アパート 隣 が うるさい。 アパートの隣人のうるさいいびきに限界な方必見!解決への3つコツとは|アパート初心者.net

アパート・マンションで隣人のいびきがうるさい!もしかして自分も…?

アパート 隣 が うるさい

スポンサーリンク 女性の部屋から男性の声が聞こえてきた ある日の夜、隣の女性の部屋から男性の声が聞こえてきました。 若い女性だし、まぁ彼氏だろうなと思いました。 その彼氏らしき男性の声がとてもうるさくて、 平日だというのに深夜3時~4時頃まで声が聞こえてきたのです。 うるさいな~! と、 壁をドン!なんてできるような人間ではないので、 僕は持ち前の気の弱さを活かして耐えました。 次の週、また同じ男性が来た 次の週も平日の真ん中頃に先週と同じ男性が女性の家に来ました。 先週と同じように男性の喋り声は深夜3時~4時頃まで聞こえてきました。 先週に続き今週もかよとさすがにイライラしましたが、 僕は持ち前の気の弱さをさらに活かしてただただ耐えました。 さらに次の週、また同じ男性が来た さらに次の週も平日の真ん中頃にまた同じ男性が女性の家に来ました。 我慢ならない怒りの気持ちを抑えつつ壁に耳を当てました。 すると、 声がけっこう聞こえる事にことがついたのでした。 聞こえてきた話の内容 耳をすませばそこにはとんでもなく汚い世界があったのです。 隣に住む女性はおそらく20代中盤、 男性の年齢は声の感じからすると、 50代かもしくは60代くらい。 2人の話し声を聞くとどうやら2人の関係は学校か何かスクールの、 先生と生徒の間柄だということが分かりました。 なんと、 先生が 教え子と一つ屋根の下でイチャイチャしたのです! さらに話を聞いているとこの年配の男性はどうやら何かの、 物書きの先生らしく この女は先生に上手いこと取り入って物書きの世界で 上手いことやっていこうとしているのだろうと予測がつきました。 ちくしょう!羨ましいじゃねえか!ジジイ! そして気になるアレですが、 男女が一つ屋根の下で風呂まで入ってるわけですからその後のことが気になりますよね? でも、 それが! 待てど暮らせど、一向に始まらないんです! 始まらないのには理由がありました。 なぜなら、 女には元からその気がない!! この女はジジイの立場を使って 物書きの世界でのし上がるために ジジイにチョットだけ良い思いをさせて得点を稼いでいるだけなのです。 なのでジジイがいくらその気になっても、 絶対に一線は越えないというわけです。 女って怖い、のし上がるためならそこまでするのかと。 スポンサーリンク それだけでは終わらなかった!? ジジイが来るのは決まって週の真ん中頃でした。 しかし、 ある土曜日の夜、隣の部屋からまた男性の声が聞こえてきたのです。 ジジイがまた来たのかと思ったのですが声を良く聞くと なんと! 明らかに若い男の声(20代) 週の真ん中にジジイを連れ込んで、土曜日には若い男を連れ込む。 隣の部屋の女性はなんと、 とんでもないクソ女だったのでした。 そしてその日の夜は、 大音量の2Pの声が聞こえてきました。 他人の2Pの声や音って超絶不快極まりない…。 ジジイとはしなかったけどやはり若い男とはするようです。 彼氏なのかなんなのか知りませんがその男に真実を教えてあげたかった。 ブスじゃねーーーーか!! 一瞬ではありましたが面をおがめることができて良かったです。 大家さんも女性をうるさいと感じていた 僕の住むアパートは大家宅と繋がっていて、 女の部屋は 大家宅と隣接している位置関係にあります。 なので大家も女が男を連れ込んでいることを知っていて うるさいと感じていたのです。 ちなみに、 大家に家賃を渡しに行った際にその女性の話になり、 大家さん情報で女性の部屋に来てる男はどうやら先生ということ確定しました。 (大家さんが女性といろいろ話した時に知ったそうです) 女性はうるさくて退去させられた その後女はもう1度くらいジジイと若い男を家に呼んだかと思います。 ですが、 すぐに引っ越していきました。 大家が忠告した後もジジイと若い男を連れ込んでうるさくしたので、 退去を言い渡されたんだと思います。 結局3ヶ月くらいしか住んでいませんでしたね。 まとめ:壁の薄い部屋、ダメ絶対! このように壁が薄い部屋に住むと生活に支障をきたします。 あなたは、• 隣の部屋から若い女とジジイのイチャつく声が聞こえてきてもいいですか?• 隣の部屋から他人の夜の営みの物音が聞こえてきてもいいですか? 僕は絶対に嫌です! 次に住む物件を探すとなったら何カ月も前から探すでしょう、 特に 壁の厚さにこだわって物件を探します! こんな嫌な思いをしない為にも部屋探しは納得いくまでこだわりましょう。

