太陽の末裔 軍隊 階級。 知られざる軍隊の世界!給料・処罰・外出事情まで…「太陽の末裔」から見る軍人の生活を徹底調査

韓国ドラマ

太陽の末裔 軍隊 階級

軍隊の階級制度 軍隊の階級ってどうなってるの? 軍隊では 「階級」と呼ばれる地位によって、組織内のポジションが決まり、それに合わせて役職が変化します。 韓国軍の階級を一覧にすると以下のようになります。 一般企業の場合と照らし合わせながら、大まかなイメージとして見てください。 その後「兵長」まで昇進したところで、除隊となります。 軍隊で「星を取る」って何のこと? 軍隊では最も位の高い「将軍クラス」のこと 별 星 と呼んだりします。 准将から元帥を指しますが、これらが星と呼ばれるのは、 将軍クラスの階級章が「大きな星」の形をしているからです。 また将軍クラスに昇進することは、 별을 따다 星を取る と言ったりもします。 太陽の末裔などにも별을 따다は出てくるので、ドラマを見る人はちょっと注目してみましょう。 北朝鮮と朝鮮人民軍の階級は? 北朝鮮には「朝鮮人民軍」と呼ばれる軍隊がありますが、こちらの階級も紹介します。 韓国軍の階級と比べながら見てみましょう。 軍隊といえばトランシーバー 軍や警察が使う「無線機」を韓国語で? 軍隊といえば、トランシーバーなどの無線機で会話をする場面が印象的なのではないかと思います。 軍用無線だけでなく、一般に使われるトランシーバーなど、無線機のことを韓国では 무전기と呼ばれます。

次の

軍の階級やシジンの話し方など 太陽の末裔 副読本

太陽の末裔 軍隊 階級

胸に抱く大志は国家を守ること・・されど恋心もあり!初めて踏み込む愛の戦場で、真の強さとは何かを思い知る。 最高視聴率は38. シジンの選択は、陸軍士官学校であった。 陸軍士で名誉除隊した父は、最近の世の中の誰が知ってくれるのかと兵士になることを引き止めたが、あなたが歩いて来た道を尊敬し、続けていくと息子があなたの人生で最も輝く装飾であることを、シジンは知っている。 子供、高齢者や美人は、保護しなければならないという信念、街でタバコを吸う高校生を見ると、怖いが注意することができる勇気、こめかみに銃口があたっても違うことは違うと言える常識、そして守られるべき兵士の名誉、シジンが考えている愛国心はそのようなことだ。 そんなある日、シジンは若々しい医師カン・モヨンに出会う。 甘い思い出一つなく血の身体解剖図を覚えながら、女子大生ではなく、医学生として6年を終えた。 すべての科からお呼びがかかったが、胸部外科レジデントに。 正確で器用なモヨンの手は手術室の教授にとっていつも1位のアシスト一回の有給もなしに29の専門医まで獲得したモヨンは予想通りに転がっていく人生に感謝した。 ところが、その程度の実力なんて「コネ」にかなわなかった。 「今医業に従事する許可を受け、私の生涯を人類奉仕に捧げることを厳粛に誓う」ヒポクラテスの誓いに心が動く時間は過ぎてしまったと思った。 それまでモヨンは知らなかった。 自分の前に繰り広げられる予測不可能の状況を... その生と死の境界で命をかけてモヨンを守る一人の男と再会することになるとは... 太極マークを夢見ていた柔道部時代、準決勝を控えて、負けてくれと要求するコーチに納得することができず、一本勝ちで相手選手に勝ってしまった。 先輩たちに死ぬほど叩かれたテヨンはその場で道着を引き裂き、学校も出てきた。 卑怯に戦うなら裏通りで堂々と戦うと、義理を叫ぶ暴力団と付き合いだすが、チンピラはただのチンピラだった。 組織を抜け出すため司法試験の勉強を始めた。 検定試験に合格した日、軍隊に志願入隊した。 悪名高い訓練は、テヨンをさらに鍛え、テヨンの青春は健康に光った。 そのきらめきに気付いた女性がいた、それは、ミョンジュであった。 大韓民国の女性軍人、女性軍人の中でも軍医官、そして特戦司令官の一人娘。 いわゆる「将軍の娘」である。 軍医に最初に赴任した部隊でテヨンに会った。 ミョンジュは生活の中で初めて、女性でありたいと思った。 しかし、司令官の娘であり、陸軍士官学校出身軍の将校ミョンジュと検定試験高卒副士官であるテヨンの愛が順調なわけがなかった。 初めての兵士になったことを後悔した。 果たせなかった愛は未練となり、未練が愛憎になる間、ミョンジュはテヨンのそばで誠実に接したがてよんは誠実に逃げる。 悪い奴。 代々将軍を排出していた軍人の家の長男であるだけに、自負心も誇りもすごい。 将軍の代を継ぐ息子の代わりに一人娘が生まれ、自激之心に育てられた娘は反抗するかのように軍人の道を行く、義理の婿でも軍人一家の脈をつないでほしいと探したシジンとはただ友情と義理で過ごす人である。 そのようなミョンジュがシジンではなく、選択した人は、テヨン。 星はおろか、ダイヤモンドでもないこの副士官がユン中将の心を満たすはずがない。 整った体格と鋭い目つきで戦争中の軍人の暮らしがうかがえる。 彼の人生そのものが進級のための戦争であるからである。 海外派兵キャリアが進級に有利なわけで妻子を故国に残して太白部隊を進んで引き受けた。 指揮官とはいえ、気分屋に加え性格が急で細かいので、部隊員たちの信頼を得られない。 いつも部隊員たちとうまくいき、年齢も若いのが陸軍士官学校出身という、進級も速いシジンが目障りだ。 事あるごとにシジンがすることに歯止めをかけて難癖をとるのが仕事である。 無愛想な性格で、内務班ではギター演奏を担当している。 義務、男22) アルファチーム最年少。 比較的少ない実戦経験のせいで、 作戦ミスしたりするが、上級者によく従うまろやかな性格である。 難しいが、最終的に頼るしかない人である。 誰もが彼をそう評価するなかで、小学校の同級生であり30年目の友人であるハ看護師は、彼をこのように評価した。 