レベルやMP、賢さなどの各パラメーターが一定量に達しないと覚えることはできない。 思いついた特技を子に引き継ぐ 思いついた特技を子に引き継いだらどうなるのか? その答えは子供は思いつくための条件である特技を必要とせず、いきなり思いつき技を覚えてくれるぞ。 おもいつき技を忘れてしまうと、また条件を揃えることになるので気をつけよう。 回復系の呪文 こちらではHP回復や状態異常を回復する呪文を解説しました。 持ち物の所持数に制限がある本作では、アイテムでHPや状態回復するのは非効率。 最低でも「ホイミ」「ザオラル」は必ず覚えるようにしよう。 「ホイミ」が成長し習得。 「ベホイミ」が成長し習得。 「ベホマラー」が成長し習得。 蘇生時のHPは最大値の半分。 たまにに失敗してしまう。 蘇生時のHPは全回復。 「ザオラル」が成長し習得。 蘇生時のHPは全回復。 強力な呪文や特技を優先させすぎ、ダンジョンで毒をくらい回復できないといったことはよくある。 呪いは毒よりも厄介な状態異常。 回復手段を用意していないことがほとんどなので注意。 ・はなまどう ・ヘルボックル ・しりょうのきし ・ウインドマージ 攻撃呪文 攻撃呪文は多用な属性があるのが特徴。 属性耐性を持ったモンスターに撃つとダメージが軽減されてしまう。 ダメージ量はレベルや能力値に左右されないのも特徴。 なので序盤のメラミが強力に感じることがある。 覚えるなら雑魚敵を一掃できる全体攻撃呪文を中心に覚えたいところ。 バザー会場の扉を開く時に使える。 序盤では中々のダメージ。 「メラ」が成長し習得。 「メラミ」が成長し習得。 単体とはいえ、非常に高威力。 ミミックが連発してくるメラゾーマがかなり痛く感じる。 自力で覚えるモンスターが非常に多い。 「ギラ」が成長し習得。 「ベギラマ」が成長し習得。 「ヒャド」が成長し習得。 「マヒャド」が成長し習得。 「バギ」が成長し習得。 何気に威力が高いのでストーリー攻略時に使える呪文。 「バギマ」が成長し習得。 「イオ」が成長し習得。 「イオナズン」が成長し習得。 ビックバンを思いつかせるのに必要。 「デイン」が成長し習得。 「ライデイン」が成長し習得。 残りMPとレベルによりダメージが変動するので、残MPが多い方が威力が高まる。 MP999、且つレベル99で最大の威力を放つことができる。 使用者は戦闘不能になる。 耐性持ちがいるので効かない敵がいるのがネック。 ・はぐれメタル ・フーセンドラゴン ・シルバーデビル ・ばくだんいわ 補助系呪文 補助系呪文には、仲間の能力値を上げるバフ系の呪文や、逆に敵の能値を下げるデバフ系の呪文が揃っている。 中には ダメージを倍にする「バイキルト」の様に非常に強力な呪文もある。 その他には敵を眠らせたり、混乱させる状態異常系の呪文もあるぞ。 一部のボスに状態異常が効くので戦闘を有利に進めるためにも確認してみよう。 非常に強力なバフ系呪文。 重ねがけが可能なので物理攻撃主体の敵にめっぽう強い。 「スカラ」が成長し習得する。 物語ではデュラン戦で非常に活躍する呪文。 重ねがけすればダメージを1にまで減らせる。 戦闘で素早さを上げるメリットは、相手より早く動き「ラリホー」などで行動を妨害する時。 何故か覚えるモンスターがすごく少ない。 ピオラの全体版。 「ピオラ」が成長すると習得。 とりあえず全員の素早さが上がれば、それだけで敵より早く回復できるので生存確率が上がる。 非常に強力な呪文。 パーティーに一人は絶対に覚えたい。 4回攻撃の「ばくれつけん」の威力も上がるので併用したい。 耐性持ちには効かなかったりするので素直にバフ系の呪文の方を覚えた方が良い。 全体版ルカニ。 「ルカニ」が成長すると習得。 耐性持ちには効かないが、とはいえ効く相手には強力な呪文ではある。 耐性のある敵に効かない時があるのでピオラに軍配が上がるかも。 ボエミの全体版。 