胡蝶 蘭 の 水 やり方。 お祝いでいただいた胡蝶蘭の水やりや世話の方法|胡蝶蘭ステーション

胡蝶蘭の水やり頻度・タイミングは?季節別の最適な水やり方法

胡蝶 蘭 の 水 やり方

胡蝶蘭の水やり!季節に合わせた最適な頻度・量 胡蝶蘭のお世話は「直射日光」と「水やり」がすべてといっても過言ではありません。 これだけ気をつければ1カ月以上、3ヶ月だって楽しめます。 特に季節ごとの水やりについては詳しく知っていきましょう。 まず胡蝶蘭に水やりをする基本は、 「乾かす」と「潤す」の繰り返しです。 ちょっと さぼっちゃったかなくらいでちょうどいいんですよ。 乾かす:表面の植え込み材が乾いていればOKではありません。 乾燥の時期は表面は乾いてるけど植え込み材の中は湿気がたまっていることもあります。 その状態でみずやりをされたら根腐れにつながってしまいます。 しっかり中が乾燥しているのを確認しましょうね。 潤す:コップ一杯程度のお水で十分です。 常温のお水をあげましょう。 冬は水道のお水が冷たいこともありますのでぬるま湯でもよいでしょう。 お水をあげたあとに受け皿に水が溜まっていたら、すぐに捨ててあげましょう。 プレゼントでもらった場合はラッピングをされた状態かもしれません。 せっかくきれいなラッピングですが、つけたままでは通気性が悪く根腐れを起こしたりしてしまうのでできるだけすぐに外してあげてくださいね。 春(3、4、5月)の水やりと気をつけたいこと 蒸れと日差しにご注意 量と頻度:コップ一杯程度、7日に一度 時間 :夕方のすずしくなる時間帯 梅雨があけて日差しが強くなる夏がきました。 気温もたかく、ムシムシとしますよね。 朝にお水をあげてしまうと、日中の高温で根が蒸れてしまいます。 そのため夕方の少しでも涼しくなった時間帯で夜に向けてあつい根を冷ますために水やりをしてあげると胡蝶蘭には優しいですね。 胡蝶蘭は熱帯地域で育っているので、夏の暑さや水中湿度からの吸水は得意ではありますが根は別です。 根は蒸れに弱いので風通しがいい場所を選んであげてくださいね。 台の上などに乗せて鉢の下に空気が通るようにしてあげるのもおすすめです。 反面、室内のエアコンで乾燥…てこともないようにみてあげましょう。 暑さに強いとはいえ、直接夏の日差しがあたるようなところは避けてください。 葉焼け(葉が日焼けして黒や白に変色してしまうこと)してしまいます。 窓辺に置くようであれば、50〜60%以上遮光してくれるカーテン越しですね。 もし4月に2度咲きのお手入れをしていたら咲き始めるころかもしれませんね。 植え替えの場合は新しい根をみつけられるひともいます。 秋(10、11月)の水やりと気をつけたいこと 寒さは苦手!寒がりの胡蝶蘭 量と頻度:コップ一杯程度、14日に一度 時間 :暖かい日の午前中 寒さが本格的になってきました。 暑い地域生まれの胡蝶蘭は、暑さは大好きですが寒さには弱いんです。 この時期は夜に水やりをしてしまうと底冷え!して、夜の寒さで根が凍っちゃうなんてこともあります。 できるだけ日中がよいでしょう。 そしてちょっとだけ、胡蝶蘭にやさしくしてあげるなら冬のお水ってとっても冷たいですよね!大人でも朝の洗顔でびっくりしちゃうほど。 乾燥する時期になりますので加湿器をおもちであれば併用しましょう。 日中は暖房がついても夜は消したり部屋を移動してしまうおうちもあるでしょう。 そんなときは、なるべく寒い窓辺から離して部屋の中央に置いてあげ、新聞紙やダンボール、毛布などで囲ってあげると寒さ対策におすすめですよ。 ちょい足し!霧吹きでもっと元気に 霧吹きってお持ちですか?100均でかわいい霧吹きもありますよね。 胡蝶蘭の葉に霧吹きで水をあげることはとってもおすすめです! 「葉水(はみず)」といわれています。 葉のうら・おもてに適度に水分を提供できることは、湿気が多く空中から水分を吸収していた胡蝶蘭に最適なみずやり方法なんです。 厚みのあるしっかりとした葉の胡蝶蘭は、上にホコリがたまってしまうこともあります。 ほこりの対策にもなりますし、天敵の葉ダニ防止にも有効ですよ! 特に 乾燥する冬場(12〜2月)に有効な葉水。 午前10時位までをめどに常温に近いお水(水道水が冷たすぎたらぬるま湯)をあげましょう。 といって、吹きすぎて葉の上に水たまりが・・・・は禁物!軽く吹きとってあげてください。 肥料のあげかたで気をつけること 胡蝶蘭はそんなに肥料を必要としません。 