花子くん ネタバレ 67。 花子くん (はなこくん)とは【ピクシブ百科事典】

地縛少年 花子くん第11巻のネタバレと感想!最新刊を無料で読む方法

花子くん ネタバレ 67

Gファンタジーで連載中の「地爆少年花子くん」かもめ学園七不思議の七番目。 トイレの花子くんと 強力な縁を結びヒトと ヒトならざる二人の 奇妙な関係を描いた オカルトファンタジー漫画。 2020年1月にアニメ放送され人気急上昇! Gファンタジー7月号では花子くんのクリップ付録で封入。 気がつけば 地蔵が沢山あるところへと 落ちていた。 白杖代に調べてもらえばまだ六番の境界にいることが判明。 新登場のスミレと出会い 飼われることに? この世ならざるモノとヒトが惹かれる事は仕方ないことと寧々に語る スミレの首筋に封がついていて…寧々はたじろい、スミレちゃんあなたは一体何者? もしネタバレの前に絵付きで楽しみたい方は、U-NEXTならGファンタジーが 無料で読めますよ! \ 600円分のポイントがもらえる/• 地縛少年花子くん67話ネタバレ スミレは依り代だった 「 スミレちゃんは一体何者? …」 スミレの首筋に札がついていた。 あれはいつも 依代に貼ってあるお札?…スミレに 依代かと聞く前にスミレがあっさり 依代と認める 予想通り六番の依り代はスミレだった。 「 あなたは当代の巫 かんなぎ ね?」 自分を壊す力を持ってると言えば続けて寧々がそうしたいなら 札を剥がしてもいいという。 これに寧々は驚くが1日だけ待ってほしいと言う。 明日は 結婚式だからお願い。 「 わたくしが依代だということを明日までゴン 花子くん には内緒にしてほしい」大切な日だからと微笑むスミレは 少し寂しそうに見えて寧々は承諾する。 お礼にスミレの 腕から鈴の腕輪をお守り代わりにもらう。 「お揃いですわね」とエヘっと自分の腕を見せると寧々は微笑む。 じゃぁそろそろお風呂に入りましょうとスミレのペースになり、寧々は魚になってぷかぁーんと浮いちゃいます。 (お湯でもなるんだ! )花子くんがこの場にいれば、すぐにでもその 依代を破壊しようと提案するだろうが、寧々は スミレの願い事を聞くことになった。 寧々は花子くんに相談できず スミレは部屋に布団を2組用意してくれます。 寧々はスミレに借りた寝間着を着て、スミレちゃんは? 一緒に寝ないの? というように聞けば、スミレはゴンに嫌われてるから自室で休むとのこと。 花子くんはそれに嫌ってないと複雑な表情で言うが、スミレが仲良くする? といえば布団にもぐりこんでしまう。 出ておいでチチチチと遊ばれる姿を見つつ、寧々は 花子くんに話したほうがいいかも…と思うが、 最近の花子くんは過激な行動が目立つから相談した瞬間スミレを拘束しサクっとしようか! と言いそうだと思い悩む。 スミレが部屋から出ていくのを二人は布団の中で見送る。 出ていったことに花子くんは開放されたとのびーーと布団から出る。 「花子くんは寝ないの? 」と問えば必要ないし「見張ってるからヤシロは少し休んだら? 」とおやすみと花子くんに微笑めば、笑みを返して寧々ちゃんの頭をナデナデする。 優しい花子くんに安心してスミレが依代だということを黙ることにした。 そして寧々は深く眠るのだった。 寧々がスミレの身代わりに 朝寝てる寧々を無言で揺さぶり起こす、目が覚めると 面をかぶる村人たちに囲まれる寧々。 捕まえに来たのか? と怯えると 「 この度は、誠におめでとうございます」と祝福され服を脱がしお召替えを無理やりされる。 ギャーギャーしてあれよあれよと整えられる寧々。 