サラリーマン 平均 お 小遣い。 30代サラリーマン男性の平均貯金額と平均お小遣い額ってどのくらい?平均へそくり額は?

【絶望】今後上がる事は無い!サラリーマンのお小遣い平均額とは?

サラリーマン 平均 お 小遣い

まだまだ女性へ対する評価は低くなっています。 ただ、実際に消費者としての女性の視点は男性よりも優れているので、今後より評価されるようになってくると思いますよ! 男女別にみる平均年収 こちらは上部の表をグラフ化したものです。 現在では女性の社会進出が進んでいるといわれていますが、男女差はまだまだあるのが現状のようです。 女性の場合は30歳前後で婚姻や妊娠などをする人がピークを迎える傾向があるようで、それ以降なかなか年収が伸びづらい状況になっています。 20代の平均年収 20代の収入はこちらの金額となりました。 男性20~24歳 265万円• 男性25~29歳 371万円• 女性20~24歳 226万円• 女性25~29歳 295万円 注目すべきは20代前半と20代後半では大きな金額の差があるということです。 大学新卒の就職者が大きく平均値をあげているともいわれています。 しかし、これは20代前半で社会人デビューした人たちが、数年で企業にとって利益を生み出す人材に成長して会社に評価された始めているとも言えるでしょう。 なぜなら 一般的には、新卒の新入社員は3年から5年は収益を生み出さない赤字人員なのです。 しかし企業は、新卒などのまだ社会に染まっていない若い人材を、『 先行投資』としてとらえていて自社でこれから育てていこうと考えているのです。 30代の平均年収 30代の収入はこちらの金額となりました。 男性30~34歳 438万円• 男性35~39歳 499万円• 女性30~34歳 294万円• 女性35~39歳 297万円 30代ではある程度の経験を積んで来て企業としても中核的な人材として期待を寄せ始めます。 プロジェクトリーダーや主任といった、ある程度責任のある仕事を任せられることも多い年代になっていきます。 仕事量も責任も大きなものがのしかかる年代でありますが、この年代での仕事は後々の人事評価などに大きくかかわることがあるので慎重にこなしていきたいところです。 また、 私生活でも結婚や出産を迎える人が多く、20代の浪費生活から貯蓄や投資などといったふうに生活スタイルも変化してきます。 40代の平均年収 40代の収入はこちらの金額となりました。 男性40~44歳 568万円• 男性45~49歳 638万円• 女性40~44歳 290万円• 女性45~49歳 292万円 40代では会社の中でもベテランとの位置づけがされてきて 、課長や部長などの管理職に付き社会的地位も上昇していきます。 ただ、管理職になるというのも実はデメリットがあります。 管理職では、管理職手当が支給される代わりに休日出勤や残業代など手当てが一切つかなくなってしまうのです。 一方で、40代前半では、これまで培ってきた経験をもとに、ステージアップに挑戦する人も増えてきています。 子供も中高生へと成長していて、学費などに大きな金額がかかるため、年収ベースをあげるために転職を考える人が多いようです。 50代の平均年収 40代の収入はこちらの金額となりました。 男性50~54歳 649万円• 男性55~59歳 629万円• 女性50~54歳 281万円• 女性55~59歳 275万円 返金年収で最も高いのが50代前半までの年代です。 これは、 50代後半以降に早期退職や仕事の処理能力低下に伴って年収を引き下げられるケースがあるからだと考えられます。 ただ、逆に出世レースに乗っていた人は50代前半以降に、急激に年収が上がるケースもあり人によりかなりのばらつきがある年代ともいえます。 サラリーマンの手取り額は? 一般的に年収といわれるのが、基本給プラス残業等諸手当を足した分の金額です。 この年収から、所得税や住民税社会保険料などを差し引いた金額が手取り額になるのですが、年収によって税率などは大きく変わります。 まずは年収から手取り額を算出する計算方法をご紹介。 巷で言われている年収はあくまで額面なので、自分がイメージしていたより給料が低いと思うのはこの税金や社会保険料の影響が大きいですね。 参考: 参考: サラリーマン年代別手取り額 上記の計算式によって導き出された金額が、手取り額となりますが、具体的に年代ごとでの手取り額の平均はどのようになっているのでしょうか?• こちらの表は、年代ごとの均等を規す為、未婚で扶養なしで仮定しております。 東京都23区在住の保険料の負担は50%で、生命保険料などの控除は5万円と仮定して計算をしております。 あくまで参考的な数字ですので予めご了解ください。 20代前半の年収では約50万だった税金や保険料も、ピークの年収を迎えると年収は2・5倍ほどですが、税金などは150万と3倍ほどになっています。 税金や社会保険料は私たちが豊かな市民生活をおこくるために必要な公共サービスを提供してくれているので、一概には悪とは言えませんがまとめた額で見ると衝撃的な金額です。 