賢くてまじめで一途で愚かなその些細な奴。 ハ看護師は知らない。 その些細な奴が自分を30年間どのように考えていたのか。 後輩看護師はもちろん、インターン医師たちも恐怖を感じる対象。 彼女に捕まることは多々あっても、彼女を捕まえることは難しい。 普段は無口な方だが、看護師が不当な扱いを受けると、患者と医師と教授と院長であり、相手の社会的地位に関係なく、後輩たち代わって激しく戦って勝ってくれる。 おかげで後輩たちの間では、近づき難いが素敵な先輩。 しかし、いざ自分は仕事に追われ、きちんとした恋愛もできず、生涯独身。 サンヒョンとは小学校の同級生。 二人だけいる時は小学生の頃に戻っていく。 生涯虐待受けて育った人のように、ひどく叱られても愚痴を言わず、実は温室の中で草花のように育った名門家の末っ子である。 医学部時代からイ・テソク神父がロールモデルであり、国境なき医師団に加入することが夢だった。 確かに明るく陽気して応急室のビタミンと呼ばれる。 末っ子なのでどこへ行っても人の顔色をみるが、言いたい言葉はすべて言い、することもしっかりこなす。 医師の前であれ、患者の前でも常にカリスマ性のある、ハ看護師を尊敬する。 ラフな言葉とは違って、大学時代から、誰よりもモヨンを大切に理解してくれる友達。 モヨンがオルク医療奉仕団チーム長になったのに決定的な役割を果たした張本人。 生涯を綺麗に育って醜い言葉も美しくする。 顔も知性も誰に負けない。 自分より顔も知性も若干だけ優れた同期モヨンを見るたびに神経質になる。 最も危険な場所に最初に入って、助けが必要な患者に、医師の使命を果たす「ピースメーカー」所属救護医師。 健康なメンタルは健康な夢を見るし、お金は多かったが、お金では買えない「ピースメーカー」のTシャツを着るために、ダニエルは、米国の名門医大に進学して、医師となった。 しかし、実際に地図外の世界から向き合った現実は、常に想像以上であるか、以下であった。 健康だったメンタルも疲れて行く頃、エファに出会った。 一緒にピースメーカーで働き、ここオルクまで流れてきた。 ただメスの代わりに唾液を使い、注射の代わりにハーブを取りに行く。 もう青い目の仲間の医師たちも体が疲れた時はエファを訪れるほどだ。 その鍼治療は漢方医であった移住高麗人の父から受け継いだ才能ある。 撃たれ訪れた若者たちに、父は名前も、誰かも問わず、治療をした。 しかし満月が明るい夜、軍人たちは父を訪ねてきて銃を振り回した。 反逆者、スパイ。 兵士たちは叫んだ。 家族全員が排除され、エファは辛うじて逃げたが、やはり銃傷を負い倒れた。 目覚めた時、ダニエルがいた。 彼と出会わなければ、私はどのようになったと思う?私と出会わなければ、彼はどのようになったと思う?最初はその心が有難かった、ある瞬間からか、その心が痛い。 南北オルクの国境地帯、少数民族の集まりギャングを掌握しているアグスに内戦は、最も魅力的な市場であり、お金になる事業であった。 アグスは戦争に寄生した奴隷だった、終わらない内戦はアグスをさらに豊富にした。 国境に鉄条網はかけられたが、都市の路地裏はまだ悪人のためのマーケットだった。 アグスはお金と酒、女に弱い獲物を抱き込んでUN平和維持軍の監視を避ける先進国型武器密売流通網を再構築していった。 ビジネスの妨げになる人がいれば、老若男女問わず平等に殺害した。 ところが、過去には一つのチームだったシジン大尉が彼のビジネスに事あるごとに障害となる。

次の

知られざる軍隊の世界!給料・処罰・外出事情まで…「太陽の末裔」から見る軍人の生活を徹底調査

太陽の末裔 軍隊 階級

() 軍隊の階級(ぐんたいのかいきゅう)は、における階層関係の制度のことをいう。 軍事組織において、世界的に階級が制度化されている。 例外としては、後述するように社会主義国の軍隊において一時階級制度が廃止されることもあったが、後に復活している。 ヨーロッパ諸国の陸海軍においては、職名が階級化していったという歴史的経緯から、軍種によって階級名が大きく異なる。 旧は、制定の「3年第604号」を以てに設けられた、下のに倣った陸海軍大将から陸海軍權曹長までの11等級を起源とする。 これらは制定の「明治6年太政官布達第154号」による官等表改正で軍人の階級として引き続き用いられ、西欧近代軍の階級を和訳する際にも当てはめられた。 旧および旧では、階級を上がることを「 」(しんきゅう)といい、階級が下がることを「 降等」(こうとう)という。 一方、現在の(・・)では「 昇任」(しょうにん)及び「 降任」(こうにん)といい、(他国の軍隊における)等の階級が上がる場合は「 昇進」(しょうしん)という。 社会主義国における階級制度の廃止 [ ] ( - )、( - )、及び軍( - )などの社会主義国の軍隊では、社会主義の理念から、自国の軍隊を帝国主義諸国の軍隊と区別するために、軍隊の階級制度を廃止した。 ただし、いずれの場合も、よく誤解されるように軍隊の職制(司令官・師団長など)を廃止したわけではなく、指揮命令系統自体は存在した。 これらの諸国では後に階級制度は復活し、現在はほとんどの社会主義国の軍隊に階級制度が存在している。 しかし、のように「階級」ではなく「軍事称号」という名称を使っている例もある。 現代の階級 [ ] ほとんどの現代の軍隊では階級を大きく3種類に区別している。 それらはで、いくぶん曖昧な区分「士官」、「下士官」及び「兵」として区別されている。 以下に個別の詳細を示す。 士官・将校 [ ] 、ないしは、職権の保持によって、他の軍人から区別される。 士官は指導者や指揮権保持者として訓練される。 この2つの語はほぼ同義であるが、厳密には異なる場合もある。 詳細はそれぞれの記事参照。 