「 今日はめでたき華燭 かしょく の典。 あなた様のご婚礼なのですから」婚礼という言葉に寧々は、 スミレの…と思い何かおかしいと「 あなた様の? 」と指差し「 ええあなた様の」と村人は言えば「 スミレちゃんじゃないんですけど…」と言えば村人は鏡を出し、 着飾った花嫁姿の寧々を スミレ本人という。 どうやら村人は 寧々を スミレと勘違いしているようだ。 強引に寧々を担ぎ神輿に乗せ、ダッシュで連れて行かれる。 「お祝い申し上げますスミレ様〜」と軽い感じに見送る女村人の後ろに家の隙間から花子くんを退治したスミレが「 ごめんなさいね、二人とも」と 暗い表情。 花子くんはボロボロになり倒れ気絶している 村人が担ぐ神輿はどこかへ向かう中、寧々は何故 スミレと勘違いしているのか誤解を解こうと 声をかけるが無視される。 このままだと自分は六番さんと結婚しちゃうと 脳内でタキシードを着た六番様が寧々愛シテルという妄想炸裂。 そしてKISS! とまで来たら 「ダメでしょ! 」と 神輿から飛び出しきれいに回転して降り立ちダッシュで逃げる。 村人はこれを止めるが「 結婚式って一生の思い出だし! 」スミレを呼んでくると叫ぶが、大柄の面の男が立ちふさがる。 どいてっとお願いすれば腹パンをくらい 不出来な巫がとおえつく寧々の後ろに立ち「 この村に生きるすべての者達のためにもあなたには 今日死んでもらわないと困るのよ」と怖いことを言われる。 本来なら手順通り三々九度の盃に注ぐはずの 霊薬を無理矢理飲まされ意識がふわふわと朦朧してしまう寧々。 代々赤根家は生贄だった 寧々は村人に連れられ道を行く最中 地蔵の間に泣き崩れる小さな少女を見つける。 「だれもスミレとおはなししてくれないの…」と 地蔵の間に座り込んで泣くのは 幼きスミレ。 「 あなたはスミレのそばにいてくれる?」と顔上げれば 「ぼくはきみの世話役やからね」と無表情でどこを見つめている分からない、 六番に似た若い少年が立っている。 スミレは 世話役と言われたが手を握りやくそくね…と嬉しそうに微笑んだ。 そしてまた時はめぐり 地蔵に手を合わせるスミレ。 沢山ある その像は神々に捧げられる度に 作られるものであった。 いつか スミレが神さまの所へ嫁げば自分も 像になるのかと独り言のように問えば、少年は否定せず 「赤根はそういう家や」ときっぱり言う事に そこは 嘘でもそんなことないと言う所だと笑う。 そういう 正直な所が好きだけど、 「ねぇ、あなたはわたくしのこと好き?」と顔を覗き込むように問えば 「ぼくは 宿命できみの世話役をしてるだけやからそれ以上も以下もない」とつまらない返事。 思いがけない言葉に 動揺し頬を染め ほんとうに?と目を輝かせて聞き返すが、少年は少し驚いた表情で間を置いて 「いや嘘」 きみが嘘つけ言うたやんと真顔に戻るなりスミレは「もう知りませんわ!」と駆け出すが、 表情はとても嬉しそうだった。 そして何かの 儀式で崖っぷちにある鳥居の中心に立ち、そして振り返り面を被った村人の後ろに立つ 少年に そこは嘘でも悲しむそぶりを見せるところだわ 「本当に正直なひと…」と 悲しくも微笑んだのだった 助けて花子くん これは夢?それとも誰かの思い出?と スミレの過去を見た寧々は意識朦朧と頭に綿帽子を被り村人に手を引かれ鳥居の前、 彼方の岸へと続く門の前に立ちます。 「あなた様は今より神の御許へと旅立たれるのです」 お祝い申し上げますスミレ様との言葉に、寧々はフラフラと歩きながら 「お祝い…」と見上げ門から 鈴の腕輪を付けた手を伸ばします。 