上弦の鬼。 【鬼滅の刃】上弦の肆・鳴女(なきめ)の哀れな最期!感情がない無惨の操り人形?琵琶女の正体とは?

鬼滅の刃のキャラクター「十二鬼月」を紹介!上弦と下弦を含めた能力や強さについても! | monjiroBLOG

上弦の鬼

鬼の中の鬼 十二鬼月とは? 鬼に変貌した者の中で よりたくさんの血を鬼舞辻無惨から分け与えられ、 たくさんの人を殺して力を蓄えて来た 最強の鬼12人が十二鬼月と呼ばれています。 十二鬼月は 下弦と上弦で6人ずつ分かれており、上弦の壱(いち)がもっとも強い鬼となっています。 また、上弦の鬼は片目にしか文字の刻まれていない下弦の鬼たちを蔑んでいると言われています。 十二鬼月を選抜しているのは無惨だと考えられており、現に話の中で 「下弦の陸」を剥奪された鬼なども登場しています。 しかし、無惨からの選抜以外にも、 「入れ替わりの血戦」を申し込むことで順位を上げられることが明らかになっています。 下弦は無惨の手によって解体 鬼舞辻無惨を上司に持った下弦も上弦もカワイソウだ 肯定しても否定しても殺されるもんな ガクブル まあそれよりマシだからって耐えれるってもんでもないけどw 少なくても逃げれば生き延びられる — 千夏 神ヶ島 ChikaKhan 蜘蛛山編において下弦の伍・累が倒されたことに激怒した無惨は、それ以外の下弦のメンバーを招集します。 無惨はこれまで幾度となく鬼殺隊に殺され、顔ぶれの変わってきた 下弦の鬼たちの弱さに怒りを見せ、反論や肯定も許さず次々と鬼たちを殺していきました。 しかし、最後に残された上弦の壱・魘夢は無惨の発言を否定も肯定もせず、無惨に直接手を下されることに喜びを示したことから、無惨から更に血を与えられ、 日輪の耳飾りをした炭治郎を殺せばもっと血を分け与えると指示されました。 しかしその後魘夢は、炎柱・煉獄杏寿郎などの力もあり、炭治郎たちに無事倒されています。 上弦は100年間顔ぶれの変わらない最強集団 このコマの皆背景が貼ってある中で黒死牟さんだけが微動だにしない感じほんと好き — こめこ 6BbINAFbgS2fWvb 対して上弦の鬼は 113年もの間誰にも殺されず、顔ぶれの変わらない鬼の中の鬼、最強のメンバーです。 鬼殺隊の 最強の剣士である柱たちすら何人も殺してきており、鬼たちにパワハラが通常運転の無惨ですら、「代替の利き辛い希少な手駒」と評価しています。 現在炭治郎たちは柱と共に上弦の鬼たちとも頻繁に戦うようになってきているのですが、その 速度や威力は下弦の鬼とは比べ物にならないほどで、上弦の中では最も弱い陸ですら、柱、かまぼこ隊共に瀕死の重傷を負ってようやく倒すことができました。 今後はさらに強い上弦の鬼たちと戦っていくことが予想され、炭治郎たちのパワーアップも重要な課題となってくるでしょう。 関連記事をご紹介! 妖艶で我が儘な美女・堕姫 今週も鬼滅の刃最高です。 堕姫はこれまで100年以上遊郭で姫の名が付く花魁として姿を変えながら潜み続けており、 美しい女性ばかりを狙って食べていました。 攻撃には 着物の帯のようなものを使用しています。 血鬼術にもこの帯を使用しており、多くの帯を一度に出すことで様々な角度からの攻撃を可能にします。 また、この帯1本の攻撃だけでも 建物を倒壊させるだけの攻撃力を持っている上、人間を捉えて帯の中に隠してしまったり、帯を分裂させて敵を監視することなど、 攻守に優れた多機能さを持ち合わせています。 毒に侵された取り立て屋・妓夫太郎 本日WJ34号発売中です! 『鬼滅の刃』第119話掲載しています。 ぜひチェックして下さい! 今週のアイコンは!二本の毒の鎌を操る、堕姫の兄。 妓夫太郎は 堕姫以上の実力を持っており、戦闘で妹をサポートするために現れました。 妓夫太郎は自身の 猛毒を持つ血鎌を武器としており、この血鎌はほんの少しでも掠ると猛毒に侵されあっという間に死に至ります。 実際毒に侵された炭治郎たちは、禰豆子の爆血で毒を燃やされなければ確実に死んでいました。 また、妓夫太郎は 堕姫を操って戦闘力を上げることもできます。 二人は遊郭の最下層で生まれ、妓夫太郎は母親や世間に疎まれながらも妹である梅(堕姫)を守って生きていましたが、梅がお客の侍の目を失明させたことから 報復として生きたまま焼かれ、その侍に自身も殺されかけたところを 上弦の弐・童磨に血を与えられ、二人で鬼になりました。 関連記事をご紹介! 上弦の伍:玉壺 壺に潜む異形の鬼 上弦の伍、玉壺さんの魅力 ・キモかわいいデザイン ・人間を自分の芸術作品にしてしまう残虐さ ・自分より優れている者に対して嫉妬したり、作品 壺 を侮辱されるとブチキレる人間臭さ ・作中屈指のネタ要員 ・触れたものを魚に変えるという強いんだけどシュールな能力 — 落日Z 77314211z 玉壺は十二鬼月の中で 唯一異形の鬼であり、通常目がある位置に口が二つあり、口の部分に目があるなど、 およそ生き物とは思えない外見をしています。 