次 は あなた の 番 です 反撃 編 最終 回。 【あなたの番です】犯人をネタバレ!最終回は衝撃的な結末になる!

あな番反撃編の最終回放送予定期間いつで今何話?放送時間やスピンオフ情報も紹介

次 は あなた の 番 です 反撃 編 最終 回

話題のドラマ「あなたの番です-反撃編-」(日本テレビ系・よる10時30分〜)が、今夜8日放送の第20話でついに最終回を迎える。 日本テレビが25年ぶりに2クール連続で放送している本ドラマは、とあるマンションで発生した殺人事件を描くノンストップ・ミステリー。 SNS上で犯人考察が盛んに行われ、放送後はタイトルや登場人物の名前がTwitterのトレンドの上位を占めるなど注目を浴びている。 今夜放送の最終回では、愛するパートナー・菜奈(原田知世)を殺した犯人を捜す翔太(田中圭)の物語がクライマックスを迎える。 最終回では、大学院生・二階堂(横浜流星)にチョークスリーパーを決められて気を失っていた翔太が、目を覚ます。 両手足を拘束され、腕には点滴の針が刺さっていた。 そして、翔太の隣には、同じように拘束されて腕に点滴の針が刺さった状態の黒島(西野七瀬)がいた。 2人の点滴の中身は、菜奈を死に追いやった塩化カリウム。 不安そうな黒島と、混乱するばかりの翔太の前に二階堂が現れる。 一方、ライターの木下(山田真歩)は、怪しすぎる住民会の会長・西村(和田聰宏)に、床島(竹中直人)が転落死したときの話を聞かせてほしいと迫る。 西村は木下に、床島が遺した管理人日誌を見せ、自分は殺していないと主張する。 秋元康が企画と原案を務める本作は、視聴者の予想の斜め上をいく展開の連続で、回を増すごとに盛り上がりを見せている。 マンションの住人たちの秘密がすべて明かされるのか、期待が高まっている。 (編集部・梅山富美子) 外部サイト.

