安西 先生 バスケ が。 『安〇先生、バスケがしたいです』|Sunrise Station

安西智和

安西 先生 バスケ が

赤髪の不良、桜木花道が同級生の赤木晴子に一目ぼれし、彼女目当てでバスケ部に入部。 しかしバスケ初心者の花道に待っていたのは地味すぎる基礎練習。 不満を募らせた花道は一度は部を辞めかけますが、晴子への思いが勝って思いとどまります。 安西監督の指導のもと行われた部内の紅白戦では流川がスーパープレイを披露。 一方の花道も将来に期待を持たせる身体能力を発揮し、超初歩的なレイアップシュートを練習し、リバウンドの極意をゴリから教わりました。 そしていよいよ陵南との練習試合。 花道が試合デビューし大激戦を繰り広げますが、惜しくも敗戦。 そして次期キャプテン候補の宮城リョータがバスケ部に復帰しました。 しかしバスケ部もこれで安泰かと思われた矢先、事件が起こります。 リョータと遺恨を残す三井が他校の不良を連れてバスケ部に殴り込み。 不良の番町格である鉄男が無抵抗な部員たちをKOしていき、ついにキレたリョータ・花道・流川の3人。 そこに花道軍団も援軍として参戦し、大乱闘に発展。 バスケ部はどうなってしまうのでしょうか。 8巻のあらすじを振り返ってみましょう。 以下ネタバレ注意です。 三井がバスケ部に執着する理由 花道と鉄男の第2ラウンド。 花道は鉄男のパンチを見切り、痛めつけられた仲間の分を仕返ししていきます。 しかし三井は頑なにバスケ部への執着を捨てようとはしません。 鉄男も花道にKOされ、残るは三井だけ。 そんな三井に小暮が 「大人になれよ…三井…? 」と言葉を投げかけます。 赤木は瞬時に状況を察し、自らの責任でドアを締め切り、威圧感をもって事態の収拾を図ります。 小暮によれば、 三井は赤木・小暮とバスケ部の同期で、さらに三井は中学MVPの肩書で期待されたルーキーでした。 三井は中学の県大会で劣勢のチームを率いて逆転優勝に導いていたのです。 そのときに 「諦めたらそこで試合終了だよ」とアドバイスをくれた安西監督に感銘を受け、湘北に進学した三井。 これが三井が転落していく転機となりました。 チームは三井抜きでも赤木の活躍で躍進し、それ以来、三井はバスケ部から姿を消していきました。 安西監督の姿を見て心中を吐露する三井 本当は三井はバスケ部に戻りたいのではないか。 そんな思いがその場にいた全員によぎりますが、三井は頑なに認めようとはしません。 そんなとき、三井の憧れであった安西監督が体育館に入ってきます。 安西監督の姿を見て、今までの思い出が一気にあふれ出る三井。 こみ上げる涙とともに 「安西先生…!!バスケがしたいです……」と本当の気持ちを吐き出すのでした。 故障して、回復を焦るあまりまた故障して、そんなことを繰り返すうちにバスケ部から離れていってしまいました。 恩師である安西先生の姿を見たとき、ついに気持ちを抑えきれなくなった三井は涙ながらにバスケ部への未練を口にします。 次巻へ続きます。 この漫画をもう一度読みたい方はこちら.

