開智 高校。 開智高校(埼玉県)の情報(偏差値・口コミなど)

開智高校に本気で受かりたいです。

開智 高校

埼玉県の開智高校について わたしは中学生の子 女子 を持つ親です。 最近子供の通っている塾で志望校についての話をするのですが、偏差値や進学実績から開智高校を勧められます。 もちろん、いろんな高校に足を運んだりして子供の意見を尊重して志望校は決めますが、勧められている開智高校について知りたくて質問しました。 私が開智についてよく聞くことは、 この学校は他の進学校と呼ばれる学校と比べ、勉強合宿、夜まで学校が空いていたりがあったり、高3生は学校行事に参加出来なかったり、びっちり勉強させられるところだということ。 その割にここまで拘束しないのびのびとした進学校と実績はたいして変わらない、や 元々そこまで頭の良かった高校ではないので高飛車になっている これはただの偏見かも知れませんが など、あまり良いことは聞きません。 あと、実績はたしかに良いかもしれませんが、男女別の実績が出てないため、国立校や難関校の女子だけの実績になるとどうなるのかな、、とも思います。 開智高校、どのような高校なのでしょうか、皆様のイメージや知っていることをお教えください。 ちなみに娘の北辰偏差値は68〜70くらいですが、人から強制されて勉強するようなタイプではありません、、むしろ自分の好きにやりたいタイプだと思います。 姪の同級生だった子は中学からですが(今3年生)その子のお姉ちゃんも中学から開智に行っていて今は高校生です。 下の子は部活は最初に科学部に入ったそうですが、ついて行くのが大変だったそうで、途中から陸上部に変更しました。 お母さん曰く、下の子は小学校の時に、特別優秀だったわけではなかったので、中学に入って授業について行くのが大変だとの事です。 上の子は小学校の時から優秀な成績だったため、それ程必死に勉強しているというわけではないようです。 遠い親類の子たちは(兄弟)、2人共高校から開智に入り、どちらも東京理科大に進学しました。 高校生活の事は詳しく聞いた事はないですが、学校について悪い事も言っていなかったため、普通の学生生活を送っていたのだと思います。 女子高は考えておられないのでしょうか?偏差値が68~70くらいなら、県立だと浦和一女や川越女子、私立では淑徳与野なども合格範囲内だと思うのですが。 ご心配な事や質問等があれば、学校説明会に行ってみて色々お聞きになってみるとご自身で納得できると思います。 息子が昨年度受験を終えました。 第一志望は早慶附属で抑えとして栄東と開智の個別相談で確約(今年ははっきりとは言わないのかな?)を得ました。 開智での個別相談での印象は非常に良かったです。 T特待でしたので、部活は2年生の途中くらいまでしか実際できませんとはっきり教えていただきましたし、第一志望合格頑張って下さいと激励していただきました。 早慶附属がだめだった場合は県立は受けずに開智に行こうと親子で決めていました。 私立の進学校は大学の進学実績で評価されますので、ある程度勉強漬けになるのは仕方ないですね。 部活も行事も充実させてということであれば、県立の方が数倍いいでしょう。 その代わり浪人も覚悟の上ですが。 開智は今年の進学実績も良かったようです。 高入生も良くなってきてますので、大学進学のための高校選びという点ではいいと思いますよ。 ただし、上のクラスで頑張る必要があります。 来年から3コースになるようですので、TかSクラスにいないと難関大学は難しいと思います。