士官・将校はさらに「将官」、「佐官」、「尉官」の3段階に分けられる。 将官 [ ] 長期間にわたり単独で作戦を実施することが期待される典型的な(以上の部隊や・等)を指揮する士官がである。 将官の階級は、典型的には、、、が含まれる。 いくつかの軍では、元帥のように、別の肩書きを付与された上記の例より上位の階級が一つ以上ある場合がある。 それらの階級はしばしば、やのように廃止されたり、あるいはやのように戦時や名誉昇任に制限されたりすることがある。 いくつかの肩書きは純粋には階級ではなく、将軍の職務や、名誉的な肩書きである。 佐官 [ ] は、単独で短期間の作戦を実施できることが期待される典型的な部隊(及び、大型、飛行戦隊)を指揮する上級士官である。 佐官は一般的にはの職務もつとめる。 典型的な佐官の階級には大佐、中佐、少佐が含まれる。 多くのイギリス連邦の国では、最上級の佐官( Brigadier)が旅団長 をつとめる。 准将( Brigadier General)がその職務をつとめる国もある。 いくつかの国の海軍では、( Commodore)の階級も使用される。 しかしながら、「佐」とは文字通り「補佐」の意味である。 漢字文化圏では、参謀や副官、副指揮官ならともかく、部隊指揮官の階級(とくに前近代のヨーロッパでは傭兵隊長と連隊長はほぼ同義であった)としては違和感がある。 そのため中国語圏では、「佐」ではなくて「校」が用いられる。 事実上は日本軍の下位組織であったにおいても、中国式の訳語が踏襲された。 古代中国のでは、将軍の下位の部隊長クラスの官位として「」があり、ここから取られている。 また、上記の「将校」の語も、将官と校官を総称した意味である。 指揮官クラスの人材を指す「将領」という漢語があるためか、韓国軍では、「あずかる」という意味を持つ「領」の字が充てられている。 尉官 [ ] の階級は3つか4つの最下級士官の階級である。 配下の部隊は、単独で長時間の作戦を実施することを一般的には期待されていない。 いくつかの部隊では尉官も参謀の役割をつとめる。 典型的な尉官の階級には大尉、中尉、少尉が含まれる。 イギリス海軍のように二階級式を取っている場合もある。 日本の律令官制では、大尉・少尉は、佐より下位の官位であったために、この字が充てられた。 古代中国の・においては、は軍事を担当する官位の最高位であった。 その後の中国では太尉という官職は消滅し、現代中国においても尉官はこの字が充てられている。 准士官 [ ] はそれぞれの国や軍種で扱われ方が少し異なる混合した階級である。 准士官は、精鋭の上級下士官であったり、士官と下士官の間の完全に分離された格付けであったりする、通常は専門職の階級である。 下士官・兵 [ ] 下士官・兵は士官や准士官の下の階級であり、軍人の大多数を構成する。 下士官 [ ] は、士官の指揮の下で、他の軍の構成員を監督する代理権限を許可され重要な監督責任を負う。 上級下士官は尉官よりも軍歴が長いことが多く、上級下士官が公式にもつ責任と非公式に受ける敬意は尉官に勝るとも劣らない場合が多い。 いくつかの国では、准士官の階級は専門職に対する階級とし最も功績ある下士官に対する階級を下士官に留めおく場合もある(など)。 下士官の階級は典型的にはかなり多くの格付けの曹長、軍曹、伍長(陸軍、海兵隊と空軍)、兵曹(海軍と沿岸警備隊)である。 いくつかの国や軍種では、異なるでは肩書きも異なる。 兵の階級には様々な格付けがあるかもしれないが、しかしそれらは通常は権限が増えるのではなく給与の変化を反映しているに過ぎない。 これらが技術的に階級であるかどうかは、国や軍種による。 階級符号 [ ] NATO階級符号 [ ] 北米と西欧の多国間軍事同盟である(NATO)では、 2116で「NATO軍人階級符号」(the NATO codes for grades of military personnel)を制定している。 STANAG 2116の別表では加盟各国の軍隊の階級と NATO 階級符号との対応が定められている。 士官:OF-1からOF-10(昇順)。 英語のOfficersに由来する。 見習士官:OF(D)。 英語のOfficers Designateに由来する。 准士官:WO-1からWO-5(昇順)。 英語のWarrant Officersに由来する。 その他の階級:OR-1からOR-9(昇順)。 英語のOther Ranksに由来する。 NATOではOR-5からOR-9に含まれる階級は下士官とみなされるが、加盟各国の軍隊の下士官の範囲とは必ずしも一致しない。 なお、一般的な制度における准士官は上級の下士官として「その他の階級」に含まれるが、、、、及びの准士官は、少尉と下士官の間の「士官」にも「その他の階級」にも含まれない独立した階級である。 そして、NATOは事実上を盟主とする軍事同盟であるため、米軍のシステムに合わせて准士官の階級符号は別に設けられている。 アメリカ軍給与等級 [ ] アメリカ軍では軍人の基本給と階級の対応付けに使用する連邦政府規準として給与等級 pay grade を定めている。 この給与等級はアメリカ合衆国連邦政府における職階制給与制度に含まれる。 士官:O-1からO-11(昇順)。 英語のOfficersに由来する。 O-1とO-2はNATO階級符号のOF-1に、O-3以上はそれぞれNATO 階級符号 OF-2以上に相当する。 准士官:W-1からW-5(昇順)。 英語のWarrant Officersに由来する。 W-1からW-5はそれぞれNATO階級符号のWO-1からWO-5に相当する。 下士官兵:E-1からE-9(昇順)。 英語のEnlisted personnelに由来する。 