しゃらん…となると 門からパリッと雷が鳴り寧々の 手をバチン!と攻撃します。 「い〝 何!?」と意識を取り戻し下を見れば自分は崖っぷちにいたことに気づいて後ずさりどこなのここは!?と慌てふためきます。 この姿に 面の村人たちはざわめき 赤根の娘が門に拒まれるなど…これまでなかったぞと動揺し「さてはお前ッ偽物か!? これが結婚式!? と青ざめながら スミレちゃんを殺すんじゃ!と最後まで言わせず竹の先を寧々の首元へとやる。 儀式はどうする?失敗すれば村がどうなるかと混乱する中もう その娘で構わん、捕らえて放り込め!など村の安全を優先に寧々を放り投げる作戦に切り替える。 寧々は待って…というが村人たちは聞く耳を持ちません。 そこへ がしっと 面を被った男が寧々の手を掴みぐいぐい門の方へと歩んでいきます。 村人たちはよく捕らえた、そのまま落としてしまえなどと口々に寧々は顔面蒼白。 おめでとうございます巫様。 おめでとうございます。 「はーあーい」 呼ばれた花子くんは嬉しそうにいつもの調子で返事をし、 付けた面を外し振り返り寧々の手をぎゅっと握りしめる。 そう、寧々を捕らえたのは村人と思われていたのが 実は変装した花子くんでした!これには寧々も驚きぽろぽろ涙を零し「は…花子く…」と見つめます。 「おそくなってゴメンね」と こわい思いをさせた事に花子くんはぎゅっと抱きしめます。 「コイツ村の者じゃぁねぇぞ!何者だ!? 」との声に 花子くんは付けていた面を村人に投げつけます。 着ていた着物もばさりと脱ぎ捨て、 寧々を守るかのように抱き寄せ 結婚式は中止だとどこか 不機嫌そう。 「どこの誰かわからないヤツのとこに、俺の助手を嫁がせるわけにはいかないからね」と自分の武器の包丁を向け物騒だが 寧々を更に自分へと引き寄せる。 これはもう 嫉妬ですね嫉妬! 花子くんの登場により結婚式を阻止できたのでした! そして…次回に続くのです…。 花子くんと寧々ちゃんがゴミの穴に落ちた場所は確か お地蔵に囲まれたところでした。 これは 代々生け贄になった赤根家の娘の像と言う事も分かりました。 まさか お地蔵さまも演出も意味があったなんてびっくりです。 スミレちゃんは葵の家系でしたね。 スミレちゃんは今後生け贄になり、像になってしまうんでしょうか?でも 六番の依代ですので、もう この世ならざる者なのでしょう。 悲しい事ですが。 次回が待ち遠しい終わり方で寧々ちゃんと花子くんの恋を応援している身には心臓が爆上げ、ブレードブンブン振り回す気分です。 最後の花子くんの返事。 1話を思い出しますね。 「はーあーい」はもうこれ花子くんが寧々ちゃんに優しく応える声なのでしょうか?これはあれですね! アニメ1話を是非見てくれと原作からのアピール?とかなんて勝手に思っています。 作品冒頭にも花子くんが最近 過激について寧々ちゃんは言ってましたが、これは多分寧々ちゃんの寿命などモロモロあるので 花子くんもいっぱいいっぱいなんですよ!ああ!思い出しただけでもあの回は最高でしたが、花子くんと寧々ちゃんが同級生の話。 とてもよかったです!!でも今回も花嫁を式の途中で連れ去る花子くん最高でしたね!ドラマチック!!!たまりませーーーん。 しかもぎゅゆううと抱きしめて安心させ、それでも自分の体から離さないと言わんばかりにくっつきすぎの花子くん。 もう両想いなのに何故両想いじゃないのか謎です。 早く早く次回に次回を読ませてーーーと思うのですが、時折葵と茜くんの展開も気になりますが六番とスミレちゃんの関係も気になりますね。

