イラ 町 おこし と は。 安芸太田町「地域おこし協力隊員」の募集について(観光・産業振興分野)|広島県安芸太田町ホームページ

伊方町地域おこし協力隊通信

イラ 町 おこし と は

玉村町 戸井田裕希さん 活動1年目(2018年4月~) Q:玉村町の地域おこし協力隊に応募したきっかけを教えてください。 A:地元群馬県の観光振興に役立ちたくて応募しました。 大学卒業後1年間は県の観光物産課で臨時職員として働き、県の観光PRなどに携わりました。 その後、高山村で観光振興の地域おこし協力隊の募集を見つけて応募し、3年間お世話になりました。 高山村では道の駅で観光案内やイベントの企画運営などを行ったり、村所有の空き家を片付け、「たかやま観光ナビえだまめ」という協力隊の活動拠点を立ち上げたり、様々な活動を行いました。 3年の任期が終わった後に、玉村町でも観光分野で情報発信してくれる人を募集していると、県の担当者から紹介してもらって応募したという流れです。 Q:実際の活動内容について教えてください。 A: 玉村町第一号の協力隊として採用されて1年目。 町の観光資源を掘り起こして発信しようと、まずは自分の足で歩いて埋もれた資源を見つけるところから始めています。 それをどうやって発信するか、試行錯誤しながら多方面からチャレンジしているところです。 例えば、SNSでの情報発信、一人観光案内所の運営、ラジオ番組の制作、観光ツアーの企画運営などですね。 SNSはツイッターを4月に始めました。 今まで町のフェイスブックはあったのですが、観光振興にはツイッターの方が拡散力があると思って。 フォロワーの数もどんどん増えてきて、現在は1770人です。 載せたところに「行ってみました」とか「食べてみました」というような反響もいただき、効果を実感しています。 また、道の駅玉村宿で「一人観光案内所」もやってみました。 町で最も集客力がある観光施設なので、週1回机とホワイトボードを置いて観光客への案内業務を行ったんです。 県内の主要スポットへの案内が主でしたが、玉村町のことを聞かれることもあって、それなりに反響はあったと思います。 それから、FMたまむらで「玉村グルメかるたの旅」という5分間番組も制作しています。 町内の農家や飲食店をかるた形式で紹介する番組です。 取材先の発掘からアポ取り、収録、編集、納品まで全部一人でやっているので、5分間番組でもかなり手間と時間がかかります。 ラジオで放送したものをツイッターにも載せていて、反響はそちらの方が大きいですね。 現在の活動の中心は、掘り起こした資源を使って観光ツアーを組む活動です。 先日は午前中にいちご狩り体験、お昼は肉の町玉村で上州牛のにぎり、午後は小麦の製粉見学、最後に道の駅というツアーを組んだところ、大好評でした。 毎回参加者にアンケートを取って、いただいた意見を元にブラッシュアップしていくようにしています。 実際に今まで玉村町を目的地にしてくる人は少なかったのですが、ツアーを組んでみて、1日玉村町で遊べることが証明できたかなと思っています。 私は思い立ったら先に行動する部分があって、いろいろと手を広げすぎたかなと思うので、2年目は少し整理して、目標に向けてこれだと思うものを重点的にやっていきたいと思っています。 Q:玉村町に暮らしてみた感想を教えてください。 A:地元は館林市なのですが、玉村町には来たことがありました。 実際に暮らしてみて、気候が温暖でとても住みよい町だと思います。 それと、どこへ行くにも交通アクセスがいいですね。 実家の館林にも国道354号で1時間くらいです。 町の人がとても温かくて、住民活動がすごく活発。 「元気がいい町だな」という印象です。 協力隊の受け入れが初めての自治体なので、「地域おこし協力隊」について知ってもらおうと「広報たまむら」にコーナーを設けていただきました。 毎月、活動報告を載せていただいたところ、「広報に載ってた子だよね」と、町民の方から声をかけられることも多くなってきました。 残念なことは、観光に関心がある仲間が少ないことです。 見方を変えれば観光資源は見つかると思うので、ぜひ一緒に活動する仲間がほしいです。 Q.他の協力隊員との関係はどうですか? A.玉村町では私一人なので、研修で知り合った他の市町村の協力隊員とLINEや電話で相談し合ったりしています。 同じく研修で知り合った下仁田町の協力隊OBの方にアドバイザーをお願いしたこともあります。 それから、ぐんま観光リーダー塾で知り合った他地域の隊員に観光ツアーに参加してもらって、いろいろ意見をいただきました。 私は着ぐるみアクターもやっているのですが、他の市町村の隊員と現場が一緒になったときにはいろいろ話をしています。 また、高山村の協力隊のときの同期はみんな卒業しましたが、卒業生とは今も交流がありますよ。 Q:任期終了後について教えてください。 A:任期終了後は、他市町村の観光物産協会のような、町の観光物産PR活動を、役場から受託していく組織の立ち上げを目指しています。 今は、任期後に向けて、スキルを身に着けていかないといけないと考えています。 町の着地型観光商品を作って売るために、旅行業務取扱管理者の資格の勉強をはじめたところです。 また、今は群馬県観光物産国際協会主催のツアーガイド養成講座に通っています。 先ほど申し上げたモニターツアーでは、私が1日通しでお客様をエスコートし、町の観光・物産・人を案内しました。 最終的には、自分に会うために玉村町に来る、指名される地域案内人になりたいです。 他にも、観光物産協会とは具体的にどんな仕事をするのか、玉村町の場合は観光物産協会に何が求められているのか、起業をするにはどんなプロセスを踏むのか、などやらなくてはいけないことは山積みだなと感じています。 ですが、焦らないで、ゆっくりでも着実に前進していければと思っています。

