志尊淳インスタライブ 酔っ払い。 この言葉知ってる?2020年上半期のインスタ流行語1位は「ぴえん」…「ぱおん」「きゅんです」もブームに(まいどなニュース)

窪田正孝 X 春菜 がトレンドに! Funnitter(ファニッター)

志尊淳インスタライブ 酔っ払い

『トイ・ストーリー』シリーズ、そして『リメンバー・ミー』で世界中を感動の渦に巻き込んできたディズニー&ピクサー。 最新作にしてピクサー映画史上もっとも泣ける作品として呼び声高い『2分の1の魔法』が3月13日(金)に全国公開となる。 2」東京公演のアンコールに、日本語版声優を務める主人公イアン役の志尊淳とイアンの兄バーリー役の城田優がサプライズゲストとして登場。 兄弟役の志尊と城田はスキマスイッチとともに『全力少年』を大熱唱し、一夜限りの夢のスペシャルコラボが実現。 さらにスキマスイッチの2人が本作の一言声優に参加していることも発表された。 サプライズに感動したファンからは大合唱が巻き起こり、熱狂冷めやらぬ大盛況のライブとなった。 志尊が演じる主人公イアンは、何をやっても上手くいかず自分に自信を持てないが、実は隠れた魔法の才能を持つ16歳の少年。 生まれる前に亡くなったお父さんに一目会いたいと願っている。 一方、城田が演じるのはイアンとは真逆で陽気で好奇心旺盛な魔法オタクの兄のバーリー。 だが実はバーリーも幼い時に亡くしたお父さんにもう一度会って伝えたいことがある。 本作では自分に自信が持てないイアンが自分を信じて一歩踏み出す勇気が描かれており、『全力少年』の<固定概念や弱い自分などを全て壊して、セカイを切り開いていこう。 >という力強いメッセージが作品と重なり、日本版エンドソングに決定した。 エンドソングの『全力少年』には、そんなメッセージが込められている。 この日ライブに足を運んだファンにとって、完全なサプライズで登場した志尊と城田。 ライブ終盤のアンコールでファンが大いに盛り上がる中、スキマスイッチ大橋が「全力少年はディズニー&ピクサーの映画『2分の1の魔法』の日本版エンドソングになっているのですが、本日はなんとイアンとバーリーが会場に来てくれました!」という呼び込みで登場すると、会場のボルテージはさらにヒートアップし、大歓声と大きな拍手で迎えられた。 そして大橋が「全力少年をもう一回やる?」と言うと会場全員が立ち上がり、志尊と城田はスキマスイッチとともに『全力少年』を会場と一体となって大熱唱。 会場にいるファン全員と一緒にジャンプをしながら歌い盛り上がり、豪華で夢のようなスペシャルステージとなった。 そしてスキマスイッチが一言声優として本作に参加していることが発表されると、会場からは大歓声が巻き起こり、大橋は「実はちょろっとだけ出ています」と会場を沸かしていた。 歌い終わった志尊は「緊張しましたがすごく楽しかったです!最初手足が震えてましたがジャンプしてたら大丈夫でした!(笑)本当に楽しかった!」と明かし、城田も「登場してお客さんからブーってならないで良かった。 本当に楽しいステージでした!」とステージを楽しんだ様子。 城田は「『全力少年のように弱い自分をぶっ壊して前に一歩踏み出せる力をもらえる映画になっています。 主題歌と共にどうぞよろしくお願いいたします!」とメッセージを述べ、興奮冷めやらぬ中スペシャルライブは幕を閉じた。 主人公の少年イアンは、家族想いで優しいが、なにをやっても上手くいかず自分に自信がない。 しかし隠れた魔法の才能がある少年。 そんなイアンの願いは、彼が生まれる前に亡くなった父に一目会うこと。 父との思い出がないイアンは16歳の誕生日プレゼントに、亡き父が母に託した魔法の杖とともに手紙が贈られる。 大切な人との絆を描く本作に、衝撃的な感動の結末が待ち受けている。 『リメンバー・ミー』で感動の嵐を巻き起こし、昨夏『トイ・ストーリー4』で100億円を超える大ヒットを記録したディズニー&ピクサーが贈る感動のファンタジーアドベンチャー『2分の1の魔法』は3月13日(金)より全国公開。 All Rights Reserved. 関連記事.

次の

TOKIOカケル【超人気!志尊淳が登場…話題のインスタ裏話&25歳リアル恋愛】

志尊淳インスタライブ 酔っ払い

女優の芳根京子が22日、アメブロオフィシャルブログを更新し、2015年のドラマ「表参道高校合唱部!」(TBS系)で共演した俳優・志尊淳との2ショットを公開。 ファンから「二人似てるような気がしてきた」「志尊くんときょんちゃん顔似てる」などと話題を呼んでいる。 「観劇。 」と題して更新されたアメブロで芳根は、「今日は志尊くんの舞台『春のめざめ』観劇させていただきました。 横浜は明日までだっていうからね、ギリギリ行けてよかったです。 ありがとう」と、志尊が初主演をつとめる舞台『春のめざめ』を観に行ったこと報告し、2ショットを公開した。 今クールは、ドラマ「小さな巨人」(TBS系)に出演中の芳根。 21日放送の第6話からは、豊洲署に異動した主人公・香坂真一郎(長谷川博己)とともに捜査を担う新人刑事・三島祐里を演じている。 自分も頑張らないとって思います。 明日からまた頑張る。 頑張るよ。 負けない。 踏ん張る。 」と、芳根も気持ちを新たにしていた。 「オモコーの仲間愛」「本当におもこーのみんなは仲が良いね」「見てるだけで癒されます」といった喜びの声のほか、同じ表情でカメラに収まる芳根と志尊に「京子ちゃんカワイイ!二人似てるような気がしてきた!兄妹みたい」「志尊くんときょんちゃん顔似てる笑」といったコメントも多数寄せられている。