次の

【地縛少年花子くん:67話】最新話ネタバレ|スミレの代わりに結婚させられる寧々|漫画キャッスル

花子くん ネタバレ 67

その内容をまとめていきます! 【地縛少年花子くん】最新話67話ネタバレや感想!スミレの過去 依代 スミレが、 自分が六番の依代であることを告白するところから始まります。 寧々が依代を壊すことができることを知ったうえで、スミレは「 この札をはがしてもよい」と伝えます。 ですが、 1日だけ待ってほしいとのこと。 また、花子くんにも言わないでほしいとお願いします。 「明日はとても大切な日ですから」と 少し寂しそうな笑顔を浮かべるスミレを見て、寧々はそれ以上何も聞くことはできませんでした。 するとスミレは寧々に自身とおそろいの 鈴のブレスレットを渡します。 寧々がそのブレスレットを見ながら嬉しそうにお礼を言うと、話が終わったかのようにスミレは無理矢理お風呂に連れていきます。 結局、お風呂に入らされ、魚の姿をさらしてしまうのでした。 その後、布団の準備をするスミレ。 花子くんが嫌がるからと、別の部屋で眠ることになります。 寧々は花子くんに、スミレが依代であることを話したほうがいいかもと考えるも、ここ最近の過激な花子くんのことを思い出し、話すことをやめるのでした。 そして、花子くんが見張りをしている中、寧々は眠りにつきます。 身代わり 寧々が目を覚ますと、そこには能面をつけた人がのぞき込んでいました。 驚き、何が何なのか理解することができない寧々。 捕まえに来たのではと考えるも、能面を被った人たちは頭を下げながら「 この度は誠におめでとうございます」といきなりお祝いしてきました。 どうやら 寧々のことをスミレと勘違いしているようです。 寧々は自分はスミレじゃないことを伝えるも、「スミレ様は貴方様ではございませんか」と鏡をかざしてきました。 姿は寧々のままでしたが、能面たちは全く気づきません。 結局、能面たちは説明を聞いてもくれず、無理矢理どこかへ連れていかれてしまいます。 その頃、 花子くんは倉庫のような場所で倒れていました。 そのすぐ横にはナイフを持って立たずむスミレの姿が。 どうやら、そのナイフで花子くんの体をしびれさせたようです。 スミレは「 ごめんなさいね。 二人とも」と一人つぶやくのでした。 乗り物のようなものに乗せられ、運ばれる寧々。 「 このままじゃ六番さんと結婚しちゃう…」と危機感を覚えます。 六番と結婚式を挙げて誓うのキスをするところを想像すると、「ダメでしょ!」と叫び、乗り物から飛び出して走って逃げることに。 ですが、その先にいた能面の男にお腹を殴られてしまいます。 その場にうずくまってしまう寧々。 能面は「 あなたには死んでもらわないといけない」などと話すと、ある霊薬を持ってきました。 それを無理矢理飲まされると、寧々の視界がゆがんでいって、意識が混濁していきます。 能面は• 貴方は特別な血筋の娘• その命を引き換えに神は村に加護をくれる• その加護なしでは生きられない(呪われている)• 彼岸に渡るのは幸福な事 などと話します。 寧々は意識が混濁し、その言葉を理解することができず、うなずくことしかできません。 ふわふわした意識の中、寧々は結局能面たちに連れていかれてしまいます。 スミレの過去 その道中、寧々は小さな子供が泣いているところを発見します。 すると寧々は、その子供、 スミレの過去の記憶を垣間見ることに。 スミレは小さいころ、父も母も誰も話してくれず一人ぼっちでした、 そんなとき、 世話役として隣にいてくれたのが六番でした。 (スミレに優しく接するというよりは、仕事で淡々と接している感じ) スミレの家系からは、ある年になった子供を神に捧げていたようです。 少し成長したある日、スミレは冗談交じりに、「 お嫁に行くならあなたがもらってくれればいいのに」と六番に話します。 六番は表情を変えず「 もらってあげてもええよ」と答えると、スミレは顔を赤くしながら「ほんとうに…?」と訊きます。 その表情を見て六番は何かを感じたのか、「 いや嘘」と訂正。 スミレは「知りませんわ!」と少し怒ったようにその場を走り去っていくも、 本当は嬉しそうにしているのでした。 スミレが神に捧げられる日。 崖の上にある鳥居で、スミレは鳥居をくぐろうとします。 