税金 を 払わ なかっ たら。 [借金]どう頑張っても税金が払えなかったら、破産しなければなりませんか?

当たるんですで税金はいくらかかる?当たったらかかります!

税金 を 払わ なかっ たら

(所得税の非課税) 第16条 第13条の払戻金については、所得税を課さない。 出典: 当たるんですは、どちらの法律も適用されません。 なので、 当たるんですは税金がかかるのです。 当たるんですの税金は一時所得? 当たるんですの税金は、一時所得として考えられます。 所得税基本通達34-1には以下のように明記されているのです。 次に掲げるようなものに係る所得は、一時所得に該当する。 (中略) (2) 競馬の馬券の払戻金、競輪の車券の払戻金等(営利を目的とする継続的行為から生じたものを除く。 ) 出典: 当たるんですは、競馬などのような公営競技であるオートレースを対象としています。 そのため、当選金は厳密には宝くじ当選金ではなく、公営競技の払戻金となるのです。 よって、 当たるんですの税金は、競馬や競輪の払戻金と同じく、一時所得扱いとなります。 一時所得の所得税の計算式は以下のようになります。 一時所得に対する税金計算 所得税の速算表 課税される所得金額 税率 控除額 195万円以下 5% 0円 195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円 330万円を超え 695万円以下 20% 427,500円 695万円を超え 900万円以下 23% 636,000円 900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000円 1,800万円を超え4,000万円以下 40% 2,796,000円 4,000万円超 45% 4,796,000円 出典: よって、 当たるんですの税金はこの場合、およそ9. 3万円です。 当選金額が少ないほど税率も小さくなるので、税金でがっぽり持っていかれるわけではありません。 ただ、給料によってもかかる税金が違ってくるのに注意してください。 普段会社からもらっている給料が高いほど、当選金額にかかる税率は高くなっていまいます。 2018-04-01 00:33 当たるんですの税金は払わなかったらバレる? 当たるんですの税金は払わなかったら簡単にバレます。 当たるんですはネット上で買うため履歴が残るからです。 購入するときの会員登録時に本人確認があるので、誰が買ったかも簡単にわかります。 なので、当たるんですの税金はちゃんと申告しましょう。 当たるんですの税金を払わないと後日税務調査をされてしまう可能性があります。 当選した場合は、確定申告で税金を払う手続きを忘れないようにしてください。 本当に怖いのは、当たるんですで税金を払わないといけないことを知らなくて高額当選した場合です。 数年後に、税務調査が入って追徴課税をされたけど、すでに当選金額を使ってしまって税金を払うことができないなんてことになればヤバイですよね。 当たるんですで当選すると、税金を払わなくてはいけないということはしっかりと把握しておきましょう。 そして、万が一当たった人は、確定申告を忘れないようにしてくださいね。 まとまったお金が入ったときは、使うことばかりでなくて、支払うべき税金をちゃんと確保したうえでお金を使うのが大切です。 2018-04-01 00:34 当たるんですの税金は他にもかかる? 当たるんですの税金は、当たるんですの当選金額によって所得税の税率が上がることで間接的に生じる可能性があります。 所得税は収入が上がるにつれて上がりますよね。 当たるんですの当選金額が所得に加わることで所得全体の所得税が上がる可能性があるということです。 すると、当たるんです自体の税金は大したことがないとしても、所得全体にかかる税率が上がってしまいます。 場合によっては、数十万円の税金が上がる可能性があるのです。 当たるんです税金を安くする方法は? 当たるんですの税金を安くする方法はありません。 申告しなくても、ネット上に購入履歴があるのでバレます。 購入にかかる経費というのも、 当たるんですが当たった回の購入費用しか費用として計上できません。 当たるまでに、何十万円をつぎこんでいても経費にはできないのです。 以前、競馬でハズレ馬券が経費になるかを争った裁判があり、最終的には外れ馬券の購入費用が経費になるという判決がでましたが、かなり特殊な例といえます。 参考 ただし、一時所得の損失を計上することで、所得を減らすということが可能です。 一時所得は、以下のようなものになります。 一時所得とは、利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、退職所得、山林所得及び譲渡所得以外の所得のうち、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の一時の所得で労務その他の役務又は資産の譲渡の対価としての性質を有しないものをいう。 出典: 損失は損失ですからね。 あくまでもたまたま損失が出ていた場合のみ有効でしょう。

次の

税金を支払わなかったり、期限に遅れたりしたらどうなる?

