黒い 瞬間 接着 剤。 プラモデルの部品・パーツをキレイに接着するコツ

ガンプラ初心者が合わせ目消しの瞬間接着剤を簡単に削る方法5工程

黒い 瞬間 接着 剤

【 パーツ接着のポイント もくじ 】• まずは基本のプラスチック用接着剤! プラスチック用接着剤には、スチロール樹脂の含まれている ドロッとしたタイプと、スチロール樹脂の含まれていない サラサラした流し込みタイプの2種類があります。 右の写真は、一度接着したパーツを半乾き時に剥がしてみたところですが、接着面が溶けてるのが分かると思います。 スチロール樹脂、流し込み共にプラスチック表面を溶かしてくっつけるので、接着力は非常に強力です。 接着力は強力ですけど、塗装面も溶かしてしまうので、塗装後に接着する場合ははみ出さないよう注意しておきましょう! ドロッとしたスチロール樹脂系接着剤の使い方 キャップのハケに接着剤を付け(多ければビンの縁でしごいておく)、接着面の内側に手早く気持ち少なめに塗って、多少半乾き程度の時にパーツを合わせると、キレイに接着出来ます。 塗装前に接着する場合はそこまで接着剤のはみ出しを気にする必要は無いですけど、塗装後に接着する場合ははみ出さないよう注意。 また、あえて多めに接着剤を塗ってはみ出させることで、ことも出来ます。 キャップ裏に付いてるハケが太い場合はカッター等で斜めに切るか、もしくは流し込み接着剤のハケを使うと少量つけやすくて、細かい部分の接着に便利。 個人的には、使い切った流し込み接着剤の容器にスチロール樹脂接着剤を入れ、細部の接着に使ってますけど細いハケはかなり便利です。 キャップ上部をスチロール樹脂接着剤のキャップ色と同じ白で着色して、流し込み接着剤と区別して使ってます。 それと、メッキパーツを接着する場合はそのままだとくっつかないので、カッターやサンドペーパー等で、接着面のメッキを両面とも剥がしておきましょう。 これは流し込みタイプでも同じです。 あまりにも粘度が高くなってくると使いにくくなってくるので、その場合はツールクリーナーや一般のラッカーシンナー等、プラスチックを溶かす強いシンナーで薄めてやると使いやすくなります。 サラサラした流し込み系(無樹脂溶剤型)接着剤 もう一つのプラスチック用接着剤が、サラサラした無樹脂溶剤型の接着剤。 流し込み系接着剤は接着する部品同士をあらかじめ合わせておき、その後合わせ目に接着剤を置いてやると、毛細管現象で細部まで勝手に流れ込んでくれます。 流し込みタイプは乾燥も早く、接着力も強力で非常に便利。 個人的には大半の接着はこの流し込みタイプを使ってます。 特に写真のクレオスから発売されている「Mr. セメントS」は、特に乾燥が早くて接着力も強力、非常に使い勝手が良いです。 個人的には流し込み接着剤の決定版なんじゃないかなと思ってます。 この流し込み接着剤を使うときの注意点としては、接着する時、 パーツの合わせ目に指を置かないようにしておくことです! 合わせ目に指を置いてると、左の写真みたいに指を置いてた所にも接着剤が回って、汚くなることがありますから・・。 こうなったら、ペーパーで磨いてサフを吹いて修正してやるしかないです。 塗装前なら修正できますけど、右の写真は塗装後に流し込み接着剤が表に回って、塗膜が溶けてしまいました。 こうなると悲惨です。 ほぼ修正不可能です。 写真のキットの場合、完成後はマフラー部品で殆ど見えなくなりましたけど、塗装後に流し込み接着剤で補強するような場合は、特に気を付けておいた方が良いです。 メッキパーツや塗装後の接着にエポキシ系接着剤 プラモデル用接着剤はプラスチックや塗装面を溶かしてしまうので、塗装後に取り付ける小物パーツや透明パーツは、万一はみ出すと汚くなってしまいリカバリーが難しいんですよね。 