日本は累進課税制度なので、年収が高い人ほど税金宿の負担が増えるようになっています。 日本としての富の分配をが行われている結果ですね。 サラリーマンの月々の手取り額は? 上記年間手取り額から算出した月の手取り額です。 こちらの表は平均手取り額をボーナスなどを考慮する為15カ月で割って算出しています。 ボーナスを引いた金額ではありますが、50代でも平均の月々の手取りが33万というのは少し衝撃的ではないでしょうか? 20代ではそこまで費用は掛からないので、節約次第では何とかなるように思えます。 しかし、30代からは子供の教育費用40代や50代では住宅ローンなど大きな費用が掛かってきますので、かなりきつい現実です。 最近では、大学や専門学校に行くのに奨学金を借りる人が増えているといわれているのはこういったところの影響です。 サラリーマンの平均年収が高い業種top10 こちらは厚生労働省が公表しているを参考に平均年収の大会ランキングを抜粋しております。 10位:大学講師 708万円• 9位:歯科医師 756万円• 8位:不動産鑑定士 777万円• 7位:マスコミ 822万円• 6位:大学准教授 861万円• 5位:弁護士 1028万円• 4位:公認会計士・税理士 1042万円• 3位:大学教授 1050万円• 2位:航空機操縦士 1191万円• 1位:医師 1232万円 こちらのランキングを見ていただければわかるように、ランキングTOPの職業の多くは国家資格がなければならない職業が多い用です。 上記の他にも宅地建物取引士や一級建築士などは年収が高い傾向があります。 努力して獲得した国家資格なので、平均年収が高いのは当然といえば当然です。 参考: サラリーマンが平均年収を上げる方法は? やはり高い年収を得るためには、国家資格等高度な専門職を有しなければならないようですが、一般的なサラリーマンでも今から年収をあげる方法をここではご紹介します。 基本的には副業として行う必要がありますが、なかなか給与が上がらず将来に不安のある方はぜひ参考にしてみてくださいね。 アフィリエイトとは、化粧品やネットサービスなど現在ある商品やサービスを人に紹介して購入してもらい、その手数料をマージンとしてもらうことを言います。 商品やサービスを紹介する方法はいろいろとありますが、一番多く使われているのがブログや紹介専門のホームページを作って紹介する方法です。 副業としていてはかなり浸透していて、5万円以上を稼ぐ人もかなりいて今人気の副業となっています。 また、 商品を紹介するだけで在庫等を抱える必要はないので、リスク低く始めることができます。 具体的には自身のホームページやブログなどにGoogleから発行されている広告を貼り付けて、その広告が表示されたりクリックされることにより法主が発生します。 自身の趣味のブログや、ホームページなどに広告を出展することができるので、趣味を生かした副業としてとても人気です。 構造は簡単で、売れる商品をできるだけ安く仕入れて、できるだけ高く売る。 最近ではメルカリなどのアプリも充実しており、人気の副業となっています。 ただ、 売れる商品のを見極めたり、仕入れる際に値切り交渉をしたりしなければならないので、予めそういった部分の勉強は必要になってきます。 なるべくなら無料で学びたいと思うはずなので僕の無料のメルマガでアドセンスについても学べますので是非とも登録して見てください。 国家資格やクリエイティブな技術を持っている人なら本業で年収をあげられるかもしれませんが、普通のサラリーマンではさらに年収が下がってしまうことも考えられます。 今回最後にご紹介したほかにも、おすすめな副業はたくさんありますので、ぜひこの機会に検討してみてはいかがですか? 1985年生まれ、埼玉県出身 株式会社を5社経営している経営者。 もともとは超貧乏バンドマン! ネットビジネスと出会い5年間で3億円ほど稼ぎ、家族と幸せに過ごせるようになる。 現在では、アフィリエイトを軸としたネットビジネス以外にも通販事業・コミュニティー運営・コンサルタント、アパレルのマーケティングと活動の幅を広げている。 ~ネットビジネスでの実績~ 2013年12月:月収100万達成(開始12ヶ月) 2014年02月:月収200万達成 2014年08月:月収1200万達成 2014年12月:独自コンテンツが30分で完売! 2015年2月: 独自コンテンツで月収150万達成! 2015年5月: 月収1200万達成 プレイヤー+企画 2015年9月: 情報商材アフィリエイトでわずか3日で100本売り上げに成功! 2016年8月:テリー伊藤のマル金ライダー8に出演!(テレビ初出演) 2017年4月:サイトアフィリエイトで月収1000万達成。 2017年5月:サイトアフィリエイトで日収65万円達成。 いよいよ1500万越えもいけそうになってくる。 2017年10月:ついに年収1億円達成。