次の

アパートの壁が薄くて隣の部屋から若い女とジジイのイチャつく声が聞こえてきた話

アパート 隣 が うるさい

アパートの住人に足音がうるさいといわれてしまう理由 下の階や隣の住人から「足音がうるさい」と苦情が入るとよい気持ちはしませんが、苦情をいうということはそれだけ改善してほしいことでもあります。 しかし、普通に歩いているにも関わらす指摘されると、どこか腑に落ちませんよね。 実は、普段通りに歩いていても、足音がうるさいといわれてしまうには訳があります。 それは、音の性質です。 音には空気伝播音と固体伝播音があり、固体伝播音にはソールやヒールといった靴が床にあたる軽量衝撃音と、床を歩くときや子供が飛び跳ねたときの重量衝撃音があります。 軽量衝撃音よりも重量衝撃音のほうが下の階に響きやすいため、耳を塞ぐような大きな音でなくても、日常的に感じる足音を不快に思ってしまうと、耐え難い音になってしまうのです。 重量衝撃音は上下階の問題だけでなく、斜めの物件にも響いてしまうので、足音といえども軽視できない問題ですよね。 ただし、アパートの構造上、天井や床には防音しにくいといった問題があります。 苦情が来たら真摯な対応を 音の性質から、一方はうるさくするつもりでなくても、受け取りてからすれば、うるさくしているように感じてしまいます。 こうした感じ方の誤差が生まれることをふまえて、苦情が来た際には真摯な対応を心がけましょう。 苦情を伝える側も、いやがらせではなく、困った末の苦情かもしれません。 アパートに住んでいるもの同士、トラブルは避けていきたいですよね。 足音がうるさいという現実を受け止めて、改善していきましょう。 苦情を伝えた側が改善してきたと感じれば、互いにしこりは残りづらいですよね。 では、足音がうるさいといわれたときにできる改善方法をご紹介します。 まずは、歩き方です。 かかとから着地すると重量衝撃音になりやすいので、家にいるときは少し意識してみましょう。 しかし、長年の歩き方をすぐに変えられるものでもありません。 はじめは意識していても、自分では気にならない音だと忘れてしまいがちですよね。 では、ほかの対策方法もみていきましょう。 足音も苦情も無くなる?!スリッパの選びかた かかと歩きをしないためにできることは、ずばりスリッパを着用することです。 スリッパを着用することで、かかとからドシンと歩く癖を軽減できます。 また、スリッパがあることで、足音を立てないように気を付けるきっかけにもなります。 ただし、スリッパによっては、かえって足音がうるさくなってしまうこともあります。 これでは、本末転倒ですよね。 自分以外のアパートの住人に響かない、室内用のスリッパを選びましょう。 選びかたですが、底に工夫がされた、防音・静音の商品がおすすめです。 スリッパに防音が施されていたら、ストレスなく対策ができます。 ほかにも、麻素材でできているスリッパが、音が静かで履きやすいとの声もありました。 底が硬い素材でできたものよりも、厚めのフエルトや柔らかめの素材であると、消音効果が高そうです。 足音がうるさいといった苦情を受けたら、このようなスリッパを探してみてはいかがでしょうか。 アパートでもできる床の防音対策 スリッパのほかにも、足音を軽減する方法があります。 それは、防音カーペットや防音マットを活用することです。 アパートでは遮音性能の低い床材を使用していることもありますから、遮音性能を高めるために敷いてみましょう。 大人の足音だけでなく、子供の足音にも効果が期待できます。 小さな子供だと、どんなに注意しても、飛んだり跳ねたりしてしまいますよね。 そうした音が、苦情につながるケースも多いのです。 子どもに悪気はありませんが、子を持つ親として、こうしたアイテムで対策していきましょう。 カーペットを選ぶときには、上の階から下の階にどの程度聞こえるかの基準になる「L値」を参考にしてみてください。 L値は、次の2つに分けられています。 ・LH 重量床衝撃音 ・LL 軽量床衝撃音 重量床衝撃音は、足音や子供が飛び跳ねたときの衝撃音でしたね。 一方で軽量床衝撃音は、おもちゃを落としたときや、椅子を引いたときに出る音です。 このL値が小さければ小さいほど遮音効果が高くなります。 日本建築学会では、アパートなどの集合住宅の場合、LL-45以下を推奨していますので参考にしてみてください。 足音への苦情が続く場合はどうしたらいいの? 歩き方に気を付けたり、スリッパやカーペットで防音対策をしてもなお、苦情がなくならないときはどうすればよいのでしょうか。 できることはしたはずなのに、苦情が和らがないと、こちらが生活しにくくなってしまいますよね。 足音を気にするあまり、ストレスから精神的に追い込まれてしまう方もいらっしゃいます。 そうなる前に、大家さんや不動産会社、管理会社に相談してみましょう。 足音のための対策をしても苦情が止まないのは、もしかしたら相手方に問題があるかもしれません。 いやがらせの延長にならないためにも、第三者に相談し、現状を知ってもらいましょう。 このとき、ご自身でやられた対策を伝えることも大切です。 場合によっては苦情を伝えた側も、天井や壁に遮音シートを貼っていただくことで解決できることもあります。 第三者が介入することで冷静に判断してもらえますし、アパートの住人同士でヒートアップすることを防げますね。 アパートの住人に直接苦情をいうとトラブルに! では反対に、足音が気になるときは、どこに苦情を伝えればいいのでしょうか。 足音が気になってくると、つい直接いいたくなりますがおすすめできません。 これまでもお話ししたとおり、音は上下だけでなく、斜めの物件まで響き渡る場合もあります。 上の階の住人かと思いきや、実は斜め上の物件から出ている音だったらどうでしょうか。 身に覚えのないかたからしたら、とんでもない話ですよね。 そのため、自己判断せずに、アパートを管理している大家さんや管理会社に苦情を伝えましょう。 苦情として相談するときは、いつどんなときに困っているのかをメモしておきましょう。 日付や時間帯、どのような音なのかも具体的に書き残します。 また、口頭では騒音はなかなか伝わりにくいので、スマートフォンなどを使って動画に残すことも証拠になりますよ。 足音自体の音もそうですが、振動によって揺れる場所や物といったところも撮影するといいです。 一点、重低音は音をひろいにくい性質があります。 録音した足跡を第三者に聞いてもらう際には、イヤホンを付けて聞いてもらいましょう。 苦情をきっかけに!防音意識を高めよう! 集合住宅に住む以上、自分のことだけでなく、他人への配慮も時には必要です。 できることは改善し、さまざまなアイテムを使って改善していきましょう。 防音への意識が高まることは、隣人トラブルを回避し、結果自分を守ることにつながります。 よい環境で暮らしていくためにも、気遣いや心遣いが大切なのです。