次の

スラムダンク三井が不良化したのは安西先生が無能でクズだから

安西 先生 バスケ が

『スラムダンク』 第8巻 所感 スラムダンク屈指の名言として有名なセリフですね。 不良グループのリーダーとしてリョータに手を出していた三井。 バスケ部の練習している体育館に乱入した三井ですが、実は以前は湘北バスケ部の一員でした。 中学時代は県の大会でMVPとなるなど有名な選手で、当時は初心者の赤木と一緒にバスケをしていました。 しかし赤木のガタイ・背の高さ、センスに力んだため膝を痛めてしまいます。 入院とリハビリを余儀なくされた三井ですが、そのときにMVPとなったときの安西先生とのエピソードを語ります。 その後、無理をしながらリハビリ中に練習し、痛みが消えたことで練習や試合に復帰するようになった三井ですが、試合中の激しい動きには耐えられず、また膝をケガしてしまいます・・・。 またリハビリ・・・となるはずが、自分のいない試合、そしてそこで活躍する赤木、それを見守る安西先生を見て三井はバスケから静かに去っていったのでした。 そんな三井との思い出を語る小暮に対し、三井は反発します。 そこに現れた安西先生。 安西先生を見た三井はこれまで抑えてきた感情を抑えきれず・・・ こうして、三井は湘北バスケ部に戻るのでした。 三井にとって、安西先生がどれだけ大きな存在となっていたかがわかりますね。

次の

「安西先生・・・バスケがしたいです」バスケスーパーダンク珍プレー好プレー74連発!

