カラス は 飼える か。 松原始 『カラスは飼えるか』

『カラスは飼えるか』ほかの鳥だって可愛いよん。

カラス は 飼える か

このタイトルから引きつけれる。 読み出してから、サルやニワトリが出てくるがなかなかカラスが出てこない。 元々が京都大学で野生生物研究会に所属していた著者の松原さん。 サルが出てくるのは大学時代に屋久島のサルの生態調査を行い、そこからカラスの研究に進む事の経緯が冒頭に出てくる。 なんでも屋久島の主要な収入源となる作物はポンカンなどの柑橘類だが、サルの被害は深刻。 島全体のサルの個体数を調査する為に、「ブロック分割定点観察法」という人海戦術で学生が同じ場所にずっと座り込みサルの泣き声を聞いたらデータにつけて行くというなんとも気のとおくなるような作業をしていたらしい。 屋久島というのは意外な事に「海上アルプス」と呼ばれるほど山ばかりで、最高峰の宮之浦岳は標高1936メートル。 これは九州で最高峰の山となる。 それのみならず九州の8位までの高さの山は全て屋久島にあるほどであるから驚きだ。 屋久島に初めて訪問したのは2016年の夏。 前の会社を退職し、その有給休暇中に4、5泊ほど過ごした。 で、屋久島というのはそんな様に平地が少なく、空港を作るには場所が制限されている。 日本一霧の多い島と呼ばれるくらいで視界が悪く、パイロット泣かせの空港である。 伊丹空港から屋久島空港への直行便を使うが、3度ほどの着地を試みて失敗。 近隣の鹿児島空港に降りて、航空会社からフェリーのチケットが発行されて、フェリーで行く事になった。 ちょうど飛行機で隣に乗り合わせた女の子がカナダからの観光客で、鹿児島空港でフェリーの乗り方がうまく説明できない係員の為に通訳する事に。 一緒にフェリーで屋久島まで向かう事になった。 なんでもカナダのアルバータから日本にやってきて東京から関西、そして最後に屋久島へと旅行にきたらしい。 屋久島に来た目的は、宮崎駿夫の「もののけ姫」の舞台のモデルになった森を観る為との事で、こちらは「送陽邸」という夕日の綺麗な海に面した宿で退職後の保養に来ただけだが、カナダから「ものののけ姫」の森を観にやってくるくらいだから、こちらも拝んでみようと山に登ることになる... 続く、 屋久島にある送陽邸から観る一面の海。 何もせず、何も考えずにただボーッと海をのぞむ。 家族経営されている宿で、名物の親父さんが晩酌に来てくれる。 女将さん共々英語ができないが外国人客も多い。 言葉が話せなくとも心と心で人は通じるものだ。 屋久島にある送陽邸のハンモックでくつろぐ紳士。 ちょうど7月におとづれたが台風シーズンで観光客が他にいなかった。 また屋久島は降水量が全国で1、2を争う。 訪問した日も雨に打たれる事も多く、登山したい方は夏のシーズンはさけた方が良いだろう。 カナダからの女の子と出会わなければ、知らずに行かなかったであろう「もののけ姫」の舞台になった白谷雲水峡。 雨が降っていたのでカナダからの女の子とホテルのカフェでお茶することにした。 アルバータ出身である。 この事がきっかけでアルバータへの留学を考えることになった。 アルバータはオイルサンドが取れるので一時期は一攫千金を求めて多くの労働者で栄えたが、オイルの価格が下がるに連れて産業が衰退した。 結局はフランスへ留学することになったが、人生って何がきっかけでどうなるか分からないものだ。 新潮社・カラスは飼えるか.

次の

カラスをペットとして飼える?法律違反?販売価格や餌代、性質を踏まえた注意点は?