そんなときは、2液を混ぜ合わせることで、化学反応によって固まるエポキシ系接着剤が便利。 エポキシ系接着剤は プラスチックや塗装面を溶かさないし、はみ出しても透明なので目立たず、またはみ出した箇所は固まる前ならエナメル溶剤を含ませた綿棒等で拭き取る事も出来るで、透明パーツや塗装後の小物パーツをキレイに接着しやすいです。 金属パーツやメッキパーツにも使えます。 ただ、あまり強い力を加えると剥がれてしまう場合があるので、何か強い力で固定しておくような場所に使うときはちょっと注意しておいた方が良いかも。 硬化速度が1分、5分、30分など、いくつか種類があるので、数種類持っておくとケース毎に使い分けられて便利です。 個人的には、マスキングテープやガムテープを2つ折りにした上に、主剤と硬化剤を同じ量だして混ぜ合わせ、伸ばしランナーの先端につけて使ってます。 写真のような、接着後すぐに手を離すことが出来ず、すぐに硬化して欲しい箇所の場合は、1分で硬化する速乾タイプが便利です。 混ぜ合わせてから少し時間をおいて、ちょっと乾き始めてから接着するのがコツ。 接着範囲が広く、パーツの接着後に手を離せる場所などは、硬化まで時間に余裕のある、15分や30分硬化タイプ等がゆっくり作業出来ます。 エポキシは気温が高いと乾燥も早くなり、特に夏場は硬化までの時間が早いので、1分や5分で硬化するタイプだと接着剤を塗ってる間に乾燥が始まってしまうので、そういうときはゆっくり硬化するタイプが使いやすいです。 メッキパーツも、メッキを剥がさずに接着することが出来ます。 こういう塗装後につける小物パーツは、通常のプラモデル用接着剤だと万一はみ出したときに汚くなるので、エポキシは便利です。 透明パーツには紫外線硬化型接着剤が便利! 写真はスジボリ堂から発売されている「UVクリアー」という、紫外線ライトを当てることで固まる接着剤。 これをつかうと、クリアーパーツの接着が劇的に便利になります! 専用の紫外線ライトを当てると ほぼ一瞬で固まります(実際には余裕をもって数秒当てます)が、ライトを当てなければ固まらないので、落ち着いてゆっくり作業できます。 また流動性が高いので、毛細管現象で細部にまで行き渡らせることができ、塗装面も殆ど侵さず、はみ出しても拭き取る事が出来るので(塗装面の艶が多少落ちてしまいますが)、クリアーパーツの接着をキレイに仕上げやすいです。 使い方は、ガムテープの上などにUVクリアーを少量出し、伸ばしランナー等にUVクリアーをつけてパーツに接着。 紫外線ライトを当てて接着剤を固めます。 持つ場所が無い細かなパーツ等は、爪楊枝などに両面テープを巻き付け、部品の持ち手として使ってます。 液状とゼリー状の2種類ありますが、細かなパーツは2種類を混ぜて使うとけっこう使い勝手が良いです。 ただし、強い力を加えると外れてしまうのと、つけすぎると白化してしまうので注意。 特に透明パーツが白化するとどうにもならないので、透明パーツには使わない方がいいです。 使い方は、マスキングテープやガムテープなどを2つ折りにして、その上に液状とゼリー状を別々に少量出し、それぞれを少量ずつ伸ばしランナーの先につけて使ってます。 つける量も自由にコントロール出来るし、はみ出しも少なくキレイに仕上げることが出来ますよ。 瞬着をつけた後は、を吹きつけておくと、白化防止にもなるしすぐに固まってくれるので便利です。 それと、この瞬間接着剤は空気中の水分と反応して固まるので、保管する際は容器に乾燥剤と一緒に入れて保管しておくと、それなりに長く使えます。 そのまま引き出しにしまっておくと、結構早く使い物にならなくなったりするので、保管には注意しておきましょう!.

