戒名 いらない。 位牌を作って戒名をつける必要はあるか?

戒名はいらないと言い切れる! 戒名の値段相場と本来の意味

戒名 いらない

戒名は、仏門に入り、仏教を信仰する人だけが授かる名前ですので、 神道やキリスト教を信仰している場合や、 無宗教の人は戒名を授かる必要はないようです。 戒名を授からないケースとして多いのは、無宗教の場合や、 特定の寺院の檀家になっていないという理由です。 寺院との付き合いがなく、納骨方 法も散骨や永代供養を考えている場合は、 俗名で葬儀を行っても問題ないことが多いです。 亡くなった人が自ら、 「戒名はいらない、俗名のままで葬儀をしてほしい」、 という遺志を残す場合もあります。 戒名を授かるには、少なからず費用が必要です。 仏教を信仰していても、費用がかかるのを嫌う人は 授からないことがあるようです。 あえて戒名の必要性を感じない、という場合は、 俗名のまま葬儀を行うという選択肢もあるでしょう。 宗派別の戒名のつけ方は? 【天台宗・曹洞宗・臨済宗】 戒名の上に「道号」をつける場合があります。 【浄土宗】 「誉号」をつける場合があります。 【浄土真宗】 「戒名」ではなく「法名」といいます。 法名の上にお釈迦様の「釋号」をつけ、位号は用いません。 【真言宗】 一番上に「梵字」を記して、ご本尊である大日如来の弟子に、 なったことを表します。 【日蓮宗】 「戒名」ではなく「法号」といいます。 お布施・戒名料の金額は? 財団法人日本消費者協会の調査では、 お葬式の際のお布施の全国平均は44万6千円となっています。 これは法要のお礼の「お布施」と「戒名料」を足した金額です。 お布施の目安は地域、宗派によって異なりますが、 「戒名料」の相場は、およそ20万円と考えられます。 しかし、戒名料は法要のお礼のお布施以上に、 金額を考えるのが難しいといえるでしょう。 戒名には階級があり、 「信士・信女」が最も多くの人が授かる戒名です。 それより上は「居士・大姉」、「院居士・院大姉」、 そのほか各宗派で異なった戒名があります。 戒名料次第で階級が変わると思われがちですが、 本来、仏教徒としてどのように修行をして生きてきたかを表すものであり、一概に相場を出すことは難しいのです。 「信士・信女」で15~30万円程度、 「居士・大姉」で30~50万円程度、 「院居士・院大姉」で100万円程度が一般的な相場のようです。 戒名はいらない!で不都合はないの? 戒名はつけなくても問題はありません。 しかし、戒名をつけないことを選択する場合はお葬式など、 宗教的な儀式を行わないということが前提となります。 その場合は、 お経の代わりに亡くなった方が好きだった曲を流しながら、 司会者が葬儀の進行を行うという「無宗教葬儀」もあります。 宗教にとらわれることなく葬儀を執り行いたい、 と考える方に利用されるお葬式の方法です。 戒名がないとどうなるのかという問題としては、 入るお墓がある場合、戒名なしではそのお墓に、 入れてもらえない可能性が出てきます。 死後に入る予定のお墓がある方は、 そのような可能性が考えられるので、 あらかじめ相談する必要があるでしょう。 お位牌には通常戒名の文字を入れますが、 戒名がない場合は「霊位」や「位」という文字を入れることで、 戒名と同じ扱いをするのでお位牌の文字に関しての問題はありません。 戒名を付けないことで周りの親戚などに対して、 世間体が立たないというマイナスな意見もあります。 まとめ 戒名が無いと困ることはあるのか? という疑問について、ご紹介しましたが、いかがでしたか? お葬式に対する考え方は人それぞれあり、 お葬式はしなくて良いと考える方や、 戒名はいらないと考える方などがいます。 残された家族に迷惑をかけたくないという思いから、 そのような選択をする方もいるでしょう。 戒名自体はなくても問題ありませんが、 戒名を授からないのであれば、 お葬式はどのようにするのかなど、 様々な問題について考えておかなくてはいけませんね。

次の

位牌を作って戒名をつける必要はあるか?