次の

中山咲月の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|昔は可愛かった

開智 高校

開智高校は埼玉県さいたま市にある、学校法人開智学園が運営する男女共学の私立校です。 普通科があり、生徒の好奇心をベースに最高水準の学びを実感できる「T」、1年次より難関国立大学受験を目指したハイレベルな授業が行われる「S」、自分の可能性を発見し成長していく「D」コースの3つに分かれます。 3年次には週34時間の授業以外に毎日3時間の大学受験対策講座が行われるほか、春休みなどの期間中にも講習が用意されているため予備校よりも効率的な受験準備ができます。 365日開いている自習室も完備されており、放課後や休みの日も学習することができます。 部活動は、運動部や文化部のサークル活動があり、生徒主体で活動しています。 出身の有名人としては、漫画家で「行け!稲中卓球部」が代表作の古谷実がいます。 「勉強を頑張りながら、青春も送りたい!」という人におすすめな学校です。 まず初めに普段の学校生活について説明しようと思います。 授業は僕達の学年の場合、月曜日から土曜日まであり、週2日の8時間授業、土曜日は4時間授業というようになります。 はたからみるとスパルタな授業内容だと思われますが、入学して初めはキツく感じるものの、慣れれば日常になります。 というのも周りには効率の良い人が多くいるので、良い影響をうけることができるからです。 次に学校外 友達関係について ですが、僕自身とても楽しんでいます。 入学前は真面目で暗い人の集まりなのだろうなと思っていましたが、実際は色々な人がいるためどんな人でも仲良くなれる人が絶対にいます。 断言 最後に、この学校は学力的に滑り止めの高校として授業する人が多くいると思います。 僕もそうでした。 しかし、学校には「勉強」「遊び」「部活」などを充実させる材料となるもの全て揃っています。 つまりどのような人でもフィットすることができる、「オールラウンダーな学校」とも言えることができます。 入学後どのような学校生活にするかは自分次第です。 頑張ってください!• 生活の中心が勉強っていう感じです。 生徒思いの先生が多いので、勉強の相談はとてもしやすいです。 ほとんどの行事は生徒が中心となって進めるので意外と緩くて自由です。 入学前はガリ勉ばっかりだと思っていましたが、意外とチャラい人もいました、メガネ率が高い印象ですが。 みんな頭がいいので羽目を外す人は少ないです。 あと、頭脳的なギャグが多いです。 クラス編成には主に模試の成績が重要視されるので模試が悪いとクラスが落ちます。 逆に、1番いいクラスでも赤点6回の先輩もいるらしいです。 部活は趣味的な感じで楽しむ程度の部がほとんどです。 もちろん、ガチな部もあります。 先生のクセが強いので授業は楽しいです。 開智生は自虐ネタが多いです。 結局はみんな優しいし面白いです。 良い学校だと思います。

