デジモンアドベンチャー 感想 2話。 第2話 ウォー・ゲーム|デジモンアドベンチャー:|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

『デジモンアドベンチャー』第2話「ウォー・ゲーム」感想

デジモンアドベンチャー 感想 2話

序盤のあらすじ 前回の終わりに登場した、石田ヤマト。 ヤマトとガルルモンに助けられたタイチ。 ヤマトたちはデジタルワールドの異変を止めようとしていた 米軍のシステムが乗っ取られたことを、コウシロウから聞かされる。 タイチたちとヤマトは協力して、敵デジモンが乗っ取る米軍システムがへ向かう 序盤の比較・解説 前回に続きにより、石田ヤマトが仲間になりました。 原作では7人が一斉にデジタルワールドに飛ばされるので、ここからは全くの新展開になります ヤマトの第一印象ですが、原作とは少々違います。 寡黙なところは似ていますが、原作のヤマトは最低限、必要なコミュニケーションはしていました。 今作のヤマトは登場時にはタイチと協力する気はない様子 タイチがヤマトを自分たちと合流するように提案していましたが、ヤマト自身は乗り気ではない様子。 この石田ヤマトというキャラクターも、コウシロウと同様に家庭に問題を抱えたキャラクター 原作『デジモンアドベンチャー』放送当時、多様な家庭問題が認知された時代でした。 それに伴い、家庭環境に問題を抱えるキャラクターがピックアップされる流れがありました 中盤のあらすじ 米軍のシステムが乗っ取られた影響で、潜水艦からミサイル攻撃を確認。 タイチとヤマトはミサイルのコントロールエリアに向かう 一方その頃、一話の事件により停車していた車両から、太一の母とヒカリが。 下車したヒカリは、なにか異変のようなものを感じる コントロールエリアに向かう、タイチたち。 コントロールシステムはアルゴモンによって支配されていた ヤマトが敵陣に突っ込む。 タイチもあとに続こうとするが、ヤマトの制止によりを拒否される。 戸惑うタイチだが、敵の中に一匹だけ進化したデジモンがいるのに気が付く。 ヤマトは自身が囮になり、タイチが敵のボスを倒すことを考えていた。 タイチはヤマトの作戦を理解すると敵のボスに攻撃する 敵デジモンを追い詰めたが、完全体に進化してしまう。 ピンチに陥るタイチたち。 ヤマトには作戦があるが、危険な作戦に躊躇していまう。 ガルルモンやタイチたちの決意により、ヤマトは作戦実行を決意する。 ヤマトの作戦はゼロ距離からの全力攻撃。 相手のデジモンに噛みついたガルルモンとグレイモンは、全火力を集中して相手に叩き込む 中盤の比較・解説 ここからは、『ぼくらのウォーゲーム』と同じ展開です。 米軍からミサイルが発射され、阻止するために敵デジモンを倒すという流れ。 ちなみに、デジタルワールドの移動が映画と似ていました ヤマトが囮になりますが、今作のヤマトは結構無茶をする性格なのか。 原作では、無茶をするタイチと、安定策をとりたがるヤマト、方向性の違う二人は作中よく喧嘩をしてました。 一方、タイチの周りを見ていないようで見ている性格は一緒でした そして、追い詰められた敵デジモンが完全体になるんですが、ここで世代ごとの強さの解説。 ゲームのデジモンが分かりやすいのですが、デジモンワールドにいる大体のデジモンは成熟期以下が多いです。 完全体以上に進化できるデジモンは稀で、完全体からみれば成熟期は子供のようなもの。 世代間の実力は雲泥の差があります。 だからこそ、今回完全体に進化された状況は、タイチたちにとってかなり不利な状況でした そして、ヤマトの作戦により敵完全体を撃破 終盤のあらすじ ようやく戦いが終わり、安堵するタイチたち。 …が!、またしても、敵デジモンが進化する。 そして、潜水艦からミサイルが発射された グレイモン、メタルガルルモンで攻撃するが、全く効果がない。 そして、コウシロウが調べた結果、ミサイルの目標地点は東京だった 敵デジモンの攻撃に、倒れるタイチたち。 とどめを刺すためタイチたちに攻撃が放たれ、辺りは光に包まれた コウシロウが諦めかけたそのき、 パソコンの画面に一つのデジタマが デジタマの中から 純白のマントをまとったデジモンが現れる。 終盤の比較・解説 敵デジモンが進化しましたが、まさかの究極体に進化。 まさか、2話目で究極体が出るとは思いませんでした。 ちなみに、初期の頃には究極体の概念はなく、初代デジモンワールドなどは完全体止まりでした 圧倒的ピンチにタイチたちのデジヴァイスが輝き、デジタマが誕生。 オメガモンの登場には驚きました グレイモンとガルルモン、成熟期からワープ進化してジョグレス進化とかなり端折った進化ですが。 今後のストーリーにオメガモン以上のデジモンが登場するのか少し心配です リンク ミサイル発射からのオメガモン登場は『ぼくらのウォーゲーム』と一緒 「ウォーゲーム」の感想 やはり、原作から20年近くたっているので、アクションシーンは迫力がありますね。 特にガルルモンとグレイモンが相手に組み付くシーンの動きは必見でした ヤマトの性格が微妙に変わっていました。 原作では、タイチの意見とよく対立していました。 こっちのヤマトは人見知り気味。 今作も自身の友情の紋章意味に悩んだりしそう 題名が「ウォーゲーム」な時点で、映画にかなり寄せてくるのは分かってましたが、かなり懐古びいきな回でした。 あと、挿入歌がないのが寂しいところ 以上が第二話「ウォーゲーム」の解説・感想でした。 そして、次回第三話は「そしてデジタルワールドへ」.

