ウォーターサーバー 単身。 災害時、水はどうなる? 熊本地震の事例から見る水事情と宅配について

プロが徹底比較!ウォーターサーバー比較ガイド【2020年最新版】

ウォーターサーバー 単身

会社名 搬送の対応 有償サービス コスモウォーター お客様ご自身 月100円のサポートプランあり フレシャス お客様ご自身 なし プレミアムウォーター お客様ご自身 月額682 円プレミアム安心サポート サントリー お客様ご自身 なし アクアクララ メーカーが搬送or自分で — クリクラ メーカーが搬送or自分で — ハワイウォーター お客様ご自身 — うるのん お客様ご自身 アクアValueプラス月々800円 キララ お客様ご自身 キララサポートパック月550円 対応状況はこんな感じです。 アクアクララとクリクラに関しては自分で運んでもOKの様ですが、メーカーが搬送もしてくれます。 この2社はそもそも安心サポートを必須で加入しなければいけないのでそこに引っ越しサポートも含まれていると考えればいいかなと。 まあさすが大手ですね。 その他の会社は「お客様ご自身」っていうパターンがめちゃくちゃ多いんですよ。 有償サービスについては引っ越し単体のサービスではなく、任意で加入する安心サポートといったよく携帯電話とかでもある故障した際は無償交換とかそういった類のサポートの中に引っ越しの対応も含んでいるといった感じです。 一応、サポートパックの中身も紹介しておきます。 コスモウォーターの月100円の安心サポート コスモウォーターの安心サポート料金は月100円で安い。 入っておいてもよいかなあと思いますね。 万が一の破損・故障があっても新しいウォーターサーバーへ無償で交換• 引っ越し時、ウォーターサーバーを回収、新しいウォーターサーバーを新居に届けてくれる• 被災にあった時にお見舞いとしてボトル2本を無償で支援してくれる プレミアムウォーターの安心サポート月額682 円 プレミアムウォーターの安心サポートサービスは月額682円。 この中にウォーターサーバーの引っ越しサービスが含まれています。 ウォーターサーバーの破損や汚損が発生した場合通常請求される費用が無償でウォーターサーバーを交換• 引っ越し時に古いウォーターサーバーを回収後、新居に新しいウォーターサーバーをお届け。 さらにお水ボトル2本をプレゼント• トラブル駆けつけサポート 24時間、日常生活のトラブルをサポート 3つ目の24時間サポートは鍵のトラブル、ガラスのトラブル、トイレのトラブルなどウォーターサーバーとは関係のない日常生活のトラブルに対応するサービスです。 別途、その都度料金がかかるみたいなので、うーんちょっとなあという感じではありますね。 うるのん アクアValueプラス月々800円 うるのんが提供しているアクアValueプラスはクレジットカードのゴールドカードのような特典がついています。 その中に引っ越しサービスも含まれています。 特典はこんな感じです。 富士急ハイランドなど全国の遊園地・映画館などが最大74%OFF• 全国約23,000のホテル・旅館などがご優待特別価格• 東急ハンズなどショッピングやグルメなどが最大70%OFF• フリーダイヤルで日常生活の相談無料• 引っ越し時、古いサーバーを回収後、新品のサーバーを新住所に設置 完全に別物のサービスという感じです。 引越しサービスはおまけで付いてくる感じですね。 有償の安心サポートについてはこのような感じのサービスなので、それぞれ今使っているウォーターサーバーにサポートがある場合は、サポートに入会するか、自分でウォーターサーバーを運ぶかを検討するの2択になってきますね。 【超重要】ウォーターサーバーを新居に自分で運ぶ場合や引っ越し業者に頼む場合の注意点 お家を引っ越しする時に、ウォーターサーバー会社が搬送をしてくれないパターンで自分で運ばなければいけいない場合どうすればよいかを解説します。 故障の原因にもなるので、重要項目が含んでいるのでウォーターサーバーの引越しを自分でor 引っ越し先がサービス対象エリアかを確認すべし 主要都市などであればほぼ、問題はありませんが、ウォーターサーバーの宅配は 一部エリア外であることも可能性としてはあります。 ですから、引越し先が確定したら早めに問い合わせで今使っているウォーターサーバー会社のサービスエリアかどうかを確認をすることをおすすめします。 そもそも、ここでサービスの対象外エリアの場合解約しなければいけません。 引っ越しギリギリでそれをやってしまうと、色々問題がでてくるので早めに確認しましょう。 【超重要その1】必ずタンクの中の水抜きを行う 引っ越し業者に頼む場合や自分でウォーターサーバーを運ぶ場合、 ウォーターサーバーのタンクに入っている水を必ず抜いておく必要があります。 水抜きはボトルが空になったらOKでしょ?と勘違いしている方も多いのですが、実はボトルが空になってもウォーターサーバーのタンクの中にはまだたっぷりと水が残っています。 それぞれウォーターサーバーはタンクから水を抜く栓がついていたりします。 基本的に、引越しする時に問い合わせをすると、水抜きして下さいとか教えてもらえると思うのでその通りに行う事が大事かと思われます。 【超重要その2】ウォーターサーバー本体は45度以上傾けない様に運び搬送する 水抜きしたウォーターサーバーを運ぶ場合の注意点としては、ウォーターサーバーは45度以上傾けたり横にしてしまうと故障の原因になるということです。 引っ越し業者はウォーターサーバーの専門家ではないのでこのことを知らず横にしてしまったりする可能性もあるので、縦で運んでほしいと依頼したほうが無難でしょう。 また、自分でウォーターサーバーを運ぶ時は、できれば2人で持ち上げたりするのが無難でしょう。 ウォーターサーバーの住所変更を行うのも早めに ウォーターサーバーの引っ越しが完了したら、メーカーの会員ページなどで住所の変更を行いましょう。 これで終了です。 住所変更は水の宅配の問題もあるので、注意が必要。 