次の

中山咲月の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|昔は可愛かった

開智 高校

旧開智学校校舎外観 (2009年(平成21年)8月) 情報 旧名称 第一番小学開智学校 用途 博物館 旧用途 設計者 立石清重 施工 立石清重 事業主体 建築面積 507. 時代の小学校建築を代表する建物として広く知られている。 旧開智学校校舎は、2019年、近代の学校建築としては初めてに指定された。 沿革 [ ] 開智学校は、からによる松本藩学、による筑摩県学と続いてきた県下第一の小学校で 、による第二大学区筑摩県管下第一中学区の第一番小学開智学校として1873年5月6日に創立された。 「開智」の校名は、学制発布の前日に公布されたのの文中にある「其身を修め智を開き才芸を長ずるは、学にあらざれば能わず」に由来すると考えられている。 県の学校では唯一、英学 が設置された。 当初はで廃寺となった旧藩主の菩提寺全久院の建物を仮校舎としており 、1876年4月に全久院跡地に新規造営となった校舎が、現存する旧開智学校校舎である。 この校舎は権令・の主導で建設されたもので 、永山は自ら工事現場に出て監督を務めたと伝えられている。 工事費は約11,000円かかり 、およそ7割を松本町全住民の寄付により調達し 、残り3割は特殊寄付金及び廃寺をとりこわした古材売払金などで調達した。 上棟式には人力車や馬の往来ができないほどの見物人が押しかけ、開校式には約7,000人の来客と約12,000人の参観者があった。 校舎の写真は、1884年のと1893年のに出品された。 1961年3月23日、明治時代の擬洋風学校建築としては初めての指定を受けた 校舎は、1963年3月まで約90年間使用された後、翌年にかけて現在地に解体移築復元された。 1965年から教育博物館として公開され 、年間約10万人が訪れている。 1987年10月6日にのと、2005年11月5日に岩科のと、それぞれ姉妹館提携している。 1991年には、明治時代の洋式住宅であるが隣地に移築された。 校舎は2019年9月30日付けで国宝に指定された。 建築概要 [ ] 「旧開智学校校舎1棟」として国宝に指定。 併せて建築関係資料(文書56点、図面7枚)が国宝の附(つけたり)として指定されている。 地元出身で大工棟梁のが設計施工を担当したである。 擬洋風建築は建築に当たり棟梁が横浜などに見学に出かけたという伝えが残っていても証拠が残っていない場合が多いが、立石は上京の記録「東京出府記」と付随するスケッチ集「営繕記」を残しており 立石は1875年の2度の上京で東京の、大蔵省、三井組を訪れたほか、山梨県の日川学校、琢美学校 のスケッチが残っている。 、どの建物を参考にしたかが判明している点で開智学校は擬洋風建築の中でも重要な建物である。 正面車寄 原田蒼渓の彫刻 (2005年(平成17年)9月) 外壁は塗で、1階腰部は鼠漆喰を用いて石積み風に見せ、1・2階の四隅も同様に鼠漆喰を用いて隅石(コーナーストーン)風に見せる。 建物正面に車寄を突出させる。 車寄の正面内法貫(うちのりぬき)上には龍の彫刻を嵌め、側面の同じ位置には蟇股(かえるまた)風の雲文の彫刻がある。 車寄2階は唐破風屋根とし、正面手摺部分に瑞雲の彫刻がある。 破風下では2体の天使が校名の額を掲げている。 建物中央には廻縁付の八角塔屋がある。 塔屋の腰部は石積み風に目地を切っており、手摺には和風の唐草文の彫刻を嵌める。 前述の校名額のデザインは、 の題字がモチーフとなっている。 彫刻は室内の唐戸や洋灯の吊元にもあり、目立つ場所には高価な輸入品の色ガラスが使われた。 2500枚の色ガラスが使用された校舎は「ギヤマン学校」の愛称で呼ばれた。 1階内部は東西に中廊下を通す(この建物は移築前は東向き、移築後は南向きに建てられているが、混乱を避けるため、ここでは移築後の方位で記述する)。 車寄から奥へ向かって南北方向にも廊下があり、建物中央で前述の中廊下と交差している。 1階西側は南北に2室ずつの教場を配し、廊下の交差点の南東側は教員控室とし、北東側には小使部屋、回り階段などを配す。 2階は南東側に講堂があり、その他は教場等とする。 講堂と廊下の境は壁を設けず、柱と洋風の手摺のみで隔てた開放的なつくりとする。 小屋組(屋根裏の構造)はクイーンポストトラスを模している。 棟梁の立石清重は、東京や横浜で最新の建築を見学したうえで、自らのもつ和風建築の技術と融合させ、独創的な建築を生み出した。 この建物は、車寄や塔屋などに洋風を取り入れつつ、唐破風や龍の彫刻などには和風の意匠を用いた、擬洋風建築の代表例であり、明治初期に流行したこの種の建築のなかでも完成度の高いものである。 日本の近代学校制度の黎明期の校舎としての歴史的価値に加え、書類、図面などの関係資料が豊富に残り、設計や建築の経緯が明らかな点でも学術的価値が高い。 250-251. 247-261. 6-11. 151-156. 日本経済新聞 電子版. 2019年5月17日閲覧。 敷地は、後の松本市中央1丁目21-3(長野県理容会館スカイビル)を含む一角である。 この地番の北西の角には、に「旧開智学校跡」の石碑が建てられた。 9 - 12 参考文献 [ ]• 北原広子 2013. 浪漫あふれる信州の洋館. 信濃毎日新聞社. 1990. 19 都市 建築. 岩波書店. 藤森照信 1995. 信州の西洋館. 信濃毎日新聞社. 米山勇 2010. 日本近代建築大全. 東日本篇. 講談社. 文化庁. 文化遺産オンライン. 2015年4月13日時点のよりアーカイブ。 2015年1月3日閲覧。 松本市立博物館 2013a. 松本市公式ホームページ. 松本市. 2015年1月3日時点のよりアーカイブ。 2015年1月3日閲覧。 松本市立博物館 2013b. 松本市公式ホームページ. 松本市. 2015年1月3日時点のよりアーカイブ。 2015年1月3日閲覧。 新まつもと物語プロジェクト 2006年1月16日. 新まつもと物語. 2015年3月27日時点のよりアーカイブ。 2015年6月4日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の