次の

『デジモンアドベンチャー』第1話「東京デジタルクライシス」感想

デジモンアドベンチャー 感想 2話

今回はこのデジモンアドベンチャー:の1話目の感想・ネタバレ・考察の方を書いていきますが まず見た感想としては良いスタートでした!今回のお話は主に太一と光子郎が出会い2人がメインで進んでいくお話でした。 勇気の紋章やED、そして次回予告の間違えそうなキャラなど色々な情報がありましたね! 早速書いていこうと思います。 また、今作「デジモンアドベンチャー:」や「初代無印デジモンアドベンチャー」シリーズを無料で見る方法はこちらの記事で紹介しているため是非お読み下さい。 もくじ• その詳細は「」にてまとめてあるので気になるかたはチェックしてみて下さい。 初代ナレーションと言えば「平田広明」さんでしたが今回から「野沢雅子」さんになり アニメの始まりから新しいデジモン始まったな!という新鮮な気持ちになりました! 上記の記事の通り平田広明さんにはまだデジモンアドベンチャー内での重要キャラの声を担っている可能性があり もし過去作とのつながりがある場合、あえてナレーションを外されている可能性があるというもありますが今のところは一旦おいておきましょう。 今回からのOPは谷本貴義さんが歌う「未確認飛行船」という曲になりましたね。 中々熱い曲でいい感じでした。 OPの最初太一だけが回っていましたがこれはデジタル世界に入った人が増える毎にキャラが増えるのか、仲間になったら増えるのか 初代では1話目にしてヒカリ以外のキャラクターがデジタルワールド入りしていたのでみんな回っていたのかという部分が気になりますが これは2話目以降どんどんわかっていきそうですね! また、オープニングの最後の方 この段階で オメガモンが出てくるのでストーリー上でもかなり早い段階でオメガモンが出てくることが確定しましたね! オープニングテーマが最初から最後まで変わるのか?変わらないのか?によって出てくるタイミングは早いかどうかわかりませんが 「僕らのウォーゲーム」ではなくアニメ中のしかも最初のOPでオメガモンが出るということは 選ばれし子どもたちのデジモンももしかすると全員究極体に進化する可能性が高くなりそうな予感がします。 高層マンションになっていたりスマホになっていたり色々変わっていているのは時代を感じますね 笑 出かける2人の乗っている電車がデジモンが理由の事故に巻き込まれてしまいそれを知った太一が封鎖されている駅のホームに その駅のホームを飛び越えて助けに行くここで「勇気」が発動したのか ネットの世界 に飛ばされてアグモンと出会う形でした。 ここで最初に出てくる恐らく重要敵キャラ「アルゴモン 幼年期」 アルゴモン! ワクチン、ウィルス、データ、いずれの属性も持たない、突然変異型の幼年期デジモン! 必殺技は、相手を溶かしてしまう『酸の泡』だ! — ルアド jojosama jojosama14 この敵キャラ、まず初代のようにナレーションでの紹介やせめてもの字幕で名前を出すなどの紹介は一切なかったですよね? 光子郎も1話の段階で特定はせず もしくはできず 名前のほうがわかりませんでした。 ちなみにボイスもなくEDにもアルゴモンの名前はありません。 実はアルゴモンの名前は「」にて 公式的にひっそりと発表がされていました。 が、アニメ公式サイトなどにはアニメ開始前には記載されていませんし、謎な不明点がとても多く 初めに書いてあった説明が修正されるなど色々考えさせられる部分が多いのがとてもおもしろいところです。 この辺りは別途で書かせていただきたいと思います! アルゴモンと戦いグレイモンに進化!メガフレイムで勝利!最後にヤマト登場! うわぁ!!!!!ガルルモン出た!本当!?やばぁいいいい!推しデジモンやでぇぇぇえ!! てかEDめっちゃヤマト — つなさんど。 