次の

あなたの番です

次 は あなた の 番 です 反撃 編 最終 回

ひとまわり以上離れた夫が私を楽しく振り回してくれるので、どうやらこの寝不足はこれからもいつまでもずっとずっと続いていくんだと思います。 と言っていました。 この 【私を楽しく振り回す】が気になりますよね。 翔太は自分でも【僕はわ~!ってなったらわ~!って突っ走っちゃうんで】って言っていましたしね。 翔太は冗談か本気かわからないことがあるので、 【だって菜奈ちゃんミステリー好きでしょ?一緒にオランウータンタイムを楽しみたくて用意したんだよ】って真顔で言いそうな気がします。 2.翔太の言動がおかしいところがある 翔太って時々変だなって思うことがありませんか? 例えば、菜奈の葬式から帰ってきて道端に座り込んで泣くシーンがあるのですが、顔が映ってなくて、声だけ聞いてると笑っているように聞こえます。 また、亡くなった菜奈を見つけた時、 翔太が右手に何か持ってるんです!! 細い針のようなものを握ってるように見えるんですが、これが菜奈に塩化カリウムを注射した針という可能性もあります。 11話で初めて翔太がダーツの針を削るというシーンがあったのも意味ありげですよね。 他にも、 菜奈にプロポーズしたときに撮影した写真の翔太が手で胸を掻くような場所にあるんです。 プロポーズして結婚しようと言ったのは嘘だった!? 本当に翔太は菜奈のことが好きだったんでしょうか? その前提すら覆ってしまうかもしれません。 3.翔太は二重人格者か? 翔太の寝落ちシーンが多いことから、 翔太は二重人格者ではないかという考察もあります。 例えば尾野が翔太と付き合っていると勘違いしているシーンがありましたよね? これも翔太の別の人格が尾野と付き合っていたという可能性もあります。 特別編では寝落ちシーンの前と後ではワイシャツの第一ボタンが外れていたり。 それから、11話では菜奈の葬式から帰ってきたときにダイニングの椅子に座って打ちひしがれているシーンがありました。 そのあと菜奈のパソコンで例の動画を見つけて、仕事部屋の物をめちゃくちゃに倒していたんです。 でもその後日付が変わり、山際がマスコミのインタビューを受けてもう一度302号室が映った時、リビングの本棚の本が床に散乱していました。 そして、いつも翔太が座っている椅子は床に倒れていて、その横の椅子に翔太が座ってダーツの針を磨くんです。 なんでいつもと違う方の椅子に座っているんだろう? そもそも本棚の本を散乱するシーンはそれまでなかったはず。 めちゃくちゃに倒したのは仕事部屋の方です。 これはただの時間の経過でそうなっているのか、何かを紛らわせるためにわざと本をめちゃくちゃにしたのか。 これまでのしっぽふりふりの翔太と犯人の復讐に燃える翔太も人格が変わったように見えますね。 オープニング映像でも、翔太の顔がくしゃくしゃと丸められて下から別の顔が出てくる演出がされています。 時間が飛んでいるような描写や寝ているシーン、言動に差がありすぎるなどから、翔太は二重人格なんじゃないかと思います。 4.たまに水木は鋭いことを言うという指摘 【反撃編】が始まったことを受けて、あなたの番です番組公式ホームページの登場人物紹介が更新されました。 第一章のネタバレも含んだ内容に更新されたのですが、水城の紹介に気になる一文が。 全く仕事ができないように見えてたまに鋭いことを言う。 水城がぼそっと言ったことが当たっているということもあるんですね。 そして実際に水城は、特別編で 【手塚翔太が第一発見者になることが多すぎる】と指摘し、翔太に話を聞こうとしていました。 結局翔太がいい人そうということで、水城と神谷は署に戻ってこれまでの事件をおさらいするという流れでしたね。 この水城の発言が公式サイトでいう【鋭い指摘】なのだとしたら、 翔太が犯人でアリバイ工作のために第一発見者を装っていたということも考えられます。 ちなみに翔太が第一発見者になったのは、 管理人床島 赤池美里・吾朗 甲野貴文 手塚菜奈 これらの事件です。 これは二階堂のAIが、翔太が二重人格かつ犯人と指し示します。 もう一人の人格が自分の愛する菜奈を襲った襲った犯人だったという事実を知って、翔太は泣き崩れます。 自暴自棄になり、部屋にあるものを投げ散らかし、自分への怒りをモノにぶつけます。 自分を許すことができない怒りに駆られているときに、強い頭痛がしてその場で 翔太は倒れます。 翔太は菜奈にプロポーズするために病院を抜け出していましたよね? 私は、翔太は総一の監禁部屋で頭を強打した時に脳挫傷を起こしていたと予想します。 脳挫傷は、受傷直後は元気なのに、数時間たってから目を覚まさない、運動障害といった症状がみられるようになり、放置しておくと命の危険もあります。 翔太は菜奈にプロポーズしようと病院を抜け出し、そのまま菜奈の葬式、警察での取り調べ、二階堂と一緒に犯人捜しなど怒涛の毎日が続いたと思います。 病院に戻って治療していないですよね? 深夜になってもマンション内の住民に聞き込みをしたりして、睡眠も十分にとれていないはず。 翔太は菜奈が亡くなって以来、寝落ちしているシーンが何度もあります。 それもこの副反応では? 翔太は頭部外傷を放置したことによって、それがあだとなります。 翔太は自分が犯人だったと知って撹乱し、それがきっかけとなって発作が起こり倒れます。 そして 亡くなってしまうか、意識不明になります。 【あなたの番です反撃編】田中圭のヒントはミイラ取りがミイラになる 2019年9月6日(金)のスッキリ!であなたの番です反撃編の最終回のヒントが出されました。 そのヒントというのが田中圭さんの【ミイラ取りがミイラになる】です! ミイラ取りがミイラになる!? 単純に考えると、菜奈を襲った犯人を追っていた翔太が実は犯人だった!というようにも聞こえなくないです。 私の予想した結末は、翔太は二重人格で別の人格が事件を起こしていた。 そのことに気づいた翔太は自暴自棄になり、頭部外傷の発作で倒れます。 そして翔太は亡くなるか意識不明になり、これまでのことを振り返ることで本当の事件の真相をダイジェストで振り返る。 これが私の考えた結末です。 【あなたの番です】は原作がないドラマなので、みんなで犯人は誰なのか予想する楽しみがありますよね! 本当の最終回はどんな結末になるのか、今から楽しみです! 【あなたの番です】見逃したあなたには Huluがおすすめ。

次の

あなたの番です

次 は あなた の 番 です 反撃 編 最終 回

話題のドラマ「あなたの番です-反撃編-」(日本テレビ系・よる10時30分〜)が、今夜8日放送の第20話でついに最終回を迎える。 日本テレビが25年ぶりに2クール連続で放送している本ドラマは、とあるマンションで発生した殺人事件を描くノンストップ・ミステリー。 SNS上で犯人考察が盛んに行われ、放送後はタイトルや登場人物の名前がTwitterのトレンドの上位を占めるなど注目を浴びている。 今夜放送の最終回では、愛するパートナー・菜奈(原田知世)を殺した犯人を捜す翔太(田中圭)の物語がクライマックスを迎える。 最終回では、大学院生・二階堂(横浜流星)にチョークスリーパーを決められて気を失っていた翔太が、目を覚ます。 両手足を拘束され、腕には点滴の針が刺さっていた。 そして、翔太の隣には、同じように拘束されて腕に点滴の針が刺さった状態の黒島(西野七瀬)がいた。 2人の点滴の中身は、菜奈を死に追いやった塩化カリウム。 不安そうな黒島と、混乱するばかりの翔太の前に二階堂が現れる。 一方、ライターの木下(山田真歩)は、怪しすぎる住民会の会長・西村(和田聰宏)に、床島(竹中直人)が転落死したときの話を聞かせてほしいと迫る。 西村は木下に、床島が遺した管理人日誌を見せ、自分は殺していないと主張する。 秋元康が企画と原案を務める本作は、視聴者の予想の斜め上をいく展開の連続で、回を増すごとに盛り上がりを見せている。 マンションの住人たちの秘密がすべて明かされるのか、期待が高まっている。 (編集部・梅山富美子) 外部サイト.

次の