4〜9月の春から夏にかけて、月に一度くらいに薄めた液体肥料を水分の代わりに与える程度で良いでしょう。 水分の代わりに、というのは 肥料と水分を同時にあげないようにしてほしいんです。 肥料も水分ですので、今日は水やりの日だから!といって一緒に上げると水分過多になってしまいます。 肥料をあたえたら水やりはおやすみ。 また、肥料を上げるタイミングも、次の水やりもいっしょ。 指で強めにおして中の状態を確認し 「植え込み材が乾いたらあげる」ですね! 季節ごとの育て方全般についてはこちらの記事もおすすめです。 直接光があたるのは苦手!喜ぶ置き場所 最適な光の当たり方 胡蝶蘭が生まれ育った場所をイメージしてみましょう。 高温多湿な環境で、密集した樹々に囲まれて育ちました。 そんな樹々に根を絡ませながら養分を吸収しています。 大きな樹々の間から、差し込む木漏れ日がやさしく胡蝶蘭にそそぎます。 それが胡蝶蘭の生まれ育った環境。 そのため、適度な明るさは大好きですが、樹々に遮られているので直射日光があたることはありません。 カーテンを閉めた明るい日の室内はいいでしょう。 人はいつもいないここなら直射日光あたらない!といってもカーテンが常に締切のお部屋だと光も風も不足してしまいますので、一緒に過ごしてあげましょう。 好きな場所、きらいな場所 適度に湿気と暖かさのあるキッチンや水回りはお気に入りです。 風通しのいい水回りがあればおすすめですね。 あとは暖かくなるので家電製品の周りも好きなんです。 いちばんイメージしやすいのはテレビ台の上。 みんなが集まるリビングなどでは換気もしているでしょうから風通しもよく、あたたかなテレビの横は胡蝶蘭は好きですね。 一番多いのは窓辺に置くかたでしょうか。 夏の日差しは気をつけるとして、基本的にカーテン越しであれば問題ありません。 法人であれば受付が多いですね。 風通しが良ければ、あとは日当たりが気になるところ。 もらったからにはお客様がいらしたときに失礼がないよう玄関にずっと飾ってしまいますよね。 とはいえ適度な日光がないとシワシワに…そうならないよう交代で定期的にカーテン越しの窓辺にうつしてあげるのもいいですよね。 気温が高かったり低かったりする時期はエアコンや暖房を使うこともありますよね。 直接胡蝶蘭に風が当たらなければOKです。 湿度も関係あるの? 40%以上が目安です。 日本の環境は胡蝶蘭の生育状況と似ていることから、乾燥する冬以外はあまり気にする必要はありません。 冬は、わたしたちも乾燥を感じて顔がカピカピ…になると加湿器を使いますよね。 加湿器を利用してあげると胡蝶蘭もよろこびますよ。 みてみると、人の過ごし方と胡蝶蘭は似ていますよね。 水やり、育て方に関するよくある質問と対処法 水やりに関するよくある質問 水をやりすぎちゃった!どうしたら? 風通しの良いところで、かわくのを待ちましょう。 受け皿にお水が溜まっていたら捨ててください。 次の水やりタイミングは植え込み材の乾燥を待ってから、日にちの目安にとらわれずに行いましょう。 受け皿のお水はどうしたらいい? すぐに捨てましょう。 根腐れの原因になります。 水が溜まっていると虫も発生するので良いことがありません。 ラッピングは外さなくてもいい? せっかくのプレゼント。 ラッピングもとてもかわいいから外したくない!というお気持ちはわかるのですが、通気性が悪くなり、水も溜まり、根腐れして中の胡蝶蘭にはダメージが大きいんです。 写真を残して、すぐに取り外してあげてくださいね。 花や葉に関するよくある質問 葉がシワシワしてきました、これって病気? 胡蝶蘭の葉は健康なとき肉厚で濃い緑色をしています。 とても張りがあり上向きな状態です。 シワシワしてくると「根腐れ」か「水不足」がかんがえられます。 株を持ち上げてみて、根が赤褐色であれば水のやりすぎによる「根腐れ」が原因です。 該当箇所を消毒したハサミで切り落としましょう。 根が変わっていなければ植え込み材が完全に乾燥してませんか?それは 「水不足」ですね。 水やりをしてあげましょう。 葉が変色してきました、これって寿命? 根本に近い一番下にある葉から黄色く変化をしてきた場合は「 寿命」です。 触るとかんたんにとれるくらいになりますので外してあげましょう。 葉が黒や白に変色をしていたら日焼けによる 「葉焼け」ですね。 直接日光があたったことが原因と思われるので場所をすぐに移してあげましょう。 変色した葉は戻りません。 少し大きめに切り落としてあげるのが良いでしょう。 