701 スーパー モト。 FEATURE1 いぶし銀な選択 ~ ハスクバーナ 701スーパーモト

ハスクバーナ、 701スーパーモト と 701エンデューロ の2019年モデルを発売

701 スーパー モト

ホンダ 300• ヤマハ 769• スズキ 834• カワサキ 287• 国内メーカーその他 0• ハーレーダビッドソン 35• ドゥカティ 13• BMW 13• KTM 42• トライアンフ 28• SYM 0• ベスパ 0• アプリリア 6• キムコ 3• プジョー 0• PGO 0• モトグッチ 28• ビューエル 0• MV アグスタ 4• アディバ 0• ロイヤルエンフィールド 2• ハスクバーナ 3• ピアジオ 0• デイリン 0• マラグーティ 0• ジレラ 4• BRP 1• Aモーター 0• クリーブランド 0• ベータ 0• その他 2• トライク 0• 電動スクーター 0• スノーモービル 0• TGB 0• イタルジェット 0• ノートン 0• インディアン 0• デルビ 0• メガリ 0• スネークモータース 0• ザックス 0• ガスガス 0• プロッツァ 0• ハートフォード 0• ビモータ 1• トモス 0• 富士重工 0• エルエムエル 0• ヴィクトリー 0• カジバ 0• モト・モリーニ 0• ロードホッパー 0• ATV バギー 0• SWM 0• テラモーターズ 0• ラベルダ 0• ノメル 0• ヒョースン 0• アクセス 0• オーヴァークリエイティブ 0• パジャジ 0• 海外メーカーその他 0• 除雪機 0• TM 0• MZ 0• モンテッサ 0• BSA 0• ベネリ 0• ソレックス 0• フサベル 0• ランブレッタ 0• ブリヂストン 0• リエフ 0• ポケバイ 0• ロデオモーターサイクル 0• ダイハツ 0• セーガレ 0• スコルパ 0• MBK 0• モトベガン 0• VOR 0• AJP 0• ウラルモト 1• GPX 0• アタラ 0• アエルマッキ 0• デンリン 0• 東京マルイ 0• フェニックス 0• ボスホス 0• TVS 0• ベルティマーティ 0• ファンティック 11• マットモーターサイクルズ 0• ブルタコ 0• シェルコ 0• アパックスパワー 0• ヨシムラ 0• モリワキ 0• メグロ 0• CPI 0• サンモーターサイクルズ 0• マーニ 0• モンディアル 0• エフワイエム 0• ヤディア 0• シンユー 0• ジョンウェイ 0• ボスアー 0• CKファクトリー 0• ウエストコーストチョッパーズ 0• 原付スクーター 0• 原付二種スクーター 0• ビッグスクーター 0• ミニバイク 0• ストリート 0• クラシックタイプ 0• ネイキッド 0• ツアラー 0• 海外メーカー 3• ビジネスバイク 0• 4stミニ/ミニモト 0• 絶版名車 〜1979年 0• 絶版名車 1980年〜 0• ビンテージモトクロス 0• ダートトラック 0• トライアル 0• ストリートファイター 0• カフェレーサー 0• ローライダー/チョッパー 0• ニュースクール/ウォンウォン系 0• トライク/サイドカー 0• ビルド/フルカスタム 0• アドベンチャー/ビッグオフ 0• モトクロッサー 0• エンデュランサー 0• ネオクラシック 0• 3輪バイク 0• モペッド 0• 北海道 0• 北海道 0• 東北 0• 青森県 0• 岩手県 0• 宮城県 0• 秋田県 0• 山形県 0• 福島県 0• 関東 0• 茨城県 0• 栃木県 0• 群馬県 0• 埼玉県 0• 千葉県 0• 東京都 0• 神奈川県 0• 北陸・甲信越 0• 新潟県 0• 長野県 0• 山梨県 0• 富山県 0• 石川県 0• 福井県 0• 東海 0• 静岡県 0• 岐阜県 0• 愛知県 0• 三重県 0• 関西 3• 大阪府 2• 東大阪市 2• 京都府 1• 京都市山科区 1• 滋賀県 0• 兵庫県 0• 奈良県 0• 和歌山県 0• 中国 0• 鳥取県 0• 島根県 0• 岡山県 0• 広島県 0• 山口県 0• 四国 0• 香川県 0• 高知県 0• 徳島県 0• 愛媛県 0• 九州・沖縄 0• 福岡県 0• 佐賀県 0• 長崎県 0• 大分県 0• 熊本県 0• 宮崎県 0• 鹿児島県 0• 沖縄県 0.

