魔石グルメ カティマ。 スパロボ声優名鑑/作品別

tanpopoya : 2019年

魔石グルメ カティマ

書籍からweb版を読んで、あぁーここが範囲なのかなーって期待していた箇所が多々。 ちょっと不満だったのはその箇所がいくつかカットされていて、代わりに加筆が加えられていたことか。 カットされた箇所が面白かっただけに残念だったし不満だったけど、まぁ加筆は確かに多かったし面白かった感じ。 加筆された感じの箇所も面白かったからいいんだけど、カットされた場所も見たかったわけです。 でも読み終わった時には満足できてたんですよね。 お昼寝シーンなんて挿絵もついて大満足でした。 港町の騒動もカッコ良かったですしね。 まとめるとこんな感じ。 ラノベとしての完成度がこっちの方が高いのと(書籍なので当然ですが)、のめりこみやすい読みやすさ?とか、テーマが決まってる一冊なので脱線しなくて読んでいてすんなり読み進められました。 今回カットされた部分はどうせカクヨムとかで無料で読めるし、別に気にするほどでもなかった。 とりあえず今回は中身が濃くて大満足。 カットの切なさを忘れてしまうくらいには濃厚でいい加筆だった。 次巻も楽しみにしています。

次の

100%正規品 花器・花瓶■ 秀麗 彫金牡丹に小鳥 ■銅製 平板・木札付 桐箱入り【高岡銅器】

魔石グルメ カティマ

まがつスレ - グルメレポートグループ ssnote• まがつスレ まがつスレ 599• をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。 表示を元に戻す• 道理で• レベル上げとかないと• 46のプレイヤーがいるのか…• 微妙に詠唱時間が気になる• 30未満ですな…• 毒解除の本必要そうだったら入れとこう• 25ですし参加させてもらったとしても戦闘で足手まといになりそうなんでしばらくは レベル上げに専念します…• 対処できないと壊滅するし、僕の回復性能今のところ単体向けですし 僕もおとといまでそのくらいでしたし大丈夫ですよ• その他には武器とは別のアイテムがラインナップされてますし、武具は梶田装備と制服でSRしかありません• ちょい待ってて• さっき終わったので• 35なんですが大丈夫です?• ではお言葉に甘えて参加させていただきますぞ• 35やなくて34でした…• 40くらいになってるだろうし その時にお供させていただきます…• グルメ井戸さん入れます?• いなかったら、山脈エリア2をチラチラ見ながらオートする方がメタル猪もいますしいいかもしれません• 正直今後もっとつよいのは来るんじゃないかなとも思うんですが 禍つ真実がうんたらとか言ってますし、デザインに最終的な試練の意匠を盛り込んでるとかかもです• まだ56です なんか詫び触覚送られてきてて素材本作れそうなので周回中• まだ使ったことないけど、今後ダメージが大きい毒とかスタン連射とかしてくるやつきたら要りそう• ひとまず60目指して丸1日くらい周回• AGRS本出たらシロとばあちゃるとアジルスのチャンネルに登録する• 9 ウォーリア27. 4 ナイト13. 7 ウィザード13. 0 プリースト11. 5 ハンター5. 5 の割合らしい• 何やってるんだ• イベント回ってる?• ガチャで揃ったりしたら補助枠に回せますしね• キャラが• また、トリップを使用することができます。 詳しくはをご確認ください。 トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。 執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。 本文 2000文字以内で投稿できます。 0 投稿時に確認ウィンドウを表示する 作成者情報 グルメ井戸• 6 投稿数• このスレッドの参加者 5人• Powered by Luilak.