このシーンは最初のクワガーモンを倒すシーンを思い出すなぁ 最後にガルルモンに乗ったヤマトが登場、次回ヤマトと一緒に共闘するのか?というところがとても楽しみですね。 ヤマトは友情の紋章のため太一との共闘で友情が芽生えるのか、わかりませんがOPのオメガモンもありましたワクワクしますね! EDがヤマトメインだったのはなぜか?というのは気になるところです。 予告の最後のキャラはディアボロモンではなく話の流れ的にアルゴモンの可能性大 ディアボロモンがトレンド入ってるから見たら全く違うデジモンでワロタ、エアプかよ アルゴモンです。 確かにディアボロモンに似ているのでそう考える理由はわかるのですが、実はアルゴモンの完全体と究極体は既に デジモンセイバーズの映画に出ているため 話の流れ的にアルゴモンで間違いないと思います。 ただ完全体以上が2話目に敵で出てくる展開ってそれはそれでやばいですよね 笑 デジモンアドベンチャー: 1話 アニメ無料動画の全話フル視聴する方法まとめ お待たせいたしました! この後、9時から『デジモンアドベンチャー:』第1話の放送です! 本日は亡くなられた藤田淑子さん(旧・太一役)のお誕生日! そんな特別な日に第1話のスタートがきれること嬉しく思います。 無料で見れたらいいのにという方のためにデジモンの動画をを無料で見る方法をお伝えいたします。 その方法とは 動画配信サービスの無料期間を利用して視聴するといった方法になります。 公式サイトからも配信の公表がある通り 公式から推奨されている視聴方法のため安心安全にデジモンの動画を無料で見ることが可能です。 数ある中からどこがいいのか?という点を絞りまして今回お伝えの方をさせていただきます。 最新の配信状況はサイトにてご確認ください。 デジモンアドベンチャー:見るなら私のオススメは 一般映画から人気アニメまで配信数も多く最新テレビアニメ、アニメ映画、全ジャンルの見放題動画が充実しており幅広く網羅しているU-NEXTです。 U-NEXTなら今作の「デジモン:」の元となり今でも大人気の「無印 デジモンアドベンチャー」の方も無料で全話視聴できるのでかなり良いですよ! また、デジモンアドベンチャーシリーズには見る順番があるためその順番を全て詳しく解説している「」の方もあわせてお読み下さい。 全てのジャンルに作品が豊富な上、新作アニメから過去アニメの本数もとても多く満足度が非常に高いVODサービスがです。 また、U-NEXTでは動画のみではなく、 無料登録で手に入るポイントで 電子書籍も読めるためかなりお得に利用することが出来ます ! 31日間無料期間があるのでぜひ 無料登録して1話目から高画質で 「デジモンアドベンチャー: 2020年新作 」をゆっくりと楽しんでいただけましたらと思います。 別途の方で詳しくはご紹介したいと思います。 将来を期待されたエリートたちが集う学園の生徒会メンバーである会長、白銀御行と四宮かぐやの2人がダブル主人公としておりなす青春学園ギャグラブコメ。 実写映画化もされており知名度も実は高い作品です。 面白さにも定評があり2期アニメ放送ということもあり4月ランキング1位も納得の作品です。 そのヒットは日本のみならず世界中で愛され、日本ではあの国民的超人気漫画ワンピースを上回るほどとなりました。 書店では本棚から鬼滅の刃が無くなり予約も取れないほどの売れ行きです。 2020年10月には続編である映画も決定。 今回は、爆発的人気になるキッカケとなった「 アニメ鬼滅の刃」が安定して2位となりました。 この作品は過去作初代メジャーの主人公、茂野吾郎の息子が主人公となり偉大な親の血を受け継ぐが野球センスがイマイチな茂野大吾が 野球と向き合い奮闘していく作品です。 メジャーセカンド2期は前期小学生編から成長し中学生編へと移ります、熱い試合ももちろんですが才能、努力、体格、など様々なことに向き合っていくお話が楽しめる良い作品です。

