えんどう豆 卵とじ。 うすいえんどう レシピ 豆ごはん・卵とじの作り方

春が旬!さやえんどうとスナップエンドウ、グリーンピースの違いと下処理方法&簡単レシピ

えんどう豆 卵とじ

うすいえんどうを使ったレシピ うすいえんどう豆は意外と色々なレシピに応用が可能です。 ネット上などでもかなり多くのうすいえんどう豆を使ったアレンジレシピが存在します。 どのレシピも基本的にはうすいえんどう豆の鮮やかな緑を活かせるように作られています。 せっかくうすいえんどう豆を使ったレシピを作るなら鮮やかな緑を活かして食卓を彩るのがおすすめです。 では、うすいえんどうを使ったレシピにはどのようなメニューがあるのでしょうか。 うすいえんどう豆の豆ごはん 2. うすいえんどう豆の卵とじ 3. うすいえんどう豆と厚揚げの煮物 4. うすいえんどう豆のチーズロースト 5. うすいえんどう豆とゆで卵のサラダ 6. うすいえんどう豆のかき揚げ 7. うすいえんどう豆のポタージュ 8. うすいえんどう豆の温サラダ 9. 焼きうすいえんどう豆 10. うすいえんどう豆のトマトパスタ 続いて、それぞれのレシピの特徴を詳しくみていきます。 うすいえんどう豆の豆ご飯 うすいえんどう豆の美味しさを堪能しようと思えば最もベーシックなレシピである豆ご飯がおすすめです。 何といっても豆ご飯のレシピは簡単なのも特徴で、レシピ通りの分量でうすいえんどう豆と塩と酒をお米と一緒に炊くだけで美味しく仕上がります。 豆ご飯を食べれば春の代謝が上がる時期を元気に過ごせるので縁起のいいご飯としても有名です。 春になったらぜひ作りたいレシピの一つです。 お花見のお弁当なども豆ご飯でおにぎりを作ったりすれば見た目にも華やかで人気です。 さらにあわせて他のうすいえんどう豆のレシピをお弁当に入れればお弁当が華やかになります。 うすいえんどう豆の卵とじ うすいえんどう豆の定番レシピの一つにはうすいえんどう豆の卵とじがあります。 卵とじはだし汁に砂糖と醤油、みりんというベーシックなレシピなので簡単で色が鮮やかな仕上がりが人気です。 うすいえんどう豆さえ茹でておけば簡単に作れて食卓が華やかになる副菜です。 また日本酒などのおつまみとしても人気なので小料理屋などでもよく見かけます。 普段から小分けにしたうすいえんどう豆があれば急な来客があったときでもすぐに作れる時短レシピです。 うすいえんどう豆と厚揚げの煮物 うすいえんどう豆は煮物にするのも人気です。 うすいえんどう豆は味が染みやすく見た目が鮮やかなので茶色くなりがちな煮物にも花を添えてくれます。 普段から作っている煮物のレシピも春になったらうすいえんどう豆を加えるだけで季節を感じられるレシピに早変わりです。 食卓に茶色が多い人ほどおすすめのレシピです。 うすいえんどう豆のチーズロースト チーズローストはチーズをまぶした食材をオーブンで焼き上げるレシピですが、うすいえんどう豆で作ったチーズローストも人気です。 下茹でしたうすいえんどう豆にオリーブオイルなどをかけて粉チーズをまぶしてオーブンで焼くだけでおつまみとしても活躍するレシピの完成です。 うすいえんどう豆は和食のイメージが強いと思いますがチーズローストにすればワインにもあわせられるのでイタリアンとしても活躍します。 うすいえんどう豆とゆで卵のサラダ うすいえんどう豆のサラダは見た目が鮮やかなので春のピクニックなどでも人気のレシピです。 中でもゆで卵やツナなどを合わせたレシピはたんぱく質などの栄養もとれるバランスのいいサラダです。 うすいえんどう豆と卵は相性が良いので卵とじと同様に人気のある豆レシピです。 見た目にも緑と黄色で鮮やかなサラダになります。 うすいえんどう豆のかき揚げ うすいえんどう豆のかき揚げは節約レシピとしても人気です。 通常ならうすいえんどう豆のさやなどは捨てますが、かき揚げなら使うことが可能なので普通のレシピよりも食材費を節約することが可能です。 普段からかき揚げを作る人なら春には特におすすめのレシピです。 かき揚げは初めてだという人でも意外に簡単なので人気のレシピです。 うすいえんどう豆のポタージュ ポタージュは一手間がかかりますが、味に深みがあっていつもと一味違った味が楽しめるレシピです。 各材料を炒めたあとにミキサーにかけてつぶしますが、ブレンダーなどを使えば鍋の中で作れるので簡単に作れます。 ポタージュは裏ごしなどをしなくても美味しくいただけるので初めての人も挑戦する価値のあるレシピです。 うすいえんどう豆の温サラダ うすいえんどう豆のサラダには温サラダのレシピもあります。 下茹でしたうすいえんどう豆に玉ねぎやベーコンなどを炒めて混ぜるだけで普段とは違った春らしいレシピに仕上がります。 温サラダはあわせる野菜や肉類を変えれば飽きることなく何度でも食べたくなるレシピです。 焼きうすいえんどう豆 焼きうすいえんどう豆は焼くだけのレシピですが、うすいえんどう豆の美味しさを堪能できて簡単に作れる人気レシピです。 筋だけとればさやごとアルミホイルに乗せたうすいえんどう豆を焼くだけなので他の料理を作りながら作れます。 味付けはなくてもうすいえんどう豆の味だけで楽しめるのが焼きうすいえんどう豆の特徴ですがお好みで塩をかけるのもおすすめです。 うすいえんどう豆のトマトパスタ うすいえんどう豆はパスタに合わせるのも人気です。 特にトマトとあわせると鮮やかなパスタが作れます。 うすいえんどう豆はトマトとの相性が良いので他の食材を変えれば何度でも楽しめるレシピです。