「ボエミ」が成長すると習得する。 通信対戦の無い本作では微妙な立場になってしまった。 敵にやられるとうっとうしい呪文の代表格。 系のボス戦で使えば戦闘を有利に運べる。 物語後半やクリア後のダンジョンのボスは呪文を連発してくるので使いたい。 本作のボスは「ラリホー」がかなり効くので終盤まで覚えておいて損はない。 ラリホーの全体版。 「ラリホー」が成長し習得。 素早さの高いモンスターに使わせ先制で打ち込みたい。 敵にやられると地獄絵図になることも…。 回復する手段がなく敵に使われると回復できなくなり戦闘がかなり辛くなる。 一部のボスにも有効なので覚えておいても良い。 これをかけると敵から呪文で攻撃されなくなる気がする…。 検証中。 「マホターン」が成長して習得する。 本作は歩けばMPが自動で回復するが、ダンジョンが深くなるとMP切れに陥りやすくなる。 そんな時に使える呪文がこれ。 効果は全体。 効く相手には連発しても良い。 「マホトラ」が成長し習得する。 成長後の呪文なのに、使い勝手が格段に落ちるのは何故なのか…。 中には敵全員が即死といった強力なものもある。 最後のあがきに使えなくもない。 なんとボスに変身することができる。 相手によっては非常に有用。 特技も変化し「はげしいほのお」「こごえるふぶき」になる。 攻撃力や守備力が400以上のモンスターが使用すると逆に弱くなるので注意。 ・ドラゴスライム ・とさかヘビ ・りゅうおう 回復系の特技 こちらではHP回復や状態異常を回復する特技を解説しました。 回復系の特技は、 戦闘中にしか使用できないという特徴の他、 呪文ではないので呪文を封じられていても使えるといった利点がある。 【思いつき】 「ベホマ」「みかわしきゃく」を習得すると思いつく。 だだし使用者は戦闘不能になる。 【思いつき】 「キアリー」「キアリク」「キアラル」「シャナク」 ・ゴールデンスライム ・にじくじゃく ・ゴールデンゴーレム ・りゅうおう(竜) 攻撃系の特技 物理攻撃系 大半の技のダメージ計算が攻撃力に依存するので、レベルが上がり攻撃力も上がればダメージも上がる仕様。 (中には例外もあり) 基本的に攻撃力の高いモンスターに覚えさせたい。 3倍のダメージを与える。 ダメージに攻撃力が加味されるので「メラ」を打つくらいならこちらの方がまし。 3倍のダメージを与える。 しかし、本作はモンスターの系統ごとに有効な特技がありそちらの方が効き目も高かったりする…。 3倍のダメージを与える。 井戸の中の扉を開くための「いなずま」として利用できる。 ボーンプリズナー辺りが有力候補。 3倍のダメージを与える。 5倍のダメージを与える技。 5倍のダメージを与える技。 本編のボスにはドラゴンが多いのであっても良いかも。 5倍のダメージを与える技。 5倍のダメージを与える技。 5倍のダメージを与える技。 5倍のダメージを与える技。 5倍のダメージを与える技。 5倍のダメージを与える技。 グランドクロスを思いつくのに必要。 5倍のダメージを与える技。 本編のボス戦で使うとしたら「ゴーレム」と「うごくせきぞう」。 ならば「ラリホー」を覚えた方がいいと思う…。 しかし本作でメタル狩りをするなら、攻撃力の高いモンスターの「しっぷうづき」の方が効率が良い。 毒を期待するくらいならさっさと倒した方が良い。 より強力な「マヒこうげき」の方を覚えたい。 効いてしまえば完全に行動を封じてしまう非常に強力な技。 レベルが上がるとダメージ量が上がる仕様なので威力はそこそこ。 やはりバギ系。 こちらもレベルが上がるとダメージ量が上がる仕様。 「かまいたち」が成長し習得。 消費MPが5しかなく、コストパフォーマンスに優れている。 効かないモンスターもいるので「さみだれぎり」に軍配が上がるか。 消費MPの割りには強力な方。 一発ごとに対象が再選出されるので標的がばらける。 