花が咲き終わりました、これって捨てどき? 元気な葉があればアレンジして飾ったりもできます。 また、本来は10年以上も生きれる植物ですので植え替えすると来年もまたきれいな花が楽しめますよ。 かんたんでも植え替えはしたくないという方は胡蝶蘭専門の引取・回収サービスやご自身で廃棄する手段もあります。 胡蝶蘭の処分に関して詳しくはこちらの記事を御覧ください。 病気のサイン?胡蝶蘭の病気と対処法 葉に白斑…「ハダニ」 葉がなんかベタつく、白い斑点のようなものがある…それは「ハダニ」の可能性があります。 ハダニは、室内で胡蝶蘭を育てていれば年中発生する可能性があり、特に梅雨が要注意です。 予防として、ハダニは乾燥が好きなので葉水のお手入れが有効です。 ついてしまったときには、まず葉水をしてから複数の害虫駆除剤を利用しましょう。 ハダニは免疫性が強いので薬に慣れてしまうんです。 特に白くて粉状のふわふわした虫は「コナカイガラムシ」といって、繁殖していたらまずは虫を落とすことから始まりますが、花や葉を傷つけないようにしてください。 そのうえで害虫駆除剤を利用するとよいでしょう。 急に枯れてきた…「軟腐病」 葉がぶよぶよになり、枯れたような。 異臭もしてきたらそれは「軟腐病」の可能性があります。 これは細菌が原因です。 こうなったら患部を大きめに切り取り、切り取った葉の切り口は消毒しましょう。 利用するハサミは衝動して、複数箇所ある場合は使用するたびにハサミをきれいにしてくださいね。 手間ではありますがこの一手間が大事です。 ちなみに株の根本からぶよぶよになってしまっていたら大変残念ですがその株はもう難しいでしょう。 葉を見れば胡蝶蘭の健康がわかると言われています。 詳しくはこちらの記事も参考にしてください。 花が咲き終わったら!植え替えにチャレンジ 植え替えは春(4〜5月)、遅くとも6月までに行いましょう。 植え替えが必要な胡蝶蘭とは「寄せ植えの鉢で花がすべて落ちている」、「二年以上植え替えをしていない」ものです。 寄せ植えの場合は鉢が苦しくなっていて長年過ごすのは窮屈です。 また二年以上植え替えをしていないと植え込み材が古くなっていることがあるので鉢ごと新しくしてあげましょう。 植え替えに必要なものはこれだけ! 植え込み材(バークか水苔が主流) 鉢(バークならポリポット、水苔なら素焼き鉢が相性バッチリ!) ハサミ(消毒してくださいね) バークの場合は固形肥料 近くの園芸店やホームセンター、インターネットでも入手できますよ! とてもかんたん!植え替えをやってみよう! まずは支柱を外しましょう。 テープで固定されている場合があるので茎を傷つけないよう優しく切ってあげてください。 使った支柱は小さくして地域のルールに沿って捨ててくださいね。 次に花芽を切ります。 そのあとは古くなった植え込み材、根、葉などを取り除きます。 傷んでいるものは消毒したハサミで丁寧に取り除きましょう。 根を傷めないことがポイントです。 胡蝶蘭は着生植物のため、根が鉢とくっついていることがあります。 しっかり水分を含ませることをお忘れなく。 そのあとで鉢から株をだすようにしましょう 最後に新しい鉢へ植え込み材と株をいれたら完成です!植え込材をしっかり敷き詰めてあげてくださいね。 ポイントは「水やり」植え替え後のお手入れ 植え替え後は水を…と思ってしまいがち!でもここがポイント。 絶対に 2週間程度はお水はあげないでください。 この辛抱がいい根を育てます。 水やりを楽しもう! もっとお世話を楽しむために 最近では鉢もカラフルでかわいいものがたくさんでてきました。 植え替えのタイミングでお好みのものを選んでみるのもいいかも知れません。 白のお花でしたらどんな色の鉢でもあいますね。 根腐れなどで植え替えなくてはならないとき、きれいなお花が残っていたら花茎から切って花瓶や広めの器に入れ替えかざるのもきれいですね。 また健康な葉を飾ったりしても素敵ですよ。 鉢植えの胡蝶蘭についてが中心でしたが切り花の胡蝶蘭についてもお世話は同じです。 まとめ 胡蝶蘭の水やりを中心とした育て方、おわかり頂けけましたか。 水やりは季節によって少しだけ工夫が必要になりますが、わたしたちも暑い時期にはたくさんお水をのみますし、寒い時期は減りますよね。 快適な過ごせる環境も適温があります。 胡蝶蘭も同じ気持ちかも知れませんね。 おすすめのフラワーショップ 『グリーンロード』 【人気 No. 1】高品質で豪華な5本立ち胡蝶蘭.