次の

モタード(スーパーモト)に強いショップ紹介

701 スーパー モト

4輪風に言うならホットハッチ、あるいはライトウェイトスポーツ。 「ハスクバーナの701スーパーモトってどんなバイク?」と聞かれれば、そう答えるのが分かりやすい。 正確にカテゴライズするならオンもオフもこなせるスーパーモタードがそれに当たるものの、そういうニッチな枠組みに縛るより刺激的なピュアスポーツとしてとらえると新しい選択肢の1台になり得るだろう。 しかも、ハスクバーナが送り出すプロダクツは性能のみならず、所有欲を満たす嗜好品としての色合いも強い。 それは王室向けの銃製造メーカーだったそもそもの成り立ちが無関係ではなく、創業された17世紀当時から貫かれてきた社是のひとつだ。 つまり、機械としての信頼性はもちろんのこと、いかにプレミアムであるべきか。 そういう高い美意識が随所に散りばめられているからである。 そんなハスクバーナが2輪を手掛けるようになったのは1903年からのことで、当時の軍用モデルが抜きん出た走破性を見せたことがきっかけとなり、一躍その名が知れ渡った。 戦いの舞台をレースに移してもそれは変わらず、第2次世界大戦後はエンデューロやモトクロスという実戦の場で数々のタイトルを獲得。 しかも4ストローク全盛の時代には2ストロークを、2ストロークが主流になると今度は4ストロークを投入するなど、常識にとらわれない姿勢で最前線に立ち続け、それによってハスクバーナらしさ、ひいては技術立国というスウェーデンのイメージの一端を担ってきたのである。 ヨーロッパの多くの2輪ブランドが陥ったように近年は一時低迷。 紆余曲折の時期を余儀なくされたものの、2013年にKTMの傘下に入ることで経営基盤の安定化が図られた。 以来、新型モデルはもちろん、コンセプトモデルも積極的に発表し、ついにはモトGP(モト3クラス)やダカールラリーにも進出を果たすなど、実に巧みなブランディングでその勢いをアピールし続けているのだ。 ハスクバーナのロゴマークが浮き彫られたケースカバーは往年のハスクカラーとなる。 ボディカラーも含めてKTMはハスクバーナをよく理解している。 701スーパーモトはそんな新生ハスクバーナが送り込んできた最新のストリートモデルである。 それでいてライド・バイ・ワイヤによるスロットルやパワーアシスト機能を持つクラッチがイージーな操作も実現してくれているため、ひたすらコーナリングに没頭できるのだ。 そこにあるのはライディングの質を高めるために加えられ、あるいは削ぎ落とされた装備とカタチ。 機能美という言葉の意味をハスクバーナは知り尽くしているのである。