振り返るとそこには六番の姿があるものの、 いつも通り変わらない無表情でした。 そんな六番を見て、スミレは「 そこは嘘でも悲しむ素振りを見せるところだわ。 本当に正直な人」と思うのでした。 ブレスレット そんなスミレの過去を見た寧々。 いつの間にか スミレの記憶で見た崖の上にある鳥居に来ていました。 どうやらそこは、『彼方の岸へと続く門』とのこと。 能面たちの言われるがまま、寧々は歩みを進めます。 ですが、寧々が門をくぐろうとすると、 スミレからもらったブレスレットが反応し、腕に電気が走ります。 そこでようやく意識を取り戻す寧々。 寧々が門に拒まれたように見えた能面たちも、 寧々が偽物であることにようやく気が付きます。 儀式は中断されたものの、このままでは加護を受けられないからと、寧々を無理矢理門の向こうへ放り出そうとします。 そして、能面の一人が寧々の腕を掴み、寧々は大声で花子くんに助けを求めます。 すると、その能面はお面を外し、素顔をさらします。 「はーあーい」と答えてくれたその人は花子くんでした。 涙を流し驚く寧々を抱きしめる花子くん。 近くにいた能面に向かってお面を投げつけます。 そして「 結婚式は中止だよ。 どこのだれだかわからないやつに俺の助手を嫁がせるわけにはいかないからね」と言うところで終わります。 感想 スミレが依代であることはわかったものの、結婚式が終わるまで待つことに。 しかもその結婚式を寧々が代わりにすることになってしまいました。 無理矢理連れていかれて、生贄になりそうになりましたが、結局スミレからもらったブレスレットが助けてくれました。 また、少しだけスミレの過去も描かれました。 六番は感情の起伏がなく、表情も変わることがありませんでしたが、当時、スミレのことをどう思っていたのでしょうか。 ただの世話係として接しているように見えましたが、スミレの照れた表情を見て、少しだけ感情が動いているように思えました。 依代ですし、やはり特別な感情を抱いていたのでしょう。 スミレが寧々を身代わりにしたのが、何が目的だったのかも気になるところです。 二人は無事に元の世界に戻ることはできるのか。 次回も楽しみです! Sponsored Link 最新話・最新刊を無料で読む方法!• 文章ではなく、『絵』で続きが読みたい!• 無料で漫画が読みたい! そんなあなたには、無料期間に600円分のポイントがもらえる『 』がおすすめです!• 31日間の無料キャンペーン!• 無料期間に600円分のポイント付与• アニメや映画の見放題が充実! 31日間の無料お試し期間があり、その際にもらえる600円分のポイントで電子書籍を楽しむことができます。 これにより、 普通に漫画を書店で買うよりも圧倒的にお得に漫画を購入することができるんです! また 動画の見放題もかなり充実しており「 ないエンタメがない」というキャッチフレーズも過言ではありません。 そのため電子書籍やアニメなどの動画を楽しむのに、U-NEXTは本当にオススメのサービスです。 登録も解約も簡単ですし、 無料期間に解約しても違約金は一切かかりません。 U-NEXTでは、毎月1200ポイントもらえ、登録後すぐにポイントを利用できます。 とにかく漫画を安く、たくさん読みたいならかなりお得ですよ! ただし、ポイントを利用した分は適用されません。 あくまでも、『 課金した料金分』に対するポイント還元システムです。 また、 見放題の動画が多いので、アニメやドラマ、映画も楽しめるのも嬉しいポイント。 そのため、 毎月最大1300ポイント分のサービスを楽しむことが可能です。 (無料期間も同様) すぐにはポイントを利用できませんが、月額料金以上のポイントがもらえるのは大きなポイントです。 セールやまとめ買いキャンペーンなどもあり、安く購入できるのも嬉しいポイントです。 jpの無料期間中は• 全てのサービスに利用できる「 600ポイント」• 動画に使える「1000ポイント」 が付与されます。 音楽が購入できるのが最大のポイントです。 また、音楽や漫画などの作品のレビューをすると、1件につき30ポイント。 毎月50回までできるので、 最大1500ポイントをもらうことができます。 公式サイトからの登録だと無料のお試し期間が利用できない場合があります。 無料期間を利用する際は、こちらの 『特設ページ』から必ず登録したください。