カラス は 飼える か

本を買う時、何を重視するか。 もちろん内容がいちばんだが、そんなもの読んでみないことにはわからない。 となると、まずは著者かタイトルということになる。 この本について、少し考察を加えてみよう。 まずは著者の松原さん、申し訳ないが、そう知名度が高いとは思えない。 あの偉大な数学者・の孫であることを知るのは、親戚以外では多くあるまい。 しかし、誰がなんと言おうとカラスファンには有名である。 というか、有名なはずだ。 なので、カラスファンなら無条件に買いそうだ。 しかし、それってどれくらいの人数いてるんやろ。 次、タイトルから内容を考えてみる。 カラスに対する世間のイメージはよろしくない。 というより、悪い。 そこへこのタイトルだ。 飼ってみたらむっちゃかわいいですよ、とかいう内容になってるに違いないという気がする。 しかし、冒頭で、その想像は無残にも打ち砕かれる。 「もしカラスの飼い方を知りたかったのであれば、ここで本を閉じて本棚に戻して頂いて構わない。 というか、そうすべきである」と潔い。 さらに、第5章「やっぱりカラスでしょ!」にある「カラスは飼えるか」という問いに対する答も明快だ。 「基本、飼えない。 以上」。 それなら、こんなタイトルにせんといてほしいわ。 まぁ、考えてみたら、カラスを飼いたいなどという酔狂な考えを持っている人は日本に100人くらいしかおらんだろうから、このタイトルでも羊頭狗肉(というのか……)にはあたるまい。 じゃあ、なんの本なのかというと、カラスをメインにしたいろいろな鳥類や動物をめぐる気軽で楽しいエッセイ集なのである。 好きなところを読んで「へー、鳥ちょっと面白いじゃん」と思ってもらえたら十分と前書きに書いてある。 その前書きのタイトルは「脳内がカラスなもので」。 何なんですか、それは。 だが、読み終わった感想をはっきり言っておこう。 「おー、松原さんちょっと面白すぎるやん」。 全体の8割くらいが鳥についてで、うち半分がカラス、残りの2割がその他の動物、といったところだろうか。 カラスは、世界中で40種くらいとか、縄張りを持つとか、フクロウが大嫌いとか、別に知らなくても困りはしないことばかりだけど、実に勉強になる。 それ以外の鳥類については、ニワトリ、闘鶏、鷹狩り、絶滅したドードー鳥、毒を持つ鳥、渡りのメカニズムなどなど、これも、ほぉ〜っと思うような内容が盛りだくさんである。 「カラスは食えるか」という、タイトルと1字違いの問いもカラス界では極めて重要な問題らしく、第2章のタイトルになっているほどだ。 これも、食べられなくはないけれど、手間をかけねばならず、そんなことしてまで食べるほどでもないと、すこぶる明快。 飼えるか問題も食えるか問題も、答えが極めてシンプルなのが心地よい。 内容に劣らず、ところどころに出てくる捨て台詞も素晴らしい。 某グルメ漫画の雪山の別荘に閉じ込められた状況には「山をナメきっているとしか言いようがない」と一刀両断。 『The Raven』(邦題は『 鴉 ( からす )』または『大鴉』)には「カラスディスってんのかコラ」と作者のに喧嘩を売る。 なんか爽やかすぎるやないですか。 ウェブ「」に連載されていた時のタイトルは「カラスの悪だくみ」だった。 しかし「カラスは悪だくみなどしない」という。 そのかわり、松原さん自身が「飛ばないカラス」であると。 う〜ん、そしたら、松原さんが悪だくみで書いてたっちゅうことですか。 「絶妙なおマヌケさが、カラスの魅力の一つ」だという松原さんは「脳内がカラス」なだけではなくて、「カラスに蹴られて喜ぶ変態」でもあるらしい。 その上、なんでも「カラスと私の呪い」なるものを持っておられるとか。 ここまで読んでこの本を買わなかったりしたら、その呪いが降りかかるやもしれませぬ。 たぶんそれは、カラスに糞をかけられるという世にも恐ろしい呪いでありましょう。 (なかの・とおる 大阪大学大学院医学系研究科教授) 単行本刊行時掲載 身の回りにこんなにいるカラスたち。 きっとあなたのそばにも! 1 おねむの時間です 2016年7月4日、東京都内の公園にて。 巣立ち数週間のハシブトガラスの雛が地面でぼーっとしている。 2 スマホに変えようかな 2018年2月24日、東京、浅草にて。 異様なほど人馴れした若いハシボソガラスがいると聞いて見に行った。 野生個体だと思うが、人間に餌をねだって生きていたらしい。 3 黒い恋人たち 2011年12月、東京、池袋にて。 相互羽づくろいを繰り返した後「ぴとっ」と並ぶハシブトガラスのペア。 今もこの場所に、多分同じペアが住んでいる。 4 鏡よ鏡 2006年6月、兵庫県西宮市にて。 このハシボソガラスは水を飲もうとしたのか、カエルを狙っていたのか、それとも? 5 実用的 2008年4月、奈良市にて。 抱卵中のハシボソガラス。 何を隠そう、実家の庭の木である。 私が実家にいる間は営巣してくれなかったのに。 6 頭かいて 2019年3月6日、東京、代々木公園にて。 ハシブトガラス。 ペアの相手に頭を差し出し、羽づくろいを要求することがよくあるが、この時はなかなかやってくれなかった。 7 やっと1本 2012年3月28日、東京都文京区。 営巣しようとしていたハシブトガラスが、数分かけて並木の枝を取るのに成功した。 これをくわえ直して、巣に持ち込んで組み込む。 8 そんな顔してりゃ 2019年3月6日、東京、代々木公園にて。 撮影されているのに気づいて、小首を傾げながらこちらを凝視するハシブトガラス。 かわいいじゃないか。 9 無題 2012年1月9日、東京都内。 ハシブトガラス。 この構図はカラスが黒ベタになりがちで撮影者泣かせだが、カラスらしくはある。 頭と喉の羽毛のポサポサ加減がよく見える。 10 無題 2009年1月、沖縄県小浜島にて。 夕暮れ、マングローブ林で出会ったオサハシブトガラスの集団。 ねぐら入り前の集合だろう。 共同研究者が鳴き真似したら一斉に飛び立った。