次の

さやえんどう レシピ?卵とじ?お菓子?

えんどう豆 卵とじ

えんどう豆とは? えんどう豆は、「 ウスイえんどう」や「 実えんどう」「グリーンピース」に「グリンピース」など様々な呼び方がありますが、ここでは えんどう豆と呼びますね。 そんなえんどう豆、実は、芽のときから成熟するまでの 各過程で楽しめるのをご存知ですか? 若い芽は 豆苗、そして途中で さやえんどう、その後、 えんどう豆とその段階ごとで食べることができる、まるで 出世魚の「ぶり」のようですね。 そんなえんどう豆の旬は 5月下旬から7月上旬で新緑の季節です。 旬の時期のえんどう豆は やわらかくて香りも良く、人気のレシピには卵とじや豆ご飯があります。 ところで、 スナップエンドウのおいしいゆで方やゆで時間はご存知ですか?えんどう豆の新種で人気の スナップえんどうですが、こちらはえんどう豆と違って さやごと食べられます。 最初に食べたときはすごく違和感がありましたが、とっても甘くておいしいです。 また、旬の季節には、 豆の粒が大きくなるのですが、そのころには、 タンパク質や糖質、ミネラルやビタミンB1も豊富になります。 たんぱく質としては、アミノ酸の リジンが多く含まれ 脳の働きを活性化します。 また、食物繊維は腸の働きを活発にして、 便秘の予防や改善、解消に効果が期待できます。 他にも 糖尿病を改善する働きをしたり、 母乳の出をよくするといった働きもあります。 えんどう豆の保存方法、保存期間は? えんどう豆を買う時、さやのまま買うことが多いと思いますが、中にはさやから出した剥き豆を売っていることもありますよね。 えんどう豆もそうなのですが、豆類はさやから出してしまうと 傷むのが非常に早いので、できれば さや付きのものを購入するようにしましょう。 そして、さやから豆をだすのは 調理の直前にしましょう。 えんどう豆の冷蔵庫での保存方法は? さや付きのえんどう豆は呼吸をしていて熱をだしているので、保存する場合は乾燥しないように密閉袋などに入れて、できれば冷蔵庫の 野菜室で保存します。 冷蔵庫で 3日ほどは新鮮さを保つことができますが、傷むのが早いのでなるべく早く使うことをおすすめします。 さやから出してしまうと 鮮度が落ちて、そのまま置いておくことで 皮が硬くなってしまいます。 ですので、さやから出したらすぐに使い切るか、または早めに 冷凍してしまいましょう。 そら豆も旬の時期はおいしいですよね。 そら豆の保存法は、こちらをご覧ください。 冷凍する方法は 生のままでも、茹でてもどちらでも冷凍保存が可能です。 先ほどあったように、さやから出したけど当分使わないという時は、すぐに冷凍してしまいましょう。 生で冷凍する場合 生で冷凍するには、えんどう豆をさやから出したら、洗わずにそのまま密閉袋などに入れて空気をしっかり抜いて冷凍保存します。 使い方は凍ったまま調理に使います。 賞味期限は1ヶ月ほどですが、中には保存状態がよくて 1年間保存してもおいしく食べられたという方もいるようですよ。 茹でてから冷凍する場合 熱湯で 30秒から1分ほど固めに茹でて、冷ましてから密閉袋などに小分けにして冷凍庫で保存します。 使うときは 凍ったまま、豆ごはんやスープ、卵とじやわかめと煮たりとこちらもいろいろ使えて便利ですよ。 スポンサーリンク えんどう豆のおいしい茹で方、ゆで時間は? えんどう豆の茹で方、あなたはどのようにしていますか? 茹でるときに、 沸騰したお湯に入れて茹でることが多いと思いますが、実は 水から茹でたほうがおいしくきれいに仕上がるんです。 えんどう豆の 下処理は、さやから豆を出しておけばOKです。 こうすることで しわにならず、 ふっくらときれいに仕上がりますよ。 この方法、実は黒豆を煮るときも同じなんですね。 黒豆を圧力鍋できれいに煮る方法はこちらをご覧ください。 えんどう豆のゆで汁を使ってお米を炊き、蒸らしの時にえんどう豆を入れたら完成です。 別々に作ることで豆もおいしく仕上がります。 旬の時期には食べておきたい一品ですね。 溶き卵を回し入れてかき混ぜ、蓋をして数秒経ったら火を止めて完成です。 こちらもとっても簡単ですが、旬のえんどう豆の卵とじのおいしさと言ったら絶品ですよね。 私も大好きでよく作る一品です。 まとめ 今回はえんどう豆の保存方法や茹で方についてご紹介しましたが、生でも茹でても冷凍できるのは便利ですよね。 また、茹でるときに水から茹でるのはちょっと驚きですが、黒豆やあずきを炊くときを考えれば、特に驚くことでもなかったですね。 春から初夏にかけておいしいえんどう豆、ぜひ旬物を堪能してみてください。 スポンサーリンク•