次の

アパートの隣人の話し声がうるさいです。 こんにちは。今の賃貸のアパ

アパート 隣 が うるさい

アパートの隣人がうるさい! ・夜中に大きな音を立てたり ・話し声が聞こえてきたり ・テレビの音が漏れてくる・・・ って、お悩みではありませんか? 実は、私も過去に経験したことがあります。 隣に10代後半と思われる学生さんらしき人が引っ越してきて ・ゲームの音 ・音楽の音 ・テレビの音 ・話声 などが不定期に聞こえてくる・・・。 ある時にたまらなくなって警察に電話したら、それっきり静かに過ごしてくれるようになったので、それ以降は何事もなく過ごせるようになったのですが、アパートやマンションで隣や上の階に住んでいる人の騒音に悩まされるって、ほんとにしんどいですよね。 あまりにもうるさいからと言って、直接本人に言いに行くのは絶対やってはいけないことです。 ・逆恨みをされたり ・嫌がらせをされたり ・仕返しをされたり・・・ なのでもっとスマートにできる騒音対策を紹介していきますね。 まず最初にやるべきこと アパートやマンションなどの集合住宅で、隣人や上の会の人がうるさい時にまずやるべきことは、「 騒音のレベルを測ること」です。 「うるさい!」と苦情をと言う前に、どの程度うるさいのか測っておく必要があります。 苦情を言ってみたのはいいのだけれど、管理人さんや大家さんが来て一緒に騒音を聞いてみた時に、 「 この程度だったら生活音の範囲だから我慢してよ」 なんて言われる場合も考えられます。 そしてあまりにもしつこいと嫌われてしまう羽目に・・・。 なので、そうならないためにもしっかりと、生活音の範囲なのか、騒音なのかを事前に調べることが必要となってきます。 といっても、音を測る専用の機械を隣人の騒音を測るだけのために購入する必要はありませんよ。 この辺は無料のアプリで代用しましょう。 こんな感じのアプリが無料でインストールできますので、こういったものを使って実際に騒音を測ってみましょう。 そして、騒音と生活音の基準ですが、環境省の線引では、これは住んでいる地域によって基準が違ってきます。 だいたい60デジベル以上であれば、騒音になってきますが、詳しくは環境省のホームページで確認してみてください。 なんてことが記録してあると、管理会社に苦情をいう時に説得力が増します。 ですが、騒音だった場合にいきなり騒音の発生源の場所に行って、 「おい!うるさいから静かにしろよ!」 と怒鳴り込むのは、あまり賢くありません。 そんなことしたら最悪の場合、仕返しや嫌がらせの対象に・・・。 うるさいからと言って「壁ドン」をするのも同じ理由で駄目です 苦情をいう場合にも、ちゃんと順番がありますので、それを紹介していきますね。 アパートの隣人がうるさい時の苦情の順番は? 先程も書きましたが、アパートやマンションなどの集合住宅で上の人や隣の人がうるさいからと言って、直接文句を言いにいくのはあまり賢くありません。 そんなことしたら最悪の場合、仕返しや嫌がらせの対象になってしまいますので、ここは自分以外の人に注意してもらいましょう。 まず、考えられるのは、 ・大家さんや管理会社 ・警察 この2つだと思います。 これは状況によると思います。 深夜にお酒を飲んでいてお祭り騒ぎをしているようであれば、迷わず警察ですね。 現場の確認もしてくれますし、何よりとても効果的! たいがいの場合は、一発でうるさいのが止まります。 一方で大家さんや管理会社に苦情を入れる場合は、不定期に騒音がする場合です。 