フライパン さつまいも。 誰でも簡単にできる!さつまいもの素揚げの作り方

フライパンで作る「とっておきの焼き芋」レシピ ポイントは塩水

フライパン さつまいも

甘くてホクホクのさつまいもは、そのまま食べても美味しいですが、スイーツにするともっとおいしくいただけます。 しかも さつまいもはホットケーキミックスや卵など身近な材料と組み合わせるだけで簡単にスイーツにすることができるので、お菓子作り初心者の方でも気軽にチャレンジすることができます。 そこで今回はさつまいもを使った簡単なとっておきスイーツレシピをたっぷりとご紹介します! 定番人気のスイートポテトや大学芋から、パンプティングやさつまいもとりんごのケーキなどおもてなしにもぴったりなオシャレスイーツまで作ってみたくなるおいしいスイーツだけを厳選しました。 さつまいもの魅力的なおいしさをとことん堪能してみませんか?• さつまいも 1本• A牛乳50cc• A砂糖 大さじ2• 冷凍ホイップクリーム 120g• B白玉粉 120g• B砂糖 25g• 水 150cc• 片栗粉 適量• さつまいもは皮をむき一口大に切って水にさらし水気を切り、600Wのレンジで5分加熱し、フォークでつぶします。 材料Aを加えて滑らかになるまで混ぜ、冷蔵庫で30分冷やし8等分にして平らにします。 ホイップクリームをのせ包んで丸め、冷蔵庫で1時間冷やします。 ボウルに 材料Bを入れ水を少しずつ加えて都度混ぜ、ふんわりとラップをし、600Wのレンジで2分加熱し、透明感がでるまで混ぜます。 再びふんわりラップをし、600Wのレンジで1分30秒加熱します。 バットに片栗粉を入れて広げ片栗粉をまぶしながら、8等分にして薄くのばし求肥を作ります。 さつまいものあんを求肥で包んだら完成です。 さつまいも 150g• 牛乳 大さじ3• A溶かしバター 80g• A砂糖 60g• 溶き卵 2個分• ホットケーキミックス 150g• 有塩バター 20g• さつまいもは半量を薄切りにし、半量は小さめの角切りにして水にさらし、水気を切ります。 さつまいもの薄切りは耐熱容器に入れてふんわりとラップをし、600Wのレンジで3分加熱します。 ボウルに 材料Aを入れて混ぜ、溶き卵を少しずつ加えて混ぜます。 ホットケーキミックスを加えて、粉気がなくなるまで切るように混ぜ、牛乳を加えて混ぜ、さつまいもの角切りを加えてざっくり混ぜます。 炊飯器の内釜にサラダ油を薄く塗り、さつまいもの薄切りを側面に貼り付け、ケーキの生地を流し入れて通常炊飯します。 熱いうちにバターを塗り、黒いりごまをちらしたら完成です。 卵 1個• グラニュー糖 25g• 牛乳 200ml• バニラエッセンス 2~3滴• はちみつ 適量• パン、りんご、さつまいもを1cmぐらいの厚さにカットします。 グラタン皿にカットした材料をパン、りんご、さつまいもの順番でぎっしり敷きつめます。 牛乳を鍋に入れ人肌程度にあたため、グラニュー糖を入れて溶けたら、卵、バニラエッセンスを入れ混ぜます。 オーブンから出し、粗熱がとれたら仕上げにはちみつをかけて出来上がりです。 さつまいも 250g• Aクリームチーズ 200g• A生クリーム 200ml• A卵 2個• A砂糖 80g• A薄力粉 20g• Bキャラメル 20g• B牛乳 大さじ1• さつまいもは皮をむいて一口大に切り、耐熱ボウルに入れてラップをかけ、600Wの電子レンジで柔らかくなるまで5分程加熱します。 ミキサーにさつまいも、 材料Aを入れてなめらかにまで攪拌します。 余熱したオーブンで40分程焼き、中まで火が通ったらオーブンから取り出し、粗熱を取ります。 耐熱ボウルに 材料Bを入れてラップをかけ、600Wの電子レンジでキャラメルが溶けるまで2分程加熱し、混ぜ合わせます。 ケーキを食べやすい大きさに切り分け、キャラメルソースをかけたら完成です。 さつまいも 1本• 砂糖 大さじ2• 牛乳 大さじ2• 春巻きの皮 3枚• サラダ油 大さじ3• 薄力粉 大さじ1• 水 大さじ2• A砂糖 大さじ2• Aみりん 大さじ3• Aしょうゆ 大さじ1• A黒いりごま 適量• さつまいもは1cm幅に切り、皮をむき、水にさらす。 耐熱容器に入れてふんわりとラップをして600Wのレンジで5分加熱し、なめらかになるまでつぶします。 あたたかいうちに、砂糖、牛乳を加えてよく混ぜます。 春巻きの皮は4等分に切り、真ん中にさつまいもあんをのせ、水溶き薄力粉をふちにつけ、半分に折りたたんで包みます。 フライパンにサラダ油を入れて熱し、弱火でじっくりと焼き色をつけ、焼き色がついたら裏に返しきつね色になるまで焼き色をつけて一度取り出します。 フライパンの油を拭き取り、 材料Aをいれて中火で熱して煮詰め、とろみがついたらさつまいもの春巻きを戻し入れてからめ、黒いりごまをふったら完成です。 さつまいも 200g• Aグラニュー糖 40g• A水 50ml• B卵 1個• Bはちみつ 30g• B塩 2g• B牛乳 30ml• 強力粉 100g• 薄力粉 100g• ベーキングパウダー 5g• グラニュー糖 適量• さつまいもを皮ごときれいに洗い、1~2cmの角切りにしてアク抜きします。 小鍋に 材料Aと水を切ったさつまいもを入れて竹串がスッと通るまで煮ます。 ボウルに 材料Bとさつまいもを入れてまとめるようにして捏ね、8等分にして丸め真ん中に穴を開けておきます。 温かいうちにグラニュー糖をまぶしたら完成です。