次の

雨竜町地域おこし協力隊

イラ 町 おこし と は

塩谷町地域おこし協力隊員の4人全員が、任期途中の12月末で退任することが11日、分かった。 協力隊に関する業務を担当する町職員(31)に、一部隊員に対して嫌がらせと取られかねない不適切な行為があった。 町も内容を把握しており、今後調査を行い、職員の処分を検討する。 見形和久(みかたかずひさ)町長は下野新聞社の取材に対し「懲罰委員会で検討することになるような件だと思う。 事実関係を確認し、職員を十分指導していく」とコメントした。 関係者によると、この職員は町企画調整課の男性主事。 隊員をやゆする文言を記した業務と関係のないカードのようなものを、町役場内のコピー機を使うなどして作成した。 個人情報に関わる部分も含まれていた。 職員は町の聞き取りに対し「内輪ねたのつもりで作ってしまった。 軽率だった」と話した。 また、この職員が「協力隊なんか辞めたら」「早く出て行け」といった趣旨の発言を別の隊員にしていたとの指摘もある。 パワハラの可能性もあり、町は今後、詳細な経緯や事実関係を確認するとしている。 町は10月中旬、4人に今後の活動方針や2019年4月以降の委嘱について意向を確認。 1人はすぐに退任の意向を示し、その後、残る3人も町を離れる気持ちを固めた。 それぞれ、民間会社への就職や健康問題、隊員とは別の立場で町に関わりたいなどの理由を挙げたという。 地域おこし協力隊は、若者の地方移住などを目的として2009年度にスタートした国の事業。 隊員が都市部から過疎地域に一定期間移り住み、活性化に取り組む。 国が1人あたり400万円を自治体に交付。 塩谷町は独自に100万円を上乗せし、隊員の給与や家賃、活動費に充てられている。 町は県内外から人材を登用することで地域活性化を図ろうと、2016年度から同隊員を委嘱している。 4人は23~25歳の男女各2人で、任期予定は1~3年程度。 男性2人は2年目で、女性2人はことし4月に委嘱された。 廃校を活用した子ども向け広場の設置やドライブイベントの企画、フォトブック制作などの活動を展開していた。