次の

サラリーマンのお小遣い額、男女ともに2年ぶり増

サラリーマン 平均 お 小遣い

調査開始以来、お小遣いがもっとも低い金額に… タバコはとっくに止め、朝の缶コーヒーの変わりに自宅で準備したお茶入りの水筒を持参、昼はコンビニのおにぎりとサラダ、呑み会は断り、晩酌はアルコール度数強めの安缶チューハイで自らの一日を労う…。 現状のお小遣いを確保するために涙ぐましいほどの節約を重ねる令和サラリーマンたち。 いったい他の人はどのくらいの額で、どのようなやりくりをしているのかはやはり気になるところではないだろうか。 この6月に発表された男性会社員の毎月のお小遣い額の平均は36,747円となっている(『2019年サラリーマンのお小遣い調査』新生銀行)。 意外と多くもらっている、あるいは少ないと感じるかは、置かれている状況(既婚、独身、親との同居、ライフステージ、副業の有無、等)によって人それぞれだろう。 実はこのサラリーマンのお小遣いの平均、近年増加傾向にあったが、今回、1979年の調査開始以来、もっとも低い金額になったという(最低額は1982年の34,100円、最高額は1990年77,725円)。 日経平均株価は小幅な値動きとはいえ、比較的堅調に推移しているにも関わらず、お小遣いは横ばい、あるいは下落という現実。 政府がアナウンスする「景気回復」を、一般サラリーマンは懐事情において実感できないことがまたひとつ実証された形だ。 さて、それら少ないお小遣いの使いみちトップ3であるが、男性会社員は「昼食代」が43. さらに男性会社員における、お小遣いの「やりくり(節約)」実施率は78. 具体的なやりくり術には、「昼食費を安くする」、「外で呑む回数を減らす」、「水筒を持参する」などが上位に挙がっている。 お金持ちほど「無駄金」を使わないということを聞いたことはないだろうか。 例えば、真のお金持ちはタクシー等の余分な出費を好まず、公共の交通機関を利用する人が多い、というような話である。 余計な出費を嫌い、本当に価値あるものに投資をすることで財産を堅実に築いてきたのが彼ら彼女らである(「倹約家」と呼ばれる)。 朝コンビニでコーヒーと朝食のパン、仕事中の眠気覚ましのエナジードリンク、呑み会の会費をコンビニのATMでおろす(手数料210円)、「自分へのご褒美」と称してビールやスイーツなどを家族に隠れて買う、酔いつぶれて終電を逃してタクシー・ビジネスホテルを利用…。 お金がないといいながらまだまだ余計な出費をしていないか。 10月の消費税の増税を前に、令和サラリーマンがもう一度点検をし、倹約家を目指す余地はおおいにある。 まだ始めてなければ、加速度的に普及が進んでいる電子マネーとクレジットカードによるキャッシュレス決済を導入するのも一考だ。 「お小遣い」程度の利用額では、多くのポイントが付与されるわけではないが、支払履歴データと家計簿アプリを連動させ、「お小遣い(お金)の流れを見える化」することで、効率のいいお金の管理、やりくりの訓練をする機会にしてもよいのではないだろうか。 