カウプ 指数。 1才児(乳児)の平均体重データ(男子):スクスクのっぽくん

小児の肥満度を自動計算!カウプ指数とBMIパーセンタイル値から子どもの肥満度を判定する方法

カウプ 指数

カウプ指数(かうぷしすう)とは、生後3か月から5歳までの乳幼児に対して、肥満や、やせなど発育の程度を表す指数である。 成人で使用されるBMIと同じ計算法であるが判定基準が異なる。 判定基準に男女差はないが、年齢により正常値に違いがある。 また乳幼児に個人差もあり、判定基準や正常範囲はあくまでも目安とされている。 【正常範囲】 乳児(生後3か月~):16 ~ 18未満 満1歳: 15. 5~17. 5未満 1歳6か月: 15~17未満 満2歳: 15~17未満 満3歳:14. 5~16. 5未満 満4歳:14. 5~16. 5未満 満5歳:14. 5~16. 5未満 【カウプ指数のメリット】 簡単な計算式で乳幼児の標準的な発育を確認できる。 【カウプ指数のデメリット】 カウプ指数はあくまで現時点での数値を示すだけであり、年齢により判定基準が異なるので、継続した成長の指標にならないことに注意する必要がある。

次の

【みんなの知識 ちょっと便利帳】カウプ指数で、満3か月から5歳までの乳児・幼児の肥満の測定/判定

カウプ 指数

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。 赤ちゃん・子供の体重が気になる 乳幼児健診に行くと、毎回子供の体重や身長を測りますね。 赤ちゃんのころは、栄養が足りているかどうかを見ればよく、極端でなければ太り過ぎは気にする必要がありません。 少しくらい丸いほうが、プニプニしてかわいい気がします。 ところが、3-4歳になると子供でも太り気味な子、やせ気味な子がいて、体型や体重の違いが気になります。 太りすぎな子は、運動を避けがちになったり、いびきをかくことが増えたり、土踏まずが形成されにくかったり、運動能力が向上しにくかったり……などが心配です。 また、やせすぎな子は、体力がなく疲れやすかったり、病気になりやすかったり、怪我をしやすかったり……などが心配です。 そのため、親としてはなるべく子供の太りすぎ、やせすぎに気をつけて、年齢に合わせた平均的な体型・体重を維持したいですね。 体重を管理する指標は「BMI指数」が思い浮かびますが、子供の体重はBMI指数ではなく「カウプ指数」を使います。 今回は、子供の太り気味・やせ気味を管理するカウプ指数の計算方法や使い方についてお話したいと思います。 カウプ指数とは カウプ指数(Kaup Index)とは、 生後3か月の赤ちゃんから、小学校入学前までの子供の栄養状態や体格をみるときに参考にする値のことです。 わたしたちが普段使うBMI指数 Body Mass Index と同じように、体重と身長の数値から計算すると、肥満度や身長と体重のバランスが良いかがわかります。 カウプ指数の計算式 カウプ指数は、体重を身長の2乗で割って、10をかけて計算するため、計算式は以下のようになります。 2」、身長が80cm、体重が12. 375」となります。 ただし、このカウプ指数は、月齢・年齢によって判断基準が違います。 カウプ指数のメリット・デメリットと注意点 カウプ指数は簡単に子供の肥満度を判断できる基準になりますが、メリットとデメリット、使うときの注意点があります。 カウプ指数のメリット カウプ指数のメリットは、判定が簡単で、目安がわかりやすいことです。 ・月齢・年齢に関係なく、身長の割に体重が多いか少ないかが、簡単な計算で表せる。 ・成長曲線を用いれば、月齢・年齢ごとに正しく体格を評価できる。 ・身長が高い・低いによって評価に偏りが生じない。 カウプ指数のデメリット カウプ指数のデメリットは、個人の評価として同じ月齢・年齢の子と比べられないことや身長・体重の比較ができないことです。 ・年齢で身長・体重の変動幅が違うため、カウプ指数だけで評価すると判断を誤りやすい。 ・判断を誤らないために成長曲線を参照することが不便なうえ、成長曲線からは個人のパーセンタイル値がわからないので、評価を数字で表せない。 カウプ指数の注意点 カウプ指数は、簡単に子供の身長と体重の割合が適正かどうかを確認する方法のため、あいまいなところがあります。 たとえば、カウプ指数で見ると生後4か月の赤ちゃんと生後11か月の赤ちゃんは同じ基準で評価することになりますが、7か月の差はかなり大きいため、本当に同じ基準で評価して良いとは言えません。 そのため、カウプ指数だけで単純に「太りすぎ」「やせすぎ」の評価をしないで、あくまでも参考値として利用した方が良いですね。 カウプ指数が気になったら生活習慣を見直す 成長中の子供が太り気味なのか、やせ気味なのかは親として気になります。 ただし、たいていは日本人の感覚で、さらに女性(ママ)の感覚で気にしてしまうため、子供のカウプ指数が少しでも太り気味だと「うちの子、肥満なのかな……。 」と考えてしまいがちです。 もちろん、カウプ指数の評価が明らかな「やせすぎ」ではいけませんが、子供もスリムな方が良いと考えて「やせ気味」にしたいという考え方は間違っています。 かりに、子供のカウプ指数の結果が「太り気味」だったとしても、とくに心配する必要はありません。 子供は、大人と違って身長が伸び、体重もぐんぐん増えている最中です。 そのため、たった1年どころか、半年で体格が変わります。 もし、カウプ指数の結果が気になったら、食事制限などをするのではなく、子供が健康に生活できる生活習慣作りを目標にしましょう。

次の

【みんなの知識 ちょっと便利帳】カウプ指数で、満3か月から5歳までの乳児・幼児の肥満の測定/判定

カウプ 指数

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け! 今回は『赤ちゃんの発育をあらわす「カウプ指数」って?』をご紹介させて頂きます。 うちの赤ちゃんは「太りすぎ?」「痩せすぎ?」 カウプ指数(Kaup Index)とは、満3か月から5歳までの乳児・幼児の発育状態をあらわす指数です。 子供が肥満ぎみではないか、痩せすぎていないか、など体型のバランスを判断する指標です。 体重と身長の関係から算出するため、大人でいうところの「BMI値(Body Mass Index:肥満度を示す体格指数)」と同じものと考えてよいでしょう。 赤ちゃんは大きく成長してほしいですが、肥満になるのは心配です。 とはいっても、自分の子供が太り気味なのか、あるいは痩せぎみなのか、判断するのは難しいものです。 カウプ指数を知っておくと、赤ちゃんの発育の状態が確認できます。 カウプ指数は「どうやって」求める? カウプ指数は、次の計算式を使って確認します。 判定はあくまで目安です。 たとえば標準値を超えたからといって、即肥満であるという診断に必ずつながるわけではありません。 <満3ヶ月> 【指数】14. 5 ~ 15. 5 ~ 17. 5 ~ 19. 5 ~ 14. 5 ~ 16. 5 ~ 16. 5 ~ 16. 5 ~ 18. 特に1歳未満の赤ちゃんは「寝返り」や「手足をバタつかせる」くらいしか、自分でエネルギーを使うことがないため、体にお肉がついていることはよくあります。 そのうち、ハイハイしだすと楽しく体を存分に動かして、体のお肉もスッキリする赤ちゃんは多いものです。 気になるようなら、小児科の先生に相談してみましょう。

次の