しかし、失敗することが多く運ゲー的な技。 一発ごとに対象が再選出されるので標的がばらける。 「なかまをよぶ」から成長し習得。 しかし、やはり失敗しやすい。 次のターンダメージを与える技。 しかし、飛んでいても呪文の攻撃は普通に受けてしまうのが残念。 攻撃後、自分自身もダメージをくらう。 しかし自分のHPも1になる。 効く相手によっては有効打になるかも。 反動で与えたダメージの3割程のダメージを自分もくらう。 HPに余裕がある時にどうぞ。 非常に運頼みな攻撃なうえ、自分で使用すると大体事故る。 しかし、そのターンで自信が受けるダメージも2倍になる。 先制で確実にとどめを刺せる時など、使い方次第では非常に強力な特技。 この技は「はぐれメタル狩り」をする際に重宝する。 攻撃力の高いモンスターに覚えさせれば、はぐれメタルを逃げる前に一撃で倒せる。 画面左側の敵に与えるダメージが高く、右に向かってダメージが少なくなっていく。 消費MP5とコストパフォーマンスに優れる優秀な技。 攻撃力が高いモンスターに使わせれば威力も上がるので雑魚処理として申し分なし。 命中率は50%。 だが、なんと行動不能の相手には確実に命中させることができるというとんでも仕様。 「さそうおどり」などで行動不能にしてからの必中「まじんぎり」が強力無比。 会心の一撃は守備力を無視するのではぐれメタルにも有効。 消費MPが低くコストパフォーマンスが良い。 バイキルトをかけると威力が増すのでさらに強力に。 一撃目で敵を倒すと2発目は他の敵を攻撃する。 「れんぞくこうげき」が成長し習得。 テリワン断トツの最強特技。 バイキルトで威力が増すのでボス戦で非常に有効。 一撃目で敵を倒すと二撃目以降は他の敵を攻撃する特性を生かし、雑魚戦で全体攻撃さながらの攻撃をお見舞いすることができる。 なんと「せいしんとういつ」との併用が有効で、1ターンに2回「ばくれつけん」を放つことができる。 ゾンビ系が相手だと威力が増す。 何気にバギ系の技なので、耐性持ちには効かないことも。 消費MPが多いのがネックだが、技名と見た目がカッコイイ。 敵単体に370ポイント前後の特大ダメージを与える。 ギガスラッシュ属性という属性の技。 つまり耐性持ちのモンスターもいたりする。 しかし、完全な耐性持ちは少ないので安心。 バイキルトの影響を受けない所が残念。 とはいえ強力なことには変わりない。 【思いつき】 「かえんぎり」「いなずまぎり」「マヒャドぎり」「しんくうぎり」 ・リザードマン ・あくまのきし ・エスターク 召喚系特技 MPを消費し精霊を召喚。 仲間として戦わせるレアな技。 召喚に失敗することもあるので覚えておこう。 バザー会場では入るのに召喚の特技が必要な扉があるので一度は必ず覚えたい。 仲間をかばったりしてくれるが、正直使えるレベルではない。 「ひゃくれつなめ」「バイキルト」「はげしいほのお」でサポートしてくれる。 バイキルトをかけて貰えると嬉しい。 「タッツウしょうかん」が成長し習得する。 「しっぷうづき」「さみだれぎり」「まじんぎり」といった物理攻撃でサポートする。 「デアゴしょうかん」が成長し習得。 「ジゴスパーク」「こごえるふぶき」「いてつくはどう」でサポートしてくれる。 ジゴスパークが強力。 「サムシンしょうかん」が成長し習得。 なし 補助系の特技 敵の攻撃や行動を封じたり、技の威力を上げる特技が揃っている。 中でも 「ひゃくれつなめ」「さそうおどり」は強力なのでおすすめ。 単純に2回攻撃するのと同じでは?と思われがちだが、敵に回復させずに一撃で仕留めたい時に有用。 5倍の威力の攻撃を繰り出す。 もともと鈍足のモンスターなら割とありな特技。 相手が「だいぼうぎょ」状態でも貫通する。 この技の真骨頂は4回攻撃の「ばくれつけん」を1ターンに2回放つことである。 さらにバイキルトをかければダメージが2倍になるのでHPの高いボス戦で使おう。 