リストラ対象として狙い打ちされる団塊ジュニア世代 さて、このお小遣いデータの中で、とても興味深い数字があった。 男性会社員のお小遣いを年代別に見てみると、50代が最も高く38,051円、次いで20代と30代が37,000円台、そして40代は33,938円と最も低くなっているのだ。 世代間の「お小遣い格差」ともいえるが、これはどういうことなのか。 現在の40歳代半ば~50歳にかけては第二次ベビーブーマー世代(団塊ジュニア)とも呼ばれ、最も就労人口が多い(一方40歳~44歳は就職氷河期世代ともいわれている)。 日本経済をけん引する働き盛りど真ん中世代とも見えるが、現状は若干違うようだ。 例えば40歳代で部長職以上に就いている人の割合は2. 5%、課長職以上は11. 2%程度に過ぎない(大和総研2017)。 現在、多くの企業は、課長以上の管理職に仕事の実績等に応じて給料を決める役割・職務給を採用しており、昔ながらの年齢・勤続給(年功序列)は採られなくなっている。 これにより、役職のない団塊世代ジュニアの40代は人数が多くなり(ダブつき)、企業内の人件費に占める割合も大きくなっているのだ。 今年2月に飲料大手のコカ・コーラボトラーズジャパンホールディングスが45歳以上の社員を対象に希望退職者700人を募集すると発表。 そして3月には、富士通が45歳以上のすべてのグループ社員を対象に、早期退職を募ることを公表するなど、昨年から今年にかけて、大手と呼ばれる企業であっても(であるからこそ)、容赦なく団塊ジュニア世代を人件費の削減対象として狙い打ちしている。 さらにこの世代は、上がらない給料体系の中、子どもがいる世帯であれば現在大学生から中高生以下(未就学児、小学生、中学生、高校生)、一番教育費がかかるライフステージに差し掛かっている(2020年代以降は親への介護の負担が増大するとされている)。 前述のお小遣い調査でいえば、全体の中で、子育て・教育費の家計への負担が重い世帯においての金額はさらに低くなり、「2万円台半ばから3万円台半ば」となっている。 まさに40代のお小遣いの平均値が低い結果と悲しくリンクしており、「世代間のお小遣い格差」が発生する要因にもなっているのだ。 しかし、こういった状況に必要以上に焦り、(お小遣いを上げるために)無謀な転職や独立を推し進めるのは自殺行為だ。 まずは前述したように、徹底した倹約を実行してみる。 その上で、足りないということであれば副業を始めるという選択肢もある(関連記事『』参照)。 さらにお小遣いの中から多少の余剰がでるようであれば、NISAなどの優遇制度を利用した投資を少額からはじめることも検討してもよいだろう(関連記事『』参照)。 現状でも「超」節約生活を強いられている令和時代のサラリーマン。 10月以降の消費税増税に備える意味でも、今後は自らの「お小遣い」を死守するためのさらなる戦略が必要となるだろう。

次の

30代サラリーマン男性の平均貯金額と平均お小遣い額ってどのくらい?平均へそくり額は?