また、 体が壺と繋がっており、普段は壺の中に身を潜めています。 人間を食べる際にも壺の中に取り込んでから吐き出します。 鬼の中でも 探知能力に優れ、巧妙に隠されていたはずの刀鍛冶の里の居場所を突き止めました。 本人は 自身を芸術家だと自負しており、人間を壺の中に取り込んで芸術作品を作り出すという残虐性を持っています。 戦闘では 自らの手のひらから生み出した壺を使い、この壺からは 鯉のような水生生物などが出現し、襲ってきます。 他にもこの壺からは様々な術が出現するため、トリッキーな攻撃を得意としています。 また、玉壺自身もこの壺の間を移動することができるため、俊敏性にも優れています。 関連記事をご紹介! 上弦の肆:半天狗 分裂を繰り返す喜怒哀楽の鬼 半天狗本体、前回のこのヒキから炭治郎と同程度の大きさと無意識に刷り込まれてしまう。 漫画表現の活用が本当に上手いなあと一本取られた。 鬼滅の刃 — ジュニア juniorwjump 半天狗は 額に大きなコブと2本の角を持つ臆病な鬼で、柱でもその姿を見るまで気づかないほど 気配を消すことが上手く、年老いた体に見えて俊敏性も備えています。 半天狗は首を切られるとそれぞれ 舌に「喜・怒・哀・楽」の文字が刻まれた若い鬼に分裂し、攻撃を行います。 半天狗の本体は 「怯」の字が刻まれた野ネズミ程度の大きさしかなく、戦闘の意欲もないため、分裂した他の鬼が攻撃を行っている間はどこかに隠れ潜みます。 分裂した鬼はそれぞれ 「積怒・可楽・空喜・哀絶」と呼ばれ、積怒は錫杖を持って雷撃を、可楽はうちわを使って突風を、空喜は口から超音波を、哀絶は十字槍を使って直接攻撃を仕掛けてきます。 さらに、この4体の鬼は 合体すると「憎珀天」という「憎」の字を持つ子どもの鬼になり、これら全ての技を使うことができます。 上弦の参:猗窩座 無惨のパワハラに耐える苦労人 鬼滅の刃 ネタバレ 63話 この展開は熱い!煉獄VS上弦の参・猗窩座 あかざ 開幕、兄貴死ぬなー!!【画バレ 64話 感想 画像】 — マンガ速報! pontamanga 猗窩座は顔や体全体に黒いラインの入った 若い短髪の鬼で、 純粋に強さを求めて鍛錬を続けており、戦闘時にも血鬼術は使用するものの、武器を使わず 身一つで戦っている武闘家のような鬼です。 また、炎柱・煉獄杏寿郎との戦いでは 「鬼にならないか?」と勧誘をかけるなど、 強い者に対しては敵であっても一定の経緯を払う律義さも持っています。 しかし、逆に弱い者に対しては残忍で冷酷無慈悲な一面があり、 「話の邪魔になる」という理由のみで炭治郎を殺そうとしました。 猗窩座は 無惨からの圧倒的なパワハラの被害者として有名で、さらに上弦が招集された無限城では 仲間であるはずの上弦の鬼たちからも疎まれ蔑まれていることも発覚。 これらのエピソードから、猗窩座をネットで検索すると 「パワハラ」「かわいそう」などの言葉が上位に出るようになり、 不憫キャラを確立しています。 関連記事をご紹介 上弦の弐:童磨 宗教の教祖を装う謎多き鬼 今週の鬼滅の刃に出てきた上弦の弍である童磨さん。 好きになるしかない — 扉屋 d32p1028m 童磨は とても明るい性格で、他の上弦の鬼にも気さくに声をかけていますが、 玉壺からもらった壺に女の生首を生けるなど狂気的な一面を持っています。 堕姫や妓夫太郎を生み出した張本人でもあるのですが、妓夫太郎と出会った時にも花魁の生首を持ち、足を肩に担いで歩いていました。 明るい色の髪に頭頂部から墨汁を垂らしたような黒い模様のある髪をしており、他の鬼と比べても筋肉質な体を持っています。 また、普段は堕姫と同じように人間に擬態しているのですが、その際に 「教祖様」と呼ばれていることから、 何かの宗教の教祖として生活していることがうかがえます。 上弦の壱:黒死牟 日の呼吸の使い手との気になる関係性 鬼滅の刃、今週は敵幹部によるパワハラ会議の続きでした(笑)話しているだけなのに、上弦の鬼の性格、力量が分かる鮮やかな演出。 上弦壱のビジュアルも驚きがあって良かったです。 初代・日の呼吸の使い手と似ているけど、同一人物?炭治郎の一族が紡いだ「約束」の謎にも迫ってきましたね。 無限城で上弦の鬼が集められた時にもあまり積極的には話していませんが、童磨に攻撃を仕掛けた猗窩座を諌めており、 序列や従属関係に厳しく礼儀を重んじている節があります。 実力としては明らかになっていない部分が多くありますが、猗窩座の手の切断面が綺麗であることや、 腰に帯刀していることから戦闘では剣を使用していることが考えられます。 関連記事をご紹介!.

