ロッキン フィッシャーズ。 フィッシャーズ、国内最大級のロックフェス出演に賛否の声

フィッシャーズのロッキン出演について!長年どさまわりしてきたインディーズバンドマンとしての意見。|ラウドバンドのベース女子道

ロッキン フィッシャーズ

ロッキンがフィッシャーズをブッキングしたことで、荒れている。 スポンサーリンク 曰く、ロックフェスなのにyoutuberが出演するのはお門違いであるとか、頑張っているバンドの出演枠をひとつ奪うことが許せないとか。 気持ちはわからないでもない。 自分の好き嫌いの尺度で出演メンツにブーブー言うのは僕もよくやる。 これは好みの話なんだから好きにしたらいいと思う。 あと、ロックフェスなのにロックじゃない人をブッキングするのはどうなの???という話に関しては、何とも言えない。 ただ、「ロックとは何か?」とか「youtuberはロック足り得るのか?」という話は、結局、受け手の主観の問題になってしまうので、ここでは割愛する。 でも、後者に関しては、少し待ってほしいと思う。 あなたが本当に、頑張っているバンドが1組で多く報われてほしいと願っているならば、フィッシャーズを安易に叩くのは少し違うんじゃないだろうか? どういうことか? この記事ではそのことについて説明していきたい。 スポンサーリンク 頑張っているバンドがメガフェスに出れないのは、はっきり言ってしまうと、メガフェスに出るに見合う人気がないからだ。 もしかしたら、それ以外の大人の事情もあるかもしれないが、基本的には人気の問題だと思う。 そういうバンドの人気が、なぜ中途半端なものになってしまうのか? 理由は簡単だ。 ロックバンドのファン全体の母数に対して、それなりに活躍しているバンドが多いから。 これに尽きると思う。 よくこれ以上、推しのバンドを増やしてしまうと破産してしまうなんて人がいるけれど、新譜にはきちんとお金を払い、ツアーも必ず何ヶ所いって、グッズもきちんと買う。 そういう形でバンドを応援するとしたら、一人あたりで、追いかけることのできるバンドの数なんて、数組になってしまう。 そして、もし、全てのバンド音楽ファンが同じような形でバンドを応援するとしたら、果たして何組のバンドが「食える」状態になるだろう?という話である。 細かく数字を計算することはしない、そこに意味はないと思うけれど、こうやって現実的な数字を突きつけると、どうしても頑張っていても、食えるバンドと食えないバンドが出てくることは間違いない。 zeppツアーを回れるくらいになって、ようやく音楽だけでメシが食えるようになる、なんて言われている。 実際、Twitterなんかでは人気になってしまって寂しいなー。 あのバンドももう売れてしまって残念だ、なんて言われているバンドでも、音楽だけではメシが食えず、バイトをしているバンドなんてたくさんいる。 リスクヘッジをするために社会人をやりながらバンド活動をしている人も多いし、末永く音楽でメシを食う未来が想像できず、バンドメンバーの一人が、バンドから脱退する話もいとまに尽きない。 つまり、頑張っているバンドが1組でも多く、少しでも報われる可能性のある未来を作るためには、バンド音楽のファンを増やすしかないのだ。 今、音楽でメシを食う人は、こういうことに自覚的だと思う。 だから、WANIMAは初期ファンに残念がられることはわかっていても、嫌われるリスクは承知してでも、ああいう形に進んでいったと思うのだ 現代がハイスタが出てきたときと同じ環境だったならば、おそらくWANIMAはああいう風になっていなかったように思われる メガフェスというのは、あまりバンド音楽を嗜んでいない人が、バンド音楽のファンになる数少ないチャンスの一つだ。 報われないバンドを1組で減らすことができる未来を作ることができるかもしれない、ひとつのチャンスなのだ。 だから、ロッキンはブツクサ言われたとしてもバンド以外の人も意欲的にブッキングする。 もちろん、興業的な側面も大いにはあるけども もし。 youtuberしか興味がなかった中学生が、生のロックバンドのライブを目撃することで、ロックバンドのファンになって、ライブハウスに来るとしたら。 それは素敵なことだし、そういう積み重ねが、バンドに未来を作るのだろうと思う。 もちろん、1万人ファンがいたとして、そんな風になるのは、数十人くらいなのかもしれない。 でも、そういう数十人を少しずつ増やきていくことが、頑張っているバンドが報われるかもしれない可能性を生み出すことに繋がるのだ。 だから、フィッシャーズのブッキングは、頑張っているバンドの可能性を奪った、みたいや物言いはちょっと違うんじゃないかなーと思う。 僕は、そんな風に思ったりする。 関連記事: 関連記事: スポンサーリンク.