サラリーマン 平均 お 小遣い

全体における平均金額は、男性会社員が3万9,836円、女性会社員は男性より約5,000円少ない3万4,854円。 男女ともに30代になるとお小遣いが減っていますが、結婚をしたタイミングでお小遣いが減った人が多いことが想定できます。 男性は年代が上がるにつれお小遣いが増えている一方、女性はほぼ横ばいであり、男女の差が開いていることがわかります。 また、男性会社員についての結婚や子どもの有無、共働きか片働きかなど、ライフステージの違いによるお小遣い金額のデータも興味深いです。 未婚の4万8,954円と比べ、既婚の場合は2万円台から3万円台と1万円以上の開きがあり、結婚すると自由に使えるお金はやはり下がります。 子どもがいる場合、中高生以下の子どもがいる場合は2万円台から3万円台ですが、大学生以上になるとお小遣いが1万円以上あがっています。 将来かかる教育費のためにお小遣いを切り詰めてやりくりしていることがうかがえます。 お小遣いは「自分が自由に使うお金」に限定し、家でかかる必要支出と切り離そう 使い道を見直す3つのステップ お小遣いの使い道についてお客様にきくと、「毎日のランチ代」や「家族で出かけた時の娯楽費や交通費」、「子どもの洋服やちょっとした日常の買い物」が入っていることがよくあります。 そのため常に「お小遣いが足りない」という不満を抱えている人も少なくありません。 そこで、お小遣いの使い道を「自分が自由に使うお金」に限定して、家でかかるお金と切り離すことから始めましょう。 <ステップ1> お小遣いを何にいくら使っているか洗い出す <ステップ2> そのうちランチ代など「生きていくために最低限必要なお金」と「家族のために使っているお金」がいくらか洗い出す <ステップ3> 家計から「自分のため」のお金を出しているか調べ、ある場合はお小遣いから出すようにする 使い道の見直し例を紹介します。 その分家計における生活費の予算を多く取るようにしましょう。 また、家計から出してしまっていた自分の洋服代や雑誌代はお小遣いから出すように徹底します。 このように使い道を見直した上で、金額をいくらにするか考えて、節約が必要であれば工夫をするようにしましょう。 お小遣いは平均金額で決めてはいけない、割合で決めよう それでは次にお小遣いの適正金額を考えましょう。 実はお小遣いは平均金額ではなく、家計における手取り月収に対する割合で考えるのがおすすめです。 とはいえ、どんな人も同じ割合が良いはずはありません。 まずは家計の中のお小遣いの位置づけを知った上で、割合の目安を参考にして、自分に合うお小遣い金額を考えていきましょう。 家計の中のお小遣いの位置づけ 基本的なことですが、お金は、まず「必要なこと」に使い、残りで「欲しいもの」や「やりたいこと」に使わないといけません。 家計の中でのお小遣いはあくまで「必要なこと」にまわした後の残りから出します。 この使い道はコントロール可能な部分です。 イメージは以下のとおりです。 必要な支出を算出し、残りの金額から価値観に合わせてお小遣い金額を決めることになります。 お小遣いの割合の目安は? それでは、割合の目安はどのくらいになるのでしょうか。 前述した「2018年サラリーマンのお小遣い調査」で調査対象となった男性会社員の平均年収は534万円とありました。 手取りが8割、ボーナスがないと仮定すると、手取り月収は35万6,000円となり、お小遣いの平均金額3万9,836円は手取り月収の約11%となります。 一般的にお小遣いの目安と言われる手取り月収の10%とあっており、まずは目安として考えて良いでしょう。 しかし家庭によって年収はもちろん、家族構成やライフプランも異なります。 そこで、ここではいくつかのケースにわけて、目安となるお小遣い割合(夫婦合計)をお伝えします。 前提としてボーナスはなく、住宅にかかるお金、生活にかかるお金を合わせて、家計の手取り月収の65%かかると仮定して考えます。 しかし、将来的にやりたい夢があったり、マイホーム購入のための貯金をしたい場合は、できるだけ貯金にまわすべく構成を考えます。 また、旅行や家具家電の買い替えなどの臨時支出のためのお金も貯金しましょう。 この場合、お小遣いの割合の目安を10%とするとちょうど良いでしょう。 上表にあるように、家計の手取り年収が740万円で1年間に25%の185万円を貯金したい場合、 手取り月収61万6,700円の10%の6万1,700円をお小遣いに、25%の15万4,200円を貯金にまわすと、年間貯金目標を達成できます。 この場合、食費や住宅費など生活にかかるお金に月40万800円まわせます。 貯金の目標金額に到達したあとは、お小遣いの割合を増やすことも可能です。 目安は20%~25%となります。 