次の

えんどう豆の保存、冷凍方法や期間は?茹で方は水から?

えんどう豆 卵とじ

軟莢種は、 莢が柔らかく、 莢ごと収穫し出荷される品種で、花は白いものが多いといわれています。 絹さやえんどう、 オランダさやえんどう、 砂糖さやえんどう、 スナップエンドウなどがあり、未熟な莢を収穫し、莢ごと調理して食べます。 絹さやえんどうは、 全国で一番栽培されている品種で、 オランダサヤエンドウは、一般的なさやえんどうでは 大きい品種で、主に関西で栽培されています。 砂糖さやえんどうは、一般的なさやえんどうよりも糖度が高く、食べた時に 甘味を感じることができます。 軟莢種は、硬莢種より収穫量多く、全国各地で栽培されています。 収穫時期により出荷される時期に違いがあり、全国出荷量が一番多いのが 鹿児島県です。 グリーンピースは 軟莢種に分類され、初め莢が柔らかく、 完熟寸前まで大きく成長させ、 乾燥前の生の豆を収穫したものです。 グリーンピースは 実えんどうで、莢は食べず、完熟していない中の実だけを食用とします。 グリーンピースは、 鮮やかな緑色と、 少し青臭い香りが特徴で、 生のグリーンピースは 甘味があって風味が格別です。 しかし、グリーンピースは収穫されると、 缶詰や 冷凍加工されて出荷されることが多く、莢がついたままの生のグリーンピースを店頭で見るこもあります。 グリーンピースの主な産地は 和歌山県で、全国収穫量の約半分を出荷しています。 次いで、鹿児島県、熊本県、北海道、大阪府などで栽培されています。 えんどう豆とグリーンピースの違いを説明します。 えんどう豆は、 平安時代に中国を経由して伝えられ、当時は 「のらまめ」や 「のまめ」と呼ばれていました。 室町時代には 「園豆」(えんとう)、安土・桃山時代に 「豌豆」(えんどう)という呼び方に統一された由来があります。 したがって、えんどう豆とは、全ての えんどう豆の総称といえます。 明治時代になると、全国各地で えんどう豆の本格的な栽培が始まり、色々な品種が欧米各国から導入されるようになりました。 持ち込まれた種など、品種改良が行われ、現在、店頭で見ることのできるえんどう豆になりました。 グリーンピースは、明治時代にえんどう豆の栽培が盛んになったとき、輸入された品種から派生したものといわれています。 もともとはえんどう豆ですので、完熟寸前まで成長させ、 生の豆だけを食べる呼び名が グリーンピースです。 さやえんどうで、よく知られいる品種のひとつ、 絹さやについてご紹介します。 絹さやは、 実がとても薄く小さい状態のうちに収穫されるえんどう豆のことで、 絹のように柔らかく、 シャキシャキとした食感が特徴です。 全国各地で栽培されている品種で、一年を通して店頭に並んでいます。 スナップエンドウも人気の品種で、グリーンピースを莢ごと食べれるように品種改良されたもので、 アメリカから導入されたさやえんどうの品種です。 スナップエンドウの 莢は厚みがあり、 やや硬くてスジが強く、甘味が強いのが特徴です。 グリーンピースに近い大きさまで育てられた豆は、さやえんどうの中では一番大きく、加熱調理しても莢や豆が硬くならないので、 莢ごと食べることができます。 スナップエンドウは、「 スナックエンドウ」と呼ばれることがあります。 スナックエンドウは、日本でつけられた名前で、 種苗会社のサカタのタネが、種を販売するときにスナックエンドウと名付けのが由来です。 現在、商品として店頭に並んでいるものは、 スナップエンドウと統一されています。 