効く相手が多く非常に有用な技。 先制で撃ち込めば何もさせずハメることも可能。 「なめまわし」が成長すると習得する。 リップスとマチコから貰えるうごくせきぞうだけが覚えれるレアな技だ。 飛んでいる敵には効かないのがネック。 しかし、スライム系には効きやすい。 やはり飛んでいる敵には無効。 とはいえ、先制で刺さる相手には有効な手段には変わりない。 「あしばらい」が成長し習得。 しかし、成功率がやや低いので「さそうおどり」の方が強く感じる。 敵に使われると厄介。 呪い状態になるとランダムでHPやMPの減ったり、バットステータスを引き起こす。 とはいえ、これで麻痺などを期待するくらいなら最初から狙って技を撃った方が良いと思う。 これを使うくらいなら「おいかぜ」や「きょうふう」を使いたい。 序盤でコドラに使われると攻撃が当たらなくなりイライラする。 特に行動することが無い時にどうぞ。 「ハッスルダンス」を思いつく際に必要。 敵に使われると超絶厄介。 MPにダメージを与えるよりも吸収したいよね。 MPを回復したい時にどうぞ。 使い勝手の悪いマホキテに成長してしまうマホトラよりは使える。 「ふしぎなおどり」が成長し習得。 決まる確率が非常に高くほとんどのモンスターに有効。 かなり強力なので「すいめんげり」や「おたけび」を使うくらいならこっちを覚えよう。 ボスのファンキーバードが使用してくるが、これだけで全滅の可能性がある。 ザラキと同じ効果。 効く相手には連発すると良い。 使いどころがボスのファンキーバード戦くらいしかない。 「だいぼうぎょ」をしている仲間に他のモンスターで回復してやれば安全に回復が行える。 攻撃力が上がりすぎたグリズリーの攻撃をドラゴンキッズに受け流され、自滅するなんてことも…。 対戦機能があれば使えた技。 HPを強化したメタル系に使わせたい。 「みがわり」が成長し習得する。 やはりあらゆる攻撃に耐性が強くHPの高いモンスターに使わせたい。 フバーハやスカラなどバフをかけてから使用するのもあり。 反射する確率が低く、たまに失敗する。 これを使うくらいなら「だいぼうぎょ」を使いたい。 跳ね返すたびに使用するくらいなら「フバーハ」の方が有効かも。 使用者以外の仲間にも効果が及ぶ。 一度だけ使ってきた相手に跳ね返す。 「くちをふさぐ」を使うくらいならこちらを使おう。 「おいかぜ」が成長し習得する。 何気にドラゴスライムやスカイドラゴンがこのコンボを使ってくる。 その後受けた息技を敵に返す。 この時の反撃は敵全体が対象。 ダメージを引き受け反射するので息耐性があるモンスターに覚えさせると「きょうふう」よりも強力。 しかし効果が1~2ターン程で切れてしまう。 しかし、いまいち効果が分からない特技。 使う必要はおそらく無い。 肉弾戦で確実に勝てる相手にだけ使用しよう。 状況を選ぶことになるので使いづらい技だ。 一度に3つのデバフ効果のある特技だが耐性持ちには効かないことも。 しかし、効く相手には非常に強力。 ボスにやれると痛い。 しかも強いモンスターほどこの特技を覚えている。 自分で使おうとしたら、使う機会が全くないのが事実。 物理攻撃の威力は使用者の攻撃力に依存。 まねまね状態になると敵は全体攻撃をしてこなくなる。 全体攻撃封じに使えるかも。 【思いつき】 「モシャス」「せいしんとういつ」 ・ぶちスライム ・スーパーテンツク ・わたぼう ・マネマネ 息系の特技 攻撃から状態異常まで一通り揃っている。 呪文とは異なり耐性が息系になっているのが特徴。 なので「ラリホー」は効かないが「あまいいき」なら通るといったことがある。 さらに、 呪文ではないので呪文封じの効果を受けない。 覚えるモンスターが非常に多く、「しゃくねつ」と「かがやくいき」は強力な全体攻撃なのでぜひ覚えたいところ。 ダメージが小さいが序盤ならあり。 「ひのいき」が成長し習得。 