戒名 いらない

「戒名はいらない!」けど「お葬式は仏式で」という現実 葬儀に関する ( 一般社団法人全日本冠婚葬祭互助協会) によると、日本で行われる葬儀の 90%近くが仏式で行われています。 仏式のお通夜や葬儀では 祭壇に、戒名が書かれた位牌が 安置され、故人の供養のために読経が 行われます。 言ってみれば、仏式の葬儀と戒名は セットのようなものです。 ところが戒名についてのアンケート結果を まとめたサイトをいくつか調べてみると、 なんと回答者の半数以上が 「戒名はいらない」と答えています。 2つのアンケートの回答を合わせると 「葬儀は仏式で行いたいが戒名はいらない」 と考えている人の割合が 半数近くになります。 セットになっているものをバラバラにして 売ってもらうようなものです。 こんなことが可能なのでしょうか。 「戒名はいらない」の願いはそんなに簡単には叶わない? 戒名をもらわないで、仏式の葬式を 執り行うことはできるのでしょうか。 あなたと菩提寺、あなたと家族 の関係に注目して、この問いの答えを 探っていきます。 菩提寺からは戒名が必要だと言われる 戒名の「いる・いらない」は 菩提寺があるかないかで 大きく分かれることが分かりました。 「仏式」で葬儀や法要をするときには 原則として「戒名は必要」になります。 その理由をみていきます。 菩提寺があって、お墓の管理を任せている場合 あなたの菩提寺にお墓があり、 管理をお願いしているという場合 戒名を受け取ることを拒否すると 葬儀や法要、墓の使用などを 断れらることがあります。 戒名を拒否するということは 「私は仏教徒ではありません」 と宣言することを意味しています。 これが1つめの理由です。 仏教徒ではないのですから 仏式の葬儀や供養は必要ないと 判断されるのです。 2つめの理由は、戒名を拒否することは お布施を寄付しませんという意思表示 とも捉えられるということです。 お寺は、葬儀や法要、戒名の お布施の寄付で維持運営されています。 戒名のお布施が寄付されないとなると 経費が賄えなくなる事態に陥り お寺の運営が困難になります。 すべてのお寺がこのような対応をする わけではありませんが あなたの菩提寺が葬儀、納骨を 拒否しないとは言い切れません。 葬儀は行えず、遺骨の納め先が決まらない という事態を招きかねないのです。 とにかくコミュニケーションが大切です。 普段から菩提寺に報告や相談をして 関係を密にすることで 戒名なしで葬儀や納骨を 引き受けてもらえるかどうかについて 住職と話し合うことができます。 ただし、相談に乗ってもらえる関係が 構築されても、 必ず「戒名はいらない」の願いを かなえてもらえるわけではありません。 やはり、菩提寺がある場合は 戒名をもたない葬儀や供養は 難しいと考えておくほうが無難です。 以下のツイートは お墓に戒名なしで入れてもらうことが 常識的でないことを教えてくれています。 おもしろい上に、分かりやすいたとえです。 寺の墓地に無宗教・戒名なしで納骨したいってリクエストは、例えるならば…ケンタッキーフライドチキンで「チキンマックナゲット下さい」って言っているようなもんなので、マックに行ってください。 — ぜんG坊主 sahaikiru 葬儀を菩提寺以外のお寺にお願いする場合 菩提寺が遠方にあるなどの事情があると 葬儀屋さんに手配をしてもらうか、 ご自分でネットで手続きし、 お坊さんを派遣してもらうかして 菩提寺以外のお寺に葬儀を お願いすることになる場合があります。 このとき、菩提寺に相談することを 怠ると、ややこしいことになります。 葬儀屋さんに仏式の葬儀をお願いすれば あなたの宗派に合わせて 僧侶に読経や戒名の手配をしてくれます。 仏式なので戒名はついてきます。 打ち合せのときに、 菩提寺やお墓があることを伝えることが重要です。 なぜなら菩提寺もお墓もあるけれど 別のお寺から戒名をいただいた となると、菩提寺のお墓への納骨を 拒否されることが考えられるからです。 下のツイートは、戒名を会員ネームに たとえて、他のお寺でもらった戒名や 戒名なしで菩提寺のお墓に入ることが いかに無茶なのかを説明しています。 大体、直葬にしたら住職が「葬儀をやりなおせ」なんていうんじゃなく、菩提寺の墓地が、その寺の会員(檀家)しか入れないという当たり前のことをしらないで、戒名(会員ネーム:有料)を他でも貰いました~とか、戒名つけてないけど、寺院の墓地に入れてくださいと無茶を言ってるというのが構図だ。 残された家族が、 故人を失った悲しみを乗り越えるために お葬式やお墓、そして戒名も必要だと 感じるかもしれません。 あなたの「戒名はいならい」という希望を 家族が知っていたとしても、それを 形にしてくれるかどうかは 残されたあなたの家族に委ねられています。 亡くなってしまった人には、願いを形に していくことはできません。 