次の

おいしくないさつまいもをおいしくする、甘くする方法、レシピをご紹介!

フライパン さつまいも

収穫後すぐのさつまいもは甘くない! 手がかからず簡単に育てることができるので家庭菜園でさつまいもを栽培している方も多いと思いますが、ご自分で植えたサツマイモの味は格別ですよね。 昔、親戚がさつまいもを育てていたので、私も収穫時には芋堀りによく誘ってもらい、楽しんだ記憶があります。 さつまいもは 寒さに弱くて、 初霜はさつまいもの大敵ですので、収穫はその前の10月から11月にかけて行われます。 そして、ご存知の方も多いかもしれませんが、 収穫したてのさつまいもは実は 甘くないんですね。 ですので、スーパーなどで市販されているさつまいもはすぐに食べられるものを販売していますので、 収穫してからしばらく経過したものということになります。 じゃがいもや里芋は収穫してそのまま食べることができるのですが、さつまいもはそうはいかないようです。 こういったことから さつまいもを食べてみて甘くない場合は、少し放置しておくことをおすすめします。 これを 追熟といいますが、さつまいものでんぷんが時間が経過することで 糖分に変わり甘味が増してくるのです。 ただ、 長期で保存する場合も、気温や状態に注意する必要があります。 ここで注意する点が1点、 ビニール袋に入れて 保存しないようにしましょう。 ビニール袋で保存するとその中に二酸化炭素が溜まり、無酸素状態になりさつまいもの 鮮度が落ちてしまうからです。 また、気温が高い場合も、あまり寝かせすぎると発芽して緑の芽が出てきて 味が劣ってしまうので気をつけましょう。 他にも 傷があったり、さつまいもの大きさが 小さいものは長期保存に向いていません。 さつまいもの保存法についての記事はこちらもチェックしてみてください。 端を少しカットしてみて、 実が黄色いほど、甘味が多いそうです。 もし、調理する前に気になる場合は少しカットして確認してみるといいですね。 さつまいもを甘くして食べる方法は? 最大限にさつまいもの甘さを引き出すには、 高温で急速に調理してはいけません。 その理由は十分な甘さを引き出すことができないからです。 さつまいもは時間をかけてじっくり焼くのがコツ! 甘さを存分に引き出して、おいしいさつまいもを食べたいときは、丸ごと蒸したり、焼いたり、オーブンで じっくり焼くとおいしく仕上がります。 というのも、 低温でゆっくり加熱することで、さつまいものでんぷんが、でんぷん糖化酵素のアミラーゼの働きでマルトースという糖分に変わるため、 より甘くなるのです。 たき火で焼いたお芋や石焼き芋が格別においしいのは じっくりゆっくり焼くことからで、非常に理にかなった食べ方なのですね。 昔、滋賀県の信楽 しがらき)で、両親がさつまいも焼き器を購入したのですが、石が中に敷き詰められていておいしく焼けるということで、お店の人に勧められて買ったような記憶があります。 確かにこの焼き器で焼いたさつまいもはおいしかったです。 今は行方不明ですが、今度実家に帰ったらどこに行ったのか聞いてみたいと思います。 現在、実家には練炭があるので、練炭でお芋を焼いています。 アルミホイルで包んだお芋を火にかけてゆっくり焼くのですが、かなりおいしく仕上がります。 さつまいもはフライパン、オーブントースター、オーブン、電子レンジを使って焼くことができます。 トースターもオーブンもちょっと時間がかかりますが、じっくい焼けるので存分にさつまいもの甘さを引き出せますよ。 それぞれの方法をここでは見てみましょう。 さらに新聞紙で包みます。 同じ火力ですので、どうせなら数本一緒に焼いた方が効率的ですね。 出典: オーブンで焼く方法は? オーブンで焼くとフライパンと同じくらい時間がかかってしまいますが、オーブンに入れるとそのまま焼きあがるまで放置しておけばいいので、楽かもしれません。 竹串が通らないときは時間を延長して焼きます。 余熱しておく必要はありません。 このとき、余熱でしばらくトースターの中に入れておくことでさつまいもの性質上、 より甘くなりますのでお試しください。 さつまいもは、電子レンジでも簡単に焼き芋にすることができます。 しかも短時間でとってもおいしく仕上がり、すぐに食べたいときなどおすすめです。 電子レンジを使った焼き芋の作り方はこちらをご覧ください。 そこで役立つのがお芋をおいしくするレシピです。 今回は簡単に作れる選りすぐりの5品をご紹介します。 rakuten. とっても簡単ですが、甘くなかったさつまいもが メープルシロップとバターだけで大変身しておいしく食べられますよ。 おやつにもぴったりです。 牛乳とバターをまぜてレンジで加熱します。 ボールに塩と砂糖とさつまいもを加え、成型して出来上がり!です。 簡単ですが、買ってきたスイートポテトのようにおいしく出来上がるレシピ、ぜひお試しください。 添加物なしなので安心してお子さんにも与えられますね。 レシピ3.おいしくないサツマイモで! 鬼まんじゅう 腹持ちのいい、さつまいもの蒸しパンのようなできあがりの簡単レシピです。 水を切ったさつまいもに砂糖を加えて水分が出るまで待ちます。 さつまいもに薄力粉を加えて混ぜます。 お鍋に水を沸騰させたら、蒸籠の上にタオルや布を敷いて形を整えたさつまいもを置いて、25分ほど蒸したら完成です。 大変な作業もなく、切って混ぜるだけですね。 おいしいお芋でももちろん作れますので、ぜひ試してみてくださいね。 レシピ4.炊飯器でさつまいもと塩こうじのほっくりに 炊飯器で作る変わり種ですが、塩こうじを入れるのもポイントです。 炊飯器に全部入れてスイッチを押すだけのお子さんと一緒に作れる簡単レシピです。 炊飯器に油とすべての材料を入れて炊飯器の炊飯のスイッチを入れます。 出来上がったらざっくり軽く混ぜて、黒ゴマをかけたら完成です! 作るといってもおひつに入れるだけなので、簡単すぎますね。 黒ゴマがさつまいもにマッチしたおいしいレシピです。 レシピ5.レンジでさつまいもケーキ 2つ目のレシピに似ていますが、たまごと小麦粉が加わってよりしっとりした感じに仕上がるさつまいもを使ったケーキです。 暖かいうちに混ぜてしまうのがポイントです。 ジップロックやタルト型などにバターをひいて生地を流し込み、ラップをしてレンジで4分加熱したら出来上がりです。 こちらもボールで混ぜて、型に流し込むだけというのがうれしいですね。 レシピ6.いもりん こちらも簡単、さつまいもとりんごを煮るレシピです。 甘さが足りなかったらお砂糖を加えてみてくださいね。 りんごも同じ大きさに切り、さつまいもと一緒にお鍋に入れて、ひたひたに水を加えて蓋をし、強火にかけて、沸騰したら弱火でコトコト煮ます。 さつまいももりんごも柔らかくなったら完成です。 レシピ7.牛乳でつくるスイートポテト こちらは、ちょっと手間を加えたお芋をくりぬいて作る スイートポテトの作り方、動画でご紹介です。 焼き色もついて見た目もかわいいのでよかったらぜひ作ってみてください。 【動画:牛乳でつくるスイートポテト】 食べてみたら、おいしくなかったりんご。 「たくさんあるのにどうしよう!」って悩んだときは、 おいしくないりんごをおいしくする方法をご覧ください。 それでもダメな場合は、おすすめレシピでアレンジしてみてくださいね。 一口食べて甘くない、おいしくないととってもショックですが、ご紹介したように比較的簡単においしいお菓子に変身させることができますので、ぜひ、諦めずにおいしく変身させてみてください。 スポンサーリンク•

