命の母ホワイト 即効性。 命の母Aよりも命の母ホワイトを選ぶべき理由|おすすめの市販薬を最速で選ぶ

命の母Aの口コミ評判|副作用に注意!効果や成分、料金など

命の母ホワイト 即効性

命の母といえば、CMや雑誌などの広告で宣伝しているので知名度が高く、名前を聞いただけで、女性の悩み改善のお薬であるというイメージを多くの方が持っているのではないでしょうか? 命の母ホワイトは、小林製薬が2008年から販売している市販薬です。 生理前から生理中の症状を改善するお薬です。 更年期対策治療薬には命の母Aがあります。 命の母ホワイトの有効成分としては芍薬、当帰、牡丹皮といった生薬(漢方薬)が11種類配合されています。 イライラやだるさなど、生理前から整理中の、さまざまな症状を改善します。 薬局で比較的簡単に手に入ることから人気のある20~40代向けの市販薬です。 漢方医学の考え方により、「瘀血(おけつ:血が滞ることでさまざまな不調を起こす)」を改善する成分が中心です。 プレフェミンはゼリア新薬から2014年に発売された、日本で初めてのPMSを治療する目的で作られた市販薬です。 (医療用医薬品を除く) PMS治療薬ってこれまでなかったんですね。 プレフェミンは、更年期障害やPMS(月経前症候群)の緩和に役立つとされるハーブ「チェストベリー(チェストツリー)」という西洋ハーブのエキスを主成分としたお薬です。 胸の張り、頭痛、イライラ、眠れない、気分の落ち込みといったPMSの症状に用法用量を守ることでPMS特有の症状全般が改善されるという複数の臨床結果が確認されています。 西洋ハーブであるチェストツリーは、ドイツではPMS(月経前症候群)に効果がある医薬品に認可されています。 西洋ハーブは、古くから、有効性、安全性が評価され、最近では、一般用医薬品、サプリメントなど広く使われています。 次に、命の母ホワイトとプレフェミンとの違いについて紹介します。 命の母ホワイトは、漢方の力で体を温め血の巡りを良くし女性ホルモンや自律神経のアンバランスによって起こる症状を改善するお薬です。 生理前から生理中の症状を改善します。 命の母ホワイトは、漢方の力で緩和するとイメージするとわかりやすいですね。 PMSの症状や生理痛などを婦人科系の病気に使われるさまざまな生薬で改善します。 血行を促すので、 冷え性、頭痛、肩こり、腰痛などにも効果があります。 一方、 プレフェミン は、PMS対策治療薬です。 PMSに効果のある「チェストベリー」を主成分としていて、臨床試験では、継続的な服用により、 PMS特有の症状 「胸の張り」「イライラ」「気分の落ち込み」などの効果が報告されています。 命の母ホワイトとプレフェミンどっちがおすすめ? どちらも、PMSに効果がありますが、ドイツで医薬品に認可されている 「チェストベリー」でピンポイントに症状改善を期待した場合は、 プレフェミン。 漢方の力で 血の巡りを良くすることで生理中の生理痛までカバーしたい場合は、 命の母ホワイトです。 医薬品なので副作用のリスクも! 注意すべきことは、命の母ホワイトもプレフェミンも医薬品ですので、副作用などリスクがあることを認識していなければなりません。 医薬品ですので、薬剤師さんのいる薬局でなければ購入できません。 また、命の母ホワイトは15歳以下、プレフェミンは、18歳以下は使用できません。 最近では、インターネットでも購入できますが、本来、必ず事前に薬剤師さんと相談する必要があるため、購入は慎重になさった方がよいでしょう。 プレフェミンもルナベリーも主成分は「チェストツリー」です。 その量どちらも同じ量(40㎎)配合されています。 おさらいになりますが、 プレフェミンは医薬品すが、 ルナベリーは栄養機能食品(サプリメント)という扱いです。 どちらもドラッグストアや薬局で購入できますが、 プレフェミンは、医薬品であり、患者に対しての臨床試験が実施され、その効果が確認されているので効果効能を明確に表示できます。 しかし医薬品ですので副作用のリスクも伴い、プレフェミンは、18歳以下では使用できず、服用の際には注意が必要です。 一方ルナベリーは、不足しがちな栄養素を補うという役割をする健康食品(栄養機能食品)つまりサプリメントですので、繰り返しになりますが、プレフェミンのような副作用のリスクはありません。 サプリメントの位置づけはあくまで健康増進です。 ルナベリーは栄養機能食品なのでWEBで購入することも可能です。 プレフェミンにも、ルナベリーにも同じチェストベリーが配合されているのですが、その量はどちらも同じです。 ルナベリーにはチェストツリー以外にも、排卵期に減少しやすいビタミンB群や生理前になるとできるニキビや肌荒れをサポートするハーブ、イライラや気分の落ち込みをサポートするハーブなどがPMSに役立つ成分がたくさん配合されていることです。 (月見草、亜麻仁油、ブラックコホシュエキス、ワイルドヤムエキス……) サプリメントですので、臨床実験は行われていませんが、口コミなどをみると多くの方がその効果を実感しているだけでなく、ピルや医薬品が合わなかったという方の最後の砦として選ばれその効果に救われたという方も多いようです。 気になる方は参考にしてみて下さいね。 命の母ホワイトとプレフェミンとルナベリーの違いのまとめ 命の母ホワイトは漢方生薬主体、ルナベリーとプレフェミンは西洋ハーブが中心の医薬品です。 医薬品ですので副作用のリスクがともないます。 ルナベリーは、プレフェミンと同量のチェストツリーの他に様々な女性の悩みに効果があるハーブを配合し、PMSの辛い症状をサポートする栄養機能食品(サプリメント)です。 PMSと生理痛両方をカバーしたい場合は、命の母ホワイトはおすすめですし、PMSの症状をピンポイントで改善したい場合は、プレフェミンや副作用の心配のないルナベリーがおすすめです。 しかし、どれが結果的に良いかは自分の体質と相談する必要があります。 そしてどれも効き目は穏やかなので、即効性を求めるというより月経開始直後から飲み始めて約1ヶ月程度症状を見ていく必要があります。 継続して服用することで効果が出るかどうかを判断する製品です。