次の

中土佐町「地域おこし協力隊(6名)」を募集しています!|中土佐町

イラ 町 おこし と は

こんにちは、よこらぼマガジン編集長の浅見です。 2017年4月から横瀬町に「地域おこし協力隊員」として赴任した石黒さん。 現在、横瀬町を縦横無尽に駆け巡り、様々な人との繋がりを作りつつ、横瀬町を盛り上げようと奮闘していらっしゃいます。 今回は、そんな石黒さんに、横瀬町の「地域おこし協力隊」としての想いを伺いました。 まず、石黒さんが横瀬町の「地域おこし協力隊」になられた経緯を教えていただけますか? 私は埼玉のふじみ野市出身で、社会人になってからは8年間、車の販売の営業をしていました。 8年勤めた会社を辞めて、英語教師になるために留学をしようとしたのですが、タイミングが悪く日本で他の仕事を探すことになりました。 そこから、自分でやりたいことを考える中で、自分の知り合いの中に「地域おこし協力隊」をやっていた人がいたんですね。 その人の話を聞いて、地域に関わる仕事に興味を持ち、横瀬町の「地域おこし協力隊」にたどり着きました。 で、いきなり横瀬町に来てみて思ったのは、「意外と住めるな」ということです(笑)。 でも生活をする分には全く困らなくて。 安心しました(笑)。 横瀬町に来てみて、どんな印象を持たれましたか? そうですね、とにかく「人」がいいですね!ご近所さんのつながりがとても強いので、町民みんなが知り合いみたいな。 すごく温かい場所だと思いました。 ちなみに、飲み会も多いのですが、それもまたいいですね(笑)。 今は、横瀬町に来て数ヶ月のタイミングなので、とにかくインプットをしています。 町のあらゆるイベントに参加したり、いろいろな人たちと会ったりと。 ですよね(笑)。 でも、いろいろなところを訪れることで、見えてくることもあります。 例えば、宇根の茶畑。 せっかく素晴らしい場所で、素敵なお茶が作られているのに、これが後々にはなくなってしまう可能性がある…そういう話を聞くと「なんとかしたい!」と、そういう想いが湧き上がるんですよね。 そうですね。 こういった、「どうにかしたい!」ということを、人を巻き込んで一緒にやっていきたいですね。 やはり、地域の人も今は元気でも5年後はどうなっているかわからない、というのが実情。 だから、なるべく素早くいろんなことをやっていきたいのです。 そのために、役場の皆さんではやりずらいことを 今の「地域おこし協力隊」の立場を良い意味で利用して、どんどんと地域の人たちに繋がりを作りたいと思っています。 クリエイティブという、新しいものに触れて、ものすごく刺激を受けていると思います。 やはり、横瀬町で子どもたちの可能性なくすようなことはしたくないな、と思っています。 どのような経験を子どもの頃にしているか、によって、大人になっての仕事も大きく変わると思っています。 なので、横瀬町では、子どもたちに様々なことを知ってもらう「機会」を作りたいと思います。 その「機会」を活かすかどうかは、子ども次第ですが、そのために大人としてできることは、「機会」を作り続けることだと思っています。 地域ごとの意見の相違があった時が一番困りますね(笑)。 やはり、それぞれの地でやってきたものがあり、新しいことをやろうとしたり、今までと違うことを考えたりすると、どうしてもそれぞれの言い分が出てきたりして、相違が生まれるんです。 そんな時にうまく間を取り持てれば良いと思っているのですが、なかなかその点に苦労していますね。 やはり、管轄や職務の範囲みたいなものがあって、それに縛られて、訪れてくれる人の目線になれていないことがあります。 そういったことを、徐々に解決していかないとかな、と考えています。 自分が歳をとった時に、周りには高齢者ばかり、ではなく、若い方が活気を持っている町が理想です。 そのために、今から若い世代を巻き込んで、いろいろな活動をしていくのが大事かなと、そう考えています。 町民の同じ目線に立つことで、見えてくる現場の課題もあるかと思います。 それらに向き合い、横瀬町に住む人、そして、訪れる人のために活動を続けてらっしゃる姿勢に強く共感をしました。 これからも、頑張ってください!.

次の