スナックエンドウは、種の名前として流通しています。 そら豆はマメ科 ソラマメ属で、マメ科 エンドウ属に分類されている、 えんどう豆とは違う種別です。 そら豆は、エジプト河流域で4千年以上も前から栽培されていた歴史があり、日本国内には、 奈良時代に伝来した由来があります。 そら豆の 名前の由来は、 莢が空に向けて実ることからつけられたといわれており、春の野菜として日本人にも広く知られています。 未熟なうちに莢のまま収穫し 豆を利用する 青果用と、完熟したものを乾燥させて使う 種実用があります。 そら豆の最もポピュラーなものが 大粒種の 一寸そら豆で、粒の大きさが約一寸(約3㎝)あることから名付けられました。 莢から 豆を取り出し食べる野菜で、 莢や豆の色が鮮やかな濃緑色で、ゆで上がりの色が美しく、色々な料理に使われます。 また、 種実用は、煮豆、おたふく豆、甘納豆などに利用されます。 えんどう豆との違いは、莢と豆の大きさで、青果用、種実用ともに そら豆の方が大きさ育ちます。 そら豆は通常、豆だけを食べますが、栄養が豊富な莢も一緒に食べるレシピもたくさんあります。 いんげん豆は、マメ科インゲンマメ属に分類され、えんどう豆とは別の種別です。 「いんげん豆」や 「さやいんげん」と呼ばれることが多く、 関西では3度収穫できることから 「さんどまめ」とも呼ばれています。 いんげん豆は、 南北アメリカ大陸での主要作物となっており、この地域が発祥とされています。 日本には、 江戸時代に中国から伝えたとう由来があり、現在栽培されているいんげん豆は、明治時代に入ってから欧米から導入したものが原種で、国内で品種改良されたものが全国各地で栽培されています。 えんどう豆に似ているといわれているのは さやいんげんで、いんげん豆が成長してしまう前に若採りして莢ごと食べる野菜です。 店頭でよく見るのは、 どじょういんげんや サーベルいんげんなどの 丸い莢のものと、 モロッコいんげんや 平鞘いんげんなどの 平たい莢のものがあります。 さやいんげんとえんどう豆の違いは、全体の太さが均一で張りがあり、えんどう豆に比べ 長いのが特徴です。 最も販売されているのは どじょういんげんで、きれいな緑色をしており、ほんのりと甘味があり、柔らかいのにシャキシャキとした歯触りの食感が特徴です。 いんげん豆の別の使われ方には、 豆だけを利用する場合あります。 餡子をはじめ、 甘納豆や 煮豆に使われることも多く、金時豆、うずら豆、虎豆、大福豆などがあります。 大豆は、マメ科ダイズ属に分類され、えんどう豆とは別の種別です。 農作物として 世界中で栽培され、日本には 縄文時代には存在した歴史や記述が残っています。 大豆にはたくさんの種類があり、食材として黄色い大豆の 黄大豆、黒大豆、赤大豆が有名で、 大粒種、 中粒種、 小粒種に分けられます。 大粒種は、煮豆など、 そのまま料理に使われることが多く、 中粒種は、 豆腐、煮豆、味噌などの加工用に使用され、 小粒種は、主に 納豆に使われています。 大豆は成長していく段階でも、食用として収穫され利用されます。 大豆が 若芽として収穫されるのが「 もやし」で、未成熟にうちに 莢ごど収穫されるのが「 枝豆」です。 大豆とえんどう豆がよく似ているところが枝豆です。 枝豆は大豆が成長する途中に収穫される食材で、枝豆として収穫するのに適した品種があります。 国内では「 錦秋」が有名で、豆の粒が大きく美味しい品種です。 莢ごと収穫され莢ごと茹でますが、豆だけを食べます。

次の