ご多忙 の ところ 恐れ入り ます が。 「お忙しいところ恐縮ですが」は英語でなんて言う?シーン別に例文を紹介します

「お忙しいところ恐れ入りますが」をビジネスメールで使う際の注意点と適切な用法【例文つき】

ご多忙 の ところ 恐れ入り ます が

「ご多用」の意味 「多用」の意味には、 「用事の多いこと」や「忙しいこと」や「多く使用すること」などの意味がありますが、ここに尊敬語の「ご」が付くことで、 「目上の人の用事が多くて忙しくされていること」をさす言葉になります。 「ご多用は」どんなときに使うか 1. 要望を出したり依頼をするとき 「ご多用中恐れ入りますが…」といったように、 クッション言葉のひとつとして、誰かにお願い事をするときに使います。 気持ちとして、「いろいろ用事が多くて忙しいときに悪いのですが…」という謙虚さを伝えた後に、本題のお願いに入るための言葉です。 やってもらったことに感謝の意を伝えるとき 「ご多用」に含まれる気持ちは同じですが、「ご多用にもかかわらず…」と前置きすることで相手の状況に配慮した後、 やってもらったことに感謝の気持ちを強く訴えます。 似た言葉「ご多忙」との違い 「ご多忙」の意味 「ご多用」に近い類義語に「ご多忙」があります。 これは、非常に忙しいという意味の「多忙」に尊敬語の「ご」が付き、前述の「ご多用」同様、目上の人の忙しい状況を表します。 ご多忙は「忌み言葉」 「ご多忙」も「ご多用」とほぼ同じ意味で、使われる場面も一緒ですが、 「ご多忙」には、忌み言葉の側面があります。 忌み言葉というのは、縁起の悪さを連想させ敬遠される言葉のことです。 理由は、多忙の「忙」という字が心編に「亡」で、死に通じることをいっています。 その結果、結婚式などの目出度い席の挨拶で、「ご多忙にもかかわらず」といういい方はふさわしくないといわれます。 「ご多忙」と「ご多用」の違い ビジネス上で 「ご多忙」はあれこれ仕事があって非常に忙しいという解釈です。 一方、 「ご多用」は公私に関係なく、それぞれに用事があって忙しいという解釈ができます。 しかし、「ご多忙」も「ご多用」も、 忙しさの状況を推測した言葉としてはほとんど違いがありません。 原因と結果の関係と考えればわかりやすいと思います。 用事が多い(多用)という原因で、その結果非常に忙しい状態(多忙)になったわけですが、 どちらも「お願い事をするにはなかなか時間の融通が利かない」ことには違いはありません。 ちなみに、「多忙な日々」とはいっても、「多用な日々」とはいわない理由は、結果である状況をいうときには当てはまりますが、原因は状況ではないので当てはまらないともいえます。 ビジネスシーンでの「ご多用」の例文 ビジネスシーンでは、 「ご多用」「ご多忙」を無理に使い分ける必要はありません。 ビジネス文書、メール、電話共通で以下にいい回しに変化をつけた例文を紹介します。 「ご多用中とは存じますが」の例文 ポイント この例文のみ、終わったことに感謝の気持ちを表す前置き分になっています。 したがって、最後は「ありがとうございました。 」という過去形で締めくくります。 「ご多用」についてのまとめ• 「ご多用」は、「多用」(用事の多いこと。 忙しいこと)に尊敬語の「ご」が付いたもので、目上の人などが用事が多くて忙しい状態を指す言葉です。 「ご多用中とは存じますが…」といったように、何かお願い事をする時に、「いろいろ用事が多くて忙しい時に悪いのですが…」という配慮の気持ちを伝えたい時に使います。 また、「ご多用にもかかわらず…」となると、相手への感謝の気持ちを強く述べることになります。 よく似た言葉で「ご多忙」がありますが、相手に配慮した気持ちは同じです。 多少のニュアンスの違いはありますが、ほぼ同じように使って問題はありません。 ビジネスシーンだといい回しとしていろいろな使い方がありますが、お願い事や感謝の気持ちを丁重に伝えるのが目的です。

