凱旋門 賞 オッズ。 第85回凱旋門賞

海外競馬 凱旋門賞2019全オッズ!全着順、オッズ結果(1着:ヴァルトガイスト)

凱旋門 賞 オッズ

2020年の 凱旋門賞のブックメーカーが発表しているオッズです。 Enable(4. Japan(13. Daring Tact(15. Logician(15. Sottsass(15. Ghaiyyath(17. Love(26. Frankly Darling(26. Victor Ludorum(26. Salios(26. Star Catcher(26. Persian King(34. Ocean Atlantique(34. Stradivarius(34. Raabihah(34. Palace Pier(34. Magical(34. Military March(41. Born With Pride(41. Wonderful Moon(41. Sovereign(51. King Of Change(51. Waldkonig(51. Albigna(51. Deirdre(51. Mogul(51. Rubaiyat(67. My Rhapsody(67. Lucky Lilac(67. Blast Onepiece(67. Passion(101. 0) (William Hill参照 2020年6月17日現在) 6月17日の段階では1番人気は3度目の制覇を狙うエネイブル。 昨年の凱旋門賞4着のジャパンや日本馬のデアリングタクトが続いています。 他の日本馬ではサリオスやディアドラ、マイラプソディ、ラッキーライラック、ブラストワンピースが名を連ねています。 過去の日本馬の最高着順は2着。 1999年のエルコンドルパサー、2010年のナカヤマフェスタ、2012年・2013年のオルフェーヴルが2着に入っていた。 近年では2012年のオルフェーヴルの2着がもっとも勝利に近づいた年だった。 直線半ばで勝利を確信した人が多かったはず。 今年こそ日本馬の勝利を!.

次の

凱旋門賞2013・最新ブックメーカーオッズの人気順は?