次の

上弦の肆・半天狗(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

上弦の鬼

十二鬼月新・上弦の伍について 新・上弦の伍の登場はあるのか?? 鬼滅の刃界隈では「新・上弦の伍のが登場するのでは??」という意見がありますが、いったいなぜそう言われているのか。 これは無限城での戦いでとがそれぞれ新たな上弦の肆、上弦の陸として登場したためです。 は実力順なので、上弦の伍も追加されていないと獪岳が上弦の陸に据えられていることが説明できません(もし新・上弦の伍が不在なのであれば、実力順という性質上、獪岳が上弦の伍に据えられるはず)。 そのため、「今後新・上弦の伍の鬼も登場するのではないか??」という意見の人も多いのです。 新・上弦の伍候補のキャラ一覧 そして、「新・上弦の伍としてこれらのキャラが有力なのでは??」という意見もあるので、それらもまとめておきます。 宇髄天元の弟 一番有力なのがの弟説です。 宇髄天元には2つ下の弟がいることが作中で描かれており、天元の父親と同じ考え・同じ言動の忍びであったことが明らかになっています。 「部下は駒、妻は後継ぎを産むためなら死んでもいい」という非常に敵キャラにふさわしい性格であることも明らかになっているので、新・上弦の伍として登場するのにぴったりのキャラクターと言えます。 また、「忍の鬼」というのも新しくて設定的にもかっこいいですからね。 現在、宇髄天元はらとともに屋敷にいますが、そこに登場し、天元との兄弟対決という展開が描かれることもあるかもしれません。 玉壺 他に有力なのが上弦の伍の鬼だった玉壺。 玉壺は刀鍛治の里の戦いでに敗れて死亡していますが、「実はまだ生きていて新・上弦の伍として登場するのでは??」という予想です。 十二鬼月の鬼はどのキャラも人間だった頃の過去エピソードが描かれていますが、玉壺に関しては人間時代のエピソードが作中で一切描かれていません。 「と言うことはまだ登場があり、その際に過去が描かれるのでは??」と予想する人も少なからずいるようです。 死んだと思ってた敵キャラが実は生きていて再登場という展開はなかなか熱いので確かに可能性としてはあるかもしれません。 あわせて読みたい 伊黒小芭内について詳しく知りたい人は「」をご参照ください。 今の展開的に新・上弦の伍の登場は本当にあるのか?? 現在の鬼滅の刃はラスボスであると鬼殺隊の戦いが激化しておりますし、クライマックス感がかなりあります。 そのため、ここから新・上弦の伍が登場するのははっきり言ってかなり考えにくいです。 ただ、宇髄天元らがいる屋敷に登場する可能性は考えられました。 無惨の命令で無惨最大の目的であるを奪還するために禰豆子がいる屋敷を襲撃し、そこで天元や鱗滝らメンバーとの戦いが描かれるという展開はかなりあり得そうですからね。 ただ、禰豆子も意識を取り戻し屋敷を離れてしまったのでその展開も考えにくくなってしまいました。 そう考えると、「新・上弦の伍の鬼は存在しない」という可能性も十分考えられてきました。 十二鬼月の実力順という性質を考えると、獪岳が新・上弦の陸なら新・上弦の伍もいないとおかしいはずなのですがね。 もしかすると考えすぎなだけなのかもしれません。 まとめ 以上、新・上弦の伍についての情報をまとめてみました。 果たして新・上弦の伍の鬼の登場はあるのでしょうか??新キャラの登場はテンション上がるので、個人的には新・上弦の伍の登場には期待したいですが、今の展開を考えると新・上弦の伍は存在していないのかもしれません。 天元の弟とかめっちゃ気になるんですけどね〜。

