トントン トントン ひげ じいさん。 4歳児と手遊びをやってみよう!ポイントや簡単な手遊びを紹介

乳児も出来る!トントントントンアンパンマンの手遊び3つ紹介!

トントン トントン ひげ じいさん

絵本やテレビは、視覚的に物語を説明する絵が目の前に現れますが、手遊びは頭の中でイメージを膨らませて遊ぶことが特徴です。 例えば「おべんとうばこのうた」では、次々とおにぎりや野菜を握ったり切ったりして詰めていきますよね。 想像の中のお弁当箱には自分で想像したおにぎりや野菜が詰められていきます。 そのほかにも、なにかになりきったり、「ぐーちょきぱー」ではぐー、ちょき、ぱーを使って、何かに見立たり創造力も養うことができるでしょう。 想像力は人の気持を理解するためにも必要な能力で、周りの人たちとのコミュニケーションを円滑にするために、将来会社で働くようになってからも重要視されるポイントです。 小さいころから想像力をどんどん育みましょう。 近年、学業や社会での業績や成功などは個人のIQの高さや能力だけではなく「自分でやり抜く力で決まる」といわれるようになってきました。 手遊びをすることによって、自分でやり抜く力を伸ばすことが期待できます。 最初はできなくても、何回も練習したり、先生やママがやっている姿をみたりして少しづつ習得していくことでしょう。 できるようになったときには、達成感も味わうことができると思います。 ママはできるようになったことだけではなく、やり抜いたことに対しても褒めてあげるようにしましょう。 また、子どもが「どうするんだっけ?」と聞いてきたときも、すぐに答えを教えるのではなく、自分で考えさせる時間を少しでも持たせるといいようです。 「ひげじいさん」は、両手をぐーにし、交互に上下にトントン叩く動作を繰り返し、フレーズの最後に両手のぐーを縦に重ねて顎にくっつけて「ひげじいさん」を作ったり、親指と人差し指で丸を作って「めがねさん」を表現したりします。 繰り返しの動作が多く、難しい所もないので、手遊び歌を初めてやる子どもにもおすすめです。 「ひげじいさん」の歌詞 トントントントン ひげじいさん トントントントン こぶじいさん トントントントン てんぐさん トントントントン めがねさん トントントントン 手はうえに キラキラキラキラ 手はおひざ 最後の「手はおひざ」の部分は、「手はあたま」「てはおしり」などアレンジをして楽しんでみましょう。 「おべんとうばこのうた」は、お弁当ばこの中におにぎりや野菜を詰めていくという内容です。 野菜の名前や特徴なども自然に学べるところもおすすめする理由の1つです。 「おべんとうばこのうた」の歌詞 これっくらいの おべんとばこに おにぎり おにぎり ちょいとつめて きざみしょうがに ごましおふって にんじんさん さくらんぼさん しいたけさん ごぼうさん あなのあいた れんこんさん すじのとおった ふき 実はサンドイッチバージョンがあるのを知っていますか?パンに辛子バターとマヨネーズを塗って、トマトやきゅうりが登場します。 このように、慣れてきたら「じゃあ次はなにを入れようか」と子どもに考えさせ、どんどん好きなものを詰めていくのも楽しいですよ。 「おちゃらかホイ」は昔からある日本のわらべうたです。 2人で向かい合って歌いながらじゃんけんをし、じゃんけんの結果で歌詞や動作が変わるのが特徴です。 「おちゃらかホイ」の歌詞 セッセッセーのヨイヨイヨイ おちゃらか おちゃらか おちゃらか ほい おちゃらか かったよ おちゃらか ほい おちゃらか まけたよ おちゃらか ほい おちゃらか あいこで おちゃらか ほい 遊び方は両手を繋いで「セッセッセーのヨイヨイヨイ」をします。 「おちゃ」で自分の左手のひらを叩き、「らか」で相手の左手のひらを叩きます。 「ほい」でじゃんけんをして、勝ったらバンザイ、あいこは腰に手を当て、負けたら両手を目の下にもっていって泣きまねをします。

次の

乳児も出来る!トントントントンアンパンマンの手遊び3つ紹介!

トントン トントン ひげ じいさん

ひげじいさん とんとんとんとん ひげじいさん とんとんとんとん アンパンマン!? 『ひげじいさん』は、保育園などでよく歌われる手遊び歌。 歌いだしの歌詞は「とんとんとんとん ひげじいさん」。 両手をグーにして交互にトントンとたたき、あごや鼻の前でグーを重ねて「ひげじいさん」や「てんぐさん」などを表現していく。 『ひげじいさん』の他にも、アンパンマンやドラえもんなど、アイディア次第で様々なキャラクターで遊ぶことができ、時代を超えて長く親しまれている。 JASRACデータベースによれば、作詞者は不詳、作曲者は玉山 英光とされているが、詳しい作曲の経緯は不明。 『ひげじいさん』とよく似たメロディは、クラシック音楽の 第4楽章に登場するが、関連は不明(詳細は後述)。 この「とんとんとん」に「とん」を一つ追加して「とんとんとんとん」にすれば、まさに『ひげじいさん』のフレーズが誕生してしまうから面白い。 『ひげじいさん』の作曲者が、この』を参照したかどうか不明だが、偶然の一致だとしたら、それはそれで興味深い。 なお、こうしたクラシック音楽と日本の民謡・童謡との間における偶然の一致については、こちらのお遊び企画「」でいろいろまとめているので、こちらも是非お立ち寄りいただきたい。 関連ページ 第4楽章に『ひげじいさん』とよく似たメロディが登場 一部のメロディがよく似た2曲や、カバーされた原曲・元ネタあれこれまとめ。 ジャンルは歌謡曲やアニメ・ゲーム音楽など幅広く。

次の

手遊び歌「とんとんとんとんひげじいさん」

トントン トントン ひげ じいさん

ひげじいさん とんとんとんとん ひげじいさん とんとんとんとん アンパンマン!? 『ひげじいさん』は、保育園などでよく歌われる手遊び歌。 歌いだしの歌詞は「とんとんとんとん ひげじいさん」。 両手をグーにして交互にトントンとたたき、あごや鼻の前でグーを重ねて「ひげじいさん」や「てんぐさん」などを表現していく。 『ひげじいさん』の他にも、アンパンマンやドラえもんなど、アイディア次第で様々なキャラクターで遊ぶことができ、時代を超えて長く親しまれている。 JASRACデータベースによれば、作詞者は不詳、作曲者は玉山 英光とされているが、詳しい作曲の経緯は不明。 『ひげじいさん』とよく似たメロディは、クラシック音楽の 第4楽章に登場するが、関連は不明(詳細は後述)。 この「とんとんとん」に「とん」を一つ追加して「とんとんとんとん」にすれば、まさに『ひげじいさん』のフレーズが誕生してしまうから面白い。 『ひげじいさん』の作曲者が、この』を参照したかどうか不明だが、偶然の一致だとしたら、それはそれで興味深い。 なお、こうしたクラシック音楽と日本の民謡・童謡との間における偶然の一致については、こちらのお遊び企画「」でいろいろまとめているので、こちらも是非お立ち寄りいただきたい。 関連ページ 第4楽章に『ひげじいさん』とよく似たメロディが登場 一部のメロディがよく似た2曲や、カバーされた原曲・元ネタあれこれまとめ。 ジャンルは歌謡曲やアニメ・ゲーム音楽など幅広く。

次の