次の

楽天ブックス: カラスは飼えるか

カラス は 飼える か

日本では野鳥は基本的に飼ってはいけないことになっているが、カラスは狩猟鳥なので狩猟期間中に捕獲するのは違法ではない。 また自治体によっては飼育を許可しているところもあり、例外的に認められている。 しかし、このタイトルには第3の問いが含まれている。 小鳥のようにかわいくもなく不吉なイメージのつきまとうカラスなんぞをペットにしたいのか、という。 確かにカラスに対するマイナスイメージは根強い。 かつて石原慎太郎が都知事時代に、カラス対策プロジェクトを立ち上げ、「カラスのミートパイを東京名物として売り出したらどうか」などの発言もしていた。 そんな悪者扱いされるカラスだが、我々はどこまでカラスのことを知っているのかという問いも生まれてくる。 本書は「カラス先生」と呼ばれる著者が、カラスにまつわるさまざまな秘密を豊富なエピソードと共に明かしている。 といってもカラスの話ばかりではなく、屋久島のサルのフィールド調査の話や、タカやフクロウなどカラス以外の鳥の話も織り交ぜながら、カラスという鳥がどういう特性を持ち、どのような暮らし方をしているのかを教えてくれる。 「カラス被害」のひとつにカラスが人を襲うというのがある。 襲うとしたら我が子の安全を脅かされるという例外的状況のみで、その場合でせいぜい後ろから頭を蹴飛ばす程度だという。 本来カラスはヘタレで、正面から襲う度胸はないそうだ。 そんなヘタレな姿を知ると、カラスがかわいく思えてくる。 ちなみに、著者はカラスは飼ったことはないが、食べたことがある。 肉の味はお世辞にもうまいとはいえず、東京名物カラスのミートパイの需要は見込めないだろうとのこと。 <狸> (新潮社 1400円+税).

次の