次の

FEATURE1 いぶし銀な選択 ~ ハスクバーナ 701スーパーモト

701 スーパー モト

購入動機 KTM690を所有していた時期が1年くらいありました。 もう一度単気筒に乗ってみたくなり、KTMのSMCより色の使い方が気に入りハスクバーナにしました。 690エンジンの改良型ということもあってそのことも購入の決め手になりました。 長所・満足している点 1000km乗って慣らしが終了したので、少し回転上げ走ってみました。 慣らし中は、前乗っていたセローとあまり変わらない感じでしたが、さすがに690ccあるのでトルク感がぜんぜん違いました。 最近10Rばかり乗っていて、やっぱりバイクは4気筒だと思っていたので、久しぶりの単気筒の振動に耐えれるかと思いましたが、意外に気になるほど凄くなかった。 SSの過激な加速感も魅力ですが、アクセル開けても扱いきれそうなほど良い加速感も気持ちいいことがわかりました。 短所・不満な点 足つきの件は片足つま先しか着きませんが、車重が軽いためあまり気にならないようになってきました。 サイドスタンドが少し長すぎる感じで駐車する時は気を使います。 立ちすぎているため風の強い日は心配になります。 サイドスタンド15mmくらいカットしてもらいました。 傾きもいいくらいになりました。 今までは乗る前にスタンド払って、降りてからスタンド立てていましたが場所によっては今までのバイクと同じに、降りる前にスタンド出したり、乗ってからスタンドはらえるようになりました。 なのでついでにスタンドフックも溶接して頂きました。 用途・思い出、これから買う人へのアドバイス 初めてのモタードですが、乗っていて楽しくなってきます。 軽さは正義だと思います。 どこにでも気軽に入っていけるバイクは最高です。 今までは足つきの件でシートの高いバイクは敬遠していましたが、このバイクは別格です足つきの欠点までも犠牲にしても乗っていて楽しいバイクです。 今後のカスタムプラン アクラボビッチスリップオンマフラー交換してから、エンジンストールが出るようになったので、メーカーオプションのマップ書き換えをしました。 結果エンブレが凄く滑らかになって乗りやすくなりました。 アフターファイヤーもたまに出ていたので燃調が合っていなかったみたいで、マップ書き換えてからは全然出なくなりました。 とりあえずストールしなくなったのでこれでいいのかもしれませんが、オプションパーツの開放型エアクリーナーBOXと、2次エアーカットのフタは注文しました。 今現時点の調子は結構いい感じです。 購入動機 モタードが好きで、昔からハスクに乗りたかった。 それまでのラインナップがほぼレーサーでメンテサイクル等の問題で悩んでいたが、ちょうどいいタイミングで701が発売されたので購入。 ほぼ毎日通勤で使用。 長所・満足している点 やはり車重の軽さとパンチの効いた加速。 峠ではSSにも引けを取らない走りが出来ます。 過去ドゥカティの1000ccに乗っていましたが、それよりも速いです。 後は、とにかく人と被らない。 バイク自体もそうですが、アパレルなどもオシャレです。 短所・不満な点 不満はなし。 モタードに足つきや積載は求める部分ではないので。 シートや振動も同じく。 モタードを買うのであればその部分は理解した上だと思います。 用途・思い出、これから買う人へのアドバイス 値は張りますが、それだけの価値はあるバイクです。 ガンガン攻めたい人や、人と被りたくない人にはオススメです。 今後のカスタムプラン 購入動機 モタード走行ができる最高峰バイクです。 まだ走ってはいませんがサーキットで走ってみたいです。 長所・満足している点 上り坂でもぐいぐい上ります(リアスプロケを3丁あげてます) 13Lも入るのでツーリングでも重宝します 短所・不満な点 軽いとはいえ燃料がシートの下にあり、車体を持ち上げて向きを変えるときに、ほぼあげることができません。 引きずるのが精一杯です。 この車両と同じベースのエンヂューロがありますが。 車体を持ち上げて向きを変えれないのは辛いです。。。 用途・思い出、これから買う人へのアドバイス 外車なので、何かあったときの対応ができる店が限られてくると思います。 また、パーツは結構入手しやすいとはいえ、値段や費用は国産以上と思ったほうがよさそうです。 そのマイナス部分を差し引いてもトルク感もすばらしいので乗ってて楽しいですよ 今後のカスタムプラン 購入動機 モタードに乗りたくて候補にあったWR250Xの生産中止を機に気になっていたKTM、ハスクバーナを試乗しに行ったらいつの間にかサインしていた。 長所・満足している点 軽い!シングルの加速感、イタリアンハスクから変わっての白、黄色、青を基調としたカラーリング。 ハスクバーナの知名度が一部にしか広まってない故の希少さ。 短所・不満な点 16年に比べ振動が軽減したがそれでも長距離乗ると手が痺れる。 シートが硬いので長距離乗るとお尻が割れる。 用途・思い出、これから買う人へのアドバイス 他の人と被りたくないという人におすすめ。 今まで乗っているオーナーでカスタムが被っている701SMを見たことがない。 今後のカスタムプラン 購入動機 SSを走らせる事にちょっと疲れたので、軽く速いモタードが欲しくなった。 長所・満足している点 車体が軽い。 半乾燥重量145kgと250ccバイク程の車重に74馬力のエンジン。 SSバイクには負けるけれど、十二分にパンチのある加速をするので街中や峠が楽しい。 短所・不満な点 雨が降るとメーターパネル内に水が入り曇って見えなくなる。 積載性は皆無。 リアフレームをタンクが兼ねているので給油口がシートの後ろにあり、荷物を載せると給油が出来なくなる。 振動でたまにどっかのネジが無くなってたり緩んでたりする。 用途・思い出、これから買う人へのアドバイス 流通台数が極端に少ないので興味があったら迷わず買おう。 2017年モデル以降はエンジンが変わり、排気量&馬力が微UP+振動がだいぶマイルドになっている。 2016年モデルは振動があるけれどビッグシングルモタードらしい荒々しさが魅力なのでお好みで。 今後のカスタムプラン 詳細条件で絞り込む Myバイク写真• すべて 9• 有り 8 保有状態• 今乗っているバイク 8• 昔乗っていたバイク 1 カスタム情報• すべて 9• 有り 2 Myバイク登録年• 2020年 3• 2019年 2• 2018年 2• 2017年 1• 2016年 1• 2015年 0• 2014年 0• 2013年 0• 2012年 0• 2011年 0• 2010年以前 0 車種の年式• ~ 都道府県別• 全て 9• 北海道 0• 東北 0• 青森県 0• 岩手県 0• 宮城県 0• 秋田県 0• 山形県 0• 福島県 0• 関東 6• 茨城県 0• 栃木県 1• 群馬県 0• 埼玉県 1• 千葉県 0• 東京都 3• 神奈川県 1• 北陸・甲信越 0• 新潟県 0• 長野県 0• 山梨県 0• 富山県 0• 石川県 0• 福井県 0• 東海 1• 静岡県 0• 岐阜県 0• 愛知県 0• 三重県 1• 関西 1• 大阪府 0• 京都府 0• 滋賀県 0• 兵庫県 1• 奈良県 0• 和歌山県 0• 中国 0• 鳥取県 0• 島根県 0• 岡山県 0• 広島県 0• 山口県 0• 四国 0• 香川県 0• 高知県 0• 徳島県 0• 愛媛県 0• 九州・沖縄 1• 福岡県 0• 佐賀県 0• 長崎県 0• 大分県 0• 熊本県 1• 宮崎県 0• 鹿児島県 0• 沖縄県 0.

次の