次の

能面女子の花子さん54話ネタバレ!体育祭準備の余興&試着会|漫画市民

花子くん ネタバレ 67

当記事の目次一覧• 【地縛少年花子くん:66話】最新話ネタバレ 奈落の穴に落ちた寧々は意識を失い、いったい自分は、今、どんな状況にあるのか考えていました。 えーっと、という形で振り返ったあと、パチッと目を開くと、花子くんと抱き合っており、彼とともに周囲を見回します。 そこにはお地蔵さんが何体も鎮座されている夜道。 全くどこだかわからない2人。 寧々は急に顔を真っ青にして、あの世ではないかと疑いはじめガクガク震えており、それを花子くんが慰めます。 そんなとき、提灯を持ったおじいさんが木の陰から姿を現します。 寧々は現地の人だと思い、この場所を聞いてみようと考え、率先して声を掛けます。 丁寧な対応をしてくれと思ったのですが、おじいさんは大声で寧々と花子くんを「物の怪」扱いし、村人と思われる人たちを集めました。 話し合いでの解決は無理だと判断し、寧々に危害を加えられるわけにはいかない花子くんは臨戦態勢に移行します。 村人たちのリーダー・スミレ 避けられない戦いかと思いきや、鶴の一声で村人たちを収める女性が現れます。 スミレ様と呼ばれる女性は、村人たちのリーダー格のようで、彼らは彼女の意向に逆らえない様子。 そのスミレから目をつけられた寧々と花子くんは、なんと彼女の家に招待・・・ではなく、飼われることになってしまいます。 2人には有無も言わさず、ぐるぐる巻にされた縄を引かれ、スミレが住む家へと招かれます。 どうやらスミレは放し飼いを推奨しているらしく、寧々と花子くんの縄を解いてあげました。 2人は逃げ出すチャンスを得たと思って走り出しますが、玄関口の結界らしき御札により、室内に弾き飛ばされてしまいます。 結局、寧々も花子くんもスミレの家で、しばらく時間を共にするしかなくなったのでした。 寧々と花子くんとスミレ スミレの家の縁側で考え事をしていた花子くんの元に寧々が来て、彼は今の状況を説明していきます。 花子くんの考えでは今は六番の境界内にはおり、さらにスミレは彼の眷属であると断定。 穴に落ちる前の場所に戻るには、これから依代を見つける必要があると伝え、不用意な行動は慎むように寧々へ伝えます。 重要な話が終わると同時に、寧々の横にはいつの間にかスミレが座っており、横には桶と一枚の布がありました。 彼女は寧々を連れてお風呂に行こうとしていたんです。 味方か敵かわからない相手と1対1にさせるわけにはいかない花子くんですが、スミレにからかわれた一言により巻かれます。 結局、花子くんは自分が思い描いた行動を想像したあと、彼女たちを見送る以外の決断を取れず、その場にバタッと倒れ込むのでした。 スミレの首元にある印は・・・? 勢いで連れてこられてしまった寧々は、スミレの勢いに圧倒されるばかり。 しかし、どこか目の前にいる彼女の姿が「葵」に似ていて、不思議に思っていました。 さて、実はスミレってこれから結婚するんです。 さらに、その相手は「不死の鬼」というのだから、さあ大変です。 普通なら怖がる相手なのですが、彼はスミレにとって幼い頃から側にいてくれた大切な人。 のろけ話を続けるスミレにほだされていた寧々ですが、彼女が持ち上げたお面を見た瞬間、顔をこわばらせます。 彼女が取り出した仮面は六番様がつけていた物と同じ。 恐る恐るスミレに何者か問いかける寧々に対し、スミレは首元に「封」と書いてあるマークを見せつけるのでした。 最新刊の続きや最新話の画バレを無料で読む方法 文字だけではキャラの心情がわかっても、コマの動きがないから頭の中で想像しにくいですよね。 そういうときは下で紹介する3つのサービスを利用すると、【月刊Gファンタジー最新号】をはじめ、あなたが読みたいマンガを読み尽くせます。 さらにアニメ版の【地縛少年花子くん】もU-NEXTでは見放題で放映中です。 感想 あー、なるほどね! 昔の恋人を~ってやつね! 違うかな。 いや、多分そうでしょう、この流れは。 劇中でスミレが婚約者がしてきたことを話していたため、もしかしたら自分を救ってくれた存在を何かあって失った。 それを取り戻すために葵を~って流れかなぁ。 しかし、良いところで次回に続きますね。 首元に「封」マークが付いて、そのシーンは何も語らない。 こういう次号への引っ張りがうまいから、ついつい読んじゃうんですよね。 あの意味深なスミレの笑みが次号で早く読みたくて仕方ない。

次の