自己 愛 性 人格 障害 と は。 自己愛性人格障害者を見抜く方法はあるのか!?―超絶ニコニコ顔

必見!自己愛性人格障害者の弱点は2つある

自己 愛 性 人格 障害 と は

他人に嫌がらせをする自己愛性人格障害の人でも、他人からされると嫌がることがあります。 嫌がることをして、自分の心の負担を減らす様に対処する事も必要です。 嫌がること:敵が多い 自己愛性人格障害の人が嫌がらせのターゲットにする人は、仲間が居ない様に見える上に自信が無さそうな人である場合が多いです。 その為、実際は仲が良い友達がたくさん居て自分に自信がある事をアピールすると嫌な気分になって関わろうとしなくなります。 嫌がること:録音される 自己愛性人格障害の人は自分の都合の良い状況になる様に簡単に嘘を付きます。 その為「会話をICレコーダーで録音しています」と言っただけでも嫌がります。 自己愛性人格障害の人の息がかかってない第三者を交えて会話をする事も嫌がります。 一対一の話し合いの場合は言ってない事を「あの時こう言っただろう」と嘘をついて自分が正しい事を主張しますが、第三者を加えると「あの時はそんな事は言ってなかった」と否定する事が出来ます。 嘘が通用しない状況は自己愛性人格障害の人にとっては嫌な状況です。 嫌がること:無視される いつも中心に居たい、注目されたいと思っている自己愛性人格障害の人は無視される事を最も嫌がります。 しかし露骨に無視をすると自尊心に傷が付き、被害者として復讐しようとする場合があります。 その為、「話は聞いているけれど全て真実だとは思っていない」と、話を聞き流している態度を取ると、自己愛性人格障害の人は嫌がり、積極的に接してこなくなります。 嫌がること:他人の幸せ 自己愛性人格障害の人は他人の幸せを苦痛に感じ、脆い自尊心が傷付きます。 特に見下していた相手が幸せになると非常に傷付きます。 自己愛性人格障害の人に嫌がらせを受けた為に復讐したいと思った場合は、自分が幸せな状態になって、何を言われても無視するという対処を取るだけで十分復讐になります。

次の

自己愛性人格障害のひとが人を必死でつぶす理由とは??