次の

人気YouTuberフィッシャーズがフェス出演「評価気にして立つ場所決めない」

ロッキン フィッシャーズ

ドッキリ直後の報告ということもあり「ROCK IN JAPAN」出演に対して半信半疑だったメンバーたちですが、5月9日ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019の公式サイトでもフィッシャーズの出演が公表されました。 フィッシャーズが出演するのはフェスの4日目にあたる8月11日(日)で、同日には「androp」や「ももいろクローバーZ」といった大物アーティストの出演が決定しています。 出演に対して疑問の声 フィッシャーズのフェス出演の情報は瞬く間に広がりましたが、様々な意見があがっています。 「」(登録者数9. 0万人)は5月8日に「」を投稿し、フィッシャーズ出演に関しての持論を展開。 個人的に、ROCK IN JAPAN、ついにここまで来たかという感じです。 (中略)時代が変わってきているんだなということを、これによって痛感しました。 なぜ、ROCK IN JAPANがこれ(フィッシャーズのブッキング)をやったのかっていうのがまじでわかんないんですけど。 ロックなのかな、フィッシャーズが…と思いますよ。 フィッシャーズがROCK IN JAPANを夢としてやってきたのかなっていうのが非常に疑問。 ここに出たい人が山ほどいるんですよね。 (中略)このフィッシャーズ1枠を、違う人に譲ることもできたんじゃないかなっていう風に思うんですよね。 と話し、フィッシャーズの出演を疑問視しました。 Twitter上でもいろいろな意見 また、Twitterでも様々な意見が投稿されています。 「うーん。 」(Twitterより) と、出演を歓迎していない人がいる傍ら、 「ロッキンになんでフィッシャーズやねんて思う人多いやろうし俺もそれならELLEGARDEN出してくれ思うけど それはフィッシャーズ本人たちが1番思ってそうやから俺みたいな考えのやつを跳ね返すライブしてほしい」 「完全にドアウェーなの本人たちも分かってるはずなのに覚悟決めてでるのはかっこいい」(Twitterより) と、フィッシャーズの挑戦を楽しみにする人もいます。 反対意見の中、フィッシャーズもコメント 多数の反対意見が出るなか、フィッシャーズのメンバーもツイート。 ROCK IN JAPANへの出演への意気込みを語りました。 おれは自分の音楽を信じて10年間歌い続けてきました。 理論も勉強して身体作りから発声まで自分なりに頑張ってきて手は抜いてません。 厳しい意見もありますが音楽をついでになんて一度も思ったことはありません。 せっかくいただけた貴重な機会、万全の状態で楽しみながら挑んで行けたらなと思います。 他人の評価とか気にして、立つ場所なんて決めるわけがない。 100人に批判されても、仲間の7人がいいね!といったらやる。 反対意見が多くみられる今回のROCK IN JAPAN出演ですが、はたして当日はどんなパフォーマンスを見せてくれるのでしょうか。

次の

人気YouTuber「フィッシャーズ」ロックフェス出演が波紋 本人は「厳しい意見もありますが...」: J

ロッキン フィッシャーズ

昨日(2019年5月8日)、ROCK IN JAPAN FESTIVAL(以下ロッキン)にYouTuberであり音楽活動もしているFischer'sの出演することが決定した。 このことに関してTwitterを見ていると批判的な意見が多く寄せられている。 「ロッキンにフィッシャーズ出るらしいけど、まじで場違いすぎる」 「やっぱロッキンに出るのは違うよな…そのステージに本当にロッキンとか目指してるロックバンドじゃなくてYouTuberってなるとあれ…?ってなる。 」 ここで疑問に思うことが二つある。 ・ロッキンがロックフェスであるという認識 ・YouTuberという括りによる批判である 『ロッキンがロックフェスであるという認識』は間違え? ロッキンにロックバンドだけが出ていたのは本当の初期だけであり、2003年にはすでに平井堅、2004年には森山直太朗、一青窈が出演しておりもう10年以上前からロックフェスではなくなっているのである。 またここ数年は必ず出ているアイドルも2008年のPerfumeから始まっており11年も経過している。 もちろん当時はPerfumeに対しての批判もあったそうだが今はアイドルが出演することに対する批判は少ない。 ロッキンがロックだけのフェスは当の昔に終わっており現在は国内最大級の音楽フェスなのである。 オーディエンス側もロックだけを聴きに来ているかといえば、そうでなく「フェスを楽しむ」人も増えており時代齟齬のように感じる。 もしロッキンがロックフェスであることを主張するならばアイドルやJ-popのアーティストに対しても意見を述べるべきではないだろうか。 『YouTuberという括りによる批判である』に違和感! 「YouTuberだから」を枕詞にして語られることにはどうしても違和感がある。 そこには音楽性、エンターティメントの話が一切ないからである。 ロッキン側がどのような理由でオファーしたのか分からないが、何かしらエンタメ性があると判断したからだろう。 その際に「YouTuberだから」が通用するだろうか。 またYouTuberは音楽をやっていけないのだろうか。 YouTuberであり音楽をやっているものは多く。 HIKAKIN、ワタナベマホトはすぐに名前が挙がるだろう。 それに加え音楽とYouTubeをどちらにも本腰を入れているという面では元カリブラのみの、レペゼン地球、夕闇に誘いし漆黒の天使。 音楽側の人間がYouTubeや動画をやっているということであると、グッドモーニングアメリカのたなしん、ReVision of Senceの河井教馬もあげられるだろう。 そして、先日までマキシマム ザ ホルモンもYouTubeで動画を配信していた。 もはやYouTuberという括りで批判するのは難しいと感じる。 ファッションで言えば、関西コレクションのような大きなイベントにYouTuberが出るのは当たり前になった。 もちろんこちらも始めは違う畑の人間が出演するように戸惑いがあっただろうがかなり寛容的である。 逆を言えばフェス側の受け入れが遅くも感じる。 今回のFischer'sの騒動によってロッキンをロックフェスだと思っている人の多さ、YouTuberに対する狭量さを感じた。 恐らくロッキン、CDJにYouTuberがどんどん出てくるだろう。 特に人気の高いHIKAKIN、ワタナベマホトはいつ出てもおかしくない。 もちろんそれは批判されるだろうが、いつしかアイドルのように出演することに対する批判はなくなるだろう。 またロッキンがロックフェスではなく音楽フェスとしてどのように進化していくのかも楽しみである。

次の