高山 清司。 高山清司山口組若頭の人柄、性格、刺青、指詰め、妻(嫁)子供、自宅は?【画像動画あり】【弘道会】

名古屋の組事務所に届いた重箱の中身は?出所祝いで高山清司若頭と篠田健市組長が面会か

高山 清司

六代目山口組内で出回った三代目弘道会への移籍報告書 2010年11月京都市内の建設業者の男性に対して、恐喝事件を起こしたとして逮捕・起訴され、その後、実刑判決を受けた 六代目山口組の 高山清司若頭(注:「高」は「はしご高」)。 現在、東京・府中刑務所に服役している高山若頭の社会復帰まで、ついに1年を切った。 服役中の高山若頭の健康状態について不安視する声も一部にはあったが、事情をよく知る関係者らは口を揃えて、「健康状態にはまったく問題なく、元気に過ごされている」と話している。 高山若頭が社会に居れば、空前絶後の六代目山口組分裂騒動は起きなかったと多くの関係者は口にしていたのだが、では高山若頭が社会復帰を遂げれば、この分裂騒動に終止符が打たれるのだろうか。 「ヤクザに対しての警察当局の締め付けや社会情勢を鑑みた場合、武力によっての解決は困難となるのではないでしょうか。 一方で高山若頭ならば、強硬手段を取ってでも、この分裂騒動を終わらせるのではないかという声もあります。 また、高山若頭が出所してきても、状況は変わらないのではと話す関係者もいます。 ただ、共通しているのは、どの関係者も高山若頭の社会復帰を強く意識していることです」(ヤクザ事情に詳しいジャーナリスト) 世の中には、そこにいるだけで周囲の士気を変え、さまざまな影響を与えるという人物が存在する。 著者が現役時代に何度か見た高山若頭とは、まさにそういった人物であった。 ある公用でのことだ。 それまで、六代目山口組直系組長らは最高幹部を含めて、思い思いに談笑していたのだが、そこへ高山若頭が姿を現すと、水を打ったように場は静まり返り、緊張で空気が張りつめるという瞬間を感じたことがあった。 言葉を必要としないその力は、筆者のような枝の組員にまで伝播し、高山若頭という人がどれだけすごい親分であるかということを、肌身を通して窺い知ることができたのだった。 野内組へ移籍する勢力が増加 昨今、六代目山口組系列組織に復帰する組員が増加し始めたことも、そういったことが関係しているのかもしれない。 その裏付けともいおうか、六代目山口組司組長が創設させ、高山若頭が二代目を受け継ぎ、現在は六代目山口組若頭補佐でもある竹内照明会長率いる三代目弘道会が、勢力を拡大させ始めているというのだ。 「特に三代目弘道会傘下の(三代目弘道会統括委員長でもある野内正博組長が率いる)野内組への移籍が圧倒的に多く、その組織力はすでにプラチナ級(直参組織クラス)だといわれている。 以前から本部事務所が立派なことでも有名で、高山若頭が社会復帰すれば、すぐさま直参へと昇格するのではないかとの声が上がっているほどだ」 六代目山口組関係者 分裂後、六代目山口組サイドで作成されたとみられる「移籍報告書」でも、他組織から野内組への移籍が多数を占めているともいわれており、構成員数、経済力だけではなく、他業界へのパイプも多方面に広がっているというのである。 「野内組長といえば初代高山組の出身で、当時は行動隊長を務められていた。 こうしたことから、地元政財界とのつながりも強いといわれてきた」 地元組織関係者 配下組織には、元二次団体であった組織や関東に本拠を置く有力三次団体も六代目山口組分裂後に移籍しており、これまでの実績からも、この関係者が話すように、分裂騒動に揺れる六代目山口組において、野内組に寄せられる期待は大きいようだ。 高山若頭の出所まで1年を切り、着実に事は動き始めている。 分裂騒動は最終章を迎えようとしているのだろうか。 2014年、所属していた組織の組長の引退に合わせて、ヤクザ社会から足を洗う。 以来、物書きとして活動を始め、『山口組分裂「六神抗」』365日の全内幕』(宝島社)などに寄稿。 著書に『生野が生んだスーパースター 文政』『2年目の再分裂 「任侠団体山口組」の野望』(共にサイゾー)など。 最新小説『死に体』(れんが書房新社)が発売中。