次の

2ページ目|命の母がヤバい!口コミ&効果は?更年期障害に効くの?

命の母ホワイト 即効性

仕事に家事に子育てにと忙しく毎日イライラして怒鳴ってました。 職場の同期に「命の母Aを飲んでるけどいいよ。 イライラしなくなった。 」とお誕生日の時にプレゼントでもらいました。 時々飲むのを忘れてしまいますが、1瓶飲み終わる頃、子供に「お母さん最近あんまり怒らなくなったね。 」と言われたのを覚えています。 自分ではとりあえず飲み忘れないようにと飲むことに意識がいっていたので子供に言われた時、言われてみればそうかもしれない!と思いました。 生理不順ぎみだったのも2ヶ月続けて順調でした。 漢方医学に基づいて生薬を組み合わせています。 体と精神の活動に必要な「気のエネルギー」• 栄養を運んだり体の外へ老廃物を運ぶのに必要な「血のエネルギー」• 体に必要な「水」 という 「 気・血・水」という考え方が基本となっています。 気血水(きけっすい)とは、人間の生命エネルギーや体の働きを表す漢方特有の概念であり、生体の異常を説明する三つの生理的因子である。 出典: 命の母Aの成分について 「気」のめぐりをよくする生薬 桂皮(ケイヒ) トンキンニッケイの樹皮。 料理で使うシナモン。 コウブシ カヤツリグサ科ハマスゲの根茎 カノコソウ オミナエシ科カノコソウ属 「血」のめぐりをよくする生薬 ダイオウ タデ科ダイオウ属の植物の根茎 センキュウ セリ科のセンキュウの根茎 シャクヤク 牡丹科シャクヤクの根 トウキ セリ科トウキ属植物の根 「水」のめぐりをよくする生薬 ソウジュツ キク科ホソバオケラの根茎 ブクリョウ サルノコシカケ科のマツホド菌の菌核 ゴシュユ ミカン科植物の果実 半夏(ハンゲ) サトイモ科カラスビシャクの球茎 生薬の他に、 ビタミンBや葉酸、カルシウム、タウリン、ビオチン、レシチンなどが配合されています。 漢方医学に基づいた生薬やビタミンにより、栄養のバランスを整えたり不足しがちなビタミン類を体に入れることにより更年期の症状を改善します。 新陳代謝を活発にしたいり、疲労回復を早くしたり、抗酸化作用など体のバランスを整えます。 命の母Aはどんな人にオススメ?• 些細なことでイライラしてしまう。 怒りっぽくなった。 理由もなく急に精神的に不安に襲われる。 気分が落ち込みやすくなる。 ちょっとしたことで涙が出やすくなる。 感情のコントロールが効きにくい。 やる気がなくなる。 人と話すのがおっくうになる。 手足は冷たいのに顔だけほてったようになる。 暑くないのに急に暑くなるような感じがする。 頭がぼーっとする。 肩こりがひどくなる。 頭痛がひどい。 手足がしびれる。 寒い時に皮膚の表面が痛い。 とても疲れやすい。 激しく動いていないのに息切れや動悸がする。 疲れているのに眠れない。 眠ってもすぐに起きて寝付けない。 すぐに起きられない。 短時間で暑くなったり寒くなったりと体感温度が変わる。 命の母Aの飲み方は? 命の母Aは、 1日4錠を 1日3回食後に水かお湯で服用します。 15歳未満は服用できませんので注意が必要です。 命の母Aに副作用はある? 命の母Aの主な成分は 生薬(漢方薬)です。 漢方薬は体質によって合う合わないがあります。 虚弱体質の人や胃腸が弱い人、痩せすぎ、やせ型の人、他の医薬品を服用中の人などは服用できないことがあります。 下痢になってしまう可能性 命の母Aの副作用で最も多いのが下痢です。 下痢は 漢方薬特有の副作用のひとつですが、服用し始めて数日以内に現れ始めます。 