E-1からE-9はそれぞれNATO階級符号の OR-1からOR-9 に相当する。 アメリカ軍の下士官はE-4以上に分類される。 ただし、兵であってもE-4以上に分類されることがある。 国際比較 [ ] 元帥 [ ] 軍全体の総司令官など。 あるいは名誉階級。 日本軍の「元帥」は、階級ではなく、陸海軍大将のうち特に功績のあった者で、に列せられた大将に親授された称号。 韓国軍の 원수(元帥)は、名誉昇任の階級。 朝鮮人民軍の 조선민주주의인민공화국대원수(朝鮮民主主義人民共和国大元帥)は金日成・金正日のみが、 조선민주주의인민공화국원수(朝鮮民主主義人民共和国元帥)は金正恩のみが保持。 中華民国軍の 特級上將は2000年に廃止された。 中国人民解放軍の 一级上将(一級上将)は1994年に廃止された。 また、かつて 中华人民共和国大元帅(中華人民共和国大元帥)と 中华人民共和国元帅(中華人民共和国元帥)があったが、前のに廃止。 また、ヒトラーは1940年にゲーリングに元帥位 Generalfeldmarschall より上位の国家元帥位 Reichsfeldmarschall を与えた。 イギリス軍の Admiral of the Fleet、 Field Marshal 及び Marshal of the Royal Air Force は、戦時または名誉昇任の階級。 イタリア軍の Generale、 Ammiraglioは、国防参謀総長就任者の名誉昇任階級。 アメリカ軍の General of the Army、 Fleet Admiral 及び General of the Air Force は、戦時のみの階級。 海兵隊には元帥位は存在しない。 また General of the Armies of the United States 及び Admiral of the Navy は名誉階級。 満洲国軍の「將軍」は、階級ではなく、陸海軍上將のうち特に功績のあった者で、將軍府に列せられた上將に勅授された称号。 将官 [ ] 陸軍では(または、)以上の部隊、海軍ではの司令官など。 以下少将、以下少将までの階級が将官に属す。 米国など准将の階級も置かれている国もあり、その国の階級制度によって Commodore と呼ばれる場合もある。 は、その出身自衛隊の幕僚長と同一の階級を使用する。 自衛官の階級の英語表記は、日本政府が対外的に紹介する際に便宜的に用いているものの一例。 実際の運用としては、自衛官の俸給表は一般的には階級別になっているが、将補の場合は政令で指定された官職(いわゆる指定職)を占める者と、指定職以外の官職を占める者で適用される俸給表の区分が異なることから、将補の中でも2段階あるとみなすこともできる。 なお、陸将、海将及び空将であっても指定職以外の官職を占める者は俸給表の将補(二)欄が適用される。 中国人民解放軍にはかつて 大将の階級が 上将の上にあったが、文化大革命前の1965年に廃止。 中国人民解放軍の 大校は、将官ではなく佐官(中国語では 校官)。 帝政ドイツ陸軍 Kaiserliches Heer, 1871年 - 1919年 、ワイマール共和国国防軍 Reichswehr, 1919年 - 1935年 の陸軍 Reichsheer 、ナチスドイツ国防軍 Wehrmacht, 1935年 - 1945年 の陸軍 Heer の各兵科名称をつける。 歩兵科: General der Infanterie• 砲兵科: General der Artillerie• 騎兵科: General der Kavallerie• 工兵科: General der Pioniere• 通信兵科: General der Fernmeldetruppe• 輜重兵科: General des Nachschubtruppe• 山岳兵科: General der Gebirgstruppe• 装甲兵科: General der Panzertruppe• ドイツ連邦軍 Bundeswehr の陸軍と空軍の General 及び海軍の Admiral は、1962年導入。 ドイツ連邦海軍の Flottillenadmiral の英語表記は Rear Admiral Lower half。 オーストリア・ハンガリー帝国陸軍の Generaloberst Veze'rezredes は、1915年導入。 1975年6月30日のNATO標準化合意書では、フランス海軍は以下のような階級構成を採っていたが1992年に改定。 OF-8: Vice-amiral d'escadre、及び Vice-amiral• OF-7: Contre-amiral• OF-6: Capitaine de vaisseau chef de division(代将たる大佐)• イギリス海軍の Commodore、イギリス海兵隊とイギリス陸軍の Brigadier、およびイギリス空軍の Air Commodore は、将官ではなく佐官。 キリル文字のラテン翻字には多数の方式、表記があり、ここにあげたものは一例である。 陸軍将官、空軍将官の階級をで呼称する国々では、ブラジルをはじめとするラテンアメリカの幾つかの国々、日本および台湾に対し中将を、少将をと呼称する。 その場合、師団将軍はOF-8相当、旅団将軍はOF-7相当と見做される。 なお、大将は概ねの呼称を用いるが、台湾の二級上将は、一級上将は陸軍将軍の表現を用いる。 佐官 [ ] 陸軍ではから程度の部隊の指揮官、海軍では艦長、副長、船務長その他の科長など、空軍では航空団、作戦群、飛行大隊程度の部隊の指揮官。 大佐は陸軍では「タイサ」とよみ、海軍では「ダイサ」とよむ。 自衛官の階級の英語表記は、日本政府が対外的に紹介する際に便宜的に用いているものの一例。 