次の

胡蝶蘭の管理の基本

胡蝶 蘭 の 水 やり方

胡蝶蘭の育て方を知らずに、せっかく頂いた花を枯らしてしまった、という方は案外多いですよね。 ひと鉢あるだけで豪華なので、さまざまなお祝いの花として有名ですが、確かに 「すぐに枯れてしまった!」と言う声が多いのも事実。 それは胡蝶蘭の育て方についての 「勘違い」が原因です。 一見難しそうに思える胡蝶蘭の育て方ですが、特に園芸やガーデニングに詳しくなくても、ほんの少しの知識とコツで、美しい花を長く楽しむことができます! 白やピンク、紫など、花の色が豊富で、形や大きさもいろいろ。 「幸せが飛んでくる」という花言葉を持つ胡蝶蘭。 正しい育て方を覚えて長く花を楽しめたら、その分幸せもたくさん飛んできてくれそうですよね。 そこで今回は、この胡蝶蘭の育て方について、 初めての方が陥りやすい勘違いと、正しい手入れの仕方をお伝えします。 ラッピングをしたままで飾ってしまう いただいたばかりの胡蝶蘭の鉢植えは、リボンやカラフルな ラッピングペーパーでとてもきれいにラッピングされています。 ついそのまま飾ってしまいがちですが、これが間違い。 ・ どうしてもそのままで飾りたいときは、鉢底の部分の ラッピングのみ切り取って外し、根が呼吸できるようにしておきます。 ポットから出して植え替える ラッピングを外してみると胡蝶蘭の苗は、ごく小さなポットに 詰め込まれるように入っています。 ついつい、ポットから出して大きな鉢に植え替えたくなりますが、胡蝶蘭の育て方ではそれも間違い。 窓際に鉢を飾る きれいに開花した胡蝶蘭は、室内でも目立つ明るい窓際などに、つい置きたくなってしまいますが、 窓際は温度の変化が激しいので注意が必要…。 このとき葉と葉の間まで水をかけると、 付け根が蒸れて病気になりやすいので、かけないように注意します。 ・ 常に湿った状態は 胡蝶蘭にとっては苦手なものなので、寿命を縮ませてしまうことになります。 また、直接水をかけてはいけませんが、葉は時々 水拭きが必要。 柔らかい布を軽く濡らして ほこりを取ってあげると、光合成が良くでき、虫の繁殖も防ぐことが出来ます。 たくさん肥料をあげてしまう 胡蝶蘭は生育期でも、 月に一回の液肥で十分で、開花時や冬季には、胡蝶蘭は肥料を必要としません。 特に注意したいのは、土に差し込むタイプの植物活力剤。 毎日欠かさず水やりをする 植物にはたくさん水をあげると、その分イキイキと育ちそうですが、胡蝶蘭の育て方はそうではありません。 ・ 表面が乾いてから、適度に水やりをするようにします。 日当たりのいい場所に置いてしまう 胡蝶蘭の育て方で大事なことは、 花が好む環境に置くこと。 植物には常に陽の光が必要に思えますが、胡蝶蘭はそうでもありません。 ラン科の植物は、もともと 鬱蒼とした原生林のなかで育つので、カーテン越しに光が当たる場所や玄関など、 室内の少ない光でも十分に光合成が出来ます。 胡蝶蘭の育て方について、初めての方がしやすい勘違いについてお伝えしてきました。 他の植物では当たり前のことでも、胡蝶蘭では間違い、ということも多いのです。 枯らしてしまう一番の原因は、 水や肥料のやりすぎ! このことからも、一生懸命育てようとして、 手をかけすぎるのが失敗のもとと言えます。 つまり、コツさえ押さえておくと胡蝶蘭は育て方がカンタンで、手がかからない植物、ということなのです。 日当たりのあまり良くない場所でも育てられることから、バスルームや玄関、寝室など、好みの場所で長く花を楽しむことが出来る胡蝶蘭は、 室内栽培には最適な花。 いただきものに限らず、 好みの色の胡蝶蘭を自分で選んで、ぜひ美しい花を咲かせてみましょう! まとめ 胡蝶蘭の手入れポイント ・ラッピングは外して風通し良く ・胡蝶蘭は狭いポットが好き ・温度変化に繊細なので、窓際には置かない ・水は葉にはかけず、株もとにあげる ・水は毎日あげない。 乾き気味に与える ・肥料はあげすぎに注意!活力剤は必要ない ・日当たりが良すぎると、日焼けを起こす.