次の

十二鬼月のメンバー!上弦、下弦の全キャラクター解説【鬼滅の刃】

上弦の鬼

「入れ替わりの血戦」とは、上弦の鬼どうしの一対一の戦いです。 勝利した方が「上の数字」を名乗ります。 十二鬼月のキャラを紹介! 十二鬼月のキャラを ・上限の鬼 ・下弦の鬼 に分けて能力をご紹介します! 上限の鬼 上弦の鬼ほど強い存在でも戦死することがあり、メンバーに変動があります。 生存している現メンバーと死亡した旧メンバーに分けてご紹介します。 上弦の壱 黒死牟(こくしぼう) 数百年を経て一回も負けたことのない、最強の鬼であり、同族殺しの剣士です。 鬼の中で唯一全集中 月の呼吸を使います。 自分の体から刀を生み出す血鬼術の能力があります。 上弦の弐 童磨(どうま) 武器は鋭い対の扇です。 血鬼術 は自らの血を凍らせ冷気を操る「氷(こおり)」です。 上弦の参 猗窩座(あかざ) 再生能力については上弦の鬼の中でも随一で、斬断された部位を即座に接合させる能力があります。 相手の攻撃に適応し激しい攻撃で迎え撃つ武術家として技術・判断力もあります。 血鬼術は身体能力を強化し、その状態から武器を持たずに攻撃する 「破壊殺(はかいさつ)」です。 上弦の肆 半天狗(はんてんぐ) 鳴女の前に上弦の肆だった鬼です。 血鬼術は頚を斬られると分裂して若返る分身体を生み出す分裂能力です。 上弦の肆 鳴女(なきめ) 半天狗に代わり上弦の肆の地位につきました。 空間を自在に移動・操作する血鬼術を使います。 上弦の伍 玉壺(ぎょっこ) 血鬼術 『壺』の使い手です。 壺を使った空間転移が得意で、情報収集能力や探知探索能力があります。 上弦の陸 堕姫(だき)・妓夫太郎(ぎゅうたろう) 獪岳の前に上弦の陸だった鬼です。 妹 堕姫と兄 妓夫太郎との二人で一人の鬼です。 実際に「上弦の陸」の座を与えられているのは兄の妓夫太郎です。 堕姫は帯の中に人間などを取り込み、保存しておくこともできる血鬼術 「帯」、妓夫太郎は自身の血を鎌に変える血鬼術 「血鎌」で攻撃します。 上弦の陸 獪岳(かいがく) 戦死した堕姫・妓夫太郎に代わって上弦の陸の地位につきました。 全集中 雷の呼吸と血鬼術を組み合わせた技を使います。 下弦の鬼 下弦の壱 魘夢(えんむ) 相手を眠らせ、魘夢の意のままの夢を見せる血鬼術を使います。 下弦の弐 轆轤(ろくろ) 柱と戦うために鬼舞辻 無惨に血を分け与えてくれるよう懇願した鬼です。 下弦の参 病葉(わくらば) 鬼舞辻 無惨の粛清から逃れるために逃走を試みた鬼です。 下弦の肆 零余子(むかご) 柱との実力差を自覚し、柱に会ったら逃げ出そうと考えていた鬼です。 下弦の伍 累(るい) 攻防一体の武器となる血鬼術「糸」の使い手です。 下弦の陸 響凱(きょうがい) 体に埋め込まれた鼓を打つ事で部屋を回転させたり、爪痕のような破壊攻撃を加える血鬼術「鼓」を使います。 鬼舞辻無惨に素質を認められて「十二鬼月」になったものの、だんだんと人間を喰えなくなっていった為に見限られ、数字が書かれた右目と共に地位を剥奪された鬼です。 下弦の陸 釜鵺(かまぬえ) 響凱の後任として下弦の陸の地位につきましたが、鬼舞辻 無惨から下弦の十二鬼月の実力不足を叱責された際、「そんな事を俺たちに言われても」と考えていた鬼です。 鬼滅の刃の他の記事はこちらから 漫画 アニメ キャラクター紹介 きめつたまごっち まとめ 一瞬しか出てこない十二鬼月もいますが、ひととおりわかったでしょうか? 楽しんで欠番になった十二鬼月はこの先、新キャラが出てくるのかも気になります! 今後の展開に目が離せません!.

次の