宅配の7日前までなどに変更しておく必要があります が、めちゃくちゃ面倒ですよね。 正直引っ越しの際自分で運んでっていうのは怠慢じゃない?って思うところもあります。 ウォーターサーバーの引越し時は乗り換えキャンペーンを活用がめちゃお得 引っ越しを自分で行うのも面倒だし、有償のサポートに入るのもお金がかかるから嫌。 そう思うのは当然のことです。 なので、引っ越し時はウォーターサーバーを解約するタイミングであったりもします。 ただ、ウォーターサーバーを解約すると、契約満了の場合は問題ないですが、契約が2年で1年しか使っていなかったとかの場合違約金が発生してしまいます。 うーむ。 八方ふさがり・・・。 しかし、一つ良い方法があります。 ウォーターサーバーの乗り換えキャンペーンを活用するという手段です。 ウォーターサーバーの乗り換えキャンペーンのほとんどが、他社から乗り換えた場合その時に発生する違約金を負担しますという内容のものです。 会社名 乗り換えキャンペーン内容 公式サイト コスモウォーター 現金5,000円キャッシュバック フレシャス 最大16,500円のキャッシュバック プレミアムウォーター MAX16,500円キャッシュバック うるのん 最大8,000円キャッシュバック 乗り換えキャンペーンの詳細については以下ページにて各社のキャンペーン情報をまとめています。 参考: キャンペーン活用がなぜお得なのか。 それと、自分でウォーターサーバーを引っ越しをした時の危険性についても少々語ってみたいと思います。 引っ越し業者にウォーターサーバーを運んでもらうのはお金かかるから まず、「ウォーターサーバーを自分で運んでください」というのはウォーターサーバー業者の対応が悪いということはなく致し方ない事かと思います。 でも、これ実際面倒ですし、引越し業者に頼むと言う事はその分お金もかさむ可能性は高いですよね。 運ぶ時の注意点として、ウォーターサーバーは45度以上傾けないでくださいという注意書きなどもある為、引越しする際は横にせず立てたままにして移動しなければいけないのもネック。 例えばマイカーを使って持っていくのは結構大変だと思うんですよね。 引っ越し時に故障してしまったら責任を取らされる事も 稀にあるトラブルの一つです。 引っ越し業者の運び方雑だったり、自分で運んだ時に水抜きを行っておらずそのまま放置してしまいタンクに細菌が湧いてしまったとか、まあ色々と引っ越し時にやらかしてしまい、ウォーターサーバーが故障してしまった。 この責任って誰にあると思いますか。 ほとんどのウォーターサーバー会社はお客の責任とみなし、サーバーの故障に請求してくることもあるのです。 まあ、よほどの運び方をしないとウォーターサーバーが故障って事はあまりないですが、引っ越し代を支払ったとして、ウォーターサーバーを壊されて、サーバーの修理代を支払うなんてことになったらどこに怒りをぶつけていいかわかりませんよね。 なのでキャンペーンを活用できる立場にいて、気にいったウォーターサーバーがあるなら使わない手はないのかなと思うのです。 サービスで新しいウォーターサーバーを設置します!といっても契約期間が新たにスタートする場合が多い ウォーターサーバー業者によって変わっては来るのですが、引っ越し先に新しいウォーターサーバーを設置してくれるケースがあります(詳しくはキャンペーン活用の部分で説明しています)。 これサービスとしては良いのですが、 ウォーターサーバーを新居に設置した日から契約期間の縛りが復活してしまう。。。 という契約にしている会社もあります。 変更するの面倒だし今のがお気に入りの場合は乗り換えた後にやっぱり前のがよかったと後悔する可能性もあるので継続したほうがよいと思いますが他のウォーターサーバー気になるんだよねと言う方は、この2つの理由から乗り換えも選択肢の一つかなと。 乗り換え時、大事な事としては今現在の契約期間を確認する事。 参考: ウォーターサーバーの契約期間は1~2年のところが多いため乗り換えの場合は、違約金が発生しないかどうかを必ず確認しましょう。 「ウォーターサーバー会社の引越しキャンペーンを活用」と「一括引っ越し見積もり系で安く済ます」どっちがお得? 乗り換えキャンペーンではなくて、引っ越しキャンペーンを行っている時も稀ですがあります。 なので引っ越しの際はチェックしてみるのが良いです。 ただ、この引っ越しキャンペーンはウォーターサーバー会社は契約を引き延ばしたいからやっている作戦。 引越しの時に乗り換えたいという気持ちになる人が多いことくらいは把握しているのでしょう。 引越し時に、「引越しキャンペーン」なるものを用意して、新規契約や継続を勝ち取ろうとしていることがあります。 これは決して悪い事ではなく企業努力してる。 と褒めることはできます。 しかし、実際そのキャンペーンがお得なのか?を考えてみましょう。 キャンペーンでお得になるというのは、例えばお水をプレゼントとか、新しいウォーターサーバーに無料で交換といった類のモノが多いです。 (キャンペーン適用条件としては引越し業者の指定をしていることが多い) 引越し業者の指定がどうも不透明かなと。 料金的にいくらになるかわからないので、お得かどうかが不明なんですよね。 蓋を開けてみたら引っ越し価格が高かったのでは意味がありませんからね。 キャンペーンなので都度、内容は変わりますが引っ越し業者の指定なしで何かしらもらえるなら活用したほうがよいかなと個人的には思ってます。 こういったキャンペーンを活用せず、 自分で引っ越し業者に頼む場合でおすすめなのが、一括の引越し見積もりサービスです。 価格の比較をする為にたくさんの引っ越し業者に見積もりを複数貰うと価格に差が出ることは知られています。 (値段はあってないようなもの的な?) もう知っている人も多いと思うのですが 引っ越しの一括見積もりサイトを使うと値切れますよという話です。 一括見積もりサイトも沢山ありますが、おすすめなのは「引っ越し侍」なんかがよいかと。