税金 を 払わ なかっ たら

車を所有していると4月下旬~5月上旬になるとスラ~っと郵便物に紛れて送られてくるのが 「自動車税の納付書」です。 「あ~、またこの時期が来たかぁ、お金かかるな~ -o-; 」 って、なっちゃう時期ですよね。 ただ、 納付期限は5月末ですが、うっかり忘れていたり納付書自体に気づかなかったりして払い忘れてしまったって人は意外と多いと思います。 そんな時、納付が遅れたり払わなかったりしなかった場合はどうなるのかって気になって、ネットで調べてみる人も多いんじゃないでしょうか。 ほとんどのサイト(記事)は似たような内容で、他の税金(固定資産税など)の延滞に関しての流れと同じような感じですね。 でも、正直おっさんもいろいろネットで調べたりしますが、 「そこそこ払うの遅れても自動車税って、けっこうユルユルやけどなぁ」 って思う事もあります。 そこで、おっさんが自動車税の延滞について、実際に経験した事やお客様の話などを車屋目線で説明していきます。 少し納付期限を過ぎた場合 納付書が届いて普通に払おうと思ってたけど、うっかり忘れてて期限が過ぎていたっていう、よくあるパターンですね。 答えからいうと、 数日~2週間ぐらい遅れであれば何かあるわけでもなく、とくに問題はないです。 延滞金についても、2か月間ぐらいであればかからない(延滞金が付いても1000円未満は切り捨て)ので、その辺りも問題ないです。 気付いたらなるべく早く、今持っている納付書で払えば、それで終わりですね。 ただ、 ゆうちょ銀行とコンビニでの払いは期限がすぎているとダメなので、 その他の各金融機関(銀行)や直接、自動車税事務所などの窓口での払いになります。 それと、都道府県(市区町村)によっては、早めの督促状の発送の手続きを行っていることもあるので行き違いで督促状が送られてくるかもしれません。 納付が済んでいれば、督促状をポイしてOKです。 とくに何も問題ありません。 納付書がなかったら? 引越しなどで納付書が届かなかったり、送られてきた納付書自体に気が付かず他の郵便物と一緒に捨ててしまって納付書がないってパターンもありますね。 それと車検証の住所(納付書の送り先)は実家だけど、住んでいる所は違っていて郵便物のチェックをしておらず、納付書に気が付かなかったっていうのも多いです。 それで、気付かずに納付期限が過ぎていて 「あ…どうしようかなぁ」ってなる場合です。 その場合は、 「自動車税事務所などに連絡してもう一度、納付書を送ってもらう」っていう方法になります。 普通車(登録自動車)と軽自動車では、払い先(納付先)が違うので、• 普通車(登録自動車)は、都道府県税事務所(自動車税事務所)• 軽自動車は、市区町村役所(納税課) に、問い合わせればすぐに送ってもらえます。 電話番号はネットで調べれば、すぐに分かります。 でも、 「期限が遅れてるから、なんか言われそうで電話するの嫌やなぁ」 って思われる人もいるでしょうが、税事務所の窓口の人って、けっこう優しいです。 おっさんは、お客様の代わりに電話したり直接、税事務所に行ったりすることもありますが、大阪の府税事務所はお客様対応ですね。 他の行政(役所)の窓口とはぜんぜん感じが違います。 なので、気軽に電話して 「納付書送って下さい」って言えば、 「はい、すぐに送らせてもらいます」って感じで終わると思います。 それと、近くに税事務所や役所があるのであれば直接行って、その場で払ってしまうって方法もあります。 督促状(2回目の納付書)まで待つのは? 「面倒くさいし同じやから、もう一回納付書(督促状)が来てからでもエエかなぁ」 って感じの人もいたり、ネットでもそんな感じの事を説明しているサイトもあります。 たしかに、7月くらいに送ってくる1回目の督促状であれば延滞金もかからないので同じと言えば同じですが、おっさんはおすすめ出来ません。 最初の納付書の期限を忘れたりする人って結局、2回目の納付書の期限も 「また忘れてた!」ってパターンになることが多いんですよね。 それに手元に納付書が届かなかったり失くしてしまったって人も、また同じように督促状(納付書)が届かないってパターンになることも多いです。 なので、 「気付いた時に忘れないうちに終わらしておく!」っていうのが大事やと思います。 ず~っと忘れてたら? 手元に納付書や督促状が届かず自動車税の事も忘れていて、ず~っと気づかないってパターンもあります。 自動車税を払わなかった場合の流れとしては、• 5月上旬に納付書が届く(期限5月31日)• 7月ぐらいに1回目の督促状が送られてくる(延滞金はまだかからない)• 1~3か月ごとに督促状(催促状)は送られてくる(延滞金は上乗せられている)• その間に電話などがくる場合もある• 督促状(催促状)の内容がきつく(怖く)なってくる• 最後通告(通告書や差押警告書など)が送られてくる• 車・給与・預金などが差し押さえられる(準備される) っていうのが、よく言われてるパターンですね。 ネットなどでもこのような感じの流れを説明しているサイトが多いと思います。 でも 自動車税は自治体によって、かなり対応(流れや督促の期間)が違ってきます。 その自治体の自動車税の徴収の考え方(やる気・未納額・強化月間など)や未納者の悪質度(他の税金の納付状態)で、全く違うって言ってもいいほどです。 ただ正直、おっさんの仕事の経験でいえば、自動車税の延滞(滞納)だけで差し押さえになったって話は噂話ぐらいでしか聞いたことはないです。 直接のお客様が未納(滞納)で差し押さえられたって話は聞いたことはありません。 実際のところ、地域によってかもしれませんが、だいたい督促状(催促状)が定期的に送られてくるだけが、ほとんどですね。 おっさんの経験では、 たまにあるのは、 「車検の時まで気付かなかった」ってやつですね。 自動車税を払っていないと車検を受けれないので、車検の時に気付くって感じです。 車屋は車検の時に納税証明書が無ければ、必ず税金を払っているか聞きますが、 「あっ、払ったかなぁ?納付書って来てたかなぁ?忘れてたかなぁ?」 って、お客様自体が覚えていないパターンがちょくちょくありますね。 しかも、車検時期によっては2年前から払っていなかったってこともあります。 その場合は、納付書を取り寄せて延滞金が上乗せされた額を払うことになります。 なので、おっさんは、電話ぐらいはあるかもしれませんが税務署の人(役所の人)が訪問したり差し押さえになったりすることは、めったに無いかなぁって思います。 だから、ず~っと気付かず忘れてたって事になるんですよね。 まとめ ネットなどで、いろいろ税金の考え方など説明していますが、車屋としては正直、 「自動車税を払わないと車検が受けれない(車に乗れなくなる)」 って、ところだけです。 延滞金ってけっこう高いから、もったいないですよ」 って感じのことは、お客様に説明していますけど。 ちなみに、税金の延滞金ってホントーに高いですよね! 「こんなんグレーゾーンの利率じゃないの?」って思うぐらい高いです -0-;.