凱旋門 賞 オッズ

条件 [ ]• 発走:17時35分(日本時間2日0時35分)• 賞金総額:2,000,000(1着賞金1,142,800ユーロ)• 出走条件:3歳以上牡牝• 天候:晴• 馬場硬度:3. 0 Bon レース施行時の状況 [ ] 実際に出走したメンバー以外にも有力馬が登録していたが、馬のサーパーシーは直前になって回避し、馬のとに優勝したマンデシャは牝馬限定のに出走することになった。 また、競馬界の2大であるグループが1頭、はが急死したこともあり出走馬なしとなった。 地元のリーディングトレーナー(首位)厩舎から3頭が出走。 その中でもハリケーンランは前年の同競走の優勝馬であり、同年ものを優勝していた。 は前年にのを勝ち、同年もでを破っていた。 この同厩舎の2頭はの前哨戦フォワ賞で対決し、ハリケーンランは直線でいちどもを使わないなど互いに余裕を残した競走内容ではあったものの、シロッコがハリケーンランを抑えて勝利していた。 3頭目のは3歳馬で、同年のでG1(グループ1)初勝利。 3歳馬限定の凱旋門賞前哨戦であるニエル賞も勝って4連勝で臨んでいた。 主戦のがシロッコを選んだため、騎手に乗り替わることとなり、離された4番だった。 この3頭以外の出走馬はというと、6歳のは同年になってから花開いた遅咲きで、ではハリケーンランを破りG1(グループ1競走)初勝利。 前走のフォワ賞は3着だった。 また、イギリスから遠征してきた3歳馬シックスティーズアイコンは優勝馬であった。 地元フランスのアイリッシュウェルズはG2(グループ2競走)のドーヴィル大賞典優勝馬、ベストネームはG3(グループ3競走)のプランスドランジュ賞優勝馬であった。 ディープインパクト(本馬場入場時) 日本からはが出走。 前年のであり、この年も、を勝利してフランスへやって来た。 騎乗した騎手は前日のG2(グループ2競走)で帯同馬(競走馬の遠征の際に同行する馬)のに騎乗し日本の条件馬ながら2着と健闘、G1(グループ1競走)のでも2着に入っていた。 同馬の凱旋門賞挑戦のために、 JRA では馬券は購入できないにも関わらず凱旋門賞の宣伝を放送するほどの熱の入れようであり、もですることとなった(同競走の地上波生中継は過去にがの挑戦のため放送した第65回の1回のみ)。 この競走の中継の平均はで16. 4パーセント、で19. 7パーセント、さらに瞬間最高視聴率は関東地区で22. 6パーセント、関西地区で28. 5パーセントとなり、深夜にもかかわらず高視聴率を記録した。 入場者も約60,000人のうち日本人が1割を占める6,000人と発表されている。 しかし日本人が競馬場開門と同時にスタンドにめがけて走ったこと(いわゆる「開門ダッシュ」)、を取るため配布場所に押し寄せたことなどは、イギリスやフランスでは競馬場に社交場という一面があるため、日本人のの悪さとして問題になった。 [ ]日本国内でも・・の3箇所でを行ったが、2,000人以上の観客が集まった。 前売り段階ではイギリス大手のはハリケーンラン、シロッコ、ディープインパクトの3頭を3 - 4倍程度に設定した。 しかし現地フランスに押し寄せた大量の日本人客により、で発売される(凱旋門賞の主催者)の最終ではディープインパクトが1. 5倍、次いでハリケーンランとシロッコの5倍にまで変化したという。 [ ] 出走表 [ ] 馬 番 枠 番 馬名 (生産国) 調教国 性齢 斤量 1 2 Deep Impact 牡4 59. 5 Yutaka Take Yasuo Ikee 2 1 Hurricane Run 牡4 59. 5 Kieren Fallon Andre Fabre 3 6 Shirocco 牡5 59. 5 Christophe Soumillon Andre Fabre 4 5 Pride 牝6 58 Christophe Lemaire Alain de Royer-Dupre 5 4 Rail Link 牡3 56 Stephane Pasquier Andre Fabre 6 8 シックスティーズアイコン Sixties Aicon 牡3 56 Lanfranco Dettori ジェレミー・ノスィーダ Jeremy Noseda 7 7 アイリッシュウェルズ Irish Wells 牡3 56 ドミニク・ブフ Dominique Boeuf フランソワ・ロオー Francois Rohaut 8 3 ベストネーム Best Name 牡3 56 Olivier Peslier ロベール・コレ Robert Collet 競走内容 [ ] 大きな乱れもなくスタートが切られた。 ディープインパクトはよすぎるほどの好発を見せ、先頭に立ってしまう。 これはヨーロッパの競馬はスローペースで進むことが多く、日本の競馬に比べるとスタートが遅いためである。 いちどは先頭に立ったディープインパクトだったが、外のアイリッシュウェルズを行かせて2番手。 8頭立てということと、思い切っていく馬がいなかったためもありスローペースの一団でレースは進む。 しかしディープインパクトは日本では常に最後方に構えていた馬であり、レイルリンクがディープインパクトの後方につけた。 800m(。 以下も同じ)あたりでシロッコが行きたがったためシロッコに譲り3番手に後退。 その後はしばらく順位の動きもなく淡々と進むがじょじょにペースは上がり、最後の直線手前のフォルスストレート(の項を参照)で騎手は持ったままだが早めに動いてしまった。 最後の直線。 残り500mから前の2頭と3頭併走でディープインパクトが先頭。 残り300mで前の2頭を交わしたが、ディープインパクトをマークしていたレイルリンクが外から襲いかかった。 そこからしばらく2頭は激しい追い比べを見せた。 残り200m付近ではレイルリンクがやや前に出ていたが、残り100mではディープインパクトがいったん差し返しを見せるも力尽き、残り50mでは完全にレイルリンクに交わされ、残り20m付近では2頭の直後に付けていたプライドにも交わされ3着に終わった。 レースは上がり5ハロンが推定56秒と5の並みの時計が出ていて、馬には厳しい流れとなり総崩れとなった。 勝ったレイルリンクは道中は完全にディープインパクトの直後につけていた。 ディープインパクトが早めに動いてもついて行き、追い出しも早めだったがディープインパクトの外に持ち出すと加速がつき、一気に並びかけ、競り落とした。 プライドは最後の直線まで最後方で我慢していた。 直線は早くもばててしまった馬を交わしたがディープインパクトとレイルリンクが壁になっており、残り300mでは5番手。 残り200mでレイルリンクの外に持ち出すとそこから伸びを見せ、決勝線手前でディープインパクトを交わして2着に食い込んだ。 一方、三強と呼ばれたうちのハリケーンランは道中はディープインパクトの内に入る4番手で進んだが、前がまったく開かず馬の反応も悪く、4着が精いっぱいだった。 シロッコは前述のように2番手を進んだが、ディープインパクトに交わされるとその後はズルズル後退してしまい、最下位8着に沈んだ。 (以上は競走当日の入線順位) 勝ったレイルリンクはフランス国外で生産された馬としては前年のハリケーンランに続く18頭目の凱旋門賞優勝。 ステファン・パスキエ騎手は凱旋門賞初勝利。 アンドレ・ファーブル調教師は前年に続く連覇で調教師最多の7勝目(2位は4勝で3人)。 馬主のは3勝目。 その後、同年に、レース後の理化学検査でディープインパクトの体内から禁止薬物イプラトロピウムが検出されたとフランスギャロが発表し、同馬はとなった。 詳細はを参照。 競走結果 [ ] ウィキニュースに関連記事があります。 2006年10月2日 着順 馬名 勝ち時計 1着 Rail Link GB 2:26. 70としていたが、2:26. 30に訂正した。 [ ] 注釈 [ ]• 主催者発表は「Bon」。 概ねイギリスの「Good」に相当。 日本語では一般的に「稍重」に相当する。 のJapan Bloodstock Information Systemでは「稍重」 、netkeibaでは「良」 と表記している。 詳細はを参照。 第 01回(1920年) 第 02回(1921年) 第 03回(1922年) 第 04回(1923年) 第 05回(1924年) 第 06回(1925年) 第 07回(1926年) 第 08回(1927年) 第 09回(1928年) 第10回(1929年) 第11回(1930年) 第12回(1931年) 第13回(1932年) 第14回(1933年) 第15回(1934年) 第16回(1935年) 第17回(1936年) 第18回(1937年) 第19回(1938年) 第20回(1941年) 第21回(1942年) 第22回(1943年) 第23回(1944年) 第24回(1945年) 第25回(1946年) 第26回(1947年) 第27回(1948年) 第28回(1949年) 第29回(1950年) 第30回(1951年) 第31回(1952年) 第32回(1953年) 第33回(1954年) 第34回(1955年) 第35回(1956年) 第36回(1957年) 第37回(1958年) 第38回(1959年) 第39回(1960年) 第40回(1961年) 第41回(1962年) 第42回(1963年) 第43回(1964年) 第45回(1966年) 第46回(1967年) 第47回(1968年) 第48回(1969年) 第49回(1970年) 第50回(1971年) 第51回(1972年) 第52回(1973年) 第53回(1974年) 第54回(1975年) 第55回(1976年) 第56回(1977年) 第57回(1978年) 第58回(1979年) 第59回(1980年) 第60回(1981年) 第61回(1982年) 第62回(1983年) 第63回(1984年) 第64回(1985年) 第65回(1986年) 第66回(1987年).