旅行や家具家電等の臨時支出分を手取り月収の10%を貯金しておけば、すでにできている貯金にはあまり手をつけなくて済むでしょう。 上表の例では家計の手取り年収を740万円としていますが、手取り年収が低くなればその分生活費として使えるお金も下がります。 住宅費や保険料などの固定費や、食費や日用品費をまかなえるように、お小遣いの割合を考えましょう。 ここでは、家計の手取り年収が400万円で生活・住宅にかかるお金を70%とした例を示します。 (例)家計の手取り年収が400万円で1年間に10%の40万円を貯金したい場合 ・手取り月収:33万3,300円 ・貯金(10%):3万3,300円 ・生活・住宅にかかるお金(70%):23万3,300円 ・お小遣い:6万6,700円 ・お小遣いの割合:20% ケース3:子どもが小さい場合:5%~8% 子どもが小さい場合は、今後子ども1人あたり1,000万円から2,000万円かかる教育費をねん出していくために、お小遣いは少なめにならざるを得ないでしょう。 月額で支払う高校までの教育費の平均金額は以下となります(私立の場合は年2回の支払いが求められる学校も多い)。 <学校&習い事にかかる毎月の費用> 小学校:公立 2万6,859円 私立 12万7,353円 中学校:公立 3万9,880円 私立 11万578円 高校 :公立 3万7,572円 私立 8万6,681円 (出典:「平成28年度(2016年度)子供の学習費調査」(文部科学省) 大学に進学すると、入学金と前期学費を一括で、毎年の学費は年2回の支払いと、一回あたりの支払金額が大きくなります。 このように大きな教育費がかかるため、大学でかかるお金を18年間かけて貯めつつ、高校までは手取り月収から支払えるように家計を組み立てる必要があるわけです。 (出典:教育費負担の実態調査 2018年2月発表 /日本政策金融公庫) たとえば6歳の子どもがいて、初年度から2年目までにかかる費用として400万円を12年間で単純に貯めるとした場合、毎月約2万7,800円必要です。 その他上記の教育費を日々ねん出するため、高校までずっと公立だとしても毎月約5万4,000円から6万8,000円程度が教育費としてかかります。 お小遣いの目安は、年収によっても異なりますが、ケース1より少し貯金目標を下げ、教育費を払うとともに将来のために貯めることを前提にして5%~8%といったところでしょう。 例を見てみましょう。 以上、ケース別にお小遣いの割合の目安を紹介しましたが、 ・将来のための貯金ができるか ・毎月の生活費は不足しないか の2点についてチェックしながら、お小遣いを決めるのが大切です。 夫婦合計でお小遣い金額の目安が出たら、話し合って分けていきましょう。 共働きでも専業主婦(夫)がいる場合でも、外の仕事と家庭の仕事双方での家庭への貢献度を基準に、おたがいに思いやりながら決めたいものですね。 お小遣いを増やすための家計の見直しはFPに相談 子どもが小さかったり、マイホームなどのための必要貯金額が多い場合は、お小遣いが少なくなってしまいます。 趣味や人付き合いにかかるお金としてどうしても不足すると夫婦とも感じる場合は、力を合わせて生活費を見直してお小遣いをアップさせましょう。 まず最初に見直したい生活費は「固定費」です。 「固定費」には以下のものがあります。 <見直したい主な固定費> ・通信費 ・住宅ローン返済額や家賃など住宅費 ・保険料 ・電気代 ・クレジットカードの年会費 ・毎月引き落とされるサービスの費用 代表的な固定費は通信費です。 格安スマホはだいぶ普及していますが、認知度は高くても実際に使用している人は多くありません。 見直せた分だけお小遣いを増やすルールにするのも良いでしょう。 ほかにすぐできる見直しは、クレジットカードの年会費や月額サービスの費用です。 一度記帳をして、引き落とされている項目をチェックの上、要らないものや減らせるものを探してみましょう。 保険の見直しは、まず入っている保険の内容を知ることが重要です。 必要な保障額を大幅に超えている場合は保障を減らすことで大きく固定費を節約できるかも知れません。 しかし、たくさんある保険について正確に内容を理解し、必要な保障額を算出するのはなかなか難しいもの。 そんな時は、お金の専門家であるファイナンシャルプランナー(FP)に相談をすることをおすすめします。 保険以外にも、住宅ローンの見直しや将来かかる教育費や老後の費用までトータルで相談に乗ってもらえます。 家計の見直しはカンタンそうで意外と難しく挫折してしまう人が多いものです。 客観的に家計をチェックされると、自分で想定していなかったムダな出費なども見つかるかも知れません。 上手に活用してお小遣いを増やしたいですね。 shinseibank. html.

次の