次の

導入前に知っておきたい!宅配水の1ヶ月あたりの使用量

ウォーターサーバー 単身

使い放題や定額といった種類です。 水道水を注いで利用するウォーターサーバーです。 1位の理由はコスパの良さ。 同じ定額制と比較しても最安値でした。 これは家計を管理してる人にとって嬉しいですよね。 常温水や高温水も使えるので便利だし、使い勝手の良さはマニアが太鼓判を押します。 個人的には配達対応やボトル管理の手間がないのが嬉しい。 不満な点を言えば給水頻度の多さぐらいでしょうか。 作業自体は水を注ぐだけで簡単なんですが我が家では誰もしてくれません。 とにかく 「安全な水がたっぷり使えて、面倒な手間のない、月々が安いウォーターサーバー」という方におすすめです。 家庭の水道水をサーバー内蔵のフィルタによって不純物や塩素を取り除きます。 直接水道につなぐタイプ(工事が必要)とサーバーに水を注ぐタイプの2種類あります。 定額制や使い放題と言われるウォーターサーバーはこのタイプとなります。 その会社のホームページには自然の写真や画像が掲載されており、天然水をイメージして注文してしまったようです。 ただ、まったくの嘘ではなく原水に天然水を使っていたんですね。 一つの例としてハワイアンウォーターというブランドがあります。 もう名前からして天然水じゃないですか。 その名の通り間違いなくハワイの水を使っています。 ただ汲み上げられたお水はRO処理されます。 そうRO水なんですね。 こういった説明は各社ホームページに必ず記載されています。 パット見のイメージだけで選ぶとこういった失敗をするのでしっかり確認しましょう。 サーバーの機能を知る サーバーの出水操作はこの3つ 【ボタン式】 【レバー式】 【つまみ式】 ボタン式 片手で操作できる 停電時は使用不可 チャイルドロック強度:強 レバー式 ものによってはロックが邪魔 チャイルドロック強度:中 つまみ式 停電時も使用できる(常温) チャイルドロック強度:弱 失敗したという声が多いボトル交換 世のウォーターサーバーの8割以上はボトルを持ち上げるタイプです。 シンプルで慣れれば1番簡単なのですが、 ボトルを持ち上げるのが大変という声が多いようです。 「重たいボトルを持ち上げるのはちょっと・・」という方は足元交換タイプや、扱いやすい軽い容器を採用しているメーカーがいいでしょう。 ボトル交換が簡単な人気メーカー(サーバー名) ボトル交換(下部) コスモウォーター(Smaetプラス) プレミアムウォーター(cado) フレシャス(slat) 軽量パック フレシャス(dewo,dewomini,SIPHON) アクアセレクト(Aqua select life) シンプルウォーター 水道給水 「自動」 ウォータースタンド クールクー 「手動」 アクアバンク ハミングウォーター 費用を知る ウォーターサーバーの料金はこの5つ 月にいくらかかるか計算しましょう 毎月発生する料金は 水代と 基本料金、そして 送料です。 複数の会社と契約するとわかるのですが、レンタル無料だとその分お水料金に上乗せされ、お水が安いとレンタル料がかかるという仕組みがほとんどでした。 中には送料を大きく乗せる会社もありました。 ちなみに60社以上調査しましたが、月額費用は4,000円以下であれば相場より安いです。 4,000円以下を一つの目安にして選ぶのもいいでしょう。 ウォーターサーバーのメンテナンスってなに? サーバー洗浄(引用:) ウォーターサーバーは使用していれば汚れていきます。 外部は拭き掃除ができますが内部は掃除できません。 そのためメンテナンスとして今使ってるサーバーと洗浄殺菌済みのサーバーを交換してもらうわけです。 実施している会社によって条件が異なりますが大体1~3年に一度の交換となります。 赤ちゃんや小さいお子さんがいる家庭、長期間レンタルする予定の方、またズボラな方はメンテナンスを実施しているメーカーを選びましょう。 逆に1年未満の短期利用、もしくは更新毎に違うメーカーに乗り換える予定ならメンテナンスは気にしなくてもいいでしょう。 水を運ぶ手間がなくなった 管理人は以前まではスーパーでミネラルウォーターをまとめ買いしていていました。 定期的に買いに行くのが面倒でなにより重たい水を運ぶのが大変でした。 ウォーターサーバーを利用してからというもの、 車を出す必要もなく重たい荷物を運ぶ手間がなくなりホッとしてます。 今までペットボトルのお水を買っていた人ほど、ウォーターサーバーの利便性が身にしみるのは間違いありません。 管理人は10年以上ウォーターサーバーライフを送っています。 安くない費用に 「贅沢品かも・・」と考えることもありました。 しかし、対価として手間なく冷温水が使える利便性、時間短縮、万が一の時の備蓄水、 なにより家族に安全なお水を与えられるということを考えると、その価値があるものと判断して今も利用しています。 当サイトがあなたのウォーターサーバー選びの一助となれば幸いです。

