じゃこ ご飯 炊き込み。 ひじきご飯(炊き込みご飯)のレシピ/作り方:白ごはん.com

めんつゆで味付け!簡単「炊き込みご飯」の作り方

じゃこ ご飯 炊き込み

あとからチーズをかけても美味しいとか! ミックスナッツ釜飯レシピ 少し余ったミックスナッツを釜飯に! 作りかたも超カンタンです。 材料 無塩ミックスナッツ・・・150g 固形ブイヨン・・・3個 オリーブオイル・・・大さじ1 塩・・・小さじ1 粗挽きコショウ・・・適量 米(洗って浸水しておく)・・・3合 水・・・420ml 氷・・・120g 白ごま・・・適量 作り方 1.釜に米・水・固形ブイヨン・オリーブオイル・塩・粗挽きコショウを入れてサッと混ぜます。 3.炊飯が完了したら混ぜ合わせ、器に盛り付けたらゴマを散らして完成です。 鳥もつ煮釜飯レシピ 鳥もつ煮は山梨県甲府のそば店で考案されたと言われています。 鶏の砂肝・ハツ・レバー・きんかんを甘辛く濃厚なしょう油ダレで照り煮した甲府のご当地グルメです。 材料 鳥もつ煮・・・2袋(360g) ショウガ(千切り)・・・1片 塩・・・小さじ1 米(洗って浸水しておく)・・・3合 水・・・380ml 氷・・・120g ネギ・・・適量 七味唐辛子・・・適量 作り方 1.釜に米・水・塩を入れてサッと混ぜ、鳥もつ煮・ショウガ・氷を入れて炊飯します。 2.炊飯が完了したら器に盛り付け、ネギ・七味唐辛子を散らして完成です。 りゅうきゅう釜飯レシピ りゅうきゅうとは元々漁師さんが魚を保存するために作っていた漁師メシだそう。 しょう油・みりん・ショウガなどの特製のタレに魚の切り身を漬け込んだ大分県の郷土料理です。 材料 アジ・・・60g ブリ・・・60g サーモン・・・60g 塩・・・小さじ1 米(洗って浸水しておく)・・・3合 水・・・400ml 氷・・・120g 大葉(千切り)・・・適量 《りゅうきゅうダレ》 しょう油・・・大さじ3 みりん・・・大さじ2 ショウガ(すりおろし)・・・小さじ1 作り方 1.《りゅうきゅうダレ》の材料を混ぜ合わせます。 4.炊飯が完成したら混ぜ合わせ、器に盛り付けて大葉を散らして完成です。 カニカマは小さめにほぐします。 2.ボウルに卵を溶き、タケノコ・シイタケ・長ネギ・カニカマ・鶏ガラスープの素・塩・コショウを入れて混ぜ合わせます。 5.甘酢を作ります。 鍋に《甘酢》の材料を入れてひと煮させ、《水溶き片栗粉》でとろみをつけます。 今回の優勝はオイルサーディンイタリアン釜飯でした。

次の

志布志湾のちりめんじゃこ炊き込みご飯

じゃこ ご飯 炊き込み

私が購入した「じゃこ天」は、愛媛県のアンテナショップ「香川・愛媛せとうち旬彩館」で購入した田中蒲鉾本店のもので、1袋に5枚入っています。 「じゃこ天」は、ほたるじゃこなどの宇和海近海のそれほど深くないところでとれた小魚から作られています。 10cmほどのほたるじゃこを、一尾ずつ丁寧に身に血が残らないよう頭と腹わたを取り除いていきます。 血が少しでも残ってしまうとじゃこ天の色がにごってしまうので、丁寧に行われます。 さばいた身をすりつぶし機に入れ、電動式の杵と石臼で練り上げ、その後調味料を入れて仕上げます。 約60gほどの身を竹ベラですくって木枠に入れ、均等になるよう押し込んで型成されたものを一枚ずつフライヤーに入れて揚げていきます。 全体の作業を通して、鮮度を保つために氷水に手を入れて冷やしながら作業したり、石臼を氷で冷やしながら作業しています。 「じゃこ天」と「松山あげ」をつかって炊き込みご飯を作ります 炊き込みご飯を作るのに「じゃこ天」ともう一つ欠かせないのが「松山あげ」です。 せっかく愛媛の「じゃこ天」を使うのだから、あげも愛媛の「松山あげ」にこだわりたい、まぁ要するに「松山あげ」が便利でおいしいからですが。 炊き込みご飯は意外と手間がかかるので、一手間でも省略したいもの。 油抜きしなくていい「松山あげ」が最適です。 「じゃこ天」からだしが出ると聞き、だしは一切入れずに作ってみました。 「松山あげ」は大判のものを細めに刻んで使いましたが、普通の油あげを油抜きして使うこともできます。 具材はごぼうがなければ入れなくてもいいですし、代わりにきのこなどのお好きなものを使ってください。 ほかほかの炊き込みご飯は、部屋中にいい香りが広がって幸せな気分になります。 「今日ご飯なに?」ってわくわくした顔の子どもたちに答えるようにこちらも笑顔になります。 食べられはするものの「じゃこ天」には時たま大きな骨が入っていることがあります。 娘は魚があまり好きではないので、「じゃこ天」も嫌がるかなと思いながらこっそり見ていると、全く気づいていない様子でおいしそうに食べています。 魚の味もしっかりと感じるのに、魚が得意ではない子どもでもおいしく食べることができます。 「おかわり!」の声が続いて、「じゃこ天」の炊き込みご飯はあっという間になくなってしまいました。 「じゃこ天」さえあれば簡単に作れるので、我が家の炊き込みご飯の定番になりそうです。

次の

茅乃舎の炊き込み御飯の素 じゃこ使ってみました。

じゃこ ご飯 炊き込み

作り方の手順 1. 米を研いでザルに上げます。 きのこは手でほぐすか、包丁で切ります。 生姜は千切り。 きのこと生姜をしょう油につけておきます。 炊飯器に米、きのこをつけておいたしょう油を入れます。 味つけは、めんつゆ、塩、酒、みりん。 水を入れ、きのこをのせます。 スイッチを入れて、炊き上がったらできあがり。 炊き込みご飯のバリエーションレシピ 炊き込みご飯は具を変えただけで、さまざまな味が楽しめます。 具の種類によって、欲しい栄養分を手軽にアップさせることもできますね。 ツナ缶の炊き込みご飯.

次の