亡くなった後でも、あなたの家族が お寺にお布施を寄付して 戒名を授けられれば あなたは戒名をもつことになります。 金銭や手続きの負担をかけたくないという 残された家族への思いがあっても あなたの思いを通すことだけが 家族を気遣い、思いやっていることには ならないこともあるのです。 あなたが自身の戒名がいるかどうか について考えるとき、家族の思いも 頭の片隅に置いて判断をしてください。 仏式でも「戒名はいらない」を実現できる場合も 菩提寺がない場合に限りますが 寺院以外の霊園の墓地に納骨すると 戒名をもらわずに仏式の葬儀を 行うことができます。 読経だけをお願いできるお寺を 葬儀屋さんに紹介してもらうか、 ご自分でネットで手続きし、 お坊さんを派遣してもらうかして 葬儀を執り行います。 この場合は、読経に対して お布施をすることになります。 あくまでも 菩提寺がない場合限定の話です。 もし、あなたが「仏式の葬儀」と 「戒名はいらない」の両方を望み、 それを実現させたいのでしたら あなたの家族や親族に 「どうして?」という疑問を 残さないように明確な理由を示し 説明することが必要です。 それでも、家族や親族はあなたの思いを 正確に受け取ってくれないかもしれません。 むしろ、戒名がいらないときは 仏式の葬儀や法要をあきらめ、 無宗教の葬儀などに切り替えたほうが 周りからの理解は得やすくなります。 あわせて読みたい 「戒名はいらない」と思う理由とは? 日本で仏式の葬儀が 高い割合で執り行われているのに 「戒名はいらない」という思いを もつ人がたくさんいます。 その理由を探りました。 自分の名前(俗名)への愛着 誕生したときにつけてもらった名前が 大好きで、死後もその名前で 憶えていてほしいから戒名はいらない というのが理由です。 私が驚いたのは、亡くなって戒名がついた瞬間に今までたくさんの人に呼ばれていた「名前」が俗名になってしまうこと。 — ハンナ pigbrand 確かに、葬儀に際して戒名をいただくと 亡くなった方は、自分の死後の名前を 知らないことになります。 墓石に刻んでも、家族も あまり愛着はわきそうにもありません。 そういえば、私も 両親の戒名を今すぐ答えなさい と言われたら困ってしまいます。 死後、戒名によってランク付けされることへの抵抗感 お寺への寄付という形であれ、 お金をたくさん出すと ランクの高い戒名をもらうことができる というのが現実です。 死してもなお、 お金によって格付けがされるのはいやだ というのが戒名がいらないと考える もう1つの理由です。 下のツイートは、生前の暮らしぶりが 死後にまで影響するような 戒名という制度を作り出したのは、 生きている私たちの業であると捉えていて なんとも悲しい気持ちになります。 戒名にも格があって、良い戒名は高いカネを出さないと貰えないと聞くと、土の中に入ってもなおスペックに左右される我々の業の深さを思わずにいられない — アイザック Isaacsaso 戒名をもらうときのお布施が高額すぎる お布施が高く、そんなに寄付できない、 寄付したくないというのも理由の1つです。 先祖が代々高いランクの戒名を 授けらてきていると 次の代も同じランクの戒名がほしいとか もらわなくてはならないと考えてしまい 経済的に追い込まれることになります。 この場合は、戒名はほしいけれど 高すぎることが問題なので お布施が低額であれば、問題が解決します。 最近は戒名料が2万円ぐらいの サービスがあります。 お寺のお布施の相場20万円~100万円 よりは安いです。 ただし、 最高位の戒名になると20万円ぐらいです。 どんなに低額になっても 戒名のためにお金を出すことに 疑問を抱く人も少なくありません。 戒名という商品を購入するという感覚で、 商品の価値と代価が合わないから 購入したくないということになるわけです。 この場合は、当然、 戒名はいらないという結論に至ります。 戒名がなくても供養はできている 最近は、 暮石以外のものを墓標とする供養や 墓標そのものがいらない供養が 注目されています。 例えば墓石を墓標としない樹木葬で 霊園が管理運営している場合は 戒名は必要ありません。 ただし、寺院が扱っているものについては 必要になる場合があります。 理由は、前に述べたとおりです。 散骨という供養の方法を選んだ場合も 戒名は必要ありませんが、 下のツイートのように 「散骨希望=お墓不要」であっても 「散骨希望=戒名不要」ではないことも あります。 戒名も含めて、供養への思いや形は 本当に多様です。 ぶっちゃけ自分が死んだ後はさ蘇る訳でもねーんだから、墓とか要らんし検体もしくは肉体焼いて太平洋に散骨でもいいなーと思ったりしている。 家の仏壇に俺の戒名だけあれば良い。 戒名もらうことに気持ちが傾き始めた あなたのために、戒名についての情報を 簡単に紹介します。 戒名は、いつ、だれからもらうの? 「戒名とは」でネット検索すると 1. 