朝顔 風間。 監察医・朝顔|新米刑事の桑原真也(くわはらしんや)役は風間俊介!出演作もチェック!

【監察医朝顔】森本琢磨は森本慎太郎!情報屋で風間俊介と同僚刑事

朝顔 風間

土砂崩れに巻き込まれた桑原たちだが、無事に土砂からはい出すことができた。 そして、朝顔に電話し山梨県警に行ってくると伝える。 その土砂崩れが起きた深夜、朝顔(上野樹里)の元に茶子(山口智子)から連絡が入る。 山梨県で発生した大規模な土砂災害に対し、興雲大学法医学教室に応援要請があったからだ。 朝顔は多くの遺体があるから通常の業務と違うと茶子に言われるが、「同行させて欲しい」と一緒に災害対策本部へ。 は父の平(時任三郎)に預けて出発した。 スポンサーリンク 事故直前現場には、桑原(風間俊介)と神崎(市川右團次)の姿があった。 反社会組織とつながって違法な開発や投棄を行っている建設会社を追っていた中、情報提供者の現場監督・赤井(笠原秀幸)に会い、赤井の案内で不法投棄の現場を見に行っていたところで巻き込まれた。 朝顔は、茶子、光子(志田未来)、高橋(中尾明慶)、絵美(平岩紙)とともに万が一も想定してあらゆる機材や書類を準備し、解剖案件は藤堂(板尾創路)と熊田(田川隼嗣)に任せて現地へと向かった。 早朝、災害対策本部が置かれた市民センターに到着した朝顔たちを迎えたのは、離婚して山梨県警の検視官に復職していた伊東(三宅弘城)だった。 事故から一夜が明け、被害状況も徐々に明らかになっていた。 土砂崩れによって下敷きになったのは、老人ホーム、建設現場のプレハブおよび社員寮、三棟の民家だという。 しかし、二次災害の危険があることから、死傷者の数はまだわかっていなかった。 待機を指示された茶子は、その間に他大学の法医や地元の医師、警察・行政関係者らと連携し、遺体安置所の設営を進める。 ほどなく、そこに遺体が運び込まれてくるが……。 20人の遺体が見つかったとの連絡が入る。 土砂崩れに巻き込まれて症状がなくてもブラッシュシーンドロームになる可能性があると言われ病院へ。 そして自宅に帰った夜、桑原は土砂崩れに巻き込まれた時の恐怖を語り出す。 「生きていてよかった」と・・・ そんな中、来週お母さんのふるさとの灯籠流しがあると朝顔は桑原とつぐみに見て欲しいと伝える。 そして当日、祖父に電話をしこれから向かうと伝える朝顔。 4人でふるさとへ向かっているが朝顔は辛い顔をして足取りは重い。 それでも力を振り絞り、つぐみに母のふるさとを案内する。 そんな3人を父の平は穏やかに見つめていた。 そして、祖父の自宅へと到着、食事をしながら朝顔の昔話に花を咲かせる。 そんな中、祖父に母(さとこ)が見えて・・・というのは幻覚だったようで。 祖父は泣き叫んでしまう。 そんな祖父を見た平は外へ出る。 そして、平を朝顔は追いかける。 「さとこがすぐそばにいるような気がする」と父は話すと朝顔も「お母さんここにいるの?」と話しかける。 そして、頑張って生きていく!と母に誓った朝顔は父の平と抱き合う。 朝顔は家族と無事灯籠流しを終えることができ、また自宅へと戻り日常が始まる。 月9といえば最近のドラマの視聴率は一桁に落ち込むものも多かったのですが、1話から最終話まで全て二桁で終えるのは久々だということで、 また月9が盛り上がってくるといいですね! スポンサーリンク 監察医朝顔最終回ネタバレ原作漫画の結末は? 監察医朝顔の原作漫画の結末ですが、まだドラマが終わっていないのでなんとも言えませんが、漫画の結末とドラマの結末は異なる可能性もあるような気がします。 桑原の死 桑原の前妻は犬井という男に殺害されて亡くなっています、犯人の犬井は逃亡中。 朝顔の命を狙っていると桑原は恐れていました。 犬井は桑原が朝顔と結婚したことを知り、朝顔に接触してくる。 そして、犬井は朝顔を桑原の前で殺そうとするが、朝顔はなんとか助かることができます。 しかし、犬井は桑原を撃ち桑原も犬井を撃ち二人とも死んでしまうという、ショッキングな結末となっています。 その後、朝顔は桑原との間に子供ができたことがわかり、その子供がつぐみが生まれます。 朝顔はシングルマザーとしてつぐみを育てて生きていきます。 スポンサーリンク 朝顔父の平が脳卒中で入院 朝顔もシングルマザーとしてつぐみを育てる中、つぐみが幼稚園に入ってから 朝顔の父の平(漫画では万平)は脳卒中で倒れてしまい、入院することに。 しかし一命はとりとめ、漫画では夫を亡くしながらも父までは失わなかったということでよかったのかな? と言った結末で終わりを迎えます。 監察医朝顔最終回ネタバレ最大の悲劇とは?桑原は? 最大の悲劇は土砂崩れのことだったようですね。 桑原も巻き込まれた土砂崩れ。 土砂崩れに巻き込まれたのは、老人ホーム・建設現場のプレハブ・社員寮、三棟の民家。 しかし、二次災害の危険もあり、死傷者の数はわかっていなかった。 待機を指示された茶子は、遺体安置所の設営を進めていく。 少しするとそこに遺体が運び込まれてくる。 20人の遺体が運ばれてくる。 そんな遺体安置所をみて朝顔は震災のことを思い出さずにはいられなかった。 大じぃじの号泣でこちらも号泣してたけど、じぃじ(時任さん)と朝顔が見晴らしのいいところに来ちゃったから 家に残された初対面の桑原くんとつぐみのことが心配で心配で。 号泣大じぃじと桑原くんとつぐみでカオスな屋内が完成してる。 朝顔の祖父大じーじが叫ぶシーンはとても切なかったですが、朝顔が戻ってきて娘が近くにいるように感じたのでしょうね! また、エンディングでのづぐみの台本忘れてるよ!のシーンは微笑ましいアドリブのような感じでした。 とにかく原作とは違い、桑原も亡くなることもなく朝顔は母の死を受け入れ前を向いて生きていく力強さが最終回で感じることができました。 また父と娘の強い絆も感じることのできたドラマでしたね。 涙が止まらなくなるシーンはいくつかありましたね。 桑原が自宅で朝顔に土砂崩れに巻き込まれた時の会話をしている時• おじいちゃんが朝顔を娘の里子と思って勘違いだと気づいた時 動画「監察医朝顔」最終回見逃し無料視聴する方法は? 監察医朝顔を見逃した方はTverと で無料視聴することが可能です! しかし、Tverでは1週間経ってしまうと視聴できなくなってしまいます。 では登録後1ヶ月間無料で動画の見逃し視聴を楽しむことができてしまうお試し体験もあります。