元々漢方が合わない体質ということもありますが、 今まで漢方をあまり飲んだことがない人や初めて飲む人など、服用し始めにだけ下痢をすることがあります。 漢方が合わない体質でない場合は、服用し始めだけ下痢をしますが、服用し続けていると徐々に体が順応し、 1週間ほどで下痢が解消されます。 しかし漢方が合わない体質の人は、服用している間、下痢や軟便が続きます。 1週間ほど経っても便の状態が改善しない場合は服用を辞める必要がある場合があります。 頭痛を引き起こしてしまう可能性 漢方薬の作用で血行がよくなるのが原因で起こる頭痛です。 服用して 30分~1時間ほどで収まる場合もあれば、服用のたびに数時間頭痛に悩まされる場合もあります。 体が順応して1週間ほどで頭痛がなくなることもありますが、1週間以上服用のたびに頭痛がするようでしたら 服用の中止が必要となることがあります。 吐き気、嘔吐を起こしてしまう可能性 漢方薬の影響で体質によっては、 吐き気や嘔吐などを発症することがあります。 特に、やせ型や胃腸が弱い人などですね。 服用して30分ほどでムカムカするような吐き気を感じても1時間ほどで収まる場合もありますが、長い時間吐き気が続いたり嘔吐をする場合は、服用を中止して、 医師や薬剤師に相談しましょう。 他にも、胃のあたりに不快感や違和感を感じたり、食欲不振、下痢を伴わない複数などの消化器系に症状が現れる副作用に加え、 発疹やかゆみ、肌のかぶれや発赤など皮膚に出る副作用があります。 いずれの場合も、体質的なもの、一時的なものがあります。 症状の大きさに関わらず、副作用と思われる症状が出てきたら、服用を中止し、医師や薬剤師に相談することが重要です。 その際、箱の中に入っている添付文書を持参しましょう。 命の母Aの料金について 命の母Aは、錠剤の量に応じて4種類のラインナップがあります。 料金は 税込の金額です。 1週間分(84錠) 756円 3週間分(252錠) 1,944円 5週間分(420錠) 2,808円 10週間分(840錠) 5,076円 上記は製薬会社の 公表価格です。 ネット通販やドラッグストアなどの店舗の違いで、上記の金額と異なる場合があります。 命の母Aの総合評価 命の母Aは、更年期の症状が出始めた人から 長年更年期の症状で悩んでいる人まで使える漢方薬です。 更年期の様々な症状に効果がある生薬が幅広く含まれているため、ひとつの症状にだけ効くのではなく、いくつもの症状を改善するのに役立ちます。 また命の母は、鎮痛剤のような即効性があり 一時的に効果を発揮する薬ではありません。 漢方薬のため飲み続けることで少しずつ体質を改善する効果を発揮します。 1、2ヶ月続けるうちにじわじわと効果を実感できます。 命の母Aは服用し始めてすぐに効果を発揮しませんが、服用し続けることで徐々に体質改善が期待できるため、中長期の視点で服用する必要があります。 即効性はないもののじわじわと体の中から効いてくれるので、根本的な体質改善につながり、長期間効果も持続されます。 女性の更年期はひとつの症状だけで悩まされるわけではありません。 いくつかの症状が同時に出たり、時期や時間帯に関係なく出てきたりします。 更年期はすぐに対処しないと死につながるという病ではないものの、 不快な状態が長く続く辛いものです。 40歳前後から始まる女性が多く、 20年くらい症状で悩まされている女性も少なくありません。 そのため、命の母Aは一時的に症状を和らげたり痛みを止めるのではなく、根本的な改善につながるため、更年期で悩む女性にとって心強いお薬です。

次の

サジー以外のPMS対策②命の母ホワイトは授乳中に使えるか?