次の

リファ

魔石グルメ カティマ

このライトノベルがすごい!2020、掲載記念SS 2019年 11月28日 木 00:44 いつもアクセスありがとうございます。 実は先日発売したこのライトノベルがすごい!2020にて、魔石グルメをご紹介いただけました。 例によって時系列や細かな箇所はSSということで、 お気になさらない方向でご覧いただけますと幸いです。 それではどうぞお楽しみください。 それを覆う深紅の絨毯汚れ一つなく、この場に足を運ぶ者の格の高さと比例している様にも見えた。 意匠の利いた長テーブルが部屋の中央に座し、運ばれゆく料理の数々が香りを添える。 謁見の間に置かれた玉座には劣るも、この場において誰よりも格の高さを誇る者が座るにふさわしい椅子がある。 そこに悠々と腰を下ろしたばかりのシルヴァードが口を開いた。 今ここにいるのは、彼を除くと一人だけだ。 「ほう」 すでに用意されている前菜を見て唸った。 ところで廊下を歩き、ここに足を運ぶ前にも感じていたことだ。 鼻孔をくすぐって止まず、食指を刺激して止まない香り。 豊かな素材と熟練の料理人が魅せる複雑な味の調和を感じていた。 密かに漂う香辛料の香りからは、今日のメインが肉類であると予想させる。 「先にいただいていました、お爺様」 「よい。 余が遅かっただけのことである。 今日はスープより先に前菜をと言っていたのだが……して、どのような前菜であるか」 「エビのタルタルです。 今朝マグナから届いたという食材に、近くの農場から届いた夏野菜。 香草とオイルを和えて食べやすく仕上げたとか」 「夏らしくてよいな」 どれ、と椅子に腰を下ろしたシルヴァード。 スプーンを手に取って器に手を伸ばし、まず一口を口に運ぶ。 香草がくどくなく香り、オイルが舌触りを良くしていた。 丁寧に下ごしらえされたであろうエビは歯ごたえが良くて、臭みは少しもなく本来の甘味が広がった。 嚥下すると、早く次を……と身体が求めてくる。 シルヴァードは焦らずに夏野菜を口に含む。 味に水気がなくて、少しの酸味が爽やかで心地いい。 こちらもオイルや香草の香りがあって、素材本来の味が一段と際立てられる。 食べ終えたところでグラスに注がれたワインを飲むと、思わず吐息が漏れた。 それから、いくつかの料理を挟んだ。 芋を濾した冷製のスープも夏らしくてよかったし、口直しのシャーベットはリプルを使った甘酸っぱくは次に来るメインディッシュを期待させた。 やがてアインが合図を送ると、すぐに部屋の中に料理が運ばれる。 「バッツのお父上からですよ」 「クリム男爵が?」 「ええ。 何でも砦の近くで大量に発生したバイソンの中に、良質なホワイトバイソンが居たらしくて」 ともなれば、メニューは一つだ。 特にシルヴァードが気に入るものがあり、彼の頬も自然と緩む。 「お待たせいたしました」 給仕が運んだ一皿には、火の通った一枚の赤身肉。 シルヴァードのの前で給仕が切り分けると。 「余はこの焼き加減が好きでな」 レアに近い赤身の表面はシャンデリアの光を反射して、これまで零れ落ちることがなかった肉汁がトロッと皿に垂れる。 つづけて給仕は、シルヴァード用に新たな皿を用意する。 中にはすり下ろされたハーブが、ツンッ……とした鼻に香りを届けた。 これらは揮発性の辛味だ。 「お爺様はいつもそうやって食べてますもんね」 「これがよいのだ。 あっさりとしたソースに辛味のあるハーブ……これらを受け取る赤身肉の汁と交じり、余の活力が生まれてくる」 そう言ってシルヴァードは嬉しそうに肉を口に運ぶ。 すりおろしたハーブを添えることも忘れず、ゆっくりと咀嚼して。 真っ赤な赤身はとても柔らかかった。 脂肪が少なめながら、均一な柔らかさと濃厚な肉汁が十分すぎる味を生み、飽くなき豊かさは芳醇なアロマを孕み、五感すべてで楽しめる絶品の一皿だ。 一切れ目を食べ終えて、フォークを皿の上に置く。 鼻から呼吸をするだけで余韻に浸るほどだ。 彼は給仕が注いだ新しいワインを舌に滑らせる。 果実の香りに混じる渋みは穏やかだが、シルヴァードの好みに合わせて酸味と香りは強い。 肉という動物の恵みに対して、シルヴァードにとって一番次を期待できる組み合わせだ。 「しかしアインのメインは違うようだな」 「そのお肉も魅力的だったんですけど、今日の俺はこっちのほうがいいなーって思ったので」 アインに運ばれた皿の上にあるのは前菜と同じく魚介だ。 曇り一つない白身の上は焼きすぎていない、パリパリの皮。 その周囲は香草をすり下ろしてオイルと絡めた緑色のソース。 香ばしさはシルヴァードの皿に劣ることがない。 アインが口に運ぶごとに、ふわふわの白身と皮の食感に舌鼓を打っていた。 「余は明日にでもいただこう」 「では、俺の明日は今のお爺様と同じものを」 二人は視線を交わして笑い、おもむろに持ったグラスを軽くあわせた。 すると。 「ニャァアア……今日も疲れたのニャァアア……」 「どうしたのだカティマよ、今日は城に泊まるのか?」 「はいニャ……ちょっと帰る元気がないのニャ……」 不意に現れて疲れた表情で椅子に座ったカティマが、ベルを鳴らした。 十数秒後に現れた給仕に彼女が言う。 「料理を頼むニャ」 「かしこまりました。 「決めたニャ」 くったくのない笑みでヒゲを遊ばせたカティマが言うのは、そのどちらでもない。 「どっちも食べるニャ」 なるほど、その手があったかと。 アインは呆気にとられながらも感心した。 一方でシルヴァードは何とも言えない様子で目を細め、ワインを口に含む。 それから彼は「アインはどうする」と視線で尋ねると、アインは結局。 「俺は明日の楽しみにしておきますね」 と、カティマらしさに笑って答えたのだった。 といったところで以上となります。 また引き続き、結城と魔石グルメをどうぞよろしくお願い致します。

次の