「かえんのいき」から成長し習得。 威力が高く覚えやすい。 「はげしいほのお」から成長し習得。 ひのいきと同じく序盤で敵のHPを削る時に。 「つめたいいき」から成長し習得。 「こおりのいき」から成長し習得。 「しゃくねつ」よりも威力が高い。 「こごえるふぶき」から成長し習得。 これよりも、HPの減少量が多い「もうどくのいき」があるので影が薄い。 息系に属するので「ラリホー」が効かない相手に効く可能性がある。 効く相手が多く、戦闘中自然回復しないので非常に有用。 逆に敵に使われると非常に危険。 毒よりも減少ダメージ量が多い。 しかし、これを使うくらいなら素直に攻撃した方が良いかも。 冒険に役立つ特技・呪文 こちらは冒険に役立つ特技・呪文を紹介しています。 中でも 全体マップを表示させる「レミラーマ」は必ず覚えたい。 ダメージ床のダメージはそれ程高くないので必要ない。 「レミラーマそう」と同じ効果。 これがあるとダンジョンをさくさく進めるようになる。 はぐれメタル狩りにこれを使えば作業効率が上がる。 ・スラッピー ・わたぼう ・おおなめくじ ・おばけキャンドル.

次の

ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド

テリーのワンダーランドレトロ スマホ

懐かしのテリワンがスマホ版で登場 2019年秋。 ドラゴンクエストモンスターシリーズの第1作目である「テリーのワンダーランド」が20周年を迎えました。 そして、20周年記念に当時の環境そのままで、スマホ版 テリワンRETRO として登場。 今回はテリワンRETROをプレイした感想に基づく満足点や、詳細を述べたいと思います! 商品詳細 お値段は1,480円! テリワンRETROの気になるお値段ですが、 1,480円 税込 です。 なんと、iTunesカード1500円1枚で買えちゃいます! 完全買切り制なので、追加でお金はかかりません。 また、iPhoneやiPadと機種に関係なく同一のお値段です。 クリスマス〜年末が近づいているため、セールで安くなる可能性もあります。 因みに、使用しているiPadは2014年に登場した「iPad Air」です。 大きさは10インチほど。 iPhone8を3つ分くらいの画面ですね なので、今回の記事はiPadでの使用感で書かせていただいています。 満足点 懐かしさ抜群 戦闘、音楽、探索、配合。 当時のテリワンが、そのまま再現されています。 スラぼうを連れて旅のとびらに飛び込んだ後に流れる、探索の音楽を聴いた時「あぁ〜!これだわぁ!」と思わず声に出してしまいそうになりました。 懐かしさ抜群なので、当時プレイしていた人は購入をおすすめします。 セーブも急に消えません笑 メニュー機能が充実 十字キーの下に、四角のボタンがあるのですが、そこをタップすると• モンスター牧場確認 冬眠、タマゴ含む• 操作説明• タイトル画面に戻る の4つの項目が表記されます。 特に「モンスター牧場確認」「設定」「タイトル画面に戻る」の機能がとにかく便利なので1つずつ紹介していきます。 牧場のモンスターをその場で確認できる 所持しているモンスターの状況は、牧場にいる「プリオ」に話しかけないと確認できませんでした。 しかし、テリワンRETROではメニュー機能から、手持ちのモンスター 冬眠、タマゴ含む を確認できるようになったのです! 呪文やとくぎ、ステータスの詳細こそ見れませんが、牧場に預けているモンスターの種族や性別も確認できます。 やっとの思いで配合目当てのモンスターを仲間にして牧場に戻るものの、同性だった時の絶望感を味わうことがなくなります。 他国のマスターからモンスターを厳選する時に時短できます。 背景設定 着せ替え機能• 移動速度の変更 の4種類の設定ができます。 背景 着せ替え 機能は デフォルト 青 わたぼう ゲームボーイ の4種類。 