命の母ホワイト 即効性

葛根湯のお陰で、朝は本当に楽になりました。 しかし、ある時ふと「これ(葛根湯)をずっと飲み続けても大丈夫なのかな?」と、少し心配になりました。 確か、葛根湯って長期に飲み続けるのはNGだったような・・・。 昔そんな記事を読んだような気がして、それを思い出したのです。 でも、これを飲まないと、朝起きたときの肩痛や背中痛が治らないし、朝から体調が悪いと、その日一日ずっと痛みや身体のこわばりを引きずったまま生活しなくてはいけません。 うーん、どうしよう。 葛根湯には心から感謝しつつ、これから違うものに変えた方が良いんじゃないか・・・と思うようになりました。 ・・・と、こんな時、ふと薬箱のなかを覗いてみたら、隅っこに「命の母」の封を切った袋がありました。 以前、まだ生理があった頃、生理痛や冷え性で困っていたことがあり、試しに買って飲んでみたものです。 でも、当時はあまり効き目を感じなくて、そのまま薬箱の中に放置していました。 それが今、突然の私の目の前に出てきたわけです。 そこで、パッと袋(パッケージ)の表書きを見ると ・急に顔がほてって汗が出る ・身体がだるくてやる気が出ない ・わけもなくイライラする不安になる ・生理の乱れ ・肩こり・めまい・肌荒れ・頭痛・冷え・血の道症 と記されてあります。 「生理」については、数年前に子宮筋腫で全摘手術をしたので、私にはもう関係ありませんが、その他の症状がズバリ「今の私」にピッタリではあ~りませんか・・・(汗)。 「もしかしたら、今なら効くかも・・・」と、この時、直感的にピンと感じました。 そこで使用期限を見たら、ギリギリ期限内です。 それならば飲んでみようホトトギス・・・ということで(笑)、試しに飲むことにしました。 ちなみに、命の母については、こちらを見て下さいませ。 このサイトの説明によると、『命の母』は、三大婦人用漢方薬である「当帰芍薬散」「桂枝茯苓丸」「加味逍遙散」に使われている生薬がバランス良く配合されているそうです。 そして、のぼせや生理不順、肩こり、冷え症、肌荒れ、精神的なイライラなど、更年期に起こりやすい症状に特に効くように処方されているのだとか。 モロ「更年期」にターゲットを絞っている・・・ということなのですね~。 早速、服用。 毎食後、ピンクの錠剤を一回につき4錠、飲みます。 (一般的な漢方薬だと食前・食間に服用しなくてはいけないので、うっかり忘れちゃうんですよね。 食後に服用なのは本当にありがたいです) すると、今回は自分でも驚きなのですが、葛根湯と同じレベルで効きました!飲み始めて以降、朝の起床時の身体の痛みや肩の凝りがとれたのです。 痛くて首が回らないこともあったのに、命の母を飲み始めたら、痛みを感じることは無くなり、とても調子が良くなりました。 しかも、あのホットフラッシュも・・・。 突然、首から上がカーと暑くなって汗が噴き出るアレです・・・。 それも驚くほど引いて、命の母を飲んでいる間は、全く大丈夫になりました。 (ただし、真夜中、就寝中に首から顔から汗が吹き出て暑くて堪らず、ガバッと目が覚めることが時々あります。 でも、これは、薬の効果がこの時間に切れてホットフラッシュが出てしまったのか?単に夏の暑さが原因なのか?・・・ちょっと不明です・汗)日中の外出時に、身体の突然の変調を心配しなくても良くなり、精神的に楽になりました。 その他、下半身が冷えて冷えから痛みや不快感を感じるとか、身体のだるさなども解消したように感じます。 とにかく以前のように、辛くてしんどい・・・という状態がなくなって、元気に過ごせるようになりました。 これはすごいぞ~!命の母! この「命の母」は、どストライクで更年期障害に悩まされている人、更年期世代の人にしか効かないお薬なのかもしれないです。 以前の、まだ若かった頃(30代後半とか40代前半とか)や、「プレ更年期」みたいな中途半端な症状の時は、どんなに飲み続けても、あまり効きませんでした。 ところが、更年期の症状がモロ出ているアラフィフの今は、効果てきめん・バッチリです。 ・・・ということで、今は「葛根湯」の代わりに、この「命の母」を飲んでいます。 これを飲んでいると、更年期の不快な症状がおさまるのと平行して、身体全体の調子が整う感じです。 即効性がある「切れ味鋭い」感じの効き方ではなく、ゆるやかにリズムを整えながら身体全体の調整をしてくれているような・・・そんな優しい効き方なのです。 これならサプリメントのような感覚で飲み続けても大丈夫かな~と感じました。 この調子で、今度は「命の母」を飲みながら、様子を見ていこうと思います。 更年期の身体は維持管理がホント大変ですが(汗)、気長に「自分」と向き合い、自分の心地よさをこれからも追求していきたいです。

次の