プチッ と 鍋 種類。 冬キャンプの料理はラージメスティンで作る一人鍋がおすすめ!我が家はプチッと鍋を使っています。 : Kutikomi

おひとり様でも楽しめる♪エバラ「プチッと鍋」4種類を食べ比べ!(ママテナ)

プチッ と 鍋 種類

0g、脂質 0g、炭水化物 4. 0g、食塩相当量 3. 9g、脂質 0. 3g、炭水化物 6. 1g、食塩相当量 3. 9g、脂質 0g、炭水化物 2. 1g、食塩相当量 3. 8g、脂質 2. 6g、炭水化物 1. 6g、食塩相当量3. 9g、脂質 2. 8g、炭水化物 7. 1g、食塩相当量3. 6g、脂質 7. 4g、炭水化物 7. 6g、食塩相当量3.

次の

プチッと鍋のランキングを勝手にしてみた!

プチッ と 鍋 種類

全10種類のうち4種類をゲット すでにご存知の方も多いと思いますが、「プチッと鍋」は、ひとつのポーションで1人前の鍋を作ることができる小分けになった濃縮タイプの鍋の素です。 現在は、以下の10種類がラインアップされています。 【プチッと鍋の種類】 ・寄せ鍋 ・キムチ鍋 ・ちゃんこ鍋 ・とんこつしょうゆ鍋 ・とんこつ塩鍋 ・濃厚白湯鍋 ・スンドゥブチゲ鍋 ・濃厚みそ鍋 ・豆乳ごま鍋 ・坦々ごま鍋 せっかくなので10種類すべてを食べ比べようと思い、いくつかのスーパーを見て回ったのですがなかなか揃わず…。 結局ゲットできたのは、(1)寄せ鍋、(2)キムチ鍋、(3)ちゃんこ鍋、(4)坦々ごま鍋の4種類のみでした。 しかし、これらはどのお店にも共通して販売されていたので、人気が高く、「プチッと鍋」シリーズの定番になっているのかもしれませんね。 どれもハイレベルで驚き! 鍋はその種類によって具材を変えたほうがおいしいのですが、今回はすべて豚バラ肉・豚ロース肉のセットと、鍋用の野菜セットを使用。 ポーション1個につき水150mlを鍋に入れ、具材を加えて煮込んだら完成です。 さっそく食べてみると…? (1)寄せ鍋 うすくちしょう油がベースの「寄せ鍋」は、カツオと昆布の旨みとしょうがの風味が特長だとか。 たしかにカツオや昆布のだしがよく効いていて、コクもありおいしい! しかし、しょうがの風味はあまり感じませんでした。 煮込みうどんや茶碗蒸しなどに使うレシピもあるようですが、シンプルな味付けで「濃いめのだし」といった感じなので、様々な和食に活用できそうです。 (2)キムチ鍋 イワシやオキアミ、鮭、鰹節の旨みとにんにくのコク、唐辛子の辛さを程よく効かせたコク深い味わいに仕上げたという「キムチ鍋」。 後味にピリッとくるのですが、どちらかというと辛味よりも酸味のほうが際立っている印象です。 (3)ちゃんこ鍋 コク深い丸鶏をベースに、カツオと北海道産真昆布の旨みを効かせ、まろやかで上品な味わいに仕上げた「ちゃんこ鍋」は、塩味がメインのシンプルな味わい。 水をきちんと量って作りましたが、やや味が濃いめな印象なので、水を多く入れ、薄めにしてあっさり野菜スープなんかにもおすすめです! ゆずの皮を削って入れるなどすれば、アクセントになって爽やかさもプラスできますよ。 (4)坦々ごま鍋 ねりごまのコクあるスープににんにくと豆板醤を効かせ、食欲そそる旨辛い味わいが特長の「坦々ごま鍋」。 酸味や塩味、甘みのバランスが絶妙で、香ばしいごまの風味もおいしいです。 水をかなり少なくすれば、しゃぶしゃぶなどの「ごまだれ」や「ごまドレッシング」としても活躍してくれそう! はじめは、実食したのちにランキング形式にする予定でいましたが、どれも甲乙つけがたいほどおいしかったので、それぞれ特長を簡単にまとめました。 あくまで個人の感想ではありますが、「どれを買ってもハズレなし」といえます。 そして何より、鍋以外にも色んな用途に活用できるというのも高ポイントで、1人前で調理できるのも助かりますよね。 1袋税込257円というお手頃価格も魅力です! さあ、あなたはどの味を選ぶ? (文・明日陽樹/考務店).

次の

【プチッとシリーズ】「鍋」じゃなくて「ごはんズ」があるの知ってた?(ママテナ)

プチッ と 鍋 種類

一人前から作ることができ、10種類もの味がある「プチッと鍋」は、その使い勝手のよさから人気を集めています。 この冬、何度もお世話になった、という人も多いのではないでしょうか。 そんなプチッとシリーズ、じつは「鍋」だけではなく「ごはんズ」もあること、知っていました? 「プチッと鍋」と同じポーションタイプ筆者は、ごく最近「プチッとごはんズ」の存在に気付いたのですが、どうやら2018年2月に「チキントマト味」「博多風とんこつ味」「ユッケジャン味」の3つが発売されていたもよう。 現在は、さらに「焼きかに風味」と「あさりバター風味」が仲間入りし、全5種類販売中です。 「プチッとごはんズ」は、たとえば「チキントマト味」ならトマトリゾットとチキンライス、「あさりバター風味」ならボンゴレリゾットと深川風焼きめしといったように、1種類で2つのメニューを作ることができるというのが魅力のひとつ。 韓国料理や焼肉屋さんに行ったら必ずと言っていいほど「ユッケジャンクッパ」を注文する筆者は、5種類の中から「ユッケジャン味」をチョイスしました。 「クッパ」と「ピリ辛チャーハン」を作ってみた「ユッケジャン味」の場合は、クッパとピリ辛チャーハンの2つがメインのメニュー。 まずは、クッパを作ってみることに。 【材料】(1人分) ・ユッケジャン味ポーション…1個 ・水…200ml ・ごはん…100g ・卵…1個 【作り方】 (1)鍋にポーションと水を入れて火にかけ、煮立ったらごはんを入れる (2)溶き卵を回し入れ、ひと煮立ちしたら完成! 正直、キムチ鍋的な味わいを想像していたのですが、ビーフの旨みがしっかり出ていてまったくの別物。 キムチ雑炊ではなく、きちんとユッケジャンクッパの味に仕上げることができました。 今回は冷蔵庫に豚肉が余っていたので追加しましたが、基本は少ない材料でOKなのでこれは重宝しそう! 続いて、ピリ辛チャーハンに挑戦。 材料と作り方は以下の通りです。 【材料】 ・ユッケジャン味ポーション…1個 ・ごはん…200g ・卵…1個 ・サラダ油…大さじ1 【作り方】 (1)フライパンに油を熱し、溶き卵を入れ、ごはんを加えて炒め合わせる (2)ポーションで味付けして完成! 具材は卵だけですが、ビーフの旨みのおかげで本格的な仕上がりに。 ポーションひとつに色んな食材の旨みがギュッと凝縮されているので、ほかの調味料は一切不要。 色んな味の「プチッとごはんズ」をそろえておけば、料理のレパートリーも広がりそうですね。 いつもと違う味付けにしたいとお考えなら、一度試してみてはいかが? (文・明日陽樹).

次の