こういった騒音の場合、警察に連絡しても、警察が到着する間に騒音が止まってしまいますので、なかなか効果的ではない場合も多いようです。 こういった場合は、アパートやマンション大家さんや管理会社に連絡した方がいいでしょう。 大家さんや管理会社がやってくれること それでは、大家さんや管理会社の人に、騒音のことを言った場合に、どのような対応をしてくれるのでしょうか? 管理会社や大家さんがやってくれる対処法としては、 1 「騒音で迷惑しています」というチラシを入れてくれる 2 直接注意 3 話し合いの場を設ける この3つです。 そして、大家さんや管理会社に頼むのにもコツがあります。 ・先程書いたように、時間や内容を具体的に説明する ・記録を残してあることをそれとなく伝える ・アプリで測ったら…と言った具体例を上げる ・相手に自分の名前を出さないように知られないように匿名にしてもらう こういったことを守ると、すんなりと動いてくれたり、また、自分に仕返しがこないようになります。 大抵の場合は一番はじめのチラシで静かになると思います。 しかしながら、「話し合い」となると、大家さんや管理会社の人達は被害者のあなたの味方をすることは考えにくいです。 誰か一方の見方、というより中立の立場を取って意見をまとめる・・・だけの場合が多いようなので、最悪のことを考えるのであれば、先程も書いたように、 ・記録を残しておいたり ・騒音を測ったり ・第三者に騒音を聞いてもらったり ・警察を呼んだ記録を作ってみたり 「うるさくて我慢できなかったので警察を読んだ」なんて記録があるといいですね といったことが必要になってきますので、あらかじめ用意しておきましょう。 自分でできる騒音対策 と、ここまでは警察や管理会社に頼む方法を紹介しましたが、自分でできる騒音対策も3つほど紹介します。 以前私は、雨の日に隙間テープを張ったのですが、隙間テープを張って窓ガラスを閉めた瞬間に雨の音が聞こえなくなったことに感動したことがあります。 ただ、耳栓をすると耳に違和感があったり、アラームなどの生活音も若干聞こえにくくなるのがデメリットかな。 といっても大音量でかけるのではありませんよ。 できればヘッドホンなどをして、自分の好きな音楽 私の場合はゆっくりした音楽 をきくことで、騒音をやり過ごすこともできます。 まとめ いかがでしたか? 長くなってしまいましたので、もう一度要点をまとめてみますね。 まず最初に、うるさいからと言って直接文句を言いにいってはいけません。 直接文句を言いに行くことで、 ・逆恨みをされたり ・嫌がらせをされたり ・仕返しをされたり・・・ といったことが考えられますので、気をつけてくださいね。 苦情をいうのであれば、大家さん 管理会社 か警察に言うのがいいでしょう。 警察に頼むは即効性があります。 大家さんに頼む場合には、 ・先程書いたように、時間や内容を具体的に説明する ・記録を残してあることをそれとなく伝える ・アプリで測ったら…と言った具体例を上げる ・相手に自分の名前を出さないように知られないように匿名にしてもらう といったものをあらかじめ用意していると、すんなりと動いてくれる場合が多いです。 また、自分でできる騒音対策として、 ・隙間テープを貼る ・耳栓をする ・音楽を聴く といったことも有効です。 本日の記事は以上です。 最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

次の