次の

【胡蝶蘭の葉】葉水のやり方と枯れたときの対策

胡蝶 蘭 の 水 やり方

胡蝶蘭といえばお祝い事の時に贈られるのが多いですよね。 お花自体も1〜2ヶ月も元気に咲いてくれて、長い間楽しむ事ができます。 そんな胡蝶蘭ですが、今回は 流木に着生させようと思います! 鉢に入って飾られているのが主流なので、そんな飾り方して大丈夫なの?といった意見も多いかと思いますが大丈夫です!というのも 元々は熱帯地域などのジャングルで木などに着生している植物なのです。 用意するもの• ・着生させたい胡蝶蘭(蘭) ・好きな形の流木 ・釣り糸 ・ハサミ ・あれば針金とニッパー etc• まずは鉢から取り出して流水や水を張ったバケツの中などで、根が傷まないように優しくほぐしていきます。 この時に、変色していたり古くなった根をハサミで切り落としましょう。 見栄えもそうですが腐食などを防ぐ意味もあります。 ちなみに今回着生させる蘭は、で購入した胡蝶蘭です。 2つで1,000円(1つ500円)という破格!! 本当はもっと根が長く伸びている方が見栄えがいいのですが、恐らく長い間鉢に入っていたので短い・・・ まぁ今後伸びてくるのに期待して今回はそのまま付けていきます。 流木への付け方ですが、グルグルと根と流木を巻き込みながら付けていけばいいので難しいものではありません笑 ただコツとしては蘭は一旦置いておき、まずは流木と釣り糸を結ぶと巻き付けやすいです。 また、花を支える茎の部分も一緒に巻き込むと形を上向きに出来るのでおすすめです。 釣り糸だけでも付ける事はできますが、麻紐があるとより頑丈に付ける事ができます。 紐が目立ってしまうので気になる方は釣り糸のみでも良いでしょう。 ちなみに流木は川で拾ったものであればあまり問題ないですが、海で拾ったものだと塩分を含んでますので 真水に浸して塩抜きを行うようにしてください。 本格的にやるなら煮沸させたり数ヶ月に渡って水を替えながら塩抜きを行うようですが、個人的にはそこまで神経質にならなくてもいいと思います。 私は道具があったのでドリルで穴を開けて針金を通し、引っ掛けて飾れるように細工しましたが、無い方は以下の写真のように麻紐でグルグルと巻いて輪っかを作るとS字フックなどに掛けやすくなります。 キツく縛らないと落ちてきてしまう事もあるので注意。 一度水で麻紐を濡らしてから縛るとかなり強固に縛る事ができるのでおすすめですよ。 水やりは?管理は? 鉢入りと違って流木付けの場合は水を貯めておく事ができません。 その為、2週間に一度程ソーキングを行います。 水を張ったバケツや洗面台に1〜2時間程浸けてあげるようにしましょう。 熱帯地域原産なので寒さには弱いので 20度前後の直射日光を避けた室内で管理してあげると、元気に育ってくれます。 バンダとデッドプール まとめ 意外と簡単にできてオシャレに飾れるので流木付けはおすすめです!流木と飾るのが好きで、蘭以外でもビカクシダやネオレゲリアの着生させたりしていますので、いずれは色んな着生植物を紹介しようと思います。 蘭はしっかり管理すればまた 来年も花を咲かせる事も可能なので是非愛情いっぱいで育ててみてください!.

次の