実際の運用としては、自衛官の俸給表は一般的には階級別になっているが、1佐の場合は官職及び一般職に属する国家公務員との均衡を考慮して、適用される俸給表が1佐の(一)(二)(三)と区分されることから、1佐の中でも3段階あるとみなすこともできる。 中国人民解放軍には 大校の階級が、 上校の上にある。 フランス陸軍の Commandant は、正式には下記の通り。 とはいえ、この階級の士官に呼びかけるときは陸軍の全兵科で Mon Commandant である。 歩兵科、工兵科、信号科: Chef de bataillon• 機甲科、騎兵科: Chef d'escadrons• 憲兵科、砲兵科、輜重科: Chef d'escadron• キリル文字のラテン翻字には多数の方式、表記があり、ここにあげたものは一例である。 尉官 [ ] 陸軍では以下の部隊の指揮官など、海軍では船務士等、分隊長、分隊士など、空軍では飛行中隊以下の部隊の指揮官など。 一般的に、戦闘機のパイロットには尉官から佐官が当てられる。 大尉は陸軍では「タイイ」とよみ、海軍では「ダイイ」とよむ。 自衛官の階級の英語表記は、日本政府が対外的に紹介する際に便宜的に用いているものの一例。 中国人民解放軍にはかつて 大尉の階級が 上尉の上にあったが、1965年に廃止。 帝政ドイツ陸軍、ドイツ国防軍陸軍及びオーストリア・ハンガリー帝国陸軍の Hauptmann は騎兵や砲兵のような騎乗兵科では Rittmeister。 ロシア軍の少尉はかつてソ連軍時代は「中尉」、同じく中尉は「上級中尉」と日本語訳される事が多くあった。 キリル文字のラテン翻字には多数の方式、表記があり、ここにあげたものは一例である。 士官候補生 [ ] 士官候補生はとなるための教育を受けている者。 便宜上下士官などの階級を与えられる場合と、独立した階級を与えられる場合がある。 日本海軍の少尉候補生は少尉の下、の上に位置していた• 自衛隊の幹部候補生学校の幹部候補生の階級は(下士官)である。 陸上自衛隊幹部候補生学校の幹部候補生は、海上自衛隊幹部候補生学校の幹部候補生は、航空自衛隊幹部候補生学校の場合はである。 ただし、幹部勤務を命ぜられた者については幹部(士官)相当、そうでない者についてはその階級相当(つまり下士官相当)とするものと定められている。 (第10条、他)• ドイツ連邦陸軍とドイツ連邦空軍の士官候補生の階級は、右に記した下士官兵の階級とそれぞれ同等の階級である。 Fahnenjunker: Unteroffizier• ドイツ連邦海軍の士官候補生の階級は、右に記した下士官兵の階級とそれぞれ同等の階級である。 Seekadett: Maat• 特務士官と准士官を合わせて特准と称した。 特務士官になるものは兵からのたたき上げで、兵、下士官、准士官を経て特務士官に昇任した。 士官相当の階級とはいえ制服や階級章は将校とは別であり作戦指揮権はなかった。 例は少ないが特務士官から士官へ転官して士官のに昇任することができた。 日本海軍の特務士官は次のように変遷。 (明治30年)9月16日、准士官にを設置し高等官(奏任官:少尉相当官)とする。 (大正4年)12月2日、兵曹長の官階を准士官から新設した特務士官に変更。 (大正9年)4月1日、特務士官で最も上の階級を大尉相当官に改め特務大尉と特務中尉を新設、兵曹長を特務少尉に改称し、同時に准士官の上等兵曹を兵曹長に改称。 (昭和17年)11月1日、特務士官の階級を改め、特務大尉を大尉、特務中尉を中尉、特務少尉を少尉とする。 日本海軍の特務士官及び准士官の階級の変遷 官階 1897年 - 1915年 1915年 - 1920年 1920年 - 1942年 1942年 - 1945年 特務士官(奏任官四等) 特務大尉 大尉 特務士官(奏任官五等) 特務中尉 中尉 特務士官(奏任官六等) 兵曹長 特務少尉 少尉 准士官(奏任官六等) 兵曹長 准士官(判任官一等) 上等兵曹 上等兵曹 兵曹長 兵曹長 英国海軍においてもまでの兵曹長 Warrant Officer は、日本海軍の特務士官やアメリカ軍の准士官 Warrant Officer と同様の階級であった。 なお、以降の英国海軍の兵曹長 Warrant Officer は英国陸軍のような上級の下士官である。 アメリカ軍の准士官 Warrant Officer は、士官よりも下、下士官よりも上で、そのどちらにも属さない別個の階級であり、独立したキャリア制度である。 本来、厳密には高度な技術を備えた専門職のための階級である。 特殊な例としては、軍の内部で発生した犯罪の捜査を行うCID(犯罪捜査部)の捜査官は、将校でも下士官でもないその特性が捜査に都合がよい事もあり准士官が充てられている。 アメリカ空軍の准士官はに廃止された。 アメリカ海軍には Warrant Officer の階級はないが Chief Warrant Officer の階級はある。 Chief Warrant Officer には給与等級 E-7、E-8 または E-9 に該当する階級から昇任できる。 アメリカ陸軍やアメリカ海兵隊では Warrant Officer には給与等級 E-7 未満に該当する階級からも昇任できる。 このように、アメリカ軍の昇任経路からみると下士官 E-7, E-8, E-9 と准士官 WO1, CW2, CW3 の階級が同等の階級として並立している。 一方、待遇からみると、アメリカ軍の Chief Warrant Officer の給与と特権は階級によるが士官と同じである。 准士官には将校の給与等級と同程度の給与が支払われる。 しかしそれは准士官は軍での経歴が長いことが普通だからであり、時としてもっと高いこともある。 