自己 愛 性 人格 障害 と は

Contents• みなさんは、相手に対して、 ・??? ・ん? ・何?この人? ・変わってるなあ? という程度のものなら抱いた経験があると思いますが、その時、用心のために相手を 自己愛性人格障害者だと疑うことは必須です。 人間が持っている目に見えるあらゆるものです。 自己愛性人格障害者は自分を支える 自我・人格の代わりにそれらのモノと賞賛の言葉を入手しようとしますが、そのためのブキが 初対面での 超絶ニコニコ顔なのです。 この時点で気づいた人もいると思いますが、まさに オレオレサギや 架空請求業者や 何とかサギのグループが死に物狂いで考えた サギの手法と同じ事を自己愛性人格障害者がやっている、ということなのです。 あの卑劣な犯罪者と同じことをやっているのが自己愛性人格障害者という訳なのです。 2019-12-08 00:03 サギ罪はあらゆる犯罪の中で一番立証が難しいと言われていますが、なるほど!そうでしょう。 サギは自己愛性人格障害者がやっているのですから、 目に見えることは絶対にやらないから客観的な証拠は残しませんので立証するのに困難を極めるわけです。 自己愛性人格障害者がそばに居るだけで、否応なく、本能丸出しのサギ師との闘いを強いられた状況なのです。 あなたはすでにリングに上がらされ、ゴングはすでに鳴った後なのです。 だから、自己愛性人格障害者は、常時臨戦態勢なので ハイテンション状態です。 (よおく観察すると。。 これが、あのウザイ 自慢話の正体です。 ) 人の持ち物については上には上がいくらでも居ますが、能力の低い?庶民家庭出身の?自己愛性人格障害者は、 上のモノを手に入れるために 画策します。 これが自己愛性人格障害者お得意の(十八番の) 根回し術です。 しかし、自己愛性人格障害者の根回し術をもってしても、自分よりはるかに 上の美貌・家柄・能力等々を持っている人間を自分より 下にもっていけない時、自己愛性人格障害者は相手に言葉をブキにして斬りつけるのです。 これが、あの残酷な 人格攻撃の正体です。 自己愛性人格障害者は周囲の人間を 召使か奴隷だと思っていますから、まだ 敵認定されていない召使・奴隷でも自分より 上のモノを持っていると、 自分聖人説タゲ極悪人説を流布して自分が上になろうとします。 これが、あの残酷な集団による 仲間はずしの正体です。 ・幼いと感じた(若く見えた)。 ・ニコニコしすぎている(ってヘン!)と感じた。 ・魅力あるように思った(が共感した訳ではない) というふうに感じた人は居なかったでしょうか? まだサイコパシー度の高い自己愛性人格障害者らしき人とは出会ったことがない人は、最初の出会いの時に 自己愛性人格障害者はどんな話をすると思いますか? 自己愛性人格障害者やサイコパス(反社会性人格障害者)は普通に入社試験を受けて合格して、普通の人々の中に(人間社会に)混ざって入社してきます。 私たち人間は自分の生活を豊かにするために労働の対価を得、人生を豊かにするために人間関係を築こうとします。 自己愛性人格障害者から見た私たち人間は、最初から自己愛性人格障害者のエサなのですから、彼らは人間をどうやって捕獲するかだけを考えて私たちに近づいてくるのです。 そうすると自己愛性人格障害者がどんな話をしてくるかが想像できると思います。 エサである人間から自分に近づいてくるようにするため、エサが自分から離れられないようにするために、人間の良い感情と悪い感情を引き出して利用するために言葉を駆使します。 天性の才能を持っていますね。 (そういうイキモノなのですから本能でしょう。 ) さて、 私たちはどんな感情を持っているでしょうか。 脳科学者の中野信子さんが『サイコパシーはニコニコしすぎる・さわやか過ぎる』とおっしゃっていますが。。 自己愛性人格障害者はパラサイト(寄生虫)だと考えてください。 残酷な話ですが肉汁をジュルジュルーッと吸われて皮だけが残って紙で作った着せ替え人形のようになってしまいます。 と言っていました。 編集でカットされた部分があったとしても、一発で相手を(自己愛性人格障害者?ナルシシストの部分を)見抜いておられましたね。 自己愛性人格障害者の特徴はすでに少し書きましたがさらに書いてみますね。 (ちょっと重複しています) 人間関係の中では、最初は、お互いに自己紹介した後、天気や病気、子どもの学校や親の介護などの話題になるでしょう(主婦の場合)し、OL・サラリーマンなら、ゴルフや知己のこと、軽~く仕事のことなどの話になるでしょう。 