次の

フライパンで作る「ふかし芋」がしっとり~!サツマイモを簡単においしくふかす方法とアレンジレシピ

フライパン さつまいも

1 さつまいもをフライパンで焼き芋にする方法 1-1 材料 ・フライパン、フタ 1セット (作りやすい分量 ・さつまいも 1本 3本 ・新聞紙 1枚 3枚 ・キッチンペーパー 1枚 3枚 ・アルミホイル 適量 適量 1-2 手順と時間 1-2-1 水洗いする さつまいもをしっかり水洗いする。 1-2-3 アルミホイルで包む アルミホイルをくしゃくしゃに一度丸めて広げ、包む。 1-2-4 蓋をして25分弱火で焼く フライパンに包んださつまいもをのせ、蓋をして弱火で25分焼く。 1-2-5 ひっくり返して、25分弱火で焼く 25分経ったらさつまいもをひっくり返して、さらに弱火で25分焼く。 1-3 上手に作るコツ ・ 太さの均一な さつまいもを選ぶ。 フライパンで焼くとき、太すぎるさつまいもは中まで火を通すのに時間がかかるので、直径7cmほどの 太さのさつまいもを選びましょう。 ・ アルミホイルを一度丸めてから包む。 アルミホイルのくしゃくしゃと丸めることで、さつまいもの表面とアルミホイルの間に不規則な空間ができ、熱が間接的に伝わるのでじっくりと火が通る。 まとめ フライパン&フタで、焼きいもは作れる。 弱火設定で低温じっくり焼くのがポイント。

次の