受戒し仏門に入った者に授ける名 2. 僧が死者につける名前 と出てきます。 仏教の用語です。 仏教の宗派によって 「法名」(浄土真宗) 「法号」(日蓮宗) と呼ぶことがあります。 普段、私たちが「戒名」を使う場合は 2の「死者につける名前」のことを指します。 この世を去り、仏様の弟子になったことを 示す名前です。 戒名は、「僧=お寺のお坊さん」が 授けてくださいます。 菩提寺が決まっている場合は 住職にお願いすると、経典などから あなたにふさわしい漢字を見つけて 戒名を作ってくださいます。 次に「いつ」もらうのかの話です。 一般的には、亡くなった方のお通夜の 前までにもらって、 位牌にその文字を書き、祭壇に安置します。 俗名で葬儀をする場合は、 葬儀の後でももらうことができます。 また、生前にもらっておくことができます。 いつもらうかは、あなたの都合に 合わせられるということです。 戒名は、おいくらぐらい? 戒名を授けてもらう費用は どのくらいでしょう。 だいたい20万円~100万円が相場です。 幅が広いのには2つの理由があります。 宗派とランクです。 戒名は、それぞれのお寺が金額を決めています。 同じ文字数の戒名をいただいても お寺によって金額が違います。 戒名代が高くてもやもやした気持ちでも 菩提寺をかえることは難しいですから 住職の言い値で布施を寄付することに なります。 さらに、戒名にはランクがあります。 ランクが上がるほど金額も高くなります。 戒名を授かると、 お寺に対して料金を払うのではなく、 お布施を寄付するという形でお金を納めます。 戒名の場合は、 商品のように購入するものではなく 授けていただいたことに対しての お礼として金品を寄付するもの というのが正しい捉え方です。 そのために、体系的な料金が 提示されることが少なく、 金額の幅が大きくなるのです。 戒名の金額について考えてみたいあなたは 以下の記事を参考にして下さい。 戒名は、自分でつくれる! 戒名は、必ずお寺からもらわなくてはならない という決まりはありません。 あなたが自分の手で作ることができます。 そのときの注意点が2つあります。 意味や音に気をつけて漢字を選ぶ 戒名に使う漢字は 意味や音がよいもの・年齢に合うものを選びます。 難しすぎるものや悪い意味のものは避けます。 仏教の宗派ごとに 文字列の構成にも約束事があります。 書籍やネットの情報を集めて 参考にするとよいでしょう。 また、著名な方の戒名を参考にしてみる というのも1つの方法です。 ネット上でたくさん紹介されています。 おもしろそうでやってみたくなります。 しかし、戒名は 位牌に書かれたり墓石に刻まれたりして 後世まで残ります。 亡くなってから何年間もあなたの戒名が 親族や近所の話題になったり あなたの子孫が複雑な思いをしたり という事態を招くかもしれません。 「タダだから」 という安易な考えは禁物です。 戒名を作ってくれるアプリもあります。 アプリで決めた戒名が書かれた位牌や 墓石に手を合わせることに 私は、抵抗を感じてしまいます。 そこまでして、自分で作った戒名が 必要なのか疑問です。 菩提寺との関係が壊れないように 戒名を自分で作ると、菩提寺との関係が 悪くなる恐れがあります。 あなたが自分で戒名をつくるということは 戒名については菩提寺への寄付をしない ということです。 檀家からのお布施は お寺の存続にかかわる問題です。 どうしてもあなたが考えた戒名にしたい というときは、菩提寺の住職に相談する ことをお勧めします。 自分で戒名を考えた場合の お布施についても率直に聞いてください。 菩提寺と連絡や相談を密にして 誤解やトラブルを回避したいものです。 なお、戒名のみお坊さんから 授与してもらいたい場合は、 以下の記事を参考にして下さい。 「戒名はいらない!」まとめ 日本中でたくさん執り行われている 仏式の葬儀や法要。 「戒名はいらない」という願いをあなたが もっていても、菩提寺との関係から その選択を実現するのは難しいことが分かりました。 まとめ• 仏式で葬儀をする人の中の半数ぐらいは戒名はいらないと思っている• 菩提寺から戒名をもらわないという選択は難しい。 理由は2つ• 戒名をもらわないということは仏教徒ではないことになる• 戒名をもらわないということは菩提寺へのお布施の寄付を拒否したことになる• 菩提寺がない場合、「戒名なし」はありうるが、仏式としては矛盾している• 仏式にこだわらない供養方法の場合は戒名はいらない 私の両親はすでに他界しています。 二人とも仏教徒でした。 子どものころ、 母がおはぎやお赤飯を作ると、 ナンテンやミョウガの葉と一緒に 重箱にそれを詰めて、同じ町内にある 菩提寺に届けていました。 届けるのは、私たち兄弟の仕事でした。 父は、若いころからお寺の行事の 手伝いをしていました。 菩提寺を大切にしていたことを 今、思い出しています。