次の

「住民税が高い」と感じたらチェックしたいこと【わかりやすく動画で解説】 [税金] All About

税金 を 払わ なかっ たら

税金を滞納する人はいないと思いますが、もしかしたらその時、お金の都合がつかずに固定資産税を支払うことが出来なかった場合どうなるのかというのを調べてみました。 固定資産税を滞納(払わない)とどうなるのか 納付期限の翌日から延滞金の発生 第1段階です。 納付期限の翌日〜1ヶ月を経過する日までが年2. 9%、その後の期間が年9. 2% なので、放っておけば延滞金は膨れ上がってきます。 市から督促状が何度か送られてくる 第2段階とは、納付期限が過ぎて20日以内には督促状送るようになっています。 さらに督促状が来ても放置すると、電話や訪問、文章などによる勧告があります。 法律上は督促状を発送した日から10日過ぎると財産を差し押さえなければならないということです。 この時点でも支払えば、延滞金を支払う程度で済みます。 まだ支払う能力がなければ、支払えない理由を自治体に相談してみてください、各自治体により対応してくれるようです。 場合によっては分割にしてもらえるかもしれません。 財産の差し押さえ 第3段階です。 いきなり財産の差し押さえにはならないのですが、 相談もいかず督促状をそのままにしておくと、最終手段「財産の差し押さえ」となります。 この財産とは預金、給与、不動産、保険などになります。 時には、不動産が競売にかけられる事もあります。 給与の差し押さえは、当然働いているところに話がいくので、会社からの信用が落ちてしまいますのでやはり差し押さえまではいかない方がいいですね。 固定資産税(税金)は必ず払わなくてはならない。 他に銀行や消費者金融から借金をしていて、税金の督促は少し緩いので、ついつい税金の支払いを後回しにしてしまうかもしれませんが、要注意です。 自己破産しても税金(延滞金も含む)の支払い義務はそのまま残ります。 税金は甘く考えると家なし無一文になってしまうので必ず払うようにしましょう。 住宅ローンの査定にも響く これは知り合いのお話ですが、ある夫婦が県外で借家に住んでいたのですが、子どもが小学校に上がるようになるので、この機会にUターンで田舎に帰ろうという事になり、実家をリフォームして新しい生活を望んでいました。 両親とも話し合い、皆とても喜んでいたのですが、いざ住宅ローンを借りようと銀行に相談に行くと、実は実家の固定資産税が何年にも渡って支払っていないことが発覚しました。 その額が3桁にも達していてかなり驚いたようです。 住宅ローンを借りるために、ご両親を保証人として借りようとしていたみたいですが、銀行員に止められてしまいました。 支払うものが支払われていないと、銀行もお金を貸さないようです。 まぁ当たり前ですね。 その後この夫婦はとりあえず両親との話し合いが続いているようです。 おいらの疑問は、家がなぜ差し押さえになっていないのかは不思議ですが、税金は払っておきましょうというお話でした。

次の