ゲームボーイは白、赤、緑、黄、水色、紫の6種類あります。 好きな背景をカスタマイズできます。 そして、特に嬉しいのが画面設定です。 カラーだけでなく、各ゲームボーイ画面の設定ができます。 モノクロ1…ゲームボーイポケット• モノクロ2…スーパーゲームボーイ• モノクロ3…ゲームボーイライト だと思います。 初代ゲームボーイは3に近い気がしますね。 あの頃はスーパーゲームボーイにはお世話になりました。 電池的な意味で。 移動速度は気持ち早くなります。 よりレトロな感じを味わいたいのであれば、遅めに設定することもできます。 惜しい点 操作性 正直、 良いとは言えないです笑 プレイ画面は上の画像のように、ゲームボーイの形を再現しており、画面のタップで操作します。 プレイは全然できるのですが、右を押したと思っていたら、同時に下 上 も反応していることが多々ありました。 ゲームボーイのコントローラー感覚でプレイすると、• 探索中に予期せぬ方向に進んだりする といった誤操作が多かったです。 彼女がiPhone版をプレイしているので少し触らせてもらいましたが、十字キーが小さすぎて、慣れるのに時間がかかると思いました。 逆にiPadは十字キーが遠く感じ、かつ上下左右それぞれの幅が広いのも誤操作を生む要因の1つだと思います。 通信機能は無し テリワンといえば、通信機能による 対人戦や お見合い機能は醍醐味の一つです。 ただ、今回のテリワンRETROには、通信機能は完全に排除されてしまっています。 購入するなら、ゲーム性や音楽を始めとした「懐かしさに浸るためのゲーム」と割り切りましょう。 テリワンRETROの満足度 個人的に、テリワンRETROの満足度はかなり高いです。 通信機能がなかった点は少し落胆しましたが、それでも当時の懐かしさに触れられたのは楽しかったです。 ありがとう、スクエニ…! 当時プレイしていた人は、片手間に遊んでみるのもアリだと思います。 「その おにく くれよ。 」 わたぼうは優しい口調のイメージがありましたが、こんなに口が悪い 愛嬌のある? ことに20年間、全く気付きませんでした。 新しい発見に感謝します。

次の

GB版のテリーのワンダーランドのほうが3DS版より楽しくて名作だよね。|にんにくインコ

テリーのワンダーランドレトロ スマホ

本作は,2019年9月17日にのスマホ版となる。 価格は 両ストアで1480円(税込)。 アプリは買い切り型で,ダウンロード後の追加課金は存在しない。 ゲーム内では画面やボタンの色味を変更できるという,なんともGBらしい仕様を搭載している(GBは人により,経年劣化の具合などで色味が異なっていたことから)。 また,GBC版よりも 「少し速く移動できるモード」が存在し,多少なりとも今どきの快適性が確保されている。 とはいえ,GBCないしゲームボーイブロス(本体だけがカラーなGB)で遊んでいたような方々は,それゆえにアリだろう。 「やっぱこれだよね!」の気持ちならSP版に勝るはずだ。 スマートフォン・タブレット向け 『ドラゴンクエスト モンスターズ テリーのワンダーランド RETRO』 本日配信のお知らせ 株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松田 洋祐)は、NintendoSwitchで配信中のロールプレイングゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド RETRO』を、スマートフォン・タブレット向けに配信いたしましたことをお知らせいたします。 詳しくは公式サイトをご覧ください。 「App Storeからダウンロード」のリンク先 「Google Playで手に入れよう」のリンク先 「Nintendo Switchでプレイする」のリンク先.

次の