次の

「監察医 朝顔2」ドラマはいつからは?あらすじやキャスト、原作をチェック!

朝顔 風間

だが、これまでに風間が演じてきた役柄は、愛されキャラからほど遠いものも多い。 役者として注目を浴びるきっかけとなった『3年B組金八先生(第5シリーズ)』(1999年/TBS系)で演じた兼末健次郎役に始まり、『それでも、生きてゆく』(2011年/フジテレビ系)では少女を殺害した犯人、朝ドラ『純と愛』(2012年/NHK総合)では不思議な能力を持つ青年、そして昨年放送された『サバイバル・ウェディング』(日本テレビ系)では、突然婚約破棄をする身勝手な男。 その中で『監察医 朝顔』の桑原は、風間にある熱量や素朴さがそのまま滲む役どころ。 第3話では、平から結婚の許しをもらった後に酔い潰れ、ランニングにパンツ姿で爆睡するという大失態。 平が桑原をお姫様抱っこして布団まで運んだといい、その姿を想像するだけでとてつもなく可笑しい。 また産婦人科帰りに「お父さん、やるぞーっ!」と気合いを入れ直す様も印象的で、愛すべき男・桑原くんをついつい「頑張れ」と応援したくなってしまう。 風間の強みは、抜群の適応力と伝える力。 パーソナリティーとしても、タレントとしても、声優としても、もちろん役者としても、適応力を駆使して的確に想いを届け、私たちはそのメッセージに自然と引き込まれていく。 旧知の仲であるヒロミが「ジャニーズの異端児」と称する風間の実力を目にする機会は、今後ますます増えることになりそうだ。 制作会社、WEBサイト編集部、専業主婦を経てフリーライターに。 小学生男児2人の母。 ママ向け&エンタメサイトを中心に執筆中。 )、坂ノ上茜、喜多乃 愛、宮本茉由、戸次重幸、平岩紙、三宅弘城、板尾創路、柄本明ほか 原作:香川まさひと 漫画:木村直巳 監修:佐藤喜宣『監察医 朝顔』(実業之日本社) 脚本:根本ノンジ 法医学監修:上村公一(東京医科歯科大学) プロデュース:金城綾香 演出:平野眞、澤田鎌作 制作:フジテレビ c フジテレビ 公式サイト:• 2 current.