さて、 自己愛性人格障害者と縁を結ばないために自己愛性人格障害者だと見抜く必要がある訳ですが 不幸話をしてくるかどうかです。 (相当怪しい~。 実印は預けられませんね。 ・あなたなら私を理解してくれそう。。 ( いきなりパーソナルスペースに入ってくる人は障害者であるというのは介護ヘルパーさんを初め一般的にも割りに知られている事ですね) 等々と口走ったりしたなら、とにかく疑うことにして用心して縁を結ばないようにしなければなりません。 AHOそう。。 容赦なき人格否定 自己愛性人格障害者に遭遇してから時間が経ってくると、会議があったり等して仕事上で関わるようになります。 自己愛性人格障害者は自分のミスを100%の確立で 責任転嫁しますから、それを追求すると100%の確立で 論点ずらしをしたり 『そういうつもりで言ったんじゃない』と言う等して 言い訳します。 (見事です! 罪悪感を持っていないからできる芸当です!) そして、 あなたはその言い訳に 反論したことでしょう。 ) ・自己愛性人格障害者が人を褒める(認める)ことは100%ない。 ・自己愛性人格障害者は、他人の能力を絶対に認めない。 認められない。 これが一番怖いかもしれませんよ)。 ターゲット: (恥ずかしさでコワバッタ怖い顔になっている) かくして何も知らない大勢の社員達は、 ・ ニコニコ顔の自己愛ハンニャを良い人 ・ 怖い顔のターゲットを出来の悪い人 だと評価してしまうのです。 自己愛性人格障害者は、相手の人格否定と同時に 自分聖人説・ ターゲット極悪人説を 一瞬にして流布してしまうのです(怖いです~)。 こういう事にならないように、自己愛性人格障害者と話す時は(業務上のことは特に)メンドクサくても全部 録音しておかねばなりません。 また お金を出すのがイヤなん?と 論点ずらしをされても咄嗟にソコを指摘できるようにもなっておかねばなりません。 とにかく会社関係のお知らせや報告と言えども、自己愛性人格障害者と一対一で話してはいけません。 (まともな) 第三者がいる時か 録音するか メールや文書で指示をもらうかして 客観的な証拠となり得るものを残しておかねばなりません。 (というメンドクサイ事をする必要があるのです。 ) 入学・入社には脳波結果とMRI画像が必須 自己愛性人格障害者は、クスリやってる人の脳波・MRI画像と同じような結果が見られるという。 海馬も縮小しているという( アルツハイマー症の人とおんなじ。 前頭葉の機能障害とも言われ、健常者の脳波とは全く異なる脳波を持っているとのこと)。 (コワイコワイ、隔離せなアカンやん) 違法なクスリがあれだけ世間を騒がしている理由は、人間の 人格を破壊し廃人にしてしまうオソロシイものだからですね。 そうすると、クスリやってるヤツと同じ脳のMRI画像・脳波をもつサイコパシー度の高い自己愛性人格障害者も、取り締まり対象になっても良かろうと考えてしまいます。 (やはり、国会で取り上げざるを得ない位、世間に周知・認知される必要がありますかねえ) 企業の人事部長さま 前略 貴社の入社試験の際には、健康診断にぜひMRI画像撮影・脳波検査を織り込んでいただけますことを念願いたします。 あなたの直感と 相手に対する違和感と 知識とを持ってすればMRI画像・脳波検査には及ばずとも直感的に アレがそうや!と分かるのです。 知は力なりと申します。 精神科医を目指すくらいの勢いで知識を得、 あなたの直感を医学的根拠で裏付けていくと相手を自己愛性人格障害者だと断定できるようになれます。 2,390件のビュー• 1,526件のビュー• 1,330件のビュー• 1,267件のビュー• 690件のビュー• 587件のビュー• 447件のビュー• 430件のビュー• 409件のビュー• 385件のビュー• 371件のビュー• 367件のビュー• 359件のビュー• 340件のビュー• 331件のビュー• 329件のビュー• 326件のビュー• 325件のビュー• 320件のビュー• 315件のビュー• 310件のビュー• 307件のビュー• 297件のビュー• 266件のビュー• 265件のビュー• 265件のビュー• 259件のビュー• 239件のビュー• 217件のビュー• 207件のビュー.