韓国軍の 준위(准尉)は、各種専門技術行政担当の職に補される。 専門技術職に携わる将校(士官)と副士官の間に位する准士官の階級であり、各部隊及び機甲部隊で兵器、弾薬、輸送、陸軍航空などの専門職を任務とする。 韓国軍の階級を3段階で分類する時は通常は将校に含まれる。 准士官(士官相当官)の階級の一覧 NATO 階級符号 WO-5 WO-4 WO-3 WO-2 WO-1 韓国軍 준위(准尉) アメリカ陸軍 Chief Warrant Officer 5 CW5 Chief Warrant Officer 4 CW4 Chief Warrant Officer 3 CW3 Chief Warrant Officer 2 CW2 Warrant Officer 1 WO1 アメリカ海兵隊 アメリカ海軍 准士官・上級下士官 [ ] 准士官は士官以外の階級では最上位であり、辞令をうけて士官に準ずる特権と待遇を与えられる。 一般に先任の下士官が准士官へと昇任し、下士官から士官へ昇任する制度がない場合は、下士官兵からの経歴における最も上の階級である。 なお、アメリカ軍の准士官は、ここで説明する准士官とは別の階級制度である。 アメリカ軍の最上級下士官に特有の職名に軍最先任上級曹長等がある。 これらの職はアメリカ陸海空軍・海兵隊・沿岸警備隊の各軍種で最先任の下士官を代表し、各軍種においてそれぞれ一人だけが任命される。 日本陸軍の准尉は、1932年にから改称。 日本海軍の兵曹長は次のように変遷。 ( の表も参照。 (明治19年)7月12日、兵曹上長及び兵曹長の呼称を上等兵曹に改定。 (明治30年)9月16日、准士官に兵曹長を設置し高等官(奏任官:少尉相当官)とする。 (大正4年)12月2日、兵曹長の官階を准士官から新設した特務士官に変更。 (大正9年)4月1日、特務士官で最も上の階級を大尉相当官に改め特務大尉と特務中尉を新設、兵曹長を特務少尉に改称し、同時に准士官の上等兵曹を兵曹長に改称。 自衛隊の准尉、すなわち准陸尉、准海尉および准空尉は、1970年5月に新設。 自衛官の階級の英語表記は、日本政府が対外的に紹介する際に便宜的に用いているものの一例。 自衛隊の曹長、すなわち陸曹長、海曹長および空曹長は、1980年11月に新設。 なお、これらは下士官(曹)の階級である。 (参考:)• 中国人民解放軍では2009年に階級を大きく変更している。 以下に当時までの階級名を列挙する。 六级士官(六級士官)• 五级士官(五級士官)• 英国海軍では2004年4月1日に Warrant Officer WO を Warrant Officer Class 1 WO1 に改称し、 Warrant Officer Class 2 WO2 を導入。 かつては、通常は OR-7 であるが、他の Chief Petty Officer CPO よりも上の、 Charge Chief Petty Officer CCPO の階級があり、 Charge Chief Artificer(高度な資格がある技術職の CCPO)に NATO OR-8 の地位が与えられることもあったが、それでもなお英国陸軍や英国海兵隊の WO2 よりも下のままであった。 WO2 導入時に、 CCPO は全員 WO2 に昇任。 英国陸軍の Warrant Officer Class 1 WO1 で最上級の職は、上から順に、• 輜重科の Conductor Cdr• Academy Sergeant Major AcSM• ロンドン軍区の Garrison Sergeant Major GSM• 英国陸軍の Warrant Officer Class 1 WO1 のうち下記の職を含む。 これらの職はこの表で同等のアメリカ軍の階級と職務が似ているが、他の WO1 と同じ階級である。 Regimental Sergeant Major RSM• Garrison Sergeant Major GSM• 近衛騎兵隊の Regimental Corporal Major RCM• 英国陸軍の Warrant Officer Class 2 WO2 のうち下記の職を含む。 これらの職はこの表で同等のアメリカ軍の階級と職務が似ているが、他の WO2 と同じ階級である。 Company Sergeant Major CSM• Squadron Sergeant Major SSM• 英国砲兵隊の Battery Sergeant Major BSM• 近衛騎兵隊の Squadron Corporal Major SCM• Band Sergeant Major• 英国空軍では1939年に Warrant Officer Class I を Warrant Officer WO に改称。 また、 Warrant Officer Class II 廃止。 1930年代までの別名 Sergeant Major 1st Class 及び Sergeant Major 2nd Class。 韓国軍は1962年に下士官の階級を変更している。 旧名を以下に降順で列挙する。 특무상사(特務上士)• 일등상사(一等上士)• 이등상사(二等上士)• 일등중사(一等中士)• 이등중사(二等中士)• 하사(下士)• キリル文字のラテン文字転写には多数の方式、表記があり、ここにあげたものは一例である。 中華民国軍の 一等士官長、 二等士官長及び 三等士官長は、台湾へ移転後に新設。 アメリカ陸軍の Sergeant Major of the Army は、1966年に新設。 陸軍最先任上級曹長。 アメリカ陸軍の Command Sergeant Major は、1966年に新設。 アメリカ陸軍の Sergeant Major は、1958年新設。 