次の

プラモデルの部品・パーツをキレイに接着するコツ

黒い 瞬間 接着 剤

プラモデル用接着剤の種類 プラモデル用の接着剤には様々な種類が存在します。 使う場面によって合うものと合わないものがあるため、それぞれの特徴を把握する事が大切です。 流し込みタイプは乾くのが早いが接着は弱い 流し込みタイプは、粘度が低い接着剤です。 パーツを合わせた隙間に接着剤を流し込んで使用します。 接着の原理はセメントタイプと同じで、塗布したプラスチックの表面を溶かして接着します。 しかし、セメントタイプと大きく違うのは、パーツを合わせてから接着剤を塗布する点です。 粘度が低いため、パーツとパーツのわずかな隙間に流れ込んでくれます。 塗布のはみだしにより、接着剤が手に付く事も少ないため、きれいに接着作業を行うことが出来ます。 接着面も最低限しか溶かさないため、乾燥時間が短く作業を効率的に行う事が可能です。 しかし、セメントタイプと比較すると、粘度が低い分接着強度は劣ることに注意が必要です。 セメントタイプは時間がかかるが接着が強い セメントタイプは粘度が高い接着剤です。 パーツの接着面に直接塗布してからパーツを合わせて接着します。 セメントタイプは、接着剤中にスチロール樹脂が溶け込んでいます。 そのため、パーツ同士の隙間を、わずかなら埋め込みながら接着する事が可能です。 多く塗って使用すれば、合わせ目を消すパテ代わりの役割も果たします。 しかし、粘度が高いため、多く塗れば塗るほど乾くのに時間が掛かってしまいます。 時間はかかりますが、流し込みタイプより強度の高い接着が可能な事は魅力でしょう。 瞬間接着剤は便利だが乾くと白くなる 瞬間接着剤は、接着剤そのものが硬化して接着がなされます。 プラスチック以外の素材との接着や、穴埋めや合わせ目消しのパテ代わりとしても使用可能です。 プラスチックの表面を溶かさず、接着剤そのものが硬化するため、異素材との接着時は重宝します。 硬化までの時間はもともと短いですが、促進剤を使う事により一瞬で硬化させる事が可能です。 硬化すると白くなるため、黒いパーツやクリアパーツで使用する際は、はみ出しに注意が必要です。 クリアパーツには対応接着剤かエポキシ接着剤がよい クリアパーツを接着するには、対応接着剤かエポキシ接着剤がおすすめです。 クリアパーツを汚すことなく接着できるため、きれいに仕上げることが出来ます。 クリアパーツの接着時に接着剤がはみ出すと、パーツが曇り、仕上がりが汚くなります。 クリアパーツに対応した接着剤を使用すると、接着剤の乾燥後も透明で仕上がりがきれいでしょう。 エポキシ接着剤は、2種類の液体の化学反応により接着するため、プラスチックの表面が溶けず、クリアパーツが曇ることなく接着できます。 黒い瞬間接着剤はパーツの補修にも使用できる 黒い瞬間接着剤は、合わせ目消しやパーツのホール消しなど、パテの代わりとして補修作業に使用できます。 接着剤自体が黒いため、黒や濃色のパーツの補修や接着におすすめです。 埋めたい所に黒い瞬間接着剤を塗布して硬化促進剤で固めると、プラスチック素材に近い固さで固まります。 切削作業もしやすく、きれいに仕上げ処理をする事が可能です。 通常の瞬間接着剤は硬化してしまうと白化してしまうため、暗い色のパーツの接着作業には非常に神経を使います。 しかし、黒い瞬間接着剤は硬化後も黒いままであるため、塗布面のはみだしなども修正可能です。 安定が悪いときは瞬間接着剤促進剤を使う 接着面が小さい時は、瞬間接着剤でも硬化には時間を要しますが、瞬間接着剤促進剤を使うと硬化スピードを飛躍的に高め、作業を効率的に行う事が可能です。 接着面が小さいパーツは硬化するまで安定しづらく、思うような接着が出来ない可能性があります。 硬化するまで押さえる方法は、作業時間が取られてしまうでしょう。 瞬間接着剤促進剤は硬化スピードを速くするため、安定が悪い小さい接着面でも思い通りの接着を実現してくれます。 瞬間接着剤に促進剤を使えば、パテ代わりにも使用できるため便利です。 おすすめなプラモデル用の接着剤 ウェーブ 黒い瞬間接着剤は濃色パーツの接着によい ウェーブ 黒い瞬間接着剤は、瞬間接着剤なのに硬化後も黒いままで接着できる、ウェーブの黒い瞬間接着剤です。 ヒケやパーツの合わせ目消しなどの補修で、パテ代わりに使用できます。 普通の瞬間接着剤は硬化後に白化してしまい、濃色パーツが白くなる可能性があります。 しかし、黒い瞬間接着剤は、硬化後も黒のままであるため、濃色パーツの接着に最適です。 硬化促進剤と併用すれば、硬化の乾燥時間も一瞬になりヒケ具合も少なくなります。 パテとして補修作業にも使用出来るでしょう。 プラモデル用の接着剤のついてのまとめ• プラモデル用の接着剤には、流し込みタイプとセメントタイプ、瞬間接着剤があります。 それぞれ粘度や効果の時間、硬化方法が違うため、特徴を理解して使用する事が大切です。 クリアパーツは、接着時に接着面が曇る可能性があります。 対応接着剤かエポキシ接着剤を使用すると、パーツを汚すことなくきれいに仕上げられるためおすすめです。 黒い瞬間接着剤は、濃色パーツの接着に重宝します。 硬化促進剤と併用する事により、パテ代わりとして補修作業に使用する事が可能です。 硬化促進剤は瞬間接着剤の硬化時間を更に短縮し、小さい接着面のパーツを安定して接着する事が出来ます。 投稿ナビゲーション.