次の

デジモンアドベンチャー:(新作アニメ2020/感想)第2話オメガモン!ツイッター反応は?

デジモンアドベンチャー 感想 2話

ガルルモンとともに太一よりも先にネットワーク空間に入っていた。 ヤマトは米軍のネットワークに危険が迫っていると知ると、太一に先行して走り出す。 太一は人間の少年がいたことで力を得て、光子郎にも情報を共有しつつ先を急ぐ。 制御不能に陥った米軍のシステムは、ミサイルを搭載した原子力潜水艦を誤作動させ、ミサイル発射体勢に入る。 ミサイル直撃が迫る中、ネットワーク空間内の軍のシステムに到達した太一とヤマトは、アルゴモンの進化した姿、完全体に驚愕する。 引用: デジモン無印(初代)よりヤマトが不愛想で残念 ヤマトの登場にワクワクしていましたが…、あれ?なんか思っていた感じと違う。 というのが第一印象です。 1999年のデジモン無印の時のヤマトの印象って• 弟タケルへの愛情がすごい+心配性(ファイル島でタケルと離れた時はヤマト号泣でしたからねw)• 空気読める系男子(空気読めない無鉄砲な太一と何度かケンカしてたw)• 1人でハーモニカ吹いちゃう不器用系男子(ムーミンのスナフキンに近いw)• そして大人ぶってるけど、結構な照れ屋!(照れると可愛すぎてヤバイ) ヤマトの良さって、クールなふりして結局は誰よりも優しい所なんですよね。 そして、たまーに垣間見える「子供らしいあどけなさ」が、母性をくすぐるわけですよ。 でも、新作デジモン:では「クール」「一匹狼」の印象が勝っちゃってましたね。 ちょっと違和感。 まさかのオメガモンの登場に、ツイッターは大荒れ。 そりゃそうだ(笑) 私的には、1999年デジモン無印世代の大人(私みたいな30代)をつなぎとめるためのパフォーマンスに感じますけどね。 デジモン無印のときは、もう少し順序だてたストーリー展開で、「進化の理由」とか「あのデジモンは~」とか、テントモンがちゃんと説明してくれてましたからね~。 現在の小学3年生とか4年生がアニメを見て、「米軍の機密情報を把握できている光子郎すげ~」とはならないだろ(笑) むしろ、「米軍ってなんぞや?」とかの方があり得るわけで。

次の