アメリカ海兵隊の Sergeant Major of the Marine Corps は、1957年新設。 海兵隊最先任上級曹長。 アメリカ海兵隊の Master Gunnery Sergeant は、1958年新設。 アメリカ海軍の Master Chief Petty Officer of the Navy は、1967年に新設。 海軍先任伍長。 アメリカ空軍の Chief Master Sergeant of the Air Force は、1967年に新設。 空軍先任曹長。 アメリカ空軍の Command Chief Master Sergeant は、1998年に新設。 アメリカ空軍の Chief Master Sergeant 及び Senior Master Sergeant は、1958年に新設。 先任曹長・上級曹長。 日本陸軍の軍曹は、1886年から1905年まで一等軍曹。 日本陸軍の伍長は、1886年から1905年まで二等軍曹。 また、1886年以前のフランス式軍制ではこの階級も軍曹で、伍長はさらに下の階級。 日本海軍では、1942年11月1日に階級を変更。 旧呼称は右側に表記。 上等兵曹:一等兵曹• 一等兵曹:二等兵曹• 二等兵曹:三等兵曹• 自衛官の階級の英語表記は、日本政府が対外的に紹介する際に便宜的に用いているものの一例。 中国人民解放軍では2009年に階級を大きく変更している。 以下に当時までの階級名を列挙する。 四级士官(四級士官)• 三级士官(三級士官)• 二级士官(二級士官)• ドイツ陸軍・空軍の Unteroffizierは特定の階級を示すほか、下士官を示す総称でもある。 文献等で同語を翻訳する際には、どちらの意味であるかを判断する必要がある。 フランス陸軍の憲兵科、機甲科、騎兵科、砲兵科および輜重科では、他の兵科とは階級が異なる。 その呼称を右側に表記。 英国海軍では、かつては、通常は OR-7 であるが、他の Chief Petty Officer CPO よりも上の、 Charge Chief Petty Officer CCPO の階級があり、 Charge Chief Artificer(高度な資格がある技術職の CCPO)に NATO OR-8 の地位が与えられることもあったが、それでもなお英国陸軍や英国海兵隊の Warrant Officer Class 2 WO2 よりも下のままであった。 2004年4月1日に WO2 を導入した時に、 CCPO は全員 WO2 に昇任。 英国陸軍の Staff Sergeants は、 Company Quartermaster Sergeant のような他の職名も持つことができる。 なお、歩兵連隊においては、職名ではないが Colour Sergeant CSgt の肩書きが使用される。 英国陸軍の Staff Corporal、及び Corporal of Horse は近衛騎兵。 英国空軍の Chief Technician は、技術的な兵科と軍楽隊のみ。 朝鮮人民軍では1998年に階級を変更している。 旧呼称は右側に表記。 중사(中士):新設• 하사(下士): 상사(上士)• 상급병사(上級兵士): 중사(中士)• 韓国軍では1962年に下士官の階級を変更している。 旧名を以下に降順で列挙する。 특무상사(特務上士)• 일등상사(一等上士)• 이등상사(二等上士)• 일등중사(一等中士)• 이등중사(二等中士)• 하사(下士) 하사(下士)は下士官(韓国では副士官)で最も下の階級で、 병장(兵長)は兵の階級である。 兵分隊長制度導入によって 병장(兵長)は 하사(下士)が補職されていた分隊長、日直下士(当直下士)などの職責も遂行する。 韓国軍陸軍基準では 상등병(上等兵)服務7ヶ月で 병장(兵長)に昇任し、通常戦闘能力は 하사(下士)と同等と見なされる。 キリル文字のラテン文字転写には多数の方式、表記があり、ここにあげたものは一例である。 アメリカ陸軍の Staff Sergeant は、1958年に再導入。 日本陸軍の兵長は、1940年9月13日新設。 なお、この階級の新設に伴い伍長勤務上等兵制度は廃止された。 もっとも、両者は別物である。 日本陸軍の上等兵は、フランス式軍制を採用していた1886年までは伍長。 日本陸軍では1932年に階級の変更があり、一等卒を一等兵に、二等卒を二等兵に改称。 なお、1942年11月1日に階級が変更された。 旧呼称を右側に表記。 水兵長:一等水兵• 上等水兵:二等水兵• 一等水兵:三等水兵• 二等水兵:四等水兵 五等水兵などは1920年4月1日に廃止。 自衛官の階級の英語表記は、日本政府が対外的に紹介する際に便宜的に用いているものの一例。 自衛隊の(3等陸士、3等海士及び3等空士)は陸曹候補者、海曹候補者又は空曹候補者たる自衛官のうち専ら教育訓練のみを受けるもの(15歳以上17歳未満の男子で中学校などの卒業者を対象に募集している)の採用時の階級。 平成22年10月1日付で廃止。 平成21年6月3日に公布されたにより、平成22年7月1日以降採用される任期制隊員の前期課程・練習員課程にある者はと呼ばれ、自衛官の定数外となる(自衛官としての身分・階級を有しない。 詳細は当該記事を参照のこと)。 中国人民解放軍では2009年に階級を大きく変更している。 下士官の階級である 下士は、 一级士官(一級士官)であった。 砲兵: Kanonier• 騎兵: Reiter• 歩兵(擲弾兵): Grenadier• ドイツ国防軍陸軍の Stabsgefreiter は1942年廃止。 ドイツ国防軍陸軍の Obergefreiter のうち勤続6年以上は、1936年導入。 ドイツ国防軍陸軍の Obergefreiter のうち勤続6年未満。 