次の

凱旋門賞2013・最新ブックメーカーオッズの人気順は?

凱旋門 賞 オッズ

凱旋門賞の前哨戦であるフォワ賞、ニエル賞が終りましたので 凱旋門賞のブックメーカー・オッズも動いてきましたね。 今時点ではオルフェーヴルは3. 25倍1番人気です。 キズナもニエル賞で1着になったことで、4番人気になっています。 <凱旋門賞2013 ブックメーカー・オッズ>2013. 27 1番人気 3. 1 1番人気 5. オルフェーヴルはそこそこ人気してますが、キズナに関しては8月の時点では 全くのノーマーク状態になってますね。 今のオッズと比べるとフリントシャー、アルカジームはかなりオッズが下位になりましたね。 フリントシャーはパリ大賞典G1(ロンシャン競馬場)を勝った馬ですが、 先日のニエル賞G2では4着に敗退しています。 またアルカジームはG1レースを3連勝しましたが、その後連敗。 少し調子が落ちてきているようです。 一方のノヴェリストは相変わらず上位3頭に入っていますが、 こちらは英国のキングジョージ6世&クイーンエリザベスS・G1(アスコット競馬場)を 5馬身差のコースレコードで圧勝しています。 そしてやっぱりオッズでもオルフェーヴルの次につけているトレヴ(3才・牝)。 この馬がなんといっても無気味な存在です。 現在デビュー以来4戦4勝、と負け知らず。 凱旋門賞には追加登録で参戦してきました。 鞍上がペリエ騎手と同じく日本競馬をよく知るデットーリ騎手(写真)というのも恐いですね。

次の