次の

自己愛性人格障害者の末路

自己 愛 性 人格 障害 と は

Contents• 自己愛性パーソナリティ障害の人の人生の最後は孤独のみ 自己愛性パーソナリティ障害の人は、いつでも自分のことしか頭に入らないので、人を本当の意味で愛することができません。 また、他者が自分と同じように、さまざまな感情や考え方を持つ人間であることを認めることも不可能です。 このような思考なので自己愛性パーソナリティ障害の人は、家庭や職場などのどこの場所でも、うまく人間関係が築くことに支障がでてきます。 自己愛性パーソナリティ障害の人は家族を崩壊させる 自己愛性パーソナリティ障害の人は、夫婦だから自分の気持ちを満足させるように振る舞うことが当然と考えています。 いわゆるモラハラです。 そのため、相手に自分のやり方を押し付けるので夫婦関係は悪化していきます。 そして、配偶者から別居または離婚を切り出され、家族は離散します。 自己愛性パーソナリティ障害の体験談 自分しか考えていない会話は一切ない 元夫の家族は個々で生きていく考えを持って生活している一家でした。 さらに義両親は毒親だったので、家族が病気や怪我をしても助け合っていく思考は持っていませんでした。 このような一家だったため、基本、義両親は各自の部屋にいるため、夫婦の会話は最低限の会話しません。 お互いの顔を合わせるのは食事のときだけです。 そのときも会話が最低限のみで、家族で話す日常の会話はありません。 自己愛性パーソナリティ障害の体験談 家が建った場所さえ知らない義父 義父は定年までは仕事一筋の人で、家庭のことには無関心でした。 義母は非常にプライドが高かく、一軒家に住み、子供が2人いる「世間が認める幸せな家庭」から外れることを恐れており、子どもを2人生み、一軒家を建てました。 この家を建てる時も、義父は義母任せにしているので、家が出来上がるまで何一つ知らなかったとの事です。 自己愛性パーソナリティ障害の体験談 毒親の影響で子どもは偏った性格 義父も子ども嫌いだったので、仕事を理由に寝に帰る毎日を送った生活をしていました。 そのため、子どもが交通事故をしたときでも、家庭を任された義母一人行なっていました。 また、義母はもともと自分の欲望のために子どもを生んだだけなので、子どもは好きではありませんでした。 育児も自分が幼い頃にできなかったことを押し付けたり、褒めずに叱って育てる方針でした。 このように育った元夫と義弟は、とても性格が偏ってます。 会社でも自分本位の考え方で動いています。 親に対しても、お金をせびるときしか実家に帰ることはしません。 結局、2人も離婚しています。 自己愛性パーソナリティ障害の体験談 義父の影響で義母は長年のうつ病 義母は家事や育児に非協力的で相談にも乗らなかった義父の側にいたことから「うつ病」になりました。 義母は何十年もうつ病の薬を飲んでいるため、完全に薬に依存するようになっています。 薬を飲んでいるときは心は落ち着いていますが、呂律が回らなかったり、1日中寝込んでいたりし、活動することができません。 また、長年、強めの抗うつ薬を飲み続けているので、かなり依存しており、手元にないとパニックを起こすことがあります。 このように気の毒な状況になっている義母ですが、義父は何十年も一緒にいても理解できず、逆に自分の思い通りに家庭が回らないため、常に苛立っている様子があります。 臨床心理士によると、今後の義母はうつ病が治ることがないと診断されたことがあったので、このまま薬に依存したまま人生を終わりを迎えるのではないでしょうか。 そして、義父は今までしてきた仕打ちが倍になって戻り、うつ病になった義母と高次脳機能障害になった元夫の介護、トラブルを起こすたびに実家に戻ってくる義弟一家の対応で人生が終わるのではないでしょうか。 このような現状を見ていくと、自己愛性パーソナリティ障害があるタイプの方がいる家庭は、家族崩壊はしていくでしょう。 なぜなら、元夫の家族はこのような状態になっても、皆自分のことしか見えていないため、家族が協力し合って生きていく姿勢は全く感じないからです。 そして義母のように自分の意思が弱く相手に依存する人の場合は、離婚できずうつ病になっていきます。 2019-06-06 20:00 自己愛性パーソナリティ障害の人は人望がないから一人になる 自己愛性パーソナリティ障害の特徴で、自分を認めてもらいたいことから何度も同じ功績話をします。 若いうちは自分の功績話をしていれば、人は魅力に感じ集まってきます。 でも時が過ぎれば、その功績話も古くなり、時代遅れをなります。 次第に聞いている人はその話にうんざりしてしまい去っていきます。 そして、周りを見渡せば職場の同僚などは去っていき、家族か、あるいは自分の親しか残らないでしょう。 しかし、家族にはモラハラな態度をしている自己愛性パーソナリティ障害の方の場合は、家族から見放され離婚する傾向がとてもあります。 そのことから、残るのは自分の親だけになります。 