次の

七代目は誰が継ぐのか

高山 清司

高山清司若頭が名古屋の組事務所で出所祝い!?重箱が運び込まれる 18日朝に出所した指定暴力団山口組のナンバー2、高山清司若頭(72)が入った名古屋市内の組事務所には、重箱などが次々と運び込まれた。 山口組の篠田建市(通称・司忍)組長(77)らと出所祝いをしているとみられる。 高山若頭は同日午前6時前、府中刑務所(東京都府中市)を出た後、JR品川駅から新幹線に乗り、午前9時前に名古屋駅で下車。 迎えのワゴン車で同10時15分ごろ、名古屋市内にある出身団体・山口組弘道会の傘下組織事務所に入った。 約15分後には、篠田組長を乗せた車も事務所に到着。 その後、組関係者とみられる男性らが、風呂敷に包まれた重箱などを運び込んでいた。 名古屋市南部の住宅街にある事務所前には雨の中、約40人の報道陣が集まり、警察官も30人ほどが警戒にあたっている。 出典:産経新聞 高山若頭が出所しました。 本来なら神戸に帰ってくるべきですが総本部も高山邸も使用制限を受けて使えない現状。 そもそも神戸山口組が神戸の弘道会事務所を銃撃したのも、こうなるように 神戸から6代目山口組を追い出そうと謀った謀略だったぽいね。 画像は高山若頭の家。 まるでお城 — こたつ 香ばしいニュース n28pkHjffvtufN3 重箱が続々と!山口組弘道会の事務所で会合か.

次の

高山清司の人柄や性格がヤバい!経歴や司忍組長とのエピソード。

高山 清司

最新の事件では、トカナでも報じたが、山健組本部付近で弘道会系の丸山俊夫容疑者が職務質問中の警察官の頭ごなしに拳銃を数発発射し、山健組組員を2人殺傷したことが記憶に新しい。 この件では事務所使用禁止の仮処分が掛けられて、15日間の使用禁止が神戸11ヶ所、名古屋が5カ所、大阪で3ヶ所という事務所が使えなくなった。 これで事務所に人が集まることも不可能になり、高山清司若頭の迎えの準備にも支障をきたす。 高山清司若頭の出所を待つ弘道会系組幹部に話を聞いた。 「若頭の出所は六代目山口組にとって本当に喜ばしいことです。 当日は私ら東京の人間でも動員を掛けられている組と掛けられていない組もあります。 本当は若頭の帰り道の要所に立ちうちの組員でお迎えをしたいのですが、それは警察から阻止をされるので、実際は若頭が新幹線に乗る品川駅のガードになるでしょう。 当日はマスコミや警察官で一杯になるでしょうから」と語る。 また、別の弘道会系組幹部は 「新幹線が停車する駅や通過する駅などに組員を立たせてお迎えする案もありましたが、それも一般人を巻き込むことになるので中止にしました」とも語る。 使用禁止された事務所の使用禁止は15日ごとに更新され、この間対立抗争が起きたら各都道府県は暴対法に基づき3ヶ月の使用禁止の通達を出し、組関係者の聴聞会も開かれる。 神戸山口組組員は高山清司若頭の出所をどのように見ているのだろうか。 「士気が上がるので当然警戒しています。 神戸の事件も出所が近いから起こったとも言えます。 当然今まで以上に警戒します」と、言葉少なめにコメントを寄せた。 策士と言われる高山清司若頭の出所で何が変わるのであろうか。 ある中立組織の組長は、多数のメディアが抗争激化の恐れを伝える中、 「あれだけの強烈な頭脳をもち、誰もが恐れる高山の出所だ。 実際に山口組は1つにまとまるやろ最後は」と語った。 求心力があると言われる高山清司若頭の出所。 この出所で前出の中立組織の組長が語るように、山口組の分裂が収まり市民が平穏に暮らせる日が来ればいいのだが。 編集部.

次の