ブリーフ ライン。 ブリーフ

「ブリーフをする」とはどういう意味ですか?

ブリーフ ライン

「ブリーフ」は英語の 'brief' から来ています。 要点をかいつまんでまとめる(話す)ことを言います。 記者や政治家・高官などに対して事実関係の説明をすること、またそれに関する注意をすること。 また、ブリーフィングという名詞の形でも良く用います。 もとの英語の意味と、「ブリーフをする」「ブリーフィングをする」の用例を載せますので参考になさって下さい。 brief vt. …に前もって手短に情報を与える, 要点をかいつまんで話す[告げる]. ・He briefed me on it. それについて私にざっと話してくれた. ・be well [badly] briefed about… …について十分[不十分]な報告を聞いている. briefing a. 1 記者・高官などに対する 事実関係の説明, 注意; 説明内容; 説明会. ・at a briefing 説明会で. ・give the President a briefing on… …に関して大統領に説明する. 2 要旨説明, 要領教示, 概況説明, ブリーフィング《ある作戦行動開始前に簡潔に状況説明または任務内容指令を与えること》. (研究社 新英和大辞典) 「ブリーフをする」の用例: それが終わりましたら、6時ごろになるでしょうか、増原副大臣のほうからブリーフをする予定にしておりますので、そのブリーフに間に合うように、今この有識者会議のメンバーとかを至急詰める作業をしておるところです。 1600-17. 00 与党行財政改革推進協議会 終了後本部長と共に記者ブリーフをする。 例えば私の場合は中曾根総理でございますが、彼の場合は、彼が私淑しておられました大平総理を2期、官房副長官をお務めになったんでございますが、必ず外国に行って、記者ブリーフをするときは、政治家魂を持って外務官僚に譲るなと。 「ブリーフィングをする」の用例: 日本の記者がどのような話題に関心をもっているか、あまり知らない人が海外から来て発表するわけですから、事前に日本でどのようなことが話題になっているか、どういった内容に関心をもっているかブリーフィングをすることが重要です。 プレス協会でブリーフィングをする官邸広報官の言葉が聞き取れないとき、聞いている内外の記者たちは、「どこで開催されるのか?」「もう一度、言って欲しい」など、適宜、聞き返す。 国内記者と外国報道陣に別々のブリーフィングをすることが広く行われているが、記者クラブ制度はこの好ましくない... またブリーフィングをする側がその時の聞き手に合わせて情報を提供する可能性を増加させ、 ところでこの学会では、発表に先立ちその日に発表する発表者とその座長が朝食をとりながらブリーフィングをする習わしになっていた。 実はこのブリーフィングで発表前に私が強く感じていた緊張感をかなり和らげることができた。

次の

35才以上限定 おじさんのブリーフ [関東メイン]