ドイツ国防軍空軍の Stabsgefreiter は1944年廃止。 ドイツ連邦軍の Oberstabsgefreiter 及び Stabsgefreiter は、1962年導入。 ドイツ連邦軍の Soldat は、兵科によって次のような呼称がある。 飛行兵: Flieger Flg, S• 通信兵: Funker Fu, S• 歩兵(擲弾兵): Grenadier Gren, S• 砲兵: Kanonier Kan, S• 水兵: Matrose Matr, S• 工兵: Pionier Pi, S• 機甲通信兵: Panzerfunker PzFu, S• 機甲歩兵(装甲擲弾兵): Panzergrenadier PzGren, S• 機甲砲兵: Panzerkanonier PzKan, S• 機甲工兵: Panzerpionier PzPi, S• フランス陸軍の機甲科、騎兵科、砲兵科、輜重科では、他の兵科とは一部階級が異なる。 その呼称を右側に表記。 Caporal-chef: Brigadier-chef• Caporal: Brigadier• フランス陸軍の Soldat は、兵科によって次のような呼称がある。 歩兵: fantassin• 砲兵: artilleur• 工兵: sapeur sapeur-pompiers de Paris を含む• 歩兵隊猟兵、山岳兵、騎兵隊猟兵: chasseur• 竜騎兵: dragon• 機甲兵: cuirassier• 騎兵: hussard• 輜重兵: conducteur• 英国海兵隊、英国陸軍及び英国空軍の OR-4 及び OR-3 は、下級下士官の階級。 かつては英国海軍の Leading Rate は、英国海兵隊、英国陸軍及び英国空軍の Corporal よりも下だった。 英国海軍では、1999年4月1日 Able Rating に Ordinary Seaman を併合、 Junior Rating 廃止。 英国海兵隊では、1999年4月1日 Marine 1st class と Marine 2nd class を併合、 Junior Marine 廃止。 英国陸軍の Corporal 及び Lance Corporal は、英国砲兵隊では Bombardier 及び Lance Bombardier。 英国陸軍の Corporal は、近衛歩兵旅団では Lance-Sergeant。 英国陸軍の Corporal は、近衛騎兵隊では Lance Corporal of Horse。 英国陸軍の Private Pte は、兵科及び所属部隊によって呼称が異なる。 近衛騎兵隊、機甲科及び特殊空挺部隊 SAS : Trooper Tpr• 砲兵科: Gunner Gnr• 工兵科: Sapper Spr• 信号科: Signaller Sig• 陸軍航空科: Air Trooper ATpr• 近衛歩兵連隊: Guardsman Gdm• フュージリア連隊: Fusilier Fus• 国王連隊: Kingsman• 英国グリーン・ジャケッツ及び英国グルカ・ライフル隊: Rifleman Rfm• ハイランダーズ: Highlander• 電気機械科: Craftsman Cfn• 陸軍軍楽科: Musician Mus 、あるいは Drummer Dmr , Trumpeter Tptr , Bugler、または Piper Ppr• 英国陸軍の Junior は、16歳からの年少新兵。 英国空軍の Junior Technician は、技術的な兵科と軍楽隊のみ。 朝鮮人民軍では1998年ごろに階級を変更している。 旧呼称は右側に表記。 중급병사(中級兵士): 하사(下士)• 하급병사(下級兵士): 상등병(上等兵)• 韓国軍の 상등병(上等兵)は1962年に 하사(下士)に代わって新設された。 また、一般的には以下のように略称される。 상등병(上等兵): 상병(上兵)• 일등병(一等兵): 일병(一兵)• 이등병(二等兵): 이병(二兵) 韓国軍陸軍基準では兵で入隊した場合、入隊すると同時に 이등병(二等兵)となり、正常服務の時は入隊から6ヶ月で 일등병(一等兵)に昇任、服務6ヶ月で 상등병(上等兵)に昇任する。 훈련병(訓練兵)は正式の階級ではなく、ただ基礎軍事訓練を受けている者を示す用語であり、大韓民国の軍人事法上では 이등병(二等兵)である。 キリル文字のラテン文字転写には多数の方式、表記があり、ここにあげたものは一例である。 アメリカ陸軍とアメリカ海兵隊の Corporal、及びアメリカ海軍の Petty Officer Third Class は、下士官の階級。 アメリカ陸軍の Specialist は、1985年 Specialist Four から改称。 アメリカ陸軍の Private PV2 は、1955年まで Private 1st Class。 アメリカ海兵隊の Lance Corporal は、1958年導入。 アメリカ空軍では、下士官の階級である Sergeant は1967年再導入、1991年廃止。 Senior Airman は、1975年に新設。 1952年から1967年まで Airman 1st Class。 アメリカ空軍の階級は以下のように変遷。 1952年まで: Corporal、 Private 1st Class、 Private• 1952年から1967年まで: Airman 2nd Class、 Airman 3rd Class、 Airman Basic• 1967年から: Airman First Class、 Airman、 Airman Basic 脚注 [ ].

次の