次の

プラモデルの部品・パーツをキレイに接着するコツ

黒い 瞬間 接着 剤

瞬間接着剤が白化する原因は? 瞬間接着剤を使用した方であれば多くの方に経験がある白化。 塗った周りが白くなってしまう事で、せっかく付いたのに使用出来なくなってしまう事も在りますよね。 これは水分と瞬間接着剤に含まれている成分が結合する事で起こる現象となっています。 瞬間接着剤は液状となっていますが、固まる為に液体が蒸発していきます。 この蒸発の際に空気中に含まれている水分と結合する事で、白い粉末として周囲に残ってしまうのです。 白化しないように防止する方法は? 白化してしまうと色合いが目立ってしまいますよね。 そんな白化を防止する方法があります。 まず水気が付着しないように しっかりと乾燥させる事です。 瞬間接着剤を使用する部分が濡れていたり、水気が付着していると白化の原因となります。 しっかりと乾燥させた後に、瞬間接着剤を使用すると白化を防止させる事が出来ます。 また 素早く作業を行う事が大切です。 瞬間接着剤は液体状となっている時間が長い程、白化が起こり易くなってしまいます。 手早く作業を行う事が大切です。 さらに 多量に使用すると白化の原因ともなります。 瞬間接着剤は接着力はとても強いです。 しかし、「もっと沢山付けないと」と心配になり多量に使用する方もいらっしゃいます。 多量に使用するとそれだけ固まるまでの時間が長くなってしまい白化の原因となります。 また白化は 広範囲に瞬間接着剤が付着すると起こり易くなっています。 破損個所のみに瞬間接着剤を使用する事が大きな予防となります。 瞬間接着剤がはみ出さない様に使用すると大きな予防策となります。 また瞬間接着剤を使用する際に、 固まる時間を早くさせる硬化促進剤を使用する事も大きな対策となります。 Sponsored Link 白化してしまった部分を取るには? 白かしてしまうと、色合いが不自然になってしまい捨ててしまう方もいらっしゃいますよね。 でも白化した部分を取る方法があります。 まず白化が僅かな場合にはティッシュや布といった物で拭き取る事が出来ます。 また金属品やプラスチック製品は目の細かいヤスリで擦ると取る事が出来ます。 ポリエチレン製品の場合には専用のはがし剤の使用や、アセトンという溶剤がお勧めとなります。 溶剤を使用すると白化だけでなく、本体さえも溶かしてしまう恐れがあるので注意が必要となります。 あとがき 瞬間接着剤を使用した時に起こってしまう白化。 水分が付着していたり、空気中の水分によって起こる現象となっています。 はみ出さない様に瞬間接着剤を使用すると白化を防ぐ事が出来るのです。

次の