次の

ご多用・ご多忙・お忙しいところの違いと正しい使い方|正しい日本語.com

ご多忙 の ところ 恐れ入り ます が

1つ目は、相手に対する感謝やねぎらいの表現として使うものです。 忙しい仕事の合間をぬって自分のために時間を費やしてくれたことに感謝する際に使います。 「お忙しいところありがとうございました」というのが定型句であり、ビジネスの上では頻繁に使用できる表現です。 もう1つの場面となるのが相手に対して依頼をしたいときです。 「お忙しいところ恐縮ですが」などという形でクッション言葉としてまず使用し、それから依頼内容を伝えるようにしましょう。 また、メールの冒頭にくる表現として「お忙しい中、失礼いたします」と使うこともできます。 「恐れ入りますが」「恐縮ですが」には、「申し訳ない」という謝罪の意味があり、どちらもほぼ同じ意味なので使い分けに気を付ける必要はありません。 「恐れ入りますが」「恐縮ですが」は、「恐れる」という文字が入っているとおり、相手を恐れるということから「あなたには敵わない」、という意味があります。 つまり、相手を敬い、自分をへりくだるという言葉です。 ただ「~してください」と頼むだけだと相手に不快感を与えてしまう可能性がありますが、「恐れ入りますが」「恐縮ですが」を冒頭に付けることで、丁寧でへりくだった印象になります。 「恐れ入りますが」「恐縮ですが」は相手に気持ちよく対応してもらうためのクッション言葉、というわけですね。 相手にとっては時間や労力を費やすことになるため、依頼する側としては最大限の配慮をしたメールを送るのが社会人としてのマナーと言えます。 その際にセットになるのがさまざまな「お願い」の言葉です。 「恐れ入りますが」「恐縮ですが」は、例えば以下のように使用します。 ・恐れ入りますが、こちらにご記名頂けますでしょうか。 また、以下のように「恐れ入りますが」「恐縮ですが」の前に「お忙しいところ」や「ご多忙中」などを付けると、相手が費やす労力や時間に対する配慮がされた表現になります。 ・お忙しいところ恐れ入りますが、折り返しご連絡を頂けますでしょうか。 なお、「恐れ入りますが」「恐縮ですが」は自分に非がない場合に使用するため、例えば「恐れ入りますが、もうしばらくお待ちください。 」という使用は誤りです。 謝罪の意を表現する場合は「申し訳ありませんが」が適切です。 特に、「お忙しいところとは存じますが、どうぞよろしくお願い申し上げます」は依頼内容を伝えた後で文末を締めるのによく使われる表現です。 お願いする際は「~をしてください」ではなく、少し婉曲的な表現を使うことで丁寧な表現になります。 例えば、相手に検討してもらいたいときは、「検討してください」ではなく、「ご検討いただければ幸いです」「ご一考下されば幸いです」といった表現を使いましょう。

次の

「ご多忙の折」の意味・使い方と例文

ご多忙 の ところ 恐れ入り ます が

お忙しいところ / クッション言葉の一つ。 すぐに用件に入る前に、クッション言葉を入れることで、相手の都合に気を遣いながらお願いしていることをにじませることができます。 ビジネスでは、次のように使います。 本日はお忙しいところをお越しくださいまして、誠にありがとうございました。 先日はお忙しいところ、ご迷惑な頼みごとを心よくお引き受けいただき、本当にありがとうございました。 承知いたしました。 本日は、お忙しいところ誠に失礼をいたしました。 お忙しいところ恐れ入りますが、お繰り合わせのうえ、ご出席くださいますようお願い申し上げます。 お忙しい中、ご面倒なお願いをして誠に申し訳ありまんが、なにとぞよろしくお願い申し上げます。 お忙しいところ恐れ入りますが、ご確認のうえ、折り返しご返信をお願いします。 転居にともない、なにかとお忙しいことと存じますが、お体に気をつけて、いっそうのご活躍をお祈り申し上げます。 ご多忙中の折とは存じますが、何とぞお誘いあわせのうえご来場賜りますようお願い申しあげます。 ご多忙中のところ遠路ご会葬賜り、誠にありがとうございました• 今日はお忙しいところ、お時間を割いていただきありがとうございました。 お忙しいところ、誠に恐縮とは存じますが、何卒よろしくお願いいたします。 先日はお忙しいところを、遠路わざわざ弊社までお越しくださいまして、誠にありがたく感謝の念でいっぱいです。 「お忙しいところ申し訳ございませんが、総務部長の鈴木様にお取次ぎお願いできますでしょうか。 お世話になった方々にお集まり願い感謝の小宴を催したいと存じます。 お忙しいところ誠に恐縮ですが、ぜひご来宅くださいますよう、お侍ち申し上げます。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、ご確認のほどよろしくお願いいたします。

次の