次の

戒名はいらないと言い切れる! 戒名の値段相場と本来の意味

戒名 いらない

構いませんぞ。 私の亡母は生前、法名(浄土真宗で戒名に当たる物)なんて馬鹿らしいね、親から貰った名前が一番良い、 と言っていたし、 跡取りの私ゃ無神論者だから、亡母に法名付けていません。 ただ、墓地が浄土真宗の寺だから、墓地管理費と維持費はお付き合いしています。 本当は墓地管理費だけで良いんだけどね、そこはまあお愛想ってやつ。 戒名法名という物、付けようが付けまいが勝手だし、付けるにしたって、坊さんに付けてもらわなきゃいけないというものじゃありません。 生前自分で考えて付けようが、遺族が勝手に付けようが、自由です。 位牌についても、本人、遺族の意思が全てです。 また、墓地を持たないことも自由です。 墓地以外に埋葬することは違法ですが、 遺族が家庭内で骨壷を管理するとか、 それを認められている場所に散骨する分には何の問題もありませんぞ。 オジンより。 戒名も位牌もなくても何ら問題ありません。 まず法律は一切の宗教にはタッチしませんので葬式をやろうとやるまいと、やっても無宗教方式でもキリスト教式、神道式でも関知しません。 ただ今まで、そして皆が日本仏教(いわゆる葬式仏教といい本当の仏教とは別物)でやるからという理由が圧倒的に多いのです。 ここ知恵袋ー葬儀カテゴリーは大半は、葬儀社ー寺ー石材店ー仏具店 の葬式仏教で飯を食っているビジネス業界の方たちと多分、戦前生まれの高齢者ですでに子育てが終わり悠々自適の生活を送っており葬式仏教のあれこれが趣味の方々が占めています。 そのため数日前、消費生活センターが発表した葬儀平均額200万円弱とか、霊園の一区画100万円、墓石100-200万円 合計4-500万円と子育て世代の年収に匹敵するような額にも無頓着です。 故人の供養のためといいますが実態は自分たち業界に供養しろと言っているのです。 せっかくお父さんがおっしゃるなら、それに従うことこそ親孝行です。 どこの親でも子供が苦労するのを望みません。 葬儀は身内だけで、僧侶、石材店、仏具店とはいっさい関わらず、葬儀社には棺、骨壷、遺体の運搬だけ依頼しましょう。 遺骨は樹木葬、太平洋に散骨を選べば20-30万円で済み、将来、墓地管理料、布施などまったくありません。 島田裕巳氏のベストセラー 「葬式は要らない」「戒名は自分で決める」を図書館で読んでください。 目から鱗が落ちます。 散骨などの自然葬ならNPO法人「埋葬の自由をすすめる会」に問い合わせても良いでしょう。

次の