安西 先生 バスケ が

もくじ• それは何故でしょうか? 大学バスケ界でも活躍した名監督の安西先生が 指導せず放置していたから1回戦負けのチームのままだったのではないでしょうか。 それは、ゴリのやり方についていけなかったから。 ゴリは部内で浮いていた(武士すぎて) これは作中にも描かれていますが、バスケ部員からこんなことを言われています。 「山王工業に挑戦したいなら、海南にでもいけばいいだろ。 ここは神奈川県立湘北高校だぜ。 取り立てて何のとりえもない…フツーの高校生が集まるところさ。 強要するなよ 全国制覇なんて。 お前とバスケやるの息苦しいよ」 安西先生がちゃんと指導して部員たちをまとめていたら、やる気のないバスケ部員がゴリに投げ飛ばされることもなかったでしょう。 そのせいで、ゴリとメガネ君しか残らなかったということが考えられます。 「お前のためにチームがあるんじゃねぇ。 チームのためにお前がいるんだ」という考えの先生とは思えない行動ですね。 実際は三井・宮城・流川のリクルートには失敗しているけれど、陵南高校を強くするために頑張っていたと言える。 一方、安西先生は「うちは公立だから・・・」と言って全くその気を見せないシマツ。 そもそも公立高校は、そういうことはしないのかもしれないけれど、その辺のことは分からない。 明らかに監督としても指導者としてもやる気がないとしか思えない行動です。 1回戦負けの湘北に中学MVPという逸材が入ってきたわけですし、長身の赤木も入り監督としては嬉しいできごとでしょう。 その後、ミッチーは膝のケガをきっかけに復帰が遅れる事態になります。 結果、赤木は徐々にバスケ部で活躍し注目されるなか、復帰できない現実を突きつけられ、ミッチーはバスケ部から姿を消した。 その成れの果てが長髪不良にまで落ちぶれた 「女男ミッチー」 ケガをしたミッチーのフォローを安西先生がしていれば、三井はバスケ部を去りグレて不良になるところまではいかなかったと思います。 中学MVP男ミッチーこと三井寿は安西先生がいるから湘北に入ってきたのです。 他の強豪校の勧誘を断って安西先生目当てで湘北に入ってきたわけです。 中学MVPの実力者であり「目標は全国制覇です」と言い切る男なのですよ。 それだけの強い気持ちがあり、将来有望な才能あふれる選手を放置して腐らせた罪は重い。 鉄男とともにバスケ部を潰しにきた三井を発見した時、安西先生は「おや?君は・・・」と発言をしています。 ということは、三井のことなんて全然考えてなかったということが言えます。 本当に湘北バスケ部を強くしようと考えているならば三井の力は絶対に必要です。 彼が部に戻りやすいように働きかけることくらい名将安西なら容易いことでしょう。 安西先生は、山王戦直前や試合中に的確なアドバイスで湘北メンバーの気持ちを見事にコントロールすることに成功しています。 こういったところから 監督として能力がないのではなく、やる気を出さずに見捨てたということが分かります。 実は本編では描かれていないだけで、三井がバスケ部から離れないように監督として何かしたのかもしれないけれど・・・ 仮にそうだとしたら、三井が安西先生を一目見ただけで泣き崩れるシーンにはならないのではないかと思います。 おそらく、絶大な信頼をおく安西先生に「バスケ部には君が必要だ」的なことを言われたら三井はバスケ部に戻っていたと思う。 三井がグレたせいで宮城がリンチされて入院することになったんだから、宮城のブランク期間をつくったことにもなる。 そう考えると、 安西先生は三井をあえて放置して腐らせた無能監督と言わざるを得ない。 それに彼らは特別な個性など何もない選手扱いとなっていることから、ほとんど指導などされていなかったことが考えられます。 桜木や流川が入ってきて、このチームなら強くできると思ったからやる気を出し始めたのでしょう。 ところが、安西先生は流川の自分勝手なところは放置したまま。 谷沢の時の失敗をまた繰り返すというシマツ。 これは明らかに無能としか言いようがない。 安西先生がちゃんと指導していれば、山王戦の前に流川の強化とともに湘北チーム力の底上げができていたはずだ。 赤木、いつまでも夢見てるんじゃねぇよ。 」 こう思っていたから三井を放置して腐らせ、ほとんど練習にも顔を出さなかったのではないかという結論に至りました。 安西 「基本的にはキャプテンの赤木君に任せます(せいぜい全国制覇を目指して頑張りたまえ。 無理だろうけどな)」 だから、練習にもたまにしか顔を出さない。 赤木3年時 赤木・宮城・流川・桜木と良い逸材が入ってきたことをきっかけに 「このメンバーだったら、そこそこいいところ目指せるか。 よし、そろそろ指導してやるか。 」 となった感じがしてならない。 その豊玉対策は何も指導していなかったように思われる。 安西先生は豊玉戦の際、相手のラフプレイでイラつき、暴走気味だった赤木・宮城に対してこんなコメントをしています。 宮城に対し 「相手の安い挑発に乗って独り相撲のポイントガード」 赤木に対し 「予想された徹底マークに意地になって無謀な攻めを繰り返す主将」 もし事前に豊玉のビデオを見ていたらラフプレイをしてくることや、藤真が南に 「ゴッ」 されていることから、流川が狙われる可能性を考えておくことができたはず。 海南の牧ですら流川に「あいつ(南)には気をつけろ」と言っているのに、監督は何もしていないという事実。 実際、流川が南に 「ゴッ」 された後も予想外に活躍し続けたことと、南が絶不調になったことが重ならなかったら翔陽のように負けていたかもしれない。 「全国制覇とは、口だけの目標かね」 そんな偉そうなことを言うくせに、勝てるように準備・指導をしていない安西先生はどうなんだ。 この点は監督として、素晴らしい働きをしたと思う。 ただ、山王対策に関しては完全にアウトな行動だといえる。 毎年優勝し続けている王者山王の対策は前日にどうにかなるものではない。 そのせいで一気に点差が開き、湘北を壊滅させるほどのダメージを負わせた罪は重い。 一方、海南の高頭監督は「うちのように山王のゾーンプレス対策をしていなくては勝てない」と発言していた。 その場で指示を出せば何とかなると思ったのか? 山王は行き当たりばったりの作戦で挑むような相手ではないことくらい分かっていたはず。 選手が自信喪失すると思ってビデオを見せなかったというような発言がありました。 ということは、 湘北メンバーでは山王に勝てないと監督が思ってしまっていると言える。 「君たちは強い」と選手には言いながら、選手のことを信じていないということが現れている。 その上、桜木が動けなくなったことをきっかけに「監督失格です」と自ら認めながらも、桜木の 再出場を止めないという選択。 結果、桜木は数ヶ月の戦線離脱のリハビリ生活となった。 これは結果的に再出場していなくても同じことになっていたかもしれないけれど、そこはしっかり止めないとダメでしょ。 安西監督は無能! 結論 谷沢をうまく指導できず素晴らしい素材をダメにした経験がありながら、三井で同じ過ちを繰り返した安西先生。 正確には同じ過ちではないけれども。 「まるで成長していない」のは谷沢よりも安西先生の方だった。

次の