次の

監察医 朝顔:最終話 上野樹里“朝顔”に新たな悲劇 風間俊介“桑原”の運命は…

朝顔 風間

上野樹里主演、時任三郎、風間俊介らの共演でおくるこの夏の月9「監察医 朝顔」の2話が7月15日に放送。 今回は風間さん演じる桑原が上野さん演じる朝顔に2度にわたりプロポーズ。 その姿に視聴者からの「可愛い」という声が続々と寄せられている。 上野さんが新米法医学者・万木朝顔(まき あさがお)を演じ、朝顔の父で野毛山署強行犯係に異動してきたベテラン刑事の万木平(まき たいら)に時任さん、朝顔の恋人で平とコンビを組むことになる刑事・桑原真也に風間さん。 東日本大震災で行方不明になっている朝顔の母で平の妻・里子に石田ひかり、興雲大学法医学教室の主任教授・夏目茶子には山口智子、朝顔の同僚の臨床検査技師・高橋涼介には中尾明慶、平が所属する強行犯係の係長・山倉伸彦に戸次重幸、強行犯係に勤める刑事・森本琢磨に「SixTONES」森本慎太郎、2話から登場した法医学助手のアルバイト・安岡光子に志田未来、そのほか坂ノ上茜、平岩紙、三宅弘城、板尾創路、柄本明といったキャストが出演。 ご注意ください。 2話では朝顔が働く興雲大学法医学教室に、アルバイト希望の医学部生・光子がやってくる。 周りの空気を読まずに思ったことをすぐ口にする光子に周囲はあっけにとられるが、茶子はそんな光子を気に入って即決採用する。 その頃、平と桑原は繁華街の路地裏でスーツ姿の男性の死体が発見されたという知らせを受け現場に急行。 身元の手がかりになるものを一切所持してない男を司法解剖すると、なんと彼は凍死していたことが判明する。 その夜、桑原から「ちょっと話したいことがある」と連絡をもらった朝顔は2人で行きつけのもんじゃ焼き屋に。 そこで桑原はいきなり指輪を差し出しプロポーズ。 朝顔は「こんなB級もんじゃ焼き屋で愛の誓いすると思うかね…」と返し、将来子どもからどんなプロポーズだったか聞かれ、ムードもへったくれもないプロポーズだったと話したくないと答える。 そんな桑原のプロポーズに「風間ぽんかわいすぎ」「風間くんのプロポーズかわいい」「もんじゃ焼き屋さんで指輪出してプロポーズ、風間ってるwww」などの反応が寄せられる。 その後、男性がホームレスで自ら釣ったフグを食べて命を絶ったことが判る。 事件が解決した後、桑原から法医を目指した理由を聞かれた朝顔は、「隠してたわけじゃないんだけど、お母さんのことちゃんと言わないとね」と母・里子が8年前の震災で行方不明になったことと、遺体安置所で茶子と出会ったのが法医になったきっかけだと告白。 話を聞いていた桑原は号泣、感極まって「僕と結婚してください」と2度目のプロポーズ。 「どうしても今言いたくなった」と朝顔を抱きしめる桑原に、朝顔も「はい」と答え今度はプロポーズを受け入れる…というのが今回のストーリー。 号泣しながらの2度目となるプロポーズには「プロポーズが2回とも可愛かった」「涙ながらにプロポーズされてえ」「風間ぽんのプロポーズを週の始めから2度も見られて幸せ」などの声が続々と投稿。 「前回に続き号泣」「朝顔ほんとに泣ける」と、前回に続き2話も多くの視聴者の涙を誘っているようだ。 《笠緒》.

次の