次の

プロが徹底比較!ウォーターサーバー比較ガイド【2020年最新版】

ウォーターサーバー 単身

やのように、 購入ノルマを設定していないメーカーもあるわ。 その場合、1000円程度のレンタル料がかかるところがほとんどだから、自分はどちらが向いているかよく考えないとね。 設置スペースが必要 機種にもよりますが、 設置するにはだいたい幅・奥行が30~50cmのスペースが必要になります。 ペットボトルの場合は、キッチンの隅の方や倉庫など目立たないところに保管できます。 しかしウォーターサーバーの場合、リビングなど生活動線上に設置してこそ効力を発揮するものなので、設置する場所を確保する必要が出てきますよ。 ボトルの交換が大変 ウォーターサーバーの一般的なボトルの容量は12L。 ということは、先ほどの写真のように 12キロのボトルを交換の度にサーバー上部に設置しなければいけません。 ウォーターサーバーに勝る一番のメリットは、まさにこの低価格と言えるね。 いろんな種類のお水が飲める 今時、お水と言えど、たくさんの銘柄が存在しています。 さらにネットでは、店頭で見かけないような日本各地の名水や海外産のミネラルウォーターも販売されています。 「ウォーターサーバーでは扱っていない銘柄を好んでいる」「一つの銘柄に拘らずいろいろな種類を飲んでみたい」という方におすすめですよ。 必要に応じて購入できる ウォーターサーバーの場合、毎月契約した本数しか手に入れられませんが、ペットボトルだと、 その時々に応じて必要本数分購入することができます。 また、 ノルマもないので、消費量が少ない家庭なら、余らせる心配もいりませんね。 あらためてペットボトルのデメリットも… 最後にもう一度それぞれのメリット・デメリットをおさらいしよう! ウォーターサーバーのメリット• 自宅まで配達してくれる• いつでも冷水と温水が使える• 冷蔵庫のスペースを圧迫しない• 水を飲む習慣が増えて健康的 ウォーターサーバーのデメリット• 値段が高い• 契約以内に解約すると違約金がかかる• ノルマがある• 設置スペースが必要• ボトルの交換が大変• 空のボトルが邪魔 ペットボトルのメリット• とにかく値段が安い• いろんな種類のお水が飲める• 必要に応じて購入できる ペットボトルのデメリット• 持ち帰るのが面倒• 冷蔵庫で冷やしておかないといけない• 飲み終えたペットボトルが邪魔.

次の