ブリーフ ライン

来歴 [ ] にの下着メーカーのクーパーズ社が同地ので売り出したのが最初である。 販売初日の正午までには600着、翌週には1,200着以上、さらに3か月で30,000着を売り上げる大ヒット商品となった。 クーパーズ社の被服、アーサー・ナイブラー(Arthur Kneibler) が前年のにしたもの で、それまでの運動用の下着(や )から派生させ、その機能を訴求するために用の下着から名を取り、ジョッキー(Jockey)という名で販売した。 なお、の名前は120カ国以上の国でとして登録されている。 当時の大の影響で寸前だったクーパーズ社は、この売れ行きで経営を立て直した。 米国ではジョッキーの名前はブリーフの代名詞となる程になり、後にこの商品に肖り、ジョッキー社に社名を変更した。 後、同社は社と並ぶ全米大手男性下着メーカーとなり、1982年には女性下着の製造販売を始めた。 には社がのに似せた水平状の前開きのあるブリーフを発表した。 にでも、ブリーフ型の下着が売り出され、3,000着が毎週売れる ほどまで市場は成長し、のではイギリス代表チームが支給品の1つとして、男性選手にブリーフが1着ずつ配られるほどだった。 イギリスでは、ジョッキーという名前ではなく、Yフロント(Y-fronts)として知られている。 一方、語圏、語圏や語圏などの大陸では、これに当たるものをと呼ぶ。 こちらでは男性用も女性用もスリップということから、女性のショーツ()から、と呼ばれるものまですべてスリップになるので、ブリーフは、「男性用スリップ」と呼ぶ。 やなどのの開発やなどの技術も進歩したことから、下着にが行われたり、頃には伸縮性を持つの生地がブリーフにも導入されるようになり、その後のの登場につながった。 Y字型でないブリーフとしては、トランクスに似た形状の、三角形で女性のに似たビキニブリーフがある。 国内においては、代中頃(昭和30年代)より登場し、流行に敏感な青年層を中心に爆発的に浸透した。 その身体に沿った斬新なデザインとこれまでの下着にはなかった穿き心地や機能性から、若年層を中心に、それまでの既存の男性下着(、、)を駆逐した。 その後、、等の派生商品も登場し、代には全盛期を迎えた。 のYGブランドは同社のプレスリリースによるとに誕生している。 代中頃から青年層を中心にトランクス着用者が増加し始めた。 これは「メーカーがトランクスの普及に力を入れたこと」、「ブリーフのデザインがより過激化して、前開きもない窮屈感を覚えるようなスーパービキニまで行き着いてしまい、逆に、よりリラックスした下着が求められるような環境になったこと」、「スポーツの普及により、人前で着替える機会が増加して下着姿を他人の目に晒す機会が増えて他者とのが求められたこと」、「ブリーフの着用が幼年層から老年層まで満遍なく普及して、下着を自分で選ぶ購買力を持った流行に敏感な青年層が他の世代との差別化を求め始めたこと」、「ズボンを穿いた時に下着の線が露出しないこと」、「女性の発言力が増して、女性からの視点で下着選びの選択肢が増えたこと」、「トランクスがブリーフと違い、下着然と見えにくく部屋着として使用できること」などから、これまでの男性下着として画一化したブリーフとの差別化を進める上でトランクスが普及し始めた環境となっていた。 ので、をされ、ブリーフに姿で後ろ手に錠を這わされて連行されるの様子が新聞の一面で報道され、世間の耳目を集めたことで、日本でのブリーフ人気に終止符を打った。 社のブリーフは特徴のあるデザインで当時の人気ブランドとなっていたが、雑誌の記事や投稿欄ではこの事件について溢れ、ブリーフ姿で連行される姿が異様に見えて、自分のブリーフ姿をオーバーラップさせて、その嫌悪感からカラーブリーフやビキニブリーフ、トランクスに変える人が増えたとの報道も流れた。 現在ではのボクサーブリーフなどの男性用高級下着が認知され、ブリーフも海外のデザイン性、性の高いものがネットを中心に販売されており、グンゼ、BVD( といった日本の大手企業も相次いで若者向けの商品を販売している。 現在はクラシックな形状からローライズブリーフ、セミビキニブリーフなどが主力になりつつある。 子供用でも「白ブリーフ」ではなくカラーブリーフやプリント柄物などが多く流通するようになった。 種類 [ ] 白ブリーフ [ ] シャルレのスタンダード・ブリーフ 名前の通り生地がから名付けられた。 正式な商品名として使用されることはめったにない。 ではブリーフをで "tighty-whiteys" とも呼び、白色がブリーフの標準色だった。 元々ブリーフといえば白ブリーフを指すことが多く、メーカーの生産も白色が主力商品としていた。 これは、清潔感を求められる下着は汚れがすぐ判るよう白色とする社会的が存在していたからである。 時代が下着にファッション性を求めるようになったことから、画一化された白ブリーフ離れが始まるようになった。 大手男性下着メーカーのグンゼがより男児用トランクスの出荷を始め、下着の種類が多様化したことでYGブランドを開始した時のようなブリーフの積極的な販促活動は行われなくなった。 トランクス等のカラフルな下着が普及するようになると、日本の多くの若い女性の間では白ブリーフは母親が息子に買い与える下着として、白ブリーフを着用する男性は「性的に未熟」であるとのが広まってしまった。 このため白ブリーフは自らの下着を自分で選択できない性的に成熟しない人であり「」などステレオタイプなイメージを与えたしまうことや、ファッション感性のない中高年のような存在として侮蔑の意味を持つように思われるようになったことから、若い男性の間では白ブリーフ離れが著しくなった。 カラーブリーフ [ ] 第二次世界大戦中、に送られた用の下着として、洗濯物を干す際に敵からのでオリーブ色のブリーフが製造されたが、一般に商用化されたのはにジョッキー社が手法として、それまで白色のみのブリーフのカラー化戦略を打ち出し、下着のファッション化の販促を行ったことから始まった。 従来のものとはスタイルなどが大きく異なることはなく、生地がややなどのカラーであることと、そのため汚れていても汚れが目立たないことが特徴であり、日本ではブリーフが登場した頃より存在していた。 当時の社会では、まだ下着は白色との意識が強く、広く普及するまでには至らなかった。 1970年代末頃よりビキニブリーフなどが登場し、下着にも実用性からファッション性が加味されるにつれて大胆な色彩を用いたブリーフなども多く登場するようになり、市場で容認されるように至った。 ビキニブリーフ [ ]• 『下着の文化史』• 『ふんどしの話』 、(ISBN-13 978-4-915806-18-6)• 『褌ものがたり』 、(ISBN-13 978-4-88302-522-0)• 『パンツの面目ふんどしの沽券』 、• 『時代風俗考証事典』 河出書房新社、2001年1月、• ワコール宣伝部 『実用版 下着おもしろ雑学事典』 、1986年9月、(ISBN-13 978-4-06-202559-1)• 『性的倒錯-恋愛の精神病理学』• 『パンツが見える。 --羞恥心の現代史』 、、 関連項目 [ ].

次の

ブリーフ

ブリーフ ライン

質問一覧• 韓国政府の発表を事実であるかのように報道するのでしょうか? そして、事前と冒頭に「説明会」であることを確認・合意し、説明会終了前には一定の時間をかけて「ブリーフライン」も合意した上で、課長が記者説明したのに、それを... タイツのような衣装(ブリーフラインが見える)もBSで見た、リオの公演のと同じで 曲目も、両国旗をまといかか げるのも似てますが、どっちも同時期の公演なのでしょうか... サッカー選手が履くようなブリーフ スポーツブリーフというのでしょうか が欲しいです。 色は白がいいです。 ドンキホーテで探してもなかなか見つからなかったので、スポーツブリーフが売っているお店を知っている方、お店の名... ブリーフをはきたいなとおもっています。 だけど大人用だとジジくさい。 大人用は勇気を... うか? 一部、スパッツの選手もいますが、ブリーフラインが出ている選手が多く見られます。 誰か、教えて下さい。...

次の