ほとんどの親は自分より先に逝くため、親がいなくなったあとの自己愛性人格障害の人は、人望がないことから社会から取り残され、最後は孤独になるでしょう。 ただし、自己愛性パーソナリティ障害の人は「自分は有能で他の人が自分より怠っている」と思っているので、自分は嫌われて離れていくことを分かっていません。 何も感じず、気づかず人生を終えていきます。 自己愛性パーソナリティ障害の体験談 社長だった義父は友人が誰一人いない 義父は医療系の会社で社長をしており、非常に幅広い人間関係を築いていました。 しかし、定年後は、人間関係がわずらわしいと言い、自ら人との付き合いを絶ちました。 元夫が脳出血に倒れたその後、脳出血が再発しないための予防する手術することが決まり、その話を担当医とソーシャルワーカー、筆者、義両親で話し合いになりました。 すると、義父は自分のネットワークを使って手術をする病院や術後のリハビリ病院を決めたいと皆に伝えてました。 けれども、義父の思いを今まで付き合いがあった人たちに話をしても、聞くだけで特別な対応を誰もしてくれることはありませんでした。 特別な対応をしてくれると思っていた義父は周りの人たちが自分の思い通りにしてくれないことで、この時期の義父の苛立ちはとてもすごかったです。 結局、手続きギリギリに、医者から提案された今まで通っていた病院で手術とリハビリすることになりました。 また、元夫は脳出血してから何度も転院を繰り返し、何度か手術や転院の話がありましたが、義父にアドバイスする友人はいませんでした。 おそらく、今まで義父と付き合いがった人たちは、自分のことしか考えていない義父のことを見抜いてました。 なので、引退し会社の権限がなくなった義父に媚びる必要もないので、一緒に働いていた人たちは去っていったのでしょう。 現役時代はかなりの幅広い人脈を持っていたことが不思議です。 この体験から、筆者は自己愛性パーソナリティ障害の人の最後は孤独になると確信し、老後になれば社会から離れがちになり、本当に一人になったときは孤独死もあるでしょう。 自己愛性パーソナリティ障害者とは関わらないように対応 自己愛性パーソナリティ障害の人の末路が分かっていても、なかなか離れることが難しく今苦しんでいる人が多いでしょう。 モラハラされてる人は毎日執拗にされるので辛いはずです。 そのような自己愛性パーソナリティ障害の人に有効な対応方法は、できるだけ関わらないようにすることです。 なぜなら、この障害の特徴で、ターゲットされた人はどこまでも付きまとう傾向があるからです。 ターゲットされた方に何かしら反応すると、自己愛性パーソナリティ障害の方もそれを楽しんだり、激昂したりして対応してきます。 そのため、対応させないためにも、できるだけ関わらないようにして、関わってきても無反応に近い対応をするようにしましょう。 筆者は義父と話すと怒るか、揚げ足をとられました。 そして、頼まれたことで自分の思い通りにならないと苛立ち、何かと文句を言われました。 とくにお金の話はしつこかったです。 連絡も極力取ることも避けました。 すると八つ当たりしても楽しくないのか、義父からの連絡の回数も減っていきました。 自己愛性パーソナリティ障害の人への対応は難しいことが現実 自己愛性パーソナリティ障害の方とできるだけ関わらないようにしても、相手から何度も寄ってくることがあります。 筆者も経験しましたが、かなり執拗に続き、こちらが精神的に参るほどです。 このように自己愛性パーソナリティ障害の方と関わらないように対応していても、執拗に相手が絡んでくるので、関わらないようにすることもなかなか大変です。 先に自分自身が疲れてしまい根をあげてしまうと、ますますターゲットにされもっとボロボロな状態になりますので、諦めないでください。 あまりにも状態に辛かったり、嫌気を感じている場合は、臨床心理士に相談してください。 筆者は元夫が入院した病院でも義父の思考が一般常識外だったので、医師と含めた家族での話し合いをする時は臨床心理士が親での接し方を事前にソーシャルワーカーに指示し、話を進めていったほどです。 また臨床心理士から自分に合った義父との接し方などを一緒に探りながら見つけていきました。 このように臨床心理に相談すると、自分に合った解決方法を探してくれアドバイスをもらえるので、相談するようにしてください。 とくにココナラの はスマホやパソコンがあれば好きな場所と時間、料金帯で相談ができるのでオススメです。 病院でのカウンセリングだとかなり時間を待たせられたり、すごく辛いときでも予約した日まで待たなければなりません。 の場合は登録カウンセラーが1万人以上なので、本当に辛いときにすぐに相談できるので助かります。 それも病院より低料金であったり、匿名で相談ができます。 誰かに話を聞いて欲しい人でも無料会員登録をするだけで利用できるので、ぜひ相談してみてください。 \国内最大級の相談実績!ココナラ【カウンセリング】/.

次の