次の

痛快TV スカッとジャパン【あの悪女の秘密とは?スカッとするミステリーSP】[字][デ]|番組情報|TNC テレビ西日本

志尊淳インスタライブ 酔っ払い

7日、DAY3となる最終日の配信が行われ、 が卒業が延期になったことについて思いを語った。 ライブ映像に加えて、開催予定だったライブが卒業コンサートになるはずだった白石と、各日別に特別ゲスト1名によるコメントも公開された。 最終日のゲストは松村沙友理。 DAY3を視聴し終わると、「最後の『きっかけ』は今でも覚えてる。 (伊藤)万理華とひめたん(中元日芽香)の挨拶が終わったあとに後ろにみんながいたじゃん!あれが乃木坂っぽくていいよね〜」という白石。 松村も「そういう時絶対生駒ちゃん( )が、最前列の下にいるんだよね(笑)」と懐かしんでいた。 そして、白石にとって東京ドームは?と聞かれると「誰もが知ってる場所だから、憧れもあるし、アイドルになったからには東京ドームって目標にもなった。 乃木坂に入ってたくさんの人が応援してくれて、応援してくれているファンの方を連れていきたいなっていう場所でもある」と語った。 本来であれば5月5〜7日に白石の卒業コンサートが東京ドームにて行われる予定であったことから、松村はライブ中止を嘆きながらも「自分勝手で申し訳ないんだけど、イチ白石ファンとしては、まだこれからも会えるのは楽しみ!」と隠しきれない喜びを表し、白石も「楽しみ!残りの時間は長くないと思うけど、みんなとの時間を大切にしたいと思います」と笑顔。 さらに「早く会いたいよねぇ」と白石に会いたくてたまらない様子の松村。 そんな松村に、白石は「会いたいねぇ〜!照れちゃう、いくちゃん( )にも言ってもらったの」とDAY1でのゲスト・生田絵梨花との会話も思い出して照れると、すかさず松村は「でもいくちゃんより先に会う。 絶対先に会う!」と宣言していた。 この日はメンバーもリアルタイムで視聴し、公式Twitterにて実況していたことから、生田も「私の方が先に会う!!!」と反応し、オンライン上で松村と生田の戦いが勃発していた。 白石は「卒業ライブができなくて私の気持ちとしては残念だけど、その分みなさんと会える機会も残されてるし、大好きなメンバー、大好きな沙友理ちゃんにも会える」と本音を明かしつつも、乃木坂46として活動できる時間が増えたことにも喜び。 「最後の日まで全力で走っていくので、これからも応援してくれたら嬉しいです!大好きだよ〜!」と呼びかけ、トドメに「あなたのことが1番好き、沙友理ちゃんっ」と松村にアタック。 松村は「あぁ〜っ!!!」と悶絶し、「この音声をリピートして寝るね」と白石への愛を爆発。 一方Twitter上の生田は「えぇ!!!!!うそだろぉぉぉぉおおおおう」と白石の松村が1番発言に動揺していた。 「いつかできるから今日できる」の歌唱前には、メンバーがファンへの感謝を目を潤ませながら、声を詰まらせながら言葉にしていく…。 そしてWアンコールは、卒業する伊藤万理華と中元日芽香を囲んだ「きっかけ」。 会場を大きな感動で包んだそれぞれのスピーチとなった。 同日には、公式Twitterにて配信に先駆けてメンバーの手作りおつまみを紹介。 「#ドームでおつまみ」とし、それぞれの個性あふれるおつまみを披露していた。 DAY1は与田祐希、DAY2は久保史緒里が担当。 ライブのような注意事項の呼びかけのほか、当時の思い出や今は会えないファンの思いなども語っており、ファンの感動を誘っている。 最終日の影ナレを担当したのは初代キャプテンである桜井玲香。 サプライズ登場に、ネット上は歓喜の声で溢れていた。 制服のマネキン 02. 世界で一番 孤独なLover 03. 夏のFree&Easy 04. 裸足でSummer 05. 太陽ノック MC 06. ぐるぐるカーテン 07. バレッタ 08. 3番目の風 09. 思い出ファースト 10. 他の星から 11. でこぴん 12. あらかじめ語られるロマンス 13. ダンケシェーン 14. ハウス! MC 15. ここにいる理由 16. あの日 僕は咄嗟に嘘をついた 17. 君は僕に会わない方がよかったのかな 18. 生まれたままで 19. アンダー 20. My rule 21. 命は美しい 22. 逃げ水 23. インフルエンサー 24. 君の名は希望 25. 何度目の青空か? MC 26. いつかできるから今日できる アンコール 27. おいでシャンプー 28. ロマンスのスタート 29. ガールズルール MC 30. 設定温度 MC 31. 乃木坂の詩 Wアンコール 32. きっかけ 【Not Sponsored 記事】 ().

次の